人気サイト様 最新記事

博士ちゃんねる ヘッドライン

レスの強調ウゼェー!というドクターへ

レス内の強調表示をOFFにする コチラをクリックして切り替えてください。設定は30日間Cookieに保存されます。
現在のステータス:強調有効

脳は量子コンピューターです @ [物理学板]


脳は量子コンピューターです @ [物理学板]
1: ご冗談でしょう?名無しさん 2010/12/14(火) 19:52:40 ID:???.net
語れ
管理人より:物理板のまとめだけど、不定期の量子力学カテゴリーでの更新。
4: ご冗談でしょう?名無しさん 2010/12/15(水) 15:56:36 ID:co0oRXJf.net
そもそも、「量子コンピュータ」という単語の意味がよくわからない。
ネットで調べてみたら、「同時に複数の計算ができるコンピュータ」と書いてあった。

もしそうだとしたら、我々の脳は一度に一つの計算しかできないように思えるので、脳は量子コンピュータではないのではなかろうか?
8: ご冗談でしょう?名無しさん 2010/12/17(金) 00:01:46 ID:xdeWAqKv.net
俺の量子コンピューターは元から狂ってるんだよな
9: ご冗談でしょう?名無しさん 2010/12/18(土) 12:49:03 ID:???.net
15: ご冗談でしょう?名無しさん 2011/01/04(火) 15:14:13 ID:6HIbN4qU.net
神経細胞の働きは古典的な化学反応で説明できるものばかり。
有名教授ってどこのバカだ?
10: ご冗談でしょう?名無しさん 2010/12/18(土) 16:54:03 ID:wQzYS4xK.net
量子コンピュータってハードウェアでモンテカルロ法しているようなものと思ってもいいですか。
意味わかります?
28: ご冗談でしょう?名無しさん 2011/01/20(木) 03:25:30 ID:???.net
>>10
分かります。
昔、海外で数学科の大学院生がチームを作って、モナコのモンテカルロにある公営カジノを一夜にして破産させたことからその地名を取って名付けられたベット方法のことですよね。モンテカルロ法って。

でもそのカジノのベット方法と量子コンピュータと何の関係が有るんですかね?
管理人より:「モンテカルロ法」は、カジノで最終的に勝ちやすい一種の賭け方のアルゴリズム。詳細は省きますが、負けたら少し上乗せ、買ったら賭け金を少し減らす、みたいなこと。同じところに賭け続ければやがては勝つので、それまでの負けが帳消しになってプラスになりやすいという理屈です。が、大きく勝つには当然豊富な資金力が必要なのと、なにより「勝ち逃げ時」を判断できなければなりません。あと通常カジノでは計算機やスマホ、PCなどを持ち込んで遊ぶことはできないので、手計算がめんどくさい。
1.30追記:カジノのモンテカルロ法とは違うやつだよ、ということで、「乱数を使った数値計算やシミュレーションの総称」だそうです。ご指摘どうも~
17: ご冗談でしょう?名無しさん 2011/01/18(火) 18:31:53 ID:???.net
意識を持つ生命体の脳による観測行為で波束が収縮しなければ、現実は何一つ現実として確定しない。
19: ご冗談でしょう?名無しさん 2011/01/19(水) 01:25:43 ID:???.net
量子コンピュータって、再現性の無い乱数を出力できるのでしょうか?
人間が分布や桁数を気にせず、ただし、全体的な規則性ができないように、思いつきでノートに数値を2000個くらい書き込んだ場合のように。
20: ご冗談でしょう?名無しさん 2011/01/19(水) 15:37:35 ID:???.net
>>19
量子コンピュータじゃなくて普通の量子の時点で可能だろ
21: ご冗談でしょう?名無しさん 2011/01/19(水) 17:49:36 ID:???.net
>>19
真の乱数が存在できるのは世の中が決定論で支配されていないこと、という前提が必要である。
決定論とは過去が変更できない性質ゆえに、未来も過去と同じ性質でなければならない、という結論に誘導するものである。
つまり自由意志などこの世にはなく不確定もない、全ては閉じた因数で成立するという確定的な考えである。

どんなに宇宙がパラレルワールドであっても、決定論ではその全てがあるという論理が成立するならば、決定論に反論することはできない。
どんな大きな系であっても閉じた系で考えることは可能であるからだ。
完全なる開いた系を定義すれば、その決定論の支配力がなぜ凄いかが分かる。無限大の時空間や無限大の秩序の数では決定論を否定できない。それは数学で扱える類だからだ。
22: ご冗談でしょう?名無しさん 2011/01/19(水) 18:04:46 ID:???.net
>>21
決定論と乱数を結び付けてもいい理論なんてないぞ。
23: ご冗談でしょう?名無しさん 2011/01/19(水) 20:19:39 ID:???.net
>>22
決定論の本質を何も理解していない上っ面な知識では、決定論の支配下で語るだけ
君のは論にすらなっていない。
24: ご冗談でしょう?名無しさん 2011/01/19(水) 20:22:59 ID:???.net
>>20
量子で乱数を作った場合、再現性は無くとも分布は予測できるのでは?
もっとも、人間の場合でも何度もやってれば分布が予測できるようになるかもしれませんが。
っていうか、量子で乱数が作れるかどうかではなく、量子コンピュータで人間と同じように乱数を出力できるかどうか、なんですが。。。


>>21
ちゃんと>>19では、出力すべき乱数に限定条件が付けてあるのですが。。。
26: ご冗談でしょう?名無しさん 2011/01/19(水) 21:02:46 ID:???.net
>>19
>人間が分布や桁数を気にせず、ただし、全体的な規則性ができないように、思いつきでノートに数値を2000個くらい書き込んだ場合のように。

>>24
>人間と同じように乱数を出力できる
まるで人間は「再現性の無い乱数を出力できる」ような言い方だな。
ノイマン型コンピュータの方が人間よりも偏りのない乱数を生成する。
27: ご冗談でしょう?名無しさん 2011/01/20(木) 00:03:33 ID:???.net
>>25-26
人間が乱数を作るつもりで、思いつきで偏りを気にせず数値を書き出した場合のようには、量子コンピュータは数値を生成することはできない。
と、いう回答だと理解してよろしいでしょうか?よろしいですね?
なんか、もう、説明するの面倒臭くなっちゃった。

では、以上により、『脳は量子コンピュータではない』、ということが決定しました。
29: ご冗談でしょう?名無しさん 2011/01/20(木) 04:23:55 ID:???.net
>>27
量子コンピュータの定義が脳の定義ぐらいデタラメな説明しかできない奴ばっかりってことさ。
32: ご冗談でしょう?名無しさん 2011/01/20(木) 21:55:32 ID:???.net
>>26
特定の特徴をもった乱数を擬似乱数という、その特徴があるかぎり乱数で得る結果はランダムではなく元の特徴が表にでる。
1から10までの値を完璧に均等にできるなら、それは擬似乱数で、コンピュータが作る乱数のこと
数学ではこの手の乱数を確率として定義している為に多くの人が誤解している。
本来の乱数は主観的な乱数であって確率が一様な特徴などありえない。


予測できる乱数を人為的に作り出した擬似乱数という。
~~~~~~~~~~~~~~~


貴方が乱数だとおもっているのはデタラメではなく、予測できる類である。説明終わり。
35: 26 2011/01/21(金) 11:28:58 ID:???.net
>>32
わざわざwikipediaか何かをコピペしてくれたところごめんだけど、疑似乱数の定義なんて教えてくれなくていいよ。仕事でしょっちゅう使うし。

他の人も色々と説明してくれてるけど、疑似乱数の方が人間が手動で作る乱数より優れていて、手動製の乱数は既存のコンピュータでも予測が容易な、法則性に満ちた規則性のある文字列となる。
…って説明は必要?
本来の乱数は正確に作ったサイコロなどで得られる乱数ね。

というわけで>>32
>本来の乱数は主観的な乱数であって確率が一様な特徴などありえない。
これは間違ってる。wikiの修正ができるなら修正しといて。

そして俺の意見としては
『脳は量子コンピュータではない』
根拠の解釈が真逆なのに結論は同じだなw
36: ご冗談でしょう?名無しさん 2011/01/21(金) 16:59:28 ID:???.net
>>35
人間の場合、ある程度繰り返していると規則性ができるのは、確かにその通りですね。
でも、分布や桁数を気にしない数値には、-√2や1/3も含まれるため、かなり巨大な数値空間から2000の数値を抜き出すことになるのですが、それ、本当に予測できるのでしょうか?

あ、いや、現在のコンピュータでそういう数列が作れるかどうかは、別の問題です。
単なる興味として、予測したり再現したりできるものなのかなぁ?と。
38: ご冗談でしょう?名無しさん 2011/01/21(金) 22:23:10 ID:???.net
>>36
たったの2000個だろ?
普通のパソコンでも1秒間に数兆~数京回の計算ができる。
高性能なコンピュータを使えばものの数秒で解析可能かと。

実際、第二次大戦前までは当時の頭の良いやつらが手動計算機と人力アルゴリズムで暗号を作っていたわけだが、コンピュータの登場によって人間同士なら通用していた暗号があっさり破られた。
つまり、人力乱数は疑似乱数でいともたやすく解析可能という事。
25: ご冗談でしょう?名無しさん 2011/01/19(水) 20:33:00 ID:???.net
分布の形すら分からない乱数は使いようがない
一様分布を作りたければ、どんな分布でもいいから真の乱数を作って、そこから一様分布に変換すればいいだけ
33: ご冗談でしょう?名無しさん 2011/01/20(木) 22:08:48 ID:???.net
一様分布だと真の乱数じゃないって頭おかしいのか?
37: ご冗談でしょう?名無しさん 2011/01/21(金) 19:00:07 ID:???.net
>本来の乱数は正確に作ったサイコロなどで得られる乱数ね。
コンピュータで完璧に作ったサイコロの物理シュミレーションは、正確に作るほど乱数にはならない。
管理人より:人間が選んだ任意の2000個の数をコンピューターで解析して、2001番目を完璧に予測できるならそりゃスゴイですね(棒)。コンピューターに夢見すぎなので途中でカット。
42: ご冗談でしょう?名無しさん 2011/01/24(月) 23:16:57 ID:E9Lj8fS6.net
現状では量子コンピューターで脳をシミュレーションできるかもしれない、というレベル。
来世に希望を託すのは古来よりのヒトの常、とはいえ、ここであきらめるのはただの阿呆(原理主義者)。合掌。
43: ご冗談でしょう?名無しさん 2011/01/25(火) 01:11:16 ID:???.net
>>42
そんな主張を突然されても、このスレ、量子コンピュータについて、全くと言って良いほど、ほとんど何も語られていないのですが。。。
44: ご冗談でしょう?名無しさん 2011/01/25(火) 12:18:23 ID:???.net
実用化されるまではその技術のポテンシャルは測定不能
ノイマン型コンピュータではラットの脳のシミュレーションすらできないことは分かった
もしかすると、量子コンピュータもたいした実用性はないのかもしれない
45: ご冗談でしょう?名無しさん 2011/01/29(土) 11:06:55 ID:???.net
量子コンピュータのその原理をベースに、情報処理モデルで世界を観測し、それを表現する仮想装置の理論モデルを作ってみせよってこと。
なにも他者と関係せず量子コンピュータだけが異次元に存在するけど計算ができるとか言い出すなよな?

外界とのインターフェースになる部分は必須であり、それもコンピュータの必須機能である。入力装置やら出力装置と呼ばれるのがそれである。
全ての原子が量子コンピュータという主張はいいんだが、それを利用するには全体としての繋がりが必須だってことすら理解できていない。

そして繋がりを繰り返さずに処理するならいいが、繰り返しがあるのならば、記憶装置という構造が必須になる。
数値であろうが情報を扱う時点で、記憶できなければ計算ができても計算事態が機能したとはいえない。

それを出来たと言い出すから量子コンピュータ信者っていわれるんだよ。
全ての問題を1パスで処理するには、その難易度と同等の複雑さが必要になる。それをソフトウエアとして繰り返し処理するモデルがノイマン型なんだよ。
信じちゃった量子信者に何をいっても無駄だろうけどな。
47: ご冗談でしょう?名無しさん 2011/03/01(火) 19:45:09.82 ID:kZssIOf5.net
シナプス発火を促す化学物質の、電子軌道の重ね合わせから量子計算へ?
48: ご冗談でしょう?名無しさん 2011/03/02(水) 00:26:21.29 ID:???.net
量子コンピュータでいう情報の扱いは、無限の量ねあわせが出切ると主張している。
これは従来のデジタルコンピュータの離散的な情報を扱うのではなく、ネイティブに連続的な情報を扱えるとしている。

例えば情報としてビックバン宇宙全ての粒子がもつ情報を、量子状態1つに重ねて扱えるという考え方であるわけ。
当然、理論的な計算量に限りなど存在しない、それがどういう意味をなすか?
例えば未来を完璧に計算できれば未来を予知できるいうことになる。
それは神の方程式の完成となる、SFでいう逆算固定のこと。
49: ご冗談でしょう?名無しさん 2011/03/03(木) 00:35:34.86 ID:???.net
完全な未来を計算できるってこと?
あと1qubitあれば扱えない情報量や計算量は存在しないってことか?
それを取り出す術がないだけて感じ?
50: ご冗談でしょう?名無しさん 2011/03/03(木) 09:27:22.21 ID:???.net
未来を完璧に予測するだけのデータが分からないでしょ
そもそも量子は確率的にしか求められないんだから完璧な未来予測は不可能でしょ

今研究されてる量子コンピューターで0、1、1と0の重ね合わせの3パターンよりもっと重ね合わせてるのってあるのか?
52: ご冗談でしょう?名無しさん 2011/03/05(土) 04:29:35.49 ID:???.net
>>50
測定するまで結果が確定しないということは実験的にも証明されている
未来を完璧に予測するだけのデータが分からないだけではない
55: ご冗談でしょう?名無しさん 2011/03/30(水) 02:42:02.04 ID:gv0poImq.net
脳=量コンってどうゆうこと?
脳細胞がニューロンによって並列的に繋がっているのが、量コンみたいに1つの命令で複数の結果が得られるのと同じって言いたいの?
量子コンピューターのどこが脳のどの働きに似ているといいたいの。
前頭葉のこと?なんか難しい。
63: ご冗談でしょう?名無しさん 2011/06/23(木) 19:13:00.33 ID:???.net
"記憶"を外部デバイスに保存し、好きなときに思い出したり忘れたりできる技術がついに完成
脳のメモリー拡張技術、ついに実現

あ~あ、自分もキアヌ・リーブスみたいに脳にメモリーカードをブスッと差し込んで「柔術をマスターした」とか言ってみたいもんだぜ...と夢見るみなさま、あれができる日も遠くないかもしれませんよ?

南カリフォルニア大学ビタビ工学部のセオドル・バーガー(Theodore Berger)博士率いる研究グループがなんとねずみに一発で物事教えるチップをつくっちゃいましたからね。いや~来る時が来ましたね!

チームでは短期学習・記憶を可能にするねずみの体内の化学反応を調べた後、電極を使って記憶力を向上・拡張する人工装具のチップを開発しました。
このチップ。神経信号の保存が可能なんですね。ここが電子メモリーの役割りを果たしてくれるので、ねずみもいきなり学習量がメキッと上がり、学んだことはこのデバイスにきっちりキープしておける、というわけ。

バーガー博士の解説読むと、ちょっと空恐ろしくさえありますよ。 
スイッチをONにすると、ラットは記憶が戻る。OFFにすると、忘れる。

[...] こうした実験用モデリングの研究を総合した結果、記憶の神経コーディングの情報さえ十分揃えば、リアルタイムのID特定・エンコード処理の操作が可能な神経人工装具を使って認知記憶処理の保存・改善さえも可能なことが初めて示されたかたちだ。

ひょえ~。

チームはこの実験成果を「A Cortical Neural Prosthesis for Restoring and Enhancing Memory」という論文にまとめましたが、これはアルツハイマー病や脳卒中など脳疾患で苦しむ人たちを補助する装置の開発に繋がる実験かもしれませんね。

チームでは既に次なる目標にとりかかっています。それはずばり猿でこれと同じ結果を再現すること!
アルツハイマーや他の病気の方、その家族のためにも本当に成功を祈りたいですね。
脳にIMDb埋め込めたらどんなにいいだろうと思ってる僕としても本当に成功を祈りたい気持ちでいっぱいです。
脳のメモリー拡張技術、ついに実現
105: ヴぉる卿のおっさん♪ 2015/05/08(金) 16:18:37.43 ID:wrPWsNy5.net
>>63
いあ、それある意味、忘れたいとことが多い人には便利な機能でないかな。
酒飲んで、めちゃくちゃやってタイマーセットで電源オフ。
起きたら、「そんな事は全く覚えてない」とか言うw
66: 忍法帖【Lv=22,xxxPT】 【東電 82.5 %】 2011/09/01(木) 19:16:11.76 ID:???.net
脳は単に量子コンピュータ的なんじゃないかもしれない。

脳の中のエンタングルメントはその人の脳内だけで完結したものではなかった。
つまり他人の脳ともエンタングルメントを持っている。
それが、例えば「虫の知らせ」といった形で現れる。
67: ご冗談でしょう?名無しさん 2011/10/04(火) 16:48:11.07 ID:lM1mnBRk.net
文系のド素人だが、量子コンピュータによる秘密通信を考えていて、新しい、絶対に漏れない秘密通信方法のアイデアを発見した。

それは、発信者と受信者が繋(つな)がった状態でのみで受信側が開封できることにする。
さらに重要なことは、途中で通信経路が枝分かれた時、つまり盗聴者が出たときは、受信側か発信側が分かるようにする。

こうすれば量子コンピュータでなくとも、絶対に秘密を保っての通信が可能である。
68: ご冗談でしょう?名無しさん 2011/10/05(水) 01:06:39.50 ID:???.net
それ先週あたりのサイエンスゼロでやってたやん
82: ご冗談でしょう?名無しさん 2012/05/22(火) 13:42:47.88 ID:???.net
脳の動作原理は根本は量子力学なのだが、思考に与える影響はあるのだろうか。
例えばMRIの強磁場食らった後の思考とか。

脳がたとえばスピントロニクス応用した回路だと、リセットされるんじゃないのか。
もし有意な差がなければ、脳はもっとマクロなレベルで思考していると言える。
88: 分裂 2012/12/28(金) 21:34:41.24 ID:sCh2FRCA.net
「量子コンピューター」
基本的には、磁界にフォトンを動かして球状にしたキュービットのどこにフォトンが位置するかという仕組みを利用するのが量子コンピューターだ。
チューリングマシーンは「0と1」の1次元テープだが、このようなキュービットを作ると、いろいろなアルゴリズムが想定できて、計算速度が速くなったり、解決不能だと思われた問題が解決できる。

アルゴリズムもすでにいくつか提示されていて、どれが一番合理的かが問われる。
問題は、すでにモデルはできているが、フォトンに何を使うかとか、どのようにダイナミックにフォトンを動かすかなどの物理学の問題が残ったのが量子コンピューターなのだ。
スタンフォード哲学百科事典「量子コンピューター」
90: ご冗談でしょう?名無しさん 2012/12/30(日) 13:29:30.98 ID:???.net
>>88
コンピュータにおいて論理モデル以外のアルゴリズムは存在しない。
ロジカルじゃないものはプログラムではない。
そしてコンピュータで必要とされているのは無限の計算能力ではない。頭の悪い君は計算能力だと思い込んでいる。

必要なのは情報処理能力で、それは記憶装置と伝達能力であり、すべての計算はそれに置き換えができる。
どんなに正しい精度の計算をしたとしても、それが活かされる情報として扱えないならゴミ以下だってことな。

国内のその手の資格試験はコンピュータ試験とは言わず、情報処理の資格だということすらわかっとらんの?
妄想の量子コンピュータなど要らない、量子理論の応用ならば世界の全ての記録装置を超える容量の量子メモリでも考えてくれ
それこそ最も重要なことである。
89: 分裂 2012/12/29(土) 16:54:03.83 ID:IeHDJgpt.net
脳を量子コンピューターで分析するのも「文法」を踏まえないとできないということは冷静に見抜いていかなければならないよ。
94: ご冗談でしょう?名無しさん 2013/07/14(日) NY:AN:NY.AN ID:???.net
量子コンピュータのニュースって毎回すばらしく革新的な説明で、もう量子コンピュータが現実で世界が革命できるみたいな表現になるけど

結局詳細を見て行くと韓国人が主張するような言葉の羅列でしかない。
95: ご冗談でしょう?名無しさん 2013/07/30(火) NY:AN:NY.AN ID:???.net
>>94
だって投資詐欺だもの。
102: ご冗談でしょう?名無しさん 2015/04/02(木) 23:25:44.42 ID:???.net
誰でもが知っている事だが 脳は神経細胞の電気的信号を処理する仕組みなのであって、量子コンピュータではない
もし仮にそんなものであるなら、人間はもっとエラーを発生させるだろうし、絶対零度近くでないと機能しないだろう

脳の仕組みもよくわからん、量子コンピュータもまだ実用段階ではない、というところで、両者が「同じだ」って言われてもなぁ…。
幽霊とタイムマシンって同じものなの?と言っても許されるような。
人間の脳は量子コンピューターの仕組みを考え、やがては実現できるかもしれませんが、はたして量子コンピューターに逆のことが(人間の脳を再現することが)できるでしょうかね。

そんなこんなで、脳の仕組みというのは不思議なものです。
今から20年くらい前でしたかね、コンピューターの将棋ソフトが、プロどころかアマチュアにも勝てなかったころ、人工知能の研究してるひとがテレビで言ってたんですよ。
人間には不思議な「カン」ていうものがあって、これがどうやっても再現できず、したがって、将棋ソフトがプロに勝つにはもっともっと膨大な量の計算をこなさなくてはならないのだが、それでは人間の脳を模したことにはならないから難しい、みたいなことをです。

コンピューターはすべてのパターンを計算して、最適解を決める…というこのへんのアルゴリズムが10年前くらいに大きく進歩しました。
ちょっと話がそれるけど、このアルゴリズムを開発したひとってのがおもしろくて、日本人なんだけど将棋はルールくらいしか知らない、みたいなひとだったらしいですね。
将棋の駒に点数をつけて、盤面を客観的に評価する関数を考案、そこから派生する手を予測して、もっとも評価の高い一手を示す、みたいなものだったとか。
ハードウェアも進歩してるし、プロに勝つのに山笠の山車みたいなコンピューターは必要なくなりました。

しかし、そんなコンピューターよりもはるかに計算が遅いはずの人間の脳は、なにか不思議なフィルタリング能力を発揮して、正解に一足飛びにたどり着いてしまう。
膨大な記憶容量を持ち、人間の何百万倍も多くの局面を読んで(計算して)る将棋ソフトが、優れたアルゴリズムを使っても、人間の何百万倍ほども強くないのは、このへんに理由があるんでしょうね。現在将棋はトッププロと同じくらいの強さでしょうか。

量子コンピューターがこの「カン」を実装した仕組みではない以上、イコール人間の脳とは言えないようにも思いますが、人間の「カン」だって、実は自分も意識してないほど超高速な計算を無意識に行った結果かもしれないから、まだなんともいえないですね。

人間の脳の仕組み、意識、記憶などにもまだまだ謎が多い現状、管理人が生きてるうちにこのへんが解析されれば夢がありますが、さてどうなりますか。




人気サイト様 最新記事

博士ちゃんねる ヘッドライン

    • ※1 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2020.1.29 23:29
    カジノのモンテカルロ法と、数値計算のモンテカルロ法は別物じゃないの? ランダムサンプリングによる数値積分とか分子シミュレーションなんかの話では?
    • ※2 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2020.1.30 2:27
    モンテカルロ法の説明が完全に間違ってて笑った
    • ※3 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2020.1.30 2:29
    一応科学関連の板なのに基本的な事項の理解がオカルト未満
    • ※4 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2020.1.30 8:34
    優秀な人間のクローン作りまくって
    脳みそを取り出してCPUとして使うわけですな
    忍殺の世界やん
  1. なんと別物!追記しておきましたー
    • ※6 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2020.1.30 20:37
    なるほどわからん
    • ※7 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2020.1.31 0:14
    むしろカジノのモンテカルロ法初めて知った
    面白いもんだなあ
    • ※8 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2020.1.31 3:46
    脳科学やれば分かるけど、脳の情報処理はフィルターと統計処理だからある意味解析的に一意の解を求めようとするコンピュータとは正反対の処理装置
    無理矢理コンピュータと比較する場合、ある程度の精度とリアルタイム性と省電力が売りなだけで、同じ入力でも解が違ったりそもそも解があやふやだったりで割とポンコツ
    まぁ、ガチな学術用途には向かないけど、実世界と干渉し合いながら動く機械(要するにロボットの類)の情報処理装置としてはトップクラス
    • ※9 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2020.1.31 13:38
    最近流行の深層学習なんかはカンを実装してると言ってしまってもいいような気がします
    もちろん仕組みが完全に同じかはわかりませんが、盤面全体をフィルター処理してるという意味では似ているんじゃないでしょうか
    • ※10 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2020.1.31 18:24
    それ言ったら何でも量子コンピューターになるじゃん
    ていうか皆が電子計算機だと思ってる物は
    実は電気計算機なんだがな
    • ※11 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2020.2.1 23:13
    量子生物学という分野もあるな。
    これからの生物学者は、量子力学も学ばなければならない。
    大変だな。
    • ※12 : ななし
    • 2020.2.2 18:33
    りょうしコンピューターには波がある
    • ※13 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2020.2.5 12:01
    私、医者(神経の外科系)やってますが
    所謂、勘というものやAIの有り様について、
    ある程度の見解があります

    簡単に言うと、勘を得るためには、特殊な機能(といっても生命にとっては極当たり前のものですがねが)必要なので、AIは永遠に勘を持つことは出来ません
    逆に、勘を持ち始めたAIは生命体そのもの、と言っても良いのかなと思ったりします

    スレで乱数の話が出てましたが、人間に真の乱数は無理ですね
    ある理由から絶対に
      • ※14 : ドクター・ノオ・ネーム
      • 2020.2.6 9:36
      >※13
      一応コンピューターには「バッファ」っていう勘のようなものが実装されてるぞ
      そして、AI自体メカニズム的には人間の勘を数理モデルとして実現しようとする試みでもある
      使用してる数理モデルの一部も大元は人間の奥行判断の説明に使用されてた神経モデルだし
      人間の勘と高精度で一致する統計モデルも結構あるし、ロボット工学(正確には逆運動学)でも高速な制御を実現するために「勘」を使ってる

      これからの計算機科学は「勘」の時代(厳密な解より、それっぽい解を高速・低コストで導く時代)と言ってもいいぐらい
  1. トラックバックはまだありません。


コメ欄での議論はおおいにけっこうですが、当サイトではドクター同士の罵り合いは禁止となっております。反論する際には、相手の意見・人格を尊重し、どうぞ冷静に。