人気サイト様 最新記事

博士ちゃんねる ヘッドライン

レスの強調ウゼェー!というドクターへ

レス内の強調表示をOFFにする コチラをクリックして切り替えてください。設定は30日間Cookieに保存されます。
現在のステータス:強調有効

どれだけ読めば、文学通といえるのか? @ [文学板]


どれだけ読めば、文学通といえるのか? @ [文学板]
1: 吾輩は名無しである 2019/02/24(日) 17:18:32.27 ID:PPHA9qER.net
「私は文学通です」と胸を張って言えるようになるためには、文学作品をどれくらい読めばいいんだろな?
2: 吾輩は名無しである 2019/02/24(日) 17:22:00.56 ID:PPHA9qER.net
そもそも、文学通になることに意味があるかどうか
それが問題だ
3: 吾輩は名無しである 2019/02/24(日) 17:23:38.88 ID:PPHA9qER.net
文学とはいったいなんだろうか。
単なる娯楽だろうか。人生を豊かにしてくれるものだろうか。人の生きる道筋を教えてくれるものだろうか。

文学(的な作品)はなんとなくたくさん読んでおいた方がよいというような印象が漠然とある。
でも、さあ読書してみようと思っても、現代人には時間がない。大人になってからむさぼるように文学作品に没頭するという生活を送ることができる人はほとんどいないはずだ。
もちろん、小さいころからもっと本を読んでおくべきだったと思っても、過ぎ去った時間は返ってこない。

しかし、文学には憧れる。会話や生活のちょっとした場面で文学的な引用をしてみたい。

早わかり世界の文学 ――パスティーシュ読書術 (ちくま新書)――そんな文学通を気取りたいあなたにオススメなのが、清水義範著『早わかり世界の文学――パスティーシュ読書術』だ。
本書にはそれこそ『聖書』から『電車男』まで、古今東西の文学作品63作品が俎上に上げられ、清水らしいユーモアで解説されていく。
4: 吾輩は名無しである 2019/02/24(日) 17:26:16.02 ID:PPHA9qER.net
文学、とくに現代文学にハマりすぎると、普通の人とは使う言語がビミョーに違ってくる
その結果、会話が成立しにくくなるから要注意だ
8: 吾輩は名無しである 2019/02/25(月) 08:15:24.48 ID:qm+jaJub.net
「日本で一番有名な作家は誰か?」
これほど、どこからも異論が出ない質問も珍しい
答は「村上春樹」に決まっている
9: 吾輩は名無しである 2019/02/25(月) 14:11:26.74 ID:UxgUU0oy.net
いや有名なのはまだ夏目漱石
教養としても春樹は死んでからの評価がまだ分からない
10: 吾輩は名無しである 2019/02/25(月) 16:50:50.15 ID:KxOEI1hN.net
ミステリ板では500冊で入門らしい
11: 吾輩は名無しである 2019/02/26(火) 08:13:33.00 ID:Dbj4YMA2.net
主だった作家の代表作を1冊ずつ読んだ人と特定の作家の作品だけ全部読んだ人では、どっちが文学通なんだろう。
オイラは両方兼ね備えたいけど、物理的に時間が足りない。
12: 吾輩は名無しである 2019/02/26(火) 11:43:54.58 ID:lJ+HfqIJ.net
本を何冊読むかではない。
面白いと本音で思う本が何冊見つかるかだ。

面白い本を一冊見つけて、初心者。
十冊も見つければ、充分に読書家。
百冊見つければ、文学通だろう。百冊面白いのがあれば、世界文学全集だって自分で編めるし、夏の百冊だって自分で決めれる。
14: 吾輩は名無しである 2019/02/28(木) 20:50:13.54 ID:mvyArZIx.net
城 (新潮文庫)とりあえず、カフカの「城」、フオークナーの「アブサロム!アブサロム!」を読んで面白いと思うなら、世間の一般人とは明らかに一線を画している
18: 吾輩は名無しである 2019/03/01(金) 20:48:47.19 ID:N5Kr8D5/.net
事情通や情報通はいるけど「文学通」ということで幅広くを読んでいる人はいないよ
吉田健一や鹿島茂でも専門領域である英文や仏文以外だとどれだけ抑えている事やら
漱石やドストエフスキーを全集レベルで深く読み込んでも文学通とは言えない

だからといってその読み込みが偏狭なわけでもない
自身の興味や理解に即した読書になると範囲は自ずと限定されてしまう
たとえばマンスフィールドに心酔する人がディックやブコウスキーのパルプフィクションを評価するとは思えないしね
19: 吾輩は名無しである 2019/03/02(土) 03:28:28.24 ID:qYfK3gWj.net
質を求めるには量をこなさないといけないのが読書。
各々の読書論は得てして結果論。
20: 吾輩は名無しである 2019/03/02(土) 06:47:21.75 ID:qYfK3gWj.net
海外文学全般を日本語でさらうよりも、ある程度有名どころを読んだら気に入った一つの国を外国語で読む訓練をした方が文学通と呼べそう。
21: 吾輩は名無しである 2019/03/02(土) 07:58:04.27 ID:caaZykED.net
文学通って誰かに言われるならともかく、自称しようとする人間は例外なく勘違いしている中二病
どんだけ読んでても「通」を自称できる輩はうさん臭い
22: 吾輩は名無しである 2019/03/02(土) 09:13:37.23 ID:Lq/1IroY.net
少なくとも「この本のおもしろさが理解できなきゃ文学通じゃない」と自分の価値観を人に押し付けるような人は文学通じゃないことだけはわかる。
23: 吾輩は名無しである 2019/03/02(土) 09:24:59.68 ID:fMz+kxP7.net
>>22
価値観は人それぞれだが、どれだけ共有できるものを見いだせるかが問題だろう
26: 吾輩は名無しである 2019/03/03(日) 07:37:05.49 ID:TGX3mAoI.net
5冊を精読するより、500冊を多読するほうが、文学への理解は深まる
35: 吾輩は名無しである 2019/03/07(木) 10:49:02.38 ID:2ISI3S9o.net
文学に浸ってるやつは総じてゴミ
36: 吾輩は名無しである 2019/03/08(金) 16:23:55.75 ID:QuNMdv8g.net
文学に浸ろう
39: 吾輩は名無しである 2019/03/08(金) 18:57:49.55 ID:tDAqaN4k.net
村上春樹を読んでいても、文学通と思われることはまず無いであろう
しかし、村上春樹も読んでいないような人が、文学通と言えるだろうか?
40: 吾輩は名無しである 2019/03/08(金) 19:13:49.15 ID:281gGeU9.net
漱石や春樹の代表作は話のたたき台にはなる
いちおう現代日本人の教養の一部を構成している作品ではあるよ
42: 吾輩は名無しである 2019/03/09(土) 11:13:19.14 ID:xRWgNHnA.net
コーマックマッカーシーにハマりそう
一時期ポールオースター読んでたけど、ラストで大抵誰か死んで安易に叙情的にする展開が3流作家並で冷めてから読まなくなった
43: 吾輩は名無しである 2019/03/10(日) 07:57:07.25 ID:JRRNZHO7.net
>>42
コーマックマッカーシーは読んだことないが、「ノーカントリー」の映画は見た
内容より、俳優の顔が凄かったな
不気味な迫力があった
44: 吾輩は名無しである 2019/03/10(日) 08:00:05.60 ID:JRRNZHO7.net
ポールオースターは、原文より柴田元幸の翻訳のほうが良いといわれるが、どうなんだろか
原文を読んでないからわからない
45: 吾輩は名無しである 2019/03/10(日) 09:27:20.53 ID:JRRNZHO7.net
ポールオースターの翻訳は柴田元幸の代表作だが、ポールオースターがあまりにマイナー
文学マニアならともかく、世間の一般人で知ってる人を見たことがない
46: 吾輩は名無しである 2019/03/10(日) 09:35:47.34 ID:iJDM66Sb.net
>>45
英語簡単だから英語学習者の間だと人気だよ
カーヴァーヘミングウェイの短編の次に読むぐらいは簡単、長いけど
52: 吾輩は名無しである 2019/03/11(月) 19:43:11.02 ID:bKa9NIHy.net
赤と黒(上) (新潮文庫)スタンダールの「赤と黒」は、予備知識なしで読んだら、さぞかし面白い小説だっただろうと思う
だが、あまりにも有名すぎるストーリーだけに、読んだときにはほとんど知っていた
53: 吾輩は名無しである 2019/03/11(月) 19:44:33.57 ID:bKa9NIHy.net
危険な関係 (角川文庫)ラクロの「危険な関係」は、単純にエンターテインメントとして楽しめる小説
「古典文学を読んで教養を身につけましょう」なんて世界では全然ない
54: 吾輩は名無しである 2019/03/11(月) 19:45:49.45 ID:bKa9NIHy.net
「面白すぎて古典文学であることを忘れる」という評判なのとしては、バルザックが一番手に挙がるであろう
56: 吾輩は名無しである 2019/03/11(月) 22:47:12.13 ID:4pQlMZPa.net
スタンダール読もうとしたけどどの翻訳か迷ってたら終わったわ
おすすめは誰訳?
あとバルザックで一つ選ぶなら何よ
57: 吾輩は名無しである 2019/03/12(火) 06:36:04.72 ID:OT8VEGqv.net
ゴリオ爺さん (古典新訳文庫)>>56
バルザックといえば、まずは「ゴリオ爺さん」でしょうな
「谷間のゆり」も同じくらい有名だけど、これはバルザックにしては珍しく詩的な作品でおもしろくない
62: 吾輩は名無しである 2019/03/12(火) 07:37:25.29 ID:OT8VEGqv.net
上のコピペにも出てるけど、スタンダールの小説は「ナポレオン戦争後の王政復古期」という時代背景と切っても切れず、時事ネタが豊富なので、できれば充実した訳注がほしい
63: 吾輩は名無しである 2019/03/12(火) 13:25:25.61 ID:CC0UB4SV.net
パルムの僧院(上)赤と黒は野崎訳を避けて大久保和郎訳で読んだな
同じ訳者でパルムの僧院もあるからおすすめ
64: 吾輩は名無しである 2019/03/12(火) 23:03:41.05 ID:OT8VEGqv.net
パルムの僧院はすばらしいな
管理人より:翻訳家のスレはこちら。
65: 吾輩は名無しである 2019/03/13(水) 21:48:57.98 ID:5GAOZ+K7.net
日本文学・フランス文学・アメリカ文学
文学通になるためには、この世界3大文学を習得する必要がある
66: 吾輩は名無しである 2019/03/14(木) 08:56:59.96 ID:xNJ7knk2.net
文学通には壁がふたつある

語学能力
詩歌に親しむ


邦訳でジャンル小説をひたすら読んでも上記から逃げていると深い文学鑑賞ができない
69: 吾輩は名無しである 2019/03/14(木) 19:59:12.39 ID:ZUxtSUsb.net
失楽園 上 (岩波文庫 赤 206-2)ミルトンの「失楽園」はスーパー大傑作だな
あれは二度と書けんぞ、誰にも
70: 吾輩は名無しである 2019/03/14(木) 20:01:55.33 ID:ZUxtSUsb.net
The Great Gatsby 華麗なるギャッツビー (ゴマ英語文庫セレクション)スコット・フィッツジェラルドの「グレートギャツビー」とか、中学の英語の教科書かよと思うくらい簡単な英文だな!
野崎孝の翻訳のほうが、漢字が多くてよほど難しそうに見えるぞ?
71: 吾輩は名無しである 2019/03/14(木) 20:11:37.07 ID:xNJ7knk2.net
ギャツビーそんなに簡単じゃないよ
パールバックやモーム、シャーウッドアンダーソンよりも難しい
75: 吾輩は名無しである 2019/03/14(木) 21:43:02.05 ID:ZUxtSUsb.net
まあ、日本語の文章だと、パッと見で難易度をかなり判別できるが、英語の文章はどれも同じように見えるけどな(笑)
77: 吾輩は名無しである 2019/03/14(木) 21:51:24.93 ID:xNJ7knk2.net
簡単そうに見えて難しいのがSFだな
ハインラインやギブソン

フィッツジェラルドはホームズより難しい
ちょうど火星の王女くらいか

思いついたまま書いちゃったが参考になれば
79: 吾輩は名無しである 2019/03/15(金) 03:18:53.17 ID:BynmW0U1.net
>>77
SFな使われる単語が独特だし、奇想天外な内容だから流れで理解するってわけにいかず、本物の英語力が要求されるな(笑)
95: 吾輩は名無しである 2019/03/17(日) 09:04:00.55 ID:svSJcNb1.net
>>77
簡単そうに見えて原書で難しいのがオー・ヘンリーだった
昔の作家は難しいのが普通でディケンズなんかも今読んだらものすごく難しいけど、コナン・ドイルは現代小説と変わらず読める
99: 吾輩は名無しである 2019/03/17(日) 13:16:05.07 ID:CcA77fXj.net
>>95
まあ、井原西鶴を読むよりは明らかに読みやすいけどな
英語やフランス語は、日本語ほど古典と現代文のギャップがない
80: 吾輩は名無しである 2019/03/15(金) 03:20:02.70 ID:BynmW0U1.net
映画もそうだ
SF映画は難易度が高い
83: 吾輩は名無しである 2019/03/16(土) 17:04:15.50 ID:ljqnf3Qd.net
本当に簡単な文章といったら、ヘミングウェイあたりか
85: 吾輩は名無しである 2019/03/16(土) 18:33:59.15 ID:2Mo2vyua.net
ヘミングウェイが小説で使用する言葉は日常語が多いけど、文章の組み立てにはそれなりの工夫がなされている
原文は非常にリズミカルで歯切れがよい
107: 吾輩は名無しである 2019/03/18(月) 13:45:11.63 ID:WeuqFqbu.net
「文学」と「小説」は、イコールではない

当たり前のようだが、それが忘れられようとしている
108: 吾輩は名無しである 2019/03/18(月) 13:46:06.78 ID:WeuqFqbu.net
「小説をたくさん読んだ人と、文学通はイコールではない」

当たり前のようだが、それが忘れられようとしている

「文学通」の条件ですかぁー! ここと似てるスレつうか、「バーナード嬢曰く。」の町田さわ子みたいなスレですね。

「文学作品」と「小説」は違うのだ、はそのとおりかもしれないけど、どのへんに境目があるのかよくわからない。文芸作品とエンタメ作品と言えばいいでしょうか。
しかし、映画も同様だけど、「文学通」を目指してファッション感覚で数千冊読む、なんてのはなかなかできることじゃないというか、ぜーったい途中で挫折します。読書なんて「読みたいから読む」以外の理由ではたぶん続かないです。

文学通たるもの原書で読まなくては…みたいな話があり、作者によって難易度が異なる云々というのは参考になりますね。
管理人はそこまでたくさん原書で読んでないですが、これはおもいのほか苦しい読書体験になるってことは言っておきたい。語学に自信があればまた別ですが。

児童文学なら案外イケるんじゃない?と思って「ナルニア国物語」を買ってみたんですよ、安かったから。でも、別にそんな簡単じゃなかったし、向こうの子供ってこんな語彙あんの!?て思いましたけどね。言語の壁の高さを実感する。
昔の作品で言い回しが若干古いのと、ヴィクトリア朝時代の一般名詞がすごく分かりづらいんですよね。例えば「hansom(辻馬車)」のような単語とか。
Kindleとかなら辞書すぐ引けるじゃん、という向きもあろうかと思いますが、そんな読み方してたら1冊読むのに膨大な時間がかかるから、途中で投げ出すこと間違いなしです。

日常的に我々が使う言葉だって、いざ英語で書かれると知らない単語のなんと多いことよ。「pack」みたいな単語でも、卵ワンパックくらいのイメージしかないけど、元は「群れ」みたいな意味なんですよね。「wolf pack」とか書かれても最初のなんのことかわかんなかった。

なにしろ一人称じゃない情景描写とか読むのしんどいですよね。冗長だし、ストーリーには直接関係ないけど深みを与えるためには飛ばして読むわけにもいかんし。
格調高い英語って、ストレートな表現を避ける傾向にあるから、とにかく遠回しなんですよ。直截的ではない場合のほうがずっと多いです。
だから、原書で読んだことはないけど、O・ヘンリーも翻訳から察するに確かに難しそうですね。反面、「アルジャーノンに花束を」とかは案外イケそう。

途中で出てた、日本人にはほとんど知名度なさそうなポール・オースター。管理人は「ムーン・パレス」しか読んだことないけど、これはなかなかおもしろかったです。しかし、彼の作品なんか心理描写がけっこう丁寧だから、原書だと読みづらそう。
でも、確実に英語力は磨かれるんで、原書を小説で読むのは、一歩進んだ語学学習をしたいなら避けては通れなさそうですよねぇ。

…あ、なんか文学の話してたのに英語学習の話になってしまった。

【2016年秋放送開始!】TVアニメ『バーナード嬢曰く。』PVそんなわけでトップ絵はマンガ原作アニメの「バーナード嬢曰く。」より。アニメの方は未見ですが、マンガ原作は全部読んでます。
文学少女に憧れる町田さわ子、しかし読書はめんどくさい…という困った女の子ですが、図書館で出会う読書仲間たちに触発されて、文学の世界にのめり込んでいく…。

これに出てくる神埼さんというキャラは、高校生でそれはねーよ!ていうくらい大量に読んでますね。
このマンガでアツく紹介されたことがきっかけで、それを読むひとも多いんじゃないでしょうか。作者のひとと好みがけっこうかぶってるので、あーわかるぅ~て感じで、読んでると楽しいです。

長谷川さん
個人的には変人3名に振り回される常識人タイプの長谷川さんが好きなキャラです。




人気サイト様 最新記事

博士ちゃんねる ヘッドライン

    • ※1 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2020.6.1 21:07
    外国人作者について語ってる文学痛さんはちゃんと未翻訳のものを読んでるの?
    • ※2 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2020.6.1 21:20
    判断するのは相手なんだから、その人にとって通な作品を読んでいないといけない

    つまり全部読め
    • ※3 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2020.6.1 21:28
    シェークスピア、ドストエフスキー、ゲーテ、スタンダール、ルソー。
    ざっとこのあたりは読んでないと西洋文学史を理解する上で全くお話にならないはずだけど、当時の言語を習得した上で原書にあたるわけですかね?

    バカバカしい。それじゃまるっきり大学の研究者じゃないか。
    • ※4 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2020.6.1 21:59
    日本で一番有名な作家は夏目漱石かも知れんけど、世界で一番有名な作家は村上春樹で間違いない。
    • ※5 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2020.6.1 22:01
    訂正

    日本で一番有名な日本人作家は夏目漱石かも知れんけど、世界で一番有名な日本人作家は村上春樹で間違いない
    • ※6 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2020.6.1 22:38
    通なんてのは自称で言ってるのは碌な奴じゃない、人から言われる物
      • ※7 : ドクター・ノオ・ネーム
      • 2020.6.1 23:00
      >※6
      謙虚は美徳よね
      「通」と称していいのは「ファミ通」のみw
    • ※8 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2020.6.2 0:53
    村上春樹は騎士団長の前までは才能あったよね
    アルジャーノンも良かった
    でももう小説はほとんどの人にとって必要がないものになっていると思うんだけど
    例えるならガレージキットくらいのマイナー趣味というか
    • ※9 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2020.6.2 4:20
    小説はハズレを掴んだときの時間を無駄にした感がハンパない
    推理小説などで前半よくて後半のオチが陳腐だと殺意すら湧く
    かと言って流し読みした小説が、意外と面白かった時のもったいないことをした感

    ああ、エンタメ小説は文学ではないか
    • ※10 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2020.6.2 5:30
    ポールオースターはむしろアメリカよりも日本のほうが人気あるらしい
    ユダヤ系の作家は奇妙な作風の作家が多いのかな
    • ※11 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2020.6.2 7:49
    正解は、文学史を完璧に修めている人。
    この条件さえクリアしていれば、イーリアスもベニスの商人もファウストも読んでいる必要はなく、要点とか文学史的意義とかを押さえておけば足りる。
    むしろ世界史や哲学史の方が重要。
    まあ、通なんてのはそんなウサンくさいものですよ。
    • ※12 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2020.6.2 11:47
    好きぃは三流
    通は二流
    wantは一流
    (物語に)混ぜろは0流
    • ※13 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2020.6.2 14:07
    文学っつってんのに話題のほとんどが小説である不思議
    小説なんて文学の世界からみたら新参者だろうに
    • ※14 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2020.6.4 12:51
    読む=文学通ではないと思うんだが……
    • ※15 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2020.6.5 17:21
    なんぼでも読きゃええやん。
    あくまで読者側だったらね。
    • ※16 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2020.7.1 4:17
    好きなジャンル、好きな作家の魅力を多少なりとも他人に説明できたら、
    通の端くれと言ってもいいんじゃない?
  1. トラックバックはまだありません。


コメ欄での議論はおおいにけっこうですが、当サイトではドクター同士の罵り合いは禁止となっております。反論する際には、相手の意見・人格を尊重し、どうぞ冷静に。