人気サイト様 最新記事

博士ちゃんねる ヘッドライン

レスの強調ウゼェー!というドクターへ

レス内の強調表示をOFFにする コチラをクリックして切り替えてください。設定は30日間Cookieに保存されます。
現在のステータス:強調有効

優生人類反対派 vs 賛成派 @ [未来技術板]


優生人類反対派 vs 賛成派 @ [未来技術板]
1: 1 2006/10/26(木) 17:41:01 ID:ID:N4dDPvKM
ガチンコ対決 !!
管理人より:生物カテゴリーの更新!
2: オーバーテクナナシー 2006/10/26(木) 18:56:16 ID:ID:jkNdcWWN
とりあえずスレタイの意味を説明してくれ。
4: オーバーテクナナシー 2006/10/28(土) 12:20:23 ID:ID:6vs+tM6I
要するにあれだ、人間に対する育種について語るんでしょ。
俺は「理論的には行うべきであるが実行は難しい」で一つ。
管理人より:「育種」というのは品種改良のこと。
5: オーバーテクナナシー 2006/10/28(土) 22:12:05 ID:ID:17QLLEdL
サラブレッドや作物などは必要な指標がハッキリしているが、頭の良し悪しなど量りようが無い。
そんな事を考えるより、教育や環境で頭を良くする方が「頭の良い人間」を量産できる。
7: オーバーテクナナシー 2006/10/28(土) 22:45:52 ID:ID:0IHnb/jq
大体の研究は何時までたっても終わらないように細工されてるがなw
明確な目標を設定するとそれが実現した時点で仕事が無くなる。
8: オーバーテクナナシー 2006/10/29(日) 16:57:20 ID:ID:rJ/3eaGT
なにこの机上の空論スレww

俺も一時期考えてた。
もし頭脳の良し悪しが正確にわかるテストが出来るなら、世界中で実行して人口10分の1にすれば生産性あがるし食料問題解決だし資源も余るし、いいこと尽くしだなぁって。

でも実際倫理的な問題もあるし、強制は出来ない。
なにより実行する側も死ぬ可能性が高い(∵若い方が頭いい)から実行しないし、
もし頭がいいものだけ残したら、それだけ淘汰するような環境の変化が起きたら一発で全滅する可能性もある。
諦めが肝心ww
9: オーバーテクナナシー 2006/10/29(日) 19:05:36 ID:ID:wzz3kwCW
>>8
激しく同意
15: オーバーテクナナシー 2006/10/29(日) 22:01:17 ID:ID:9UdtSNAo
>>8
なにこの、論理を都合よくできないように説明しているレス・・
10: オーバーテクナナシー 2006/10/29(日) 19:13:15 ID:ID:2maj0LC3
何も人口をへらさんでもいいだろw
12: オーバーテクナナシー 2006/10/29(日) 19:30:15 ID:ID:2maj0LC3
実際に可能か不可能かと言う問題を棚に上げるとするならば、優秀と判断された(判断基準も棚に上げるとして)女性の元に同じく優秀と判断された男性の精子を配達すればよろしい。
子供を産むことを許可された女性には優遇措置を行って子育てだけしてればいいように。
13: オーバーテクナナシー 2006/10/29(日) 19:41:33 ID:ID:OzyqPRk6
政治的判断というのを全く考えないのな。
14: オーバーテクナナシー 2006/10/29(日) 19:43:13 ID:ID:2maj0LC3
あらかじめ棚に上げると宣言したじゃないかw
実際に行うのは無理でしょ、事実上私有財産の相続も廃止せにゃやならんし
17: オーバーテクナナシー 2006/10/29(日) 22:07:22 ID:ID:9UdtSNAo
一夫一婦制になったのはつい最近。
昔から人間は一夫多妻制で遺伝子淘汰を繰り返してきた→絶滅はしてない。

10歳や30歳でがんになる人がいる。これはがん家系
がんはかからない方がいい→がん家系遺伝子淘汰は必要でしょう
18: オーバーテクナナシー 2006/10/29(日) 22:09:09 ID:ID:9UdtSNAo
その他の病気遺伝子も淘汰していいでしょう
→2歳で死ぬ病気の遺伝子を持っている場合こういう人は
子孫を残せてないわけど、人間は存続している→病気で絶滅はおおはずれ
19: オーバーテクナナシー 2006/10/29(日) 22:10:46 ID:ID:9UdtSNAo
そもそも女と男の遺伝子を掛け合わせてあらたな遺伝子ができるわけだし
おんなじ遺伝子がそのまま増えると言うわけではなく、何万パターンというのは変わらないわけだ
32: オーバーテクナナシー 2006/10/30(月) 10:31:59 ID:ID:LYHIvq7S
チャールズ・ダーウィン現実を知らない人が多いのでまず基本をおさらい

進化論はたまたま環境に適応していたものが生き残ったという考え方
例えば、キリンは首が長い前は足が速くて馬みたいだったんだ
首が長いほうが不利なんだ、たまたま首が長いほうが生き残っただけ
いろんな種類のキリンが共存している状態を多様性があるといい、多様性を失った生物は絶滅すると言われている

科学の基本姿勢はこの考え方です
33: オーバーテクナナシー 2006/10/30(月) 10:39:02 ID:ID:LYHIvq7S
フランシス・ゴルトンそして、対を成す思想体系としてダーウィンのいとこが提唱した優生学というものがあります
進化とは適者生存ではなく、優秀なものが生き残るのだという考え方です
人類の発展のためには、劣等遺伝子を切り捨てなければいけないというものです

戦前アメリカでは、受刑者や遺伝性の病気だと言われたものに、子供が作れないようにする法律が作成されました
この法律を参考にして猛威を振るったのが有名なナチスドイツです
アーリア人こそ優等種であり、ユダヤ人や黒人といった劣等種は断種しなければいけないと訴えました

戦後日本でもこの法律を参考にした法案に優生保護法というものがあります
多くの遺伝病と言われていた病気の人や家族を断種しました
現在訴訟が行われているハンセン病差別もその一環です
カナダなどもこの法律を参考にしましたが、彼らが思った劣等種は主にアジア人でした
日本人は戦後しばらくカナダへ入国することすら禁止されていました
119: オーバーテクナナシー 2006/10/31(火) 22:47:01 ID:ID:rcN9r3R2
>>32
きりんは勝手にそういうふうになっただけで、人間の場合は意図的に淘汰するわけで、一番絶滅の確率の低い方法で淘汰するわけですが。
そして人類が頭よくならないと、どのみち太陽に巻き込まれて絶滅するんでそこまで含めてかんがえて話してほしい。


>>33
その場合は、優勢の判断がまちがっただけであって、劣悪遺伝子を淘汰することが間違っているとはいえないよね。

>>35
いろんな頭のよさがあるからいろいろな頭のよい人を選べばいいだけでしょう。
でもまずは早い宇宙船をつくれる技術に関係があったり、宇宙での生活の技術を発展させたりする頭のいい人間は優先されるべき1つの頭のよさの1つです。
34: オーバーテクナナシー 2006/10/30(月) 10:41:29 ID:ID:IR4cAVBZ
キリンは野生馬と同じくらいの速度で走れるわk(ry
36: オーバーテクナナシー 2006/10/30(月) 11:00:48 ID:ID:LYHIvq7S
ちなみにネアンデルタール人は現代人より脳容積は大きい
37: オーバーテクナナシー 2006/10/30(月) 11:02:27 ID:ID:IR4cAVBZ
脳容量なら鯨や象の方がでかいんだがなw
42: オーバーテクナナシー 2006/10/30(月) 11:18:23 ID:ID:LYHIvq7S
結局人間ってのは言語や論理的思考をする前頭葉を発達させただけで、本来の脳が持っている能力ってのはほぼ容積に比例するんじゃないか?
クジラなんかはその分、音で周囲の状況を把握するソナーのような能力持ってるし
43: オーバーテクナナシー 2006/10/30(月) 11:19:17 ID:ID:IR4cAVBZ
言語によるフォーマットで効率的に思考できる、という点も大きな特徴だとは思うが
45: オーバーテクナナシー 2006/10/30(月) 11:35:45 ID:ID:/LbjEWw/
そう言えば言語はクジラ・イルカ類も持っている。
目隠ししたイルカと目隠ししてないイルカに芸のサインを送ると目隠ししたイルカも芸を始める。
目隠ししたイルカだけでは芸をしない。

情報が送られている事は確かだが、カラスやオオカミの泣き声と違い音の特徴とイルカの行動が関連付けられないので、その読み取りができないらしい。
余程どうでもいい事を話してるのか人間には理解し難い文法を用いてるのか?
47: オーバーテクナナシー 2006/10/30(月) 12:15:11 ID:ID:leqbOp8m
その昔、脳が大きくある程度の社会的な生活を行っていた痕跡が確認されているネアンデルタールという種族がいました。
しかし、彼らは後に現れた脳が小さく野蛮で凶暴なクロマニヨンという種族に滅ぼされてしまいました。
そうしてクロマニヨンが世界に席巻し、ヒトが生まれましたとさ。
めでたしめでたし。
48: オーバーテクナナシー 2006/10/30(月) 12:16:54 ID:ID:IR4cAVBZ
混血したって説もまだ根強いけどね
49: オーバーテクナナシー 2006/10/30(月) 12:20:23 ID:ID:LYHIvq7S
その学説は大きく二分されている
この優生思想に通じるものがあるんだが

1つは、ネアンデルタールなどという劣った人種が共存できるわけもなく、われわれの祖先であるホモ族によって滅ぼされたはずである
これを単一起源説という

もう1つが、ネアンデルタールとホモ族や他の原人由来の種族と混血を繰り返しながら、現在の人類に収束したという多地域紀元説がある

現在派閥抗争は前者有利の情勢にありながらも、後者後押しする証拠がいっぱいあるという
矛盾した状況になっている
57: オーバーテクナナシー 2006/10/30(月) 17:46:46 ID:ID:/LbjEWw/
優生学は違う政治体制や宗教団体を徹底的に弾圧した共産主義に似てるな。
59: オーバーテクナナシー 2006/10/30(月) 18:13:15 ID:ID:/LbjEWw/
マルコス・レーニン主義では共産主義が最も優秀な政治体制と考え他の体制や宗教を社会的な成長を妨げる物として抹殺、ここでいう所の人為淘汰をしようとした。
社会の成長を種の成長に置き換えたらそっくり。
60: オーバーテクナナシー 2006/10/30(月) 18:13:17 ID:ID:LYHIvq7S
優生学を思いっきり反映したのが資本主義
61: オーバーテクナナシー 2006/10/30(月) 18:16:24 ID:ID:/LbjEWw/
>>60
資本主義が自由競争であり淘汰が人為的でない点が違う。
63: オーバーテクナナシー 2006/10/30(月) 18:20:02 ID:ID:LYHIvq7S
>>61
君が思ってるその淘汰というものが、すでに優生学なんだよ
ダーウィンの自然淘汰という言葉を、よく資本主義の自由競争に当てはめて弱者排除を正当化する人がいるけど、ダーウィンはそんなこと一言も言ってない
言ったのは優生学
62: オーバーテクナナシー 2006/10/30(月) 18:16:28 ID:ID:LYHIvq7S
アドルフ・ヒトラーヒトラーが熱狂的な資本主義信者だったのは有名な話ですね
ソ連に戦争を仕掛けたのも共産主義を目の敵にしていたからで、ヒトラーは当然アメリカは同じ資本主義国家として同盟するだろうと考えていた
管理人より:ヒトラーのアカ嫌いは確実ですが、「熱狂的な資本主義者だった」というのは賛同いたしかねる。ナチスの思想の中には「反資本主義」も含まれていて、思想的にはレーニン主義に近いと思いますね。
68: オーバーテクナナシー 2006/10/30(月) 18:48:55 ID:ID:IR4cAVBZ
優生学を前面に押し出したとしても、それはそいつらだけでもやっていけるが、共産主義は社会全体が共産主義化しないと成り立たないという違いはあるがな。
71: オーバーテクナナシー 2006/10/30(月) 18:53:28 ID:ID:/LbjEWw/
>>68
優生学にも全体共産化しなければならないのと同じ様に例外を認められないだろう。
76: オーバーテクナナシー 2006/10/30(月) 19:48:37 ID:ID:IR4cAVBZ
>>71
そんなことはないよ。
賛同者が集まって精子バンクも駆使してできるだけの遺伝要素をかき集め、数百年単位で育種に励めば、そのグループの構成員はそれなりに成果を享受できるはず。
もっとも、子供のうちにしっかりと倫理教育して離反者が多すぎるような自体は防がなきゃいけないけど。
80: オーバーテクナナシー 2006/10/30(月) 20:33:53 ID:ID:/LbjEWw/
>>76
人間社会をオオカミの群れだとすると、その中に要求する能力に特化した犬を作り出そうという意味?
81: オーバーテクナナシー 2006/10/30(月) 20:37:26 ID:ID:IR4cAVBZ
>>80
どんな喩えか今ひとつ理解しきれないが、
まぁ、遺伝子サンプルが数万もあればその中で優良な品種を作り出せるのは馬とか牛とかが証明してくれてるし。

どっちかというと野生の牛から乳牛を作り出すような感じ?変わらないかな?
83: オーバーテクナナシー 2006/10/30(月) 20:53:39 ID:ID:/LbjEWw/
>>81
例えば警察犬になれる犬はジャーマンシェパードがほとんど、コリーが少しいる。
雑種になると親がシェパードでも警察犬は無理。能力がてき面に低下する。

特殊な素質が必要な為、オオカミは警察狼にはなれない。オオカミを品種改良すると結局シェパードが出来る。
しかし生態系での力の差は歴然だ。
89: オーバーテクナナシー 2006/10/30(月) 21:50:34 ID:ID:IR4cAVBZ
>>83
だってシェパードは警察犬であるべくして作られたんだもの。
狼を品種改良して野生の生態系の中での生存に特化した犬を作ればまた別になる
69: オーバーテクナナシー 2006/10/30(月) 18:49:58 ID:ID:v0izOCkk
まず第一に、今の社会環境で優生学うんぬんをいいだす人間は、社会不適応者として排除される可能性が大。
さらに、歴史的にも力関係でも、今現在ヘゲモニーを握っているのは俺たちと違う人種。
自分で自分の首を絞めるようなまねはやめたほうがいい。
73: オーバーテクナナシー 2006/10/30(月) 19:42:34 ID:ID:LYHIvq7S
アメリカでよく人権団体が中絶廃止を訴えてるけど、あれは優生思想の反対運動だよ
中絶というのは事前検査で遺伝性の病気があった場合に行われるのだが
これってホロコーストと基本的にはまったく同じことをしてるだけだからね
75: オーバーテクナナシー 2006/10/30(月) 19:47:54 ID:ID:LYHIvq7S
社会主義というのは経済やらなにやらをすべて国が管理して、バランスの取れた政治を行う思想のことを言う

共産主義というのは、国家として得た収益や生活必需品をみんなでわかちあって、貧富の差を無くそうという思想のことを言う
88: オーバーテクナナシー 2006/10/30(月) 21:44:21 ID:ID:LYHIvq7S
品種改良という意味で優生学は役にたっていることは事実です
おいしい作物が大量に食べられるのもそのおかげです
そういった食物は人間社会が管理しているから実をつけるだけです
自然界にまいても枯れてしまうだけです

人間を品種改良したって誰も管理なんかしてくれません
なにか災害が起こったらあっというまに絶滅です
91: オーバーテクナナシー 2006/10/30(月) 22:01:47 ID:ID:LYHIvq7S
人間は頭がよく進化したんだと言いつつ、頭が良すぎる人間は病気扱いw
なんて人間って都合がいいんだろうw
92: オーバーテクナナシー 2006/10/30(月) 22:07:13 ID:ID:IR4cAVBZ
社会性を失っていたらどんなに頭が良くても病気だろ
95: オーバーテクナナシー 2006/10/30(月) 22:29:05 ID:ID:LYHIvq7S
>>92
君が今言った言葉がこのスレの命題なんだよ
優れているとか劣っているとかいう価値観はすべて社会的価値観であって、地球環境も神様もしったこっちゃないんだよ

しかもたちの悪いことに、この社会的価値観は立場が変わるたびにころころ言い分も変わる
結局気に入らない存在を抹殺するための都合のいい道具として利用されてきたんだな、優生学というのは
97: オーバーテクナナシー 2006/10/30(月) 22:32:07 ID:ID:IR4cAVBZ
>>95
学問それ自体と社会がそれをどう利用するかは関係のないことだよ。
物理学は核兵器やミサイルを作り出したから悪か?そうではないだろ。
100: オーバーテクナナシー 2006/10/30(月) 22:35:02 ID:ID:LYHIvq7S
>>97
優生学は科学的に似非科学認定を受けています
105: オーバーテクナナシー 2006/10/30(月) 22:46:03 ID:ID:LYHIvq7S
アインシュタインやエジソンがもし現代にいたら病院に入院させられてるような人だよw
108: オーバーテクナナシー 2006/10/30(月) 22:48:33 ID:ID:IR4cAVBZ
>>105
四割打者問題って知ってるかい?

まぁ、単純に言えば、一定の競技なり能力なりを洗練していくと、最初は大きかったばらつきが小さくなりながら平均値は上がっていくんだよ。
だから、突出した才能を持つものはでなくなるが全体としての能力はアップしてるわけ。
127: オーバーテクナナシー 2006/10/31(火) 23:40:00 ID:ID:LlYJ9L6o
優生学も資本主義も同じものだけど、両方に共通して存在する馬鹿がいる
自分には関係無いと思ってるやつ

頭のよさを突き詰めるよう人間改造するとしたら、俺もお前らもごみかすなんだよ
IQ200以下は安楽死させる法律とかが出来て殺されるんだよ
今はIQ70以下が病気ラインということになってて他人事で済んでるが優生思想を容認すると、このラインは徐々に引き上げられてあったというまに200になる

馬鹿は死んで当然とか言ってると、気づいたら自分が殺される立場になり、その時にいくらわめいても、自分が今までやってきたことをされるだけなので、逆らうことすら不可能な状態になっている

古いスレなのですが、これはまさに現在進行形のツイフェミ問題とも関わりがあるといえるかもしれません。
しかもたちの悪いことに、この社会的価値観は立場が変わるたびにころころ言い分も変わる
結局気に入らない存在を抹殺するための都合のいい道具として利用されてきたんだな、優生学というのは
と、»95さんが途中で述べており、以前フェミニズム問題まとめたとき「負の性欲」という謎ワードを調べた際に出てきた記事を思い出しました。

性欲の正負とは、異性に対して男はネガティブリスト(原則OK)、女はポジティブリスト(原則NG)と逆になっていることを意味する。雄は同時期に多数の雌を妊娠させることが可能だが(種馬)、雌は1匹の雄の子しか妊娠できないので、異性選びにおいて雄は質より量、雌は量より質になる。ヒトでも、OKするハードルの高さが女≫男になる
男がパワーを持てば、それまでは手が届かなかった女を物にしようとする。男にあるのはハーレム願望つまりは「包摂」であり、女を間引きするという発想は絶対に出てこない。
ところが、女がパワーを持つと「女性だけの街」や「秋葉原ゲットー化」のように、それまでは排除できなかった男を排除しようとする。その究極はナチスやクメール・ルージュのように「この世から消す」ことであり、それが女の潜在的欲求である。

男にとっての女の価値:正→増やそうとする
女にとっての男の価値:負→減らそうとする
これと「マザコンは自閉症の原因」などの発言を合わせれば、ナチスとの類似性は明らかである。この学者がフェミニストの代表者であり続けていることは、現代フェミニズムが「そのような考え」つまりは優生思想であることの何よりの証拠と言えよう。一人一派などという言い訳は通用しない。
「負の性欲」・フェミニズム・ネオリベラリズム

なんか極論のような気もするけど、オスは子孫を残すために数撃てばいいから基本OKとなり、メスは作る子供の数に限度あるから、自然と厳しく選ぶようになるから基本NGとなる。なるほど「女だけの街」に感じた違和感はこれですか。ツイフェミ問題で「逆もまた真なり」とはいかない理由もこれかなぁ。

まぁ、そんな関係で、優生思想とはなんぞや、というスレもまた良かろうかと考えました。
優生思想というのは「優れたものが生き残るべきだ」という理屈なのです。そんなの当たり前でしょという感じですが、その後に「だから劣ったものは(意図的に)排除すべし」と続くと、えっ!?ってなるのって不思議ですね。要は同じことですが。
これを推進すべし!という意見のひとは、自分は排除されるわけないと考えてるわけだから、よほど自分に自信があるのかな。

優生思想(あるいは人為淘汰)は、生物学的な是非と、社会学的な是非は別にして考えないといけないですね。なにしろ人権をどこまで与えるのか、のラインを狭めようというのだから、生物カテゴリーでまとめちゃったけど、社会的な命題なのです。

「無能は死ね」という風潮の昨今、確かに優生思想というのは強者にとっては都合のよい理屈ではありますが、しかし、下手すると自分だって排除される側に回るのかもしれない危険な考え方でもあると言えます。雷や隕石は、落ちてきてからはじめて気づくものです。

「強者」というのに絶対基準はなく相対的に決まるので、弱者が排除され続ければやがては自分の番が来ます。「排除」というのは別に抹殺とは限らない。権利が著しく制限された状態で「養分として生かされる」のも「排除」のうちなのです。
それがほどよいところでコントロールされるはずだ…と思ってるならおめでたいにもほどがあるし、「こんなはずではなかった」ってならないといいですけどね。

相対的に評価される「強者」は、全体では少数派です。
だから、そのような強者の理屈をストレートに出してたら、大多数から反対を受けるのは当たり前なのですが、これを丁寧にオブラートに包み、自尊心をくすぐったり、別の問題にすり替えたりするとアラ不思議!賛同者が一気に増えることに。

理性を持つ我々としては、冷静にこうしたカラクリを判断し、他山の石とせねばなりませんなあ。


お知らせ:明日の更新おやすみです!




人気サイト様 最新記事

博士ちゃんねる ヘッドライン

    • ※1 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2020.3.29 22:36
    スレ内でもチラッと出てたような気がするけど、遺伝病とかの遺伝子的な面での不利が生じるときには、その遺伝子を抹殺しようじゃなくて出来るだけ不都合なく生きられる社会がいいんじゃないかと思う。
    不都合なくってのは制度とかだけじゃなくて科学技術とかそういうものも含めた対応ね。
    遺伝病なんかも(安価な)特効薬が発明されれば、遺伝子としてはともかく社会で生きる上での不利はほぼなくせる訳だし。
    しかしそういう人が生きる上ではどうしてもそうでない人と比べて社会的なコストは大きくなるから、そのコストが(おそらく多くの)そうでない人に行く訳だけどそれが受け入れられるかどうか。
    自分が切り捨てられる対象になったらどう思うか考えよってのは確かにいいかもしれないけど、若者老人の対立なんかでは平気で俺は長生きしなくていいから老人は〇〇歳で死なせろみたいなことを言う人がいるし、万能ではないなとも思う。
    • ※2 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2020.3.30 0:17
    育種とやらを行う目的が明示されていないと、何をもって「優れている」とみなすのかも分からない。
    例えば「GDPをガンガン伸ばす人種を作りたい」と「環境に優しい人種を作りたい」という目的は一般論としては矛盾対立する。
    「戦争に強い征服民族を作りたい」と「平和的に繁栄する民族を作りたい」でも同様だ。

    仮に個々の人間が大変な能力を持っていたとしても、互いに争いあうばかりで潰しあっているのではアリの方が優れた種であるとも言えるし、まして地球を滅ぼしてしまうようでは最悪の種であると言わざるをえない。
    では一方で、黙々淡々と平和に暮らすだけの人間ばかりになったとして、それが真に人間であると言えるのか?という問いが立ち現れることになる。

    そいうわけで、原作風の谷のナウシカでのラストにつながることになるわけだ。
    結局これは価値判断の問題と切っても切り離せない。
    • ※3 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2020.3.30 0:19
    遺伝配列によって生じる多様性には優劣だけじゃなく有害なものもある
    遺伝的に生涯責任能力を持つことが無くて他害癖がある奴は死ねという
    植松派は一定の支持を得るだろう

    フェミニズムの問題は男を排する思想ではなく女の中の異論も排する点
    女の意見を一本化せずに男に要求を突きつけるから
    権利と責任が男に集中していても等分されていても文句を言う女が出る
    挙げ句に女性専用車両は男が作ったなどと言い出す
    自分が世界、という個々人の認識そのものに問題があって
    フェミニストに限らず家族の趣味に口出しするなどといった形でもそれは出てくる
    ツイフェミともなれば更に、個人の中での一貫性すら失われる
    ツイフェミと比べられたら真面目に世のために優生思想を唱えていた人が可哀相だ
      • ※12 : ドクター・ノオ・ネーム
      • 2020.3.30 20:26
      >※3
      >女の意見を一本化せずに男に要求を突きつける

      これ書いてる時点で何かおかしいと思わなかったんだろうか
      人間の半分の意見を一本化するなんて不可能だし、要求を突き付けられているのは「男」ではなく家父長制を擁護している社会システム
      • ※21 : ドクター・ノオ・ネーム
      • 2020.4.1 13:34
      >※3
      植松は他人を害することのない人を殺したわけで…
    • ※4 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2020.3.30 1:50
    劣等種を排除するって考え自体は正しいと思うよ
    ようは手法の問題でしょ、指向ではなく運用ね

    劣った奴は即刻死刑!てのは乱暴すぎるけど
    劣った奴は子作り禁止!なら許容範囲だしってか人類の歴史そのものだしな
    この手の話は極論持ち出すアホがいるからまともに進まない
    「無能は死ね」なんて言ってるどっかの誰かさんみたいにね
    • ※5 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2020.3.30 2:43
    行き着く所は優越の基準の策定。
    今の人類にそれを決める元となる指針が無い。
    だから実行しようとしても自分もしくは自分に恩恵を還元する対象が「他を出し抜く」基準に執着して争うのがオチ。
    仮にその争いに勝者が現れても道理でも合理でもない暴力での勝利なら結果は知性所以の必然ではなく偶然。
    それを自然淘汰の上の優勢と言えなくもないが、本来の趣旨とは違うんだよなあ。
    • ※6 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2020.3.30 9:52
    IQ200以下は安楽死させる法律とかが出来て殺されるんだとしたら俺はそれが本望だけどな。馬鹿どもは存在するだけで不快だから全部間引いてほしい。俺含めて
      • ※15 : ドクター・ノオ・ネーム
      • 2020.3.31 1:36
      >※6
      高IQ集団と馬鹿集団を比べると馬鹿集団の方が繁殖力が高い傾向があるから、長い目で見ると馬鹿集団の方が生存能力が高いのかも知れない。

      そうだとしても俺は仲間に入れてもらうなら高IQ集団の方がいいけどね。
      • ※26 : ドクター・ノオ・ネーム
      • 2020.4.20 3:28
      >※6

      かつて観た「大家族もの」の番組で印象に残ったこと。
      どう表現すれば失礼にならないのか…
      まあ、言ってしまえば親子ともどもDQNな風貌の十数名(?)がひしめく中、
      末っ子がひとり、はじめちゃんのような佇まいだった。
      父親が違うってことは無いのだろう、多分。
      御両親にかような遺伝子の煌きが潜んでいたわけだから、
      人知で何かするのは畏れ多いのではと思う次第であります。
    • ※7 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2020.3.30 10:04
    優生人類そのものが本当に優秀なのか?
    • ※8 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2020.3.30 13:16
    >>62
    ヒトラーが熱狂的な資本主義信者だったのは有名な話ですね
    ソ連に戦争を仕掛けたのも共産主義を目の敵にしていたからで、ヒトラーは当然アメリカは同じ資本主義国家として同盟するだろうと考えていた

     ソ連は社会主義国であるうえ,ナチ党の正式名称は「国家"社会主義"ドイツ労働者党」だ。
     ナチ党はドイツ的社会主義を掲げていたため,マルクス・レーニン社会主義国である,ソ連を敵対視していた。しかし,思想が同根であることには変わりないため,一概に思想的敵対から戦争を仕掛けたのではないことは明らかだろう。
     ヒトラーがソ連を攻めた理由について,当時ヒトラーがイギリスに対して物流封鎖を行っていたにもかかわらず,ソ連→イギリスへの木材やその他の物資が搬入されていたからだという説明が一般的だ。(ソ連とドイツは不可侵条約を結んでいた)
    • ※9 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2020.3.30 14:03
    この議論は
    人間自身にどんなタイプが優秀な人間であるかを正しく判断できるのか?
    という問題をはらんでいる

    ナチスドイツはドイツ民族こそ最も優秀と信じていたが
    皮肉にもナチスの優生学では白人の中の序列のかなり低いとされるスラブ系のロシア人に戦争で負けてしまった

    この要素を持つ者こそが優秀だとその時は信じ切っていても
    それが本当に優秀かどうかは競争の中で歴史を経ないとわからない

    結局、優秀かどうかの判断者になれるのは人間ではなく競争の果ての歴史である
    • ※10 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2020.3.30 14:14
    倫理的な話とは別に人間は寿命が長いので技術的に無理という説がある
    つまり交配した結果の良し悪しを見定めるのが難しい
    あとは他の人が言うとおり何を優秀とみなすのかという問題
    サラブレッドなんて足は速いけど単純な骨折で命を失うわけで
    • ※11 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2020.3.30 16:25
    優秀って何が優秀なのかわからんし、何で優秀なやつだけに絞らないといけないかも謎。平均値あげたいのか外れ値を求めてんのかもわからんし。とりあえずこの議論を始めた連中は優秀ではないことは確かやね。
    • ※13 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2020.3.30 20:52
    あれだ、1 対 1 の婚姻制度をやめて、多 対 多にすれば、
    社会的な勝ち組の子供が、勝手に増えるからいいんじゃね。

    お金持ちの家系で非優秀な遺伝子をばらまいたり、
    性淘汰的な形質が増える点を、優生学的には少し考える必要があるけど。
    • ※14 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2020.3.30 21:58
    今まさにアングロサクソンミッションが実行されてて選別された一部の人間以外ほとんどの人間が死ぬとする、その選ばれしエリートさん達は農業水産やごみ処理、生産業等生活必需の仕事するのか?、汚れ仕事は誰がするロボットか?そこまで人類進歩してねーぞ、死ぬのはかまわんが生き残っても生きて行けるんかね
      • ※24 : ドクター・ノオ・ネーム
      • 2020.4.10 13:54
      >※14
      じゃあ身分制度にしよう
    • ※16 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2020.3.31 5:57
    自然に任せろ……或るがまま……人間の底力を信じようじゃないか………
    • ※17 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2020.3.31 6:08
    人が考える優性の幅は狭すぎで
    未知には適応できず詰むかもしれない
    劣性に見えても実は希望という事もある
    • ※18 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2020.3.31 10:18
    ただDQNと犯罪者と老害とガイジを見ると即座に抹殺すべきだとは思うんだがな
    • ※19 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2020.3.31 11:03
    自分が考えている「優秀」があらゆる時代・環境において共通すると思う誤解
    あらゆる「劣等」が遺伝的原因を持ち次世代に継承されると思う誤解
    不可逆的変化である進化と可逆的な品種改良を混同している誤解
    IQは偏差だから、低い人を排除していったら最後の一人まで終わらないことを理解していない誤解
    • ※20 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2020.4.1 4:47
    優生学って根本に遺伝子運命論があるから、それがすでに生物学では否定されているところで無理があるんじゃないすか?
    いまだに、活動的なフェニミズム団体は信じているけど、しょせん生物なんて遺伝子と環境の共生産物ってわかってくれねえかね
    • ※22 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2020.4.1 22:59
    アウストラロピテクスとホモサピエンスで、群れを持たない優秀な方が滅んで群れを持つ優秀でない方が生存している。
    存在的に生まれつき優秀だからとか生後の後天的にIQが高いとか、現在の判断が足を引っ張る傷心の持ち主のことは考えていないので、
    優生人類って足を引っ張れば引っ張るほど、優生人類になるのではなかろうか。
    ニュース番組で要件を云うだけなのではなく、ニュースを初めから最後まで見落としなしで、ニュースを見ないといきけないと云う30分から2時間ていどジッと見つづけるという強制が連呼される「新型コロナ関連ニュース」
    30分から2時間のニュース番組を放送しているのを見ては次の日も必ず欠かさず見るのは強制なのか義務なのか。

    ニュース番組は優生なので強制なのか、ニュースは足を引っ張っている。

    優生人類をニュース司会者だとしたら、独裁者であろう。

    優秀な方と同じ事をするからといって、優秀ではない。
    優秀は全体のごくわずか、優生だけを極めたら優生のバトルロイヤルで一人に成るまで繰り広げられいずれ人類は消滅するでしょう。
    • ※23 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2020.4.6 3:05
    他人に加害与えまくってsexばっかしてるアホ陽キャは死ねと思うけどな。憎まれっ子世に憚かるていうがそんな世界になるくらいなら優生学の方選択するわ。
    • ※25 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2020.4.10 21:58
    遺伝子改造を繰り返し光をエネルギー原とし宇宙空間に適応して文化文明を喪失した
    元人類の究極生物ならアニメでやってた。こういう「進化」もアリかな。
  1. トラックバックはまだありません。


コメ欄での議論はおおいにけっこうですが、当サイトではドクター同士の罵り合いは禁止となっております。反論する際には、相手の意見・人格を尊重し、どうぞ冷静に。