人気サイト様 最新記事

博士ちゃんねる ヘッドライン

レスの強調ウゼェー!というドクターへ

レス内の強調表示をOFFにする コチラをクリックして切り替えてください。設定は30日間Cookieに保存されます。
現在のステータス:強調有効

【第二の地球】地球型惑星について語り合おう @ [宇宙板]


【第二の地球】地球型惑星について語り合おう @ [宇宙板]
1: 名無しさん@お腹いっぱい。 2011/12/19(月) 10:44:02.02 ID:NToiTq5s.net
語り合いましょう
2: 2011/12/19(月) 11:37:51.99 ID:EC+loua9.net
地球型惑星にも2種類あって、酸素ケイ素が多い岩石型と炭素が多いダイヤモンド型があるそうな。
以前、ダイヤがごろごろしてる惑星のSFを読んだ時は只の作り話設定と思ったが現実じゃ。
3: 名無しさん@お腹いっぱい。 2011/12/20(火) 01:15:24.15 ID:4pKrUkrt.net
Mクラスの惑星
恒星のスペクトル型分類
管理人より:「M型」というのは惑星ではなくて、恒星の発する光のスペクトルによる主系列分類。M型は赤く低温で輝く恒星。我らが太陽系は黄色で、G型(G2V)となっております。初期のスペクトル分類は「O・B・A・F・G・K・M」でしたが、青い方に「W」、赤い方に「L・T・Y」が追加されることも。これらは特に「拡張スペクトラム」と呼ばれます。古いやつは「Oh, Be A Fine Girl: Kiss Me!(おお、いい娘でいてくれ、キスしてほしい)」というセクハラじみた語呂合わせで覚える。
6: 名無しさん@お腹いっぱい。 2012/01/04(水) 21:29:09.93 ID:RDOeY6mO.net
宇宙は無限だから宇宙のどこかにはあるだろうね
7: 名無しさん@お腹いっぱい。 2012/01/05(木) 12:07:15.56 ID:G/qQhJqw.net
地球型惑星の基準はなに?
8: 名無しさん@お腹いっぱい。 2012/01/05(木) 16:14:32.32 ID:y4M4oNL4.net
>>7
岩石惑星、水が液状で存在、大気がある、磁場がある、
こんな感じか・・
9: 名無しさん@お腹いっぱい。 2012/01/12(木) 11:46:41.35 ID:L4bU3Pi3.net
生命生存
10: 名無しさん@お腹いっぱい。 2012/01/16(月) 01:07:03.33 ID:uOLbKEhA.net
>>9
急に条件が厳しくなったw
11: 名無しさん@お腹いっぱい。 2012/01/24(火) 16:04:14.08 ID:4/nUl/tf.net
地球型惑星が発見されても生命が生きていけないような惑星だとなんか面白くないな
14: 名無しさん@お腹いっぱい。 2012/01/25(水) 17:43:21.43 ID:M1mQiEfQ.net
どの地球型惑星も地球と同じ見た目なのかな?
15: 名無しさん@お腹いっぱい。 2012/01/25(水) 17:45:26.59 ID:gqiHGFUj.net
火星も金星も地球型惑星だけど?
管理人より:「地球型惑星」とは、岩石や鉱物などの揮発しない成分で占められた惑星のこと。太陽系内では、水星・金星・地球・火星の4つ。
16: 名無しさん@お腹いっぱい。 2012/01/26(木) 18:55:39.51 ID:rjJSKZzg.net
質量が地球の0.8~1.3倍
バビタブルゾーン内に存在している
外側に木星質量と同等、またはそれ以上の巨大ガス惑星が複数存在している
主星がHR図でⅣ~Ⅶに位置している


この条件なら或いは……
19: 名無しさん@お腹いっぱい。 2012/01/29(日) 17:02:58.01 ID:ZHinNyGh.net
ケプラー22bとか
ケプラー22星系のハビタブル・ゾーン比較
管理人より:「ハビタブル・ゾーン」とは、惑星に水が液体で存在できる範囲のこと。上記はケプラー22星系と我々太陽系のハビタブル・ゾーン比較。
18: 名無しさん@お腹いっぱい。 2012/01/28(土) 17:21:20.19 ID:6zmIN+6C.net
地球そっくりな条件な惑星があったとして、違う点は地表の100%が水に覆われてる星があったとしたら、どういう進化するんだろうな
20: 名無しさん@お腹いっぱい。 2012/01/29(日) 18:38:26.07 ID:QbiceEE0.net
しかし数百光年以内にポンポン出てきてるな
こりゃ銀河系の中心とか無茶苦茶ありそうやね
21: 名無しさん@お腹いっぱい。 2012/01/29(日) 22:08:29.31 ID:A1rBptvo.net
銀河中心は都会で太陽系はどこかの集落って感じ
22: 名無しさん@お腹いっぱい。 2012/01/30(月) 22:43:02.19 ID:6VqFYw7g.net
この宇宙には地球型惑星がたくさん存在する
第二の地球は必ずある
23: 名無しさん@お腹いっぱい。 2012/01/31(火) 17:24:22.33 ID:imxIFX4v.net
知的生命体が居たとしても胴体の上に頭が1つとは限らない。
手と足を合わせて4つとは限らない。
口からマグマを出したり、自分の尻尾を食べて栄養を蓄えたり、熱や冷気を体に取り込むことによって受精したり、死期を悟ったら核爆発するとかスゴい感じの生き物かもしれない。
近づかないほうが無難な生き物だと思う。
24: 名無しさん@お腹いっぱい。 2012/01/31(火) 22:49:55.70 ID:Q6DeXCxM.net
銀河ゆーても中心に近すぎると紫外線強すぎてあぼん
外過ぎても駄目つまり太陽系の位置がベスト。
26: 名無しさん@お腹いっぱい。 2012/02/01(水) 10:29:25.55 ID:rI+++Zbw.net
>>24
初耳。ソースplz。
29: 名無しさん@お腹いっぱい。 2012/02/04(土) 16:24:16.04 ID:wfoc2CA5.net
>>24
紫外線を栄養にしている生物なら銀河中心の方が居心地がいいのでは?
むしろそんな彼らにとっては、「太陽系なんて紫外線が弱すぎて生物なんて住めないわwww」って思っているだろうな。
30: 名無しさん@お腹いっぱい。 2012/02/06(月) 10:06:21.74 ID:nlr9Fzv1.net
新発見のスーパーアース、生命の可能性
Rachel Kaufman
for National Geographic News
February 3, 2012

地球から22光年離れた赤色矮星を周回する岩石惑星が発見された。中心星のハビタブルゾーン(生命居住可能領域)内にあり、地球以外の天体では生命存在の可能性が最も有望視されているという。

新たなスーパーアース(巨大地球型惑星)は、さそり座の赤色矮星を公転しており、「GJ 667Cc」と名付けられた。質量は地球の約4.5倍で、公転周期はおよそ28日。同じ恒星系内にはK型主系列星(KV、橙色矮星)の連星も存在する。

赤色矮星は比較的暗い恒星で、GJ 667Ccが受ける光は地球に届く太陽光と比較しても若干弱い。しかし、大部分が赤外線なので、エネルギーの吸収効率は地球よりも高いと考えられる。

研究チームの一員で発見当時アメリカ、ワシントンD.C.のカーネギー研究所に在籍していたギリェム・アングラーダ・エスクデ(Guillem Anglada-Escude)氏は、「GJ 667Ccが大気を持ち、地表面が岩石で覆われている場合、液体の水、さらに生命が存在する可能性は十分にある」と話す。

◆予想外の発見
アングラーダ・エスクデ氏の研究チームがGJ 667Ccを発見したきっかけは、ヨーロッパ南天天文台(ESO)の公表データだった。ESOには、惑星の引力によって生じた恒星軌道の揺れを観測できる望遠鏡が設置されている。

発見はある意味で予想外の出来事だったという。いくつかの惑星形成モデルを基にすると、GJ 667Ccの中心星(GJ 667C)のように金属量が少ない恒星の周りでは、地球型惑星は期待できないからだ。天文学での「金属」は、水素とヘリウムより重い元素を指す。炭素や酸素、窒素などの重い元素は岩石惑星の構成要素となる。

一方、NASAゴダード宇宙飛行センターのアキ・ロベルジュ(Aki Roberge)氏は、必ずしも驚くべき発見とは言えないと指摘する。「巨大ガス惑星は金属量の多い恒星の周りに形成される可能性が高い。しかし、質量のより小さな惑星や岩石惑星についても同様かは、観測例が十分でないため分からない」。

小惑星や彗星などの小型天体は、金属が乏しい恒星の周囲で発見されている。地球型惑星の形成に関しては、「恒星の組成による明確な差はなさそうだ」とロベルジュ氏は語る。

ただし金属量の少ない恒星の周囲では、「大質量の巨大惑星よりも、小型天体の方が形成されやすい傾向があるのではないか」と述べる。

◆初の観測例となるか
現在ドイツのゲッティンゲン大学に所属しているアングラーダ・エスクデ氏は、GJ 667Ccが実際に生命の存在しうるスーパーアースである確証を得たいと話す。
31: 名無しさん@お腹いっぱい。 2012/05/10(木) 07:28:11.88 ID:v2Jk/jIU.net
地球だって生命?いるわけねぇって時代があったわけだから、今発見されてる星もなんらかの条件で数億年後生命にあふれてるかもしれない
32: 名無しさん@お腹いっぱい。 2012/05/26(土) 23:19:46.33 ID:KoT4Q725.net
太陽がでっかくなる頃には、タイタンは生命に溢れる星になるんじゃね??
35: 名無しさん@お腹いっぱい。 2012/07/03(火) 00:29:01.72 ID:ITy1xwrD.net
>>32
A.C.クラークは木星の衛星ヨーロッパを生命の溢れる星にしちゃったな、木星の恒星化後の世界で
管理人より:「2061年宇宙の旅」を読もう!
39: 名無しさん@お腹いっぱい。 2012/07/22(日) 22:14:34.17 ID:uFT+ASvY.net
しかし地球だけが特別なわけじゃないだろうけと、何もかもが絶妙な惑星だよね。

海だけとか陸だけではなく、衛星が接近して存在してるおかげて、夜は月明かりがあるし、金属や炭素が極端に少ないわけでなく、重力が強過ぎれば、知的生命体は小さいだろうし、空を飛ぶのは大変だろう。
地軸の傾きが無ければ季節がないし、90度なら半年昼がなかったり、延々と昼か夜だけだし。
自転による夜が無い星の生物は、寝なかったり、寝るために夜だけの地帯に移動したりするんだろうな。
41: 名無しさん@お腹いっぱい。 2012/09/21(金) 13:11:55.32 ID:z2w6Mq3V.net
>>39
おまけに丁度いい大絶滅が何度も起きて進化を加速してるし…
安定した環境だったら未だに原核生物のままだったろう
73: 名無しさん@お腹いっぱい。 2016/04/19(火) 20:17:24.80 ID:c7CetjTN.net
>>39
えっ!!!
月があって環境が安定しすぎが原因で生命進化の速度があまり速くなかったのかもよ


>>41
えっ!!!
地球の大量絶滅は少なすぎて、それで生命の進化があまり早くなかったんじゃないの?
83: 名無しさん@お腹いっぱい。 2017/01/24(火) 22:56:22.97 ID:HG2Wb1oQ.net
>>73
少なすぎって何を基準に言ってるんだ?
もっと頻繁に大量絶滅を繰り返してる星があるのか?
85: 名無しさん@お腹いっぱい。 2017/02/04(土) 14:15:11.77 ID:uudzeAu4.net
>>39
偶然とは思えないほどよい環境に作られてる
いったい誰が考えたのか?
同感であります!(`・ω・´)ゞビシッ
40: 名無しさん@お腹いっぱい。 2012/07/29(日) 10:38:11.44 ID:4LZ245FE.net
つーかいろんなのが発見されているが距離的にかなり昔なんだろ?
地球だって生物がいない時代もあるんだし、それぐらいの距離から文明持ったやつが地球見ても、ただの生物がいる可能性ありで終わるんじゃないだろうか
別の星の地球人みたいな奴らが氷河期の時代の様子をキャッチしても、寒すぎワロタでで興味すら持ってもらえない
42: 名無しさん@お腹いっぱい。 2012/10/31(水) 09:56:23.65 ID:n+92eM83.net
生命のいる惑星は地球しかない
43: 名無しさん@お腹いっぱい。 2012/10/31(水) 12:11:53.52 ID:8DKlim2f.net
ハビタブルゾーンの表で地球よりも中心にある惑星が、たかだか20光年の距離に見つかってるんだから、半径450億光年以上ある宇宙に生命がいないって考えるのは早計にもほどがある
44: 名無しさん@お腹いっぱい。 2012/10/31(水) 18:25:32.39 ID:gur8zbeT.net
まず太陽系を調べてからだな
45: 名無しさん@お腹いっぱい。 2012/12/29(土) 04:01:29.33 ID:tbs1xK7k.net
木星の衛星に巨大魚っているのかな?
46: 名無しさん@お腹いっぱい。 2013/01/01(火) 19:05:11.86 ID:MdMyN0Rq.net
そら木魚じゃー
47: 名無しさん@お腹いっぱい。 2013/01/01(火) 20:36:16.02 ID:FjLo9E0y.net
0点
51: 名無しさん@お腹いっぱい。 2013/01/27(日) 04:30:40.84 ID:fgcBcKnS.net
>>45-47
笑た
48: 名無しさん@お腹いっぱい。 2013/01/15(火) 04:26:48.12 ID:P36tvk4e.net
何十光年とか何百光年も離れた惑星の知的生命体が地球を見て「生物の存在する可能性あり」とか言ってるのかな
地球からも発見されて可能性ありとされてるどこかの惑星だったりして
54: 名無しさん@お腹いっぱい。 2013/02/07(木) 11:24:00.24 ID:uKgD9wMh.net
61: 名無しさん@お腹いっぱい。 2013/03/26(火) 15:41:36.34 ID:xJRC50d0.net
ケプラー22b
グリーゼ581d
グリーゼ581g

は知ってる
62: 名無しさん@お腹いっぱい。 2013/03/26(火) 21:30:16.84 ID:TyZ9dY85.net
アルファ・ケンタウリBにも地球型惑星ありとのこと。
ただし、母星に近すぎ高温のため生命の存在は難しそう。
ケンタウルス座アルファAとB
管理人より:「ケンタウルス座アルファ星系」は三重連星で、AとBは近いですが、3つめのプロキシマ・ケンタウリはかなり暗く、軌道もだいぶん離れています。Bの惑星には地球型のものも含まれており、BbとBcのふたつ。どちらも生命存在の可能性は低そうです。
63: 名無しさん@お腹いっぱい。 2013/04/15(月) 10:45:15.19 ID:WLZX8ei6.net
地球型惑星が発見された場合、その惑星に大気や水が無くても地球型惑星なんですか?
65: 名無しさん@お腹いっぱい。 2013/04/15(月) 21:17:58.16 ID:A3Ab8r8s.net
>>63
その通り
太陽系でいえば水星には液体の水も有意な濃さの大気もないけど、地球型惑星に分類される
地球型惑星とはあくまで主に岩石等でできていてはっきりした固体の表面がある惑星のことであって、表面の環境が地球に近いかどうかは関係ない
64: 名無しさん@お腹いっぱい。 2013/04/15(月) 13:03:34.10 ID:QBh9MKVh.net
岩石惑星を地球型惑星と言ってるからな
71: 名無しさん@お腹いっぱい。 2013/11/23(土) 02:03:04.27 ID:I+Kx4rNU.net
地球誕生から現在までを1年とすると、生物は2月ころに誕生したらしいよ。
但し人類誕生は12月31日の夕方。
生命体ってのは案外簡単にできるようだから、他の星にもゴチャマンと存在している可能性はあるな。
しかし「知的」生命体となるとハードルは高そうだ。
72: 名無しさん@お腹いっぱい。 2015/12/13(日) 20:45:41.47 ID:P/PUYRKM.net
岩石からは放射線が放出し硫酸の海があり大気も高濃度の硫酸ガス
74: 名無しさん@お腹いっぱい。 2016/04/19(火) 20:19:33.90 ID:c7CetjTN.net
>>72
うわぁ、すごく生命にとって快適な環境がいい星
と思ってる生物がいるかもよ
75: 名無しさん@お腹いっぱい。 2016/04/19(火) 20:33:00.84 ID:+z5xusfR.net
四足動物が二足歩行する進化はたいしてかからないだろうね
文明もった途端に加速的に進歩する
77: 名無しさん@お腹いっぱい。 2016/04/23(土) 05:33:46.73 ID:1lqaWSX9.net
宇宙は人間に「はやく惑星移動できる宇宙船をつくれるテクノロジーを磨け」と言ってるように思える
知的生命体への試練だろう

我々人類が母なる地球を旅立つ日はいつになるやら。以前まとめたこのスレで、
太陽系から一番近い恒星系はケンタウルス座にある「プロキシマ・ケンタウリ」で、たったの4.22光年。しかし、ボイジャー1号が等速運動をしている秒速17.3kmではなんと7.3万年もかかってしまう。
加速を続けていけばやがては光速近くに到達する道理ですが、それが一番難しいみたいです。
というようなことを巻末欄に書いたものですが、たったの4.22光年を踏破するだけでこの有様。道は遠いですね。

近年、観測技術が発達して、自ら光を発しない惑星だって、どうにかこうにか観測することができるようになりました。そやって地球近傍の惑星らしきもの、それも生命が暮らしてけそうな惑星もチラホラ見つかってますね。
しかし、暮らしていけるかどうか、とそこに生命らしきものがいるかどうか、は全然別問題です。
ましてや知的生命体ともなると、銀河がどれほど広かろうとも確率は低そうではります。

そうして進化した知的文明同士が出会う確率もまたどえらい低さで、我々はひょっとしたら遠い未来においても異種族と出会うことはないかもしれない。
でも、チャレンジだけは続けていきたいもんですなあ!




人気サイト様 最新記事

博士ちゃんねる ヘッドライン

    • ※1 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2020.4.6 21:26
    ハビタブルゾーンってどうやって決めてるんだろう?
    単純にその距離での恒星から受け取る単位面積当たりのエネルギーが水を液体に保つ温度を維持しうる範囲という決め方なんだろうか?
    例えば金星みたいな強い温室効果を持ってる惑星があればハビタブルゾーン外にありながら液体の水を保持しうることはありうるのかな。
    その辺は惑星個別の事情だろうからとりあえずは考えないのかな?
    • ※2 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2020.4.6 23:47
    結局人間の基準でしか物を考えられない
    自転や公転の周期が違えば時間に対する感覚も変わるだろうし、重力が違えば身体の造りや寿命も異なる事に
    知的生命体と一括りに出来るほどの共通点があるのかも怪しい
    • ※3 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2020.4.7 2:07
    硫化水素含んだ熱水の周りにコロニー出来てるから、水が液体で存在してれば生命は居る可能性はあるよね
    エウロパの探査なら現実的だから探査機送り込んでほしい
    • ※4 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2020.4.7 7:20
    火星や月の表面のつちを粉砕して、固形樹脂をソーラーパネル使って電気で溶かして混ぜて
    コンクリート3Dプリンタを使って、現地でコロニーを作る構想あったよ
    ルンバみたいな走った場所をマップ化してくれる、AI自動運転ロボを走り回らせれば詳細な地図ができるみたい
    植物・動物・食料はUV-LEDライトと冷暖房を使って屋内飼育や水耕栽培が、いまの技術でも実現できる
    あとは、無限に必要な水をどうするか
    • ※5 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2020.4.8 13:26
    進化の速度は、環境と遺伝子のエラー率に依存しているので、
    ほとんどの場合、単細胞レベルで進化が止まるのではなかろうか。
    • ※6 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2020.4.10 1:26
    たとえ地球とほぼ同じ星でも、木星が隕石の衝突防いでたり、月のおかげで夜が明るかったり、太陽で昼が明るくて適度な温度の銀河なんて他にあるかな
  1. トラックバックはまだありません。


コメ欄での議論はおおいにけっこうですが、当サイトではドクター同士の罵り合いは禁止となっております。反論する際には、相手の意見・人格を尊重し、どうぞ冷静に。