人気サイト様 最新記事

博士ちゃんねる ヘッドライン

管理人からのお知らせ

Twitterのフォロワーの方へ:凍結なおったぽいです

レスの強調ウゼェー!というドクターへ

レス内の強調表示をOFFにする コチラをクリックして切り替えてください。設定は30日間Cookieに保存されます。
現在のステータス:強調有効

地球が人類を誕生させた目的 @ [野生生物板]


地球が人類を誕生させた目的  @ [野生生物板]
1: 名無虫さん 2006/01/31(火) 15:32:46 ID:ID:
地球は生命体の存在に否定的である。
地球は、自らの表面に蔓延る生命体を駆除する為に、今までにも幾度か天変地異による大絶滅を引き起こしてきたが、完全駆除には至らなかった。
絶滅を逃れた僅かな生物は数百万年もすると再び大繁栄してしまう。

そこで地球は次の大絶滅の手段として人類を出現させた。

人類は、生態系を破壊し生命の存在できない環境を造り上げた上で、自らも滅ぶ事を使命として生み出された生物なのである。
5: 名無虫さん 2006/01/31(火) 22:55:18 ID:ID:bfTSZ4C1
>>1よ、お前は何も理解していない。
度々起こった大量絶滅こそ人類を生み出すために起こされた刺激にすぎない。
人類だけが唯一自らの意志で地球の重力を脱することができる。
即ち人類とは地球で誕生した生命を他の惑星そしていづれは他の星系へ運ぶ為に生まれたのだ

命という光の運び手である人類こそ聖書におけるルシファーなのだ
8: 1 2006/02/01(水) 01:12:50 ID:ID:
>>5
実はそう思ったりもしたんだけどね、ルシファーの件以外はw
地球外に進出できる生物を生み出す為のプロセスだったのかも、と。
しかしプロセスや試練にしてはちょいと過激すぎやしないかい?
結果的にはそうだったとしても、少なくとも地球は(擬人化し過ぎてるが)
本気で生命体を一掃したかったんじゃないか、なんて考えてみた訳さw
7: 名無虫さん 2006/02/01(水) 00:49:57 ID:ID:
子供の多い板だなあ。
9: 名無虫さん 2006/02/01(水) 09:50:00 ID:ID:
宗教板池
12: 名無虫さん 2006/02/04(土) 17:50:39 ID:ID:5oNqY1Oo
人類が生まれなくとも、他の種が進化して知性を獲得し、いずれは文明を築くことになるでしょう。
相当長い年月が必要だろうが。
23: 名無虫さん 2006/03/01(水) 10:39:06 ID:ID:YtYt1skc
>>12
文明どころか微生物止まりで滅びてゆく可能性の方が高いのではないかと思うんだがどうだろう?
14: 名無虫さん 2006/02/04(土) 22:28:04 ID:ID:
人類も自然から生まれた産物であり自然そのものだという事に気付けよカス
18: 名無虫さん 2006/02/08(水) 21:37:16 ID:ID:
>>14
まあ、そう言うな
それが人類の種としてのアイデンティティーなんだから

自分もその他大勢の一人、なんてのは、気付いたところで素直に認められるもんでもなかろう
15: 名無虫さん 2006/02/05(日) 03:39:59 ID:ID:5SJ6pYdo
一年かかってテラリウムを完成させました。
最後の一分に人類は投入されました。
未だ、急激に増えています。
さて、どうなるのでしょう。

ちなみに人類は川や護岸をコンクリート漬けにするという奇妙な性癖を持っています。
大量の物資を食いつくし、なぜか呼吸によるCO2よりもはるかに大量にCO2を排出するものを高級し好として尊敬しています。
少しは地球の手助けをするという知識を持つ事は可能な生き物ではあるようです。

テラリウムを用意した何者かは、はたして人類を飼い続ける事を選ぶのか、もう一度テラリウムを作り直そうとするのか。
人類は、何を誰に、何にむけてアピールしていかなくてはならないのか....。
34: 名無虫さん 2006/03/02(木) 11:50:14 ID:ID:CSi5shWu
>>15
>ちなみに人類は川や護岸をコンクリート漬けにするという奇妙な性癖を持っています。
大量の物資を食いつくし、なぜか呼吸によるCO2よりもはるかに大量にCO2を排出するものを高級し好として尊敬しています。
少しは地球の手助けをするという知識を持つ事は可能な生き物ではあるようです。
ここだけは同意する。人間は戦争をしたり愚かな事ばかりしてるからな
16: 名無虫さん 2006/02/05(日) 09:38:30 ID:ID:
>>1
お前より頭の良い何人もの人間がいろんな観点から一生を賭けても解りえなかった問題だからお前には無理だよw
19: 名無虫さん 2006/02/08(水) 22:02:56 ID:ID:
>>16
人間自体、他の生物より頭がよいとは思えないな。
17: 名無虫さん 2006/02/07(火) 23:39:11 ID:ID:4Oia34xV
人類とは、地球生物の進化の果てに生まれた、この星の歴史を閉じるためのプロジェクトなのだよ。
20: 名無虫さん 2006/02/27(月) 15:02:38 ID:ID:UDS9m6Zv
我々生物の体は全てがこの星地球から成り立っているのです。
そう、つまり私たちは星の子。星と星は出会い、そして分かれるのです。

的なことをエロゲのキャラが言ってた。
21: 名無虫さん 2006/02/28(火) 02:56:38 ID:ID:kKMNA9t9
地球と人類って、スケール的には人の顔面の上で這いまわってる微生物ぐらいの感じでそ。

微生物がいるのはそこにたまたま環境とエサがあったからで、別に目的とかはないでしょ
24: 名無虫さん 2006/03/01(水) 10:41:22 ID:ID:YtYt1skc
>>21
確かにその通りだと思う。カオダニみたいな存在なんだろう。
30: 名無虫さん 2006/03/01(水) 19:32:51 ID:ID:E0r/0Wqk
遠い遠いご先祖様が地球が出す余分な硫化水素をエネルギー源にしてたし。
31: 名無虫さん 2006/03/02(木) 02:04:24 ID:ID:
人類は今、地球の大気の外に出るまでになって、近い将来、地球の重力をふりきって外宇宙へと旅立つだろうね。
そして何処か遠い星に自らを含めた生態系を根付かせる。そのために生まれたんじゃないだろうか。
言わば、人類は地球が飛ばす種なんだよ。
33: 名無虫さん 2006/03/02(木) 08:17:42 ID:ID:SlU0Fe58
>>31
それの火星版みたいな映画を観に行った覚えがある。
37: 名無虫さん 2006/05/26(金) 10:24:36 ID:ID:/Bd3nFZX
>>31
星虫だな。
39: 名無虫さん 2006/05/27(土) 13:25:50 ID:ID:IHdic2Zi
次の氷河期で人類を含む相当数の種が絶滅するんだろうな
40: 、、 2006/05/29(月) 19:48:33 ID:ID:7kr4lkSw
人類を誕生させた目的は、オレが生まれるためだ。
さらに極論をいえば、オレがSEXするためだ。
41: 名無虫さん 2006/05/29(月) 21:51:46 ID:ID:
現時点ではあながち間違いではないだろう。
44: 名無虫さん 2006/05/31(水) 22:31:23 ID:ID:M35Mew7/
ニッチに進出。
それだけの話さ。
45: 名無虫さん 2006/06/01(木) 09:50:56 ID:ID:
ニッチか…ならば人類が滅んだなら、別な生物が今の人類と同じ位置におさまる訳だな。
46: 名無虫さん 2006/06/01(木) 16:47:50 ID:ID:YYQvf+Gs
滅ばなくても人間の上にくるニッチがありえないわけじゃない。
49: 名無虫さん 2006/06/01(木) 20:35:05 ID:ID:
>>46
下手すりゃ数億年先の話になりそうな気はするが、有り得ない話じゃないな
管理人より:人類の代替とはなんなのか。
47: 名無虫さん 2006/06/01(木) 18:23:40 ID:ID:
余程人間が衰退しなくては人間に成り代わる生物がいるとは思えない。
武器込みの人間の戦力は他の動物とは桁違いだからな。
最強野生動物と完全武装軍人の力の差はナメクジと象以上。
84: 名無虫さん 2007/03/27(火) 22:54:36 ID:ID:fHjGramD
>>47
そんな人間様の生活環境に乗り込んで、人間様に迫害されながらも繁殖しているゴキブリはどうなんだよ
いくら人間が武器を使ったってゴキブリを絶滅させることはできないでしょう
トラみたいなヘチョイ生き物なら一年も立たずに絶滅させることはできるでしょうけど
85: 野次郎 2007/03/27(火) 23:43:26 ID:ID:
>>84
お前は若いのでわからないんだろうがゴキブリやトラなどの生物を見比べるのは問題外だ。
人間の若い男から見て一番恐ろしい上に手ごわい物は男性型脱毛症なんだぞ
お前も将来その意味がわかる時がきっと来るであろう。
88: 名無虫さん 2007/03/28(水) 09:07:03 ID:ID:cY8aejk/
>>85
禿同
48: 名無虫さん 2006/06/01(木) 19:10:05 ID:ID:
今の人類にニッチという考え方が当てはまるのか疑問…
原人みたいな生活をしてた時代なら当てはまったろうけど…
52: ゆん 2006/06/02(金) 13:19:44 ID:ID:HOlHXGI1
ニッチって何?

人類は地球の自爆装置。
自分が耐えられない姿になった時、人類によって人類もろとも自滅するため。
永遠を望んでいるわけではないから。
今思いついた独り言デス。
管理人より:「ニッチ」とは、元は階段のワキなどにマリア様の像を飾ったりするための小さなくぼみのこと。ここから「ニッチに適応する」とは、生物が特殊環境で生き残る進化を遂げることを指すように。
56: 名無虫さん 2006/06/02(金) 18:08:18 ID:ID:vI3UNG8Y
そもそも殆どが鉱石の塊の地球に意思などあるのか?
しかし、化学物質の塊の人間に意思があるのだから地球にあっても不思議ではあるまい。
そうすると宇宙にあっても不思議ではない。

これが神と言う事なのか?
58: 名無虫さん 2006/06/02(金) 20:12:17 ID:ID:
>>56
神は信じる人の脳内だけに存在するのさ。
地球の意思ってのがもしあったとしても、人が脳ミソ使って考えるのと同じとは限らないし。
59: ゆん 2006/06/02(金) 23:13:46 ID:ID:VBJeFIyz
>>56
地球に意思があったら、って前提なんでしょ?ここ。
ゆんゆんは、人間の意志すら定かでない派だなー。
60: 名無虫さん 2006/06/02(金) 23:39:48 ID:ID:
人間は熱をエネルギーに変えて運動し、神経の接触で発生する電気信号の集積で思考する。

地球も鉱石の塊というよりは殆どが燃える熱量の塊で、その膨大なエネルギーで絶えず変化しているから、その変化の集積としてひとつの思考形態というものが存在しているかもしれない。
もちろんあったとしても人間のそれとは別物だろうけど。

というより人間も地球の神経パルスの一部と考えた方が早いか。
61: ゆん 2006/06/03(土) 00:02:38 ID:ID:p0r+hr9A
>>60
一人の人間に1000億のニューロンがあって、その一つ一つが、また数千万ものニューロンと情報交換する。
その際の天文学的な数字の化学反応の集積で、意識がうまれるというやつですか?

うーーん…

人間も地球の神経パルスの一部、って考え方には惹かれる。面白い。
管理人より:「人間は熱をエネルギーに変えて運動し」ているわけではありません。呼吸により筋肉を収縮させるためのエネルギーを得て、筋肉を動かした結果(など)から、熱を発生させています。念のために!
62: 名無虫さん 2006/06/03(土) 08:55:00 ID:ID:
SFの話でアレだけど、広大な範囲の地下に、網の目の様に細かく張り巡らされた水脈が、コンピューターの様に機能してるって話があった。
昆崙遊撃隊だったかな。
63: 名無虫さん 2006/06/03(土) 22:36:57 ID:ID:
集合無意識っつー考え方なら、心理学にもあるなあ
集団~だったか?

人間はそれぞれの頭とは別に、全員で一つの巨大な“脳”を持っている
国とか政府とかの話じゃなく
人類の種としての動きはこれによって決められる、とかなんとか
64: ゆんゆん 2006/06/04(日) 15:25:41 ID:ID:
へ~、おもしろそう。
人類共通のもの(遺伝子?)によって人類の道は予め決まっているとか、かなぁ。
管理人より:心理学における「集合的無意識」とは、人類が共通して持つ先天的かつ普遍的な無意識の領域。夢に象徴されるシンボルなどが、民族を超越して共通していることから、ユングが提唱した概念です。
65: KAI 2006/06/08(木) 00:27:58 ID:ID:yMgptQYp
他の生物にできなくて、人間だけに可能なものと言ったら、地球外に脱出できることかな。
遺伝子の自己保存の原則をみると、いつかは消滅の運命にある地球にいるよりは、地球外に脱出したほうが望みはあるのではないか…
海から陸上に進出したように、地球外にも遺伝子は進出していくのではないか…

そんな学説を出している人はいるのかな?
68: ゆん 2006/06/08(木) 21:27:29 ID:ID:PdUg7b3c
ぼいんって・・
お酒の宣伝のカッパ思い出します。
変な事書いてごめん。

>>65の説、おもしろいね。
太古、魚に足が生えたように
人にも何か生えないかなー。羽とか。
69: 名無虫さん 2006/06/08(木) 22:28:06 ID:ID:
魚は足が生えたんじゃなくて鰭が足に変化したんだな。
前2枚・後ろ2枚の鰭を足に変化させた魚の子孫だから、我々もそのスタイルを継承して前足2本・後ろ足2本なんだな。

夢が無い話ですまんけど、手か足を羽根に変化させる以外の方法、例えば背中に新たに羽根を生やすとかは、無理という事なんだな。
77: 名無虫さん 2006/08/23(水) 06:57:36 ID:ID:VZWYE+JQ
問題は霊長目以外から知性を持った生物が誕生するかだ。
恐竜人間とスクイボンはそのことを問いかけている。
80: 名無虫さん 2007/03/26(月) 11:32:01 ID:ID:
動物と人間が共存していくのはたやすいことではないが、互いに地球に依存しあう点について、動物は人間のおかげで保ってるところ救われてるところもあると思うんだよ

獣医や人間社会に住む動物飼われる動物主にペットの類は大事にされてるし、中には人間にひどい目に会わされる動物もいるが、それで動物自身は保護されてけど、本当は野生に近い姿が本当の世界なんじゃないかなと思うんだよ。
人間が足を踏み込む域じゃないところもある
それが自然の本来の姿なんじゃないかと思うよ

勝手に人間が作り変えてる部分もある
地球全体は悲鳴を上げてるんだよ
戦争や森林伐採や核兵器をされて痛いって叫んでるんだよ
これだけひどいことされてあなたには声が聞こえないんだよ

地球がしゃべるわけねーだろ
耳を傾けてみればそういう現状がわかる
それは人類全体が目をそらし続けた現状であり人間がちまちまやっていくと、またたくまにというのが私の意見なんですがどうですか


ふと日常で感じていることや疑問に思うことを書いてみました
やっぱりこれから関わっていくに従ってもっと地球環境のこととか考えるべきだと思うんだよ
正しいことも一人じゃわかんないけどさ
例えば車が多すぎるしそれが地球を壊している原因だと思うんだよ
それは私たちが知らず知らずのうちにしてきたことかもね

私のいってることわかる?
このことについては賛否両論だがね
人間のせいでいろいろ絶滅しかけていった生物だっていたと思うんだよこんなこと2ちゃんでいってもしょうがないが同意を求める
83: 名無虫さん 2007/03/26(月) 22:19:03 ID:ID:
>>80
スーパープルームをどう思う?
当時の生物の大多数を絶滅に追いやったと言われている
地球自身が引き起こした地球規模の大災害を。

進化を促す愛の鞭にしては余りに過激だ。
もし地球に意志があるのなら、むしろ滅ぼしたいとすら思ってるんじゃないか?
スーパープルームの分布図
管理人より:「スーパープルーム」とは、正確には「Large low-shear-velocity provinces(LLSVPs)」と呼ぶそうですが、地球のコア付近にある、巨大なマントルの活動源。これの大規模上昇による、火山大量発生・気候激変が、恐竜その他を絶滅させたのではないか、という説「も」あります。
82: 名無虫さん 2007/03/26(月) 11:59:45 ID:ID:
地球の生態系にダメージを与えていることには間違いないが、それが狂わせたことそれにゴミが地球外にも飛んでるんだって
地球の周りをゴミが回ってるなんて想像しただけでやだね
それは私たちがしてしまったこと
地球が自転している引力に引きつけられて
90: 注.夢・独り言板向き内容w 2007/05/30(水) 14:34:26 ID:ID:
最近漠然と思う。
賽の河原の話は、人生や文明、生物の進化の歴史そのものなんじゃないか、と。

長い時間をかけて作り上げてきたものが、何かに蹴散らされ、また一からやり直して作り上げたものが、またも蹴散らされる。ひたすらこれの繰り返し。

人生なら命ある限り、文明なら人がいる限り、進化なら生命が存在する限り。
やり直す度に発展の多少はあれど、完成をみる事は無い。
そして最終的に辿り着く先は『無』である事は確定している。
死であり絶滅であり、しかし『無』こそが地蔵菩薩の救いにあたるのかも知れない。
延々石を積むかのごとき行為から解放されるのだから。
78: 名無虫さん 2006/08/23(水) 11:49:50 ID:ID:
地球の意思なんか関係なく勝手に人間が生まれちまって、馬鹿なことして地球に迷惑かけてるような気しかしないんだが
79: 名無虫さん 2006/08/26(土) 23:57:29 ID:ID:
別に地球は迷惑受けてないと思うがね
迷惑受けてるのは人間含めた生物だけで、それも子孫繁栄の妨害っつー一件だけだし

管理人は知り合いがこういうこと言い始めたら、疲れてるのかなぁ?と思うところですねw
古来より不思議な恒常性を発揮してきた地球。ひょっとして巨大な生物なのではないか…というわけで「ガイア理論」という仮説がありますが、そういう感じのスレ。 こないだやった「宇宙も生命ではないのか」みたいなアレもそうだけど、戦後からある古い考え方なので、別に真新しくもなんともないのですね。

A) 自己を複製できること
B) エネルギー代謝を行っていること
C) 細胞構造ないしはそれに類する構造を持つこと
こちらの巻末に一般的な「生命」の定義について書いておきましたので、参考にしてください。地球さんは残念ながら自己複製ができません。
ただし、万人が納得する生命の定義というのはいまだないし、定義のほうをいじればこんなものはいくらでも拡大解釈できる、というものです。
拡大解釈を続けていけば、定義自体が意味のないものになるから、管理人はスレのような考え方は実は好きでないし、ぜんぜん科学的でもないと思う。

だから、こういう考え方が意味を持つとしたら、おもにイデオロギーの方面ではないでしょうかね。
地球さんが苦しんでるんだから環境をちょっぴり大事にしようよ!…という方向は、まぁそこまで無意味だとは言えないでしょう。
影響は微々たるものかもしれませんが、少なくとも自己満足には浸れます。やったぜ。

そんな地球さんを苦しめている我々人類は、際限なく増え続け、さながらガン細胞でしょうか。
ガン細胞がみずから「我々は増えすぎた。滅びるべきではないのか?」みたいなことを話し合ってるとすれば、なかなか興味深く、将来ガンになっても仲良くやってけそうな気はします。ちょっとだけね。

地球環境問題がよくわかる本
おすすめ度: 5 (2件のレビュー)
ランキング: Kindleストア 有料タイトル - 76,206位 (売れ筋を見る)



人気サイト様 最新記事

博士ちゃんねる ヘッドライン

    • ※1 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2020.1.18 23:23
    環境保護や地球にやさしくしようとかをよく耳するが
    それって地球を守りたいんじゃなくて、人類の生存可能な環境を守りたいの間違いだろう
    人類の生存可能な環境を侵された時に、地球が怒っているだとかの表現は間違いだ
    地球は人類なんかどうでもいいし、生物だってどうでもいいと思っているはず
    何故なら地球にとって命こそが元々のイレギュラーな存在なのだから

    だから人類は地球のガン細胞なんかではなく、人類は人類にとってのガン細胞なんだよ
    人類は自分以外の存在である地球を、環境破壊して攻撃している思いこんでいるが
    実は人類自身を直接攻撃しているのに過ぎないんだよ
    だから人類はいつまでもおこがましく、自分たちの種が繁栄し続けられるように
    適切に生き続けるべきだ
    • ※2 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2020.1.19 1:42
    地球はただの岩だ
    SFのような星の意思など存在しない
    • ※3 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2020.1.19 3:07
    人は何かを望んで自らの体にガン細胞を生み出してるのか?それと同じだろ。ヒトなんて地球にとっては、自らの活動の中でたまたま生まれてきた副産物的存在だろ。
    • ※4 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2020.1.19 4:10
    わたしはこの家に生まれてこの家で育ったが
    この家がわたしを産んで育てたわけではない
    • ※5 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2020.1.19 8:24
    むしろ地球上のすべての生命活動が環境破壊みたいなものだろう
    つるつるのところに勝手に植物もさもさ生やしてどういうことよ
    • ※6 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2020.1.19 11:49
    管理人さんのまとめにある、「地球は自己複製しないから生物ではない」定義ですけど、惑星単体での自己増殖ってのはほとんど例ががないですけど、星系全体とかの天文単位と人類が使用することのない膨大な時間をかければ、宇宙ってのは創造と破壊を繰り返す生態系の一つって言えるかもしれませんがね
    地球上で言えば、たまたま13番目が今の繁栄を享受してるだけで、隙を見せたらそれまでの12が順繰りに襲ってくるし、何より14番目が真後ろに控えているという、久々にエヴァを思い出した
    • ※7 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2020.1.20 2:38
    人間原理でしょ
    観測者が居ないと、宇宙が存在している証明が出来ない
    宇宙は観測者を欲しているんだよ
    • ※8 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2020.1.21 4:10
    地球が自然消滅する頃に移住した人類が保護してあげれば満足なんじゃないですかね
  1. マジレスすると、特に意味はない。
    たまたまこうなっただけ。
    ただ、宇宙はとてつもなくモノがあるので「たまたま」もアホほどある。
    • ※10 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2020.1.21 13:56
    シンギュラリティで有名なカーツワイル氏が提唱する収穫加速の法則によれば、宇宙は誕生以来指数関数的に複雑さを増しているらしい。
    無機物より有機物の方が複雑だし、環形動物より爬虫類の体の方が複雑だし、ラットの脳より人類の脳の方が複雑だし、といった具合に。その果てにあるのが人類よりはるかに複雑な知性を持つ強いAIによるシンギュラリティらしいよ。

    あんまり信じてない説だけど、この説にのっかるなら、人類はスーパーAI誕生の過程として生まれた産物に過ぎないとも言えるw
    カーツワイル氏は、「人類もAIと融合して超知性を得て、今とは比較にならないくらい優れた快楽と文化を追求し続けるから良いんだよ!」と楽観的に見ているようだ。
    • ※11 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2020.1.23 8:10
    うっかり!
  1. トラックバックはまだありません。


コメ欄での議論はおおいにけっこうですが、当サイトではドクター同士の罵り合いは禁止となっております。反論する際には、相手の意見・人格を尊重し、どうぞ冷静に。