人気サイト様 最新記事

博士ちゃんねる ヘッドライン

レスの強調ウゼェー!というドクターへ

レス内の強調表示をOFFにする コチラをクリックして切り替えてください。設定は30日間Cookieに保存されます。
現在のステータス:強調有効

究極の発電システムついに発見!ほっとくだけでいい @ [未来技術板]


究極の発電システムついに発見!ほっとくだけでいい  @ [未来技術板]
1: ROx 2008/02/25(月) 15:00:07 ID:ID:jh5E0V4/
今最もポピュラーなのは何らかの方法で水を温めて蒸気にしてその膨張でタービンをまらしていますよね。
しかし、そもそも液体を気体に変える必要はない!
液体は熱によって体積は代わるが物理的な力によっては絶対に体積は変わらない。


だから、高圧にたえられるピストンの中に石油などの液体を入れて(温度計のなかの液の膨張みたいに)熱をくわえてヴばすこしの熱でも必ずピストンは膨張や収縮で動くので、重いタービンも動く。ピストンや装置の強度とタービンの重さを考えればこれほど効率のいい発電は無い。しかも常温の熱で発電できる。

ほっとけば1日の温度差でかなり電気がつくれる。
膨張のときと縮小のときでギアを入れ替えればタービンを同じ向きに回せるし。
いままでは「どうやってタービンを回すか」とか「どうやって水を沸騰させるか」とか考えていなかった世界。
この発電システムによって革命が起こる!
5: ハインフェッツ 2008/02/25(月) 17:16:23 ID:ID:P8PIqJ/B
水は圧力を加えると縮みますよ?
そもそもんな小さな体積変化をどーしようってんです?

あと、最近は「超臨界ボイラー」って言って

…やめとこう、よう判ってない人に教えても却って混乱するだけだろうから。
8: オーバーテクナナシー 2008/02/25(月) 23:03:07 ID:ID:jh5E0V4/
1mm膨張したそのエネルギーを10mに変換すればいいだろ、馬鹿か?
それに、だれが水といった。石油などとかいてあるだろ。
ゆとりは死ね
6: オーバーテクナナシー 2008/02/25(月) 18:59:26 ID:ID:QrHmVWAI
とりあえず物理とかより先に日本語の勉強しろ。
肝心なとこがわけわかめな文章になってる。
9: オーバーテクナナシー 2008/02/26(火) 01:34:48 ID:ID:ujQDi62E
>>1は釣りか、それとも真性か。
10: オーバーテクナナシー 2008/02/26(火) 04:05:33 ID:ID:jX5bpDEu
>>9
後者だろ
11: オーバーテクナナシー 2008/02/26(火) 05:47:59 ID:ID:Q/rYv8Yh
>膨張のときと縮小のときでギアを入れ替えればタービンを同じ向きに回せるし
そうですかそれはいいアイディアですね(笑
13: 2008/02/27(水) 15:41:21 ID:ID:GiH4bF3J
たとえば15~25度、つまり一日の温度変化が10度と仮定して、水を使用したとする。水以外の液体については自分で計算してね
水は

  15度では[0.999g/cm^3]
  25度で0.997[g/cm^3]

なので、体積変化はこの逆数の差をもとめればいい。逆数は

  15度で1.001[cm^3/g]
  25度で1.003[cm^3/g]

なので、差をとれば変化量は0.002[cm^3/g]となる

まあこれではショボイので、一トンの水を用意したとしよう。これは一キログラムの千倍だから、一グラムの百万倍だ。
変化量は2000立方センチメートル。2000cc、2000ミリリットルと書いてもいい

まあ2リットルだ。この2リットルの変化を、断面積2平方センチメートル、長さ10メートルの配管にのばし、そこから運動エネルギーを取り出してみる。
14: 2008/02/27(水) 15:41:59 ID:ID:GiH4bF3J
そして水の圧力だが、手元に資料がなくて申し訳ない、20度のときの水の圧縮率0.45(GPa)^-1(理科年表より)を使用して一律に計算する。
これは圧縮率=-(1/元の体積)×(体積の変化量/圧力の変化量)なので、式変形して「圧力の変化量=-(1/圧縮率)×(体積の変化量/元の体積)」

 dP=-(1/0.45×10^-9)×(0.002/1.001) [Pa]
 dP=-4440000[Pa]

マイナスがついてるのがいまいちよくわからないのだが、「圧縮」なのに体積が増加してるので、符号が逆になったんじゃないかと想像。考えていてもわからないのでとりあえず符号逆にして次へ。

 dP=4440000[Pa]
   =44400[hPa]

一気圧が大体 1013[hPa] だったはずだから、43.8気圧ということになる。
さて 1パスカル= 1[N/m^2] = 1[kg/ms^2] なので、この圧力によって発電機のギアに接触したラックを10メートル押したとしよう。
その際に流れ込む水の量は差分の2リットル。つまり0.002立方メートルになる。仕事(ジュール)=圧力×体積 であるから、

 4440000×0.002=8880[J]
15: 2008/02/27(水) 15:42:19 ID:ID:GiH4bF3J
つまり(完全に電力へ変換できたとして)8880ワット分の電化製品を一秒間動かすことができる。(上記どこか間違えている部分があったら手直しヨロ)
丸一日かけて発電すれば、500ワットのささやかなセラミックファンヒータを18秒間使用することができるわけだ。すごいぞ。(爆笑

ここで>>1に問題だ

1・これは一日で膨張と収縮を一回行うから、押すだけじゃなく引く場合もエネルギーにできるはず。
しかし引く場合は押すときのようなパワーを出すことができない。それはなぜか?


2・そもそもこの機関はいくら温度変化があっても、絶対に動作しないか、動作しても計算値のようなパワーは絶対に出ない。
発電する以前に動かないのだそれはなぜか?


てかね、普通に太陽電池つかえよ。うん
管理人より:緑枠さんによる解答が下のほうにあります。
16: オーバーテクナナシー 2008/02/28(木) 20:15:10 ID:ID:JuKTxcPy
いままでは常温で発電することが不可能だった。
しかしこれは温度の差なので、液体が凍ったりしない限り発電できる。
しかも温度の差なんでつねにあるからほっとくだけで莫大なエネルギーが生まれる。
17: ハインフェッツ 2008/02/28(木) 22:38:33 ID:ID:IeP4Ljlu
自然界の温度差で発電するなら、海洋温度差発電あたりで既出だと思いますがね…
18: オーバーテクナナシー 2008/02/28(木) 22:59:35 ID:ID:JuKTxcPy
膨張をつかっているところがミソなんだよ^^
19: オーバーテクナナシー 2008/02/28(木) 23:04:53 ID:ID:JuKTxcPy
二酸化炭素を利用するエネルギー
要するに燃やすときに酸素が二酸化炭素にくっついてくれないってだけで、酸素以外にも二酸化炭素にくっついてくれるいい物質があるはずでは。
つか二酸化炭素を分解す方法とかもあんの?

やっぱこのスレ主は神だな。化学反応なしだし。
管理人より:別のひとかと思ったけど»1さんと同じIDでしたぁ
24: オーバーテクナナシー 2008/03/01(土) 07:39:44 ID:ID:difa+17G
しかしまともに相手してる俺も暇人だな……。おもしろいからいいけど。

多分スレ主は中学生か小学生だと思うんだよね。
高校で習う、物理や化学っていう理科のさらに上の教科があるんだけど、それを勉強してみるといいよ。
高校の物理や化学を知ってる人なら、>>19の発言がおかしいってことはわかるし、俺が計算したようなこともできるようになる。
25: オーバーテクナナシー 2008/03/01(土) 10:07:35 ID:ID:DjDMK6w/
>>24
応用物理学士です。
はい、化学的ポテンシャルのことですね。
炭酸ガスってなかなり低エネルギーな状態なんだよな。もうどうしましょうか状態なんだよ。現代の科学じゃな。

ほっとくだけでいいなんて言われたら笑い転げちまうよ。寝言は寝て言え。
21: オーバーテクナナシー 2008/02/29(金) 01:31:32 ID:ID:31ISOFS7
いや、話は簡単でだな。
>液体は熱によって体積は代わるが物理的な力によっては絶対に体積は変わらない
これがそもそもウソなんだよ。そりゃ気体のようには簡単には変わらんがな。
22: ハインフェッツ 2008/03/01(土) 00:54:22 ID:ID:oRJrSIvq
そうそう、そうなんだよな。

シリンダーの中にテキトーな液体を入れて、破壊試験の機械なんかで圧をかけると、見事に圧縮されちゃったりするんだよね。
23: オーバーテクナナシー 2008/03/01(土) 07:27:31 ID:ID:difa+17G
俺が七面倒な計算してやったのにまだ>>1はわかってないようだな。
誰も聞いてないと思うが一応答えを言うと、

1・収縮の際は圧力が下がるので、水が蒸発してしまう。
すると容器の中に気体のクッションができることになり、重い発電機をラックで引くことができない。下手をすると一回押したっきり二度と発電できなくなる。
なので戻りのときはラックを発電機からはずして、軽い状態にしてやる必要がある。しかしそうすると押すときにしか発電できない。

2・一番の問題は容器の材質。液体の水は温度による体積変化が非常に小さい物質だが、人類が使用するたいていの固体はそれよりも体積変化が大きい。
つまり温度が上がればあがるほど、容器の膨張に水の膨張が追いつかず、逆に圧力が下がっていくことになる。
これを解決するためには、逆に容器が膨張した状態で水を封入し、容器が冷えて収縮することによって、内部圧力を高めなければならないが、>>1はそこまで考えたかい?

また砂漠地方に設置することで、日光による温度上昇も含め80度近い温度差を実現することも可能だが、そうなると膨張・収縮をくりかえすことによる容器や機械部分が劣化が無視できなくなる。

特に弱いのが密閉のためのシールドやパッキン部分。
ここにひび割れや風化が起これば、そこから水がもれたり容器が損傷する恐れもある。
さらに水など、凍ると体積が膨張するものを使う場合、不凍液を入れておかないと容器の損傷は一段と早くなる。

要するにコストパフォーマンスが悪すぎるんだよ。
建築費から維持管理費まで恐ろしく手間がかかる。ほっとくだけでいいなんてありえない。
なのに発電できるのは上で計算したように微々たる物。莫大なエネルギーを得るのに莫大な時間と莫大なお金を使ってたら意味が無い。
26: オーバーテクナナシー 2008/03/03(月) 20:14:01 ID:ID:Bu07SVzy
>>1は天才。
原理がわかってないやつはアホだな。
28: オーバーテクナナシー 2008/03/03(月) 22:08:38 ID:ID:0P4dG33/
重力発電は実現可能らしい
29: オーバーテクナナシー 2008/03/04(火) 02:50:25 ID:ID:MNZHiLK/
ああ水力発電は立派な重力発電だな
30: ハインフェッツ 2008/03/04(火) 13:20:43 ID:ID:4wySHYYA
あと、ソースはワイアードだったっけ、透明なポールを逆さにすると、重りがゆっくり落ちてLEDライトが点灯するってのを作った人がいるらしいな。

…結局は人力発電のような気もするが。

というか水は比熱がめちゃ大きいからね
砂漠みたいに昼夜の温度差の大きい場所の地下に巨大な水タンクを「熱プールとして」置いといて、地表の熱交換パネルとの間を熱電対で…
というやり方のほうがまだ実現性が高そうな気がするね。
31: オーバーテクナナシー 2008/03/04(火) 20:51:20 ID:ID:MNZHiLK/
環境温度と比較的温度差の小さい熱源からエネルギーを取り出すなら、スターリングエンジンが有効。
スターリングエンジン
管理人より:いつも貼ってるやつ。「スターリングエンジン」とは、1816年、スコットランドの技師ロバート・スターリングが発明した、熱エネルギーを運動エネルギーに変換する、「カルノーサイクル」を実現するための熱機関。
32: オーバーテクナナシー 2008/03/05(水) 06:07:58 ID:ID:JpPoRlUx
熱電対は発生する電流が微々たる物だからなぁ。
有用なまでに大出力化すると、一体何本の熱電対を、ヒートシンクと蓄熱プールのあいだに掛け渡さないといけないんだろうか。
実験としてはすごく面白そうだけど、コスト面では激悪になる予感。製造にかかる電力を回収するのに何年かかるだろう。

もし作るとすれば、表面に微細な熱電対が敷き詰められているような大面積シートを作って、ヒートシンクとプールの間に挟み込むのかな。
半導体とか太陽電池パネルとかインクジェットプリンタとかエッチングとか、とにかくその辺の技術を使えば、比較的安価に大量生産できそうだ。

熱いものに巻くだけで電気が発生する夢のシートだな。発電量はお察しだが。
33: オーバーテクナナシー 2008/03/05(水) 08:13:49 ID:ID:JpPoRlUx
なんか電波受信した
地熱 水力 バイオマス 太陽光 波力 風力 原子力 火力
発電手段を選ぶとしたら、君ならどれが好き 

風力好きは自分に素直 思ったことを隠せない。 でも理想と現実だいぶ違うから 夢から醒めなさい。 

波力好きは少しお利口さん 風力好きより少しはお利口 それでもまだまだ夢見がちだから 大人になりなさい

太陽光好きはだいぶお利口 波力よりいくらかCOOL! そこまで現実わかっているならもうひとがんばりです

バイオマス好きは正解に近い 最も限りなく正解に近い でも、食事や生態系とトレードオフなので 油断は禁物です

発電手段チョイスのセンスで、人類の未来は大きく左右されます
まるで左右に振れる電流計のように

水力好きは中途半端 好みとしては中途半端 無くてもいいけど、ちょっとはあったほうが。そんなの微妙すぎ

地熱好きは卑屈すぎます 自分に自信がない証拠です 新エネルギーは決して怖くない 勇気を持ってください

火力好きと原子力好きは いつまでも使えるってわけじゃないってことを 肝に銘じておいてください! 人類の敵ですよ

いろんな手段を見てきたけれど 最後に私が言いたいことは
最も大事なのは状況に応じて発電手段を選ぶことですよ。
ラーララ ラーララ……
潮力・海洋温度差・太陽熱好きは変態っていうことで。
バイオマス燃やしたら火力じゃないのかって言う突っ込みもなしで
34: オーバーテクナナシー 2008/03/06(木) 00:12:08 ID:ID:nEatXmrZ
>>33に同意
35: オーバーテクナナシー 2008/03/06(木) 11:40:28 ID:ID:N4limyyC
>>32
凄まじく久しぶりにってか今さらオッパイチョイスの歌を聴くとは。w
42: オーバーテクナナシー 2008/03/08(土) 15:50:09 ID:ID:XhRpj0xl
>>33
ワロタwww
一瞬気付かなかったゼ

ナイス受信!
バスト占いのうた YouTube管理人より:元ネタこちら。
37: オーバーテクナナシー 2008/03/07(金) 08:41:50 ID:ID:xMyeYPIA
マスかく時のエネルギーでTVを見る
38: オーバーテクナナシー 2008/03/07(金) 14:13:32 ID:ID:usQqpztP
そんな程度じゃカップヌードルも食えん。
40: オーバーテクナナシー 2008/03/08(土) 12:28:38 ID:ID:8WFJksrt
36万5000回の膨張・収縮に加え、強風や積雪降雨による侵食、日光による劣化や変質に耐え抜かなければいけない。>>1の機関じゃ到底無理。

まだ大深度地下に原子力電池搭載したタイムカプセル埋めるほうが賢明。
だがそれでも100年もつかどうか……。
だいたい、なんで山の上なんて環境変動の激しいところなんだ?
41: オーバーテクナナシー 2008/03/08(土) 14:55:59 ID:ID:f5qcrHi/
人の往来の激しいところだと、いづれは区画整理とか戦争で壊されると思った
54: オーバーテクナナシー 2008/03/24(月) 16:23:23 ID:ID:sAqATf6u
溶鉱炉熱や地熱利用の他の何かの方がいいぞなもし!
所でスターリングエンジン実際って本当に効率良いのだろうか?
57: オーバーテクナナシー 2008/03/29(土) 23:00:36 ID:ID:A0wR8Ywz
>>1
そもそも液体だって気体に比べて変化しにくいだけでちゃんと圧力加えれば縮みますが?
そして、温度によっては固体になっちゃいますが?それによって物によってはかなり縮みますが?

てか、そんなことすんなら潮汐発電したほうが月の引力もあいまってよっぽど(ry)
58: オーバーテクナナシー 2008/04/05(土) 22:26:41 ID:ID:1wpN6LXJ
究極の>>1をついに発見!ほっとくだけでいい
63: オーバーテクナナシー 2008/04/20(日) 04:37:11 ID:ID:16MbDbhE
>>1以外
理解できないスレ
67: オーバーテクナナシー 2009/04/01(水) 09:10:39 ID:ID:gDlg/UWv
今最もポピュラーなのは何らかの方法で水を温めて蒸気にしてその膨張でタービンをまらしていますよね。
しかし、そもそも液体を気体に変える必要はない!

まず太陽熱で海を暖める。そうすると勝手に水蒸気になりそのうち空気で冷却されて水滴になって落ちてくる。
そしてこの水滴を高い山などに穴をあけて一箇所に集める。
あとは集めた水を放流してモーターを動かせばかなり電気がつくれる

いままでは「どうやってタービンを回すか」とか「どうやって水を沸騰させるか」とか考えていなかった世界。
この発電システムによって革命が起こる!
68: オーバーテクナナシー 2009/04/01(水) 10:06:31 ID:ID:KBTFR64v
>>67
> しかし、そもそも液体を気体に変える必要はない!
> まず太陽熱で海を暖める。そうすると勝手に水蒸気になりそのうち空気で冷却されて水滴になって落ちてくる。
気体に一回変わってるじゃないか…
70: オーバーテクナナシー 2009/10/23(金) 12:33:44 ID:ID:5f7xyrCJ
黒潮と親潮のエネルギーを取り出せば、日本の消費電力くらい軽く稼げたりしないかな
71: オーバーテクナナシー 2009/10/23(金) 17:29:32 ID:ID:SG2Yh0zz
フジツボが付着してプロペラ効率が激悪になりそうだなぁ。
72: オーバーテクナナシー 2009/10/23(金) 19:06:01 ID:ID:xdSXLBmQ
そこはそれ、マイクロバブルでフジツボ対策は万全でござる
74: オーバーテクナナシー 2009/10/27(火) 22:45:21 ID:ID:Dd7psZ1t
用意するもの
①バイメタルを太陽光で温めるためのレンズ
②バイメタル
③バイメタルを冷やすお水

お天気ならばバイメタルがパコパコ動くよ
バイメタル管理人より:「バイメタル」というのは、膨張率の異なる2枚の金属を重ね合わせたもので温度によってグニャリと曲がる式のやつ。こたつの温度が上がると勝手にスイッチが切れるサーモスタットなどは、この仕組みを利用しています。
75: 通りすがり 2009/11/10(火) 05:10:32 ID:ID:JFwPEH1s
ふと思ったが、風を使う発電で風車ではなく、笛の要領で風で音を出し、音を電気に変えるという発電方法とか出来ないだろうか。
76: オーバーテクナナシー 2009/11/10(火) 09:17:14 ID:ID:Mxw+FBna
>>75
スピーカ使えww
(マイク・チェック・マイク・チェック!)
77: オーバーテクナナシー 2009/11/10(火) 09:37:43 ID:ID:ZzYW2ZK5
>>75
音を熱に変換出来る装置があるらしい
ペルチェ素子のように片側に熱が発生して反対側が冷えるらしい
73: オーバーテクナナシー 2009/10/25(日) 16:48:08 ID:ID:7AzBCvYE
電子はなぜまわりつづけるのか そこから考えろ >>1

今日はクリスマスですね、そのようなイベントが意味を持たなくなって久しく、もうすっかり忘れてた。

管理人は、クリスマスのカップルが日本中で費やすエネルギーは、広島型原爆何発分に相当するのか計算しようとしたことがある。前にも書いた?
日本のカップルの数は不明ながら、1億人の約1/4がクリスマスにセックスするほど若く、現在の若者はカップル率が低く半分くらいは彼氏彼女がいないとして、なんらかの理由でクリスマスに会えなかったり、ケンカしてセックスしない率を考えて、さらに半分と仮定する。

1回のセックスに費やされるエネルギーは100メートルを全力疾走したのと同じくらいだという。
すなわち6000kカロリーちょいで、26000kジュールとしたとき、若いから一晩に平均1.5回セックスするとして…(途中で虚しくなってやめました

とゆわけで、»1さん考案の驚異の発電システムをいじって遊ぶスレ。
素人が考えた最強の発電方法!なんていうのは、だいたいすでに考えたひとがいて、それじゃあモノにならん!とわかってるものがほとんど。
しかし、そうは言ってもエライ先生方の常識がジャマをして、その盲点を素人が突く、ということも皆無ではありません。

»1さんアイデアは、温度差によって膨張した流体で圧力をかけ、ギヤを回して電気エネルギーを得る、と、かいついまんで言えばこうですね。
けっこう大掛かりなわりには、発電量は微々たるものっぽく、コスト割れしそうです。
水は気体になるときに体積が約1700倍になります。この性質を圧力を封じ込めることでうまく利用したのが蒸気機関なわけで、その特性をスポイルしちゃうのはもったいないかも。

エネルギーを得られるかどうか、という点なら現在でもすでにいろんな方法があります。途中の発電占いの歌で出てるとおりに。
しかし結局のところ、効率がどうか、という点につきますねぇ。
発電効率以上のコストがかかるようなら施設の維持もできないし、なんのためにやるやら。

温度差による発電というのは、一見とても良さそうに見える。
日本なんて火山がたくさんあるんだから、地熱をうまく電気に変換できれば、事実上は無限のエネルギーを得られるのではないか…というところですが、実際には電気に変換する素子がわりとすぐ劣化するため、メンテが難しいそうですね。
太陽光発電だって、電池置いときゃ未来永劫発電してくれるわけでなし、風力は風車がよく壊れるし、なかなか夢の発電というのも難しいものです。
スレの最後のほうで、音を電気に変換する素子の話が出てますが、これもすごいけど、効率はまだまだぽい。

次世代のエネルギー問題を解決するのは、これから出てくる新しい頭脳です!
このブログを読んでるアナタかも…しれませんよ!




人気サイト様 最新記事

博士ちゃんねる ヘッドライン

    • ※1 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2019.12.25 22:49
    電子整序(ラプラスの悪魔)による誘電率1以上(異方性獲得)の構造媒体

    カシミール効果による局所性(格子振動の臨界圧、フォトンへの相転移)を最大化したEMドライブの電線版(動脈
    • ※2 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2019.12.25 22:53
    これはイオントラップの技術と同じやろ

    ただし、対称性による臨界圧と遷移圧の取り出すユニタリ向き付けの違いがあるけども
    • ※3 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2019.12.25 22:56
    量子論が解釈論(コペンハーゲン解釈、多世界解釈)や非実在論(隠れた変数の否定)に執着するならあと200年は掛かる

    先に核融合(質量空間の臨界と相転移)が実現しそうやけどな

    そうなると更に遅れる
    • ※4 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2019.12.25 23:01
    原子力と火力を使って人類の寿命を縮める代わりに大量の電気エネルギーを得るか
    再生可能エネルギーで安全だが環境に左右されながら少量の電気エネルギーを得るか
    結局どっちも一長一短で33の言う通りだと分かるわ
    それにしても1はボコボコにリンチされてるな
    • ※5 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2019.12.25 23:44
    ちょっと違うけどごみ処理施設や汚水処理場に温水プールじゃなくて発電施設作れよなと思うけど・・・まぁお小遣い稼ぎにしかならよないよねw

    この>>1は緑枠の言うように小中学生か自然科学を学んでこなかった人物だろうな
    建てる板を間違えてるのか住人が空気読めてないのか・・・
    まぁ前者でしょうね
    • ※6 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2019.12.26 3:26
    どんな物でも伸び縮みする。これはピストンでも同じで、動力の伝導体が、この極小のゆがみに耐える構造が必要になる。大体これのためにシステムが巨大化して、コストが、増大する。車動かすのに、十トンのエンジンと、百キロのエンジンなら、どちらを選ぶか。つまり、軽量で、そのエンジンの歪み以上の動力性能を、持ったエネルギーの方が、軽量で、高出力の物が出来る。
    • ※7 : Sat
    • 2019.12.26 10:35
    大科学実験とかピタゴラスイッチなどEテレの番組に出てくる大きな機構小さな出力の機械を思い浮かべてしまいました。Eテレの機械はわざと膨大な仕掛けにしてプロセスとかを見るのが楽しいというものだけど、実用品をそんな感覚で製作されるとときに有害ですらありますね。
    • ※8 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2019.12.26 13:22
    太陽が300度くらいまで暖めてくれてるんやから
    無尽蔵にエネルギー取り出せて当たり前なんやで?
    • ※9 :
    • 2019.12.26 18:28
    某どっかの科学系ブログで至極無価値な生米撒き散らかしてる奴と同類
    • ※10 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2019.12.26 21:42
    占い替え歌で声出して笑ってしまった……くそうこんなので
    • ※11 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2019.12.27 2:26
    地球と月にVベルト引っ掛けてタービンを回せば延々と発電できるよ!
    • ※12 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2019.12.27 3:21
    スポーツジムに発電できる器具を置いたらいいのではと常々思っている。
      • ※17 : ドクター・ノオ・ネーム
      • 2019.12.29 22:54
      >※12
      床を踏んだら圧電素子なりふいごなりで発電できればと昔から思っている
    • ※13 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2019.12.27 21:59
    水飲み鳥で発電する感じか
    • ※14 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2019.12.28 3:07
    ジャガー・ルクルトがアトモスって時計を作ってて、温度差の収縮膨張のエネルギーで半永久的に駆動するっていう似たような仕組み。こっちはガスだけどね。
    • ※15 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2019.12.28 15:17
    真面目に読んでておっぱい占いの歌で不覚にも自分が年を取ったことを悟った。
    Flashはやったの何年前だよ。
    • ※16 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2019.12.29 19:31
    これ2009年のスレか
    どうりでおっぱいなんて出るわけや
    • ※18 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2020.1.2 18:05
    大電力を得ようと思うから難しくなる
    虫や微生物や細胞のアレを活用できないかな
    電力が必要なのが例えばエアコンなら蓄熱や気化熱を利用するとか
    そう言う事の積み重ねで自分の家レベルならある程度は賄えると思うんだよね
    工業的商業的には無理だな 可能ならもうやってる
    • ※19 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2020.1.4 19:10
    15℃くらいで沸騰する液体があれば似たようなことできるかも
    • ※20 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2020.1.6 0:51
    テキサスにテスラタワーが完成とか。
    youtube の動画、素人目には分からない...。
    トランプ大統領のおじはテスラと親しかったとも?
    • ※21 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2020.1.15 8:14
    レンズで太陽光を集めてスターリングエンジンを動かそう
    • ※22 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2020.1.15 17:22
    宇宙エレベーターで発電できるのではなかろうか。
    ひも付き砲丸投げというか、地球は絶えず自転しているわけだから、ひもに風圧が当たるわけだから、ひもの外周に筒をつけて風で筒を回転させれば発電できるんじゃないのかなあ。
  1. トラックバックはまだありません。


コメ欄での議論はおおいにけっこうですが、当サイトではドクター同士の罵り合いは禁止となっております。反論する際には、相手の意見・人格を尊重し、どうぞ冷静に。