人気サイト様 最新記事

博士ちゃんねる ヘッドライン

レスの強調ウゼェー!というドクターへ

レス内の強調表示をOFFにする コチラをクリックして切り替えてください。設定は30日間Cookieに保存されます。
現在のステータス:強調有効

【古代】サーベルタイガー【最強】 @ [野生生物板]


【古代】サーベルタイガー【最強】 @ [野生生物板]
1: 名無虫さん 投稿日:2012/11/09(金) 17:38:02.80
サーベルタイガーことスミロドンは何十倍の体重差があろうと、マンモスを普通に殺してたらしい

スミロドンは大型生物の狩りに特化してる古代最強の肉食獣である
剣歯虎 (Wikipedia) スミロドンの想像図 剣歯虎(けんしこ Saber-toothed cat)は、漸新世後期から更新世にかけて栄えたネコ科に属する食肉獣の中で、上顎犬歯がサーベル状(長大だが厚みはあまりない)となったグループである。おそらく単系統であり[2]、マカイロドゥス亜科 Machairodontinae として分類される。サーベルタイガーとも。
肩高は約1mから1.2m。独自に発達した上顎犬歯は20センチに及ぶ短刀状の牙となり、大型動物を専門に狩るための武器として使用したと考えられる。
6: 名無虫さん 投稿日:2012/11/09(金) 20:52:49.96 ID:rIhqY3h5
あんなに牙長くて邪魔にならないのか不思議
かじれるんやろか?

あと、かじりついた対象が暴れたりしたら牙折れたりしないんやろか?
7: 名無しさん@13周年名無しさん@13周年 投稿日:2012/11/09(金) 23:05:52.51
>>1
そんなに強いのなら何故、滅んだのか?
やっぱり生存競争に負けたんだろ。
動きの鈍い大型獣を集団で襲うしかなかったんだろう。
8: 名無虫さん 投稿日:2012/11/09(金) 23:27:08.43
マンモス 氷河期でマンモスなどの大型草食動物が滅んだからだろ
それで、大型動物を狩っていたパワータイプのサーベルタイガーは小型で敏捷な草食動物を捕らえられなかった
10: 名無虫さん 投稿日:2012/11/10(土) 15:08:22.54
たとえアフリカゾウと不意打ちなしの正面戦でもスミロドンは勝利する。
16: 名無虫さん 投稿日:2012/11/11(日) 15:09:50.90
>>10
史上最強のスミロドンの前では体重差など無意味だからな。
11: 名無虫さん 投稿日:2012/11/10(土) 21:09:38.45
サーベルタイガーの歯形痕跡がある化石もあるにはあるが・・・
常識的に考えて、あの牙を撃ち込んでも即死あるいは、うまく背骨を傷つけられなければ、牙が折れてしまうか、悪くすると自分の首まで折ってしまう。
現生の虎にサーベルタイガーの牙をつけてインドゾウを襲わせたとして、背骨を傷つけることができるだろうか?
自分より大型のものを倒すなら、やはり今の虎やライオンのほうがより優れている。
サーベルタイガーの狩りとは、最近の説の牙をナイフのように使って頚部を攻撃し、主に中型程度の獲物を失血死させたと考える方が理に適っている。
サーベルタイガーが最強というのは考えにくい。
12: 名無虫さん 投稿日:2012/11/10(土) 22:47:52.64
恐竜はのろまだと言われていた頃の論調と>>11が恐ろしく似ているのはただの気のせい?
19: 名無虫さん 投稿日:2012/11/13(火) 17:22:07.21 ID:H6bJHN22
突き刺す為の牙だろうから大型のウシ、シカ科なんかなら、しつこく刺して刺して出血死か、内臓や骨にダメージを与えれる攻撃ができるのかな
ハイジャンプで獲物の急所まで飛び込むのはリスクもかなり大きいと思う
サーベルタイガーが森林エリアで夜行性で大型草食獣の後ろ足を急撃してもいいかも
>>11のいう中型動物を狙うなら体重も無駄に大きすぎるし あの牙の進化はないだろし
20: 名無虫さん 投稿日:2012/11/13(火) 18:17:27.69 ID:78iwB3ZN
>1
ライオンが象の狩りに成功したみたいなもんだろ?
ライオンも普段は象は滅多に襲わないらしいが
22: 名無虫さん 投稿日:2012/11/15(木) 15:32:40.81 ID:YRUVZkdW
スミロドンの牙の役目は穴などを

ほじくって

へびやうさぎやねずみさんを食べる為の道具です


横の力に弱い構造の骨だそうです。以上!
24: 名無虫さん 投稿日:2012/11/15(木) 16:08:57.08
実は恐ろしい程正確に首の血管や神経の部分に牙を刺せたのかも知れんよ
となると彼岸花のような立派なヒゲが長々と生えてたかもねw
25: 名無虫さん 投稿日:2012/11/15(木) 16:37:45.12
>>24
刺せても、マンモスさんが少し横に首振ればポッキリ折れてマンモスの下敷きになって、目玉と内蔵が飛び出して死んじゃうスミドロンさん

スミドロン:やっぱりうさぎやねずみ探せばよかった;;
27: 名無虫さん 投稿日:2012/11/16(金) 15:11:05.05 ID:SCV5EfTe
何も牙を突き刺す部分が首とは限らん
首から腰部にかけての椎間板の部分に正確に牙を突き刺し、脊髄損傷で行動不能に陥ったところを活造りを堪能していた可能性もある
28: 名無虫さん 投稿日:2012/11/16(金) 17:01:56.78
それどんだけ尖った歯だよ、針じゃねえんだから
30: 名無虫さん 投稿日:2012/11/16(金) 21:01:52.58
北米スミロドンは最大400kg程度の小型だけど
南米スミロドンは最大800㎏まで巨大化する
33: 名無虫さん 投稿日:2012/11/17(土) 20:01:53.72 ID:ZZBoZFa5
800キロの巨体を維持するためには余程豊富な餌を楽して捕れなきゃだめなんじゃね?
牙使って海辺の貝掘って食うとかならあり得そうだな
35: 名無虫さん 投稿日:2012/11/18(日) 01:51:14.20 ID:vidD1Sei
もうそうなったら雑食化して植物も食べた方が楽じゃない?
消化は大変だけど果物位ならいけそう。シロアリは確実に牙でアリ塚を崩して食ってるな
36: 名無虫さん 投稿日:2012/11/18(日) 02:58:55.08
余程入れ食い状態の獲物がいなければ雑食でないと、ホッキョクグマ並の巨体維持はかなり厳しいだろうね
もし800kgで純肉食となると、やはりシロアリや貝は重要な食料かも知れない
身体の構造的には、今の海獣みたいに泳ぐ事は出来なかったのかな?

ただもし現代の肉食獣と違って、大幅に自分を上回る動物を”単独で日常的に”狩るのならば、巨体維持も可能かもしれない
(ライオンやトラも自重の二倍以上の獲物を単独でも倒せるが、通常そんな危ない橋は渡らない

 普通は群れで狩るか、もっと小型の獲物を狙う)

マンモスは流石に単独では厳しいだろう、おそらく十頭以上の連携は必要になる
(ライオンが成体アフリカゾウを狩るのに、二十頭以上必要な事からの推測)
しかしそうなると500kgを超える巨大個体は、狩りでも食料面でも持て余す矛盾が出る

だがもしも単独で倒せたのなら話は変わって来る
食い溜めの必然性も出て来て、巨大化の説明もつくかも知れない
自重の十倍以上あるゾウを単独で倒せるとしたら、哺乳類史上稀に見るスーパーハンター
やはりそれは現実離れしているかな
38: 名無虫さん 投稿日:2012/11/18(日) 10:49:22.77 ID:vidD1Sei
グリプトテリウム 絶滅した巨大なアルマジロ
メガテリウム 地上性の巨大なナマケモノがいたな。
管理人より:グリプトテリウムは体長3メートルほどのアルマジロの祖先。殻がヘックス型の六角形の集まりで構成されています。
こちらのサイトによると、頭にサーベルタイガーに開けられたとおぼしき穴が空いた化石があるそうですね。全文は読んでないけど。

メガテリウムは体長6~8メートル。想像図見てると「オイ~~ッス」って感じで怖いですね。あまりにでかくて樹上生活は無理だった模様。
39: 名無虫さん 投稿日:2012/11/18(日) 19:20:27.12
今でもオオアリクイはジャガーの貴重な食料
これが南米スミロドンにはナマケモノやアルマジロ
40: 名無虫さん 投稿日:2012/11/18(日) 21:11:54.70 ID:vidD1Sei
トクソドン トクソドン(Wikipedia)
こんなごちそうもいたわ。トクソドン 
41: 名無虫さん 投稿日:2012/11/18(日) 21:59:17.18
サーベルタイガーが同種の中で現代でも過去をさか登っても、脳みその容量が少なく知能にで激しく劣っていた事は間違いないので、サーベルは知能の無い動物下手したら死体あさり専門かもしれない

待ちぶせなどの高等な狩りは出来ないから死体専門かもしれない
43: 名無虫さん 投稿日:2012/11/19(月) 02:11:54.88
>>41
待ち伏せなんて魚類や昆虫でもやってんじゃねえか
42: 名無虫さん 投稿日:2012/11/18(日) 22:14:02.85
肉食獣に知能など必要ない

史上最強ヒト科のマイク・タイソンに知能など必要ないように

単独でもアフリカゾウを正面対決で殺せる全生物無差別級王者のサーベルタイガーに知能など要るまい
マイク・タイソン
管理人より:マイク・タイソンは元プロボクサーの世界チャンピオン。肉食?なんでしょうね、きっと。
48: 名無虫さん 投稿日:2012/11/20(火) 11:21:06.24 ID:na+lRA4l
サーべルタイガーはな、実はな、持ち前の闘争心が売り。
それと顎の力が異常なほど、牙を突き刺すだけでなしに、突き刺した牙で肉を豪快に噛み千切る、この一撃で致命傷を与えられる。
49: 名無虫さん 投稿日:2012/11/20(火) 17:14:27.44
噛む力は現代のトラより弱いらしいよ

だから柔らかい内蔵や血をすすってたのがメインらしい
50: 名無虫さん 投稿日:2012/11/21(水) 00:08:27.03 ID:nC8mf013
セイウチ 牙の形状と発達具合を考えれば、現在最も近いのがセイウチだよな。
あの牙の用途を想像すると、セイウチの使い方が参考になる。
セイウチは牙を使って貝を掘って食ってるから、あの形状の牙は掘るのに適したものだと言える。

つまり、地中の餌を掘り返して捕食していた可能性が高い。
アリじゃあの巨体を維持出来ないだろうし、舌の形状も説明出来ないからアリではない。
当時、巨大なモグラとか、巨大なアルマジロとかがいたならそれがメインの捕食対象だったんじゃね?
地上を逃げ回るすばしっこい獲物よりは楽して捕れそうな気がする。
51: 名無虫さん 投稿日:2012/11/21(水) 02:14:39.16 ID:2jR5KcHK
>>50 牙で掘るより手で掘ったほうが普通なんじゃないの?
58: 名無虫さん 投稿日:2012/11/22(木) 22:20:09.14 ID:d0dcV1cW
>>51
手で掘るには限界あるだろ。堅いところは牙で崩して崩した土を前足で掻いて掘り進むのが理想的じゃね?
どだい、あの形状の顎牙が地上での捕食に向いてないのは一目瞭然だから、どうして犬歯があそこまで進化を遂げたのかを推測すれば、穴堀説も満更じゃないと思うんだよね。
53: 名無虫さん 投稿日:2012/11/21(水) 06:28:38.50
サーベルタイガーでは無く

真実は地面を堀返すのが得意のシャベルタイガーだったのである
管理人より:サーベルタイガーの歯は厚みがあまりなく、奥行きが長い。だから「Saber-Toothed」という形容詞がついてるので、掘るのには向いてないと管理人は思います。掘るならヘラ状の牙が良い。
むしろサーベルタイガーのアレは畑を「耕す」のに(ry
54: 名無虫さん 投稿日:2012/11/21(水) 06:39:48.20
スミロドンのまとめ


現代の同じネコ科の哺乳類より手足のバランスが悪く身軽では無かった

噛む力が弱く大型動物を仕留めるのは弱く困難であった。

大きく口を開いても牙が邪魔になり狩りに全く向いてない口だった。

牙は横の力に非常に弱い構造だった。

速く走る事は苦手だった。が前足で踏ん張りやすい骨格だった。
地面を掘りやすい骨格
55: 名無虫さん 投稿日:2012/11/21(水) 06:45:36.45
サーベルタイガー B-546 ドクロ(サーベルタイガー)(石膏像ドットコム)
絶対おかしいと思うw
どうやってこれでお肉噛むの?牙が邪魔で飯食えないだろ?
しかも、この牙武器ならんだろ邪魔すぎるってばよww
59: 名無虫さん 投稿日:2012/11/23(金) 00:11:24.92
>>55
一体何を目的に最適化したら、こんな構造になるのか不思議だな
トラよりむしろカバみたい ↓カバ
カバ
56: 名無虫さん 投稿日:2012/11/21(水) 16:17:37.52
だから今の基準で考えるなよ。

超強力な噛筋力に超強力なまでに牙が硬度だった。
57: 名無虫さん 投稿日:2012/11/21(水) 19:50:05.59
>>56
おまえみたいな奴はティラノが高速で走ったとか言うタイプだよなwww
66: 名無虫さん 投稿日:2012/11/24(土) 19:37:13.75 ID:zr6BpvNM
確かに噛み付くのには邪魔くさい長さの牙だな。
普通サイズの草食獣を狩って食うにも、殺して間もない新鮮な獲物だと牙が邪魔して食い付く事すら出来なさそうだ。
時間の経った腐肉ならイケるだろうか。
でも腐肉漁るだけならあんなに長い牙は必要ない。
一体何に適応したらあれほど牙が伸びるのだろう?
68: 名無虫さん 投稿日:2012/11/25(日) 03:07:23.35
>>66
化石見ると昔はみんな長いんだよね。マカイロドゥス、ホモテリウム、、メガンテレオン、スミロドン、しまいには有袋類のティラコスミルスまで。
長い方が繁栄してる。にしてもちまちま肉食ってたんだろな。台頭してきたライオンやオオカミに倒した獲物を横取りされてたろうと思う。
72: 名無虫さん 投稿日:2012/11/26(月) 00:02:21.06 ID:acuh6Nsp
でもデカいし、牙の一撃で相手を戦闘不能、逃走不能な重症を与えられるような気もするね
牙が弱く足が遅いのなら雄同士の戦いや他の動物との戦いで牙の折れた骨も出土するはず
76: 名無虫さん 投稿日:2012/11/27(火) 10:49:53.46 ID:R5orda4z
現在に至るまでクマは生きながらえ、サーベルタイガーは滅んだ
生存競争の勝ち組クマ>>>負けて滅んだサーベルタイガー
77: 名無虫さん 投稿日:2012/11/27(火) 12:56:40.17
クマは肉以外も食うだろ
だから、巨大草食獣が滅んでも影響はほぼ無い
しかも生存競争激しい場所では絶滅してる
山奥や北極等の他の肉食獣が少ない地域に逃げただけの雑魚
79: 名無虫さん 投稿日:2012/11/27(火) 18:46:12.40 ID:Xh+Cxt2/
>>77
クマは雑食だから草しか生えないサバンナや草原にはもともと居ないんだよ
山奥にいるのは単に食性による住み分けで、追われたわけじゃないの

一つお利口さんになれたね
で、逃げることすら出来ずに滅んだサーベルタイガーは確実にクマ以下なの
89: 名無虫さん 投稿日:2012/11/29(木) 07:02:54.40 ID:AooBthut
サーベルタイガーってスカベンジャーだったんだろ?
生きてる獲物獲るのに適した骨格じゃないみたいだし
そのころいたジャイアントショートフェイスベアとかに勝てるイメージが全く無いな
92: 名無虫さん 投稿日:2012/11/29(木) 18:31:26.50
>>89
外傷の多さから、一応狩りは行っていたと見られてるんじゃなかったかな
でもあの牙や体型が何かに特化しているのは間違い無いから、主要な獲物以外の外敵には脆かったかもね
93: 名無虫さん 投稿日:2012/11/29(木) 19:59:54.07 ID:uLqLUBCO
>>92
>外傷の多さ
スカベンジャーだって外傷つくだろ
獲物の取り合いになれば、草食獣じゃなくて、同じ肉食獣が相手になるわけでこっちの方がよっぽど生傷絶えないんじゃね?
94: 名無虫さん 投稿日:2012/11/30(金) 00:29:42.67 ID:jzo4KPLR
サーベルタイガーの平均個体って今のジャガーとかヒョウくらいのサイズじゃなかったっけ?
当時いたライオンなんかと比べれば一回りも二回りも小さいんだよね。
で、群れてた可能性とかスカベンジャーの可能性がある。
これって今で言うハイエナじゃん。
当時のハイエナポジションだったっぽくね?
管理人より:scavengerとは「ゴミあさり」とかいう意味ですが、ここではジャッカルのように腐肉を食べる肉食動物のようなニュアンスでしょうね。
44: 名無虫さん 投稿日:2012/11/19(月) 17:10:25.33 ID:Gw1pEgCF
単独でマンモスを殺せる唯一の生物
45: 名無虫さん 投稿日:2012/11/19(月) 21:29:21.21 ID:Y/z0GzTv
フォルスラコス 一緒に北から南米に入ってきたゾウ類は、サーベルタイガーへの対処法を心得ていたかも
牙もあるし、地上性の鳥フォルスラコスくらいなら快勝だったのかな
46: 名無しさん@13周年名無しさん@13周年 投稿日:2012/11/19(月) 21:32:10.95
あの牙でイモでも掘ってたんじゃないのか
63: 名無虫さん 投稿日:2012/11/24(土) 04:43:03.35
亀の甲のあるポイントを絶妙の角度で突くと、パカッと上下に割れます
或は牙を楊枝の様に使って、亀の肉を甲羅から穿り出します

牙を長く進化させたスミロドンは、亀の食い放題で巨大化して行きました
64: 名無虫さん 投稿日:2012/11/24(土) 11:13:31.77 ID:uP3J3fWz
>>63 おまえ宇宙人だろ、謎が解けた、サンクス。

ハイ…、男の子のロマン、サーベルタイガーのスレなんですが…。なんてロマンのないスレだ…。
あの長い牙で、死肉を漁ったり、貝を掘ったり、アリを食べたり。もう管理人ガッカリ。「サーベルタイガー最強だよ派」はもうちょいガンバレ。

まぁ薄々おかしいとは思ってたんですよね。
子供の時にサーベルタイガーの想像図を見て、この牙は立派だが、これで何かに噛み付こうと思うと、少なくとも牙の3倍くらいは口を開く必要があるのではないかと。口裂けてまうやん…。

スレでは牙を「打ち込んで」倒すなんて書いてあるけど、あれを打ち込もうと思うと、
まず、口を「閉じたまま」→思い切り仰け反って→「フンガッ!」とばかりに頷くような動作をせねばならず、なかなか難易度の高い狩りになりそう。まかり間違うとアゴを思いっきりぶつけて、「痛ぇぇぇ!」となることも。
できれば突進&ジャンプ時のエネルギーで、そのまま牙を打ち込むのが望ましい。とすると、牙は内向きではなく、外向きに反り返ってた方が効率いいような気がしますね。イノシシみたいな。
サーベルタイガーも、進化の過程で「アレ、なんかこれおかしくねぇ?」とか思わなかったのかな。あ、だから滅びたのか、納得。

「皇国の守護者」というSF小説では、このサーベルタイガーを軍隊が利用するシーンがたくさんあってすさまじい威力を誇ったりするんですが、現実は海辺で潮干狩りて…。
あの恐ろしい姿で「貝汁うめェwww」とか言ってるのを想像すると、コレジャナイ感がすごい。

トップ絵は「Avatar of War」というアメリカのボードゲーム?に出てくるサーベルタイガーの模様。
パッと見「やればできる子」っぽく見えるんですが、こんな程度の口の開け方だと、破壊力の高そうな前歯とか奥歯で噛もうとしても、手前の牙でガードされてしまう、安全カミソリ仕様にしか見えないですねぇ。
あの牙が文字通り日本刀のように鋭ければ、肉を切り裂きつつ噛み付くなんて芸当もできるかもしれませんが、どうみてもナマクラ。
最終進化系に到達する前に滅んだカワイソウな子ということで、ひとつ。


元スレ:http://ai.2ch.net/test/read.cgi/wild/1352450282/

人気サイト様 最新記事

博士ちゃんねる ヘッドライン

    • ※1 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2014.4.29 20:41
    「はじめ人間ギャートルズ」だと、ドテチンの一撃でKOされてたがな
    • ※3 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2015.2.16 12:19
    ハイエナはスカベンジャーの代表みたいに言うのは風評被害だってなんど言えば。。。ライオンより狩りうまいからね。あと腐肉食は肉食動物なら皆するからね。
    • ※4 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2016.8.13 21:33
    ヘラ状では強い力が加わった時に割れやすい
    サーベル状であれば首を縦方向に振りながら地面を掘った時に強い力が加わっても折れにくい
    ということではないだろうか
    • ※5 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2017.4.22 21:32
    薄くて横にカがかかると、折れてしまうとのことなので。マンモスに刺すのは無理がある。
    異性へのアピールはないかな?
  1. トラックバックはまだありません。


コメ欄での議論はおおいにけっこうですが、当サイトではドクター同士の罵り合いは禁止となっております。反論する際には、相手の意見・人格を尊重し、どうぞ冷静に。
*