人気サイト様 最新記事

博士ちゃんねる ヘッドライン

レスの強調ウゼェー!というドクターへ

レス内の強調表示をOFFにする コチラをクリックして切り替えてください。設定は30日間Cookieに保存されます。
現在のステータス:強調有効

【日本語】ネットで見かけた恥ずかしい間違い @ [言語学板]


【日本語】ネットで見かけた恥ずかしい間違い @ [言語学板]
70: 名無し象は鼻がウナギだ! 2018/04/26(木) 04:01:14.69 ID:0.net
定着しかけてる誤用の話でふいんき挙げるの禁止
管理人より:前回の予告どおり「女王がスコーンをいただく」以外の話題が後半です。
72: 名無し象は鼻がウナギだ! 2018/05/06(日) 13:14:24.26 ID:0.net
「ふいんき」なんて言い方することないわ
「ふんいき」としか発音したことがない
ひょっとして東日本限定とかの言い損こ間違い?
女王(ジョウオウ)とは言うが
79: 名無し象は鼻がウナギだ! 2018/05/07(月) 16:50:03.55 ID:0.net
東日本の方がふいんきと言いがちなイメージ
86: 名無し象は鼻がウナギだ! 2018/05/09(水) 10:15:41.39 ID:0.net
一応マジレスすると昔2ちゃんねるで流行った「ふいんき(←なぜか変換できない)」っていうネタが由来
定着しかけた誤用とかそういうレベルの話じゃないので注意な

バカのすくつ
フランスに渡米
稀によくある


これ位はここへ来るなら押さえておいた方がいい
87: 名無し象は鼻がウナギだ! 2018/05/09(水) 11:10:15.03 ID:0.net
「ふいんき」は2chスタート時にはすでに日本語の誤用ネタの定番だったぞ
最初に(←なぜか変換できない)を付けた奴が本気かネタかは闇の中だが、「ふいんき」単体が誤用ネタとしてすでに定着していた土台があったから(←なぜか変換できない)がそれを踏まえて面白おかしみを感じられる表現として広まっただけ
91: 名無し象は鼻がウナギだ! 2018/05/09(水) 22:39:31.20 ID:0.net
>>87
そうかぁ?(なぜか変換できない)が付いてないふいんきなんてここ三年ぐらいで急に見るようになった気がするが
93: 名無し象は鼻がウナギだ! 2018/05/09(水) 23:29:13.26 ID:0.net
>>91
20年前に誤用として国語学者やマスコミに度々指摘されてた「ふいんき」が、飽きられてその後あまり指摘されなくなったが、水面下ではどんどん定着が進行して、誤用という意識を持たないネイティブ世代が出てきたんだと思う
そういう世代が(なぜか変換できない)が付かない裸の「ふいんき」を使ってるんだと思う
88: 名無し象は鼻がウナギだ! 2018/05/09(水) 17:43:28.04 ID:0.net
実際に使っている奴がいるからこそのネタだろ
92: 名無し象は鼻がウナギだ! 2018/05/09(水) 22:41:09.40 ID:0.net
>>88>>89>>90
特殊じゃなけりゃネタにならんだろ… 
98: 名無し象は鼻がウナギだ! 2018/05/10(木) 04:19:48.87 ID:0.net
20年前の記録は案外ネットに残らないから、嘘を付いても意外に通るんだぞ
とはいえ、1996年の「ふいんき」の使用実態について、国語学者の記録が残ってた

KOTOBA9610

この方以前に、「ふいんき」を「音転倒」で説明した国語学者がいるのは確実で、それに対する反論というスタンスで文章を書いている
101: 名無し象は鼻がウナギだ! 2018/05/10(木) 08:25:05.08 ID:0.net
随分前に新書を読んでいたら、音転倒の例とかで「ぶんぶくちゃまが」と言ってしまうと書いてあった
文福茶釜なんて古臭いことを言う人はいまどき居ねーよと思いながら読んだ
管理人より:「音転倒」とは「音位転換」とも呼ぶそうですが、「新し(あらたし)」が「あたらしい」に、「山茶花(さんざか)」か「さざんか」なるような、発音しやすいように音素の並び順が変化すること。
「ぶんぶく茶釜」とは、タヌキ(キツネの場合も)が茶釜に化けて、屑屋に恩返しをする民話。
105: 名無し象は鼻がウナギだ! 2018/05/10(木) 16:09:02.04 ID:0.net
昔は、まちがい、と言っていたと思うんだが、近頃は、まちがえ、を多く聞く
106: 名無し象は鼻がウナギだ! 2018/05/10(木) 18:41:40.12 ID:0.net
おかしいよね。その関東弁。
関西では言わんが関東の人は「間違え」と言う
107: 名無し象は鼻がウナギだ! 2018/05/10(木) 20:49:55.41 ID:0.net
関東人が日本語の主権を握っているのだから関東人の言葉遣いこそが正統なのだ
関西人がいくら古い喋り方をしていてもそれは時代遅れでしかない
関東の言葉こそが標準語だということを肝に銘じておけ
108: 名無し象は鼻がウナギだ! 2018/05/10(木) 21:32:07.90 ID:0.net
それでも、今、憲法改正するとして
第一条 間違えはどこにでもある
こうは書けないだろう
第一条 間違いはどこにでもある
こうだな、やはり
109: 名無し象は鼻がウナギだ! 2018/05/10(木) 22:14:10.78 ID:0.net
>>108
そういう守旧派もいつかは一掃される
関東の若者が日本語を変えていくのだ
112: 名無し象は鼻がウナギだ! 2018/05/10(木) 22:46:06.62 ID:0.net
やだよNHKのアナウンサーが無アクセントでダベってるとか地獄かwwwwwwwwwwww
管理人より:一番人口が多いし、ショービズの主な発信地だししょうがないかなぁ…。
113: 名無し象は鼻がウナギだ! 2018/05/10(木) 22:49:35.82 ID:0.net
ネットで福島人の自分たちの言葉への誇りを語るのをみた
我らは先進日本語を駆使して生きている

古い因習であるアクセントによる語の弁別、この後進性を捨て、進化する日本語の到達すべき境地、無アクセントの高みに至るのだと
各地方で微妙に、また大いに異なり、対立するアクセント
もういい加減にそのようなものは捨象しようではないか

遅かれ早かれ無アクセントこそが日本語の到達する最終地点なのだから‥
他所より早くその境地に達した人達の誇りに満ちた言説であった
114: 名無し象は鼻がウナギだ! 2018/05/10(木) 23:14:10.48 ID:0.net
世界最高の言語である韓国語も無アクセントだからな
無アクセントは先進性の証拠だ
115: 名無し象は鼻がウナギだ! 2018/05/11(金) 02:58:51.42 ID:0.net
フランス語も
管理人より:アクセントの平板化というか、関東特有のアクセント位置の違いは、地方ものにはわりと気になる。
128: 名無し象は鼻がウナギだ! 2018/06/11(月) 18:02:50.03 ID:0.net
間違いだらけの笑いの言葉【失笑,苦笑,冷笑,嘲笑】の違い

嘲笑の見下す度合いが弱ってどんなテキストでどう勉強したらそうなるんだよ
心を完全に折ってやるとか、笑いものにして社会的に終わらせてやるレベルのイメージだろw
131: 名無し象は鼻がウナギだ! 2018/06/11(月) 19:19:09.46 ID:0.net
>>128
ここ失笑の意味も何か勘違いしてる
文化庁は呆れて笑うのは失笑じゃないなんて言ってないし、ネガティブな意味を持つのは「失笑」と「買う」または「禁じ得ない」が組合さった時だけなんてルールもない
130: 名無し象は鼻がウナギだ! 2018/06/11(月) 18:46:25.94 ID:0.net
そこまで極端でも使えるし、かなり悪意はある笑い方を指すけどね
132: 名無し象は鼻がウナギだ! 2018/06/11(月) 19:32:06.47 ID:0.net
苦笑も「素直に笑える様な事ではないが、笑って済ませた」という緩叙法的な使い方をするから、見下すような意味が入る場合が無い事もない

言っとくけど修辞としての使い方なんて辞書引いても出て来ないからな…
誤用警察は辞書を完璧に丸暗記しても美しい日本語は使えないって事に気付いた方がいいぞ
133: 名無し象は鼻がウナギだ! 2018/06/11(月) 20:05:06.15 ID:0.net
まあ辞書に嘲笑は軽く見下す意味だなんて書いてないけどね
本当にどういう理由でこんな勘違いしてるんだか
134: 名無し象は鼻がウナギだ! 2018/06/11(月) 20:36:01.59 ID:0.net
そいつがそう思ってんならそうなんだろ
俺も子供の頃「しばしば」を「たまに」って意味だと思ってたし、そういうことはある
137: 名無し象は鼻がウナギだ! 2018/06/12(火) 03:05:48.05 ID:0.net
間違いだらけの笑いの言葉【爆笑,大笑い,哄笑,高笑い】の違い

言葉の救急箱からもう一つ
去年には既に「辞書が間違ってただけ」という情報がかなり出ていた爆笑の話
まあ騙されてたのはこの人だけじゃないんだけど去年後半の時点でこんなまとめ作ってるのは情報が遅い

30代以上の大人はみんな薄々気付いてると思うけど、「爆笑は大勢で笑わないと誤用」って話はネット時代になってからしばらくして急に広まり始めた
昔からみんなそんな使い方してないから普通の人はおかしいと思ってた
「ネットバカ」「情報収集にインターネットなんか使ってる情報弱者」にしか流行ってない話だからね
139: 名無し象は鼻がウナギだ! 2018/06/17(日) 14:03:53.53 ID:0.net
424 名無し象は鼻がウナギだ! 2018/06/16 05:02:14
50ななしのよっしん 2018/06/15(金) 19:13:01 ID: ALTSZz9sGO
もう一度、文化庁の報告をよく読もう
「失笑する」人は笑っているか

「失笑はこらえきれずに笑うという意味だが、笑いも出ない位呆れるという意味と勘違いしている人が多い」

「ではなぜそんな勘違いが生じたか」

「失笑という字は、笑いを失うとも読める」

「失笑を買うなどの形で、あきれて笑う時に使うことが多いので、あきれた時に使う言葉というイメージが出来た」

(あきれた時に失笑を使うのが誤用とは言ってない、むしろ色々な正しい使い方の中でそういう使い方をするケースが多いと言っている)
(失笑を買うという形でないとあきれた話に使えないとは一ミリも言ってない。そう解釈できる部分もない)

「『笑いを失うと読める字』+『あきれた話に使うイメージ』で、誤用の方の意味が出来た」
(あきれた話に使うのが間違いとは言ってない)

「失笑を愚かな言行に対する笑いと受け取って、冷笑や嘲笑のような意味で使う傾向もある」
(説明不足。確かに失笑は愚かな言行に対する笑いという意味ではないが、冷笑や嘲笑のような意味で使っても問題はない)
(こらえきれずに嘲笑してもこらえきれずに冷笑しても失笑なので…)
425 名無し象は鼻がウナギだ! 2018/06/16 05:43:58
http://Xipansion.com/XS8qN
(カスペルスキー先生が怒るのでリンクを一部改変しています)
426 名無し象は鼻がウナギだ! 2018/06/16 07:06:52
そのリンクは5ちゃんねる言語学板への宣戦布告と受け取ってよろしいか
150: 名無し象は鼻がウナギだ! 2018/06/19(火) 04:59:05.53 ID:0.net
>>139
1 :名無し :2018/06/12(火)03:29:14 ID:8K1 ×
ジョジョは正しく使っとったな
ワムウが失笑でしたとカーズに謝っとる
160: 名無し象は鼻がウナギだ! 2018/06/20(水) 13:51:32.69 ID:0.net
>>139
「情けは他人の為ならず」と似たような法則か?

ただし、こっちの場合はちょっと複雑かな。
情けを他人にかければそれが社会に巡り巡って自分もどこかで恩恵を受けることになるのだから、そう思って情けを他人にかけることを惜しむべきでない(損したと考えるべきでない)、というのが原義らしい。
これは政治的にいえば、社会的保険や福祉国家の理念だ。

現代の表現で分かりやすく言い換えれば、「情けは他人の為のみならず」かな?

しかし現代人はこれを教育罰的ないしは自己責任論的に理解する傾向が強い。
福祉国家とはまったく逆の価値観によって解釈している。
他人に情けをかけることはその人が自力その問題を克服する能力や努力や責任を怠らせることにつながるから、他人には冷たくするのが思いやりだという解釈を好む。

日本人がこの諺を福祉国家的な理念から離れて、新自由主義的に解釈するようになったということだ。
日本人のメンタルの変化がそうさせたのかもしれない。
161: 名無し象は鼻がウナギだ! 2018/06/20(水) 14:16:05.22 ID:0.net
>>160
単なる漢字の誤読
430 名無し象は鼻がウナギだ! 2018/06/16 19:37:48
「失う」をやらかす的な意味で使う事は現在ではほとんどないけど、結局色々な熟語にその意味で入ってるから
「失笑=ついうっかり笑う事」と丸暗記するより、「失で笑だから"やらかしわらい"かなあ」みたいな考え方が出来た方が圧倒的に有利なんだよな
445 名無し象は鼻がウナギだ! 2018/06/18 18:45:26
>>430
>「失笑=ついうっかり笑う事」と丸暗記するより、「失で笑だから"やらかしわらい"かなあ」みたいな考え方が出来た方が圧倒的に有利なんだよな

というか、偏差値50以上の世界ではその状態を「漢字が読める」と呼ぶんだが…
何の為に義務教育で古文や漢文読んでると思っているんだ?
447 名無し象は鼻がウナギだ! 2018/06/18 19:27:30
430だけど高校時代全国模試で偏差値48だか46だかだったんだがwww出来ない奴相当下の方だろww
448 名無し象は鼻がウナギだ! 2018/06/18 20:59:31
まあ義務教育にも入ってるからというのも煽りでも何でもなく現実だし、そこまで要求レベルは高くない範囲の話だよね
142: 名無し象は鼻がウナギだ! 2018/06/17(日) 21:18:23.88 ID:O.net
違う > 違い
違える > 違え

間違う > 間違い
間違える > 間違え

違う > 違くって
違える > 違って
143: 名無し象は鼻がウナギだ! 2018/06/17(日) 21:29:18.77 ID:0.net
ほんと関東人はチガクテって言う人が多いな
文語では流石に使われないけど口語だと相当上のレジスターまで侵食してるわ
145: 名無し象は鼻がウナギだ! 2018/06/18(月) 06:12:37.98 ID:0.net
~みたく も多い
148: 名無し象は鼻がウナギだ! 2018/06/18(月) 10:06:53.25 ID:0.net
どれも何処かの方言が若者言葉や話し言葉として一般化したものっぽいが、そういうのはよっぽど硬めの記事かビジネス文書、公文書に使わない限り間違った日本語にはカウントされない

軽めの記事や会話文で出てきても突っ込むんじゃないぞ
それは日本語が下手な人のする事だ
152: 名無し象は鼻がウナギだ! 2018/06/19(火) 07:04:28.69 ID:0.net
>>148
スレの趣旨からすればそこの線引きは重要だね
153: 名無し象は鼻がウナギだ! 2018/06/19(火) 21:12:08.88 ID:0.net
まあ首都圏方言みたいなもんだよね

ただくだけた会話でも漫画とかで使うのはやめてほしいな
関東育ちの人間には違和感がないのかもしらんが、使わん人間からすると違和感が凄い
155: 名無し象は鼻がウナギだ! 2018/06/19(火) 22:17:00.15 ID:0.net
「~するかもだ」、「~しなきゃだ」
この辺も漫画には多いな
首都圏の人間が本当にこういう話し方をしてるのかは不明
159: 名無し象は鼻がウナギだ! 2018/06/20(水) 10:23:14.87 ID:0.net
>>155
実際これは口にだして使ってる人は見かけないな
漫画のセリフというか、メールやSNS向けの入力簡素化みたいな印象で見てるんだけど
157: 名無し象は鼻がウナギだ! 2018/06/20(水) 05:34:14.36 ID:0.net
その辺はセリフの文字数減らしだから
管理人より:元は字幕翻訳家の戸田奈津子が多用する表現だからだと思いますけどね。「~せにゃ」とか「~かもだ」みたいな表現を映画っぽくネタで使ってるうちに浸透してしまったとかね。
168: 名無し象は鼻がウナギだ! 2018/06/20(水) 18:01:08.26 ID:0.net
ビジネスマナーと言えばここ五年くらい、ネット上で「上司への返答に了解は使わない」ってマナーがものすごく出回ったんだけど、紙の本を現在から二十年分くらい調査したら、今も昔も日本にそんなマナーはなかったって騒動もあったね
169: 名無し象は鼻がウナギだ! 2018/06/20(水) 18:52:56.07 ID:0.net
>>168
承りました

合点でございます
かな。
そもそも了解なんて言葉は使わないなあ。
171: 名無し象は鼻がウナギだ! 2018/06/20(水) 20:50:56.10 ID:0.net
>>169
前者は受注や取り次ぎの時に使う言葉で仕事仲間や上司に使う事はまずない
下は…えーギャグですか?
お前業種だけでも教えてくれ…その2つをよく使う職業が思いつかないわ…


>>170
いや、解説しなくてもそういう意味にしか見えないし、だから反語ってセリフが出てきたんだと思うがw
173: 名無し象は鼻がウナギだ! 2018/06/20(水) 23:53:52.40 ID:0.net
>>169
合点でございますって昔の人は言ってたの?
なんかギャグみたいだな
170: 名無し象は鼻がウナギだ! 2018/06/20(水) 19:10:18.14 ID:0.net
「情けは他人の為ならず」の原義も「情けは他人の為じゃない」ということを言っているんだよ。
そういう意味ではこの言葉を否定文として解釈するのは間違いではない。
172: 名無し象は鼻がウナギだ! 2018/06/20(水) 21:29:08.54 ID:0.net
情けは他人の為じゃない→自分の為でもある
というのは反語法(反対の事をあえて言う)というより緩徐法(遠回しに表現する)かな?と
でも「情けは他人の為ならず=情けは他人の為じゃない」という意味なのは正しく使ってる人も誤用してる人も、みんな分かってるので言わなくていいですね
174: 名無し象は鼻がウナギだ! 2018/06/21(木) 00:52:25.40 ID:0.net
ネットで人に物を教えようというサイトを見て回れば、恥ずかしい間違いが発見できる訳か
175: 名無し象は鼻がウナギだ! 2018/06/21(木) 01:16:15.21 ID:0.net
そんなもん見つけてどうするの?
あざ笑うの?
この板にお似合いだな
179: 名無し象は鼻がウナギだ! 2018/06/21(木) 08:14:44.70 ID:0.net
「半端ない」はどういう意味ですか?
正しい日本語なの?
180: 名無し象は鼻がウナギだ! 2018/06/21(木) 11:45:20.87 ID:0.net
半端ない大迫?かなんかああいうの流行らせようとる風潮痛いな
183: 名無し象は鼻がウナギだ! 2018/06/21(木) 12:17:41.08 ID:0.net
「半端ない」「パネェ」は古いよね
184: 名無し象は鼻がウナギだ! 2018/06/21(木) 12:20:24.71 ID:0.net
昔っからある俗語
正しいだの正しくないだの言うほうが馬鹿で愚かで屑
185: 名無し象は鼻がウナギだ! 2018/06/21(木) 12:30:07.72 ID:0.net
もう少し厳しい事を言えば、「半端なものではない」「中途半端ではない」という正規表現の軽い省略にすぎないから、初めて見た瞬間に意味が分からないとしたらかなり読解力に問題がある。
187: 名無し象は鼻がウナギだ! 2018/06/21(木) 13:00:24.16 ID:0.net
>>185
その理屈が正しいなら、「私はウナギ」も「私はウナギを注文します」という正規文のありふれた省略形であって、それを不思議がっていちいち取り上げた言語学者の見識の低さが問われるなw
191: 名無し象は鼻がウナギだ! 2018/06/21(木) 15:05:37.11 ID:0.net
「私はウナギ」の「私は」は主語というより主題の役割をしてる。
意味としては、「私に関して言えば、(それは)ウナギだ。」だな。
ただの省略と一緒にしてもらったら困るわ。
192: 名無し象は鼻がウナギだ! 2018/06/21(木) 15:18:43.31 ID:0.net
主題はうなぎ
どっちにしても「料理の注文を取っている」という既出の了解がある時点で料理名以外は付属的な情報に過ぎなくなっている
結果、「私は」も省略可能
196: 名無し象は鼻がウナギだ! 2018/06/21(木) 17:57:41.86 ID:0.net
「象は鼻が長い」
「私は注文するものがウナギだ」

「象の鼻は長い」
「私の注文するものはウナギだ」

(鼻について)「象は長い」
(注文について)「私はウナギ」

「象は鼻が長い」の主題は「象」であってるよな?
それと文型がそっくりだとおもうんだが。
「私はうなぎ」の主題がなぜウナギになるのか、誰か教えてくれんか?
198: 名無し象は鼻がウナギだ! 2018/06/21(木) 18:29:38.59 ID:0.net
まあ「注文するもの」の方が主題とも言えるかもしれないが、文全体で見たら「私」も主題っぽいと思うんだよな。
そう考えたら、「私は注文するものはウナギだ」と言った方が意味が近い気がする。まあ文としておかしいが。
主題が二重についてる感じだな。

「ウナギ」が主題って理屈は全く分からない。
別の「主題」の話か?
199: 名無し象は鼻がウナギだ! 2018/06/21(木) 18:48:59.65 ID:0.net
「私は」は助詞「は」の限定の用法(主題化の一種と考える説もあるが、区別する場合が多い)
注文者が自分一人の場合、あるいは注文者が複数でも全員うなぎの場合、「私は」をつける意味が無いのを考えれば分かる

「私は、うなぎだ」の文中に個別の主題はない。文脈が要求する主題は注文の内容=うなぎ
201: 名無し象は鼻がウナギだ! 2018/06/21(木) 19:03:19.19 ID:0.net
>>199
話戻すが、「象は鼻が長い」とか、(鼻について)「象は長い」の主題はどうなるんだ?

その理論だと「長い」になるのか?
202: 名無し象は鼻がウナギだ! 2018/06/21(木) 19:08:19.44 ID:0.net
「ご注文は何になさいますか」
「ウナギにします」

「ご注文は」という主題がすでに提示されているのでそれは繰り返さず、「ウナギにします」とだけ言うのが日本語では自然だ。

「ご注文は何になさいますか」
「私はラーメンにします」
「私はうどん」
「俺はソーメン」

この場合、「ご注文は」という主題が提示されているのでそれは繰り返されないが、回答者が複数いるので「誰が」という情報も同時に付加されている。
「は」になっているのは主題というよりは対比か?
205: 名無し象は鼻がウナギだ! 2018/06/21(木) 20:20:14.19 ID:0.net
>>202
これが正解
レスポンスの文なのに、象の鼻云々するのは的外れ
206: 名無し象は鼻がウナギだ! 2018/06/21(木) 20:24:42.71 ID:0.net
最近マスゴミで「母国」を頻繁に聞くが、昔は「母国」を使ってなかったよ。
普通に「祖国」だろ。
211: 名無し象は鼻がウナギだ! 2018/06/22(金) 08:58:29.49 ID:0.net
>>206
自分の中では

母国:自分自身の出身国か育った国でかつまだその国に籍がある。
祖国:自分自身の出身国か育った国だが、もうその国に籍はないか、自分の親や祖父母の出身か育った国。

祖国と言った場合には、もうその国を棄てて国籍を変えてしまった印象がある。
あるいは、自分の親や祖父母がその国の出身だというような…
207: 名無し象は鼻がウナギだ! 2018/06/21(木) 20:26:50.18 ID:0.net
ソ連っぽい

↑こちらの続き。今回は「女王がスコーンをいただく」以外の話題。
とはいえ、ちょっと気になることがあって、前回このスレまとめたときに、スレでも大半がそうだったし、コメ欄でもけっこういたんですが、「いただく」が丁寧語だとする意見がかなり多かったということですよ。
なんで丁寧語になるんですか?食べるときに「いただきます」というのは、どう考えても一人称の謙譲表現でしょ?

管理人いろいろ調べてみたけど、「いただく」が丁寧語だとする正当な論拠は見つからなかったですね。しかし、VIP・なんJならまだしも言語学板ですから、謙譲語ではなくなった理由とかあるのかな。
調べ方が悪いのかもしれないし、現在の学校教育がすでにそうなってるのかもしれないし、謙譲語と丁寧語はもうそこまで弁別するものではない(学校で教えてない)のかもしれないし、そもそも「丁寧語」がなにを指すのかを誤解してる可能性もある。
いずれにしても、理由をご存知の方がいらしたら、文科省の国語白書でもいいのでゼヒ教えてください。すごく気になる!

* * *

とゆわけで、後半は、だいぶん削りましたが「失笑をかう」または「失笑を禁じえない」の話が一番多かったです。
漢字の「失」という字には、「失う」に加えて「過ち」という意味もあるのだ、っていうことらしく、この場合は後者の例ぽい。まぁ失禁とか失言とかありますしね。
管理人はネット以外で、この「失笑をかう」みたいな表現はあまり目にしたことない気がする。自分でも使わないですね。
よくネットで使われる文脈における「ちょっと偉ぶった表現で相手を小馬鹿にしてあざ笑う」という意味あいは、やっぱりレスバトルのたまものでありましょうが、それが誤用なだけに、こうして文字にするとかなりカッコ悪く、マウント取りたいときは気をつけましょう。

関東地方の口語表現をマンガとかで使わないでほしい、というのは地方ものの管理人は気持ちはよくわかる。
こないだAmaプラで「無限の住人」のアニメやってたんで見たんですが、主人公の「万次(まんじ)」さんのアクセントが「LHH」なわけですよ。でもこれ管理人の中では「HLL」なんで違和感すごくて、もっと言えば気持ち悪くて、1話の途中で見るのやめてしまいました。
この関東アクセントだけはなかなか慣れないですね。そのうち慣れるのかなぁ。

途中で出てる「わたしはウナギ」の話はおもしろかったですね。
「主題」というワードが出てますが、これは言語学の正しいテクニカルタームなんですかね?「主格」とかじゃなくて?
管理人は「主題」って言われると音楽の「主題(5小節くらいからなるその曲の核となるメロディ)」のほうを思い浮かべてしまう。
「正規表現」っていう言い方も、管理人はプログラミングの文字列マッチングで使う「正規表現(Regular expression)」を連想してしまうので、できればやめてほしいw

それはそれとして、「わたしはウナギだ」を英語風のSVO式に書けば「わたしは/(注文する)/ウナギ(を)/だ」ということなわけでしょ?「主題」っていうのがなにを言ってるのかわかりませんが、「注文する」という部分が省略されてるだけで、「I am an eal.」と言ってるわけじゃないから、主語はあくまでも「わたし」で動詞が「注文する」、目的語が「ウナギ」だと思うけど。
「象は長い鼻を持つ」ということなら主語は「象」ですが、「象(の鼻)は長い」という表現だと主語は省略されてる「鼻」。ウナギの例とは、やはり省略されてる品詞が違う。

そういう意味では、英語はほぼ必ず主語があるからわかりやすい。
主語がつけようもないものだって無理やり主語をつけるから、「雨が降る」という表現では、日本語だと主語は「雨」なんでしょうが、英語の場合は「雨が降る」自体がひとつの動詞であり、主語のはずの天気(空模様)の部分はわかりきってるから「it」で省略されてしまう。(だから一般的には「Rain pours」とはならず「It rains」になる)

こうしてみると日本語っていうのは、あれやこれやを省略するからわけがわからないですね。
まーだからこそおもしろい、ということかもしれませんが。

日本文学ふいんき語り
おすすめ度: 3 (4件のレビュー)
ランキング: 本 - 972,273位 (売れ筋を見る)



人気サイト様 最新記事

博士ちゃんねる ヘッドライン

    • ※1 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2020.1.26 1:05
    「女王がスコーンをいただく」の件、「いただく」を丁寧語としている人たちは、
    丁寧語という言葉を学校で習うような敬語システムの一部としてではなく
    ちょっと改まった、丁寧な表現くらいの意味で使っている(もしくは勘違いしている?)ように見える。

    その上で、「いただく」という謙譲語が他の謙譲語と比べて卑近なもので、
    必ずしも敬語のルールを適用するに及ばない言葉だと感じているということでは。
    私自身、日常的に先輩や上司に「いただく」は使っても「拝見する・拝聴する」はまず使わないし、
    そういう環境では、「いただく」という言葉に「食べる」よりぞんざいではない表現という以上の
    ニュアンスを感じない人もいるかも。
    「死ぬ」に対する「亡くなる」のような位置の言葉として。

    敬語のルールの上では確かにおかしいし、避けた方が無難な表現ではあるが
    フランクな文章では別に気にすることではないと感じる人が出て来るほど
    「いただく」がありふれた言葉になった結果であって、
    「ルール上おかしい」派と「気にするほどではない」派の個人の感性による対立だから
    他人の感覚を知る場としての議論は成り立つけど、決着はつけようがないと思う。


    あと、言語学の用語として「主題(話題)」という語はあるけど
    私自身いまいち理解してないのでスレの議論がその概念に沿ってなされているのかはよく分からないです。
    • >※1
      >「いただく」がありふれた言葉になった結果であって、
      そういうことかもしんないですね。あまり違和感を覚えない(覚えなくなった)というか、ら抜き言葉と似てるかも。

      >言語学の用語として「主題(話題)」という語はある
      メインテーマっていうほどの意味ですかね。なんか言語学的には漠然としてるなぁーと思ってw
      どうもありがとうございます!
    • ※2 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2020.1.26 1:29
    音位転換と言えばアラビア語のイスカンダルもそうだよね
    ギリシャ語のアレクサンドロスがアラビア語になると「アレクス」から「アル・イスカ」に変化した
    • ※4 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2020.1.26 12:12
    虫さんトコトコが最高に好き
    • ※5 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2020.1.26 15:53
    誤用も問題だけど
    助詞の使い方がめちゃくちゃなのが定着しつつあるのが恐い
    ネットから広まって
    マスコミも汚染されてきた
    • ※6 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2020.1.26 17:52
    アラフィフのおっさんだが
    ネットなんか形もなかったガキのころに
    「雰囲気」は「ふいんき」とみんな読んでたから下地は大昔からあったんだろうな
    • ※7 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2020.1.26 17:55
    そういえば
    「新しい」はもともと「あらたしい」だったのが
    いつのころからか「あたらしい」と読まれるようになって
    今じゃ何の疑問もなくみんな「あたらしい」と読んでるな

    普通に考えたら「あらた・しい」なのにな
    • ※8 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2020.1.27 1:05
    アクセントを表すLとかHってどういう発音?を表すのか昔からよく分からない
    無意識なだけかもしれないけど、自分が発音する時に高低を意識していないし聞いても高いか低いか分からない
    それかもしかして俺がLOW,HIGHだと思ってるだけで実は違うのか?
    • ※10 : ※8
    • 2020.1.27 6:05
    >※9
    レスありがとうございます。
    読んでいてわかったような気がしたのが、私は大阪に住んでるのですが書かれてるイントネーション(発音?アクセント?)が自分の発するものと同じかどうか分からなくて記号の使われ方に自信が持てないのではないかということでした。
    過去記事まで紹介してくださりありがとうございました。
    このコメントを書いていても思うのですが、自分にはこのあたりの知識が足りないような気がするので一度調べてみようと思います。
    • ※11 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2020.1.27 11:23
    足らない という奴書く奴に言っておくが
    あれは足りないことを「足らん」という田舎のオヤジの言葉だからね。
    で、そういうとこで育ったガキが上京してきて 足りない というべきところを
    ついつい田舎の口語でいう足らんが脳みそから出てきて 足らない という表現になってしまった。
    微細な間違いだから誰も指摘しなかったんだろう、今や記事書くやつや評論書くやつもこういう書き方する輩が増えたけどいつも思う。田舎者め と。
    • ※12 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2020.1.27 11:36
    しょうもなさすぎて3レスで見れなくなった。
    • ※13 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2020.1.28 0:32
    「主題」と「主格」の話ですがたとえば

    ・私はラーメンを食べる
    ・ラーメンは私が食べる

    この2つの文は「私」と「ラーメン」の関係性は変わりません
    どちらも「私」が主体で「ラーメン」が目的語です
    「が」は直前の体言が主体であることを示しますが「は」は主体以外にも付きます(もちろん主体にも付きます)
    そのため「は」は主格を示すものではないと考えられます
    では「は」にどんな役割があるかというと
    「は」には何を話題にしている文であるかを示す役割があるのではないかという考えがあります
    それが「主題」です

    「注文は何ですか」への回答としての「私はウナギです」の場合は
    縮めずに言った場合「私は注文がウナギです」だと思います
    格をわかりやすくすると
    「私の」 「注文が」 「ウナギです」 ではないでしょうか
    つまり「私」の格は所有格(属格)です
    この文の主格は「注文」であって「私」ではありません
    スレの議論に沿って何が主題かを答えるなら
    主題は「は」が付いている「私」です
    この「私はウナギです」という文は「私」がテーマであり、伝わるはずだから省略されている主格の「注文」が「ウナギ」であるという文です
    私にまつわる注文がウナギなのです

    象の話題でたとえるなら
    「象は長いです」は「象は鼻が長いです」の省略であり
    「象」の格は所有格
    主格は「鼻」
    主題は「象」
    という具合になると思います
    • ※14 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2020.1.29 0:56
    言葉ってのは時代と共に変化していくものだと理解しようなボク。w
    • ※15 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2020.1.29 9:06
    とゆう、は虫唾が走る
    • ※17 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2020.1.30 14:51
    そういうが、そうゆうと書かれていると
    漫画の吹き出しでも読む気なくす
    • ※18 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2020.1.31 1:34
    "私はうなぎ"のような短縮表現が可能な言語って日本語だけらしいですね。さすがハイコンテクスト(=空気を読め)な社会で使われてる言語なだけあるなと妙に納得。

    言語学についてはズブな素人なのですけど、こうした社会的バックグラウンド(ハイコンテクストorローコンテクストな文化性、歴史、気候)とかを加味して文法の分析をしている学説とかあったりするものなのですか?
    こういう側面から日本語と他の言語(違いの大きそうな英語とか、交流が一番長期的で社会的バックグラウンドが大きく違う中国語とか)とも比較してみると面白そうだなと勝手に思ってしまいます。
    • ※19 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2020.2.1 8:04
    >202
    >「ご注文は何になさいますか」
    >「ウナギにします」

    ここ、私にはウサギに読めてしまった。恥ずかしい。
  1. トラックバックはまだありません。


コメ欄での議論はおおいにけっこうですが、当サイトではドクター同士の罵り合いは禁止となっております。反論する際には、相手の意見・人格を尊重し、どうぞ冷静に。