人気サイト様 最新記事

博士ちゃんねる ヘッドライン

レスの強調ウゼェー!というドクターへ

レス内の強調表示をOFFにする コチラをクリックして切り替えてください。設定は30日間Cookieに保存されます。
現在のステータス:強調有効

色覚異常、iPSやESで治せるか @ [未来技術板]


色覚異常、iPSやESで治せるか  @ [未来技術板]
1: オーバーテクナナシー 2008/05/31(土) 00:35:30 ID:ID:VpDZXrgr
色覚異常の人は案外多い。でも、今は治らない。
最近、ES細胞やiPS細胞の発達が著しい。
将来は治せるようになると思う?
管理人より:未来技術板だけど生物学カテゴリーの更新!
2: オーバーテクナナシー 2008/05/31(土) 00:39:49 ID:ID:1HkEGxqV
ヨーロッパじゃ男性の一割が色盲なんだってな。
5: オーバーテクナナシー 2008/05/31(土) 01:21:12 ID:ID:VpDZXrgr
>2
多いんだねぇ…
3: オーバーテクナナシー 2008/05/31(土) 01:12:22 ID:ID:aK3rZqqc
さあ、原因次第じゃない。直せるものなら直ると
4: オーバーテクナナシー 2008/05/31(土) 01:20:22 ID:ID:VpDZXrgr
>3
原因はねぇ、網膜上の錐体細胞らしい。
んで、ES細胞などの再生医療で、網膜を再生できるらしい。近い未来にね。たしか予測では2015年
10: オーバーテクナナシー 2008/06/04(水) 02:01:01 ID:ID:IjFbur/U
>>4
同様に網膜剥離なんかで欠損した部分も直せるかな?
11: オーバーテクナナシー 2008/06/04(水) 18:24:59 ID:ID:lSWpyo3z
>>10
できるかもしれないね。
眼の構造
管理人より:目の構造はこのようになっております。角膜ならともかく、網膜を取り替えるっていうのはなかなか大変ですな…。
6: オーバーテクナナシー 2008/06/02(月) 01:33:55 ID:ID:JV7dJXeP
色弱ってなんで治せないの?
近眼みたいに補正できないの?
何ができれば治せるの?

誰か教えて
7: オーバーテクナナシー 2008/06/02(月) 13:32:30 ID:ID:LgFz5DvV
子孫に対しては遺伝子レベルで改造。
本人には、細胞レベルで改造。

ま、マイクロマシンでDNAやタンパク質作り替えないとな。
8: オーバーテクナナシー 2008/06/04(水) 00:52:40 ID:ID:lSWpyo3z
>>7
いつになったらできるんだろうね?
9: オーバーテクナナシー 2008/06/04(水) 00:54:50 ID:ID:lSWpyo3z
俺、治したい。
好きな仕事に就きたい。
12: オーバーテクナナシー 2008/06/06(金) 00:43:36 ID:ID:jHpIZrwo
色弱についてなにか最新の情報を教えてください
14: オーバーテクナナシー 2008/06/06(金) 22:35:42 ID:ID:jHpIZrwo
色弱は治るべきです
15: オーバーテクナナシー 2008/06/06(金) 22:49:51 ID:ID:8nzvgQln
新しい網膜が要るんじゃない?
16: オーバーテクナナシー 2008/06/06(金) 23:41:11 ID:ID:jHpIZrwo
それは、近いうちにできるそうです。
2015年くらいに。IPS細胞で。

情報提供:iPS細胞 ヒトはどこまで再生できるか?

でも、それだけでは無理みたいです。
17: オーバーテクナナシー 2008/06/06(金) 23:43:58 ID:ID:jHpIZrwo
それは2015年ぐらいには可能になるみたいです。(※)
ただ、仮に新しい網膜を使っても、今より視力が悪くなりメリットはまったくないそうです。
色弱だけを治すという治療には、現時点では結び付けられないようです。

(※の情報提供:iPS細胞 ヒトはどこまで再生できるか?)
管理人より:2020年現在でも、治療法はまだない模様。特に先天性色覚異常は現在でも治療が不可能だということです。
18: オーバーテクナナシー 2008/06/12(木) 21:11:36 ID:ID:mvmUzm82
治らないのか、色弱は
19: オーバーテクナナシー 2008/06/13(金) 18:20:17 ID:ID:Qv8oPMg8
治らないことは無いと思うが、今の技術と倫理観念では無理じゃないかな?

治癒方法としては遺伝子操作レベルになるだろうから、人に対する遺伝子組み換えについてよしとするかどうかじゃね?
宗教的な理由で行えないとか、倫理的に反するとかで200~300年はおあずけじゃね?
20: オーバーテクナナシー 2008/06/20(金) 22:29:23 ID:ID:XxC7LnN2
まぁ、いろんな方法が確立されるであろうから落胆することはないと思う。
白血病の新しい治療法が最近、米国のハーバード大学によって確立されたが、5年前にそれを予想した人はいただろうか?

今までの常識がガラッと変わることはある。色弱も同様。

遺伝子組み換えでしか治らないという視点で見れば、難しいかもしれない。
しかし、いつ新しい治療法ができるかはわからない。
21: オーバーテクナナシー 2008/06/20(金) 22:42:59 ID:ID:Y6jB9jGj
色弱の場合、遺伝子の修復だろ。
22: オーバーテクナナシー 2008/06/21(土) 14:19:42 ID:ID:FPqb9oJY
コンピュータで映像に色覚情報を数値化させて表示してもらうと言う方法もあるぞ。
その発展系ならどんどんアイディア次第で実用化になるだろう。
23: オーバーテクナナシー 2008/06/21(土) 23:09:49 ID:ID:Rq0q4GXe
治せるさ
25: オーバーテクナナシー 2008/07/04(金) 00:16:21 ID:ID:L/UYv6ZQ
iPSとかESと言った時点で、直らないといっているようなものだよなあ
部分的にしろ 生まれ変われ というのと同義
でも部分的にDNA書き換えた組織は異物として排除されないのだろうか
26: オーバーテクナナシー 2008/07/04(金) 00:19:21 ID:ID:fUUFApxb
火傷が治って新しい皮膚ができても生まれ変わったと言えるかね?
一番の問題はこれでしか救えない人が世界には何百万人もいる事だ。
27: にょっき ◆BGaynNYOKI 2008/07/04(金) 13:38:07 ID:ID:CyTV0PIN
俺色弱だけど普通に生活してて困る事なんてぷよぷよする時くらいなんだよね
別にこのままでも良いんだよね
29: オーバーテクナナシー 2008/07/07(月) 00:49:52 ID:ID:AGA2ZWoL
>俺色弱だけど普通に生活してて困る事なんてぷよぷよする時くらいなんだよね
別にこのままでも良いんだよね
世の中には、困ることが「ぷよぷよ」だけじゃない人がたくさんいる。
色弱のことでいじめを受けたりした人もいる。
自分の視点だけでなく、他者の視点も受け入れて
28: オーバーテクナナシー 2008/07/06(日) 00:15:27 ID:ID:5CFu4nod
X染色体側に正常な細胞を作る情報が残ってるんだから、それで補完すれば色覚異常の細胞は治せるんじゃね?
そう言えば、Macには色反転機能がついてるから、色覚異常の人でもキーボード組み合わせで確認楽だよね。
30: オーバーテクナナシー 2008/07/07(月) 00:51:35 ID:ID:AGA2ZWoL
どこかの記事か掲示板かで見たけど、色弱は将来治療可能になるそうだ。
色弱者に外部から、色弱を治療するDNAか遺伝子か、そんな類のものを注入するんだそうだ。
アメリカかイギリスでは、治験が始まりつつあるそうだ
31: オーバーテクナナシー 2008/07/07(月) 01:11:04 ID:ID:TVKMjrKQ
遺伝子:
遺伝情報のカタマリで1つの蛋白質をコードする。

遺伝情報:
遺伝子のコードを情報として見た場合の表現。

DNA:
デオキシリボ核酸。遺伝子の担い手の高分子。生物によっては遺伝情報の担い手はRNAの場合もある。
ヒトの遺伝子をRNAで構成する事も理屈ではおかしな事ではない。

染色体:
DNAが細胞分裂などの時に蛋白質を取り込みながら構成する遺伝子のパッケージ。常に存在する訳ではない。
32: オーバーテクナナシー 2008/07/07(月) 23:07:31 ID:ID:14esrdF0
素朴な疑問だが、網膜を上手く張り替えたとして、脳味噌の方は信号の変化に上手く対応できるのかな?
33: オーバーテクナナシー 2008/07/07(月) 23:58:55 ID:ID:AGA2ZWoL
>素朴な疑問だが、網膜を上手く張り替えたとして、脳味噌の方は信号の変化に上手く対応できるのかな?
確かにそうだね、そこは今後の研究課題だと思う。
39: オーバーテクナナシー 2008/09/28(日) 01:14:49 ID:ID:UFbHxusi
色弱は治らない
40: オーバーテクナナシー 2008/09/28(日) 01:22:17 ID:ID:BdxpgFnP
もともと人が見てる色感覚は一人一人違うんだってさ。
57: オーバーテクナナシー 2009/09/16(水) 01:48:40 ID:ID:Jw2u6T+S
>>40
それは二つの意味で受け取れる。

一つは多数派色覚であっても、錐体の周波数が微妙に違うと言う、至極簡単な話。
色弱ほどじゃなくとも色の感じ方が微妙に違うことになる。

もう一つは、仮に全く同じ色覚であっても、内部的に違う色を見ている可能性があるということ。
この場合の内部っていうのは、脳というより、もっと根本的な、自分とは何かみたいな哲学的な話になりかねないが、例えば、全く同じ色覚を持った二人の一方が、仮に内部的に他方の見ている映像を色彩反転した映像を見ていようが、問題はないわけだ。

内部的に海が違う色に見えていても、海=青、青=冷たい感じという関係は保たれる。
特定の波長に対する意味や心理効果が共通でありさえするば、内部的にどう見えていようが、外部的には何の差異もないようにみえる。
そして実際物質世界の観点からは何の差異もないのだ。

そもそも自分以外の意識は確認できないから、確認できないものはある意味存在しないのと同じで、そもそも決定できない…という、考えても実際には何の役にも立たない哲学な話。
管理人より:哲学的には後者を「クオリア」と呼んだりしますね。
41: オーバーテクナナシー 2008/09/28(日) 16:59:54 ID:ID:hm6A6zhU
最低限、3波長の異なる色に反応する細胞があればいいんだろ?
43: オーバーテクナナシー 2008/12/15(月) 23:19:43 ID:ID:MntE4OqD
錐体細胞をどうにかできた所で、脳にそれを処理する回路がないと意味がないんじゃないか?
生まれたときから色覚異常なら、様々な色に対応する神経ネットワークが発達しているとは思えない
子供ならまだどうにかなるかもしれないが
44: オーバーテクナナシー 2009/03/08(日) 08:21:25 ID:ID:SJXfWqBg
補正メガネってどうなんだろ
高価すぎて手が出ない
45: オーバーテクナナシー 2009/03/15(日) 23:23:00 ID:ID:XFeF+ouK
治療法ができたらしいぞ。
詳細キボンヌ
46: オーバーテクナナシー 2009/03/17(火) 02:16:31 ID:ID:JoCuRspI
治療法が出来たーーー ついに、ついにアメリカで。
これで、正常色覚が手に入る

さぁ、皆さん御一緒に&声高に!!
万歳!万歳!!万歳!!!
47: オーバーテクナナシー 2009/03/18(水) 00:26:08 ID:ID:tZ1m7/9p
おい、うれしくないのかよ
治療法が出来たって、言ってんだろうが
52: オーバーテクナナシー 2009/07/06(月) 11:26:46 ID:ID:WUP+BtwU
>>46
アメリカ行って、もちろん保険もないから、治療費一億円てか?
さーどーする
49: オーバーテクナナシー 2009/05/24(日) 07:25:23 ID:ID:iYmVXf/m
>>45-48
ホントなの?
48: オーバーテクナナシー 2009/03/29(日) 08:14:53 ID:ID:FLI3ynBQ
病気で色覚落ちたよ。
少しコントラスト下げたみたいな視覚だけど、青が異様なほど美しく見える。
50: オーバーテクナナシー 2009/05/24(日) 20:11:47 ID:ID:XFA+h3RT
青が鮮やかに見えるって、薬害じゃね? それ。
54: オーバーテクナナシー 2009/07/15(水) 23:58:30 ID:ID:cpStQ5oG
ずばり、直りません。
少なくとも俺やあなたが生きているうちは。
科学ってものを勘違いしてますね。
55: オーバーテクナナシー 2009/07/19(日) 10:19:30 ID:ID:zsDO7AvS
>>54
きょうの中日新聞の記事、すげー気になる。まじ、科学に期待できるかも。
俺には娘がいるが、孫のそのまた孫の時代にはひょっとして克服するかも。
59: オーバーテクナナシー 2009/09/18(金) 00:48:12 ID:ID:BfiXQfOC
色覚異常(しきかくいじょう)は、目の特性の一つ。
色を認識する錐体細胞の変異により、色の認識・識別が多数派と異なっていることである。
58: オーバーテクナナシー 2009/09/18(金) 00:46:10 ID:ID:BfiXQfOC
新たな研究により、サルの色覚異常が簡単な細胞注入で治ることが確認された。
人間の視覚も遺伝子治療で改善するのか、将来的な研究にゴーサインが出たかたちだ。
研究を行ったジェイ・ナイツ氏は、「夢の治療法だ。あらゆる種類の眼疾患に効果があるかもしれない」と話している。(ナショナルジオグラフィック 公式日本語サイト)

管理人の知り合いに色弱のひとがおり、彼曰く、赤と青がよく見えないんだとか。
生まれつきなので、それで困るかというと特に困らないのですが、肉の焼き加減がわからん…とは言ってました。お肉が灰色に見えるので、ちっともうまそうに見えんとも。
彼はプログラマーなのでその点でも特には困らないが、管理画面なんか作らせるとやたらと、よく見えるオレンジと緑しか使わない(使えない)という難点も多少はある。

色弱にせよ色盲にせよ、管理人はまったくないのですが、色が抜け落ちてるのはなんだか寂しいですよねぇ。
網膜の方をどうにかしないといけない、ということですが、網膜たって目の奥にあるんだし、実質的には目を取り替えるくらいなアレになるんですかね?神経多いから難しそうだなぁ…。

スレは10年くらい前のやつですが、当時からサルやなんかでは成功した、というニュースはあったようです。
iPS細胞とかもあるし、再生医療は今ホットな分野だから、やがては克服できるかもしれませんが、なにしろお金がかかるのか、その歩みは遅々として進まず、一般庶民まで行き渡るにはまだまだでしょうか。

それにしてもサルの色盲が治ったかどうか、なんてどうやって判断するんでしょうかね。
おサルさんにインタビューするわけにもいかず、感想が気になる。
脳波を測定して、特定の色に反応があったかどうか、みたいなことであるなら、ホントに治ったのかどうかよくわからない。
感覚を測定するのはけっこう難しそうなイメージがあります。

人間の感覚のうち、視覚への依存度は実に80%だとか。
いつしか色盲も治るようになればいいですがねぇ。




人気サイト様 最新記事

博士ちゃんねる ヘッドライン

  1. ドクターのコメントをお待ちしております!

  1. トラックバックはまだありません。


コメ欄での議論はおおいにけっこうですが、当サイトではドクター同士の罵り合いは禁止となっております。反論する際には、相手の意見・人格を尊重し、どうぞ冷静に。