人気サイト様 最新記事

博士ちゃんねる ヘッドライン

レスの強調ウゼェー!というドクターへ

レス内の強調表示をOFFにする コチラをクリックして切り替えてください。設定は30日間Cookieに保存されます。
現在のステータス:強調有効

卍 忍者について語ろう 卍 @ [民俗・神話学板]


卍 忍者について語ろう 卍 @ [民俗・神話学板]
1: 天之御名無主 2013/12/15(日) 18:17:25.14
学問的なこと、面白エピソード、小説・漫画・アニメなど、忍者に関することなら何でも語ってください。
3: 肉便器よ、拡散基準が大分殺人じゃないか\(^o^;)/ 2013/12/19(木) 10:55:38.77
そういや海外に忍者みたいな専門職はなかったの?
4: 李家代表!バレバレ忍者! 2014/02/02(日) 07:02:59.70
賀茂家が怪しい
5: 天之御名無主 2014/06/14(土) 23:11:36.27
千葉県野田市に戸隠流忍術の本部在り
6: 天之御名無主 2014/06/22(日) 12:51:48.54
↑武神は武道団体みたいな感じでやっているよね。外人の弟子が多いね。
7: 天之御名無主 2014/06/25(水) 00:02:46.78
初見先生の所ですな
11: 天之御名無主 2014/06/30(月) 06:31:22.05
とりあえず定番のこれ
行ってみたいけど三重県は遠いなあ


伊賀連携フィールド忍者文化協議会
14: 天之御名無主 2014/07/20(日) 05:19:49.65
西
甲賀 伊賀 根来



甲州(透破)風魔(乱破)
15: 天之御名無主 2014/07/21(月) 09:51:09.49
信州真田氏と甲賀忍者の甲賀望月氏は、共に信州滋野氏の末裔ということで繋がりがある。
信州小県根津(現東御市)に望月千代女が作った「ののう巫女」はくのいち集団
16: 天之御名無主 2014/07/22(火) 18:38:31.75
くノ一って主に色仕掛けを武器にした忍者なのかいな?
17: 天之御名無主 2014/07/22(火) 21:29:39.64
>>16
色仕掛けも使うが、それだけじゃだめ。
ののう巫女は、まず全国を行脚する。そして、各地に信者を作る。それらの信者を介して地域の有力者などに近づけるような人脈を作る。
そうやって、独自の情報ネットワークを構築してはじめて、「色仕掛け」が功を奏する。



まあ、想像だけどね
18: 天之御名無主 2015/02/04(水) 19:36:54.85
聖徳太子聖徳太子あたりも忍を使ってたんじゃなかったっけ
19: 天之御名無主 2015/02/05(木) 12:34:34.48
古代から間諜みたいなことはあっただろうね
21: 天之御名無主 2015/02/09(月) 12:53:22.70
アショーカ王古代インドのアショーカ大王あたりもスパイ使っておったとちがいます?
あ、スパイスちゃうで。
26: 天之御名無主 2016/07/21(木) 22:12:00.00
イスラム暗殺教団
大麻を使うことからハシシ→アサシンと呼ばれた
日本の忍者も大麻を栽培し、アホ薬として利用していた
33: 天之御名無主 2016/07/27(水) 11:02:17.25
>>26
アサシンは欧州でも活躍してたみたい
外国も似たような感じだね
シンクロニシティを感じる
管理人より:ま、昔の記事ですが!
27: 天之御名無主 2016/07/27(水) 07:07:55.39
伊賀衆、甲賀衆、雜賀衆の起源は聖徳太子の右腕だった秦河勝の一族郎党の末裔。
一番古いのは伊賀衆。
28: 天之御名無主 2016/07/27(水) 07:16:21.73
ただ、雜賀衆については物部氏系かも知れない。
とにかく秦氏と物部氏が忍者集団のおおもとと思える。
34: 天之御名無主 2016/07/27(水) 11:04:09.67
>>27
>>29
秦氏の渡来時期も西暦300年頃なので恐らく同じものを指している
秦、機織り
服部、服作り部
36: 天之御名無主 2016/07/27(水) 11:19:10.25
>>34
それはその通りと思うが、氏族の名としては秦のほうが古いと思いますね。
服部氏は秦氏から派生したのだと思うな。
80: 天之御名無主 2018/11/25(日) 18:07:01.61
>>27
甲賀は亀甲を使う卜術の人達のもとで、伊賀は石信仰の人達こもとで、それぞれ仕える対象が違い、それが呼び名に顕れたらしいので、一くくりに秦じゃなさそう
29: 天之御名無主 2016/07/27(水) 09:50:40.02
伊賀衆は西暦300年頃に日本に渡来した集団の末裔→服部連→服部半蔵
31: 天之御名無主 2016/07/27(水) 10:48:54.18
>>29
伊賀衆が元から存在していて、そこに服部氏が合流して戦国期に伊賀衆を率いた、という見方も出来るね
37: 天之御名無主 2016/07/29(金) 17:20:33.16
伊賀、甲賀、雑賀、佐賀、多賀、古賀・・・
38: 天之御名無主 2016/07/30(土) 01:05:57.75
忍者は鎌倉時代からいたらしいな。
40: 天之御名無主 2016/07/30(土) 16:32:00.11
楠木正成楠木正成が使っていた楠木忍軍は伊賀だったかな
41: 天之御名無主 2016/07/30(土) 22:50:38.00
南北朝あたりから出始めた。。という説もある。
43: 天之御名無主 2016/07/31(日) 11:24:46.22
服部半蔵
44: 天之御名無主 2016/08/04(木) 00:48:24.22
忍者は、けっこー奥の深いテーマぜよ。
45: 天之御名無主 2016/08/05(金) 00:19:24.91
製鉄民だよ
47: 天之御名無主 2016/08/05(金) 16:56:59.87
製鉄する人だけでは製鉄民は成り立たない
鉄や石炭を探す人が必要
山岳地帯を自由自在に動き回る製鉄民のレンジャー部隊が忍者のルーツだよ
48: 天之御名無主 2016/08/06(土) 18:01:15.10
空海結構それは言えるな。
空海は、それらの者と深い関係があっただろうな。
49: 天之御名無主 2016/08/06(土) 23:00:50.09
確かに、鉄、水銀などの資源を山岳に分け行って探す専門集団は、並外れた身体技能や技術を持っていたと想定できて、そのような集団の一部がのちに「忍びの者」になった。。
というストーリーはあり得るな。
50: 天之御名無主 2016/08/07(日) 11:59:10.84
犬養氏はそれを仕事にしていた
犬を使って鉱脈を探していた
ここ掘れワンワン
52: 天之御名無主 2016/08/07(日) 14:21:50.97
犬養氏の有名人といえば、県犬養三千代(あがたいぬかい・みちよ)と犬養毅のふたりぜよ。
57: 天之御名無主 2016/08/08(月) 23:52:40.69
イヌはクマよけだろ
鉱脈探してる連中が犬を飼っていてもおかしくはない
53: 天之御名無主 2016/08/07(日) 22:52:47.48
そもそも火遁の術とか中国の山岳民の技だからな
60: 天之御名無主 2016/08/16(火) 04:37:10.98
要するに、戦国時代なんかのスパイや暗殺部隊なんかだろ?
オシャレに言うと「諜報部員=シークレットエージェンシー」だ。

ところで "忍術" なら、デビッドカッパフィールドなんかの奇術=イリュージョンのほーが。はるかに、すげ~っ!
( なんか "グランドイリュージョン" なんて映画もあるが )
61: 記憶喪失した男(愛知県) 2016/08/26(金) 20:11:05.81
忍者は、西暦300年頃に中国からやってきた暗殺集団が起源ではないかといわれています。
まだ確定ではありませんが、忍者は項羽を起源にもつという伝承もあり、渡来系の可能性が高いです。

もちろん、西暦300年の頃から日本にいるのですから、日本の土着の民と混血しており、縄文系の忍者もいることでしょう。
しかし、始皇帝の秦の国には忍者のような奇術を使うすごい達人たちがいたといううわさがあり、忍者の中国由来を裏付けるものです。
西暦300年頃といえば、ちょうど、漢帝国が滅亡した頃であり、卑弥呼が魏へ使者を送った頃です。
服部氏はっとりしは、秦氏はたしの語変化だという説もあります。
完全な推測による独断にすぎませんが、雜賀衆は縄文系忍者ではないかと思います。
74: 天之御名無主 2018/09/03(月) 18:59:28.12
>>61
あんたのレスは興味深い
62: 記憶喪失した男(愛知県) 2016/08/26(金) 20:23:48.78
縄文系忍者もいるんだ、これは安心だと思ったけど、「苗字NET」によると雜賀という苗字の人は全国に70人しかいないそうだお。
63: 天之御名無主 2016/08/27(土) 11:39:09.29
>>62
名古屋市時代の自分の知り合いにそのサイカ君がいて「雑貨屋」という渾名を付けられてた。
由緒あるお家だったのね…
75: 天之御名無主 2018/09/03(月) 19:44:57.92
中国発祥説は聞いた事がある
76: 天之御名無主 2018/09/07(金) 12:29:52.65
インドにもあった説に触れたことがあるな。
仏教用語でいう夜叉の事ををスパイ、諜報員としていたような
77: 天之御名無主 2018/09/11(火) 21:23:57.34
くノ一は色仕掛け
85: 天之御名無主 2019/03/03(日) 07:31:33.13
ようは間諜だしね。現代のスパイもそうだけど。
87: 天之御名無主 2019/03/07(木) 06:51:53.58
松尾芭蕉松尾芭蕉元忍者説
88: 天之御名無主 2019/03/07(木) 10:14:47.38
出身が伊賀で服部半蔵の部下だからねえ
まあ確定だよな
90: 天之御名無主 2019/03/13(水) 08:05:22.96
芭蕉さんの旅日記の日時、場所を見ると凄い速さで移動しているとか
91: 天之御名無主 2019/03/13(水) 15:39:24.74
早さもそうだが軍事的要所に長居して観光地は短かったり行かなかったりが怪しい
59: 天之御名無主 2016/08/13(土) 07:52:56.10
一時、このスレ雲隠れしてなかった?
さすが忍者スレだな。

戦乱の世の中になるにつれ、情報を集めるために特殊技能を持った者たちが、諸国を渡り歩いて情報をなりわいにする…というのはどこの国でもあったことでしょうが、日本の忍者は男の子のロマンをくすぐるところがかなりありますよね。

忍者というのはなぜこうもロマンがあるのかわかりませんが、戦後日本で特撮映像がたくさん作られたときに、このファンシー忍者的なやつもあったそうですね。ガマに乗ってあらわれる「自来也」とかね。
で、中国のカンフー映画などと同様、これが海外で思いのほか人気を呼び、しまいには「ウィザードリィ」の上級クラス「ニンジャ」や、「ニンジャタートルズ」などの形で逆輸入されることに。

管理人などのオッサン世代では、子供のころに「忍者ハットリくん」というアニメがありましたから、ブーム再び!という感じで盛り上がってましたね。
で当時、忍者の本を読むにつけ、本物の忍者は分身の術なんか使えないし、水の上を歩いたりしないし、いつも例の装束を着てるわけじゃないし、10メートルもジャンプしないと知り、いたくガッカリしたものです。その実態は案外地味なんですね…。
今の子たちはやっぱり「ナルト」なのかな?

Ninja Gaiden 3 Razor's Edge Launch Trailerトップ絵は「NINJA GAIDEN 3 Razor's Edge」より。DOAから例の巨乳くノ一姉妹も参戦…ということで、最近の大手ゲームってこんなのばっかだな。
日本で誕生したミステリアスな忍者は、国内でも国外でもファンシーな幻想を呼び起こすらしく、日本刀を逆手に持ってればとりあえずおk!みたいな大雑把さがある。
いつの日か、日本でアメリカのCIAみたいな諜報機関ができたあかつきには、その組織の通称は、頭文字を無理やり組み合わせて「NINJA」にしてほしいものです。

NINJA GAIDEN 3 (通常版) - PS3
コーエーテクモゲームス (2012-03-22)
売り上げランキング: 13,260



人気サイト様 最新記事

博士ちゃんねる ヘッドライン

    • ※1 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2019.7.13 21:26
    聖徳太子(厩戸皇子)が忍者(間諜組織)を使っていたってのは、「10人の話を同時に聴き分けて、同時に対処をした」っていう故事に由来する
    一斉に喋っていたのを同時に聞き分けたのではなく、事前にそれらの事象についての情報を持っていたからその場で即断即決できたってことで、まあそれは現代の官僚も駆使してる事務処理能力だけど、当時の感覚で言えば超人的能力ってことになるんだろうね
    よく当たる占い師の占いってのも、コールドリーディングなどの事前の調査能力の賜物だから、情報ってのはいつの時代にも人を先んじる財産になり得るってことです。

    「十分に発達した科学は、魔法と区別がつかない」  by Sir.A・C・クラーク
               
    • ※2 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2019.7.13 22:26
    火薬使うし中国人っぽいよな。忠誠心ないし
    • ※3 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2019.7.13 23:18
    実際の忍者は農民や商人に扮して諜報とかがメインなんだっけ?
    刀を足場にして塀を越えるとか手裏剣を投げるとかそういうのはあったぽいけど現代人が思い浮かべるパルクールめいたことはやってなさそう
    • ※4 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2019.7.14 1:06
    山岳信仰で山に籠って修行してた山伏の流れって説もありますね。
    近代まで未踏峰とされてた山であっても山伏がとっくに登った足跡がある位の常識外の運動能力、山で生きるために毒や薬草の知識にも長けてて、山々を渡り歩いて国境を悠々越えられる、と必要な能力が揃ってるそうだ。
    • ※5 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2019.7.14 12:41
    女忍者がくノ一と呼ばれていた、というのは山田風太郎の創作。
    もともとは一般的な女を表す隠語。寿司屋で醤油をムラサキって言うようなもの。
    カッコいいから山田御大が女忍者の呼び名に使い出して
    爆発的に広まった。

    忍者の源流は色々あるだろうけど大和朝廷に従わない土着の集団の
    流れも組んでると個人的には思う。いわゆる鬼、隠、土蜘蛛などと呼ばれた
    人たちは修験者の元にもなっているし安倍晴明の式神なんかも
    実はこういう人たちを使役していたという説もある。
    • ※6 : 名無し
    • 2019.7.14 14:29
    にんひひひ
    • ※7 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2019.7.14 14:55
    ゲームで言うと最近ならSEKIROが話題になってましたね
    • ※8 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2019.7.14 21:32
    現代忍者のアクロバティックなイメージにはケインコスギの父、ショーコスギも一役買っているであろう。
    実際の忍はただただ地味な諜報工作員だったと思われる。主に敵地等から重要情報を持ち帰ることが最優先であり、戦闘能力より生存能力がより重視されたはず。
    木の葉隠れ、霧隠れ、木遁、水遁、爆遁、火遁等々どちらかというと戦いより隠れてやり過ごしたり、爆発爆音や火炎で相手を怯ませて逃げる技と言える。アヤメ事は余程追い詰められてそれ以外の手がない、もしくは絶対的にアヤメたほうがいい状況ぐらいで積極的にやることは少なかったであろう。
    常人離れした身体能力でゲリラ的に山野を掛け、逃げに徹するエキスパートであったと思われる。
    勿論一般人と比べてかなり強かったのは確かと思うが昨今の鬼みたいな戦闘能力お化けみたいなイメージには物凄く違和感があるのであります。戦闘のプロとやり合ったら不意打ち以外はかなり不利だと思っております。
    • ※9 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2019.7.16 8:34
    ニンジャはいない、いいね?
    • ※10 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2019.7.18 19:28
    甲賀幻妖斎
  1. トラックバックはまだありません。


コメ欄での議論はおおいにけっこうですが、当サイトではドクター同士の罵り合いは禁止となっております。反論する際には、相手の意見・人格を尊重し、どうぞ冷静に。