人気サイト様 最新記事

博士ちゃんねる ヘッドライン

レスの強調ウゼェー!というドクターへ

レス内の強調表示をOFFにする コチラをクリックして切り替えてください。設定は30日間Cookieに保存されます。
現在のステータス:強調有効

猿を100万年くらい飼って交配させ続けたら @ [未来技術板]


猿を100万年くらい飼って交配させ続けたら @ [未来技術板]
1: オーバーテクナナシー 2009/01/27(火) 09:19:15 ID:Deo38+8S
人間の様なものになるのかな

訓練しても頭悪い個体は間引いて、頭良い奴同士を交配させる
そして進化を促すような危機を人口的に用意してやる

コストと時間は無視の方向で
管理人より:未来技術板のまとめですが、「生物学」カテゴリーでの更新。
2: オーバーテクナナシー 2009/01/27(火) 14:41:51 ID:gC499001
近親相姦で馬鹿サルばかり産まれる。
3: オーバーテクナナシー 2009/01/27(火) 18:32:14 ID:SRrVjPBC
マジレスすると、猿を何百万年飼っても人間にはなりません。
人間に近い生き物になる確率はありますが、その確率と同じ程度の確率で他の生き物も人間の様な生き物になる可能性があります。
人の先祖は「猿の様な生き物」であって「今いる猿」とは別物です。

なんてね。
4: オーバーテクナナシー 2009/01/29(木) 00:29:40 ID:nNjqk/sk
アナタは母から産まれている。その母はアナタから見て祖母から産まれている。母親を遡っていくと人類は一人の母から発祥している。
これをイブ仮説と呼ぶが、人類の母は宇宙人の流刑者であり遺伝子の酷似した地球の猿と関係を持ったが為に人類が誕生した。
5: オーバーテクナナシー 2009/01/29(木) 00:41:19 ID:nmQsm/9g
>>4
ミトコンドリアイブについてもう一度勉強し直せ。
「人類の母系をたどると一人に行き着く」と「人類は一人の母から発祥した」は別だ。
6: オーバーテクナナシー 2009/01/29(木) 13:45:16 ID:QC82bFAj
突き詰めて考えれば進化論自体矛盾だらけの只の一説に過ぎない
7: オーバーテクナナシー 2009/01/29(木) 18:38:33 ID:Y21HbQRd
恐竜はとても長い間地球の王者だったが、絶滅した後数億年たっても、恐竜に似た生物はいない。
これ一つとっても、ただ単に爬虫類を進化させても恐竜になれるわけではない。
考えもつかないような偶然の結果が今の生物層であると考ている。

仮に昔と同じ環境で同じ生物層が数億年立っても、同じ物にはならないと思っている。
人間のような知的生物が存在しない可能性も高い。
8: オーバーテクナナシー 2009/01/31(土) 03:42:05 ID:K1Bho0VF
ちゃんと人為選択し続ければなるかもな
放っておいてもダメだろうけど
10: オーバーテクナナシー 2009/01/31(土) 15:02:58 ID:JnOZdnTE
恐竜が再興しなかったのは寒冷な気候が続いたのと哺乳類の台頭であるから、進化の問題とは別でしょ
11: オーバーテクナナシー 2009/01/31(土) 15:14:08 ID:4mOqkZnl
質問します。

1、ではなぜ寒冷な気候の後恐竜に煮たものが出ないのですか?
2、どうして、哺乳類の台頭の後恐竜が育たない明確な説明が出来ますか?
3.なぜ、恐竜時代に哺乳類が進化できなかった明確な理由が説明できますか?


私が知る限り、以上に明確な説明は有りません。総て後ずけの説明しか有りません。
哺乳類が進化できなかったのは、当事覇権を握っていた恐竜がいたから…
こんなのは、結果がそうだからそうなんだと言っているにすぎませんよ。
12: オーバーテクナナシー 2009/01/31(土) 15:25:47 ID:4mOqkZnl
私が一番疑問に思っているのは、なぜ、あれほど長く恐竜時代があったのに人間のような知的な恐竜がいなかったのか?
二足歩行?恐竜も居ます。哺乳類、なぜに?
哺乳類でも巨大化したゾウやマンモス、鯨が居ます。
恐竜でも巨大化していない二足歩行が居ます。
あれほど長い期間進化していたのに、なぜ知性を獲得できなかったのか?
不思議で仕方が有りません。
13: オーバーテクナナシー 2009/01/31(土) 15:56:59 ID:JnOZdnTE
1、2
恐竜が絶滅して寒冷な気候が続いたのがポイント。寒くても哺乳類は平気なのでどんどん増えて地上の覇者となったから。爬虫類は哺乳類に駆逐された。

3
既に自分で答えが書いてある。後付の説明しかない、ねえ。当事者いないから推測するしかない。
主流の説が全てではないから変だと思ったら、筋が通ってる解釈自分で考えて見れば。
マンモスや鯨は恐竜の後だと思うが。

恐竜も生活していくうえでの知性はあったと思うが。大脳が無かったから構造的に無理だったのでは
14: オーバーテクナナシー 2009/01/31(土) 18:04:28 ID:4mOqkZnl
後ずけの説明を幾らされても、まったく説得力が無い!
15: オーバーテクナナシー 2009/01/31(土) 19:45:39 ID:c3Nu+s7w
>>1
天才チンパンジーのアイちゃん乙
17: オーバーテクナナシー 2009/02/01(日) 03:04:34 ID:KNuUpqwA
全ての生物の化石が見つかってる訳でもないだろうし、居なかったってのは断定し過ぎだろ
文化的な兆候は今だ発見されていないと言うべきだな
もっともそんな兆候が在ってもオーパーツ扱いして相手にしないんだろうけどな
20: オーバーテクナナシー 2009/02/02(月) 00:36:25 ID:FIsEmu/N
>>17
一つや二つ変なのが出てきても誤差の範囲内のオーパーツ。
歴史的な資料になるには同じものがざっくざっく出てこないとダメ。
18: オーバーテクナナシー 2009/02/01(日) 19:41:00 ID:NALLsNAI
人間並みの文明が発達して、明確な痕跡が残って居ないと思うほうがアホウ
19: オーバーテクナナシー 2009/02/02(月) 00:08:03 ID:ZNH/SUtW
4億年以上前は度々ジャイアントインパクトの痕跡が在るし、そんな事は言い切れんだろ
22: オーバーテクナナシー 2009/02/02(月) 10:54:53 ID:twoYX3QN
はっきり言っていい訳にしか聞えないな。
特異な知恵や、空想の文化でも引き出してくるのか?見苦しい。
文明や文化も作れないような知識など知識に値しない。
今現在、人間がすんでいない大陸は居ない。ほぼ総ての地域で建造物がある。
何十億年も前の、地層から化石や骨・漂流石が出ている。
そのレベルで人間のような文明の建造物が出ない根拠にはなりえない。
24: オーバーテクナナシー 2009/02/02(月) 12:37:12 ID:PR1o+hJS
日本語が不自由な君の知識と知能はどれ程の価値があるのか。

イルカの知能は人間と比較して語られる場合もある。しかし今のところイルカ建造物は無さそうだ。
チンパンジーも然り。

君の言う文明や文化とは人間が基準のようだ。
知識に値しないというのが意味不明ではあるが、珊瑚は複数の個体からなるコロニーであり観測できていないだけで実は文明や文化が存在しているのかもしれない。
アリのコロニーについても役割分担された社会を成しており自ら食料を生産する種もある。
しかしアリの知能や文明、文化はどう評価されるのか?

アリの社会、イルカの知能。
進化というのは過去に対する観察者の価値観での評価に過ぎない。
現在の人類の脳容積は減少しはじめているらしいがこれは進化ととるか退化ととるか。
性選択により有利な脳容積拡大も消費エネルギーによりブレーキがかかる。
26: オーバーテクナナシー 2009/02/03(火) 09:28:10 ID:igcc4Mk9
脳容積減少は退化。
家畜化した動物は、みな元の野生動物より脳容量は減少してしている。犬、豚、牛とかね。
家畜は過度の知性や頭使う必要ないからね。

だいたいさ、現代社会、頭のいい人間が、より子孫を増やすような構造になってない。
むしろ知性の低い人間がより子孫を残してるではないかね。頭よくても一人しか子供作らない
し、まあ一夫一婦制じゃどうしようもないだろうけど。
一部の報告では実質的なIQ値は下がってるという話もあるぐらいだ。
34: オーバーテクナナシー 2009/02/04(水) 19:36:51 ID:AxFSY6Be
>>26
>脳容積減少は退化。
それって遺伝的な現象なの?数万年単位で観測されたの?
たかだか100年単位の話なら進化・退化ではなく環境要因なんだが。
何をして進化というのかという生物の基礎が解ってないよ。


>家畜化した動物は、みな元の野生動物より脳容量は減少してしている。犬、豚、牛とかね。
家畜は過度の知性や頭使う必要ないからね。
それも「品種改良」の一環だから、進化とか退化とか関係なし。より従順な品種を選択した結果だからね。
自然淘汰というものが全く関与してない。


>だいたいさ、現代社会、頭のいい人間が、より子孫を増やすような構造になってない。
種の多様性って知ってる?
ほんとに「頭のいい人間」のみが生き残るシステムになっていると、簡単に「種」そのものが絶滅してしまう。

頭の良さと種としての強健さとはイコールではないからな。
絶滅しないための多様化。人間が現在に至るまで生き残ってきたんだから、多様性がある程度保存されていたからだし、今後もその多様性を維持する方向で進化していくしかなかろう。
27: オーバーテクナナシー 2009/02/03(火) 12:06:43 ID:O3eIRQnQ
結局さ、ダーウィンの進化論によって最初に進化した類人猿の雄と雌がアダムとイブでFA?
28: オーバーテクナナシー 2009/02/04(水) 01:11:18 ID:2qVzk8Ns
それにしても、進化する「途中」の、二つの種の中間の遺伝子を持った種って発見されてないよね。
どの程度遺伝し的に離れれば別の種になるんだらふ乎。
31: オーバーテクナナシー 2009/02/04(水) 12:40:52 ID:6c/0J3Of
>>27
有利な突然変異を起こした雄もしくは雌と、その突然変異種と交わって、突然変異種の子孫を残した従来種の雌または雄が、アダムとイヴなんだよ。
そして進化ってのはそれが何度もくりかえされて、だんだんと種として独立して起こる。
つまりアダムとイヴは大量にいて、その一代における進化は微々たるもの。


>>28
ある程度有利な遺伝子を持った種は圧倒的に繁殖する。
つまりそれまでの中間種よりも化石として残りやすい。
そしてその中に生まれた新たな中間種から、有利な新種が生まれると、また圧倒的に繁殖する。
結果として、少ない中間種は化石として残りにくく、多い新種は化石になりやすい
……と言う話を聞いた事があるが。
29: オーバーテクナナシー 2009/02/04(水) 10:32:27 ID:DJ4nfKvv
まだ存在もしていない二つの種の中間っていったいなんなんだよ。
あくまですでに存在している二つの種に対しての結果論としての「中間の遺伝子」だろ。
そもそも「種」なんて人間が勝手に作った極めて恣意的な概念なんだから、どうとでも解釈できるし、それと実際の生物の進化とは何の関係もない。
進化論や種の定義があった上で進化があるわけしゃないんだから。
32: オーバーテクナナシー 2009/02/04(水) 18:42:24 ID:REhX4Ozt
中間種っていうとカモノハシはどうだろ。
哺乳類なのにクチバシがあったり卵産んだり
33: オーバーテクナナシー 2009/02/04(水) 19:01:26 ID:2qVzk8Ns
>>32
カモノハシになる途中の種とか、カモノハシから少し進化した種は、見つかってないでしょ。
45: オーバーテクナナシー 2009/02/05(木) 20:52:11 ID:OrQwWP3Z
また単発ID一行レスか。

そういや、こないだNHKでやってた番組では、まるで一夫一婦制に弊害があるかのような話をしていたな。
生物としてのひ弱さを助長する、暗に浮気や乱婚を肯定するかのような。
46: オーバーテクナナシー 2009/02/05(木) 21:51:31 ID:jic6R6ho
>>45
そんな番組やってないぞw
500万年くらいでY遺伝子が消滅するかも知れない、って番組ならやっていたが。

あんなに分かり易く作ってある番組の内容も理解できないようなおつむで何気取ってるの?w
48: オーバーテクナナシー 2009/02/06(金) 00:30:29 ID:2eGb1m8K
>>46
なんだか変な言い方だな。それに、ちゃんと45読んでるのかね。

NHKの「女と男」とかいう番組のことを言ってるなら、その話は単なる第3部の一部分だけの話だろ。ほかの話は全部ちゃんとみてるのかね。
それに、第3部だけに関しても、例えばチンパンジーは乱婚だから、精子に競争原理が働くが、人間はそうじゃないから、活発でない精子が増えて問題だとか、出てたはずだが。
管理人より:この後、その番組の「Y遺伝子が消滅する」という部分についていろいろと盛り上がってたのですが、長いのでカット。
50: オーバーテクナナシー 2009/02/06(金) 20:09:28 ID:HMpfKvux
競争馬はどうなっているの?
速くなっているのかしら?
52: オーバーテクナナシー 2009/02/06(金) 22:42:03 ID:UjkHu40z
>>50
ま、速くなるっても限界があるからね。
そういや、以前野生生物スレで、競走馬は速度追求するには少し重すぎるって話があったなあ。
それによれば、体重は100キロ前後がベスト、せいぜい200キロが限度とか言ってたような。
でも仮に正しくても、今後小型化するとも思えないけど。
54: オーバーテクナナシー 2009/02/07(土) 01:07:43 ID:KnxwXMT6
スレタイについていえば、飼ってる人間が取捨選択を行うことで、人間に擬態したサルができる。
55: オーバーテクナナシー 2009/02/07(土) 01:22:36 ID:KnxwXMT6
中間種がいないのは、通常発現したら死んでしまうほどの異型の劣性遺伝子と、それをカバーする別の劣性遺伝子を持つ夫婦が、生んだ中の異型の二人が、異型ゆえにほかと交われず、アダムとイブになり子孫を増やす(人類皆兄弟)。
元の種と交わらないため、変化が蓄積され、単なる突然変異ではなく、新しい種になっていく。

初めの変異は形。形の違いが更なる変異を可能とする。
そういうこと。
89: オーバーテクナナシー 2009/02/28(土) 20:29:44 ID:DD++JfET
猿なんて聞き分けのないぐうたらな生物を使ってもしかたがない。
やるならネズミがいちばんだよ。
90: オーバーテクナナシー 2009/03/07(土) 01:59:04 ID:KBLrp3Ai
通りすがりだべけど、あえて空気を読まずに投下するテスト

40年の研究からペットギツネが誕生
ロシアの研究者が40年以上にわたって野生の銀ギツネを交配して、人間に慣れるように改良

かんたんに言うと、キツネを家畜化できっかの実験。ロシアで行われたべ。
上記をみっかぎりでは、姿や性格に変化は現れたが、習性までは変えられねぇようだべ。

話題変えてみるげー?
91: オーバーテクナナシー 2009/03/07(土) 03:15:50 ID:Nw+hGKbo
犬の場合は、家畜化されて脳の大きさは小さくなったが、知能は人間と暮すことで上昇している。

習性も狼は人間と暮らしても、人間に頼ることはないが、犬は人間を頼りに行動することが出来る
93: オーバーテクナナシー 2009/03/07(土) 12:33:31 ID:OnPqn4Xk
チンパンジー程度に知能のある猿を700万年程飼えば何とかなるかも。
97: オーバーテクナナシー 2009/03/28(土) 17:28:47 ID:Pq6DDvyE
>>93
700万年もかからないほうに一票
狼を家畜化した犬は、約1万5千年で別種と見紛う姿になってる。
現在の犬の習性も長年の品種改良の成果(だと思う)
知能向上に目的を絞ってチンパンジーを品種改良し続ければ、意外と早く猿の惑星が作れると夢想。
94: ニート 2009/03/08(日) 17:11:40 ID:x4DvEoko
遺伝子操作して、天才チンパンジーやゴリラに働いてもらおう。
96: オーバーテクナナシー 2009/03/09(月) 20:59:25 ID:RHnDEB+a
>>94
そんなに猿の惑星になりたいのか
95: オーバーテクナナシー 2009/03/08(日) 17:52:41 ID:B66W3CKK
未曾有の経済危機でニートも進化するんでしょうか
98: オーバーテクナナシー 2009/03/29(日) 04:24:50 ID:FjKk0MBg
でも本当に猿の惑星になったら恐ろしい。
チンパンジーやゴリラは普通でも人よりも筋力がはるかに高い。
これで、知能がついたら…

どう考えても、人の負けフラグです 本当にありがとうございました
100: オーバーテクナナシー 2009/04/04(土) 18:47:08 ID:PpAHolxJ
中間種って突然変異だろ?
喩えるなら人間の先天的な池沼とか心象とか。
健常者(元種)はそんな奴と関係を持ちたいとも思わんだろ?
だから(特に昔は差別が酷かった)障害者同士で関係を持った。
まあ障害者同士の子がもっと突然変異(元種からみて障害者)すれば元種から更にかけ離れていくし。

まあ人間のDQNや池沼も性欲強い奴も多いし、昔もそうだとしたら…
どんどん子供が生まれて、どんどん突然変異で元種とかけ離れる。


ところで池沼って何か特技持った奴多いよな?
つう事で、特技同士の子で益々優秀になり、元種を駆逐していった…
そんな感じだろ?
四つ足野郎からみれば二つ足野郎は障害者だし。
101: オーバーテクナナシー 2009/04/09(木) 22:28:05 ID:w7IhXITv
脳の容量が増えるにはやっぱり万年単位の時間がかかるだろう。
二千年前の犬と今の犬を比べると、性質はより人間の都合の良い方に矯正されていて、子犬の頃から教育されてる分だけ今の飼い犬は頭がいいだろうが、野良犬同士の知能の絶対値を比べれば二千年前も今もそう大差ないはず。
102: オーバーテクナナシー 2010/08/19(木) 20:57:57 ID:CA8e6yNl
いつのまにか人間より魅力的な猿ができあがり、最初のうちは交配できないが、やがては人間の遺伝子が入り混じる
36: オーバーテクナナシー 2009/02/05(木) 05:45:11 ID:Aa8/hNkS
このスレを見たときに宇宙船レッドドワーフ号を思い出したのは俺だけじゃないはず。
生きるための苦労をしなくなった生物は、種としての生命力が衰える。
そしてハゲる。豚はイノシシから家畜用に分化した種で、体毛が短いか、または無い。
馬も牛も同じ。体毛がすくない。
そして人間もゴリラやサルに比べると体毛は非常に少なく……。

俺の予想では数万年の近い将来に、人類はハゲばかりになる。
親父のてっぺんハゲや眩しいデコは、進化の先取りなのだ。


そう言う説明をしたら、親父がなんともいえない顔をしていた。

盛り上がってますが、いかんせん過疎板。類似スレはこのへんあたり。
*育種を重ねていくと種は進化するのか
*中間種の生存について
*恐竜はなぜ知性(あるいは文明)を持てなかったのか
*突然変異による進化
*脳容積と知能の相関関係

スレのテーマをまとめるとこんな感じ。まぁーもう何十年も前から繰り返されてる話ですねぇ。
元スレタイのテーマである「育種」に関してですが、これはおそらく育種だけでは無理でしょう。直径2ミリのミニトマトや、アドバルーンほどもあるトマトが作れないように、人為的な品種改良には遺伝子的な制限があります。
ものすごい極端な話をすれば、犬を品種改良して猫を作ろうぜ!というようなことでもあるわけで、それならゲノムを直接いじって、生命を自由自在に創造する時代のほうが先に来そうですよ。

かつてダーウィンは、進化の過程にある中間種もそのうち山ほど発掘されるで!という予言を残してこの世を去りました。
現代になって、発展途上国の発掘が進み、いくつかはそういう化石も見つかってはいますが、言うほど見つかってないのがね。ここまで化石が少ないのなら、中間種でいられる時間は思ってるよりもずっと短いのかもしれない。

完成された種に対して、彼らはきっと中途半端な状態なはずだから、適者生存しないはずではないのか!という批判は、かなり前からあります。
しかし、いくつかの新たに見つかった化石を見る限りでは、どうもそこまで中途半端でもない感じだね?というのが現在までの状況。今後の発掘成果が待たれます。ミッシング・リンクが埋まる日は来るのでしょうか。

こちらのスレで、爬虫類から進化した知的生命体を語るスレをやったものですが、恐竜はなぜ知性を持てなかったのか?というよりはむしろ、人間はなぜ知性を持てたのか?というのが最大の謎と言えるでしょうか。
なので、トップ絵はロマンと期待を込めて、「2001年宇宙の旅」のモノリスにしておきました。

して、進化の要諦だと思われている突然変異が積み重なって…というやつですが、これは思いのほか難易度高そう。
突然変異は基本的に遺伝子の異常ですから、生物にとって不利な形で出るものがほとんどなので、有利な突然変異というのがものすごく少ない上に、遺伝子異常を数世代かけて修復する仕組みもあるから、従来の種と交配を重ねる限り、それだけでは進化しない、という理屈になる。
したがって、長い時間の中で偶然生存に有利な個体が、いちどきに複数発生して、それらがたまたま環境圧の影響を受けて選択的に交配を重ねて…、というものすごいレアイベントが複数連鎖しないとダメなんですね。
だから、確率が低すぎるじゃん!という批判は前からあるし、そもそも不可能だよ!とまで断言してるひともいます。実際にはなにが起きてるんでしょうか、気になる。
ライフサイクルが短い種ほど、このへんは有利だし、環境がバラエティに富んでるほど、ニッチに適応する余地がある、と言えましょうか。

脳容積と知性については、ある程度の相関はあるだろうけど、人間よりも脳の比率が大きいイルカさんなどは、水中で都市を築いたり文明作ったりしてないので、容積じゃなくてシワの数じゃない?っていう話もありますね。神経伝達速度なども関係するかもしれない。
でかけりゃいいってもんじゃないことを、肝に命じておいてクダサーイ!

2001年宇宙の旅 [DVD]
2001年宇宙の旅 [DVD]
posted with amazlet at 19.05.12
ワーナー・ブラザース・ホームエンターテイメント (2006-12-08)
売り上げランキング: 297,961



人気サイト様 最新記事

博士ちゃんねる ヘッドライン

    • ※1 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2019.5.14 3:05
    ゲーム理論を学ぶと、どんなに優れていても残れない場合がわかるし、
    人為淘汰=育種は、進化のスピードを上げるってのも、
    形質の同定と維持が容易に出来るためって理解出来る。

    知能は、いろいろ難しいけれど、
    人間の形質面だけでいうと、ネオテニー+脳のコラム重複可だったはず。

    議論をするには、前提知識が足りないな。
    • ※2 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2019.5.14 4:08
    100万年前って何があったんだよ。
    調べたら琵琶湖がとっくの前に誕生しててワロタ
    • ※3 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2019.5.14 4:57
    今現在の地球環境に適応した種がこれだけ居るのに
    同じ条件にしたのになぜ恐竜が再現されない!ダーウィン破れたり!なんてのは
    進化論を曲解してから否定しただけでしょ
    • ※4 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2019.5.14 10:01
    ”訓練しても頭悪い個体は間引いて、頭良い奴同士を交配させる”
    それでは優秀な猿しか”作れない”
    • ※5 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2019.5.14 11:04
    化石になる条件がシビアすぎるから「中間種の化石が見つからないから進化論は嘘」とか極論でしかないんだよね
    • ※6 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2019.5.14 14:00
    中間種は見つかってないっていう人はどこまでを求めてるのか?
    ホモ・サピエンス、ホモ・ハイデルベルゲンシス、ホモ・エルガステル、アウストラロピテクス・セディバ、アウストラロピテクス・アフリカヌス、アウストラロピテクス・デイレメダ、アルディピテクス、サヘラントロプス、ナカリピテクスで、もうチンパンジーとの共通祖先から現代人まで大まかな流れは分かってるだろう
    • ※7 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2019.5.14 19:53
    バスト占いwww
    • ※8 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2019.5.14 21:23
    脳の容量が大きいと消費カロリーが大きくなって生存に不利になるって本で見た。

    ネアンデルタールは今の人類よりも脳容量が大きかったけど絶滅した
    • ※9 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2019.5.15 5:37
    これはあまりに不勉強過ぎるな…
    管理できる程度の個体数で進化の結果を見ようなんて
    しょせんはゆとりか…w
    • ※10 : 本州最北端
    • 2019.5.15 21:48
    うむ、いろいろ考えちゃうねw

    まぁ、んでも、
    馬鹿になってるのは自分ふくめて
    否定出来ないなぁ、と想ふw

    https://blog.goo.ne.jp/zaurus13/e/0ce1292523742db649388718b9127f8f
    • ※11 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2019.5.16 14:24
    人類が知能を持った理由? 教えてあげよう。(ある本に書いてあったっけど)
    (1)ネズミに近い祖先が、捕獲を逃れるため木上の生活を始めた。
    (2)木上生活は、木の間を移動するから、手足が長くなった。
    (3)同時に、飛び移るための木の間の距離を測るために、両目で立体視できるようになった。目もだんだん顔の正面に寄ってきた。
    (4)立体視したり、木の間を渡ったりするために脳の機能が拡大した(大きくなった)
    (5)寒冷化で巨大動物が減少したのと、食料確保のため地上に降りたが、大きな脳と器用な手足のおかげで2足歩行が可能になった。2足歩行は大きな脳を支えることができるためますます脳は大きくなることができ知能を獲得した。
    ーーここからは、一般も原始人の進化で説明される。
    要は、環境変化への適応と淘汰で説明ができる。特に神秘性はない。
    • ※12 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2019.5.18 13:18
    喉の構造が変わらないので人間にはなれない
    • ※13 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2019.5.20 0:01
    100万年も経ってたら猿を管理する側の生物も同一ではいられないだろうなw
  1. トラックバックはまだありません。


コメ欄での議論はおおいにけっこうですが、当サイトではドクター同士の罵り合いは禁止となっております。反論する際には、相手の意見・人格を尊重し、どうぞ冷静に。