人気サイト様 最新記事

博士ちゃんねる ヘッドライン

レスの強調ウゼェー!というドクターへ

レス内の強調表示をOFFにする コチラをクリックして切り替えてください。設定は30日間Cookieに保存されます。
現在のステータス:強調有効

編曲ものについて語るスレ @ [クラシック板]


編曲ものについて語るスレ @ [クラシック板]
1: 名無しの笛の踊り 2018/11/05(月) 19:41:54.23 ID:PKapAy5V.net
編曲で探してもなかったので立てました
編曲なら何でもあり
2: 名無しの笛の踊り 2018/11/05(月) 19:56:32.42 ID:4w2KyIWW.net
ムソルグスキー作曲
ラヴェル編曲
展覧会の絵
3: 名無しの笛の踊り 2018/11/05(月) 20:01:46.03 ID:FPLqG8cX.net
バッハ=シェーンベルク 前奏曲とフーガ変ホ長調 BWV.552
ブラームス=シェーンベルク ピアノ四重奏曲第1番 op.25による管弦楽曲

弾いたことあるよ。共に原曲を聴く前に演奏した。音楽に対する視野が広がるよね。

ゴドフスキー:ショパンのエチュードに基づく練習曲「全曲」
これを一度ライヴで聴いてみたい。
4: 名無しの笛の踊り 2018/11/05(月) 20:10:42.86 ID:43+vLEzA.net
編曲と言えばブゾーニが有名だな
本人の作品が知名度余りないのが残念だが
それより今日Fretworkのバッハが届いた
楽しみ
5: 名無しの笛の踊り 2018/11/05(月) 20:15:25.68 ID:FPLqG8cX.net
バッハ=ブゾーニ 前奏曲とフーガ変ホ長調 BWV.552 ピアノ版
これも生で聴いてみたいな。誰か、弾いてみませんか?
34: 名無しの笛の踊り 2018/11/10(土) 21:11:04.76 ID:ifACeYST.net
>>5
CD持ってるで
8: 名無しの笛の踊り 2018/11/05(月) 20:40:30.69 ID:FPLqG8cX.net
シューマン:ヴァイオリン協奏曲 イ短調(チェロ協奏曲 イ短調 Op.129の編曲)(1850/1987出版)
レナ・ノイダウアー(ヴァイオリン) 他
メインのヴァイオリン協奏曲ニ短調(遺作)も、心に沁みる素晴らしい演奏だけれども、チェロ協奏曲の編曲物も、既成概念を覆す、凄い演奏。
このアルバムの価値は、とっても高いよ。
11: 名無しの笛の踊り 2018/11/05(月) 22:59:08.18 ID:Zc0xxqE0.net
リョベートの編曲とラフマニノフの編曲はメロディに付される和声の新しい試み
ムリクリっぽさもないではないが斬新でおおむね深い
12: 名無しの笛の踊り 2018/11/06(火) 00:54:57.66 ID:rRipRah/.net
グールドの鼻歌
管理人より:バッハの演奏で知られるグレン・グールドは、演奏中にはメロディを必ず鼻歌で歌うことでも有名。録音だろうが演奏会だろうが、鼻歌も一緒に収録されてます。
13: 名無しの笛の踊り 2018/11/06(火) 18:52:54.89 ID:8IZl88IY.net
最近つべを見ていて気に入ったのは

Johannes Brahms / Luciano Berio: Sonata for Clarinet and Orchestra (1986)
べリオによるブラームスのクラリネットソナタ第1番

Piano Trio in A Minor: I. Modéré (arr. Y.P. Tortelier for orchestra)
トゥルトゥリエ息子によるラヴェルのピアノ三重奏曲

SCHUBERT String Quintet C Major D. 956 – Arrangement for Orchestra
イスラエルの作曲家によるシューベルトの弦楽五重奏曲

Christian Elsner; "Der Wegweiser"; Winterreise; (Orch. arr. by Anton Webern); Franz Schubert
あとヴェーベルンのシューベルトの4つの歌曲くるおしいほどすこ
どうしてヴェーベルンは道しるべだけで冬の旅を全曲編曲しなかったんだ、訴訟

Hans Zender - Schubert's Winterreise [Blochwitz - Zender]
冬の旅なら、イロモノだけどこれもいい感じにイカれててだいすこ
14: 名無しの笛の踊り 2018/11/06(火) 21:22:59.09 ID:0ZbrwX1D.net
リスト作曲ブゾーニ編曲:スペイン狂詩曲(ピアノとオーケストラ)
アルベニス作曲アルフテル編曲:スペイン狂詩曲(ピアノとオーケストラ)

両方とも華やかで好きな曲
15: 名無しの笛の踊り 2018/11/07(水) 06:54:31.99 ID:kiaCtHB9.net
ジョージセル指揮はすべて編曲
16: 名無しの笛の踊り 2018/11/07(水) 10:32:26.65 ID:fFMBZgs0.net
歴史的な名編曲はベルリオーズの「舞踏への勧誘」でしょうね、
巧いですよ。
17: 名無しの笛の踊り 2018/11/07(水) 11:02:16.25 ID:W5dFKki5.net
プレスティ&ラゴヤのギター二重奏編曲でヘンデルのシャコンヌ ト長調
21: 名無しの笛の踊り 2018/11/07(水) 19:30:49.90 ID:rY0U2uXR.net
ヘンデル作曲/ハルヴォルセン編曲:パッサカリア(VnとVaの二重奏)
22: 名無しの笛の踊り 2018/11/07(水) 19:44:34.08 ID:Nspuj/Nk.net
>>17より>>21の編曲のほうが有名だな
19: 名無しの笛の踊り 2018/11/07(水) 12:32:01.16 ID:ezOhugMR.net
クープランの墓よりフーガ・トッカータ
(有名どこだとコチシュ編)

この二曲だけラヴェルがオーケストレーションしなかった理由でピアニスティックだからっていうのを見かけるが、ラヴェルの技法からすれば聴き応えのあるものができたと思うのだがなあ。
リゴードンじゃいまいち締まった感じがしない。
23: 名無しの笛の踊り 2018/11/08(木) 12:43:18.33 ID:YqXyPra6.net
シェーンベルク編曲の皇帝円舞曲
ショスタコーヴィチ編曲の観光列車
24: 名無しの笛の踊り 2018/11/08(木) 23:20:38.08 ID:bBw25iGc.net
アルビノーニの弦楽とオルガンのためのアダージョはジャゾット編ということになってはいるが、アルビノーニの残したバスパートにジャゾットさんが上声部を作曲した新曲だよね
25: 名無しの笛の踊り 2018/11/09(金) 01:05:22.46 ID:DqSTtOjm.net
「クープランの墓」には木管五重奏の編曲もあるが、選曲・順序が微妙に違う。
編曲者のメイソン・ジョーンズ(昭和期フィラデルフィアのホルン)の独自の主張がある。
木管五重奏ではドヴォルザーク「アメリカ」の管楽器版がなかなか聴かせる。
ドヴォルザークでは弦楽セレナードの管楽版もあるが、これはちょっと…
27: 名無しの笛の踊り 2018/11/09(金) 11:26:32.16 ID:WW2Lw4Zq.net
ショパン/フランセ編曲:24の前奏曲
ショパン/ストラヴィンスキー編曲:ワルツ第1番「華麗なる大円舞曲」
28: 名無しの笛の踊り 2018/11/09(金) 21:13:33.14 ID:K+otKA+k.net
んー
みなさん物知りなんですねー
30: 名無しの笛の踊り 2018/11/09(金) 21:23:18.43 ID:/jdswHTB.net
リストのシューベルトとシューマンとショパンの歌曲をピアノ独奏版にしたのがべただけど好き

ごめん途中送信しちゃった
31: 名無しの笛の踊り 2018/11/10(土) 08:23:36.36 ID:PlfTx5MR.net
スペインのアルボスが編曲したアルベニスの「イベリア」が名編曲。
全曲を編曲していないが、彼が選択した曲群はどれも巧い。
特に「セビリアの聖体祭」、圧倒的な管弦楽だ。
33: 名無しの笛の踊り 2018/11/10(土) 10:55:07.86 ID:1FdydgnW.net
ヘンツェ版ヴェーゼンドンク
Stephanie Blythe: Wesendonck- Lieder by Wagner
ヴェーゼンドンクが低音で歌われることに抵抗のない人なら、有名なモットルよりこちらの方が魅力的に聴こえると思う
36: 名無しの笛の踊り 2018/11/11(日) 07:45:13.03 ID:TSnqtSBf.net
Christian Elsner; "Prometheus"; (Orchestral arrangement by Max Reger); Franz Schubert
レーガー編曲版シューベルトの歌曲すき
まるでヴァーグナーのように聴こえる
37: 名無しの笛の踊り 2018/11/11(日) 11:55:01.56 ID:GBCRTO7u.net
出落ちがハイサイおじさん…
38: 名無しの笛の踊り 2018/11/11(日) 13:38:13.33 ID:AaxSd/PP.net
バッハの管弦楽組曲やブランデンブルク協奏曲はレーガーが連弾に編曲してたっけ
マーラーは管弦楽組曲の2番3番からの抜粋を組み合わせて編曲と再構成させてたのもあるね
42: 名無しの笛の踊り 2018/11/13(火) 09:20:52.85 ID:Ymi7b4yV.net
バッハの編曲ならウェーベルンの6声のリチェルカーレかな
43: 名無しの笛の踊り 2018/11/13(火) 15:30:38.67 ID:g1oz3MOR.net
ドビュッシーの「シチリア風のタランテラ」のラヴェル編曲版は面白い。
原曲のピアノもいいが、桶を聴くとコッチのほうが良く出来た曲。
47: 名無しの笛の踊り 2018/11/14(水) 09:14:48.86 ID:izLkxB4g.net
編曲とはちょっと違うがシューマンのラインはマーラー版のほうがずっといいな
48: 名無しの笛の踊り 2018/11/14(水) 11:58:58.36 ID:bw2EOqCS.net
>>47
ホルンのゲシュトップさえなければ
50: 名無しの笛の踊り 2018/11/14(水) 12:28:54.97 ID:fFRgS7HT.net
>>47
同意
2番も
53: 名無しの笛の踊り 2018/11/16(金) 20:54:55.52 ID:2L1PwPuf.net
モーツァルトのピアノソナタにグリーグが第2ピアノを付け加えたやつ
あれはなかなかに奇妙でおもろいが、天才への冒涜だと言う人もいるだろうな
54: 名無しの笛の踊り 2018/11/16(金) 21:02:29.68 ID:e4m6Xehw.net
グリーグなら彼自身の歌曲をピアノ独奏用に編曲したのが好き
メロディメイカーとしての才能と、ピアニストとしての技巧が両方そなわり最強に見える
55: 名無しの笛の踊り 2018/11/16(金) 21:35:00.33 ID:AqxtuNYf.net
ドヴォの糸杉もそんな感じ
56: 名無しの笛の踊り 2018/11/19(月) 08:51:28.26 ID:HHRcWp2Z.net
ホルベルグ組曲って弦楽オケでよく弾くんだけど、元がピアノ曲ってきいてびっくらこいたわ
57: 名無しの笛の踊り 2018/11/19(月) 10:19:29.15 ID:mGLiE0lB.net
>>56
ビアノ原曲は、冒頭からして音がパラパラな感じがなんか違うなと思っちゃうんだよね
弦楽合奏版の疾走感が好きなんだけど
60: 名無しの笛の踊り 2018/11/20(火) 12:37:56.22 ID:d2H22kYO.net
展覧会の絵のオケ版でも、ただピアノの音をオケに割り振っただけじゃないし
ラヴェルの編曲ってすごい
61: 名無しの笛の踊り 2018/11/20(火) 20:35:48.95 ID:onQRBfj6.net
ラヴェル編展覧会の絵の凄さは、原曲における音の配置を限りなく尊重しながらあの響きを作り出してるところにあると思うが
63: 名無しの笛の踊り 2018/11/22(木) 10:15:23.41 ID:cksl96UB.net
再創造としての編曲では、シチェドリン編曲のカルメンは素晴らしい出来
64: 名無しの笛の踊り 2018/11/22(木) 12:37:17.16 ID:x68aJMIS.net
カルメンといえばホロヴィッツのカルメン幻想曲もなかなか
65: 名無しの笛の踊り 2018/11/22(木) 14:09:06.30 ID:cksl96UB.net
ホロヴィッツといえば星条旗よ永遠なれもなかなか
66: 名無しの笛の踊り 2018/11/22(木) 18:42:33.27 ID:emysjxeR.net
ホロヴィッツの展覧会の絵。
ラヴェルが編曲した物をピアノ曲に編曲し直した物と言われている
68: 名無しの笛の踊り 2018/11/27(火) 15:09:22.47 ID:oO5j9wul.net
セゴビア編のバッハのシャコンヌは、セゴビアの癖のある弾き方もあるが完全にギター曲に姿を変えた傑作かもしれない
様式的にマトモじゃないのは彼の時代からしてしょうがないが、それでも如何聴いてもギター曲にしか聴こえないのは流石である
69: 名無しの笛の踊り 2018/12/01(土) 18:36:19.39 ID:JOn7dDip.net
編曲が創造行為だということですね
ワグナーやヴェルディ―の作品をピアノ曲に編曲したリストも天才的な編曲者でした
75: 名無しの笛の踊り 2018/12/31(月) 23:29:28.54 ID:5v8SsdHw.net
シューベルトのアルペジョーネソナタはチェロでやるのは編曲なのだろうが、いまや定番はチェロである。
しかし、コントラバス版が意外や意外素晴らしい。

騙されたと思って聞いてほしい。もうチェロには戻れない。
78: 名無しの笛の踊り 2019/01/14(月) 15:29:07.03 ID:GCHGaEHr.net
ゴドフスキの"ショパンのエチュードによる25の練習曲"はどう?
80: 名無しの笛の踊り 2019/01/21(月) 08:14:46.88 ID:1rZAutBJ.net
>>78
正直、原曲を難しくしただけって感じ
演奏効果も原曲の方が高いし
84: 名無しの笛の踊り 2019/01/23(水) 14:02:18.70 ID:L7yzCJ6y.net
武満徹がギター用に編曲したポップスが素晴らしい
85: 名無しの笛の踊り 2019/01/24(木) 02:33:04.66 ID:2iXjXHoF.net
>>84
あれは良いよね
88: 名無しの笛の踊り 2019/02/07(木) 13:06:25.67 ID:ur7bD2EI.net
最近の若いもんはスターウォーズのほうを先にきくから、ホルストが帝国のマーチみたいな解釈でなあ
89: 名無しの笛の踊り 2019/02/08(金) 13:37:09.43 ID:opOQZ1oZ.net
えっ
今の若者がスターウォーズなんて知ってると思ってるの?
91: 名無しの笛の踊り 2019/02/11(月) 13:11:08.41 ID:L4mPO8KX.net
>>89
そういう君は知ってるわけだ
だせえw

ソ連のピアニストにスタニスラフ・ブーニンというひとがいて、冷戦時代にドイツに亡命したのですが、日本でもけっこう人気でCMにも出てました。
で、小さいときに見たのでなんのCMかもう思い出せないけど、彼がCMで弾いてる曲がすごく良くて、なんの曲かなぁーと長らく疑問だったんですよね。
ブーニンはショパンの演奏で有名なのですが、明らかに曲はショパンではない。あとになって思えば、どうやらヴィヴァルディの調和の幻想第5番のピアノアレンジではないかと思ってますが、なにしろ昔のことなのでよく思い出せない。テンポがよくて軽快な演奏でしたねぇ。

とゆわけで、クラシックというだけですでにマニアックなのに、さらに編曲のみに焦点を当てたスレ!誰か読むひといるでしょうか。
管理人はスレで出てるのはラヴェル編曲の「展覧会の絵」くらいしかわからん。彼の名前が一番多くあがってたようです。

名編曲家といえば誰でしょうかねぇ。
現代の演奏家の中には編曲もやるひとはけっこういますね。アイザック・スターンもクライスラーのソナタをオケ用に編曲してた気がする。
原曲の雰囲気そのままにやるタイプと、解釈をガラッと変えちゃうタイプあるけど、スターンは前者でしたねぇ。

クライスラー本人も、昔の曲から主題をとったよーというテイで「○○のスタイルによる○○」みたいな曲をたくさん書いてます。
しかし、実際は原曲にそんな主題はなく、1から10までクライスラーの作曲らしい、と言われてます。

なんにせよ、コメント欄でクラシックファンの皆様による、編曲にかけるアツい思いを語っていただければ。(見てるひとがいるなら

Mozart Divertimento in E Flat, K. 563 Grumiaux Trioトップ絵は、美音で知られるヴァイオリニストのアルテュール・グリュミオー。
このひとは現役時代にグリュミオー・トリオつって、ヴィオラのジョルジュ・ヤンチェル、チェロのエヴァ・ツァコと組んでアンサンブルやってました。
ほんで、このトリオで録音したやつで、モーツァルトの弦楽三重奏、二重奏の完全版のCDがあんですが、その中に「6つの前奏曲とフーガ」も収録されており、これがおおかたバッハの編曲になってます。
なんでもバッハ大好きなスヴィーテン男爵のために編曲してみせたんだそうで、その一環。

全6曲で、元ネタ構成は
1. モーツァルト作の序奏と、バッハの平均率クラヴィア曲集第1巻第8番嬰ホ短調(BWV853)をニ短調に移調したフーガ。
2. モーツァルト作の序奏。 フーガは第2巻第14番嬰ヘ短調(BWV853)による。
3. モーツァルト作の序奏。 フーガは第2巻第13番嬰ヘ長調(BWV852)による。
4. 序奏はセバスティアン・バッハのオルガン・ソナタ第3番第2楽章、フーガは「フーガの技法」第8番。
5. 序奏はオルガン・ソナタ第2番第2楽章、フーガは同第3楽章。
6. モーツァルト作の序奏。 フーガはヴィルヘルム・フリーデマン・バッハのフーガ第8番。
こうなっています。参考こちらより。

管理人はこれの第1番と第5番が大好きでしたが、モーツァルトらしさはすっかり影をひそめ、徹底的にバッハ風になってるので、バッハのファンにはオススメです。バッハの鍵盤曲なんて、手が3本くらいいりそうなのが多いから、三重奏にしやすいという向きもありそう。
今でも入手可能かしりませんが、以下のCD。↓




人気サイト様 最新記事

博士ちゃんねる ヘッドライン

    • ※1 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2020.4.3 0:45
    展覧会の絵はラヴェルのみならず、いろんな人に編曲されすぎてて原曲のピアノ曲の知名度が低くてかわいそうになる。挙句の果てにはロックにまで編曲されてるからね。
    そういう意味じゃ、原曲は磨かれていないダイヤの原石なのかもしれんね。
    • ※2 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2020.4.3 15:16
    編曲と言えば、ボブ・ジェームス
    「We are ALL ALONE」なんて、オリジナルのボズ・スキャッグスの前にボブ・ジェームスだったな
    なお、最初にタマ掴まれたのは、サントリーのCMで起用された、ボブオリジナルの「マルコポーロ」
    懐かしくて検索したらYouYubeにそのCMが上がってたけど、作り(&音楽)は今見ても珠玉
    サントリーにしてもカップヌードルにしても、昔はいいCM作ってたんだけどなぁ
    特に日清は、筒井康隆の兄上が定年されて広告担当から外れて以来、特に宣伝関係がダメになった気がする
    • ※3 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2020.4.7 8:26
    バッハの無伴奏バイオリンパルティータ3番抜粋をラフマニノフが編曲した曲がいい。原曲の音をほぼ変更することなく、ラフマニノフっぽい和声をつけてちゃんと個性が出ている。
    同曲の他の編曲もいっぱいあるけど(サンサーンスとか)、やっぱりこの編曲が一番好き。
    • ※4 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2020.4.8 1:55
    音楽的な難しいことはようわからんのですが、「エリーゼのために」は
    歌謡曲としても全く違和感なく歌われていて、すごいなーと子供心に思ってました。
    ベートーベンさんは昭和の日本に生きていたら、大ヒットメーカーになったね。
  1. トラックバックはまだありません。


コメ欄での議論はおおいにけっこうですが、当サイトではドクター同士の罵り合いは禁止となっております。反論する際には、相手の意見・人格を尊重し、どうぞ冷静に。