人気サイト様 最新記事

博士ちゃんねる ヘッドライン

レスの強調ウゼェー!というドクターへ

レス内の強調表示をOFFにする コチラをクリックして切り替えてください。設定は30日間Cookieに保存されます。
現在のステータス:強調有効

昆虫って知能あるの? @ [昆虫・節足動物板]


昆虫って知能あるの? @ [昆虫・節足動物板]
1: :||‐ ~ さん 2006/12/31(日) 17:06:50 ID:2B0Muye2
人間並とは行かないが、他の哺乳類とか恐竜レベルの知能はないんだろうか。
人間になれると言う事はないのかな。
2: :||‐ ~ さん 2006/12/31(日) 17:12:30 ID:hMas1RVl
脳はあるけど、哺乳類、爬虫類の類には遠く及ばないよ。
もともとは人間と同じ生命体だったわけだから人間レベルになれる可能性はあるはず。
3: :||‐ ~ さん 2006/12/31(日) 17:32:10 ID:2B0Muye2
>>2
ほとんど本能だけなのかなあ。
行動とか見るとそうは思えないけど。

体ちっちゃいだけで、ただの、哺乳類や爬虫類に知能が劣ってるようには見えないんだよな。
逆に、本能だけで、あれだけ動けるなら、大半の哺乳類や爬虫類もほとんど脳みそいらないのかな。
4: :||‐ ~ さん 2006/12/31(日) 17:32:43 ID:2B0Muye2
感情はないのかな。
管理人より:こちらの姉妹スレだと言えるでしょうか。
5: :||‐ ~ さん 2006/12/31(日) 19:06:08 ID:7bROsNWN
人間も本能で生きている。
その点、本能だけの昆虫はスゴイかも?
繁殖に食だけだからな。
6: :||‐ ~ さん 2006/12/31(日) 21:38:29 ID:hMas1RVl
樹液の匂いがすればそこへ寄って、(♂の場合)♀の匂いがすればそこへ寄って、光を感じたら避けるという行動は本能。
でも♂が♀の取り合いをするのはなるべく強い遺伝子を残すための本能であるとはいえ、感情に近いものがあるのかもしれない。
7: :||‐ ~ さん 2007/01/01(月) 13:58:55 ID:2w+Roxon
昆虫の捕食行動なんかの分析をすると、あきらかに、哺乳類なんかより知能が劣るという結果とかあるんだろうか。
8: :||‐ ~ さん 2007/01/01(月) 15:30:26 ID:6ndolkbI
下手に知能を使うよりも効率のいいプログラムが本能として組み込まれているので、行動として劣っているとは言えないが、知能(思考能力)がほぼゼロであることは確実。

数十万~数百万個程度の脳細胞では、容量を食う思考回路など持たずに、効率のいいプログラム行動を組み込む方が遥かに有効。
9: :||‐ ~ さん 2007/01/01(月) 16:00:21 ID:2w+Roxon
>>8
人工知能は不可能といわれてるが、昆虫程度の知能なら、シミュレートできるんだろうか。
脳みそが小さいと、やはり、脳細胞の数も少ないのか。
10: :||‐ ~ さん 2007/01/01(月) 16:46:20 ID:6o2VqlqG
成虫で越冬することが出来る、出来ないで脳は違うよ。
詳しくは知らないが。すまん。

追記だけど、昆虫の種わけは、外見構造でなく臓器構造の配置だよ。
14: :||‐ ~ さん 2007/01/02(火) 01:08:33 ID:awRYgU6F
>>9
知能がほぼゼロで、単純な学習行動までをシミュレートすればいいんだから余裕。
ちなみにある程度の知能を持つことが出来る脳細胞数は、億の単位が必要かと。
タコやイカなどはそれに達していて、魚類・両生類より知能は高いとされているね。


>>10
別に知力的な違いがあるわけじゃないから。>越冬の有無
越冬時の塩害耐性とかグリセロール濃度とかが違うだけでしょ?
20: :||‐ ~ さん 2007/01/04(木) 12:27:17 ID:2G3zGXRX
>>14
イカって、なんか、無駄に頭いいらしいな。創造できんが。
あんな格好で海の中にいて頭が良くても意味ないだろうに。
人間にはまったく、理解できない内面をもっていそうだ。
16: :||‐ ~ さん 2007/01/03(水) 21:42:31 ID:5H3koWhi
昆虫に知能は無い。
17: :||‐ ~ さん 2007/01/03(水) 22:07:15 ID:8zfiaUgh
コーカサスやギデオンが闘いに勝ち続けると、勝ちグセがついて好戦的になって強さを増していくってのは、知能とは違うか。
18: :||‐ ~ さん 2007/01/03(水) 22:21:21 ID:ucAXrseC
ガセかもしれんし、あるいは負けたら戦いを控えるようになる本能(プログラム)があるのかも。
19: :||‐ ~ さん 2007/01/03(水) 22:39:32 ID:8zfiaUgh
強くなるのはガセじゃねえぞ。
東南アジアで虫相撲はギャンブルだしな。
知能とは違うと思うけど、勝ち続ける事によって何らかの変化が生じているのは間違いない。
管理人より:「コーカサス」→「コーカサスオオカブト」、「ギデオン」→「ヒメカブト」の学名より。
24: :||‐ ~ さん 2007/01/07(日) 12:15:50 ID:yWaY/EAJ
アリとハチの社会性は謎だな。
本能だけであそこまでの社会を気付けるのか。

働きアリ同士はどうしても、コミュニケーションが必要だろうし。
25: :||‐ ~ さん 2007/01/07(日) 12:35:37 ID:0t/BILVi
謎だな。複雑に見えて意外と単純な原理なんじゃないかと思うが
アリといえばハキリアリなんてすごいよな。なぜあんな文明社会を作ることができたのだろう
ハキリアリ
管理人より:「ハキリアリ」と呼ばれる種類のアリは、このように葉っぱを巣に運んで、細かく刻んで唾液と混ぜて発酵させ、それでキノコを育てるという「農園」を営むアリとして知られています。なかなか社会的。
26: :||‐ ~ さん 2007/01/07(日) 23:18:43 ID:sIJsLuaK
南米の寄生バエには、グンタイアリに依存しているものがいる。
アリの行軍によって追われたコオロギやゴキブリに産卵するのだそうな。
そういう類の習性は、単に本能というだけでくくれるのかね???
27: :||‐ ~ さん 2007/01/08(月) 00:17:05 ID:3Pq2jy4x
知能を持っているように見えるくらい、良く出来たプログラムなんだよ。
プログラム行動の証拠(および弱点)として、そこそこ複雑な行動を取れても、その行動には融通が利かない。
28: :||‐ ~ さん 2007/01/08(月) 01:20:22 ID:anhxno01
問題は進化の過程で、どうやってそのような不思議な本能を獲得したか…謎だ。
29: :||‐ ~ さん 2007/01/08(月) 02:59:29 ID:3Pq2jy4x
たまたま有利なプログラムを獲得した奴が生き残っただけでしょう。
本来はプログラムミスのはずが、偶然生存に適して他の同種を駆逐する、の繰り返しで。
30: :||‐ ~ さん 2007/01/08(月) 07:24:14 ID:hyfIp1Zj
働きアリの二割だか三割だかは、仕事をしないで遊んでるそうだが、これも本能なんだろうか。
彼らは、何して遊んでるんだろう。
32: :||‐ ~ さん 2007/01/08(月) 15:28:54 ID:RcarUVUT
>>30
おまえと一緒で年中2ちゃんやってるんだよ
33: :||‐ ~ さん 2007/01/08(月) 15:46:58 ID:3Pq2jy4x
>>30
哺乳類と違って、昆虫は活動しなければエネルギー消費は格段に少なくできるので、労働力・兵力としてのリザーブにはその方法も有効なのではと。
遊んでいるという擬人的な表現は適切ではなく、「エネルギー消費を抑えている」ということでしょう。

まあ、女王を無視して勝手に自分の子を産んで育てる働きアリが存在する種とか、交尾時にプレゼント(獲物)を糸で包んでメスに渡すオドリバエとか、(空の偽装プレゼントを使う種もw)擬人的に表現すると面白い行動が多いですけどね。
34: :||‐ ~ さん 2007/01/08(月) 16:07:07 ID:hyfIp1Zj
>>33
知能がないって言うけど、コンピュータで、そんなことまでシミュレートできるのかなあ。
コンピュータ内の人口虫ってのが可能なら、プログラム組んで、どんどん自立進化させたら、すごい複雑な本能を持った、人口虫とかできるのかな。
35: :||‐ ~ さん 2007/01/08(月) 16:33:58 ID:RcarUVUT
>>34
だからおまえと一緒だってば
37: :||‐ ~ さん 2007/01/08(月) 21:58:00 ID:UMAfU207
知能(学習能力)はなくてもプログラムはかなり複雑だと考えればいいかな。
38: :||‐ ~ さん 2007/01/09(火) 00:13:33 ID:cPE2yiR1
いや、ある程度の学習能力とその伝達(仲間への)までは確認されているんですけど、その学習した情報を、例えば演繹的に発展させるなどの「思考」ができないんですよ。

思考≒知能行動 という定義が一応あるので、昆虫に知能はないとされるのですが、
その定義を知らない多くの人は、社会性昆虫などの優れた学習・伝達能力を見て、
「知能」があるように思うのでしょう。そういった言葉の定義の問題も大きいかと。
39: :||‐ ~ さん 2007/01/09(火) 04:32:52 ID:inVxnC/n
>>38
その定義だと、頭が悪いといわれてるレベルの哺乳類とかも知能がないという事になるの?
まして爬虫類とかも。
学習能力と、伝達が出来るという事はかのりのものだという気がする。
学習能力と仲間への伝達なんて、コンピュータでシミュレートできるんだろうか。
40: :||‐ ~ さん 2007/01/09(火) 05:45:32 ID:VPzPsGzk
知能ではなく本能のみです。
愛好家レベルて動物のなんたるか知らない馬鹿多いの?
42: :||‐ ~ さん 2007/01/09(火) 15:59:21 ID:hE8W2ZjI
>>40
ないと漠然と知っていても、「もしかしたら」と思ってしまうような状況に直面するとその可能性を信じてしまうという現象。
ドラマとか見てて結果は知ってても「もしかしたら」と違う結果を想定してしまうこと、あるだろ?
43: :||‐ ~ さん 2007/01/10(水) 21:08:14 ID:/Qhc+1G8
>>40
哺乳類や爬虫類もほとんどはそうなのか?
53: :||‐ ~ さん 2007/01/13(土) 05:51:20 ID:FUMebV6r
>>43
境界線上に位置するのが、爬虫類の大半および鳥類・哺乳類の一部といった感じかと。

>>39
学習と伝達だけなら簡単なプログラムで済むので少ない脳細胞でも可能。
「工夫」とか「推理」などの知能行動はそれとは桁違いの膨大な容量を食うので、知能の獲得は捨ててプログラム行動のみに特化した究極が昆虫。
ただ、低レベルの知能行動なら、昆虫のプログラム行動の方が優れることも多いので、あなたのような感覚に陥る人が多いのでしょうね。
41: :||‐ ~ さん 2007/01/09(火) 11:33:10 ID:cDAAxK+k
飼ってると情が湧くから、無いと解っててもそう思いたくなるんだよ。
植物に声掛けながら誉めてるとスクスク育つとか聞くしな。
56: :||‐ ~ さん 2007/01/18(木) 21:01:45 ID:NxUX+xcd
遊び人の働きありは、やっぱ、代謝を落として何もしてないのか。
冬眠してるようなものなのか?
遊んだりしないのか。
57: 甲厨王子 ◆StjS2aV9/6 2007/01/18(木) 23:17:17 ID:yEF+dVLL
>>56
酒と博打に男遊びにふけってますよ(^^
60: :||‐ ~ さん 2007/01/23(火) 16:46:52 ID:TdZRSelf
ねーよ。言葉分かんないし字も書けないじゃねぇーか。
61: 甲厨王子 ◆StjS2aV9/6 2007/01/23(火) 21:27:32 ID:hlz0Hho0
>>60
僕のスマトラ君は、言葉をかけると大顎を開いてあいさつしますよ(^^
63: :||‐ ~ さん 2007/01/28(日) 23:19:19 ID:ZVkrdS91
甲殻類って知能あるの?
飼ってるエビがなついてきてるような気がするんだけど。
でもダンゴムシはほぼ昆虫類と同じだと思うし…う~ん。
67: :||‐ ~ さん 2007/01/29(月) 19:13:01 ID:+27peTln
>>63
感情があるときに使う「懐く」とは違いますが、「慣れる」のは多少ありますよ。
上でも書きましたが、節足動物は「単純な学習」は出来ますから。
餌のとり方が上手くなったり、戦闘行動が磨かれたりするのと一緒です。

ただ、定義としてそれを「知能を有する」とは表現しません。
69: :||‐ ~ さん 2007/05/07(月) 09:35:17 ID:ALn1Z5i/
昔は巨大な昆虫っていたのかな。
そういうのが知能を発達させる可能性はあったのかな。
70: :||‐ ~ さん 2007/05/07(月) 13:50:33 ID:nkdPOdj5
トンボが1㍍くらい
72: :||‐ ~ さん 2007/05/07(月) 18:21:36 ID:tNqFm+Sj
メガネウラか
生で見て見たいな
74: :||‐ ~ さん 2007/05/08(火) 03:49:37 ID:fJz3bzdF
そういえばナウシカの世界に出てくる虫たちは、大きさから言って、知能があってもおかしくないな。
75: :||‐ ~ さん 2007/05/08(火) 22:51:05 ID:JKwq3vAG
あのさ、ちょっと思ったんだけど、セミとかキリギリスの仲間って、羽化してから数日後から、鳴き始めるんだよね。
で、その時に明らかに練習的な鳴き声で最初の内は鳴くんだよね。
セミは羽化後数日はほとんど声が出ないのは知ってるけど、そう言うんじゃなくて、根本的に鳴き声のリズムとか、強弱の付け方がおかしいんだよね。
知能は無くて、あらかじめプログラムされた本能で生きているはずの昆虫が、なぜ練習のような事をするのだろう?
最初から普通に鳴けてもおかしくないような気がするんだけど…
みんなの意見聞かせて。
77: :||‐ ~ さん 2007/05/09(水) 09:39:58 ID:rcjDN5vO
>>75
練習というか慣らし運転するのもまた本能だから、とか。
まだ出来上がってない筋肉やら部位やら臓器やらに、過剰な負担が掛からない様な鳴き方が練習してるっぽい鳴き方に聞こえるとか。
生殖機能が成熟するまで普通に鳴けない様にプログラムされてるとか。
う~む、ワカランチン。
76: :||‐ ~ さん 2007/05/08(火) 23:02:17 ID:7RTVtEWD
それはオーディオで言うところの「エージング」みたいなものじゃないのかな。違うか…
79: 甲厨王子 ◆StjS2aV9/6 2007/05/11(金) 17:03:58 ID:b93EwJSH
セミって羽化する時って穴から外の様子をうかがってから羽化するって読んだよ。
風が強い日とか雨の日は、避けるみたいだそうです。
80: :||‐ ~ さん 2007/05/27(日) 07:36:11 ID:f5rxYKva
しかし、知能のないアリの作る社会が結構、人間社会のシステムと共通点があるという事は、人間の社会の仕組みも結構、知性とは関係ないレベルで構築可能要素がたくさんあるという事かな。
アリさんは手が使えるしな。
87: :||‐ ~ さん 2007/05/28(月) 04:20:34 ID:c/cMRqDq
節足動物は「脳ミソ」と呼ばれる器官が無いから、人間にとっての知能や感情にあたる概念は無いだろう。
90: :||‐ ~ さん 2007/06/04(月) 07:06:18 ID:LRQnvAD/
ハエに「自発的意志」 米独研究チームが計測実験
2007年05月17日15時41分
昆虫の行動は外部からの刺激だけによって決定されているわけではなく、例えばハエには特殊な「自発的で自由な意志」があると推論されるとの実験結果を米独の研究チームが16日、発表した。

ハエに「自発的意志」 米独研究チームが計測実験
やっぱ昆虫も知能があるのか?
91: :||‐ ~ さん 2007/06/04(月) 08:04:52 ID:tZKSZ48/
少なくとも昆虫の複雑な行動(ハチの社会性など)は、その記述の自発性に関連した知能的行動ではない。
無刺激での自発的行動も、「考えて」行っているわけではなく、そうした方が生存確率が上がるゆえに組み込まれた要素。
ある意味自由意志ではあっても、それを知能的行動とは呼ばない。
107: :||‐ ~ さん 2007/06/30(土) 20:07:53 ID:wdW9/pFR
昆虫には集合体としての意思があるように思える。
だからむやみにつぶしてもだめだし、減らしすぎてもどっかでおかしなことが起きる気がする。

昆虫さんにインタービューでもしない限りは永遠に謎かもしれませんが、昆虫たちの知能について。「知能」の定義自体がすでに難しそうだけどなぁ…。
お腹が減ってるけど、あたし今ダイエット中だからガマン…みたいな本能に反した行動は、まぁそこに知性があると言えるかな。
昆虫その他の生物が、自分の欲するままに行動してるのだとしたら、その本能は極めて高度にプログラミングされているのではないか、というのがスレの趣旨ですね。「誰によって?」と言いたくもなろうというものです。

カール・フォン・フリッシュミツハチの8の字ダンスを不思議に思って研究した、フリッシュという動物学者がいますが、このひと研究などはなかなか興味深く、極めて社会的なミツバチの生態とその行動の意味が明らかにされ、彼はノーベル賞を受賞しています。
ミツの場所の方向と距離を示している、というわけで、少なくとも太陽の向きと、方角と距離を知るすべを持っているわけです。すごいねー。(参考

こちらの巻末にちょっと書いたエメラルドゴキブリバチの幼児育成法もすごかった。Gは生かさず殺さず、ギリギリまで搾り取るべし!ということですが、これなど仮に進化の過程でここまでなることを考えると、果てしない時間がかかりそうなものです。
とてもではないが、本能だけで行動しているようには思えない!…というのがこんな話のミソではあるのでしょうか。

高い攻撃力を持つから単体でも生き残れるタイプと、群生して役割分担するタイプとでは、また違うんだけど、誰からも教わることなく、そうした能力を最初から持ってるわけでしょ。

その点、人間はどーなんすかね?
我々は普段なんも意識することなく、手足を動かしますが、管理人は子供のころ、これが不思議で仕方なかった。
なんで思ったとおりに、いやそんなことを意識もしてないのに動くのか?

思ったとおりに脳が命令してるからだ、と当時の大人は言いましたが、ぜーんぜん納得できないね!だってなにも命令してないしね!
…と思っていました。

本能というのは、持ってないひとからするとなんかすごく見えるけど、持ってるひとからすると、そんなの当たり前じゃん?というようなことかもしれませんな。

動物たちのすごいワザを物理で解く: 花の電場をとらえるハチから、しっぽが秘密兵器のリスまで
マティン・ドラーニ リズ・カローガー
インターシフト
売り上げランキング: 200,328



人気サイト様 最新記事

博士ちゃんねる ヘッドライン

    • ※1 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2019.6.18 21:32
    むしろ知能なんてものが存在しないと思う
    お腹が空いてもダイエットするのは異性を気を引くためで、
    それは種を保存させるための本能とも言える

    人間の思考の根底にあるのは、単純な本能の組み合わせにすぎない
    • ※2 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2019.6.18 22:42
    昆虫には昆虫なりの思考はあるんじゃないかと思う
    人間だって人間なりに物を考えているだろう?
    • ※3 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2019.6.19 5:41
    ハチが識別できる異なる色を持つA、B、C、D、E の餌容器があり、AとBが存在するときBから電気刺激を受ける、BとCのときはCから、CとD、DとEも同様にしてハチに学習させると、AとDを置いたときにはDを避け、BとEを置いたときにはEを避けるという一種の推理行動を示すとか。
    • ※4 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2019.6.19 20:41
    人間だって経験を蓄積してパターン化するプログラムにそって動いてるだけでしょ

    人間も人間よりも高次元の知性体からすればプログラム通りに動いてるマシンに見えるんじゃいの?
    • ※5 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2019.6.20 15:16
    先日アリグモがいっぱい出てきたんだが、擬態が秀逸過ぎて怖い
    足8本なのに6本に擬態して移動してた
    淘汰で選別されたにしては洗練され過ぎてる
    • ※6 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2019.6.20 18:29
    戦闘モードはあるよな
    スズメバチとか
    あれはある程度の知能と言えるのではないだろうか
    • ※7 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2019.6.21 8:10
    そもそも生存戦略の中で知性を持つ事は優れてるとは言い切れん
    反射を研ぎ澄ました生命の方が遥かに優れてるのではないのか
    知性の獲得は生命体の生存戦略としては失敗なのではあるまいか
    • ※8 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2019.6.21 20:26
    ある一個体の学習成果を別個体や子世代に伝達できる動物っている?

    いないとしたら、突然変異による進化を重ねた結果、
    たまたま知的な行動が取れるように収束しただけなのかな
    • ※9 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2019.6.23 16:42
    先日ヤゴの羽化を初めて見た。
    住宅街の側溝にヤゴがたくさんいた。
    羽化途中のは側溝から抜け出て羽化中だった。

    翌日以降10日ほどその辺にいて側溝の中で羽化して閉じ込められているトンボ多数w
    格子状の蓋に阻まれて。
    エゴで逃がしてやったりしたんだけど、学習プログラムの阻害したかもしれんw
  1. トラックバックはまだありません。


コメ欄での議論はおおいにけっこうですが、当サイトではドクター同士の罵り合いは禁止となっております。反論する際には、相手の意見・人格を尊重し、どうぞ冷静に。