人気サイト様 最新記事

博士ちゃんねる ヘッドライン

レスの強調ウゼェー!というドクターへ

レス内の強調表示をOFFにする コチラをクリックして切り替えてください。設定は30日間Cookieに保存されます。
現在のステータス:強調有効

メソポタミア・エジプト神話について良い書籍教えて @ [民俗・神話学板]


メソポタミア・エジプト神話について良い書籍教えて @ [民俗・神話学板]
1: 天之御名無主 2012/06/18(月) 02:48:59.53
とりあえず、必要でしょ…
管理人より:元スレタイは「◆◆メソポタミア・エジプト神話について語れ!◆◆」だったけど、ほとんど書籍の話なので、タイトル変更ご容赦。
3: 天之御名無主 2012/06/20(水) 19:52:48.26
興味あるけど、初心者はなにから読んだらいいのかな
とりあえず旧約聖書は読んだ
6: 天之御名無主 2012/06/20(水) 21:04:11.58
世界宗教史〈1〉石器時代からエレウシスの密儀まで(上) (ちくま学芸文庫)>>3
ミルチャ・エリアーデの「世界宗教史」おすすめ
4: 天之御名無主 2012/06/20(水) 20:14:25.75
筑摩世界文学大系〈1〉古代オリエント集 (1978年)古代オリエント集所収の神話が学芸文庫で文庫化されればいいのだが…
時代だよな・・
今じゃ、あんな採算度外視した神話の原典訳出せる余裕のある出版社はねえよ。
7: 天之御名無主 2012/06/20(水) 21:21:15.28
エリアーデとか、壮大な体系作ってるが、体系倒れで実証性薄いだろ
トンデモではないが。それにかなり古いし
普通に前田徹やジャン・ボッテロや松島英子とか月本昭男すすめろよ
ボテロも最新とはいえないし、ボテロと前田では解釈が正反対だけどw

世界神話大事典エジプトではこれがコンパクトに纏まってていい。図書館でどうぞ
世界神話大事典
エジプト神話学ではヤン・アスマンの邦訳も面白いが反主流派
8: 天之御名無主 2012/06/20(水) 21:55:29.08
>>7
世界宗教史をすすめたのは、簡便に概略を知るには手頃だと思ったからだよ
あまり込み入った解釈に踏み込んでる感じでもないし
53: 天之御名無主 2012/09/23(日) 22:25:29.46
>>7みたいに
エジプト神話を勉強する上で読んでおくべき書籍があれば教えてほしい
何から手をつけたらいいのかわからないので……
9: 天之御名無主 2012/06/20(水) 22:58:33.13
聖書の元ネタを体系的に整理した資料が欲しい
10: 天之御名無主 2012/06/21(木) 03:17:15.38
あー、今や古代オリエント集って手に入りにくいのか。図書館にもないのかね?
小林登志子とかダメなの?あの辺りも手軽で良いんじゃないかと思うんだけど
アトラ・ハシースは桑原俊一のがNiiだっけ?アノ辺で読めたり

あと、オリエントとか西アジア考古学とかオンラインで公開されてるジャーナル類もお勧めかも
13: 天之御名無主 2012/06/23(土) 15:43:01.12
>>10
ネットが発達して入手自体は比較的簡単になったよ。
ただ古本市場で12000~15000円だから。
訳だしされた膨大な史料に鑑みれば当然と言えば当然だが。
18: 天之御名無主 2012/06/24(日) 09:35:15.15
シュメールはネットのあれでいいとして、before the musesってどうなの?
ウガリト神話はバアル関係限定の邦訳があるらしい。
アナトと弓の話は入ってないっぽいが。
19: 天之御名無主 2012/06/24(日) 10:47:58.09
バアルの物語―ウガリトの神話>>18
1冊にまとまったアッカド語の文学作品の翻訳集としてはBefore the Musesが一番良心的かな
ギルガメシュ叙事詩は入ってないけど
ウガリトの邦訳は谷川政美のやつ?
20: 天之御名無主 2012/06/24(日) 11:21:14.72
>>19
そう。どっちも読んでないけど。
って谷川政美って国際語学社から本を出してるのか。実はトンデモさんだったり?
ドシロウトだからそこら辺わからんのよね。何を読めば信頼出来るのか。
21: 天之御名無主 2012/06/24(日) 11:38:51.23
ウガリト語入門―楔形表音文字谷川政美は神話の翻訳の方は読んでないけど、ウガリト語の入門書を読んだ感想は、欧米の代表的な文法書に大体書いてあることを日本語にしました、それ以上でも以下でもないという感じ
25: 天之御名無主 2012/06/26(火) 12:33:28.64
純粋に文法の話なら今の日本では
シュメール語 唐橋
アッカド語 池田

といったところか
26: 天之御名無主 2012/06/27(水) 04:09:54.79
池田さんというとアッカド語もだけど、なんかセム語学者(北西セム語メイン)って印象だったわ

原典訳 アヴェスター (ちくま学芸文庫)で、うっかり本屋に原典訳アヴェスターがちくま学芸文庫から出てるのを見て買ってしまった。
これ、世界古典文学全集に収録されてたやつの文庫化だから、同じ筑摩だし世界文学大系の古代オリエント集から文庫化してくれないかなーと思ったり。
27: 天之御名無主 2012/06/27(水) 19:41:36.16
ゾロアスター教研究者と違ってそこそこ研究者の層があるから、出すなら新訳で…みたいに欲を出しちゃうせいで逆に出にくいんだと思う。
しかし、ギルガメシュ叙事詩ってそういえばまた新訳でたの?
28: 天之御名無主 2012/06/27(水) 23:20:59.30
単に訳し手がいないらしい
日本語訳なんて手間暇かかる割に学問的には大した業績にならないから
29: 天之御名無主 2012/06/28(木) 01:54:38.53
あー確かにそうなっちゃうか(w
ギルガメシュの新訳って、月本訳より新しいのが出たってことすか?
Andrew R. George教授のやつまだ読み終えてないつーのにorz
33: 天之御名無主 2012/07/02(月) 20:59:25.96
ていうか月本の翻訳はアッカド、エラム、ヒッタイト各語版の完璧と言っていいものがすでに出てるだろ。
直す必要があればそれを改版すればいい話
34: 天之御名無主 2012/07/03(火) 19:23:06.69
16年もたつと古さは否めない
というかエラム語版なんてあったか
36: 天之御名無主 2012/07/08(日) 04:01:23.61
京都展のハヤブサのミイラの前で息できなくなった
37: 天之御名無主 2012/07/08(日) 04:04:16.53
今までの象形文字の英語変換の言葉解読が少し間違ってるように受け取れる
何で自分だけに理解できるのか分からないけど…?
40: 天之御名無主 2012/07/08(日) 14:20:10.35
>>37
少し間違ってるというか、部分的には文法解釈とかについて意見が分かれてるので、「少し」間違ってるのは、学者もそう思ってるんじゃない?
だんだんと進歩してるわけだし
43: 天之御名無主 2012/07/19(木) 20:05:04.90
古代人って記憶力がはんぱなかったらしいな。
なにしろ記録に残すとか文字を書くってことがあまりに日常化した俺らとは全然違うわけだし。
キケローとかでもホメロスの叙事詩を全部暗記してたとか。
46: 天之御名無主 2012/08/02(木) 14:50:54.02
>>43
中東に行くと、コーランを暗記してるやつはそこら中にいるし、イスラム法学者はそれに加えて、言行録やら法学書も丸暗記してる。
現代でも中東人にとっては、暗記してない知識は、本当の知識ではないようだ。
文字に書かれた文献というのはあくまで暗記の補助と位置付けられているわけだ。

神話上も、ウルク王エンメルカルが文字を開発したのは、「記録を後代に残す」ためではなく「外交使節の口上」の助けとするためだった。
44: 天之御名無主 2012/07/21(土) 03:45:43.60
現代も、偶にいるぞ
他人のどうでもいいことまで覚えててネチネチ言うヤツ
したり顔でさ
どーでもいいことに、どんだけ記憶力いいんだよ
で、カマかけで他のこと考えてるときに不意に突き聞くとブクブク詰まって返答なし
45: 天之御名無主 2012/07/27(金) 02:24:38.42
四方世界の王(5)<完> (シリウスKC)ラノベで四方世界の王とかいうのがあると聞いて借りて来た。いきなり読むのが辛い(笑)。
つか、Š使えないならSHとか表記にすりゃいいのにと、口絵の文字を見て思った(w
で、何故lugarじゃなくšarにしたんだろうか?誰かおせーて(そのうち本文で触れられるとかでもいいけど、当分先になりそーだ)
47: 天之御名無主 2012/08/08(水) 18:58:51.14
メソポタミアの美術について写真付きで詳しく載ってる本とかないの?
48: 天之御名無主 2012/08/09(木) 06:19:47.80
西アジア   世界美術大全集 東洋編16世界美術全集の西アジア編が知ってる中では一番詳しい
洋書とかならもっと色いろあるんだろうけど
49: 天之御名無主 2012/08/31(金) 18:44:07.79
バアル神話調べてるんだけど
・古代オリエント集
・世界最古の物語
・バアルの物語

以外に日本語の本って何かない?

つか谷川さんの本見つからない
50: 天之御名無主 2012/09/02(日) 02:23:55.17
ウガリトものは英語かフランス語じゃないと厳しいと思う。
56: 天之御名無主 2013/02/01(金) 18:53:12.08
古代インドの方形銅貨ってメソポタミアでもあったの?
つか、元々はオリエントが発祥だっけか?
57: 天之御名無主 2013/03/26(火) 18:12:59.12
シュメールの都市神て、だいたい人間の姿なの?
キは女神だっけ?どこの都市神?
61: 天之御名無主 2013/06/25(火) 23:43:17.61
バアルのような神
65: 天之御名無主 2013/09/26(木) 09:57:50.46
エレシュ「キガル」、「クル」ヌギアのKur(ki-gal)という部分が都市国家文明のはるか彼方(遠方)、すなわち冥土の事を指すって本当?
66: 天之御名無主 2013/10/09(水) 22:54:04.64
>>65
wikiに書いてあるよ
クル(Wikipedia)
67: 天之御名無主 2013/10/10(木) 01:24:14.47
メソポタミアの神様でパズスに興味があるのですが、主神との関係やwikiに無いエピソードとかありますか?
68: 天之御名無主 2013/10/10(木) 02:58:21.02
現在、パズズに関する最強の本は
N.P. Heesel. 2002. Pazuzu: Archaologische und philologische Studien zu einem altorientalischen Damon.
これになんでも載っている
70: 一週間くらいネット繋がらなかった 2013/10/15(火) 06:17:50.62
エジプト神話にも、神の怒りによる世界の破滅神話はありました。
しかし、お約束の洪水伝説ではなく、なんと美しい女神様が一人で暴れまわって人類を抹殺しようとするんです。
力と破壊の化身、獅子の姿をとるセクメト女神は、たぶん最強の戦いの女神様。
これは、彼女の誕生と、世界破壊計画の顛末を語った物語です。

***
この女神を生み出したのは、かの太陽神、ラーでした。

それはまだ、神々が人間と同じ肉体を持ち、この地上にいた時代のこと。
長生きとはいえ、肉体を持つ以上、神々も年は取ります。ラーがそうでした。
いいかげん年をとり、だんだんモウロクしてきていたラーを指差して人間たちは、ジジイ呼ばわりし、いい加減、議員バッヂを返して引退しろよと声高に語り始めました。
分かりますがね、その気持ち。
しかしラーは、権力に固執して「終身現役」とか言い出す、嫌なタイプの為政者だったので、そんな意見には耳も貸しません。

さらに、人間というのは自分が作ったもんだと思い込んでいるので、「創造主に逆らうとは、なんたる愚か者たちめが。貴様らなど、ワシのために祈る人形よォ!」…くらいの勢い。
オイオイ、人間を作ったのはクヌム神じゃぁなかったっけ? とかいうツッコミは、このジイさんには聞こえていないのです。世界はワシのもの。ワシのものはワシのもの。ムチャクチャです。
72: 天之御名無主 2013/10/24(木) 19:37:02.36
>獅子の姿をとるセクメト女神
まるでメソポタミアの悪魔ラマシュトゥだな
74: 天之御名無主 2013/12/24(火) 21:08:00.63
エジプトの神話って純粋に神様だけのお話ですかね?
75: 天之御名無主 2014/04/04(金) 01:07:50.46
昔世界史教えてくれた先生が話してたんだけど、なんか精子を食べ物に混ぜて食わせて、額から精子をだす、みたいな話無かった?
どなたか教えてください
84: 野菜の陰陽 不眠対策ラボ 2014/07/09(水) 06:20:05.21
>>75
あったね、そういう…野菜
76: 天之御名無主 2014/07/01(火) 11:22:15.71
メソポタミア辺りにも、神の類いが自らの体から食べ物を出す またはバラバラにされた体から穀物などが生まれた
-などの神話はありますかいの
80: 天之御名無主 2014/07/04(金) 00:00:11.13
>>76
興味深い
77: 天之御名無主 2014/07/02(水) 12:53:08.90
日本の古事記にはあるな。
81: 天之御名無主 2014/07/05(土) 15:57:19.59
作物や食物連鎖が大地から生まれるイメージの象徴かな
管理人より:調べたけどよくわかりませんでした。
4.2追記: 古事記に出てくるオオゲツヒメではないか!とのことでした。補足どうも!
82: 天之御名無主 2014/07/05(土) 21:04:09.97
豊穣神の死と復活神話はあるけど、ハイヌウェレ型神話はない
83: 天之御名無主 2014/07/08(火) 21:25:24.79
ハイヌウェレ型神話は東南アジア、せいぜいオセアニアエリアか
メソポタミアは基本的に芋食でなく小麦食文化だからか
管理人より:「ハイヌウェレ」はイノシシの死体から生まれたインド神話に出てくる少女で、尻から黄金をひり出すという特技アリ。こうした死体からなんかひり出してくる系の神話を「ハイヌウェレ型神話」と呼びます。
86: 国連信仰という愚かなる虚妄 2014/09/09(火) 00:06:18.43
そういや砂漠地方に駱駝を神格化した存在っていないよね、なんで?
87: 天之御名無主 2014/10/23(木) 09:03:49.87
だってあいつら口臭いしまつげ長いし…
89: 天之御名無主 2014/10/31(金) 03:25:03.24
メソポタミアに文明をもたらした海の民ってのがそのまま海人だとして、内陸部で海産物が重宝されたとかあればなぁ
90: 天之御名無主 2015/02/03(火) 18:53:22.27
ユーラシアの創世神話―水の伝承「ユーラシアの創世神話」がAmazonで安く売ってるけど買っといたほうが良い?
91: 天之御名無主 2015/02/03(火) 20:25:35.69
んー、その本は物語や原典の紹介じゃなくて論文集っぽいなー
神話学とか宗教学に興味あるなら買ってもいいのでは?
96: 天之御名無主 2015/02/11(水) 01:20:22.33
神話大戦ギルガメッシュナイト (HJ文庫)板違いかもだけど、メソポタミアネタのラノベが出たね。
ギルガメッシュナイトとかいうの
天命の書板ネタらしい
97: 天之御名無主 2015/02/11(水) 23:06:49.09
テレ東の深夜番組か
102: 天之御名無主 2015/02/25(水) 14:11:03.29
またメソポタミアネタラノベ出てたな、一迅社ので
ティアマトがロリババアにされてた

けっこうマニアックなテーマなせいか、挙げられる書籍は高価そうなものばっかり。
あまり一般的には興味の持てない分野かもしれませんが、それだけに興味のあるひとには参考になれば良い、と願うのみです。

洋書で読め!という意見がチラホラ出ており、翻訳大国日本であっても手に入らないものが多いというのは、管理人も同意見です。
同意見ですが、しかし外国語で本を読むのは何語であっても大変というか、日本語の10倍くらい時間かかるので、よほど気合入れなくてはなりません。
小説に比べると情景描写がない関係上読みやすいはずなので、もうあとは言語の壁のみ!(その壁が一番でかい

The Fourth Kind [Trailer 1] [HD] 2009以前、ミラ・ジョボビッチ主演の「フォース・カインド」という映画がありました。
エイリアンなどとの遭遇に関する規定「第三種接近遭遇(Close Encounters of the Third Kind)」をさらに超えた「第四種」という意味のタイトルだというのに、邦題はやや意味不明に。

この映画はドキュメンタリー風フィクションなのですが、取り付いたエイリアンの霊?みたいなのがアッカド語だかアラム語だかを喋るシーンがあります。ビックリドッキリ演出で心臓に悪いけど、古代語の音読を聞ける貴重な映像だと言えましょうか。
シュメール人は宇宙人だよ説ぽい内容で、まぁまぁ怖いので興味のある方はゼヒゼヒ。

女神イナンナ
トップ絵はシュメールの女神イナンナのレリーフより。別名イシュタル。
この有名なレリーフに描かれるの見れば、なかなかのセクシー女神さまと思えるのですが、メソポタミア全域に広まって、姿かたち名前を変えて信仰されました。
ギリシャ・ローマでは女神ウェヌス(ヴィーナス)として、ヘブライ人の間ではアダムの最初の奥さんリリスとして、フェニキア人の間では女神アスタルテとして、シリア人の間では女神アナトとして、あちこちの女神の原型と言ってもよいかもしれませんねぇ。

冥界へおもむく神話もあるので、日本神話のイザナミとの共通点も。なんだって冥界に行きたがるのかよくわかりませんが、神々たるもの死を超越しているだ、ということを示したいのかな。




人気サイト様 最新記事

博士ちゃんねる ヘッドライン

    • ※1 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2020.4.2 21:00
    >>77
    古事記のオオゲツヒメのことじゃない?
    体から食べ物を出してスサノオノミコトに振舞ったら斬り殺された神様。
    • ※3 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2020.4.3 3:45
    バアルを始めメソポタミアの古代神殿では人身御供の儀式が行われていた
    赤子を炉で焼き殺すという残酷なのも
  1. トラックバックはまだありません。


コメ欄での議論はおおいにけっこうですが、当サイトではドクター同士の罵り合いは禁止となっております。反論する際には、相手の意見・人格を尊重し、どうぞ冷静に。