人気サイト様 最新記事

博士ちゃんねる ヘッドライン

レスの強調ウゼェー!というドクターへ

レス内の強調表示をOFFにする コチラをクリックして切り替えてください。設定は30日間Cookieに保存されます。
現在のステータス:強調有効

南極の氷の下の古代文明 @ [民俗・神話学板]


南極の氷の下の古代文明 @ [民俗・神話学板]
1: 天之御名無主 2001/05/15 09:43:00
我々、この現在の文明は人類史上第4番目(第5だったかな?)の文明らしい。
現在の文明の一つ前の文明はどうやら南極から始まったとか書いた本があった。(けっこう有名な本、ド忘れした。世界ふしぎ発見でも取り上げられたやつ)
それによると南極大陸は何万年か前には、現在よりも位置がもっと北だったらしく、氷も存在しなかったという。
南極大陸、英語にしてATRANTIC。
それは関係ないかもしれないが抽象的だが何かがありそう・・・。
管理人より:スミマセン、管理人はいくつになってもこういうネタが好きなもんですから、2001年のスレを発掘してます。当時のねらーの言葉使いもかなり懐かしい。
2: 吾輩は名無しである 2001/05/15 09:47:00
神々の指紋 (上) (小学館文庫) 「神々の指紋」(上・下)グラハム・ハンコック著
って言うやつじゃないんですか?
3: 1 2001/05/15 09:50:00
ああ!!それそれ!!グラハム・ハンコックね!!
その名前がどうしても出てこなかった!
少々、強引な理論と言えばそうかもしれないが、俺はグラハム・ハンコックの唱える説は案外、あってもいいんじゃないかと思う。
それを前提とした上でのスレね。
4: 天之御名無主 2001/05/15 10:07:00
ハンコックネタはオカルト逝けよ
5: 世界@名無史さん 2001/05/15 10:08:00
>>1
超古代説批判本を読むことをお勧めします。
例えば下記本。


スタイビング著『超古代文明謎解き講座』太田出版
ISBN4-87233-782-5
6: 天之御名無主 2001/05/15 10:45:00
>>4
超古代説の元ネタがオカルト(アメリカ神智学会の『シークレット・ドクトリン』、他)だって知らない人、意外といるんだよね。
シークレット・ドクトリン (Wikipedia) ヘレナ・P・ブラヴァツキー 『シークレット・ドクトリン』(The Secret Doctrine)は、ブラヴァツキー夫人の著作。日本語では「秘密教義」とも表記。彼女が実在を主張する古代文献『ジャーンの書』の逐語訳に注釈を加えるという形をとっている。世界の各聖典からの引用も含まれている。1888年に2分冊で刊行されたが未完。のちにアニー・ベサントにより第3巻が刊行された。2種類の版が存在する。一方はポイント=ローマ派の出版した2巻本で、初版の復刻である。もう一方はアディヤール派によって再構成された通称アディヤール版で、ブラヴァツキー夫人の未発表原稿を含んだ膨大な大冊となっている。
第1巻では宇宙の創世が、第2巻ではレムリアやアトランティスを舞台とした第四根本人種の歴史といった人類の起源と進化について記述している。本書に叙述された人類史、人種発生の物語はルドルフ・シュタイナーの『アカシャ年代記より』とランツ・フォン・リーベンフェルスの『神聖動物学』に影響を与えた。
7: 天之御名無主 2001/05/15 11:04:00
>>6
ハンコックがあちこちからパクってきた元ネタをまるで自分の発見みたいに書いてるんだから仕方ないと思われ(藁
9: 天之御名無主 2001/05/15 12:39:00
南極で1600年代の地図が見つかったというのはガセなのですか?
詳細知りたい。
10: 天之御名無主 2001/05/15 13:17:00
>>9
世界史板「フェニキア人」のスレからコピペ
6 名前:=3 投稿日:2001/05/04(金) 03:54
結論から言うと、その説はまったくのデタラメです。
夢を壊すようで悪いですが。
ハンコックが『神々の指紋』で紹介している地図には古くからの
元ネタがあり、すべて論破されています。
フェニキア人云々以前の問題なんです。

詳しく書くと長くなりますが(ごまかしをきちんと論証するには、
元の文章より長い検討文が必要になります)。
例えば古地図の一部を元の縮尺と違うスケールに拡大して南極の
地形に似た部分のみを掲載する。などのテクニックが駆使されて
います。
詳しくは下記の本を参照してください。
スタイビング著『超古代文明謎解き講座』太田出版
ISBN4-87233-782-5
コピペ中「その説」と言われているのが、「1600年代に作製された南極の『正確な地形図』」についての説ね。

ちなみに1600年代に南極を描いた地図が作製されたのはほんと。
それどころか、もっと前から南に大きな大陸があるはず、って「想像に基づいた地図」はたくさんあった。

ガセなのは「ピリ・レイスの地図に正確な南極大陸が描かれてた」って主張。


しかもこの主張すらハンコックオリヂナルのものではなく、『神々の遺産』以前に論破されてる。
ピーリー・レイースの地図 (Wikipedia) ピリ・レイスの地図 ピーリー・レイースの地図(ピーリー・レイースのちず)は、オスマン帝国の海軍軍人ピーリー・レイース(「ピーリー提督」。本名はアフメット・ムヒッディン・ピーリー Ahmet Muhiddin Piri、もしくはアフメット・イブニ・エル=ハジュ・メフメット・エル=カラマニ Ahmet ibn-i el-Haç Mehmet El Karamani。1465? - 1554年)が作成した現存する2つの世界地図のうち、1513年に描かれた地図のことを指す。ピリ・レイスの地図とも。
(中略)
ピーリー・レイースの地図をオーパーツではないとする立場の人々は、南極大陸と思われているものは、南アメリカ大陸であると主張している。南アメリカ大陸を南極大陸の位置に書いているという説で、次の説明がなされている。そして、正確に南極の位置を知って正確に描いたという前提は成り立たないとしている。
管理人より:トップ絵はこのピリ・レイスの地図を横に倒してトリミングしてます。
13: 天之御名無主 2001/05/16 04:17:00
超古代文明はともかく、スタイビングの説を都合良く我田引水している皆神龍太郎も相当酷いと思うがな。
朝鮮半島の舟形土器の船首にある化け物が西アジアの影響であることは、考古学者の定説。
スタイビングの言う「海人特有の横穴式石窟」というのは日本にすらある。
14: 天之御名無主 2001/05/16 14:54:00
どうでもいいが南極大陸はAntarcticaだ。
(しかもATRANTICも正しくはATLANTIC

語源的にもアトランティスとは何の関係もないから安心すれ。
15: 日本@名無史さん 2001/05/24 10:12:00
地球と云う独楽の軸が動いたんじゃよ、元、北極はカナダのハドソン湾にあったのじゃが、それが北米大陸に氷が貯まりすぎてバランスが崩れたんじゃよ。
そりゃビックリしたよ、急に北極が今の位置に代わったんじゃから・・。
そのころはの、南極も海の中だったよ。
16: 実習生さん 2001/05/24 10:28:00
磁極の移動と、地軸の変位とを勘違いしてるヤツ、けっこういるよね。
17: 日本@名無史さん 2001/05/24 13:17:00
磁極かの、昔しゃ北極とほぼ同じ位置じゃった-。じゃが、北極が今の位置になってから、磁極も今の北極の位置にゆっくりじゃが移動中なのじゃよ。
なにしろ、地球の中のは粘性が大きいから、遅いわ。
18: 天之御名無主 2001/05/24 15:26:00
オカルトレス多し
19: 日本@名無史さん 2001/05/24 16:32:00
そうそう、まるでオカルト(超自然現象)であったな-。
当時は、シベリア地方ももう少し暖かい所だったが北極の移動で、一瞬の内に寒冷地帯となりマンモスも冷凍されたのじゃった。
恐ろしいことじゃった。
20: 天之御名無主 2001/05/24 16:51:00
マンモスの肉は柔らかいのでありますか?
21: 日本@名無史さん 2001/05/24 18:24:00
鋭い質問じゃね?わしもグルメだったので試していないぞ。
遺伝子はアフリカ象と殆ど同じじゃから、興味があったらワシントン条約に違反しない程度に試してみたらどうじゃろ。
22: unifrendry 2001/05/24 18:46:00
高校1年でほとんどの人は習うことだが、
アークティクは北極。
アンチ・アークティクって意味わかる?
24: 日本@名無史さん 2001/05/25 09:09:00
世の中の考え違いをしてる御仁が多いのじゃが、いわゆる氷河期というのは無かったんじゃよ。
極の移動でその地方が氷付けになった、それだけなんじゃ。

ハドソン湾が極の時は、ニュ-ヨ-クは氷の下じゃった-。
夢のような話じゃがの、ほんとのことなんじゃ。
25: 天之御名無主 2001/05/25 09:13:00
>>24
ネタを書くなら、もうちょっと科学的にも楽しめるものにしてください。
あまりデタラメだとつまらないです。
26: 日本@名無史さん 2001/05/25 10:08:00
真実と云うものは面白くも無きものかは、さよう申せば昔も地動説をデタラメと云った知識人もおったの-。
27: 天之御名無主 2001/05/25 10:15:00
先生!
氷河期には世界的に海面水位の下降があったことは、いまどき高校生あたりでも知っているであります。
極が移動しただけでは、こんなことは起こりえないと考えられるであります。
28: 日本@名無史さん 2001/05/25 11:51:00
なるほど良い質問じゃ、そこが常識の非常識なんじゃろう。
前にも云ったとおりハドソン湾に北極が有ったときは、氷が北米大陸に貯まったのじゃよ。
海水がどんどん減って海面水位が下降したしなのじゃよ、
これが科学的説明と云うものじゃろう。
現在の状況は北極海には氷は貯まらんし、南極も大陸の外にはみ出した氷は、どんどん海水に帰っていくんじゃよ。
33: 天之御名無主 2001/05/25 12:38:00
先生!質問であります。
ハドソン湾に北極があった時に、氷が北米大陸に氷がたまってくれるのは結構であります。
問題は、いまでも北極と南極大陸には氷が貯まっているであります。
なのに、どーして海面水位は下降しないのでありますか。

科学的な説明をしていただけないようでしたら、次回のレスからは先生!の代わりに、糞電波野郎逝ってよし!と言わせてもらうであります。
34: 天之御名無主 2001/05/25 13:01:00
あれほど噛んで含めて説明したんじゃが・・・。
北極海は海であろう、氷は貯まらず海に帰っているじゃろうが、メキシコ暖流により暖められ、解けた冷たい海水は寒流となり流れ出しておるわ。
此を循環と申すがご存じかな。
南極は大陸の中から氷河となって海に流れ出し海水の中に戻っておるのでな、北米大陸と大陸の規模が違うのじゃ、貯まる量の差が理解できぬかな。

名前はうっかりしておったわ、忠告有り難くお受けする。
36: 天之御名無主 2001/05/25 20:56:00
先生!!
南極の氷の下から発見されたと言う、月からきたバクテリアは誰が捏造したものなんでしょうか?
37: 天之御名無主 2001/05/25 23:43:00
難しいことをご存じじゃな、南極は厚い雪に覆われているので落ちた隕石が雪中に保存されておる。
これを、最初に発見したのは日本隊であったぞ。
現在、南極隕石は日本が一番多く持っておるしこの研究の先駆者であろう、
しかし 、NASAも昨今真似をしてるようじゃ。
隕石にも色々種類があるが、中には火星や月のそれもあるのじゃ、生命の痕跡が見つかったのはNASAの発見した火星の隕石だったはずじゃたが、記憶違いであったか?
いずれにしても、分析方法は公表されとらんはずじゃから、判断は出来ぬこじゃて。
38: 北の国から1万年 2001/05/26 06:03:00
なかなか興味深い御話しですが、実際、地殻がずれる為に必要な氷の量とかは計算されているのでしょうか?
パラメ-タが多くてかなり複雑になるだろうけど、それでも概算くらいは可能かと思われるのだけど・・・
あと。手元に地球儀が無いので判らないけど、ハドソン湾が極であった場合の反対の極は何処になるのでしょうか?海?大陸?
その場合の氷の貯蔵量は現在と比べてどうなのだろうか?

いずれにしても氷河期とは謎の多いシロモノのようですね。
余り関係無いかもしれないけど参考URL
進化:北と南に引き裂かれたものの話 (NATURE BioNews)
39: 天之御名無主 2001/05/26 08:18:00
さよう南米から南極を結ぶ線上緯度で約30度先の海中であったぞ。
現在の南極の中心は南緯60度付近であった故に地図で北緯60度付近の国々を参考にされんことをお薦め申す。
特に南米寄りの半分は、約南緯30-35度位までに広がり暖かかったものじゃった。

拙も、古より計算は苦手としておるのでこまかい事は勘弁して下され。
44: 北の国から1万年 2001/05/27 09:55:00
いや別にご自身に計算してくれと言っているのではなく、過去にその手の研究者による具体的な数値による考察は為されているのか興味があったのです。
確か件の本ではアインシュタインがその可能性を見とめたと書いてあったのでしたっけ?
それは単なる直感的なものだったのか、あるいはちょっと計算したらこりゃありそうだと判断したのか、その過程によってその説の説得力は段違いでしょう。
あるいは、世界各地の氷河期の時期の分布を考察する事によってもある程度検証可能なような気がします。
つまり、ある同一時期における氷河領域が常に局所的ならば、地殻がずれた為に極地方がずれただけであり、地球全体的な温度平均は大きくは変わらなかったという可能性は高まると思います。
40: 天之御名無主 2001/05/26 16:46:00
おもしろいなー あげ
41: 天之御名無主 2001/05/26 20:28:00
ためになる話、いつもありがとうございます!
sageで失礼させていただきます。
45: 天之御名無主 2001/05/27 11:19:00
NHKでやっていましたが、カナダの方には想像を絶する水量の氷河湖が存在したそうです。
それが1万数千年前に決壊し、今のメキシコ湾流を形作る原因になったとかいう話だったと思う。
52: 天之御名無主 2001/06/23 13:46:00
アイスボール理論は面白いがどうかね
53: 天之御名無主 2001/06/23 15:17:00
アイスボール「理論」なんて存在しないよ、ハゲ。>>52
54: 天之御名無主 2001/06/25 15:14:00
>>52
それはどんな理論かな?
歴史と日常に学ぶ 脅しの対応法(第4回) (特定非営利活動法人 日本交渉協会) 脅しへの対応としてよく紹介されるのがリンガーのアイスボール理論である。これは簡単に紹介すると何百億年後には太陽もやがては燃え尽き、地球も一個の氷の玉、すなわちアイスボールになってしまうのだという理論である。そのため今目先で起こっていることは所詮は非常に小さな事にすぎないという考え方である。これは脅されて動揺しているみずからの心を落ち着かせる一定の効果のある発想といえる。こだわりを捨て達観するというのも時には必要な事である。
管理人より:これであってんのかな?
9.15追記:コメント欄でご指摘をいただき、「スノーボールアース」のことではないかとのこと。
スノーボールアース仮説
地球はその誕生以来何度か氷河期と呼ばれる寒冷な気候に支配される時代があった。現在判明しているもっとも古い氷河期は南アフリカで発見された約29億年前のポンゴラ氷河時代で、最も新しいものは現在も続いている「新生代後期氷河時代」である[1]。最近約一万年は氷河期の中で比較的温暖な間氷期とされる。ところが原生代初期のヒューロニアン氷河時代(約24億5000万年前から約22億年前)の最終期と、原生代末期のスターチアン氷河時代およびマリノニアン氷河時代(約7億3000万年前~約6億3500万年前)に、地球表面全体が凍結するほどの激しい氷河時代が存在したという考え方が地球史の研究者の間で主流となりつつある[2]。これをスノーボールアース仮説といい、1992年にカリフォルニア工科大学のジョー・カーシュヴィンク教授がアイデアとして専門誌に発表した[3]のが発端である。その後1998年にハーバード大学のポール・ホフマン教授が南アフリカのナミビアでのキャップカーボネイト調査結果などをまとめて科学雑誌サイエンスに投稿し[4]大きな反響を得た。
この仮説において注目するべき点は、それまで「ありえない」と考えられてきた「全球凍結」という壮絶な環境変動が実際に起こったらしいこと、それが原因となって原生生物の大量絶滅(大絶滅)とそれに続く跳躍的な生物進化をもたらしたとされることであろう。たとえば酸素呼吸をする生物の誕生や、エディアカラ生物群と呼ばれる多細胞生物の出現などがスノーボールアース・イベントと密接に関わっていると考えられている。
55: 遅いけど 2001/07/30 07:43:00
さて、今の海の面積が361059千K㎡で、北米大陸の面積が22063千K㎡です。
(当時、陸地があったところはまるまる海抜0mってことはないので多少割り引く必要があるのですが、そこまで分からないのでこのまま計算します。)

約二万年前の海水面は120m程低かったという説をとると、

361059/22063=16.384 (面積の比率)
16.384*120=1966.177


となり、北米大陸に満遍なく氷ろ敷き詰めても1996mの厚さが必要になります。
仮に北米大陸全てが極圏内におさまってた場合ですけどね。
満遍なくってのも無理があるし、実際には極圏はそんなに広くないし厚さはもっと必要になるはずです。
と考えると、過去の水位の可能性は氷河期が存在したというのが一番妥当性があると思う。


良く考えると氷は膨張するのでさらに厚さが必要ですね。
56: 遅いけど 2001/07/30 07:54:00
「この計算には反対の極が含まれてないやろー」
と、突っ込まれる前に書いときます。
ハドソン湾だとすると、反対はインド洋の南方ど真ん中になり氷河期がなかったとすると、今の北極と同じ状態なので除外しました。

・・・そうか、ってことはさっきの計算には今の南極の分の氷の量が含まれてないな・・・・さらに厚さが必要か・・・・
57: あれ? 2001/07/30 08:05:00
そういえば、氷河期と言われてる時代の水位の説明をハドソン湾が極とする説明でしてたけど、そうなるとユーラシア大陸は温暖な気候で氷はなかった?
ってことは胃の中に未消化の食べ物を残したまま氷詰めにした氷はどこから来たのかな?
61: 天之御名無主 2001/09/01 10:43:00 ID:FEu3geEM
>>55
>北米大陸に満遍なく氷ろ敷き詰めても1996mの厚さが必要になります。
久しぶりじゃの~、忘れておったぞ。
ところで今の南極の氷の厚さをご存じで御座ろうか?平均すると2300Mとの報告があるぞ、又中心付近は4000M以上と云われておるんじゃ。
また、南極自体は米大陸に比ぶればはるかに大きいのじゃから、海に流れるまで時間が掛かり厚さはさらに増えるのじゃよ。
それとハドソン湾の北側のグリ-ンランドまで続く島々も、当時は氷に覆われていたのだからその海部分も一体として計算する必要があると思うぞ。
62: 天之御名無主 2001/09/01 10:45:00 ID:FEu3geEM
間違えた・・、もうろくしてきたよ。
米大陸自体は南極自体より
65: 北極人 2001/09/02 00:38:00 ID:aKA38Beo
> 61
もし、ハドソン湾に極点があったとしたら、北米大陸の半分ぐらい(かな?)が極圏外になると思うのですが、極圏外に出た氷は溶けないんですか?

> 説明でしてたけど、そうなるとユーラシア大陸は温暖な気候で氷はなかった?
これってそうなんですか?
としたら、マンモスを閉じ込めた氷ってのはどこから?ってのが気になります。
66: 北極人 2001/09/02 00:49:00 ID:aKA38Beo
私の故郷の北極には大陸はありませんが、永久氷床があるので氷は積もると思うのですが?
北極にも2000m級の氷の厚さがあるのでしょうか?

(地元の人は地元のことを知らない)
つまり、氷の状態を保持できるエリアは限られてるので、
大陸があろうとなかろうと関係ないと思うのですが?
67: 天之御名無主 2001/09/02 03:55:00 ID:swih0Zh2
適当なるピントも外れ面白き質問でおじゃる。
氷は勿論暖かき地方に至れば解けるのじゃが、海に落つる事に比ぶれば堆積量が多いと申しておるのじゃが・。
北米大陸で申せば五大湖の南付近まで氷河が覆っておったものじゃ。

前にも申したと思うが、当時はユ-ラシア大陸は暖かかったものじゃ。
氷が何処から?と申すか。不思議なる問いじゃて、雪に決まっておるではないか。

氷と謂うものの性質をご存じ無き様に存ずる。
北極は依然も申した通り、メキシコ湾流が流れ込み熱交換が行われており、氷は海水に浮いておる。
一つ洗面器に氷でも入れて実験をして見れば如何かな。氷が水に浮くのは、水より体積が増えて比重が軽くなるからであるが、これにより氷が溶けても水面の高さは変わらぬのじゃよ。
北極に住んでいると気付かぬと思うが、此処が南極と違うんじゃ。
68: 北極人 2001/09/02 04:17:00 ID:aKA38Beo
> が多いと申しておるのじゃが・。北米大陸で申せば五大湖の南付近まで氷河が
> 覆っておったものじゃ。
ってことは北米大陸の半分も凍りに覆われてなかったって事ですか?
もし、55の計算が全北米大陸の面積だとすると多めに見て半分としても、まんべんなく4000mもの高さが必要ってことですか?

> 処から?と申すか。不思議なる問いじゃて、雪に決まっておるではないか。
雪ってことは雪解けの氷がってことですか?
胃に未消化のものが入ってたということは流された直後にそのまま凍ってたってことですよね?
いくら大量の雪が降ったとしても温暖なエリアでそんなことってあるんですか?

> の高さは変わらぬのじゃよ。北極に住んでいると気付かぬと思うが、此処が南極と違うんじゃ。
なるほど、なるほど。
ってことは
> それとハドソン湾の北側のグリ-ンランドまで続く島々も、当時は氷に覆われていたのだからその海部分も一体として計算する必要があると思うぞ。
この海部分は計算には入らないってことですね。
70: 天之御名無主 2001/09/02 06:06:00 ID:swih0Zh2
少し眠いんじゃが・・、>>61で申したグリ-ンランドに続く北部島嶼部分を考え違いをしている様じゃな。
ハドソン湾からグリ-ンランドにかけては当時は氷がギッシリじゃったよ。
よく現在の地図を見てご覧、水深が浅いであろう。当時は底まで氷だったんじゃよ。
当初は氷河部分が堰き止められ氷が貯まっていったんじゃが、その内それに輪を掛けてどんどん海水中の水も減って海水面も低くなったのじゃよ。

>雪ってことは雪解けの氷がってことですか?
>胃に未消化のものが入ってたということは流された直後にそのまま凍ってた
>ってことですよね?
間違った理解をしておるな、>>15の結果が>>19と申しておるのだが如何かな?
雪解けの氷が流れる?そうでは無い雪が積もったんじゃよ。
寒冷の地では物が腐らぬと謂うことは、エベレストの登山家も云っているじゃろう。
71: 天之御名無主 2001/09/02 10:15:00 ID:wL1kqUgw
うむむ、じいさまの説はとても魅力的です。
最近では、マンモスがシベリアの寒冷型ステップ?なぞに住んでいたという話を聞くと、永久凍土や氷の中から出てくるのが不思議でした。
しかし、じいさまの説をあてはめると問題ないですね。


さて、ところで、その地軸の転換は何万年前と想定しているのでしょうか。
気象考古学によると、ヴェルム氷河期の最も寒冷だったのが2万年前とのこと。
この時期と連動して考えればよいのでしょうか。
そして、その後の約1万5000年前の温度上昇や約5000年前の縄文海進なども説明可能なのでしょうか。
76: 北極人 2001/09/03 00:05:00 ID:6hgGIH0A
> 15
> じゃよ。そりゃビックリしたよ、急に北極が今の位置に代わったんじゃから・・。
の結果
> 19
> 移動で、一瞬の内に寒冷地帯となりマンモスも冷凍された
になったということは、マンモス以外にも当時の動植物がそのままの状態で保存されてるんですか?
79: 天之御名無主 2001/09/03 21:46:00 ID:GJWptisM
>>71
詳しい御仁よの~、確かその時期じゃったと思う。
補足せんとするならば、北米大陸に氷河を残したまま今の位置に北極を移したるが為に更なる寒冷を北ヨ-ロッパにもたらしたのじゃよ。
北米大陸の氷が溶けていくのはその後なのじゃが、随分と時間が掛かったんもんじゃよ。
ゆっくりだが、氷がとけて海水が増えて、やがてメキシコ暖流になったものじゃよ。
すべてはその間の氷の融解に伴う時間差なのじゃよ、もっとも途中でカナダ北部の氷河の融解によりメキシコ暖流の乱れもあったりして再び寒冷となった時期もあるんじゃよ。

>>76
>マンモス以外にも当時の動植物がそのままの状態で保存されてるんですか?
その通りと申したいのはやまやまなれど、その時の状態もあろうし又その後の気候にも影響される事とて、完全な状態はマンモス同様に難しい事と考えるは必定ならんと存ずる。

>で説明できるんですか?
なにしろ長生きしておるでの~、わしが証人なんじゃよ。そう北極の長老も少しは記憶してると良いのじゃがの~。
59: 天之御名無主 2001/08/31 09:04:00 ID:T/l4oeqk
今や日本が「難局」になりつつあります。さ、さぶぅぅぅぅ。
60: 天之御名無主 2001/08/31 09:14:00 ID:mlGLJov6
>>59
でもウマイ!
恥もシッテル!
スキ!!
72: 天之御名無主 2001/09/02 16:21:00 ID:khdJ54/g
地球の直径も変動しているという説もあるぞ。
74: 天之御名無主 2001/09/02 16:56:00 ID:/7dhB1go
いつどこに磁極があったかは地層からわかるんだな
北米大陸に磁北極が有った事は1秒たりとも無いことは明らかなんだな
みんなもう少し地学を勉強したほうがいいと思うんだな
75: 天之御名無主 2001/09/02 17:50:00 ID:NmieyGXc
>>74
磁極はなくても地軸はあったってことではないの?
磁極は関係ないでしょ。
87: 天之御名無主 2002/07/18 17:49:00
天文気象板から誘導されてきたんですが、なかなか面白いですね。
しかしこの説は確か・・・
50: 名無し象は鼻がウナギだ! 2001/06/21 21:57:00
グラハム・ハンコック 漏れはグラハム・ハンコックの直筆サインを持っている。
51: 天之御名無主 2001/06/21 22:52:00
ハービー・ハンコック 俺なんかハービー・ハンコックだぜ
81: 天之御名無主 2002/03/04 22:21:00
>>51
ハービー・ハンコックのサイン持ってるの?
羨ましい。
管理人より:ハービー・ハンコックはジャズ・ピアニスト。合わせて読みたい?
69:   2001/09/02 05:00:00 ID:3CXDNhp2
俺南極産まれだけど。
南極のアレキサンダー島に地下都市があるんだよ。
そこにはヒットラーや山本五十六もいたんだ。
今の住人はみんなフリーメーソンだよ。
今使ってる居住区は俺達が作ったんじゃなくて、アトランティスの古代文明の遺跡を使ってるんだ。
完全な球体の地下空間でな、中心にピラミッド型都市がある。
エヴァンゲリオンと呼ばれる巨大な人型兵器もあって・・

ハイ、超長生きの長老だの、北極人だの、なかなかカオスなスレでしたね。じい様の色を黄色にしちゃったので、色分けがめちゃくちゃになってしまった。

今回ほんとは民俗・神話学カテゴリーの更新予定だったので、民俗板から取ってきたのですが、内容は考古学+オカルトぽかったので、そのカテゴリーで出してます。オカルト2回続いちゃった。
次回のスケジュールで、考古学カテゴリーは民俗・神話学に変更しまーす。

ということで、南極の古代文明はどこへやら、「ハドソン湾は昔北極だった説」で盛り上がってました。
コリン・ウィルソンという小説家の説なんだそうですね。というわけで略歴。
コリン・ウィルソン (Wikipedia) コリン・ウィルソン コリン・ウィルソン(Colin Wilson、 1931年6月26日 - 2013年12月5日[1])は、イギリスの小説家、評論家。
(中略)
1956年、24歳の時、様々な文学人・文化人について「実存主義的な危機」という観点から論じた評論『アウトサイダー』を発表。これが大きな反響を呼び、作家としての地位を確立。これは当時取り組んでいた小説『暗黒のまつり』の執筆を中断して一気に書き上げたものである。この期間中、ウィルソンは定職に就かず、昼間は大英博物館で執筆、夜は野宿という生活を送っていた(これらの経緯は何作もある彼の自伝において繰り返し述べられている)。
その後はその博覧強記な才能によって、殺人、オカルト、心理学などを独自の思想から論じてきており、自身ではこれを「新実存主義」と呼んでいる。この他、SF小説や警察小説なども執筆している。
著作一覧を見てると、夢とロマン溢れるひとなのかなーと。映画の「スペースバンパイア」もこのひと原作でした。すげぇー。
投稿して気づいたんですが、今日エイプリルフールですね。
おーぷん2ちゃんねる」なんかは投稿したら強制博多弁だそうですが、mecabやchasenで文脈解析して、助詞や助動詞だけ博多弁に変えてるぽい。(外からみたかんじ)
まぁうちは関係ないです。なにもやりません。笑
古代文明の謎はどこまで解けたか〈1〉失われた世界と驚異の建築物・篇 (Skeptic library (07))
ピーター ジェイムズ ニック ソープ
太田出版
売り上げランキング: 369,677


元スレ:http://academy6.2ch.net/test/read.cgi/min/989887434/

人気サイト様 最新記事

博士ちゃんねる ヘッドライン

    • ※1 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2014.4.2 5:44
    ラヴクラフトもネタにしてたけど、割と古くからある話。

    アトランティス幻想は結局、古いキリスト教世界観が崩れ科学主義が広がる中で、
    宗教的世界観と科学的世界観をすり合わせる中で鬼子的に生まれたんだと思う。
    ある意味、神話を元に発掘したシュリーマンの成功が「もしかしたらアトランティスも」
    「旧約聖書も事実にもとづくのかも」という妄想を肯定した。
    • ※2 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2014.9.15 8:02
    アイスボール理論ってのはスノーボールアースのことを言いたかったんだと思う。
    • あ、スミマセン!
      こちらお礼を申し上げるのを忘れてました!
      どうもありがとうございます、記事に追記させていただきました。
  1. トラックバックはまだありません。


コメ欄での議論はおおいにけっこうですが、当サイトではドクター同士の罵り合いは禁止となっております。反論する際には、相手の意見・人格を尊重し、どうぞ冷静に。
*