人気サイト様 最新記事

博士ちゃんねる ヘッドライン

レスの強調ウゼェー!というドクターへ

レス内の強調表示をOFFにする コチラをクリックして切り替えてください。設定は30日間Cookieに保存されます。
現在のステータス:強調有効

【コテカから】衣服・装身具の歴史【モードまで】 @ [世界史板]


【コテカから】衣服・装身具の歴史【モードまで】 @ [世界史板]
1: 世界@名無史さん 2011/09/28(水) 21:34:53.22 ID:0.net
フードをかぶった旧石器時代のビーナス像から、現代のファッション百花繚乱に至るまで幅広く語りましょう。

個人的にはヨーロッパで、ストライプ柄がアウトローの象徴として扱われていたルーツに興味があって。囚人服・道化・異教徒…一体どこから?
管理人より:世界史板のまとめですが、民俗・神話学カテゴリーに無理やりツッコむ。
4: 世界@名無史さん 2011/09/29(木) 21:52:43.44 ID:0.net
中東は縦ストライプの服が多いので、欧州からすると異教徒のイメージだったのかな。
5: 世界@名無史さん 2011/09/30(金) 20:52:14.47 ID:0.net
インドもムガール細密画とか見るとシマシマ着た高官が多い。
イスラムつながりだろうか。
9: 世界@名無史さん 2011/10/01(土) 22:42:27.15 ID:0.net
>>5
これなんか確かに多いな。
シャー・ジャハーン帝と家臣たち

シャー・ジャハーン帝と家臣たち
103: 世界@名無史さん 2013/10/16(水) 10:54:59.74 ID:0.net
>>9
今更だけどアラブ系以外に白人東洋人黒人と人種揃ってるのがすごい
6: 世界@名無史さん 2011/10/01(土) 13:53:13.81 ID:0.net
意外にも縞柄の起源はスイス。
バチカンのスイス傭兵隊のコスチュームも縞柄。
10: 世界@名無史さん 2011/10/03(月) 04:32:02.24 ID:O.net
スイス傭兵の服をデザインしたのはミケランジェロ
スイス傭兵
管理人より:カラフルでオシャレ。現在も教皇庁の警護を勤めています。しかし縦縞の期限がスイスってことはなさげですが…。
7: 世界@名無史さん 2011/10/01(土) 13:56:27.32 ID:0.net
囚人服が横縞なのは「よこしまな心の人間」だからですか?
8: 世界@名無史さん 2011/10/01(土) 16:54:37.98 ID:0.net
>>7
もし脱走した場合でも一目瞭然なので。
ちなみに日本では裸で逃げても分かるように腕に横縞の囚人タトゥを入れた。
囚人服
管理人より:カートゥーン的表現での古式ゆかしい囚人服はだいたい横縞です。縦縞はアウシュビッツ収容所などでユダヤ人などに着せられたりもしました。なぜこの模様なのかというと、脱獄しづらいように、他の一般市民との区別をつけて目立たせるため、だそうですが、今どき横縞の服なんて珍しくないから、現代のプリズナーの皆さんは、目にも鮮やかなオレンジやブルーのジャンプスーツが多いですね。
11: 世界@名無史さん 2011/10/05(水) 00:16:06.03 ID:0.net
日本のセーラー服の襟
関西襟・関東襟・名古屋襟・札幌襟
この違いは、どこから発生したのだろうか?

紀行の違い?
近隣の先発導入校の追随?
12: 世界@名無史さん 2011/10/11(火) 22:55:45.82 ID:0.net
イートンとかの制服を導入しなかったのはなぜだろう?
16: 世界@名無史さん 2011/12/12(月) 12:44:05.11 ID:0.net
>>12
海外王室と皇室の交流で王族男子のセーラー服が伝わって、他に普段着る物がない上流の女子の洋装になって、それが広まって制服と化したんでは
男子は詰め襟でいいんだし
17: 世界@名無史さん 2011/12/13(火) 00:31:29.53 ID:0.net
>>16
王族とか関係ねっての!
近代の日本は富国強兵の名の元、国民皆兵制度により幼少時から国民を軍人に仕立てる必要性があった。従って

女子学生は海兵をイメージしてセーラー
男子学生は陸兵をイメージして詰襟


となった。よく覚えて桶
19: 世界@名無史さん 2011/12/13(火) 10:43:59.40 ID:0.net
>>17
何の根拠もない説だな
水兵服を気に入ったヴィクトリア女王が、自分の子女や娘の嫁ぎ先にセーラー服を誂えさせて与えたのが1841年で、高級子供服のモデルになった

それと前後してパリで女性のファッションとしてセーラー服が流行しており、モードとして欧州・アメリカへ伝わっている
女子生徒の制服となったのも欧州が初

日本のセーラーは英国留学していたアメリカ人エリザベス・リーが、自身が学長をしていた福岡英和女学校の運動服として採用したのが初
全国に広まった理由が海軍だからとか何の証言も証拠もない説
アメリカ海軍の水兵制服
管理人より:「セーラー服」で画像検索するとコスプレ用のエロいやつばっかり出てきますが、もともとの水兵さんの制服はこんなやつ。リボン付きのキャップにベルボトムのズボンが標準装備。
21: 世界@名無史さん 2012/01/28(土) 21:10:16.83 ID:0.net
はじめまして

ヴィクトリア女王絡みですがクリノリンのドレスが大好き
ウェディングドレスに着て見たいw
22: 世界@名無史さん 2012/01/28(土) 21:15:37.85 ID:0.net
現代に残るクリノリンは、ウェディングドレスだけですからね。
よくある中世のお姫様のドレスのイメージが結構、18世紀から19世紀のドレスであることが多い。
この時代のデザインが現代にも通用することからきているのかもしれないけど。
29: 世界@名無史さん 2012/02/25(土) 11:02:14.15 ID:0.net
21です
こんなドレス着てみたいな…Crinoline with petticoat
31: 世界@名無史さん 2012/03/01(木) 22:53:26.94 ID:0.net
>>29
クリノリンは、お姫様のドレスのイメージだからね。
皇后エリーザベトの肖像(フランツ・ヴィンターハルター)
管理人より:「クリノリン」は19世紀中頃に大流行した、ペチコートをふくらませるために針金とかで作った骨格のこと。後にこの手のスカート一般をさす言葉に。
30: 世界@名無史さん 2012/02/27(月) 22:17:25.70 ID:0.net
youtubeで、役に立ったのは、服装史の本では、まずわからない着衣方法。
映画とかでもめったにないし。
35: 世界@名無史さん 2012/05/14(月) 23:00:04.79 ID:0.net
かなり高度な服を作る技術がないと温帯以北には住めない(冬に耐えられない)と思うんだが、人類って体毛がふさふさしている時代に服を発明したのだろうか?
熱帯なら服はいらないし、不思議だ。
66: 世界@名無史さん 2012/11/26(月) 10:33:09.88 ID:O.net
>>35
人類の被服の着用は、頭虱と毛虱が分化した後、つまり毛が抜けてから、被服をまとった。との説がある。
36: 世界@名無史さん 2012/05/15(火) 00:33:45.82 ID:0.net
アフリカ大地溝帯で狩猟のとき長距離走ってたんで発汗冷却のため体毛なくす方向で進化したってことだから、紅海わたる時点で既にツルンツルンだったんじゃねーの
37: 世界@名無史さん 2012/05/15(火) 00:35:18.51 ID:0.net
それは胡散くさい説だな。
雌は毛だらけでいいじゃん。
管理人より:人間がいつ服を作るようになったのか…という点で、けっこう長々と盛り上がり、これはこれでおもしろいのですが、ややスレチな気がするのでカット。
49: 世界@名無史さん 2012/10/02(火) 21:27:41.43 ID:0.net
宝石をドレスに縫い付けるて、具体的にどうするんだ。
宝石に穴を開けてボタンみたいにするのか?
52: 世界@名無史さん 2012/10/05(金) 21:31:58.12 ID:0.net
>>49
表現しづらいが、宝石の周りを糸で何重にも囲んでふちどってた記憶が。
70: 世界@名無史さん 2012/11/26(月) 15:21:54.63 ID:O.net
>>52>>54
七八年前ドレスデン展で見たが、ミラー刺繍状で宝石なので盛り上がった感じだった。男性貴族用衣装だったが豪華だった。

宝石はルビー・サファイア・エメラルドの色石でカットは悪い(光らない)が大きかった。
ダイヤモンドは産業革命以降照明が格段に明くなってから、夜会時ギラギラ光るので人気がでたそうだ。

16世紀は大きさ勝負、17世紀はギラギラ勝負と言うことか。
53: 世界@名無史さん 2012/10/07(日) 18:47:25.99 ID:0.net
中近世のお財布はベルトにつるした巾着モドキだから、ナイフでひもを切るのがスリの常套手段だけど、スリならぬ、宝石泥棒とかいなかったのだろうか?
51: 世界@名無史さん 2012/10/04(木) 05:30:50.20 ID:0.net
19世紀より前の花嫁衣裳は純白ではない色付きが主流だったって本当?
57: 世界@名無史さん 2012/10/13(土) 18:27:44.10 ID:0.net
>>51
普通に考えればそうだろうね。色によって染料の価格が違う、むらがない均一に染めるのも難しい。
純白=純血のイメージよりも、高価な色=富の誇示だし。
65: 世界@名無史さん 2012/11/26(月) 10:21:43.40 ID:O.net
>>51
フランスでは白が喪色だった。
管理人より:そんなこと言い始めたら指輪とかどないすんねん、という感じですがなあ。
55: 世界@名無史さん 2012/10/10(水) 21:01:04.85 ID:0.net
ヨーロッパだと刺繍は上流階級の女性のたしなみとされたけど、何でだろう?芸術扱いか?
56: 世界@名無史さん 2012/10/10(水) 22:32:33.03 ID:0.net
ヒマがないとやってられない、働きづめのビンボー人はそんな余裕がないから…かな
ヴァランシエンヌ・レース
管理人より:装飾用のレースがどこで始まったか定かではないものの、15世紀ルネッサンス時代とだけわかっており、スペイン・イタリア・ベルギー・フランス・ドイツそれぞれが「ウチが起源」だと言ってます。画像は18世紀ごろフランスで最高級のレースとされたヴァランシエンヌ・レース。
58: 世界@名無史さん 2012/10/30(火) 23:30:08.67 ID:0.net
質問です。
戦前の日本が輸出した生糸は主にストッキングになっていたそうですが、なぜストッキングに絹だったのでしょうか。
化学繊維はそれほど普及していないにせよ、絹がストッキングに向いている理由、他の繊維ではダメだった理由を教えてください。
59: 世界@名無史さん 2012/10/31(水) 00:10:05.65 ID:0.net
「絹の靴下」と言えば高級品。
絹のストッキングをはいているのは富裕層。
現在のナイロンストッキングみたいなものを想像しちゃダメ。
60: 世界@名無史さん 2012/11/05(月) 22:36:56.33 ID:0.net
絹のストッキングとか靴下とかが流行していたから。
履き心地と光沢は他を寄せ付けない。
管理人より:ナイロンストッキングにワクワクしたいひとは、昔の映画を見るべし。
62: 世界@名無史さん 2012/11/11(日) 03:51:56.04 ID:0.net
着物の語源は、呉の服、呉服。チャイナドレスは満州の民族服w
と大して変わらないね。
67: 世界@名無史さん 2012/11/26(月) 10:55:34.86 ID:O.net
>>62
チャイナドレスは中国民族衣装ではなく、上海が植民地になった時、白人を相手にする女達が着たもの。
白人男か中国女か仕立屋か誰がデザインしたかは分からん。
現地中国人からは白い目で見られた服装。
例えれば、日本の着物をミニスカートにした様な感じ。

ちなみに俺は嫌いじゃない。
68: 世界@名無史さん 2012/11/26(月) 11:40:53.37 ID:O.net
>>62
呉服とは絹織物の事。養蚕は中国の技術。
遣唐使も積極的に生糸を輸入した。
日本の養蚕業が盛んになるのは、江戸時代。
呉服屋とは呉の服を売る店ではなく、外国ブランドの高級絹反物を売っていますよ、の意味。
Indiana Jones And The Temple of Doom - Anything Goes管理人より:「インディ・ジョーンズ/魔宮の伝説」冒頭シーンのケイト・キャプショー。時代背景的もこのような踊り子さんのイメージぽいですね。
64: 世界@名無史さん 2012/11/26(月) 05:22:41.73 ID:0.net
前髪ってのは邪魔になりやすいから、世界中で額を露出する髪型が主流だったと思う
前髪を額に垂らし始めるのはいつから?
69: 世界@名無史さん 2012/11/26(月) 13:46:07.14 ID:O.net
>>64
四谷怪談の「お岩様」
71: 世界@名無史さん 2012/11/26(月) 21:06:23.98 ID:0.net
ワイシャツは、昔は襟とカフスが取り外し可能だったけど、分離するメリットがないような気がするけど。
これって、本体は洗濯しないで襟・カフスだけ洗うため?
72: 世界@名無史さん 2012/11/26(月) 22:27:11.66 ID:0.net
>>71
わざわざ分離したんじゃなくて、襟やカフスは装飾的なもので、服を着るときにフレキシブルにつけたりはずしたりするものを作った…というところから始まってるんじゃないの。
時代が下るにしたがって着脱が簡単なように一体化したものを作った。
Charlie Chaplin Sings Nonsense Song (Titine) - Modern Times管理人より:「モダンタイムス」でカンニング用のカフスが吹っ飛ぶシーン。カフスにメモを書いてる以上、汚れやすいカラーやカフスは使い捨てのような感覚もあったのかな。調べたけどよくわからなかったです。
78: 世界@名無史さん 2012/12/20(木) 07:33:02.46 ID:0.net
29
半纏・浴衣・丹前あたりはあまり人前で着るものじゃない(本来は)
親しい人や目下の相手の前ならともかく
浴衣もちょっと近場に出るぐらいならいいが、戦前はあれを着て公共交通機関を利用する若者は非常識扱いされた
79: 世界@名無史さん 2013/01/06(日) 03:03:12.25 ID:0.net
Tシャツやキャミソールが街着になるのと同じ流れだよね。
下着・部屋着が外出着に昇格する。
シャネルがジャージー素材をファッション化したのが契機なのかな。
89: 世界@名無史さん 2013/04/10(水) 21:25:09.97 ID:0.net
>>79
Yシャツももとは下着。
ゆえにベストが必要で、ベスト無しでYシャツのみは普通はあり得なかったらしいね。
80: 世界@名無史さん 2013/01/06(日) 05:26:21.44 ID:0.net
今でも浴衣なんぞで電車には乗らんだろ。
下着の外出を容認するなんて厳罰化でもした方が良い。
81: 世界@名無史さん 2013/01/06(日) 06:19:08.08 ID:0.net
>今でも浴衣なんぞで電車には乗らんだろ。
花火大会のときはたくさんいるぞ。
87: 世界@名無史さん 2013/04/07(日) 13:46:01.81 ID:0.net
イタリアとかスペインとかポルトガルとかの南欧の昔の絵を見ると、皆長袖だけど暑くなかったんかな
不思議だ
88: 世界@名無史さん 2013/04/08(月) 20:33:01.74 ID:0.net
アラブ人は皆長袖だけど暑くなかったんかな
不思議だ。
109: 世界@名無史さん 2014/02/18(火) 23:36:02.66 ID:0.net
>>87-88
乾燥地帯では長袖のほうが涼しい。
113: 世界@名無史さん 2014/07/18(金) 22:00:04.70 ID:0.net
>>88
アラブの野外で身体を露出なんかしてたら死ぬぞ
90: 世界@名無史さん 2013/04/11(木) 19:28:11.52 ID:0.net
北方民族は魚の皮で下着をつくっていたと聞いたんですが、皮と皮の継ぎ目はどうしたんでしょうか?
普通に糸で縫ったんですか?
91: 世界@名無史さん 2013/04/11(木) 23:26:33.82 ID:0.net
赫哲族魚皮文化

魚皮糸を魚骨の針に通して魚皮を縫うんだって。なるほどねえ
94: 世界@名無史さん 2013/10/08(火) 14:17:51.43 ID:O.net
袖の膨らんだ男性シャツの名前を教えて下さい。
例をあげると、(フィクションだけど)三銃士の主人公とか、異国迷路のクロワーゼで男の子が着ているようなやつなので、18、19世紀のフランス庶民の服なのかなーと思ってるんですが。

袖自体はビショップスリーブとかペザントスリーブと言うらしいんですが、それで画像検索してもレディースしか出てきません。
中世の農民服も違う印象をうけます。
イラストの作画資料が欲しいのですが、あのシャツは何と言うのでしょうか
95: 世界@名無史さん 2013/10/08(火) 15:01:54.88 ID:0.net
1630年代以後のプールポアンpourpoint
それ以前は詰め物で膨らませていた。
「三銃士」の挿絵より
管理人より:時代的にはドンピシャの17世紀ごろの貴族の服装。いうほど袖は膨らんでないですが…。
97: 世界@名無史さん 2013/10/12(土) 14:49:53.71 ID:0.net
古代エジプトやギリシア・ローマって文明が発達していたのに、なんで半裸に近い格好してたの?
紀元前の中国は、きちんとした服装してたのに。
98: 世界@名無史さん 2013/10/13(日) 08:29:32.45 ID:0.net
服装だけなら、中国のほうが文明国っぽく見えるよね。
99: 世界@名無史さん 2013/10/13(日) 09:54:00.94 ID:0.net
見えるも何も当時の中国は文明国やん
100: 世界@名無史さん 2013/10/13(日) 11:35:50.38 ID:0.net
逆に、なぜ文明国のギリシアやローマが半裸スタイルだったのか不思議だ。
101: 世界@名無史さん 2013/10/13(日) 14:05:34.36 ID:0.net
ギリシャ・ローマって建築とか土木には凝ってたくせに、服飾とかには無頓着だったんだな。
102: 世界@名無史さん 2013/10/13(日) 14:06:10.49 ID:0.net
古代ギリシャよりローマの方が布が大きい。
ローマでも身分が高くなるほど布地のが大きくなる。
裁断したり、縛ったりすると、布地が小さく見えてしまうので、裁断したり、縛ったりすることが発展しない。
104: 世界@名無史さん 2013/10/17(木) 13:56:50.98 ID:0.net
古代ローマとか、元老院専用のトガとか喪服用のトガとかいろいろあるんだけど。
ローマのトーガ(長衣)
管理人より:エジプトもそうだけど、暑いからってのがまずあるんじゃないすかね。ローマやギリシャでは、鍛えた美しい肉体を誇示する感覚で、運動するときは基本全裸で。古代ローマの成人の服装であるトーガは、チュニカ(短衣)の上に、こんな感じで着る。首のとこだけ開いたでっかい一枚布なので、着るのがめちゃくちゃ難しく、奴隷に手伝わせて、アシンメトリーにヒダがキレイに流れるように着たとか。オシャレ好きで知られるカエサルは、暗殺されたとき、体を20箇所以上刺され、倒れたときに見苦しくならないよう、トーガを体に巻き付けてから倒れたとか、なんとか。
108: 世界@名無史さん 2014/02/18(火) 23:27:11.42 ID:0.net
【中東発!Breaking News】カザフスタン政府がレースの下着に禁止令。自由を訴える女性たち、パンティを手にデモ。
カザフスタン共和国の最大の都市アルマトイで今、女性たちが「どんなパンティを穿こうと私たちの勝手よ!」とのデモを繰り広げている。
国がレースの下着の製造や輸入を禁じようとしているためだ。
110: 世界@名無史さん 2014/02/19(水) 20:20:36.63 ID:0.net
>>108
その検査官を、誰か…

コテカ(ち○こカップ)の話は出ませんでしたが、なかなか良いスレ。
世界各国、様々な時代のファッションやアクセサリーの話は、特徴が出ておもしろいですね。できるだけ画像をつけておきました。

カザフスタンのセクシーぱんつ禁止令は、なんでそんなことになったのかなと思って本文読んでみましたが
セクシーな下着が禁じられる理由は、それがレースを多用しているからであった。カザフスタン政府は、石油と鉱物資源が豊富でありながら対ドルの貨幣価値が下落したこと、2010年にベラルーシ、ロシアとともに「関税同盟」を組んだが、2012年にモスクワで制定された“合成繊維であるレース素材は吸湿性に乏しく非衛生的”という強制規格に倣うことになった、などと説明している。
政府が決定するからには、レースがダメな強烈な理由があるのかと思ったら、えらくフワッとした理由ですね。これには女性もブチギレでありましょう。

昨今では特に女性特有のファッション(ハイヒールとか)を女性に強要すんのやめてくれ、みたいな運動もあるし、台湾の高校では、男子もスカートを履けるところもあるんだとか。逆にイギリスでは、女子生徒の風紀の乱れから、スカート禁止令が出されたり、男女平等とやらもいろいろ大変です。
男性らしいファッションとか、女性らしいファッション、というのもいずれは意味を持たなくなるときがくるかも。

男女のファッションに性差がなくなったとき、男女の役割にも変化があるかどうかは多少気になりますが、しかしオシャレ男子がミニスカからのぞかせる、ナマ足魅惑のマーメイド姿などはあまり想像したくはなく、それは管理人の死後のことにしてほしい。あの世から笑って見ております。

史上最強カラー図解 世界服飾史のすべてがわかる本
おすすめ度: 3.4 (6件のレビュー)
ランキング: 本 - 139,282位 (売れ筋を見る)



人気サイト様 最新記事

博士ちゃんねる ヘッドライン

    • ※1 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2020.1.30 21:48
    疲れてたからか>>37の2行目は>>37自身が突然性的嗜好を披露したのかと思ってしまった
    • ※2 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2020.2.4 2:15
    VOGUEのYouTubeチャンネルに、ディズニープリンセスのドレスを服飾史の専門家が史実と比較しながら解説する動画があってとても面白かった。
    観たことなければ是非。
    https://youtu.be/HtQNL4QZgdA
  1. トラックバックはまだありません。


コメ欄での議論はおおいにけっこうですが、当サイトではドクター同士の罵り合いは禁止となっております。反論する際には、相手の意見・人格を尊重し、どうぞ冷静に。