人気サイト様 最新記事

博士ちゃんねる ヘッドライン

レスの強調ウゼェー!というドクターへ

レス内の強調表示をOFFにする コチラをクリックして切り替えてください。設定は30日間Cookieに保存されます。
現在のステータス:強調有効

なんでお金に価値があるの? @ [経済学板]


なんでお金に価値があるの? @ [経済学板]
1: 名無しさん@お腹いっぱい。 2016/07/06(水) 05:53:40.07 ID:iewwKl5z.net
なんで、お金に価値があるんですかね?
3: 名無しさん@お腹いっぱい。 2016/07/11(月) 11:01:10.99 ID:CZIa6eyg.net
お金は引換券だよ
4: 名無しさん@お腹いっぱい。 2016/07/12(火) 08:42:43.46 ID:ZTknLJIW.net
引換券とお金の違いはなに?
5: 名無しさん@お腹いっぱい。 2016/07/18(月) 07:07:44.72 ID:wEeEvqA3.net
違いは無いよ、引換券の事をお金と呼ぶの
金の価値は各国の中央銀行が補償している
6: 名無しさん@お腹いっぱい。 2016/07/20(水) 06:42:20.47 ID:dBP3G/UB.net
どうやって中央銀行が補填を?
昔は金本位で金が必要だったのに。
8: 名無しさん@お腹いっぱい。 2016/07/20(水) 20:11:18.45 ID:N8w6eSkM.net
共同幻想やで
みんながお金に価値があると信じているから、お金にあらゆる物と交換できる機能があるんやで
みんながお金の価値を疑い始めたら、ハイパーインフレになるんやで
9: 名無しさん@お腹いっぱい。 2016/07/20(水) 20:15:15.56 ID:N8w6eSkM.net
金なんて物質的にはただの紙切れやで
だけど、みんながそこに価値があると信じるから、価値が生まれるんや
10: 名無しさん@お腹いっぱい。 2016/07/21(木) 00:00:50.96 ID:LISJ556E.net
お金とは金券だけど、それに付加価値をつけて通貨価値にしてる
労働力、技術力、資源力、発展力、特許権などなど我が国は豊だけどつかえてない
下手くそすぎる
12: 名無しさん@お腹いっぱい。 2016/07/21(木) 07:33:42.72 ID:V9PHyPnq.net
ききたいのは、昔は金本位で価値が担保されていたのに、なぜ今は金なしでいけるのかです。
13: 名無しさん@お腹いっぱい。 2016/07/21(木) 09:40:10.28 ID:LISJ556E.net
>>12
10を100回読めバカw
金の代わりが労働力や技術力や資源力や発展力や特許権だろ
金が何故価値があるかすら理解してないくさいな

金は柔らかく加工しやすして純金なら手で曲げられる、故に装飾品や鎧の飾りに重宝したのですよ豪華だしね。
金の価値よりいい儲けになったのが砂糖と紅茶で、海賊時代の略奪の主な収入源は砂糖でした
定期的に収入源となる砂糖と、どこにあるかわからない金では砂糖のほうが安定した収入源だったのです

1回の航海で2000万ぐらいの儲けなのでそりゃ略奪しますよねw
ここで労働力が必要になります
砂糖を栽培するためです。

海賊のおかげで砂糖の値段は下降してしまい、困った砂糖業者は国を使います。これが植民地政策です
時代は流れ日本のおかげで独立を勝ち取った国により、奴隷制度が次々と廃止され。労働に価値がついたのです
ここからはわかりますよね?
14: 名無しさん@お腹いっぱい。 2016/07/21(木) 09:49:05.35 ID:LISJ556E.net
金「かね」金「きん」両方説明しとくかw
元々紙幣価値は金「きん」です
金がなければ紙幣価値はありません
金属のグラム数が硬貨の価値なのです
1円玉が500円玉は重さで金額にしてるんですよ
16: 名無しさん@お腹いっぱい。 2016/07/21(木) 12:27:34.36 ID:V9PHyPnq.net
金本位なら金が価値を担保していましたが、今はそういった価値の裏付けはないわけです。
では、何が紙幣の価値を維持しているのですか?
17: 名無しさん@お腹いっぱい。 2016/07/21(木) 13:20:46.97 ID:LISJ556E.net
紙幣価値を担保してるのが技術力とかだとなんべんいわせるんだよ
アホか?国によってちがうの日本は特許権と技術力と発展力
18: 名無しさん@お腹いっぱい。 2016/07/21(木) 18:25:55.63 ID:V9PHyPnq.net
日本の生産力と紙幣を結びつけるものは何ですか?
19: 名無しさん@お腹いっぱい。 2016/07/22(金) 00:49:40.56 ID:kSEXO7Qq.net
>>18
紙幣価値は中央銀行がコントロールしてるよ
日本の場合内需依存国で対外債務もないから円に価値が出てくる、技術力や特許はあまり関係無い
20: 名無しさん@お腹いっぱい。 2016/07/22(金) 02:30:09.93 ID:PCscJSVa.net
>>18
この子頭悪いのかいいのかわからんなw
生産は=労働 労働=対価 対価=信用
つまり月の決まった報酬が支払われるかぎり円は安定します


>>19
あのね日銀の紙幣を刷る判断基準のお話なのですよ
特許による製品や食品の年の消費量視野にいれないというのですか?
例えばヒット商品がでるのなら売上見込んで増刷するんだよ
安く多く売るためにね。
23: 名無しさん@お腹いっぱい。 2016/07/22(金) 06:39:36.85 ID:7JgHC+3a.net
>>20
なぜ、日本銀行券が報酬になり得るのでしょうか?
なぜ、みんなが価値があると思っているのですか?
21: 名無しさん@お腹いっぱい。 2016/07/22(金) 02:56:11.56 ID:PCscJSVa.net
古い紙幣を回収して新しいお札を増刷
この時に年の国内全ての消費量で増刷がきまります
商品を宣伝すれば売上の見込みの試算を提示しますね
もう少し考えてレスなさってください
特許によるお薬とかの消費量で支払われる海外への支出の相殺分などなど
滅茶苦茶関係ありますよw
22: 名無しさん@お腹いっぱい。 2016/07/22(金) 03:06:26.03 ID:0rxIPeNB.net
安倍内閣になってからハイパワードマネーは3倍になってるんですけど
25: 名無しさん@お腹いっぱい。 2016/07/22(金) 07:31:14.73 ID:PCscJSVa.net
>>22
あとは継続くして腹一杯にすればいやでも吐き出します。
今はまだ余力がないのでどうしようもないです。
とりあえず企業の健全化を先に考えてるとおもいます
27: 名無しさん@お腹いっぱい。 2016/07/22(金) 13:23:58.10 ID:0rxIPeNB.net
>>25
現実見ようよ。貨幣流通高は全然増えてない
増えてるのは日銀当座預金だけ
28: 名無しさん@お腹いっぱい。 2016/07/22(金) 17:58:10.24 ID:PCscJSVa.net
ふえるわけないじゃん20年のデフレなのに
余力回復するのにもそれ相応の時間かかるよ
理由は多々ある酒税の引き下げと罰則の緩和ができない
これの影響が恐ろしくデカい

上司が部下の本音聞けないから仕事のあたえかたがわからない
へこんでるとか追い詰められてるとかプライベートは充実してるかとか
なので2~3年で新入社員の7割やめてる

充実した中堅社員に海外いかせると8割仕事やめる
これは正式発表してるよ
酒を無視して景気回復なんて無理無理
現政権では達成不可能だからね
景気は企業の余力回復するのは長い道のりなんだよ
29: 名無しさん@お腹いっぱい。 2016/07/23(土) 00:52:10.34 ID:XFyxDbmc.net
>>28
珍説ではあるが、経済なんてそんなもんかもしれないな
そもそもお金自体が根拠が曖昧でいい加減なものだからな
30: 名無しさん@お腹いっぱい。 2016/07/23(土) 02:42:48.36 ID:8njyf1/w.net
>>29
珍説と思うでしょ、これ本当なんだよ
例があるのよ。戦後の総理吉田茂だったとおもう
大々的な金融緩和と酒税引き下げして高度経済成長したのよ。
どこぞのバカ親が民意を盾に子供の命をつかい酒気帯び運転の罰則を3倍にしたわけ
政府もそれにのったのよ。だから触れないようになってしまった
立憲主義守ると国民が一番上だからね
33: 名無しさん@お腹いっぱい。 2016/07/29(金) 06:15:03.76 ID:rgb5Orxx.net
なぜ紙製のお金に価値があるの?
34: 名無しさん@お腹いっぱい。 2016/08/01(月) 21:59:32.72 ID:woti3QOW.net
政府が保証しているから?
では、なぜ以前は金本位制だっのかの説明がつかない。
36: 名無しさん@お腹いっぱい。 2016/08/03(水) 05:18:17.79 ID:UigPHa06.net
>>34
昔は、貴金属に担保させないと貨幣偽造の防止が難しかったから。
今は管理能力が発達したので、貴金属なしでも偽造の防止が結構できるようになった。
だから、貴金属本位制にする必要性は低下したんだよ。
37: 名無しさん@お腹いっぱい。 2016/08/03(水) 06:37:36.52 ID:yrhd7ors.net
>>36
なるほど。では聞きたい。
金でも紙でも政府純正であれば価値があるとする根拠はなに?
38: 名無しさん@お腹いっぱい。 2016/08/03(水) 06:59:30.66 ID:UigPHa06.net
>>37
政府が発行してるかどうかは直接関係ない。
人々がその貨幣を交換するという確信が形成されるかどうか。
多くの国では、政府が発行したものがその確信を形成させやすいというだけ。

しかし、そうならない場合もある。現在の例なら、ジンバブエとか。だから、政府発行は貨幣を成り立たせる絶対条件じゃない。
39: 名無しさん@お腹いっぱい。 2016/08/03(水) 07:29:45.50 ID:usNlbbES.net
>>38
ということは、人々が確信しているから交換に応じるということだけど、政府以外でも通貨を発行できるとすると、何が人々に確信を持たせる要因なの?
政府が保証しているからではないよね。
40: 名無しさん@お腹いっぱい。 2016/08/03(水) 07:37:44.19 ID:UigPHa06.net
>>39
基本的には、これまで多くの人が受け取ってきたから、これからも受け取るだろうという、経験帰納的推論。
41: 名無しさん@お腹いっぱい。 2016/08/03(水) 07:57:05.10 ID:usNlbbES.net
>>40
政府以外の通貨の例があればあげてほしいんですが。
それは経験機能的推論で説明ができないのでは?
42: 名無しさん@お腹いっぱい。 2016/08/03(水) 08:28:39.34 ID:UigPHa06.net
>>41
昔の話だったら、政府保証のない貨幣が流通してた例を挙げるのは、そう難しくはないぞい。
イングランド銀行は今でこそイギリスの唯一の発券銀行だが、元々のイングランド銀行券は、数多くの民間銀行券の一つに過ぎなかった。

日本でも、鎌倉・室町時代に流通していたのは中国の貨幣(宋銭・明銭)だが、中国政府の発行ではあっても、日本政府とはなんの関係もなかったわけで。

民間発行でも、既に流通していれば経験帰納的推論は成立するよ。
むしろ説明が難しいのは、最初に流通するようになったのはどうしてかということ。
43: 名無しさん@お腹いっぱい。 2016/08/03(水) 08:52:14.55 ID:usNlbbES.net
>>42
むしろ説明が難しいのは、最初に流通するようになったのはどうしてかということ。
そうですね。今議論しているのはその部分です。
商品券は現代の非政府紙幣といえると思いますが。
44: 名無しさん@お腹いっぱい。 2016/08/03(水) 09:07:41.58 ID:UigPHa06.net
>>43
ただの他人に命令されてもそれに従うことは普通ないのに、国の法律には従うのかなぜか、というのと似た問題設定。
この問題に対する答えは、国家の暴力への恐怖かもしれんし、宗教的権威かもしれん。
ぶっちゃけ、一般的な解答は困難で、個別歴史的に説明するのが一番妥当性が高い。
貨幣流通の問題も、同じだろうね。

あと、商品券を現代の非政府貨幣と呼ぶには、汎用性が低すぎる。
45: 名無しさん@お腹いっぱい。 2016/08/03(水) 12:39:28.58 ID:usNlbbES.net
>>44
恐らくは徴税が紙幣自体に価値をもたらしていると思います。
国家はいくらでも通貨発行ができるにもかかわらず、徴税することで紙幣に価値をもたせる。

脱税すれば捕まりますから、自ずと紙幣を欲するようになります。
商品券はものと交換できるという嬉しい価値がありますが、通貨というのは徴税という国家権力によって価値が担保されているわけです。
46: 名無しさん@お腹いっぱい。 2016/08/06(土) 07:56:53.73 ID:eLmNTyRP.net
要は交換価値機能を内包しておかげで、財やサーヴィスをその貨幣量にそくして交換し、取得、消費出来るからだ。
47: 名無しさん@お腹いっぱい。 2016/08/06(土) 08:30:21.02 ID:fKo79IjR.net
最初は兌換紙幣だからそんなに難しくないだろ、金や銀との交換券だったからな
いちいち金を持ち歩かなくても交換権だけで済ます様になったというだけだ
民間の場合は銀行自体の信用が紙幣の価値の根拠だった 本当に金と交換してくれないと価値が無いからね

現代は信用創造と変動相場ででややこしくなっているが元はシンプル
48: 名無しさん@お腹いっぱい。 2016/08/06(土) 08:39:23.02 ID:fKo79IjR.net
ちなみにアリストテレスは、通貨とは形がないものの価値を表し計量する基準になるもの的な解釈だったような覚えがある
基本的に合意があれば何でもいいが、金属、特に劣化しない金や銀が適当というような内容だったような気がする
49: 名無しさん@お腹いっぱい。 2016/08/07(日) 15:35:05.62 ID:ViZ26Pfc.net
仮に江戸幕府が旗本や後家人に支払う小判や米が不足したとする。
知行は必ず支払わねばならぬものであるから、米1俵の年貢を免除すると書いた紙を武士に渡す。

その紙をもっていれば武士は農民から米を調達することができる。
農民にしても大八車に米を乗せるより、紙で年貢を納めたほうが負担がないので、喜んで幕府の紙切れを受けとる。
こうして、年貢は紙幣による納税にとって代わり、紙幣の交換が経済を回わりだす。
50: 名無しさん@お腹いっぱい。 2016/08/07(日) 15:40:37.14 ID:ViZ26Pfc.net
政府(日銀)が無限に通貨を発行できるメカニズム。
51: 名無しさん@お腹いっぱい。 2016/08/08(月) 10:52:34.15 ID:pkbrW+x1.net
俺は投資やトレードをやっていて、金があっても物がなければとか、生産やサービスを供給する人間がいないと意味がないと本で見たが、確かにそうだと思うが、そうなると金持ちは人の上に立っている事になるだろうか?
金持ちは人の時間を奪っている

まぁしかし現実的には物は供給されまくっていて、買われるのを待っている。
むしろ店も飲食店も会社も客や買い手を探している。
買ってくれる人や、金を出してくれる人を待っているだろうか?喉から手が出るほど欲しい?

個人の飲食店なんか客が来なければ簡単に潰れる。
供給は過剰なくらいだろうか?
田舎だからあんまり店がないわけだけど都会だと掃いて捨てるほど店はあるだろう。
街で自分が金使う店は数えるほどだけど(同時に入るほどの金はないw)
52: 名無しさん@お腹いっぱい。 2016/08/08(月) 13:42:41.53 ID:BzLCJWNE.net
>>51
結局、なにが言いたいんじゃ…?
53: 名無しさん@お腹いっぱい。 2016/08/09(火) 10:26:09.73 ID:Y2VDFa+g.net
投資家は非生産的がどうとかそういうレベルじゃなくて、社会は金を求めているってことよ
55: 名無しさん@お腹いっぱい。 2016/08/10(水) 10:54:17.02 ID:atbOHbeP.net
金さえあれば何でも買えてしまう世の中はおかしい
頭の悪い人間や物を生み出さない地主とかでも物が買えてしまうのだから
56: 名無しさん@お腹いっぱい。 2016/08/13(土) 23:38:23.23 ID:xnDySGJY.net
それがおかしいとは露ほども思わない
57: 名無しさん@お腹いっぱい。 2016/08/15(月) 00:27:25.99 ID:Q2tjIRVl.net
おかしいよ。
付加価値を生み出せない人間でも高付加価値の物が買えるのだから
58: 名無しさん@お腹いっぱい。 2016/08/15(月) 00:29:41.11 ID:Q2tjIRVl.net
ましてや最初から金を持ってる人間すらいる
この世の中は
67: けんたろう 2016/12/16(金) 12:45:41.48 ID:gcRtByhK.net
とても良い質問だと思います。
使用価値と交換価値の議論も正しいものです。
それは、貨幣には交換価値しかなく、使用価値はない、と言うことです。

ただ、貨幣と富(今の経済学では財)は異なります。
貨幣で富と交換できるけれども貨幣自体は富ではないと言うことです。

単純に考えて理解できることです。
富が増えれば豊かになりますが、貨幣を増やしても豊かになりません。
貨幣を増やすだけで豊かになるならアベノミクスでみんな豪勢な暮らしが出来ているでしょうね。
68: 名無しさん@お腹いっぱい。 2016/12/20(火) 22:55:45.24 ID:Mf5w9Qre.net
貨幣市場が普及していて、多くの人々が交換のためにそれを利用していて、いつでもどこでもどんなモノとでも交換できるという流動性が高いからおカネに価値がある。
69: 名無しさん@お腹いっぱい。 2016/12/20(火) 22:56:49.94 ID:Mf5w9Qre.net
それにおカネには賞味期限がないから。
減価するようになったら価値がなくなる。

おお…、これはなかなか良いテーマですね。
経済学らしいというか、貨幣経済・信用経済の根幹に関わる話ですよ。

これ確かにわかりづらいというか、どれだったか忘れちゃったけど、管理人はYoutubeで動画を見てやっとわかりました、というかわかった気になりました。

この問題って、歴史を俯瞰してみないとピンとこない気がしますね。
軍事力や戦争、技術の進歩、その他諸々が関わってくる問題だから、現代を基準にして中途半端に遡るのは、»1さんみたく疑問が尽きなくなると思う。
無理やりひとことで答えるなら「価値を持たせたから価値を持つのだ」みたいな変な解答になるかも。

歴史的には以下の順番で、そのときそのときのニーズに合わせて少しづつ変化してきました。

A) 物々交換
B) 分割可能でポータブルな価値を持つものとの物々交換(塩・米・貴金属など)
C) 統一価値を持つ貨幣の誕生
D) 両替商・金貸業の誕生
----ここまで紀元前----
E) 銀行の誕生
----ここまで中世----
F) 証券・手形の誕生
G) 紙幣の誕生
----ここまでルネッサンスらへん----
H) 中央銀行(メガバンク)の誕生
I) 金本位体制による収拾作戦
J) 固定為替相場制へ
K) 変動為替相場制と信用経済へ

合ってますかね?管理人は経済はぜんぜん詳しくないから突っ込んでください。
キリスト教徒同士では、お金を貸しても利息を取ってはならないというルールがあったので、中世はやや停滞気味でしょうか。
中でやっぱりおもしろいのはHかな。銀行のための銀行、政府に貸し付ける専門の銀行は、イギリスの大商人たちが合同で作ったイングランド銀行が世界初です。
この中央銀行マジックというのは、なんとニーズに応じて富が生み出される!という驚異の錬金術。おかげで大不況になってしまう。それで野放図に膨らんでしまった信用を、ふたたび金を基準(貸付量を金保有量の10倍以内)にしてマイルドにしようぜ…というのが金本位体制、ひいてはブレトンウッズ体制につながるわけですねぇ。

時系列順に追いかけていくと、どれもこれも経済という巨大な野獣をてなずけようとした結果というか、なるべくしてこうなった感はあるんですが、逆から見るとわけわからん気がしますよ、ええ、ええ。

お知らせ:うわーん!早速すみませんが、新年早々怒涛の忙しさでちょっと更新の時間が取れないかも。ついでにいえば今週末の連休もまるごと更新できず、いろいろしんどい。今週から来週頭にかけて不定期更新になるかもしれませぬ!




人気サイト様 最新記事

博士ちゃんねる ヘッドライン

    • ※1 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2020.1.8 1:58
    お金は信用みたいな物じゃないの(適当
      • ※2 : ドクター・ノオ・ネーム
      • 2020.1.8 11:06
      >※1
      その認識で大体あってると思うよ
    • ※3 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2020.1.8 11:09
    C)
    統一価値というものが材質と無関係の価値という意味ならちょっと変かな
    貨幣の価値が金属の重量と無関係になるのはかなり遅い
    権力が一時的に価値を決定してもすぐにバレて元通りになる歴史が繰り返された

    D)E)F)
    これは明確に区分できるのかなぁ
    定義だけの問題だと思う
    • >※3
      金の含有率とかの話ですよね?最初それ順番に長々書いてたんですが、めんどうになって箇条書きにしてしまいましたw
    • ※4 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2020.1.8 13:41
    こういう主観的な一個人の消費者からの視点みたいな感想はかなり奇天烈で面白くて好き
    • ※5 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2020.1.8 14:15
    お金は負債の記録でしょ。
    金本位制の頃ならともかく、中央銀行が通貨発行したら反対側で負債が計上されますよ。
    貨幣創造によってインフレすれば価値は目減りするし、どれだけ貨幣創造できるかは生産能力によります。
    主流派経済学が通貨について詳しく書かないですからね、まぁ間違っているからね。
    レスを見るとなかなか酷い認識がまかり通っているなぁ。
    皆さんも素朴に考えた方がいいですよ。
    • ※6 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2020.1.8 15:43
    紙幣は別として、硬貨はもともと「その材料となる金属で同一価値」ではなかったか。
    例えば、アルミニウム1g が1円と等しい、といった具合に。
    • ※8 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2020.1.8 19:29
    ニクソンショックまではお金は質量を持つ金属との引換券だった
    現代の経済システムのお金は、仕量とかエネルギーとの引換券だと思
    • ※9 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2020.1.8 21:13
    金本位制から変わってまだ数十年だがこのままうまく回っていくのかな?
    • ※10 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2020.1.8 23:55
    次は、仮想通貨の価値が何に保証されているか。
    あるいは、未来は仮想通貨に収斂するか。
      • ※12 : ドクター・ノオ・ネーム
      • 2020.1.10 16:46
      >※10
      今の市場原理に任せるだけど仮想通貨だったら無理でしょ。
      やってることは物々交換であって、その受け渡しの時間的差異を埋めるためのものなんだから、昨日の100円と今日の100円の価値が大幅に違ったら実用に耐えない。

      基本的には常に同じ価値になるようにコントロールする組織があって、そのコントロールする力が強いから(強いほど)信用されるわけだから。
    • ※11 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2020.1.9 23:21
    一番有力な説は、発行主体である国がその通貨で徴税すると決めているから価値があるとされている。つまり、国そのものの信用(徴税力や生産性、安定性)がない場合はその国の通貨は不安定且つ価値が低くなる。
    • ※13 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2020.1.11 1:42
    バシャールのいるエササニにはお金はない
    それぞれの才能を活かした労働を交換しあう社会だ
    まあ、フリーエネルギーがあって、ものを食べなくても生きられる惑星だから成り立つのだろうな
    • ※14 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2020.1.13 15:33
    そういう風に約束をしたからだ
    だから約束を守らない国の通貨は価値が無いだろ?
    • ※15 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2020.1.19 16:07
    大学の講義では金は価値があるのではなくて価値そのものだと習った
    • ※16 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2020.3.21 3:43
    お金は経済の圧力
    お金はウロボロス
    お金に価値があるのはシステムだから
    システムにはシステムが動く理由がある
    システムによってお金で何かが買える。システムの電位が価値。電位であり流転の圧力
    お金が価値その物というより、システムが価値。システムの作用が価値。というより価値(価値観)を媒介としたシステム
    自己完結のウロボロス
    経済は意味
    • ※17 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2020.3.28 9:42
    人間だから、お金を食い物に替えれるから。
  1. トラックバックはまだありません。


コメ欄での議論はおおいにけっこうですが、当サイトではドクター同士の罵り合いは禁止となっております。反論する際には、相手の意見・人格を尊重し、どうぞ冷静に。