人気サイト様 最新記事

博士ちゃんねる ヘッドライン

管理人からのお知らせ

Twitterのフォロワーの方へ:凍結なおったぽいです

レスの強調ウゼェー!というドクターへ

レス内の強調表示をOFFにする コチラをクリックして切り替えてください。設定は30日間Cookieに保存されます。
現在のステータス:強調有効

何をしようが「いじめ」は無くならんのか? @ [少年犯罪板]


何をしようが「いじめ」は無くならんのか? @ [少年犯罪板]
1: 少年法により名無し 2010/09/24(金) 09:53:32 ID:g3YbMBPA0.net
結局何をしようが「いじめ」「少年犯罪」は、無くならないのか?
2: 少年法により名無し 2010/09/24(金) 11:28:11 ID:kniqCdFDO.net
とりあえず少年法なしまたは保護者が責任取って刑罰受ける
いじめと悪質少年犯罪は即死刑じゃなくてもいい
何も殺すことはないんだ

但し死ぬまでカンボジアで地雷撤去
人の役に立って貰えれば生きててもいいんじゃね
3: 少年法により名無し 2010/09/24(金) 13:32:39 ID:EIsJL+mN0.net
いじめ?なくなるわけないじゃん
いじめ方を教える大人がいる限り
7: 少年法により名無し 2010/09/25(土) 14:57:29 ID:szM8Ndin0.net
今電車からアップしてるんだけど、今の若いやつは社会性とか思いやりがないように思う。
何かの運動会部の帰りのようだけど、座席を集団で占領し、年寄りや赤ちゃんを抱いた女性がいても一向にお構いなし。でかい声で喋ってる...

イジメとかってこういう基本的な教育の欠如が原因かもしれない。
総武線快速、千葉~船橋まで集団で乗っていた君たちのことだよ 今下車
124: 少年法により名無し 2011/01/09(日) 10:33:16 ID:+HQkfGJ40.net
いじめが減らない最大の原因は、>>7みたいな傍観者が多いからだよね。
ここで語っている人の多くも、虐める側の問題を指摘するだけで、自らにできることは何もしてないんじゃないかな。
ある意味滑稽。
8: 少年法により名無し 2010/09/25(土) 15:30:53 ID:vyi0X+TS0.net
>1
いじめは無くならない。なぜなら、楽しいからw
11: 少年法により名無し 2010/09/26(日) 23:26:19 ID:Bq/3/M130.net
単にいじめいじめというだけでなく、どういういじめなら対処が必要で、どういういじめならグレーゾーンかの定義が必要だろう。
軽いいじめも重いいじめも一緒くたに語られて、重いいじめまでが社会は甘くない論で放置されていしまう。
せめて下記程度の区別は必要だろう。
重い順にあげると

1.いじめを通り越して犯罪であるもの(暴行、恐喝、その他)

2.一人のへのいじめがあまりにも長期化するケース。
ワーストケースでいうと小学校4年ぐらいからいじめられて、その状態からぬけだせないまま中学、高校と9年前後いじめられっぱなし。
※完全に被差別階級になってしまい半分人生台無し状態

3.数週間から1年以内で終了するいじめ。

4.いじめる側といじめられる側しょっちゅう入れ替わる程度のいじめ


この内1.と2.に関しては対処が必要であるという認識ぐらいは社会で共有されてもいいと思うんだが、いつも4.ぐらいがいじめの実情であると喧伝されてしまい、そのぐらい耐えろ論で煙に巻かれてしまう。
13: 少年法により名無し 2010/09/27(月) 13:49:40 ID:Jim7w+MFO.net
本人が不快と思っていて、それを分かっても加害者が行為続行することがいじめ
それ以上でも以下でもない
14: 少年法により名無し 2010/09/27(月) 17:28:42 ID:rr4Wov+w0.net
少なくとも、その原因をつくっている限りなくならないと思います。
16: 少年法により名無し 2010/09/27(月) 18:34:37 ID:CEfqANgG0.net
>>14
原因を無くしてもまた過去を掘り下げたり、「いじめが楽しくてしょうがない!」って奴だったら「だから何?」「それがどうしたの?」で終わるだけだろうからいじめが再発すると思います。

>>15の意見は一見煽りに見えるけど、正しい。
たかがそいつが原因無くしたところで誰得だしな。

ていうか無駄にプライドの高い常識人ぶった厨房の溜まり場でこんなスレ立てちゃう真性>>1君は大馬鹿だね。もしかしていじめられっ子だったりしてなw
15: 少年法により名無し 2010/09/27(月) 17:58:49 ID:KSNpGltj0.net
楽しい事は無くならないw
どう法規制してもギャンブルが無くならないのと同じ事。
18: 少年法により名無し 2010/09/27(月) 21:42:29 ID:Jim7w+MFO.net
>>15
人に不快な思いをさせるのが楽しいってどういう精神構造なの?
生い立ち是非聞かせてくれない?
いやマジで
普通に成長した人間は人を傷つけたら自分も不快になるもんなんだよ。
20: 少年法により名無し 2010/09/28(火) 09:37:28 ID:9kUKvTnP0.net
>>18
加虐性ってのは、誰にでもあるから、お前が思い込んでる程特殊な事じゃないよ。
格闘技とか普通に楽しむだろうし、釣りとか、まぁ日本じゃ少ないけど狩りとか、そういう娯楽も存在するよな。
それを人に向けていっかどうかってのは、単純に言えば社会生活を行う上でのモラルとか、感情的な意味で思いやりとか。その辺でバランスを取るよな。

ところが、そのバランスが崩れて「他人に対して、意図的に危害(不快な思い、場合によっては死)を与えようとする時がある。相手が犯罪者とかな。
犯罪者が禁固刑を受けたり、場合によっては死刑になったりする事に、同情する人は少ない。相手が不快だから。

直接的な被害を受けたわけでもないのに。
じゃ、何で苛める奴は苛めて不快にならないのか。単純に、相手が不快だから。

何で不快なのかは、まぁ理由それぞれあるだろ。これが苛められる「原因」だ。
勘違いして欲しくないのは、だから苛めていいという事じゃない。やっぱり苛めは悪い。
ただ、そこには、そうなる「理由」が存在するんだよ。
22: 少年法により名無し 2010/09/28(火) 15:33:45 ID:5aIG46cO0.net
>>18
子供ってのは小動物や自分より弱い者を虐めて喜ぶモンだ。人間の本性だな。
経験や学習によって理性や慈悲を学んでいくもの。
17: 少年法により名無し 2010/09/27(月) 21:38:23 ID:prfFmSCH0.net
(例えば、楽しいと思って)相手にやった事が後に、今度は自分がやられるようになった時にどう思うか
人間というかこの世というか、、は、色んな事が出来るようだけれど、それをやっていて大丈夫なのかを思ってみてはどうでしょうか
25: 少年法により名無し 2010/09/28(火) 21:52:50 ID:b0FoA5/o0.net
一律に「いじめなくすべき」は無理があるのかもしれないが、いじめの程度のひどさを区別もせずに仕方ない論がはびこるのはおかしい。

いじめを通り越した犯罪や極端に長期化するケースに関してはNGであるという認識がもっと声高に叫ばれてもいいと思う。
27: 少年法により名無し 2010/09/30(木) 08:53:45 ID:IfR7e/OY0.net
簡単な話だろ。
苛めている側にとって、苛められている側は「魚」程度の存在だってことだ。
周りや、苛められている当人が否定しようが、全く関係がない。
苛めている側が、どう思っているかなんだから。

そうなれば、あとは釣りや狩りが娯楽であるのと同じ、ただの遊びになる。
「いじめていい」とは、一言も書いてない。
そういう、文盲も苛められる理由になる。
馬鹿なくせに直ぐムキになるようなウゼェ奴は、存在が不快だからな。
29: 少年法により名無し 2010/09/30(木) 20:13:57 ID:nILUgKJZ0.net
あぁそうだ
どこからどの範囲までが「いじめ」なんだろうか?
30: 少年法により名無し 2010/09/30(木) 20:19:51 ID:JX8C25Is0.net
>>29
そういうグレーゾーンは保留して、ひどすぎるケースぐらいはさっさと手がうたれるべきということ。
同一人物への数年にわたるいじめやいじめを通り越した犯罪など。
それすら放置され続けている。
32: 少年法により名無し 2010/10/01(金) 12:20:35 ID:MghUQcaI0.net
原因って、いくつか意見は出たけれど、あくまでこうなんじゃないかああなんじゃないかという憶測だよね。
結果をみれば・自分の身に起きている事をみれば、以前にそれ相応の事を起こしたことが分かる。
加虐性ってのは誰にでもあるからとか子供ってのはこういうもの、人間の本性という意見もみえることから、そもそもの発端はほんの些細な事やその人自身の罪ではないのかもしれないんだね。

でもやった事は起こると。
で、起こったという事でその因果は終わり。


ところが仕返しや復讐といったような名目の、 要するに相手に危害を加えるような事を起こすと、それが新たな原因となりその結果を引き起こすという繰り返しになる。
もしそれが嫌ならこれからの自分の行いを変えるなり、やめればいい。
世界のどこかで、自分のとなりで、、ではこれかも起こる得ると思います。
管理人より:( ゚д゚)???
34: 少年法により名無し 2010/10/01(金) 20:12:47 ID:PLmuy9tq0.net
いじめ。って種類あるよね
精神的ないじめ
肉体的ないじめ
       あんまり変わらないとおもうが…・
       かなりひどく実際にあった
          いじめ を
       教えてくれ
       
48: 少年法により名無し 2010/10/24(日) 13:26:07 ID:nnHEdgw/0.net
他人から嫌われる性格を治せって言ってんだろ。
身体じゃなくて心の問題だよ。
49: 少年法により名無し 2010/10/24(日) 14:57:51 ID:o4i0jped0.net
>>48
だからそれを治せば、今度はいじめる側になるんだろ。
一生屑のまま引き籠らせろってことだよ
52: 少年法により名無し 2010/11/18(木) 02:39:46 ID:uUyT2EPZ0.net
いじめの原因はヤンキーと健常者を同じクラスにするからだろ。
54: 少年法により名無し 2010/11/18(木) 22:46:57 ID:+MLcq/Zh0.net
>>52
> いじめの原因はヤンキーと健常者を同じクラスにするからだろ。
                   ↓
いじめの原因はヤンキーと空気読めない嫌われ者と健常者を同じクラスにするからだろ。
57: 少年法により名無し 2010/11/23(火) 22:51:52 ID:djWEfjOi0.net
かなり減らせる事はできるよ。成果でてる
いじめ防止へ全校生徒が真剣に話し合い、中学校で集会/秦野

 全校一体でいじめ防止活動に取り組んでいる秦野市緑町の市立南中学校(米山和久校長)で8日、全校生徒が参加した「いじめ防止集会」が開かれ、いじめについて生徒が真剣に話し合った。
同校では3年前から活動に取り組んでおり、「いじめを感じる」と答える生徒が激減しているという。

同校体育館で行われた集会では、いじめに関するビデオを鑑賞した後、「あなたがこのクラスにいたら、いじめを止める気持ちは何パーセント」とアンケート。結果をもとに意見交換し、なぜいじめを止めることができないかを考えた。

生徒たちは「助けたいが自分が標的になるのが怖い」「きれい事を言うのは簡単。行動に移せない」「許さない空気をつくることが大事」など正直な気持ちをぶつけ合った。会場から拍手が送られたのが「心優しい人をたくさんつくる」という意見だった。

同校では2007年度に、いじめを「しない、させない、見過ごさない」の3原則を掲げ、08年度は「ころす、うざい、しね、きもい」防止キャンペーンを行った。その結果、生徒への「いじめを感じていますか」という調査で、06年度には55%だった「はい」が、07年度6%、08年度7%、09年度11%となった。

同校では「言葉のキャンペーンで意識を持たせることが狙いだった。いじめを感じる生徒が減ったのは、学校一体となって取り組んだ成果」と話している。
いじめ防止へ全校生徒が真剣に話し合い、中学校で集会/秦野(404)
58: 少年法により名無し 2010/11/23(火) 23:46:00 ID:vEVqeqIS0.net
ん… いじめる奴は、智恵遅れだから特別学級にしないとダメ
かね?
59: 少年法により名無し 2010/11/24(水) 00:00:03 ID:+62tVpvr0.net
>>58
苛められてる奴が居なくなると、苛めは収まるよ。
苛められてた奴は、また別のトコで苛められてるけど。
61: 少年法により名無し 2010/11/24(水) 21:28:21 ID:Pqk10/X/0.net
いじめは有史以来全世界にあるし、人間の本質なので解決不能
あらゆる種類の被迫害者がいじめの対象になってきた
人種、社会的階級、宗教的異端、少数民族、障害者などあらゆる理由で人間は異質な人間を排除しようとする
62: 少年法により名無し 2010/11/25(木) 16:40:26 ID:pfwnxa2k0.net
本能と言っても良いな。
異質な、と言うより劣った、又は邪悪なが近い。
63: 少年法により名無し 2010/11/29(月) 00:16:43 ID:7vtQoEIt0.net
有史以来、完全に根絶された災害の方が少ないくらいだ。
必要なのは減らす努力であって、絶滅させられないのかと絶望したり思考停止して容認しちゃったりすることではない。
65: 少年法により名無し 2010/12/01(水) 08:25:04 ID:yWgL3M26O.net
直接相手に言ってやれば?
「これ以上いじめを続けるなら、夜中に君の家燃やすよ、家族と一緒に…」
って
69: 少年法により名無し 2010/12/05(日) 08:14:41 ID:VWs3Sx6MO.net
価値観や考え方、容姿の違いなどが根幹的な原因なので完全には無くならないでしょう
仮にイジメられっ子だけのクラスを作ったとしてもイジメは起きると思いますよ

SFのような、全員が同じ顔、体型、考え方に統一でもしないかぎり無理でしょう
71: 少年法により名無し 2010/12/11(土) 08:14:08 ID:rl47NytAP.net
>>69
完全に無くすって議論自体が無意味でしょ。
無くすのが無理でも、減らす、抑えるのは可能なんだから
73: 少年法により名無し 2010/12/12(日) 15:59:19 ID:vWf2r/rv0.net
無くさなければならないって思ってる人間が少ないだけだろ
74: 少年法により名無し 2010/12/14(火) 00:46:39 ID:JxqRn2bJ0.net
減らす必要ないと思ってんならそう言えばいいだけのことで、「減らせ」と言ってる奴にむかって「絶滅させるのは無理です」とわざわざ見当違いな反論をする必要はどこにもない。
78: 少年法により名無し 2010/12/17(金) 10:46:00 ID:FOwWOKzO0.net
群馬県桐生市の新里東小6イジメ自殺

上村明子さん(享年12)が貰っていた同級生「ゴメンネ」の手紙。
その手紙は「明子ちゃんへ」で始まり、ハートマークが随所に散りばめられていた。

手紙《お手紙ありがとう。とてもうれしかったよ。最近、遊べなくてゴメンネ! 最近、少しいそがしかったので……。
これから遊べたら遊ぼうね。金曜日、はん(給食)さみしかった?ゴメンネ!!
これからは元気でいてね。明子ちゃんも気を付けてね》

群馬県桐生市の新里東小6年の上村明子さんが、母親の為に編んていたマフラーで、首を吊ったのは10月23日のこと。
給食を1人で食べるなど、「学校でのイジメが原因」と訴える両親に対し、四十九日を迎えても尚、学校側はイジメと自殺との因果関係を認めていない。
同級生には、明子さんをこっそり手紙で励ます優しい子もいた。

「気を付けて」とする文中には、「イジメ」「仲間はずれ」と言ったストレートな表現は出て来ない。
句点がわりのハートマークや怪獣の絵など、少女特有の表現方法で微妙な空気感を漂わせている。

文末には、「お正月、年賀状送れたら送るね。うちの住所いちおう書くね」とあった。

明子さんの担任教諭は病欠が続き、クラスは11月17日からベテラン教諭が受け持っている。
群馬県桐生市の新里東小の岸洋一校長は、「席替えもし、副担任を置き、給食は4、5人のグループで食べている。今は孤立する児童はいない」と話す。

群馬県桐生市は、イジメと自殺との因果関係を調べる為、弁護士や精神科医ら5人で作る第三者委員会を設置し、出来るだけ早く結論を出すと言う。
80: 少年法により名無し 2010/12/21(火) 05:45:46 ID:uYwwndb90.net
いじめ自殺をする子供を批判する人がいますけど、自衛官のいじめ自殺が問題化していることについてはどう思ってるんでしょうか…
いいかたを変えれば、DVもレイプも虐待もいじめなんですから。
それについてはどうおもってるんでしょうか…
82: 少年法により名無し 2010/12/22(水) 03:26:38 ID:YrREFS3X0.net
おいおい、ここどんだけ苛められっ子多いんだよ。
苛めっ子に過剰反応するのやめようぜ。

↓以下マジレス
虐めの原因は能力、肌の色、その他等々の色々な「差」だから根絶はほぼ不可能。
少なくとも俺やお前らが生きてるうちは無理。
83: 少年法により名無し 2010/12/22(水) 12:51:06 ID:hW+YtLFK0.net
人類が3人以上いる内は決して無くならないだろうな
84: 少年法により名無し 2010/12/23(木) 05:14:15 ID:W+tZqLus0.net
減らせるだけ減らそうって話だろ?
86: 少年法により名無し 2010/12/23(木) 20:34:22 ID:6Y/C73Xe0.net
>>84
ミクロマクロ問わず無理じゃね
85: 少年法により名無し 2010/12/23(木) 17:41:30 ID:+4+x79+90.net
悪いことなのは言うまでもないけど、その場の全員が仲良しってのは無理な話かもしんない。
小4-中3までの六年間で、一回も仲間外れや無視などを経験していないのは全体の1割にしか満たないって、みやね屋で言ってたし。

さすがに大学生でイジメはないし自分の周りは知ってる範囲でなら平和だけれど、うちだって誰かを憎んだことくらい何度もあるしな…。
ただイジメとか仲間外れってのは、なくせるだけなくしたいけどさ
88: 少年法により名無し 2010/12/23(木) 23:43:51 ID:i27/0Vxz0.net
別に無理に減らさなくても良いんじゃない?
89: 少年法により名無し 2010/12/24(金) 21:02:31 ID:tR36JtFJ0.net
男子と女子で、自殺率はそんなに変わらないよね
ただ、分かりやすいってか乾いたイジメは男子に多く、陰湿で分かりにくいイジメは女子に多いのかな
90: 1 2010/12/25(土) 00:10:26 ID:QRsJ1Q+n0.net
久しぶりに見たらかなりレス着いてた。
やっぱ…いじめって悪いクジが、当ったようなもんか?
97: 少年法により名無し 2010/12/28(火) 22:40:19 ID:fnZteZLu0.net
いじめは一生なくならない
100: 少年法により名無し 2010/12/29(水) 00:55:05 ID:uYeW93J20.net
どうでもいいとか言ってる奴いじめにあったことないんだろ
一回いじめにあってこい
101: 少年法により名無し 2010/12/29(水) 00:55:07 ID:Aweovvw60.net
程度の差こそあれ、大人の社会でもイジメのような現象はある。
さすがに、明らかに違法な殴る・蹴るなどはないとしても、昼飯に一緒に行かない・飲み会に誘わない、なんてのはよくあること。
仕事上の重要な連絡でさえ、意図的に忘れられてたりすることもある。

所詮、人間なんて神様ではなく不完全な生き物なのだから、性善説に基づくようなイジメや不正のない社会なんてありはしない。
その中でどうやって生きていくかが、生きる知恵であり、生きる力だろ?
103: 少年法により名無し 2010/12/29(水) 10:26:31 ID:rPrvIv1z0.net
社会全体で見ればいじめは構造的に不可避なもの。
ある程度、1カ所に人が集まって何かをしようとするなら強度の差はあれいじめは発生する。社会構造上の欠陥みたいなものだ。
もちろん必然だからと言って(個人の立場として)不可避ではない。
その社会構造の中で、最も弱い立場にならなければ回避できる可能性は高い。

この現状を改善するためには、そもそも組織的な活動を無くしてしまえばいいが、そんなことはコスト的にも効率的にも出来ない。
ならば、弱い立場にある人間に組織的ストレスが集中しないような新しい組織構造、社会構造を生み出すか、支払う必要のあるコストとして受け入れるか、このどちらかだろう。

なお、いじめられる側の責任を問うのは物事の構造を理解していない。「たまたま」自分に組織的ストレスが集中しなかっただけの話だ。
もし、自分にも降りかかるかもしれない事柄として皆が自覚できるなら、それを避けることも出来るはず。
ハインリッヒの法則をもとにしたヒヤリハット運動みたいにね。

いじめられる側の出来ることは、組織的ストレスの集中する場所にならないようにすること、いじめる側の出来ることは組織的ストレスを増やさないようにすること、これらが大事。
104: 少年法により名無し 2010/12/29(水) 10:38:05 ID:rPrvIv1z0.net
>>103
でも、これは社会の構成員がある程度の知識があり、判断力を持つことが前提。
人間的にある程度の成長が望めない子供ではこれは望めない。

ならばどうすべきか。
子供を個人教育にして組織的ストレスのない状態に置くか、ストレスの発露が生じない状況を作り出すか、発生しうるリスクとして受け入れるか、のどれかだろう。

はじめの案は学校を全て個人教育にする、と言うようなものでコスト的にまず不可能。逆に教育の不均衡が生じる。
二つめは、学校施設の管理をより厳重にしようと言うもので大幅な人員増を行う必要があり、費用的に受け入れるか疑問。
最後の案は、いじめは起こりうる、と言う認識のもと対策することになる。

一つの案としては、いじめ保険、みたいなものがある。
いじめが事故のようなものと認識して、いじめによって受けた被害を保険によって補填しようと言うもの。
これによって、いじめが発生しうるリスクであり、教育を学校に押しつけがちな親の注意を喚起することになるし、万が一何かが起こっても救済するために取る選択は増えることになるだろう。

だが多くの人はこの案は受け入れることは出来ないだろう。
何故なら、自分がいじめを生む人間である、と認めたくはないだろうし、いじめが起こりうることが当然な社会に生きているとは認めないだろうから。
実際は労働災害と大差はないのだけれど。
114: 少年法により名無し 2010/12/30(木) 00:43:54 ID:K3Qy7n4H0.net
>>103
でも、結局は「いじめはなくならない」って言ってるんでしょ?
ヒヤリハッとで労災がなくならないのと同じ。
そういう運動で減らせることを否定するつもりはないけどね。

ただ、あなたの言うように、組織としての集団を作らなければイジメは存在しないね。
確かに。全員が他人と関わらず、個として生きて行けばいいんだ。
寂しくて死んじゃうかも知れないけど。
115: 少年法により名無し 2010/12/30(木) 14:46:43 ID:xQoKxE8B0.net
>>1
昔、洋画で犯罪が無くならないから、自らの手で天誅を下すって映画を見た。
それは、それは痛快。バンバン銃を撃ちまくり、悪人をバンバン殺していく。

無くなるよ。
方法はわかってるし、何を正義とするか次第だ。
116: 少年法により名無し 2011/01/06(木) 18:08:33 ID:2sfeRW7F0.net
いじめをする人間に人権を与えたのがまずかったんだよな
イジメで人殺したら少年院送致じゃなくて、拷問刑にしたらいい
両手足と耳と鼻と唇とチンコ斬り落として、その状態で50年生かしてやれば馬鹿でも自分のやったことを反省するだろう

法学カテゴリーは八方手を尽くしてネタを探してるのですが、頻度を落としてももうスレが育たず更新が厳しい。時々更新順序を飛ばすかもしれません。今回も法律はあんまり関係なく、なんか法律関係の板とか他にないかなぁ…。

とゆわけでね。
いじめをするようなヤツはクズなんだから、拷問の末殺したって良いのだ…という理屈は、結局のところ、あいつはダセェしムカつくからいじめたって別に良いのだ、といういじめっ子の理屈と根は同じですが、言ってる本人らはそういうことは考えもしないもんです。
この「考えもしない」という部分は、言い換えれば「自己を顧みない」ということだし、現代社会の怖いところかなぁ?

いじめを根絶するのは無理でも、減らすにはどうすればいいのか、という建設的な、しかし解決は難しいスレ。
途中で出てきてる「優しい人間を増やす」というのは真理ではあるでしょうが、そんな情操教育が簡単にできれば苦労はないですから、なにか次善の策を考える必要がある。

いじめのターゲットになるのは、だいたいが良い意味でも悪い意味でも「目立つ」子のパターンが多いでしょう。なにからなにまで平凡な子は、まずまずターゲットにはなりにくい(はず)。
要は普通にしてるのが一番なのですが、まぁそもそもその「普通にする」のが困難な子もいるし、それが個性ですからね。

で、あってみれば、組織の内部でおこる関係上、その組織から簡単に離脱できる、あるいは頻繁に入れ替える仕組み、というのがひとつの解決策にはなる。
なるんですが、そうなると集団の連帯感というのも失われるから、一長一短かなぁ。
大学みたいに、授業の科目ごとにガンガン入れ替えたらどうかな?義務教育だし運用がめんどくさいかな。

集団の数を減らす、というのもけっこう有効な気がしますね。
管理人が子供のころはクラスに40人くらい学年に10クラスもあったものですが、今はどうだろう?少子化で減少傾向にあるはず。
それなら、いじめの発生率も昭和に比べて減ってるんでしょうかね。気になったのでこれは調べた。

いじめの認知件数
こちらを見ていただきたい。
85年からのグラフですが、クラスの人数といじめの認知件数は、あまり因果関係がなさげですねぇ…。あくまで認知件数だから、実際のいじめの件数ではないとはいえ、むしろクラスの人数が減るとともに増えてるから、目立ちやすくなったというか、かえっていじめがクローズアップされるようになった、とか?うーん。
昭和時代のクラス40人くらいのほうが、いじめ被害のダメージは薄まるっていうことですかね。

いじめを犯罪に格上げして、子供だろうがなんだろうが、刑事罰を科す、というのも考えうる解決策のひとつ。厳罰化には一応の抑止効果がありますが、しかしこれはちょっと加減が難しい上に、情緒的に未熟な子供を罰するのは刑法理念にも反しますねぇ。
クラス全員でひとりを無視する、みたいなことも立派ないじめですが、こういうのは無作為ということ以前に、究極を言えばいじめられっ子以外を全員罰するくらいの話になる。少年院がナンボあっても足りません。
だからそのような極端なことはできないので、結局直接的な暴力とか、カツアゲみたいな恐喝というようないじめは減るかもしれないけど、より間接的な(陰湿な)いじめに取って代わられるだけかもしれませんな。

いずれにしても、いじめられっ子が、学校で辛い目にあい、友達もおらず、先生も味方になってくれず、親に言ってもとりあってくれず…という状況がきっと絶望に結びつくはずなのです。
避難所さえあれば辛くてもなんとかやってけるのですが、避難所はなにも他人が与えてくれるもののみ、とは限らない。自分で作ることもできます。
ただ、子供時代はそれに気づきにくいっていうことですねぇ。

なぜいじめは起こるのか?いじめが起こるシステムを理解する【後半】
では、どうして活発な子は相手をいじめたくなったのでしょうか?それが今までわからなかったいじめの原因です。実は、この活発な子は自分の中に“強烈に嫌いな自分”を持っており、その「見るのも嫌な自分」を相手の子供に感じてしまうために、無性に攻撃したくなるのです。
いじめられる側もいじめる側もどちらも「自己否定」が原因で起こる、という考察もある。

管理人もこれは納得というか、確かにいじめない子っていうのはそもそも、いじめられっ子にもなりにくいかな。冒頭に書いた「根は同じ」という内容ともかぶる。
学校に限定すれば、生徒に愛情を注げる人格者の教師のもとでは、いじめは発生しにくい、とも言えるし、管理人の実感もそれに近いです。

しかしそうは言っても、根本的に解決するのはやはり難しい問題ですね。心の内部の話だから、理屈じゃないってもんです。自己否定に気づくというのは、言ってみりゃ「悟りを開く」にも似た、決定的ななにかが必要な気がする。いったん自分を捨てて、また拾い上げるみたいな、ちょっと難しい自己改革です。カウンセリングで誰にでもできるとは管理人には思えないねぇー。

大人になったって理不尽なことはいっぱいあるし、子供時代に心を鍛えておくことは無意味ではありませんが、途中で折れては意味がなく、強く生きてほしいと願うばかりです。
管理人はさぁ…、誤解を恐れずにいえば、いじめをバネにして、心の痛みがわかる優しい大人になってほしいと思うんですよね。いじめられっ子はそうなれるチャンスがあるのだ、と前向きに捉えて生きてほしいです。




人気サイト様 最新記事

博士ちゃんねる ヘッドライン

    • ※1 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2020.1.27 22:03
    無くならない。もう存在がかかってる。まとめサイトだってターゲット絞っていじり倒してる。国単位で。民族単位で。あとはフェミとかオタクとか。言及してるだけで認め合っている状況とは言い難い。学校でいじめられた時、あーこいつらとは同じ世界、進路は居たくないなと、漠然と考えてた。窮屈すぎんだよ。

    で、今はなんかがなり立てるお笑い芸人のいじめすれすれを見て、つまらんな、と
    なんか声が大きい奴らが勝つみたいだし。
    • ※2 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2020.1.27 23:06
    担任の教員がハズレでもまともな存在感の生徒がいると、
    いじめもひどくならないし成績も全体的に上がる状態を経験したことがある。
    その存在感は徳とかオーラだと思う。
    • ※3 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2020.1.28 0:21
    いじめることでいじめっ子は周りに対して間接的に威嚇している。俺に攻撃するとこうなるぞと…その怯えの原因は何だろうか?
    • ※4 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2020.1.28 0:44
    いじめは無くせないと思うけど、方法の一つとして
    子供達に複数の居場所を持たせるといいと思う
    クラスという場所以外に部活やサークル、校外活動など
    もしいじめに遭ってもそういう逃げ場にもなる違う居場所があれば
    だいぶ違うと思うんだ
    • ※5 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2020.1.28 3:21
    イジメとは優劣である。この世にイケメンとブサイク 、金持ちと貧乏、無数に存在する差がある限りイジメはなくならない。
    大人は権力でイジメもねじ曲げる。仕事だからとイジメられてる方は受け入れる。イジメはなくならない。永久に。
    • ※6 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2020.1.28 4:15
    5がすごく納得の行く事を言っていると思いました。
    みんな違うから、優れている部分、劣っている部分があるからいじめが起きるのだと私は思います。
    • ※7 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2020.1.28 4:17
    そりゃ無くならんよ。弱肉強食は動物の本能やで。
    虐められる側が強くならんと。まあそれが出来れば苦労せんがな。
    • ※8 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2020.1.28 8:41
    そもそもいじめられる奴が空気を読めないとかの障害持ちっていう点も大きい。
    相談員していると、いじめられる奴がすぐにわかるようになる。
      • ※10 : ドクター・ノオ・ネーム
      • 2020.1.28 10:06
      >※8
      わざわざ病院に相談しに行ってんのに分からないお前みたいな無能居らんだろ…
    • ※9 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2020.1.28 9:50
    自分の気に入らない奴とSNSに影響されやす差から空気読めないって言っとけば
    楽だよな、結局虐める正当化にしかなっていない訳でハタチになっても粘着してる女々しいのは論外だよ静おばさん
    • ※11 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2020.1.28 10:08
    ※8
    あなた、相談員には向いてないですよ
    1、匿名であっても、守秘義務は有効である
    2、記述のような考えが根底にある時点で、相談を受ける際にバイアスが掛かる
    3、以上、これらが全て本当であるならば、相談員たる資質が欠如している
    4、以上、これら全てが嘘であるならば、虚言癖は相談員としての資質に問題となる
    5、以前に、社会的線病質偏執症傾向を持つ者は、相談員たる資格が無い
    • ※12 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2020.1.28 10:16
    子供って、特に男の子って、最初は誰もがドラゴンボールの悟空になりたいものなのなんですよ
    それが、色んな社会生活を経て、だんだんと「自分は悟空にはなれない」って気付いて、「じゃ、クリリンで」とか「ヤムチャ」でとか、なんなら天才発明家である「ブルマで」って納得させていくわけです
    中には、「どうせヒーローになれないなら、対極である悪の権化としてフリーザになるぞ」ってのも居る
    こういう社会的ヒエラルキーが存在する限りは、虐め(あえて漢字で書きます)は無くなりません
    ただ、少なくするっていうことでは、「フリーザだって、後に仲間となって悟空と一緒に戦うんですよ」っていう、ベタでいい子ブリの正論かざすけど、勧善懲悪を貫くしかないと思いますね
    • ※13 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2020.1.28 13:20
    「いじめ(加虐)は一定以上の快感を産む」ってのが真理に近いと思う。

    ただ、かといっていじめを、いじめを行ったやつを容認していいわけではない。
    でも例え相応の報い(刑罰とか)をいじめた側が受けたとしても、
    いじめられた側の傷が癒えることはないと思う。
    ソースは俺

    俺はあと何回その時のことを思い出せばいい?
    あと何回夢で見ればいい?
    • ※14 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2020.1.28 13:35
    結局、いじめをなくすコストより、放置して出る不利益(数人が再起不能になる)の方が、少ないから無くならない。
    • ※15 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2020.1.28 16:14
    こういう時こそ法学の出番なんですけどね・・・。アプローチの仕方が間違ってる。

    いまのイジメは言わば万引きして捕まってもなんの罰も受けずに見逃されてるようなもの。なんのペナルティも受けないんだからそりゃ好き勝手します。先生方もイジメなくそうとしてもなんの利益もないんだから見なかったことにするよ。

    なくなるわけがない。

    自分が矯正教育の講座で教えてもらってた文部省の教官は「イジメを激減させるのは簡単です。イジメをしたひとに一生生活に困るぐらいのペナルテイを与えれば良い。例えば進学の制限とか。彼らは非常に損得計算に敏感です。割りに合わないと思えば止めます。それでも性格的に何パーセントかの人はやるでしょうが。」とおっしゃってました。

    個々人の努力より社会のシステムを見直すほうが有効でしょう。まどかマギカみたいですね。
    • >※15
      管理人が巻末で書いた「クラスの全員でひとりを無視する」みたいないじめをどう処罰するか、そのとき話に出ました?もし具体的な話が出てたら教えてほしいです!
      というのも、それをやろうと思うと、「いじめ」と「子供同士のじゃれあい」に明確に線を引かなきゃなりませんが、いじめはいじめられてる本人がどう感じるかという主観の部分がでかくて、痴漢やセクハラと似てるとこもあるから、線を引くのが難しいとおもうんですよね…。
        • ※29 : ドクター・ノオ・ネーム
        • 2020.1.29 17:23
        >※20
        残念ながら・・・。刑務官や看守を目指す学生の特別講座の中で話されたちょっとした世間話みたいなことでしたから。
        教官一人に対して学生は2~3人の講座(90分×2コマ連続の恐怖の授業)でしたから、たぶん教官個人の意見だったと思います。

        自分の考えですが、法学的に「いじめ」と「子供同士のじゃれあい」に明確に線を引くことでなるべく主観的な部分を少なくするのが目的ではないかと思うのです。
        定義や対応があやふやなままでは本人も回りも先生もどう動いていいのか判らない。判らないからイジメられてるみたいだ、だけどその場の雰囲気にとりあえず乗っておこう、となるのではないでしょうか?雰囲気がクラス全体に蔓延したら?地獄ですね。

        日本人は同調圧力に弱いといいます。個々人で雰囲気と闘うのは大変ですがちょっと風が吹けば反対に簡単になびきそうです。
        もう20数年前の話だったのですが、今でも強烈に印象が残っています。
        • >※29
          なるほど!ありがとうございます。
          明確に線を引くと線のセーフ側の行為はやってもオッケー!ていうお墨付きを与えそうに思ってですね。
          明らかに犯罪、準犯罪とかはそれでいんですけど、いじめってけっこう微妙なやつも多いでしょ。
          子供のことだから難しいですよねぇ。
    • ※16 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2020.1.28 16:32
    いじめるやつが100%悪いで議論を終わらせる奴が一番足を引っ張ってるな
    話し合いの機会を奪うことによって問題の本質や解決のきっかけすら見えなくしている
      • ※17 : ドクター・ノオ・ネーム
      • 2020.1.28 16:46
      >※16
      コレ
      いじめ加害者に限らず、被害者の特徴も集めて類型化して教師だけではなく
      親もその知識を共有していけば、いじめの発見は早くなると思うんだがね
      でも元いじめられっ子知らんが、何故か頑なに議論を打ち切ろうとする奴がいるからな

      結局、自分さえよければそれでいいって考えが根底にあるんだろう
      これじゃあ議論は進まないね
      • ※23 : ドクター・ノオ・ネーム
      • 2020.1.28 21:00
      >※16
      けど虐められる奴の非しか語らない、虐める側の罪は封殺って連中には苦言を言わないんだよな、お前らって。
      両方に言うなら理解できるが、必ず一方にだけ全責任を負わせようとしてるってのは「帰属意識」が一方に限定されてる証拠。
      それで無関係な側にだけ負債を負わせて勝ち誇るのは非道の極みってもん。
    • ※18 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2020.1.28 16:55
    元スレで虐めっ子をガイジ呼ばわりしたり極刑にしろとか言ってる奴は
    自分がその虐めっ子と同じ思考になってる事に気付いてないのかな
    • ※19 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2020.1.28 17:52
    イジメはあってはならないというイジメの発生そのものを悪とする風潮が強まりすぎると発生したとしてもなかったことになるのではないかと心配です
    あってはならないものの存在に気付いた時その存在を認めるのは実はかなり勇気がいることだと思います
    イジメ関連の事件で関係者がイジメを認めなかったり隠蔽体質だったりがあるのは保身の感情だけではなくそういった心理背景もあるのではないかと思ってます

    イジメの発生を減らすことも大事ですがそれはなかなか容易ではないのでイジメをエスカレートさせないことに力点を置くべきではないかと考えています
    そのためには早期発見・早期対応が必要だと思うのですが具体的にはどういった政策が良いでしょうか?
    • ※21 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2020.1.28 19:41
    クラスに空気が読めなくて、ちょっと変わった子がいたとして、
    個人的にそいつを避けるのは大丈夫で、クラス全員がそうしたらいじめでしょ。学校のクラスなんて集団としてどうその子に対処するかふわっとしていて当たり前だし、気づいたらいじめみたいになってたなんてよくある話な気がする。加減を考えずに攻撃的な態度に出る数人がいたら、それもいじめがあるクラス判定になる。
    クラスの何人がその子を避けたいと思っていて、比率的にこのくらいの人数はその子に話しかけてあげてほしいなんて話し合いをもたない限り、いじめられやすそうな子を守ることは不可能だと思う。
    つまり実際は好き嫌いで人間を評価する限りいじめは絶対無くならないと思う。
    子供が出来たら、優しい子に育てたいと思う。
    • ※22 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2020.1.28 19:53
    いじめは犯罪じゃないから
    警察が捜査しないんだから悪じゃないんだよ

    自分の子供も被害者になるくらいなら加害者で生き残ってほしいけどね
    • ※24 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2020.1.29 0:53
    いじめが無くならないんじゃなくて、いじめをする奴が止めないだけ。
    いじめをしない奴はしない。
    • ※25 : 先哲
    • 2020.1.29 3:00
    人が人である限り無理。
    弱い人間ほど人を認められない。弱さを認められない。
    僻み、嫉み、妬み。。自分の不幸を理由に人を苦しめる。
    自分の理不尽を理由に、自分の上手くいかなさを理由に、自分の不満を無関係の人間にぶつける。 そしてそれを認められないうちは無理であろう。
    • ※26 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2020.1.29 4:23
    イジメはいけないといいながら
    必要な闘争心は受検試合その他のために養わないとならないと説く親や大人社会の
    至極勝手で矛盾した教えを何とかしないとどうにもならないよ
    団結力とやらのためにスケープゴート作らせるのも馬鹿な大人だし…
    それは大人社会にも言えるわな
    • ※27 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2020.1.29 11:09
    いじめってはっきり分かる様に言わない事多いし。俺が何かミスると何か笑い声が起こったりするけど、俺のこと笑ってるとは限らないし、面と向かって何か言われることはなかったしなあ。いじめられてるとも言いにくい。
    ちなみに体育のサッカーの時間にはっきりと俺と分かる様に馬鹿にしてきた奴にはショルダーチャージで地面に這わしてやった。
    後、いじめられてる奴に味方とか居ないから、教師とかその場を支配してる奴と最初に仲良くするようにするのが手口
    • ※28 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2020.1.29 11:42
    いじめに関わった人間の個人情報を開示して誰でも閲覧できるようにすれば、0にはならなくても激減するはず
    他には学校に警官を常駐させて生徒教員双方を監視させるとか
    • ※30 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2020.1.29 17:45
    いじめをなくせるならなくしたほうがいいが、この際なくすことをあきらめて、あったとしても当人が対処できるノウハウを見つけて身に着けさせる方が前向きでなかろうか。
    どうせ大人になっても余裕がなくてピリピリしとるのやら嫉妬に狂って始末したほうが世のためだとかいう人間は腐るほどいる。よしんば日本からいじめを消せたとして外国の人間がおかしかったらどのみち対処しなきゃならん。
    • ※31 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2020.1.29 18:39
    恐喝です
    恫喝です
    器物損壊です
    暴行です
    いじめなんて言ってるから曖昧でわけがわからなくなるんです
    全部犯罪です
    • ※33 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2020.1.29 20:22
    ※31
    そのとうりだと思います。言葉遊びで誤魔化してることのなんと多いことか。
    天下りは賄賂の後払いです。
    タックスヘイブンは脱税です。
    中抜きは横領です。
    弱者がやれば犯罪です。

    きちんと法整備しなければならないことがこの国には山とあるでしょう。
    • ※34 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2020.1.29 20:54
    人の親に口出してイキるヤツおっても虐められる奴が悪いとかほざくんか?我くかよ
    正当化してマウント取るだけならガキでも出来るわ
    • ※35 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2020.1.29 21:24
    「「「「「家庭環境」」」」」
    • ※36 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2020.1.30 1:01
    14歳以上のいじめについては現行の刑事法を基準にするのは一つの方策かもしれないね。
    刑事処分までやるかは個別に考えるとして、家裁や警察が絡むだけでも「大事をしてしまった」というプレッシャーは与えられる。

    大勢で共謀して意図的に一人を無視する→精神を病み不登校になる→診断書があれば、人の生理的機能を害したものとして、事情次第では主犯格に傷害罪は成立し得る。不作為による幇助などもある程度までなら認められるだろう。

    机を蹴っ飛ばす→本人の体に触れなくとも暴行、クラスメイトがいる場でバイキン呼ばわりする→侮辱、上履きを隠す→器物破損……ってな具合に、いちいち起訴されてないだけで結構刑事罰の適用範囲は広い。

    既存の判断基準と制度を利用し厳格に運用することで、一から法整備を行う労力を省くこともできる。
    いじめだけじゃなくパワハラとかにも使えるんじゃないかと思う。
    …問題は家裁と警察の仕事増えるから嫌がるだろうな、このやり方w

    それに、ある程度重度のいじめの解決法であって、より軽度のいじめはまた別に対策を考える必要があるけど。
    …民事で不法行為賠償…とかも考えたけど、いじめられた側の負担が大きくなりすぎるし、あまり実効性はなさそうだなあ。
    • ※37 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2020.1.31 14:26
    いじめ、万引きとかいう言葉無くせ
    暴行、脅迫、窃盗にしろ
    • ※38 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2020.2.1 4:04
    何をしてもいいなら、なくすことは花王だ
    薬を投薬して、あらゆる感情や意思を奪い取り、競争・支配という概念をなくしてしまえばいい
    • ※39 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2020.2.1 15:17
    幽霊が怖いのは自分の中で一番怖いように想像するから
    いじめという何か得体のしれないものをなくすことなんてできない
    そもそも存在しないから
    脅迫
    暴行
    器物損壊
    はなくしていける
  1. トラックバックはまだありません。


コメ欄での議論はおおいにけっこうですが、当サイトではドクター同士の罵り合いは禁止となっております。反論する際には、相手の意見・人格を尊重し、どうぞ冷静に。