人気サイト様 最新記事

博士ちゃんねる ヘッドライン

レスの強調ウゼェー!というドクターへ

レス内の強調表示をOFFにする コチラをクリックして切り替えてください。設定は30日間Cookieに保存されます。
現在のステータス:強調有効

顔の好みは遺伝子に関係あるの? @ [生物学板]


顔の好みは遺伝子に関係あるの? @ [生物学板]
1: ヒゲヅラ 2010/09/27(月) 01:32:02 .net
人を好きになる時、そのきっかけの大半は顔と思われる。
カワイイ、美人、ハンサムなどなど。
ここで、例えば「この子、カワイイ」って感覚は他者から見ても同感である場合が大半であるのはなぜだろうって話。

デブやガリがモテにくいのはわかる。
見るからに不健康だもの。
それに対して“誰が見ても美人(ハンサム)”“誰が見てもブス(ブ男)”っていう差。

なぜ美人というものがあって、モテるのだろう。
一般的な動物の繁殖活動では、強くたくましい遺伝子を残そうとする。
よって、人が異性を見て魅かれるとき、その顔の形には何か優れた遺伝子情報があるのではないだろうか?
4: 名無しゲノムのクローンさん 2010/09/27(月) 22:49:18 .net
マジレスすると文化圏によってブスと美人の基準は異なる
日本の歴史を見ても古典の世界の日本美人は、現代日本では美人とはされない顔をしているという

(結論)必ずしも遺伝的なものではないだろう
5: 名無しゲノムのクローンさん 2010/09/28(火) 00:38:55 .net
社会的要因が最も大きいと思われる
テレビや雑誌などのメディアで美人やらイケ面やらと持て囃されている容姿をそのまま自分の好みの顔と認識するのだろう
7: 名無しゲノムのクローンさん 2010/09/28(火) 01:30:11 .net
おかめちゃん(平安の美人像)はもう無効だよね
たかだか数百年も続かないような選択傾向が遺伝子に影響するかね?
現代じゃ10年ともたないでしょ

オバチャンたちが韓国ドラマに夢中になるのは、そこにもう日本からいなくなった、昭和の男性アイドルがいるからなんだよな
8: 名無しゲノムのクローンさん 2010/09/28(火) 06:45:53 .net
谷亮子谷亮子が夫とオリンピックで出会った時の体験談を聞いたらそうとも言えんよ。
プロの野球選手だった夫が「かわいいい」と一目惚れした経験を語ってたからね。
タワラちゃんはどう見ても美人じゃないし、結婚式の模様は当時の2chでも笑われてたはずだ。
野球選手ならいくらでも美人が寄ってきたはずなのに何故現代的なブスを選んだのか?

個人的には男は母親似を求める傾向があるんじゃないかと思ってる。
もしくは小児期の母乳体験の刷り込みとかね。
9: 名無しゲノムのクローンさん 2010/09/28(火) 09:27:06 .net
選んだんじゃなくて捕獲されたんだろjk
籠の中の鳥が自由に出会いの瞬間を語れると思うな
10: 名無しゲノムのクローンさん 2010/09/28(火) 15:42:29 .net
この話題については、結局、ポストモダニストが掲げた文化相対主義に軍配が上がるかな。
12: 名無しゲノムのクローンさん 2010/09/28(火) 20:49:53 .net
俺の知る限り古今東西どこでも女がモテる要素は容姿だ。
恐らくヒトの普遍的で先天的な本能なんだろう。

しかしその好みの基準は地域や時代により千差万別で個人差も結構ある。
本能のプログラムがそうころころ変わると思えないから「具体的にどんな容姿を好むか」はプログラムされてないのだろう。

ただ女性ほど体毛が薄くて髭も無いのはそうそう容姿がかなり普遍的にモテてきたからではと思う。
13: 名無しゲノムのクローンさん 2010/09/29(水) 00:12:13 .net
美形の基準の方は置いといて、

①なぜ容姿で配偶者を選択するのか?
「健康」というキーワードがすぐ出てきそうだけど、肌の美しさ等はともかく、目の大きさや配置等によってセックス相手を選ぶと何か有利なのだろうか?

②なぜ集団内で容姿の好みに共通性があるのか?
美形という概念は古来からあるみたいだが、なぜだろうか?
ただ、こっちは社会的なもので生物学では答えるのが難しいかもしれない。
14: 名無しゲノムのクローンさん 2010/09/29(水) 10:34:56 .net
健康さや賢さを優先する場合に比べて有利な点なんてない。
強いていうならセックスをする気になりやすいから子供が出来やすい。
他の動物だとメスがオスを容姿で選ぶのはあんまり珍しくない。
オスがメスを選ぶのは極希にはいる。
オスがメスを容姿で選ぶなんて個体としてなら種牡馬でいたな程度
15: 名無しゲノムのクローンさん 2010/09/29(水) 10:39:52 .net
>>14だが自分で間違い指摘
セックスする気になりやすい
のはいいけどなんで容姿次第でセックスする気になりやすさが全然違うかだよな。
他の動物のオスにはほとんどみられない
繁殖可能なメスなら特に選ばないし
16: 名無しゲノムのクローンさん 2010/09/29(水) 20:32:54 .net
「健康」以外にも、若い相手を選ぶという意味はあると思う。
シワがないほうが好まれやすいのはその典型だろう。
でも、やっぱりパーツの大きさや配置に対する好みまでは説明できないよなあ
17: 名無しゲノムのクローンさん 2010/09/29(水) 23:10:57 .net
自分に似てる(遺伝的に近い)人に親近感は持ちやすいんでないかい。
インドの仏像は二重の大きな目だけど日本では切れ長の一重になってる。
日本の仏像は当時の支配層の貴族顔だと思うが。
似た者夫婦というが似た顔の方が結婚後の相性もいい気がする。
18: 名無しゲノムのクローンさん 2010/09/30(木) 11:19:34 .net
確かに日本人男は普通外人女より日本人女が好きだ。
アメリカでは黒人は黒人同士、白人は白人同士な夫婦が圧倒的ぽい(ブラジルはあんまりそんな感じないが)

しかしこれも有利不利で見ると不利なんだよな。
遺伝的に近いもの同士の生殖が続くと病気や何かひとつの環境変化で全滅しやすいし
極端な場合、奇形や病弱な子供が生まれやすい
19: 名無しゲノムのクローンさん 2010/09/30(木) 12:21:06 .net
理屈ではそうだが、嗜好がそうなってないという事はそれが大して不利にはなっていないという事なんだろう

ただ例のヒトのメスが白血球型の近いオスの体臭に不快感をおぼえるというのはあるが。
20: 名無しゲノムのクローンさん 2010/09/30(木) 16:48:59 .net
俺の体臭は母や妹に嫌われてるのか?!
セックスの対象外てのはお互い様であるが、そんな対象よりは互いに好きだけどな。
ていうか母が生まれた息子の体臭を嫌うはずがないと思うんだ。
22: 名無しゲノムのクローンさん 2010/10/01(金) 19:36:19 .net
社会的に成功をおさめたオスに不細工はほとんどいない
24: 名無しゲノムのクローンさん 2010/10/01(金) 19:44:53 .net
ビル・ゲイツ>>22
不細工かそうでないかの基準はなに?
オレの目には(男だが)ビルゲイツも孫正義もどちらかていうと不細工に見える。
国会議員なんて不細工の集合に見えてしまう。

本田宗一郎や松下幸之助は尊敬するが間違ってもイケメンにはほど遠い。
27: 名無しゲノムのクローンさん 2010/10/01(金) 19:57:48 .net
文化次第だろ。
>他者から見ても同感である場合が大半
なのは文化を共有してるから。
28: 名無しゲノムのクローンさん 2010/10/01(金) 20:36:44 .net
岩尾望文化次第で岩尾がイケメンになれるか?
29: 名無しゲノムのクローンさん 2010/10/01(金) 21:00:30 .net
余裕でなれるだろうw
33: 名無しゲノムのクローンさん 2010/10/01(金) 21:12:32 .net
>>29
なれるわけないだろうw
35: 名無しゲノムのクローンさん 2010/10/01(金) 21:16:32 .net
>>33
岩尾にあやまれ!
30: 名無しゲノムのクローンさん 2010/10/01(金) 21:03:37 .net
なんだよその文化が決まる基準は
現代日本では女の子みたいなジャニーズ系優男がイケメンだが、そんな人が文化的影響力あったか?
31: 名無しゲノムのクローンさん 2010/10/01(金) 21:08:38 .net
ミスユニバースの日本代表を見れば、かなりの部分、文化で決まるのだと思う。
34: 名無しゲノムのクローンさん 2010/10/01(金) 21:15:44 .net
文化的影響力がある人間とモテる奴は違うだろう
36: 名無しゲノムのクローンさん 2010/10/01(金) 21:55:35 .net
ミスユニバースは別にブスではないだろ
37: 名無しゲノムのクローンさん 2010/10/01(金) 22:17:30 .net
上手に上手に、そして大規模に宣伝して売り込みして、洗脳…と
はいニュータイプイケメンの出来上がり
38: 名無しゲノムのクローンさん 2010/10/01(金) 22:54:36 .net
とりあえず顔が整ってることが条件だな
40: 名無しゲノムのクローンさん 2010/10/02(土) 04:20:09 .net
イケメンより美人だ。
容姿がものをいうのは女のほう
41: 名無しゲノムのクローンさん 2010/10/02(土) 08:07:01 .net
女性が男性に求めるものとしては相対的に経済力や社会的地位が大きく、男性が女性に求めるものとしては相対的に若さや美貌である
これは一般的にどの文化圏にも共通に認められる傾向である


というのをマット・リドレーの『やわらかな遺伝子』で読んだ気がする
記憶なので細部は若干違っているかもしれないが
42: 名無しゲノムのクローンさん 2010/10/02(土) 20:34:19 .net
通常動物の交尾においてオスはメスを選ばない。
オスを選ぶメスは珍しくない。

オスで様々なバリエーションを試みて環境変化に適した少数のオスだけが複数のメスと交尾して、子孫を残す。
オスはそのための性別だから。

見た目で繁殖相手を選ぶ動物もいるが選ばれる側はオス。
容姿でメスが性淘汰されるのは多分ヒトぐらい。
しかも健康さや賢さなんかより容姿優先。
それは全く合理的とは思えない。
そんな生物絶滅するはず。しかし現実は違う。何故だろう?
347: 名無しゲノムのクローンさん 2013/11/28(木) 14:21:10.26 .net
>>42
このメスがオスを選んでるってのも全部がそうじゃなさそうだけどな
少なくとも人間は近代以前はオスの有力者がメスの意志なんて無視して結婚ってこと珍しくなかったし。
43: 名無しゲノムのクローンさん 2010/10/02(土) 21:03:38 .net
進化生物学者は、モンゴロイドとかコーカソイドとかが性淘汰によって選択されてきたと考えているみたいだが。ちょっと信じ難いが。

従来の仮説だと環境(気候)への適応がそうさせたとかじゃなかったか?
44: 名無しゲノムのクローンさん 2010/10/02(土) 21:04:58 .net
性淘汰というのは自然淘汰に比べて速く結果が出るんだそうだ。
45: 名無しゲノムのクローンさん 2010/10/02(土) 22:23:06 .net
ランダムな突然変異から適応したものだけが残るプロセスと、積極的に選択し続けて淘汰されるプロセスでは、確かに結果が出る速さに違いがある気がするわな。
49: 名無しゲノムのクローンさん 2010/10/03(日) 12:37:03 .net
>>45
積極的な選択といえば、こういうのもある。
遺伝子工学が進んでいけば「利己的な遺伝子」という『喩法』も通用しなくなっていくことだろうね。
つまり、文化的な利己的行動と生物学的な利己的行動とか解離してきちゃう。


自分の遺伝子残したくない

文明がすすんで知恵がつきすぎてしまうと、つまり前頭葉に文明的なソフトウェアがいっぱい積まってしまうと、こんなことを考える人たちも当然増えてくるはずなので、従来の生物学では説明がつかないこと(??)が次から次へと起きてくるね。
46: 名無しゲノムのクローンさん 2010/10/03(日) 12:14:02 .net
自然淘汰と性淘汰って分けるもんじゃないと思うが

変異が有害な場合(負の選択)、自然だろうが何だろうが配偶子致死で瞬殺
変異が好まれる場合(正の選択)、品種改良みたいな人為淘汰だと「その世代で一番」しか次世代を残せない
実際の生存能力の差以上に適応度に差がついてしまう
(自然淘汰の中でも)性淘汰にはそれに似たところがあるってことか
47: 名無しゲノムのクローンさん 2010/10/03(日) 12:26:19 .net
ダーウィンの性淘汰説に対してウォレスは懐疑的だったみたいだね。
けっきょく性淘汰も自然淘汰に還元されるだろうと。

ただし中立かほぼ中立な表現型ならば、性選択説はそれなりに有効かも。
あと、高度な文化文明社会で暮らす人類においても自然淘汰を上回る効果を持つことがあるのかもしれない。
48: 名無しゲノムのクローンさん 2010/10/03(日) 12:30:17 .net
進化生物学用語にいう「適応」とは「繁殖度」にすぎないので、生存能力と繁殖能力は完全にイコールじゃない。
生存能力は、間接的に媒介項として関与している因子の一つにすぎない。

たとえば、先進国の人たちは開発途上国の人たちに比べ少子化になる傾向があるけど、これは進化生物学的な意味からすれば適応度が下がっていることになるんじゃないの?
50: 名無しゲノムのクローンさん 2010/10/03(日) 12:52:25 .net
ソフトウェアはハードウェアにマッチしたものしか搭載できないからねえ
どこかでハードウェアとの折り合いがついたものが残ると思うよ

たとえばさあ、自分の遺伝子残さない生物って社会性昆虫にはあるじゃない
あれとヒトの場合でどのくらい違うの?
52: 名無しゲノムのクローンさん 2010/10/03(日) 13:02:05 .net
>>50
社会性昆虫は基本的に血縁集団であって、自分の遺伝子を子へと伝える努力をするよりも兄弟姉妹の繁殖を助ける努力としたほうが、進化生物学的には適応的なことがあるわけで、それは従来の遺伝学主義的な進化生物学で十分に説明がつくことらしいですよ。
54: 名無しゲノムのクローンさん 2010/10/03(日) 13:08:49 .net
>>52
ヒトの場合の血縁の類似性は昆虫の血縁類似性とどう関係付けられるの?
遺伝子の一致度をはかる単位は同じ評価でいいの?
表現型と遺伝子型、適応度の関係は簡単じゃないよねえ?
単純な利他性の議論を適用できる範囲ってすごく限られていると思わない?
55: 名無しゲノムのクローンさん 2010/10/03(日) 13:35:40 .net
>>54
社会性昆虫にはおそらく従来の進化生物学的説明がかなりすっきり当て嵌っているんじゃないでしょうか?
ヒトの場合になると、ちょっと分かりません。怪しいところもたくさんありますね。
同性愛の遺伝子を発見したという研究報告と、進化生物学との整合性をつけるために、同性愛について同様な理論を適用しようとする生物学者もなかには居るようですが、無理があると思います。
51: 名無しゲノムのクローンさん 2010/10/03(日) 12:58:26 .net
DQNほど子だくさんという事実がもしあるとして、その子たちが繁殖するまでの死亡率もそれだけ高ければ関係ないんだけど、開発途上国の人口が爆発的に増えているということはそうでもないということなわけで。
進化生物学的にいったらDQNの遺伝子は適応的で優勢ということになりそうな気がする。
57: 名無しゲノムのクローンさん 2010/10/03(日) 14:16:32 .net
ヒトの場合は文化的な影響と社会現象が複雑にかみ合わさってしまって、あまりスッキリと進化生物学的な解釈が得られ難いと思うな。
62: 名無しゲノムのクローンさん 2010/10/03(日) 21:57:34 .net
オスの能力や解消は何となく想像で解かるが、メスの容姿が美しいと言うのは、形質として何故繁殖戦略上有利になるのか説明してくれ。
63: 名無しゲノムのクローンさん 2010/10/04(月) 11:57:31 .net
美人の子沢山ってのは聞かないから、繁殖戦略上有利とはいえないと思います
64: 名無しゲノムのクローンさん 2010/10/04(月) 12:40:31 .net
ネオダーウィニズム進化論的には、適応力とはけっきょく繁殖力のことだもんね。
したがって、生存能力→適応力には必ずしもならない。

先進国の産業文明社会で暮らす人々のほうが生存競争能力を持っているように思うが、彼らは少子化を選択している。
少ない子を産んで大切に育てるのも繁殖力ではあるけど、しかし結果的に子孫を減らしている。
子孫の数を争うことが進化論上の生存競争であるならば、これは明らかに進化論上の敗北。
69: 名無しゲノムのクローンさん 2010/10/04(月) 18:18:11 .net
時代によって美貌の基準が変わってることも知らないのか。
専門分野以外は低学歴と変わらないな。
71: 名無しゲノムのクローンさん 2010/10/05(火) 10:08:44 .net
>>69
> 時代によって美貌の基準が変わってることも知らないのか。
それも推測の域を出ていないよ。実証されているわけじゃない。
72: 名無しゲノムのクローンさん 2010/10/05(火) 14:13:23 .net
>>70
スレの主題って、>>1は明らかにデブがもてた時代を知らないじゃん?
現代しか見てない。生物学的には些細な時間だから気にしないのかな。


>>71
実証って、何を望むのさ。昔の美人の基準が現代と違うのは事実でしょうが。
77: 名無しゲノムのクローンさん 2010/10/06(水) 11:02:38 .net
>>72
> 昔の美人の基準が現代と違うのは事実でしょうが。
だからその確たる証拠はいったい何?
何にもとづいてそれを事実だと主張しているの?
86: 名無しゲノムのクローンさん 2010/10/08(金) 19:15:31 .net
>>71
時代時代の流行はあるだろうが不細工は何時の時代も不細工だと思うぞ。
73: 名無しゲノムのクローンさん 2010/10/06(水) 00:27:31 .net
時代によって美人の基準が変わるといっても、そんなに大きな差があるとは思わないけどなぁ。
現存する絵画とか、かなり誇張しているでしょ。
74: 名無しゲノムのクローンさん 2010/10/06(水) 09:18:10 .net
お歯黒には萌えないなぁ
75: 名無しゲノムのクローンさん 2010/10/06(水) 10:16:28 .net
今昔物語にあるブスの基準

顎が細い、ぱっちり目、口が大きく唇が厚ぼったい
茶髪、ウェ~ブなくせ毛地黒
腰細、デカパイ、手足が細くて長い
長身、足デカ、活動的な腕白

現代ならごっつう美人だな
76: 名無しゲノムのクローンさん 2010/10/06(水) 10:58:32 .net
それで日本には美人がいなくなったのか。
流行はあるだろうけど、基本はパーツの配置バランスだね。
丸とか三角とか、人間が認識しやすいものが、いいんだよ。
ただバランス悪いほうが覚えてもらえる。

お歯黒は結婚したらするんだから、浮気防止じゃないの。
83: 名無しゲノムのクローンさん 2010/10/07(木) 20:09:03 .net
このスレの主題は生物学の範疇だけでは扱えないね
社会学、心理学あたりからアプローチしてみると新たな視点が生まれるかも

荒れもせずなかなか盛り上がってて良いスレ。おもしろかった。 美女の謎については過去に当サイトで、けっこう何回もやっており、もういい加減巻末欄に書くことが思い浮かばないですね。今回はは生物板から、生物学的要請による美男美女、あるいは繁殖の優位性。短くまとめると、社会的要因か、審美的要因か、またその比率はいかなる具合なのか、ということになるでしょうか。
スレではおそらく、細かいテーマが一緒くたになって語られてると思う。

*美しい個体に惹かれるのは生存競争に有利なのか
*美しさの基準の絶対値、または社会性について
*美醜と能力の優劣の関係

これらは、それぞれ似て非なるテーマだと言えるかな?
過去の類似スレでも、美の基準は社会的に醸成されるものだ、という意見がけっこうありましたね。
美人女優として人気が出るからそれを「美人」だと認識するのか、もとから美人だったから人気が出たのか、まるで卵とニワトリです。

美の基準というものが文化によって左右されるのは無論あるにしても、過去の芸術作品を根拠として「全然違う」というのはいささか乱暴かな、と思わないでもないです。
古代ギリシャの彫刻作品を見れば、あれはけっこう写実的だと思うし、さほど現代の基準と違ってるとも感じないし、古代インドの彫刻作品も誇張はされてても、女神さまはボンキュッボンな体型で、理解できなくもない。しかし、日本や中世ヨーロッパの絵画作品はまるで理解できないところもある。
昔は写真がないから、そのへんの実際はタイムマシンでも発明しないと明らかにはならないかもしれませんね。

スレ»1さんの疑問である「美しい異性に惹かれる生物学的根拠」とはなんでしょうねぇ。
言われてみれば確かにって思うけど、それを語ろうと思うとどうしても「では美とはなにか」って話になるもんね。
生物の世界だと基本的な傾向としては、強かったり、体が大きかったり、要するに生存競争に有利なオス個体が好まれるような感じですが、あれは実はそれ以上にイケメンのバッタだったり、牛だったりもするんですかね。人間にその美醜がわからないだけで…。

ダニ・ダイヤモンド今回のトップ絵、キレイなひとだけど、モデルさんの名前どうしてもわからず。ただし、ダニ・ダイアモンドという写真家の作品だということはわかりました。
このひと有名らしくて、インスタとかのプロフ写真で大人気「ポートレート・マイスター」とか呼ばれてた。




人気サイト様 最新記事

博士ちゃんねる ヘッドライン

    • ※1 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2019.6.2 21:58
    健康に繋がってる見た目が選ばれてる気がする
    歯並びの良さや肌や髪のつや、
    骨格のバランス、背筋、顔が歪んでないか など
    • ※2 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2019.6.2 22:38
    フェルセンはイマイチな容姿。あれがハンサムか?時代の違いはあるだろう。
    • ※3 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2019.6.3 11:17
    白人が美人だと思うアジア人は大体、一重切れ長の目のアジアンビューティ(皮肉)だし。
    逆に日本人女性がイケメンだと思う白人男性も白人からみたらブサイクってことが多いらしいよ。
    • ※4 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2019.6.4 16:19
    平安に下膨れがモテたのは家の中が暗く、少ない明かりでよりはっきり見えたからって聞いた。
    そもそも平均顔が無いと区別がつかず好ましいって感情も湧かないし、経験の影響が大きいだろうね。
    • ※5 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2019.6.4 21:17
    美しさの基準は置いておくとして、美しさ=その社会のオスにモテる要素じゃないかと。
    そして、美しいメスの子供は美しい形質を引き継ぐ可能性が高い。
    すなわち後々の世代に子孫(遺伝子)を残せる可能性が高い。
    だからオスとしても自分の遺伝子を残すため美しいメスをえらぶのでは?
    • ※6 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2019.6.5 0:14
    大勢の人から割り出した平均顔は美人に見える。これは平均値に近い個体は遺伝子エラーが少ないからそういう風に見えるから。平安時代のような美のセンスはむしろイレギュラー。
    • ※7 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2019.6.10 18:37
    いわゆる平安美人に関してはデフォルメの仕方が違うだけなのでは?
    例えばアニメの女の子をそのまま再現したような顔は、現実には美人とは言えない。

    現実には目の細い美人もいれば、目の大きい美人もいる。
    でも、目が細い美人と目が大きい美人と、どちらが美人の典型像とされるかは時代地域の流行によって異なる。
    しかし、いずれにしても美人はいつの時代も美人なのではなかろうか。

    つまり、若々しく、健康的で、左右対称で顔のパーツのバランスに欠損が少ない。目の動きや表情から一定の知性が伺われ、かつコミュニケーションに支障をきたす傲慢さは感じさせない。女性であれば庇護欲を刺激する儚さがあり、男性であれば猛々しさを兼ね備えている。線の細い男性であっても、その遺伝子が庇護欲を刺激する女児を生み出し得るからそういう需要もある。
    共同体の大人達に愛される子供を生み出せるよう、童顔(ほ乳類の幼子に共通する特徴を色濃く備える)であることも美の条件になり得る。

    いや、根拠を示せるほど詳しい分野ではないから、俺の主観でしかないんだけどw
    たぶん、生き残るために必要だから、それなりに合理的な理由でそういう好みが残っていったんじゃないかなあ。
    • ※8 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2019.6.12 1:12
    1970年代以降の恋愛結婚全盛期においては、
    「顔の造形」は要素の一つに過ぎないからじゃないか?
    「表情」から推測される性格も大事だろうし。
    どんなに美形でも、無表情はイヤだとか、意地悪そうなのはイヤだとか、
    逆にちょっと不細工でも、表情豊かで愛嬌があると問題ないとか。
    • ※9 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2019.7.18 1:50
    「英国貴族と結婚した私」のマークス寿子さんや、
    英国留学中はたいへんモテていたという田嶋陽子さんを思うにつけ、
    平安貴族はイギリスからの渡来人ではないかと考えたことがあった。
  1. トラックバックはまだありません。


コメ欄での議論はおおいにけっこうですが、当サイトではドクター同士の罵り合いは禁止となっております。反論する際には、相手の意見・人格を尊重し、どうぞ冷静に。