人気サイト様 最新記事

博士ちゃんねる ヘッドライン

レスの強調ウゼェー!というドクターへ

レス内の強調表示をOFFにする コチラをクリックして切り替えてください。設定は30日間Cookieに保存されます。
現在のステータス:強調有効

なぜ日本人は多様性や個性やトライアンドエラーを嫌うのか? @ [社会・世評板]


なぜ日本人は多様性や個性やトライアンドエラーを嫌うのか? @ [社会・世評板]
1: 名無しさんの主張 2017/11/07(火) 07:57:38.51 ID:ID:pldWhmOq.net
・多様性
異なる人種、性的志向、宗教、ルックス、年齢、価値観を受け入れ、利害の対立があったら議論することで成り立つ。

・個性
自分らしさの追求、人と全てが違う、ということが前提条件

・トライアンドエラー
失敗しても何度でもやり直せる社会、失敗を繰り返しながら成功を見つける社会、自分探しが許される社会

なぜ、ジャップはこれらを本質的に嫌うのか?
2: 名無しさんの主張 2017/11/07(火) 09:43:01.00 ID:ID:
嫌ってるのは自称ヘタレのエリートだけ
でなければ異常なほど職人気質や、異次元の技術が出てくるはずがない
日本の世の中はかぶき者ばかりだ
その中から成功者が出てくれば手のひらを返して褒めちぎるだけの腐った社会
4: 名無しさんの主張 2017/11/10(金) 05:05:30.83 ID:ID:njiJTkgW.net
移民なんて来ないよこの国には
来ても日本人みたいな従順な奴隷にならないからな

日本人は世界で最も奴隷に向いてる民族。安い給料で上に歯向かわず底辺同士が相互監視し、鎖自慢をする
企業に対するデモや裁判なんて以ての外。そういう民族だからな
その日本人労働者が減少してるんだから日本企業もいつまでも甘い汁吸ってられないと思うよ
8: 名無しさんの主張 2017/11/13(月) 14:03:46.37 ID:ID:afZeP//A.net
世間体とか全く気にしてない
世間がオレに何かしてくれるわけじゃなし
10: 名無しさんの主張 2017/11/18(土) 09:27:14.98 ID:ID:z0jR1I+2.net
中世ジャップランド語録
・日本に生まれただけで恵まれている
・底辺なのは努力しないからだ
・底辺に生まれたのは自業自得
・底辺は責任転嫁や他力本願ばかり
・嫌なら出ていけ
17: 名無しさんの主張 2017/11/25(土) 19:19:34.37 ID:ID:k/HlHTCv.net
とにかく日本の会社は体育会系意識なんです。
弟子や子分と同じ、対等の人間関係だなどと思っていない。
奴隷として完全に使える様にするため、どんな細かい事でも言った様にやり、振る舞いなさい、と成るに違いない

別にあんた等やあんたの会社に弟子入りをした訳では無い
基本的人権を持った人間として、契約をしているのだ
18: 名無しさんの主張 2017/11/25(土) 23:25:16.55 ID:ID:MnHceRHs.net
体育会系組織から抜け出すには公務員が1番やな。

by 高校まで帰宅部、大学はお遊びサークル
20: 名無しさんの主張 2017/11/29(水) 10:39:10.95 ID:ID:4QFb5HeE.net
多様性云々に関しては昔より今のほうがなくなってるのでは。
少子化や不景気で余裕がなくなってる。
今は進路や就職すら手続きが一本道化してる。
22: 名無しさんの主張 2017/11/29(水) 23:33:14.79 ID:ID:YYVWZs0p.net
少子化なら企業は人手不足で売り手市場になるので、応募者にもっと余裕が出るはずでは?
労働条件が悪い企業に就職しない人(ゆとり世代)が増えているし。

むしろ、氷河期世代のほうが就職できないことを理由に留年して自分探ししたり、しばらくフリーターやったり、大学卒業してから世界一周したりする人が多かったと思う。
23: 名無しさんの主張 2017/11/29(水) 23:36:16.63 ID:ID:YYVWZs0p.net
業績が悪いのに温情主義かなんかでいらない社員をリストラしない企業、そういう企業に助成金を出す政府が悪い。
助成金を出してブラック企業を存続させるとか、こういうアホな政策は福祉国家の北欧諸国では考えられない。
24: 名無しさんの主張 2017/11/29(水) 23:36:53.42 ID:ID:YYVWZs0p.net
解雇規制を緩和すれば社会はもっと多様化する。
26: 名無しさんの主張 2017/11/30(木) 10:16:42.33 ID:ID:0tz6EVYg.net
憲法改正で勤労の義務を削除してほしいです。
この文言があるから過労死や長時間労働がいつまでも未来永劫に続くのです。
27: 名無しさんの主張 2017/11/30(木) 12:47:55.35 ID:ID:toB/VCN4.net
別に勤労の義務があるから働いているわけでもない。現にニートだっているじゃん。
まあ世界で、日本以外で憲法に勤労の義務がある国は北朝鮮だけなんだよな。
28: 名無しさんの主張 2017/12/01(金) 18:53:31.49 ID:ID:Ewl8cxaU.net
ほんと思うわ。日本人って排他的すぎ。だから落ちぶれんのに。
30: 名無しさんの主張 2017/12/16(土) 12:38:39.02 ID:ID:1Ed6Zqe9.net
あえてレールから外れる有能な異端児を負け組にし、従順な奴隷を年寄りになってから勝ち組にする国、それが日本。
32: 名無しさんの主張 2017/12/16(土) 15:24:48.28 ID:ID:Kkc41QIU.net
江戸時代の百姓が、満員電車に揺られてスマフォいじってるだけ
ソフト開発も、百姓が米を栽培する代わりに行われてるみたいなもの
34: 名無しさんの主張 2017/12/20(水) 13:28:57.46 ID:ID:3bVJE8nH.net
生活保護世帯は低所得世帯よりたくさんもらってる!ズルい!という怨嗟の声に対し、低所得者の生活をなんとかするんじゃなく生活保護費を下げていくことで国民の皆様の期待に応えるスタイル、私は地獄みしか感じないんですが、もらいすぎズルいと言ってた人達はこれで満足なんですかね…
https://twitter.com/bono_kichi/status/939111915481022464

働くより生活保護の方がマシな生活を送ることができるなら、そんな企業には労働力を提供しないという選択肢を取ることが可能であるべきなのだ。
逆に言えば、安価な労働力を調達し、劣悪な環境でこき使いたいブラック企業にとっては、「働かない」選択肢を保障する生活保護制度は邪魔なのである。
https://twitter.com/kinkuma0327/status/939587694954405888

生活保護受給者をバッシングし保護費削減を願うような低所得者がいるときに、「弱者を困窮させてもあなたは楽にならない」という説得は意味がない。
何故ならかれらは楽になりたいとは思っていないからである。
かれらはただ弱者に対して「ずるい」と思い、死を願っているのである。
https://twitter.com/pushbgbg/status/939744395238055936

かれらは自分たちが救われることなどとうに諦めている。
であるならば、望むことはただひとつ。
この世が冷徹で残忍で容赦なく、生き馬の目を抜く熾烈な競争と淘汰の社会であり、公共の福祉に救われるような人間は存在することができないものとすることである。
https://twitter.com/pushbgbg/status/939745363891593216
35: 名無しさんの主張 2017/12/20(水) 13:30:24.76 ID:ID:3bVJE8nH.net
あんまり精神医学的な話は似つかわしくないんだけど、「生活保護叩き」「レイシズム」「女性差別」が同居している人が多いのって、ラカンのいう「享楽」って概念なんだろうと思う。
「あそこで俺の知らない享楽を享受しているやつがいる!けしからん!」という衝動。
https://twitter.com/noiehoie/status/548653646938783745

日本人は被害者に冷たいと思ってたけど、冷たいというより、はっきりと「被害者が嫌い」なんだな。
何かの被害に遭うような人はそれなりの理由があるのだというような「自己責任論」が隅々まで浸透した結果、加害者は責任を取る必要がなく、被害者は「ご迷惑をおかけして…」と謝罪しなければならない。
https://twitter.com/1125tugumi/status/558576614779273216

なぜか、放射能をバラ撒いた企業ではなく、放射能を怖がる人間を叩く。
セクハラ野次を飛ばした議員ではなく、被害に遭った女性を叩く。
差別反対を叫ぶ人を叩く。ベビーカーを排除する。
テロの人質を自己責任だと切り捨てる。私は、全て繋がっていると思う。
ニッポンは、何かがおかしい。
https://twitter.com/meow164/status/558435973319503872

この社会が"被害者"や"弱者"にたいして、ほとんど憎しみといっても良いような冷淡さをみせるのは、それらの人たちの存在そのものが、考えたくもない社会的構造の問題に嫌でも目を向けさせるからで、「自己責任論」はその後ろめたい不愉快さをきれいに解消してくれるというわけです。
https://twitter.com/A_laragi/status/559509539326672896
36: 名無しさんの主張 2017/12/23(土) 08:31:50.81 ID:ID:BiAh9Cbq.net
本来この日本国は社会主義の政治体制が合っている。
それでも資本主義体制を保っているのは、ある意味奇跡的。
37: 名無しさんの主張 2017/12/23(土) 11:32:49.88 ID:ID:76srcC24.net
戦後70余年、我々は心にかかる負荷・圧力をノイズと見なして可能な限り排除してきた。
その結果としての平穏は確かに心地良さをもたらしたが、その平穏は本当に精神の自由と呼べるのかという問いかけもまた、我々は昔の人間に比べて本当に個性的になっただろうか。

仲間内の和の空気を乱さないことを至上命題とし、そこからはみ出すことを恐れる平準化した行儀のいい人間ばかりになってはいないだろうか。
起こったことを全て自分の責任と考え、一人でしょい込む精神風土を変えていくためには、まずはリスクを背負う生き方を肯定することが大前提だ。
戦後民主主義の総括は国防・歴史認識のみに留まるものではない。
40: 名無しさんの主張 2018/01/05(金) 10:23:16.59 ID:ID:a9sngtSe.net
「空気」の研究 (文春文庫)山本七平の『空気の研究』(文春文庫)を一部読み返しています。
この本はかなり前に書かれた本ですが(1983年10月)、いまだに日本社会を覆っている「空気」の本質を論じえていることに驚かされています。
しかしこのことは、日本人の思考が、その場その場を支配している「空気」から脱却できない証拠でしょう。

では、なぜ日本人はいまだに「空気」から脱却できないのでしょう。
私の考えでは、「空気」を否定すると、その代わりとなるもの、代替となるものが存在しないからだと思います。
あるいは代替になるものを構築できないからだと思います。
代替になるものとは、具体的には合理思考、リアリズム思考、戦略思考等でしょう。

もうひとつの着眼点として、この『空気の研究』では、うさんくさい空気の発生を排除するためには並々ならぬ不断の努力が必要になるということが述べられています。
ある意味で怠慢な人間には空気の排除は出来ないですね。それと、個の強さが必要です。
個が弱いと、その人にとって周囲の空気に流されるほうが一見して楽であるかのように見えます。
逆に言うと「空気」に抗するためには個の強さが求められます。

結論をまとめると、「空気」を否定するためには、「空気」に流された生き方の代替思考、すなわち合理思考、リアリズム思考、戦略思考等が必要とされる。
「空気」の発生の排除をするには不断の努力が要る。それには個の強さと勤勉が不可欠である。
個が弱く怠惰な人間には「空気」の排除はできない、ということです。
41: 名無しさんの主張 2018/01/10(水) 20:24:28.92 ID:ID:Z2/XQhv+.net
多様性を認めるということは、嫌われることも含めて認めることであって、自分が見てほしい所だけを認め合うことではない。
差別や偏見が世の中にあふれているのは当たり前のことで、排除するのではなく乗り越えるしかないという構えを持てるかどうかだな。
43: 名無しさんの主張 2018/01/17(水) 20:43:34.78 ID:ID:2zzIQck4.net
同調圧力が日に日に強まっているのは事実。
そういう意味では昔の方がはるかに多様性に富んだ社会だったといえる。
理由は多文化共生ではなくむしろ逆で、差別・偏見を抑圧する建前がなかったから、異物を異物として認める健全な距離感が人と人との間に切り結ぶことができたということ。
差別・偏見がなくなったのではなく拡散したのが現在の平準化した社会。
45: 名無しさんの主張 2018/01/17(水) 22:11:44.40 ID:ID:/+Ai4ynp.net
>>43
差別しろと教えてきたのは日本の学校。
それにちゃんと反対していたのが、コスモポリタニズムを信仰する日教組さま。
49: 名無しさんの主張 2018/01/21(日) 11:34:42.46 ID:ID:ebLIq4n5.net
そもそも人間関係とは他人の心に土足で上がり込むもの。
傷つくことを恐れるデタッチメントを個人の自由、人それぞれで正当化するのが今の日本。
50: 名無しさんの主張 2018/01/21(日) 12:13:33.58 ID:ID:vLyhoDlP.net
人は迷惑を掛け合って生きていくのに、人に迷惑をかけたらあかんという日本の教育が間違っているわけな。
その大本は儒教であり日本会議であり日本軍あがりの修身教育という悪。

だから、日教組が正しく思えてくる。
この点、間違った教育がされてこなかった沖縄が健全に思える。
51: 名無しさんの主張 2018/01/21(日) 12:31:19.70 ID:ID:ebLIq4n5.net
こういう他人に深入りすることを恐がる心理は若年層になる程顕著に現れる。
人に迷惑をかけないという思想は昔からあるが、人間の攻撃性そのものを否定するのは、戦後民主主義のみに見られる特徴。
52: 名無しさんの主張 2018/01/28(日) 21:54:50.65 ID:ID:guXWHqUu.net
俺の経験で学校を例にとれば、体罰・上下関係に厳格なところの方が面白いよ。
教師が体を張って教育する意志が見える方が、教わる方もやり甲斐が生まれる。
53: 名無しさんの主張 2018/01/28(日) 22:57:03.97 ID:ID:TSbc4sFD.net
>>52
バカじゃね。マゾ野郎はシネヨ。こういう奴がいるから日本社会が良くならない。
54: 名無しさんの主張 2018/01/28(日) 23:00:05.25 ID:ID:TSbc4sFD.net
教師が体を張って教えるんだったら、個人の尊厳や人権、自由、個性の大切さ、万人は対等であることの大切さについて体を張って教えてみろ。
56: 名無しさんの主張 2018/01/29(月) 09:51:54.20 ID:ID:/fYsLsOC.net
>>54
きれいごとと体を張ることが相反する概念だということが、この文章を読んだだけでもわかりそうなもんだ。
58: 名無しさんの主張 2018/01/29(月) 12:51:05.57 ID:ID:/fYsLsOC.net
自分の欲望への貪欲さを肯定できないスマートな人間は、何をやらせても薄っぺらい結果しか呼び寄せることはできない。
自分を守るということは、そういう心の奥底の恥部をひっくるめて守ること。
59: 名無しさんの主張 2018/01/29(月) 21:53:38.92 ID:ID:XSx6KmfQ.net
>>58
欲望に貪欲なら、体罰する教師は殺すだろうね。
上下関係についても同じだ。先輩と後輩の殴り合いだろ。そういう野蛮な世界。
63: 名無しさんの主張 2018/01/29(月) 22:24:55.27 ID:ID:/fYsLsOC.net
>>59
野蛮だからこそ、厳格な規律で人間をたがに嵌める必要がでてくる。
逆に言えば厳格な規律こそが人間を守り、規律があるからこそ人間は攻撃性を発揮できるとも言える。
去勢された人権思想の中からは逆に無難な人間しか生まれない。
64: 名無しさんの主張 2018/01/29(月) 22:37:42.11 ID:ID:w4I1gYFA.net
>>63
その攻撃性が戦争を産んできた。そして、それで金儲けしてきたのは戦争屋だ。
人権が日本より守られている西欧北欧には、無難な人間しか輩出されていないのか?
そう疑うならノーベル賞やスポーツ選手を見てみれば良い。
つか、人の欲望って突き詰めると性欲だと思う。
66: 名無しさんの主張 2018/01/29(月) 22:50:44.49 ID:ID:/fYsLsOC.net
>>64
欧州の事情はよく知らないが、向こうでは日本のように過剰に暴力を排除したりしないし、個人主義が発達しているので生きることはリスクを背負うことだということも共有されているように思う。

人権思想の効用と限界を自覚することなく使いまわす概念だと分からないまま無制限に受容した結果、集団主義的な事なかれ主義と合体した結果が日本の若者の草食化につながっている。
60: 名無しさんの主張 2018/01/29(月) 21:54:48.41 ID:ID:XSx6KmfQ.net
正義は欲望そのものなんだよ。それがわからない奴になにがわかる?
例えば、フランス革命という正義はそうやって起こった。
管理人より:はたして、フランス革命は正義への欲望の具現だったのか。実質的には冷徹な現実主義のもと、計算されたアジに民衆が乗せられただけだと、管理人は考えますがね。
65: 名無しさんの主張 2018/01/29(月) 22:50:30.94 ID:ID:w4I1gYFA.net
先輩後輩の上下関係、過剰労働、低福祉、こんなに厳しい国家のジャップの割には、天才が生まれる比率も欧米諸国より少ないし、一人あたりのGDPはイタリア未満ですよね。

個人を犠牲にする組織優先主義と、妬みという名の「マイナスの攻撃性」のせいで、社会はどんどん対価していく。
苦しむことが美徳のジャップからは何一つ生まれるものはない。
67: 名無しさんの主張 2018/01/29(月) 23:14:34.60 ID:ID:7iSsQBKc.net
柔軟性と秩序性は対極にあり、日本人は本質的に秩序を好むものだから。
69: 名無しさんの主張 2018/01/30(火) 19:28:15.05 ID:ID:xsOy8uCf.net
>>67
俺は柔軟性と変化と流動性を好む。雇用の流動性とかも。
70: 名無しさんの主張 2018/01/30(火) 19:34:50.39 ID:ID:xsOy8uCf.net
日本社会の厳しさは、自我を出せないところにあるんだよな。
つまり、日本から厳しさがなくなれば、自由に恋愛したり明治時代や大正時代のように自由に転職したりできる社会になる。そうなれば草食化はなくなる。

日本の草食系は、自我や個性を出せない日本社会に対する絶望と諦めから来るものだと俺は思う。
日本社会の厳しさは、旧日本軍の体質が戦後も企業社会に受け継がれてしまったことが原因。
もともと日本人は世界的に見たらそれほど集団主義ではない。集団主義というより組織主義。


参考スレ
外国人「弱きを助け強きをくじく」日本人「強きを助け弱きをくじく」この差って何ですか? [257926174]
71: 名無しさんの主張 2018/01/30(火) 19:36:06.15 ID:ID:xsOy8uCf.net
もともと日本人は集団主義ではなく組織優先主義であり、これが日本人の個としての魅力を失い、草食化してきた。
この図は、集団主義の傾向と不安遺伝子(S型セロトニン)の関係を示したものだ。(意外にもアルゼンチン人は日本人と同じぐらい集団主義的なんだよな。)
集団主義と個人主義

このグラフからは、日本人よりも、中国人や東南アジア人や中南米人のほうが遥かに集団主義的だということがわかるが、もともと集団主義とは自分と気の仲間うちを大切にする、という意味。

日本人はあくまでも組織主義で、「嫌いな人間」ともタテマエで会社づきあいをするが、これは結局は個人を守るための手段にすぎないのだ。
組織主義が根付いたのは、儒教というカルトと日本軍のせいだ。
77: 名無しさんの主張 2018/01/31(水) 11:14:50.58 ID:ID:
>>71
そういう一面もあるけど、個としての魅力を重視しない国民性だから組織優先主義になったともいえる

一昔前の日本は会社は家、社員は家族という仲間内を大切にし、集団で力を発揮するのが特徴だった
年功序列、終身雇用は集団としての力を発揮しやすい日本人に合った良いシステムだったんだが、時代とともに国民性も変わってそういうシステムが維持できなくなってしまった
74: 名無しさんの主張 2018/01/30(火) 22:00:48.08 ID:ID:Cyo3b4Ps.net
上司と部下が笑顔でさん付けで呼び合うような気持ちの悪い会社には入りたくない。
75: 名無しさんの主張 2018/01/31(水) 00:50:56.02 ID:ID:qi2VbRNw.net
上司と部下がともに「ちゃん」付け、もしくはニックネームで呼び合うアメリカ風の会社に入ったよ。
76: 名無しさんの主張 2018/01/31(水) 00:52:00.37 ID:ID:qi2VbRNw.net
新卒を採用しない会社(全て中途採用)は上下関係はあまりない。
80: 名無しさんの主張 2018/02/01(木) 15:44:36.73 ID:ID:
筋の通った上司の下で働きたいってだけ。
上司風を吹かす奴も部下の顔色ばかりうかがう奴も嫌。
83: 名無しさんの主張 2018/02/14(水) 09:37:28.58 ID:ID:M9r5N+Jv.net
古今東西人間のやることなんてしれたもの。
どんなに自由に振る舞っているつもりでも、自分の性からは逃れられないし、時代・社会の制約からも自由ではいられない。
である以上最大公約数としての性的規範と自分をすり合わせることが、社会の中でも自分の立ち位置を捕捉することにつながる。

その程度には歴史・自分の能力には謙虚であるべきだろう。
92: 名無しさんの主張 2018/03/01(木) 15:41:10.13 ID:ID:PxlBsq1V.net
物わかりのいい男になったら負けだと思っている。
時代の流れなんてものを曖昧に受け入れる人間は所詮その程度の人間だろう。
何をやるにせよ、自分の中できっちり納得できないことはたとえ世界で俺一人だったとしてもやらないし、人にも問いただしていくつもりだ。
103: 名無しさんの主張 2018/03/14(水) 23:45:17.19 ID:ID:+emjcJLh.net
>>1
ある意味で人類の最終形だから

彼らは別に救われたいわけじゃない、そんなことはもう諦めている、ただ引きずり下ろしたいだけなのだ…というのは、なかなか闇が深いですね。死なばもろとも…という心境でしょうか。
なんか読んでるとかわいそうになってくるんだけど、彼ら/彼女らの心が晴れる日は、来るんでしょうか。

戦時中の日本の集団主義とか組織至上が悪い、これが日本人の個性を殺してしまった、という話が途中にあります。
が、集団主義というか「和を重んじる風潮」というのは、別に戦時中にできたものではないでしょ。もっともっと前から日本人に根付いてるものです。

例えば、台風や地震で家が何軒か壊れる。「困った時はお互い様だ」というわけで、村人総出で建て直す。
こゆのは集団主義の良い側面で、日本人がよくいう「よろしくおねがいします」というセリフは、その根っこに「あなたが困った時はできるだけ力になるから、わたしが困った時も助けてね」という、暗黙の強制力がある、ともいえます。「義理人情」つうかね。

しかし、というか、だからこそ、その集団の枠から大きく外れるひとが出てくるのを嫌う傾向はもちろんあります。
規範に従わないものは、異分子として徹底的に排除する「村八分」のようなものもあるし、なんとなく平たく均されてしまう風潮は、抜きん出た天才を生み出しづらいし、集団主義の悪い側面だと言えますね。
だから個人主義と比べてどっちが良い悪いとかいうこともないし、どちらをより尊重するのかという程度の問題でしかない、と管理人は思う。

宗教規範で強制されてるわけでもないのに、より具体的な災害という大きなパワーを前にして、こうした相互扶助精神を養ってきたのは素晴らしいことですが、相互扶助というのは心に余裕がなければできないもの。
戦後バブル崩壊を経て、「日本人の心に余裕がなくなった」ということであれば、それはそのとおりだと思いますが、でも大半はムードに流されてるだけのようにも見える。
他人の気分に左右されやすい国民性なのだ…、と言ってしまえばそれまでながら、これは悪い方にいくと、どんどん悪くなっていくかもしれませんね。

戦後、現代型の社会政策を実施するようになって、日本人が個別に持っていた相互扶助精神を発揮する機会はどんどんなくなってしまいました。
だからこそ「無能は勝手に死ね」みたいな感じになってるわけで、十分個人主義だと言えるのですが、日本人の持つ旧来の美徳も、忘れないようにしたいものですなあ。

生きづらさを抱えるきみへ: 逃げ道はいくらでもある-#with you-
withnews編集部
ベストセラーズ
売り上げランキング: 299,406



人気サイト様 最新記事

博士ちゃんねる ヘッドライン

    • ※1 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2019.11.14 21:25
    なにはともあれ、自分が院進学を機に海外に流出するのは間違いないな。中村裁判が理工系に与えた影響はでかいよ。slave研究開発職従事者にはなりたくない。サッカーやラグビーでバリバリ集団性、協調性を身に付けてる俺にすらそう思わせるくらい日本社会は恐ろしい。
    • ※2 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2019.11.14 21:28
    トライアンドエラーをするだけの余裕が社会になくなってきてるのもあると思う。

    長期的に見れば、多少の失敗を許容した上で、多様な挑戦をした方が成果はあがる。
    しかし、短期的に見れば、それは損失を生む。その損失を「将来の布石としての必要悪」として受け入れるだけの余裕をこの国の官公庁や会社組織、研究機関は失ってしまっているのだと思う。

    人材も同じ。長期的に見れば、多様な個性を組織の上層にくみ上げて切磋琢磨させることが社会の発展につながるけど、短期的に見ればとりあえず上の指示を忠実に実行できる人材を集めた方が仕事が早くなる。そして、その早さがないと、もうこの国の組織の運営は立ち行かなくなるところまできてしまっているのかもしれない。
    • ※3 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2019.11.14 22:00
    トライアンドエラーって言うほど
    そもそもトライしてない
    • ※4 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2019.11.14 22:21
    親や祖父母に「年長者に平伏せよ」とマウントとられ続けてきたから
    自分が最年長者になったときに同じように振る舞うことを夢見て耐えてきた
    それまでずっと「年長者に平伏せよ」と思考停止を続けて
    そうなってもまた「年長者に平伏せよ」と思考停止
    個性や多様性を認めないのはこれの副次的な結果に過ぎない
    • ※5 : いつものあいつ=俺
    • 2019.11.14 23:02
    裏側=情報強者(経済強者ではない権力者でもない)が力(支配・規制・保身・隷化)の網を平民全てに張って日本がカビの根みたいになってるからでFA候補オーディエンスorテレフォンいいですか?
    情報強者。情報を支配する者こそ日本を支配できる。情報操作できる者こそ偉大。偉大なものにまつろうことこそ至上。搾取する側の矜持。フィフティフィフティで絞り込んでいいですか?
    • ※6 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2019.11.14 23:08
    トライアンドエラーしないのはわかるわ。
    やって見なけりゃわからないことに対して、実際にやらずに妄想の検討に膨大な時間を費やすのが当たり前だと思ってる。

    実際に手をつけるためのコストは少額でも惜しむのに、
    妄想の検討には時間と内部コストをいくらでもかける。

    これって、日本人の現物至上主義、情報軽視の表れじゃないかと思ってるわ。
    • ※7 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2019.11.14 23:10
    多様性を受け入れる国といえばアメリカやカナダが浮かぶ。どちらも先住民を駆逐して生まれた移民の国だ。伝統や文化の浅いことが関係しているだろう。
    個性を尊重するのは白人国家に多い。ヨーロッパで途方もない戦争の歴史を重ねてきた人種だ。いつ他人が裏地るか知れないから自分が強くなるしかなかったのだ。
    トライアンドエラーを許容できるのは、試行錯誤し続けねばならなかった環境の国々だ。
    日本は、長い歴史と伝統がある。台風や地震など多くの災害を生き抜くためにお互いに助け合わなければならなかった。農耕民族として同じ仕事を繰り返すことを続けてきた。
    だからタイトルのようになったのだ。
    • ※8 :  
    • 2019.11.15 0:07
    多様性を受け入れるという事は同時に貶すやつが出てくることでもある。
    極論として受け入れない、もしくは限定的に受け入れることは防衛手段でもある
    個性に関しては尊重されるのは総じて優れているものだけだ
    トライ&エラーに関しては単に余裕がなくなっただけではないだろうか。
    • ※9 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2019.11.15 2:38
    別に嫌われてないが
    周囲に迷惑かけてるバカは普通に嫌われる
    当たり前だろ
    • ※10 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2019.11.15 9:50
    「俺は一生夢を追いかけんだー」っていうのに巻き込まれると、ロクなことにならない
    本人はそれでいいと思ってるから、周りがスゲー迷惑被る
    自分の行動に責任持てる人が、そういうことをする分には別に構わない
    • ※11 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2019.11.15 11:48
    今の状況を満足してるからだろう

    完璧に仕上がったプラモに他人がこっちの色のほうがいいと塗りだしたらむかつくやろ
    • ※12 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2019.11.15 16:06
    最後のコメントの

    >>死なばもろとも…という心境でしょうか

    の部分に戦中の特攻とか自爆攻撃めいたものを感じる…
    • ※13 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2019.11.15 17:21
    多様性も個性もトライアンドエラーも日本社会に普通にあるだろ。別に苦手としているわけでもないと思うけど?勝手にステレオタイプを作って当て嵌めていないか?そんなに多様性もなく、個性もなく、エラーを全く認めない社会なの?そんな社会が成り立つわけ無いじゃん。
    どれにも当て嵌まることだけど、「責任」ってものが全てについてまわるから、ブレーキが掛かる部分があるのは事実だけども、それって別におかしいことじゃねーよな。

    ※7
    >多様性を受け入れる国といえばアメリカやカナダが浮かぶ。
    それらの国において、多様性を受け入れる土壌がなかったから、ネイティブにしろ、有色人種にしろ、自分たちのテリトリーを守るために主義主張をしてきたから多様性が意識されているわけで、未だにそれが意識されて言われ続けているってことは社会に浸透していないってことじゃん。主義主張をしないと分かってもらえないわけだから。

    日本では、黒人歌手が日本にやってきて一緒に大浴場に入ったり、同じテーブルで食事をしたりしたら、黒人が大丈夫なのか?って聞いてきたくらいに人種に無頓着だった。つまり、日本においては、物珍しかったけども、多様性なんて当たり前なんだよ。他の国の人らは違って当然って思ってるから、問題にならないんだよ。

    問題になっているから多様性があるのではなく、多様性なんて言葉を使う必要がなくなった時点でやっと多様性が浸透したって言えると思うよ。
    • ※14 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2019.11.15 17:26
    結局は他人任せなだけじゃねえかw
    自分がそう思うなら会社興して自分の会社ではそうすればいいだけだ。
    郷に入れば郷に従えという言葉があるように、自分の郷を作ってその郷の中だけで実践すればいいだけ。
    国が違えば感性や風習も変わる。しかし、その土地でその国が長らく続いてこれたのは地政学的に見てそのやり方がベストだったから。
    日本っていう土地は島国である以上、隣人を重んじる事で助け合って生きてきた。だからこそ世間体が自分や家族が生きる上で重要なんだよ。時代が違うと言われればそれまでだが、何百年もかけて作られた物を壊す必要性はない。
    • ※15 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2019.11.15 21:34
    >この社会が"被害者"や"弱者"にたいして、ほとんど憎しみといっても良いような冷淡さをみせるのは、それらの人たちの存在そのものが、考えたくもない社会的構造の問題に嫌でも目を向けさせるからで、「自己責任論」はその後ろめたい不愉快さをきれいに解消してくれるというわけです。

    昭和ライダー世代の僻み込みで敢えて言うけど
    「龍騎」で仮面ライダー同士が殺し合いを始めて
    凶悪殺人者の王蛇が「強いから」という理由でトップ人気になり
    アニメ業界等でも龍騎ファンのライター達が弱肉強食のお話を好んで書き
    今やネットでは「この世は所詮弱肉強食」「力こそ正義」が大流行
    その延長線上に被害者虐待が有るとしたら
    凄まじく救いの無い話だと感じるんです
    • ※16 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2019.11.16 14:16
    やっぱり妬みだね。
    根幹的に自分に自信がないし、どう生きたらいいか分からないって人が多い。
    だから人のものが良く見えるし羨ましくなる。
    そこに嫉妬が働いて他人のあら捜しばかりするようになってくる。
    カインとアベルの兄弟のように嫉妬というのは根源的な悪の感情だと聖書にも書かれる。
    そうすると宗教的思考をもっと重要視したほうが良いと思う。
    今の日本は宗教=カルトと短絡的に危険視してしまっている。
    • ※17 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2019.11.16 15:08
    連帯性を取る社会で突き出た奴が勝つと、必然他の人間に大きなプレッシャーが与えられる
    仕様だからどうしようも無いだけ
    勝った奴が褒めたたえられるだけでは消して済まず、破れた者には罰が精神的にも肉体的にも待ち受けて居るんだから、戦いたくない奴も戦う奴に必ず巻き込まれるんだよ

    その結果殆どの奴はそんな敗者のケア何かしない所か、寧ろ仕事をやり捨てて成果だけ取り逃げする場合が半々だから、そう言う状況を好む奴何か余裕がある3割くらいしか居ない
    • ※18 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2019.11.16 18:11
    むしろ、白人社会から「異端者」として潰されたのが日本の「失われた30年」の正体だぞ。
    1980年代に「東洋人」で「敗戦国」のくせに調子に乗ったから目を付けられた。
    ドイツは白人だしEUを大事に育ててフランスを味方につけたのがよかった。
    中国は「戦勝国」で核保有国だし何しろ人口が巨大だから簡単に潰せない。
    欧米からみると中国人はまだ理解できるが日本人はエイリアン。
    ガリバー旅行記に登場する唯一の実在する国が日本。
    • ※19 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2019.11.16 22:17
    自分自身が発達障害という名の異端。就業が16歳からOKだから、中学生3年生あたりでMBTIなどの職業適性検査と性格診断を行えば就職と神学で方向性が見えてくると思う。知能検査もいると思うがな。
    • ※20 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2019.11.17 2:11
    空気の研究が出てきてるのは良いね。
    ただ、そこから何も議論が展開されてないのは残念というか、真実から目を背ける空気には勝てんなあ。
    日本人が多様性や個性やトライアルアンドエラーを嫌うのは空気の支配を認めているからであって、空気以外の基準を持たない限りはバシー海峡がごとき消費税増税のような、同じ過ちを繰り返すのをやめられないだろう。
    • ※21 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2019.11.17 17:06
    多様性というのはモラルが同じくらいの者同士で成り立つことであって
    基本的に民度が低い&攻撃性が高い外人どもが「俺たちの好き勝手にやらせろ」と
    喚くことは多様性ではない
      • ※22 : ドクター・ノオ・ネーム
      • 2019.11.17 17:53
      >※21
      首都圏住みの人は、国立歴史民俗博物館に行ってみるといい。
      今ちょうどハワイ移民について企画展示が開かれている。
      アメリカの白人がいかに自分の都合で先住民や東洋人に酷いことをしてきたかよくわかるよ。
    • ※23 : 名無し
    • 2019.11.17 19:28
    日本人は日本の事を知らなさすぎてる(意図的にやってんだけど)。
    物事が上手くいかない失敗するパターンって、連続性の消失よ。
    トライ&エラーで得た知識をスッポリ忘れる感。
    個人~家庭~社会~国レベルでな。
    • ※24 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2019.11.19 22:09
    関係性への執着が強すぎて、利害や客観的事実と切り分ける事ができないんでしょ。
    原因は流動性の欠如。
    欧米だって流動性の少ない地方じゃ変革は嫌われる。
    日本の場合は護送船団を典型に企業を守り過ぎ、更に年功序列までしたせいで企業でも流動性が極めて欠如してる。
    流動性の無い環境ってのは権力は「早いもの勝ち」、都心の人の地方への不信もこの「先に居る利権」ゆえ有名な例では「~煙喜ぶ田舎者」や来る医者をことごとく追い出す町なんかがそう。
    こういう歪んだ速さの実現は「徒党を組む」のがてっとり早く、そしてそこに共有可能な意思は「俺達が勝ち組」って意識のみで、それ以外の「目的意識」は共有不可能。
    目的を共有できず感情のみを共有する集団にとって変化とは、序列への変化のみ、ゆえに恐れ憎む。
    • ※25 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2019.11.22 4:26
    多様性に否定的なんじゃなくて議論に否定的な国。隣人がLGBTでも何とも思わないがいちいちパレードされたり「理解しろ!」という押し付けがあったりすることに反発する国民性である。

    トライ&エラーに及び腰なのはバブル崩壊以降の特徴なので単に金持ちが減り、数少ない金持ちがケチになったのが半分。もう半分は深く考えずに投資を無駄とする特定野党的な発想が吹聴された結果、それをよしとするソーシャルジャスティスウォリアー様たちのおかげです。
  1. トラックバックはまだありません。


コメ欄での議論はおおいにけっこうですが、当サイトではドクター同士の罵り合いは禁止となっております。反論する際には、相手の意見・人格を尊重し、どうぞ冷静に。