人気サイト様 最新記事

博士ちゃんねる ヘッドライン

レスの強調ウゼェー!というドクターへ

レス内の強調表示をOFFにする コチラをクリックして切り替えてください。設定は30日間Cookieに保存されます。
現在のステータス:強調有効

声調とアクセントって何が違うの? @ [言語学板]


声調とアクセントって何が違うの? @ [言語学板]
1: 名無し象は鼻がウナギだ! 2017/03/20(月) 07:48:21.24 0.net
馬鹿にもわかるような説明を求む。
2: 名無し象は鼻がウナギだ! 2017/03/20(月) 09:26:15.55 0.net
馬鹿は理解線でよろしい
3: 名無し象は鼻がウナギだ! 2017/03/20(月) 09:45:15.69 0.net
声調 高低
アクセント 強弱
4: 名無し象は鼻がウナギだ! 2017/03/20(月) 11:15:48.62 0.net
声調はトーンとも呼ばれ、アクセントの一種だと思います。
音節ごとに独立に音程が定まっています。
この点は日本語もそうですが、日本語よりも大げさでバリエーションがあります。

ストレス・アクセント(強弱アクセント)は、一つの単語に一つのアクセント核があって、そこの音節にストレスを置いて強く高く発音し、その単語のその他の音節は弱められる傾向があります。
音節を構成する母音が曖昧(シュワー)になったり脱落したりする傾向があります。現代英語がそうです。
現代のフランス語もそれっぽい。

イタリア語やスペイン語などのロマンス諸語もストレスアクセント言語だと言われていますが、フランス語を除けば、アクセント核以外が弱まる傾向が少なくて、どの母音もはっきり発音されるので、これらの中間にあるじゃないでしょうか?
5: 名無し象は鼻がウナギだ! 2017/03/20(月) 11:18:06.41 0.net
一つの単語に一つのアクセント核と書いてしまいましたが、長めの単語では2つある場合もありますね。
165: 名無し象は鼻がウナギだ! 2018/07/04(水) 17:57:33.40 0.net
>>4
音節を構成する母音が曖昧>
そうだね、中国語を英語アクセントで発音すると殆ど伝わらない
日本人は声調を発した事が一度も無いからここで苦労する
声調を出すコツは母音も子音も続けてはっきりと音を出す事その為には喉も上手く使う
6: 名無し象は鼻がウナギだ! 2017/03/20(月) 12:27:45.65 0.net
フランス語にアクセントなんてないぞ
7: 名無し象は鼻がウナギだ! 2017/03/20(月) 13:07:04.22 0.net
アクセントってそもそもフランス語用語なんだけど
8: 名無し象は鼻がウナギだ! 2017/03/20(月) 13:16:24.55 0.net
それはアクサン
10: 名無し象は鼻がウナギだ! 2017/03/20(月) 13:21:42.35 0.net
>>7
あたまわーるそー!
12: 名無し象は鼻がウナギだ! 2017/03/20(月) 14:27:00.42 0.net
煽るだけのレスはやめようぜ
管理人より:フランス語の「アクサン」は母音の長短、広狭を示す記号。「アクサンテギュ」「アクサングラーブ」「アクサンシルコンフレックス」の3種類。子音字には発音を区別するために「c」の下にヒゲがつく「Ç(セディーユ)」があります。仏語では「Café(カフェ)」のようにaouの前の「c」は「k」の音で発音しますが「Ça Va(サ・ヴァ)」のように「s」音に変える場合に使われます。本来の(?)意味でのアクセントは、フランス語にはないとは言わないけどとても弱く、ラテン語的なように思う。
ちなみに「アクセント」という言葉は、ラテン語の「信号・トーン・抑揚」を意味する「accentus(アッケントゥス)」が語源。
15: 名無し象は鼻がウナギだ! 2017/03/20(月) 16:14:49.88 0.net
英語でaccentていうと訛りみたいな意味
日本語でいうアクセントはstress
19: 名無し象は鼻がウナギだ! 2017/03/21(火) 07:05:20.82 0.net
>>15
またそういう不正確な事を言う…
20: 名無し象は鼻がウナギだ! 2017/03/21(火) 08:36:49.07 0.net
>>19
>>15の書くとおりだと思ったけど、違うの?
英語でアクセントという場合、第一義に、その地域ごとのナマリのことでしょ?
第二義に、アクセント記号のこと。
3つめにやっと特定の音節の強調という意味が来る。

ストレス・アクセントも、実際に音声学的に調べてみると、高さと長さのほうが重要らしいね。
アクセントがあるところは英語でも高く発音される。強さよりも高さのほうが重要らしい。
強弱・高低という対立はいったい何だったんだ?
17: 名無し象は鼻がウナギだ! 2017/03/20(月) 16:27:32.50 0.net
北京語2声は高低アクセントみたいに発音してしまう
21: 名無し象は鼻がウナギだ! 2017/03/27(月) 00:01:34.05 O.net
ピッチもトーンもストレスもアクセントだろうが
23: 名無し象は鼻がウナギだ! 2017/03/28(火) 14:43:14.49 0.net
位置を気にするのがアクセント。
種類を気にするのが声調。
25: 名無し象は鼻がウナギだ! 2017/05/27(土) 08:10:14.14 0.net
1音節内に高低があるのが声調
日本語は1音節=1音律
なので声調でなく高低アクセント
27: 名無し象は鼻がウナギだ! 2017/05/27(土) 15:33:47.97 0.net
>>25
それを言い出したら関西弁が声調言語になってまうやろ
28: 名無し象は鼻がウナギだ! 2017/05/27(土) 15:46:59.94 0.net
関西弁はもともと声調言語だよ。
>>25の基準で行くと標準日本語も古代ギリシャ語もサンスクリット語もリトアニア語も声調言語になる。
30: 名無し象は鼻がウナギだ! 2017/05/29(月) 00:06:07.91 0.net
>>25
日本語には高拍、低拍があるわけじゃないよ。

もしも、高拍、低拍(あるいは高音節、低音節)があるなら、それは高低2音調の立派な声調言語だわ。
31: 名無し象は鼻がウナギだ! 2017/05/29(月) 00:27:55.55 0.net
その通り。
平安期までは音節声調だったと思われるけどね。
33: 名無し象は鼻がウナギだ! 2017/05/31(水) 03:31:26.96 0.net
そうすると、平安時代までは1音節語単独で、高音調と低音調の区別がついたのかな?
35: 名無し象は鼻がウナギだ! 2017/05/31(水) 05:54:18.76 0.net
>>33,>>34
平安と言わず今でも、例えば京都方言には、一音節語の超文節素による区別があるよ。

子 ˉko 気 ˉki H
名 ˉná 日 ˉhí HL
木 ki 火 hi LH

平安期だと
火 fi ˩
子 ko ˥
名 na ˥˩
巣 su ˩˥
歯 fa ˩˥˩

奈良時代まであった母音の甲乙の区別とは独立した事象。
36: 名無し象は鼻がウナギだ! 2017/05/31(水) 07:21:12.02 0.net
詳しく!! その記号はなんだ!?
管理人より:国際音声表記で定められた記号だそうです。「声調」の上のほう。
37: 名無し象は鼻がウナギだ! 2017/05/31(水) 08:32:15.81 0.net
関西弁の「サル(猿)」は「ル」一音節の中で上昇してから下降する
38: 名無し象は鼻がウナギだ! 2017/05/31(水) 09:03:14.92 0.net
>>35
1音節語を伸ばして発音する傾向があるわけだし、現代の近畿方言に高音調、下降音調、上昇音調があるという解釈をするする必要はない。

>>37
次に助詞が来れば低く付くような単語を、単独で発音する場合でも拍内下降させて発音する傾向だけど、これは秋田のアクセントにもあるね。
42: 名無し象は鼻がウナギだ! 2017/05/31(水) 12:25:26.68 0.net
>>38
関西弁のハル(春)、アメ(雨)など二伯目は高いが、それに続く助詞は普通にパッと低くなる
ただ、サル(猿)についてはそうではない変わった発音をするのだ
44: 名無し象は鼻がウナギだ! 2017/05/31(水) 12:41:40.76 0.net
>>42
単語による揺れとか、年齢差、地域差が絡んでるわけではないの?
声、窓、鍋、秋あたりの発音はどう?
39: 名無し象は鼻がウナギだ! 2017/05/31(水) 10:38:53.77 0.net
関西には『き』の四声がある

気 きぃーーーーつけて 高く平らに伸ばす 1声
木 きぃ↑ 一気に上昇させる 2声
木(きぃ)がある 低低ではなく曲線的、擦る声 3声
key きぃ↓ 一気に下降 4声
41: 名無し象は鼻がウナギだ! 2017/05/31(水) 11:58:00.36 0.net
>>39
方言のおもしろ話くらいの意味しかないけどね。
48: 名無し象は鼻がウナギだ! 2017/05/31(水) 19:26:17.44 0.net
>>41
日常で四声を使ってるから中国語を学習する上でちょっと有利だろうな。
43: 名無し象は鼻がウナギだ! 2017/05/31(水) 12:35:49.94 0.net
春 LH
猿 LH(L) [さるぅ]という感じになるな
最後微妙に下がる
45: 名無し象は鼻がウナギだ! 2017/05/31(水) 12:47:44.25 0.net
もともと、猿も春も雨も、低降-低の発音だったみたいだけど、この発音自体が低高-低に変化しようとしてる最中のようだが。
47: 名無し象は鼻がウナギだ! 2017/05/31(水) 18:52:39.45 0.net
ワレ LH
ワレが LLH

足 HL
足の骨 HHHHL

夏HL
夏のHHH
49: 名無し象は鼻がウナギだ! 2017/05/31(水) 19:29:26.05 0.net
「の」は>>47のように特殊な音調を作る。
夏や足のような高声調で後ろから2拍目にアクセント格がある名詞につくと全体が高音調になる。
標準語でも夏や足のような最後の拍にアクセントがある複音節語に付くとその名詞のアクセント核がなくなる(例外あり)。

夏が、夏に LHL / 夏の LHH
他の助詞と同じようにLHLにすることもできるが、LHHが少なくとも可能な点でほかと異なる。
LHLしかできない「白い」とLHH, LHL両方可能な「赤い」との違いと似てる。
51: 名無し象は鼻がウナギだ! 2017/05/31(水) 23:03:47.65 0.net
語声調と位置アクセントを概念として分けるのは、それ自体はいいとしても、
「中国語と『鹿児島方言』は語声調で、東京方言は位置アクセントだ」
という分類概念を立てたとして、一体どんな実益があるんだろうね?
中国語やタイ語と鹿児島弁を一緒として、なのに東京方言を排除する概念を建てる意義ってどこにある?
54: 名無し象は鼻がウナギだ! 2017/05/31(水) 23:55:53.20 0.net
>>51
例えばある言語変種に /h/ の音素があるかないか、それはその言語変種の記述に当たって他と関係なく問題になることでしょ?
そしてラテン語と現代日本語とベトナム語が /h/ を有して、イタリア語やフランス語や古代日本語がそれを有しない時、同じように「イタリア語やフランス語と古代日本語を一緒にして、現代日本語を排除する /h/ という概念を建てる意義は?」なんて言うの?

ひとつの系統樹上にあっても言語変種によってその性質は異なって当然(トートロジー)だし(中国語やベトナム語だって元は非声調言語)、違う系統の言語同士がよく似た性質を持っていてもなんの不思議もない。その性質に着目するのが類型論だ。
52: 名無し象は鼻がウナギだ! 2017/05/31(水) 23:17:04.42 0.net
別に系統分類だけが全てじゃないし

トンボとプテラノドンとスズメとコウモリを一グループにまとめて、生物の飛行方法を研究するのだってそれなりに有意義だろ
53: 名無し象は鼻がウナギだ! 2017/05/31(水) 23:55:32.76 0.net
>>52
そこでいう「生物の飛行方法」に該当するものが、何も存在しないんじゃないの?ということだよ。
中国語とタイ語をまとめるなら分かる。でも東京方言を異質だというのに、鹿児島方言を排除できない。
こんな無能な分類基準があるものか
これでは、狭義の位置アクセントの補集合でしかない。内実がない。従って論ずる意義が消える。
55: 名無し象は鼻がウナギだ! 2017/06/01(木) 00:04:58.45 0.net
>>53
中国語とタイ語と鹿児島方言に共通して東京方言に存在しない性質がないとでもいうの?
そして、語声調はアクセント(位置アクセントってなんだ?)の補集合ではないよ。
アクセントと声調を両方持つ言語変種もあるし、どちらも持たないものもある。
語声調でないタイプの声調(北京語やタイ語はそもそも音節声調)もある。
57: 名無し象は鼻がウナギだ! 2017/06/01(木) 00:15:50.39 0.net
もし、声調というのは東アジアや東南アジアの言語の専売特許みたいなものだと思い込んで、それと一緒にされたくなくて色々論拠を探してるだけの鹿児島人なのなら、悪いことは言わんからきちんと調べ物しな。
声調は世界中の言語にあるから。
60: 名無し象は鼻がウナギだ! 2017/06/01(木) 04:15:38.06 0.net
やはりヨルバ語話者のボビー・オロゴンは20歳を超えてからの来日でも、日本語(首都圏方言)アクセントが自然で上手い。
中国人は個人差もあるけど、ちょっと日本語より複雑な声調がありすぎて、それに当てはめてしゃべるから不自然な響きになるのかな。タイ人とかも然り。

ヨルバ語話者のナイジェリア人の場合は結構自然。
62: 名無し象は鼻がウナギだ! 2017/06/01(木) 09:32:03.79 0.net
子音言語、母音言語って概念が意味不明だけど、中国語って母音の判別もかなり重要じゃない?
母音をはっきり発音しない中国語なんて考えられない。声調言語だし。

仕事上、日本語を話す中国人とつきあってるけど、子音の有声無声の区別が甘い。無声音が少し有声化して、有声音も少し無声化してる。
あとは、エ段の音とキャキキュキョの音も少し苦手そう。母音eは中国語にはないし、標準語だとキャキキュキョはチャチチュチョに変化してるからね。
64: 名無し象は鼻がウナギだ! 2017/06/01(木) 15:27:18.73 0.net
>>62
濁音、清音がめちゃくちゃなのは中国人の特徴だからね。

ワァダァシィワァ、チュー!コクチンデス。と言うからな。

ナイジェリア人の場合はhが無いのと、yの発音が変なぐらいかな。
69: 名無し象は鼻がウナギだ! 2017/06/23(金) 09:10:20.65 0.net
大阪人は一瞬で理解できるらしい


A「あれ、ちゃうちゃうちゃう?」
B「ちゃうちゃう、ちゃうちゃうちゃう。」
A「え?!、ちゃうちゃうちゃう?」
B「ちゃうちゃう、ちゃうちゃうちゃうちゃう」

チャンチャン言ってる中国人に通じるな
70: 名無し象は鼻がウナギだ! 2017/06/23(金) 09:36:06.17 0.net
古いネタやな

地味なスレだなぁ…。('A`)
「声調」というのは音の高低で意味を使い分ける、みたいなことですね。
中国語なんかは典型的な声調言語らしく、高低を5段階に区別するのだとか。それで日本人にはなかなか正確に発音できないんですかね。

後半は関西弁の謎について盛り上がっていました。
関西弁はたしかに、音の高低については関東方面とはだいぶん違った使い方をしますね。少し喋るのを聞いただけで「あー関西のひとだなぁ」とすぐわかる。
逆に関西地方でないひとが、関西弁をマネする時は、だいたいここでつまずくものです。

大阪に「四天王寺」というところがありますが、標準では「LHHLLL」でしょうか。しかし関西では「LLLHHL」になる。
しかしながら、関西のひとはエセ関西弁については、わりと寛容です。寛容でないとしたら、むしろそのエセ関西弁で語られる内容にあるのです。

管理人が最初面食らったことのひとつには、なんでもない話をしてるときに「で?それだけ?」みたいな怪訝な顔をされたものです。

管「いやそれだけ…」
関「あのな…兄さん毎回そうやねんけど、九州の人間やからちゃんと教えといたるわ。オチのない話は絶対やったらアカン!大阪では!」

なるほど、そういうことでしたか…。('A`)

聞いておぼえる関西(大阪)弁入門
岡本 牧子 氏原 庸子
ひつじ書房
売り上げランキング: 245,019



人気サイト様 最新記事

博士ちゃんねる ヘッドライン

    • ※1 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2019.9.11 11:27
    >> 大阪に「四天王寺」というところがありますが、標準では「LHHLLL」でしょうか。しかし関西では「LLLHHL」になる。

    標準では「LHHHLL」で、関西では「LLLHLL」になる、が正しいのでは。
    基本的に、(観察的に)特殊拍にアクセント核が乗ることはないので。
    • ※2 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2019.9.11 22:19
    大学の音響学の講義では「日本のアクセントは英語と異なり強弱ではなく高低」と教わった
    だから日本語においてはアクセントと声調の区別は殆どできないはず
      • ※3 : ドクター・ノオ・ネーム
      • 2019.9.12 1:01
      >※2
      日本語におけるピッチアクセントに関して見ると、(東京方言では)同一モーラ内での高低は観察されない
      それに対して、中国語における成長は、音節内における高低変化が意味の弁別に重要な意味を持っている
      即ち、生起する場所が異なり、現象として別個のものであるので、区別ができないということはないのでは?
  1. トラックバックはまだありません。


コメ欄での議論はおおいにけっこうですが、当サイトではドクター同士の罵り合いは禁止となっております。反論する際には、相手の意見・人格を尊重し、どうぞ冷静に。