人気サイト様 最新記事

博士ちゃんねる ヘッドライン

管理人からのお知らせ

26日~28日まで、管理人多忙のため更新お休みです!

レスの強調ウゼェー!というドクターへ

レス内の強調表示をOFFにする コチラをクリックして切り替えてください。設定は30日間Cookieに保存されます。
現在のステータス:強調有効

調べてみたら外来語だった単語 @ [言語学板]


調べてみたら外来語だった単語 @ [言語学板]
1: 名無し象は鼻がウナギだ! 投稿日:2006/10/13(金) 07:09:23
なんか響きが日本語っぽくないなと調べてみたところ外来語だったという単語を挙げてみましょう
キセル(カンボジア語)
メンツ(中国語)
トナカイ(アイヌ語)
イクラ(ロシア語)
オクラ(英語)
ラメ(フランス語)
ラシャ(ポルトガル語)
2: 名無し象は鼻がウナギだ! 投稿日:2006/10/13(金) 07:58:11
ラッコ・・・アイヌ語
3: 名無し象は鼻がウナギだ! 投稿日:2006/10/13(金) 08:22:30
ドンタク オランダ語
トタン ポルトガル語
管理人より:博多どんたく(語源由来辞典)によると、
「どんたく」は、オランダ語で「日曜日」「休日」を意味する「Zondag(ゾンターク)」に由来するといわれ、zondagは「土曜日」や「半日休み」を意味する「半ドン」の語源でもある。
と書いてあるんですが、後半の「半ドン」の語源は、夏目漱石が「坊ちゃん」の中でちょっぴり触れてる「丸の内のドン」のことでしょ?…と思って調べてみたら、Wikipediaによると、
主に3説ある。
  • 江戸時代末期、長崎県出島よりオランダ語で日曜日または休日を意味するzondagという言葉が伝わり、訛ってドンタクになり、半分のドンタクなので「半ドン」と呼ばれるようになった[1][2]。
  • 明治時代より太平洋戦争中にかけ、正午に午砲(空砲)を撃つ地域があり、半日経った時間に「ドン」と撃つことから「半ドン」と呼ばれるようになった[2]。
  • 半分休みの土曜日と言う意味で「半土」と言う言葉が生まれ、それが転じて「半ドン」と言われるようになった[2]。
だそうでーす!
4: 名無し象は鼻がウナギだ! 投稿日:2006/10/13(金) 16:11:15
モノクロ 英語
サボる フランス語
台風 アラビア語
管理人より:えっ、アラビア語なのかい?Wikipedia「台風」によると、
現在の台風という名は、1956年の同音の漢字による書きかえの制定にともなって、颱風と書かれていたのが台風と書かれるようになったものであるが、その由来には諸説がある。主な説としては、以下のものが挙げられる。
  • ギリシャ神話に登場する恐ろしく巨大な怪物テュポン (τυφων, Typhon) に由来する「typhoon」から「颱風」となった。
  • ペルシア語で、嵐を意味する「tufan」が東洋に伝わり、「颱風」となった。また、英語では「typhoon」(タイフーン)となった。
  • 中国広東省で、激しい風のことを台风(Táifēng、タイフン)といい、その後、西洋に伝わり、ギリシャ神話のテュポンの影響でギリシャ式の"typhoon"というつづりで書かれるようになり、東洋に逆輸入され「颱風」となった。
  • 沖縄(当時は琉球)でつくられた言葉とする説:久米村の気象学者蔡温の造語であるといわれる。
英語の「typhoon」は、古くは「touffon」と綴り、中国語の「大風」が由来とする説は不自然とされており、アラビア語起源、ギリシャ語起源の二つの説が有力である。
へぇー、そうだったんだ!!
5: 名無し象は鼻がウナギだ! 投稿日:2006/10/13(金) 16:33:58
ラ行で始まるのは最初っからどう見ても固有語じゃねえだろ
6: 名無し象は鼻がウナギだ! 投稿日:2006/10/13(金) 16:37:53
卵の「カラザ」 殻座かと思ったらラテン語(元はギリシャ語?)かよ
管理人より:カラザとは卵黄にひっついてる白いヒモみたいなやつ。Wikipedia「鶏卵」によると、
卵黄はひも状の「カラザ」(卵帯)によって卵の中心に固定されている。カラザは日本語で「殻座」あるいは「殻鎖」と書かれることもあるが、実際はギリシア語由来の「chalaza」(χάλαζα : 霰の意)の音写であり、漢字での表記は当て字。
ほう…。
7: 名無し象は鼻がウナギだ! 投稿日:2006/10/13(金) 16:44:11
アライグマ科の小動物キンカジュー ○○獸かと思ったら英語でも同じ(たぶん現地語)
キンカジュー
管理人より:↑こういう動物だそうです。Wikipedia「キンカジュー」によると、
和名キンカジューは英名 kinkajou の音写。元は "quincajou" で、本来は17世紀のフランス人北米入植者らがクズリを指す語としてニコラ・デュニ(英語版)の旅行記(1672年)[脚注 5]などに登場するが、これをビュフォンが誤って中南米産の本種と混同したのが始まりとされる[脚注 6][脚注 7]。しかしビュフォンも後に1773年のサンジェルマンのフェアで "animal inconnu a tous les Naturalistes"(博物学者も知らぬ動物)と銘打った本種の実物を見るなどして自分の誤りに気付いた[脚注 8][脚注 6]。
11: 名無し象は鼻がウナギだ! 投稿日:2006/10/14(土) 19:45:32
タッパー(ウェア)を方言だと思ってたるやつがいた
13: 名無し象は鼻がウナギだ! 投稿日:2006/10/14(土) 22:18:30
ルンペン(独語)ってのもあるな
今は使っちゃいけないことになってるが……
14: 名無し象は鼻がウナギだ! 投稿日:2006/10/14(土) 22:50:12
あと、外来語だと思ったら実は生粋の日本語だったってことも
ホーロー加工(琺瑯加工)
ゴ○ブリ(蜚?)
バッチリ
42: 名無し象は鼻がウナギだ! 投稿日:2006/10/16(月) 19:33:10
>>14
たしか「メッキ」もだったと思う。
43: 名無し象は鼻がウナギだ! 投稿日:2006/10/16(月) 19:33:56
ぐっすり

Good sleep
47: 名無し象は鼻がウナギだ! 投稿日:2006/10/17(火) 10:35:36
奈良(朝鮮語)
ワッショイ(朝鮮語 oass-eo)
九州方言の「‐ばってん」(英語 but then)
49: 名無し象は鼻がウナギだ! 投稿日:2006/10/17(火) 17:56:52
>>47 捏造3点セットが出たな。
48: 名無し象は鼻がウナギだ! 投稿日:2006/10/17(火) 16:07:17
>>42
金メッキ(金鍍金)
50: 名無し象は鼻がウナギだ! 投稿日:2006/10/18(水) 00:41:21
>>48
奈良<均された土地
ワッショイ<和上同慶、あるいは和を背負う
ばってん<ならばとて


>>49
ぐっすり(英語 good sleep)
があれば完璧
ぐっすり<具すること
54: 名無し象は鼻がウナギだ! 投稿日:2006/10/19(木) 01:37:57
>>50
> 奈良<均された土地

これは語源俗解だろう。
ナラヤマという地名もあり、「均された山」では意味をなさない。
そもそも、日本書紀に「踏みナラしたからナラだ」とわざわざ書いてあるということは、語源が不明だったということを表している。

もちろん朝鮮語でもない。日本書紀は平城建都からわずか 10 年後に成っており、建都の際に外国語で命名したのなら、語源がわからなくなるとは考えられない。

> ぐっすり<具すること
これも違うだろう。オノマトペに語源はないよ。

>>53 フランス語の o hisse じゃないの?
55: 名無し象は鼻がウナギだ! 投稿日:2006/10/19(木) 08:47:15
>これは語源俗解だろう。ナラヤマという地名もあり、「均された山」では意味をなさない。
そうかな?
「均された」という言い方に語弊があるのかもしれないけど、「平らな」という意味で「平らな山」なら十分意味をなすと思うけど。
洗面器をひっくり返したような山とか。

千葉の習志野(ならしの)は、「均し野」だけどこれは明治天皇が明治時代に「平野」という意味で名づけたということを考えてみても、「なら」=「平らな」でいいんじゃないだろうか?
57: 名無し象は鼻がウナギだ! 投稿日:2006/10/19(木) 13:09:55
奈良の都を中国風に平城京と名付けたのはナラ=平だからだろう。
58: 名無し象は鼻がウナギだ! 投稿日:2006/10/19(木) 18:15:27
>>57
おお! ナイス!
そうだね。「平」城京だもんね。
61: 名無し象は鼻がウナギだ! 投稿日:2006/10/19(木) 20:46:24
そりゃ、平坦な土地という意味だからね。
「平」が「ナラ」で「城」は雅字化のための字。
昔の日本はとにかく漢字二文字(雅字)の地名にこだわったからね。
昔は「平城」とかいて「ナラ」と読んだけど、これは「平」の部分しか読んでないということ。


「むざし」なんか無理矢理二文字にしようとしたから、「武蔵」となって「むざ」の部分だけになっちゃったけど、書かれていない「し」の部分を現在でも律儀に発音している(いまは濁らずに「むさし」)のとちょうど逆の現象といえるかな。
「意味や発音はともかく、漢字は二文字!」って政策だったからね。

しかし、日本書紀、日本書紀って恥かしげもなく繰り返すね。
62: 名無し象は鼻がウナギだ! 投稿日:2006/10/20(金) 03:08:48
>>61
> そりゃ、平坦な土地という意味だからね。
それは当時の人の解釈であって、語源ではない。
語源俗解が外れるとは限らないが。


> しかし、日本書紀、日本書紀って恥かしげもなく繰り返すね。
「則率精兵、進登那羅山而軍之。時官軍屯聚、而??草木。因以号其山、曰那羅山。<??、此云布瀰那羅須>」 (日本書紀、崇神天皇十年九月)
これ以外に根拠はない。ここから出発しない説は、ナラ=朝鮮語説と変わらない。
管理人より:この後も「奈良」の語源は「平らな土地」ということなのか?という点で熱い議論が続きますが、長いので省略。
52: 名無し象は鼻がウナギだ! 投稿日:2006/10/18(水) 22:09:41
ついでに
坊や boy
も入れてくれ。

「序文」ではないが。
67: 名無し象は鼻がウナギだ! 投稿日:2006/10/21(土) 08:15:02
>>52
過激なのはいっぱいあるよ
ぼける<Boker Tov(ヘブライ語「おはよう)
えた(部落民)<Yah Teh(ネパール語「雪男」)
占う<ura(タミル語「神の力」)
富士<huci(アイヌ語「火」)
助六(歌舞伎)<Sicilia(イタリア語「シシリア島」)
へべれけ<Hebe erruke(ギリシャ語「神は酒を注ぎ終えた」)
まな板<manus(ラテン語「手」)
~原(地名)<-pur(サンスクリット語「~市」)
16: 名無し象は鼻がウナギだ! 投稿日:2006/10/14(土) 23:03:32
デブ (< デブチン < 英語 double chin "二重あご")
19: 名無し象は鼻がウナギだ! 投稿日:2006/10/14(土) 23:40:53
>>16
もしかして、あなたはあの有名なドン・スミサナ氏?

17-18
それは外来語っていうよりかは、音写語かな。
他にも
源(-gen)
画廊(gallery)
メリケン粉(American)
簿記(bookkeeping)
などが有名
21: 名無し象は鼻がウナギだ! 投稿日:2006/10/14(土) 23:56:42
>>19 「水源」「廻廊」などは大昔からあった。「簿記」も明治初期から用例があり、音写かどうか定かでない。
間違いないのは「メリケン粉」だけ。
管理人より:「double chin」がデブの俗語というのは本当。でもこれが「でぶちん」の語源かどうかはよくわからず。たぶん違う。
22: 名無し象は鼻がウナギだ! 投稿日:2006/10/15(日) 00:27:55
イクラはロシア語ではなく、日本語がロシア語になっただけだろ。
ロシアが千島と樺太をネコババしたから。
24: 名無し象は鼻がウナギだ! 投稿日:2006/10/15(日) 01:18:04
>>22
イワシと勘違いしてるね。
イクラはもとロシア語で魚卵全般を指す語。
30: 名無し象は鼻がウナギだ! 投稿日:2006/10/15(日) 08:43:57
アロエ ラテン語
29: 名無し象は鼻がウナギだ! 投稿日:2006/10/15(日) 08:17:48
ワイシャツ=white shirts
32: 名無し象は鼻がウナギだ! 投稿日:2006/10/15(日) 10:30:07
ワイシャツはwhite shirtsの略だけどさ。じゃあカラーワイシャツってどういう意味?カラー白シャツ?
34: 名無し象は鼻がウナギだ! 投稿日:2006/10/15(日) 13:48:29
>>32
オロナミンCは小さな巨人です
管理人より:5.12追記:コメ欄でご指摘いただき、そのカラーは「collar(襟)」でしょ、とのことです。ありがとうございました。
35: 名無し象は鼻がウナギだ! 投稿日:2006/10/15(日) 21:52:26
子供のころは、「たばこ」がよもや外来語だとは思わなんだ
管理人より:tabaco(tabacco)はスペイン語、ポルトガル語だそうです。
36: 名無し象は鼻がウナギだ! 投稿日:2006/10/15(日) 22:33:58
>日本語っぽくないな
……
>外来語だった

当たり前じゃね?
40: 名無し象は鼻がウナギだ! 投稿日:2006/10/16(月) 14:08:35
ジャガ芋はジャガタラ(ジャカルタ)芋のことらしい。
80: 名無し象は鼻がウナギだ! 投稿日:2006/10/26(木) 20:48:27
セイウチ
104: 名無し象は鼻がウナギだ! 投稿日:2007/06/05(火) 14:28:29
>>80 で出ていたセイウチ

セイウチ セイウチ科 トドのことをさすロシア語から。  

トド アシカ科 ギリヤーク語由来といわれる。

アシカ アイヌ語

オットセイ アイヌ語のオンネウ(オンネプ)の中国での音訳『膃肭』に臍がついたもの。
(陰茎を臍と称した生薬の名が動物もさすようになった)
管理人より:なんかカオスだね!!
92: 名無し象は鼻がウナギだ! 投稿日:2006/11/23(木) 23:15:29
ピンからキリ
93: 名無し象は鼻がウナギだ! 投稿日:2006/11/24(金) 03:57:19
>>92 キリ (花札の桐) は日本語だよ。
「ウン (1) ともスン (全部) とも」は共にポルトガル語。
94: 名無し象は鼻がウナギだ! 投稿日:2006/11/24(金) 06:14:43
95: 名無し象は鼻がウナギだ! 投稿日:2006/11/24(金) 10:03:38
>>94 Crista~o > キリシタン からの類推だろうけど、cris- の i から同化して kiri∫(i)taN となったわけで、
Cruz > キリ という変化は考えにくい。
98: 名無し象は鼻がウナギだ! 投稿日:2006/11/24(金) 18:11:29
>>93
花札の桐は十月だっけ?
99: 名無し象は鼻がウナギだ! 投稿日:2006/11/24(金) 18:44:45
>>98 桐はもちろん 12 月。
キリは「天正カルタ 4 種 48 枚中、各種の 12 枚目」と、『日本国語大辞典 第二版』にある。
131: 名無し象は鼻がウナギだ! 投稿日:2008/01/06(日) 15:31:56
「カルタ」もポルトガル語だよな。>>99
134: 名無し象は鼻がウナギだ! 投稿日:2008/01/10(木) 11:27:47
>>131
まぐなカルタは英国史に出てくる。
97: 名無し象は鼻がウナギだ! 投稿日:2006/11/24(金) 18:09:16
十(きり)は、キリスト(キリシタン)のキリだよ
100: 名無し象は鼻がウナギだ! 投稿日:2006/11/25(土) 07:01:35
どっちなの?キリシタン(キリスト)からなの?
桐からなの?
管理人より:てっきりピン→ちっちゃい針(画鋲みたいな)、キリ→両手でゴリゴリして穴あける工具、だと思ってましたよ!
ピンキリはいろんな説があって、定かではないようです。名前のとおり。
107: 名無し象は鼻がウナギだ! 投稿日:2007/10/20(土) 23:55:32
東京の地名とか(有楽町など)は、外来語が由来が多いよね。外人の名前とか。
108: 名無し象は鼻がウナギだ! 投稿日:2007/10/21(日) 10:26:15
>>107
有楽町の由来を教えて。
ほかには?
八重洲しか知らない。。。
112: 名無し象は鼻がウナギだ! 投稿日:2007/10/21(日) 23:01:12
>>108
おそらく八重洲の間違いであろう。
それゆえほかの地名も知らぬはず
113: 名無し象は鼻がウナギだ! 投稿日:2007/10/22(月) 00:46:56
ヤン・ヨーステン ん?八重洲ってヤン・ヨーステン?適当に思いついたが?
116: 名無し象は鼻がウナギだ! 投稿日:2007/10/22(月) 18:27:36
>>113
そのとおり
109: 名無し象は鼻がウナギだ! 投稿日:2007/10/21(日) 10:33:35
「ちょうだい!」の頂戴は当て字。
もともと越南語「Cho toi」(私に下さい)から。

丼はタイ国・トンブリ王朝(Thonburi)の陶器から。
101: 名無し象は鼻がウナギだ! 投稿日:2006/11/27(月) 23:12:52
いや! ダメ! やめて!

Ya, dame! Ya mete!
(スペイン語「もう、ちょうだい!もう、入れて!」)

「嫌よ嫌よも好きのうち」って外来語起源だったんだぁ。

最後マジかよ…!、と思ったんですが、野暮なので調べてません。人生にはロマン(?)が必要です。
こうしてみると、けっこうたくさんの外来語があるんですね、おもしろい…。

文明開化の際にたくさんの外来語が入ってきて、当時の日本人はどのような日本語を当てるべきか(あるいは新しく考案すべきか)、おおいに困ったことと思います。
だけど、「philosophy」→「哲学」、「novel」→「小説」、「imaginary number」→「虚数」…などなど、素晴らしい翻訳も生まれており、当時のひとたちは、言語感覚がビンビンに刺激されてもいたのかなーと。
英熟語の「pay attention to~」は「~に注意を払う」というふうに、日本語でも同じく「払う(pay)」となっているのは偶然ではなく、当時の文化人たちが、外来語の気の利いた言い回しは、どんどん日本語に取り入れていこう!という運動をしたからだ、と管理人は聞いたことがあります。

こうした、良いものはどんどん取り込んでいくところが、日本の現在の発展に繋がったのかなー。
先人たちのチャレンジ精神に乾杯!

トップ絵は大ブリューゲルの「バベルの塔」。(クリックで拡大
語源に関するテーマなんて、なんのトップ絵にしたらいいかよくわからんので、人間がこんなにもたくさんの言葉を喋るようになったのは、このバベルの塔が原因ってことでひとつ。

ところでどうでも良いことながら、現在博多では(スレでもあがってた)「博多どんたく」開催中です。
博多っ子には、どんたく、山笠のシーズンになると、「博多っ子魂がやたらと荒ぶる」タイプと、「毎年やらんでよか…」というタイプにわかれ、管理人は後者です。
管理人の自宅は、このどんたくのパレードコース(のひとつ)沿いにあるので、どんたく期間中はうるさくてかなわん…('A`)

5.12追記:そういえばコメ欄に返信しながら思い出したけど、「おじや」も外来語ですよね。スペイン語の「olla podrida(オージャ・ポドリータ)」より。
深鍋(オージャ)にお米とか、魚の切り身をぶち込んでどろどろになるまで煮込んだ料理。「ハプスブルク一千年」という本に書いてありました。

話のネタになる! 語源大辞典
イズムインターナショナル (2013-10-11)
売り上げランキング: 542


元スレ:http://academy4.2ch.net/test/read.cgi/gengo/1160690963/

人気サイト様 最新記事

博士ちゃんねる ヘッドライン

管理人からのお知らせ

26日~28日まで、管理人多忙のため更新お休みです!
    • ※1 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2014.5.4 11:25
    語源由来辞典のURLです
    ttp://gogen-allguide.com/ta/danna.html
    ttp://gogen-allguide.com/si/syari.html
    ttp://gogen-allguide.com/su/zudabukuro.html
    この様にサンスクリット語に由来する日本語はたくさんあります
    • ※2 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2014.5.4 13:09
    管理人さん博多住みなんですね。今日から観光で行きます
  1. >サンスクリット語由来
    密教経由でけっこう伝わってきてると、管理人も聞いたことあります!
    「卒塔婆」なんかもそうですね。

    >今日から観光で行きます
    おお!ぜひいらしてくださいー。
    博多は、お寿司が安くておいしいですよ!
    • ※4 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2014.5.4 15:35
    朝鮮語は古代語とか上代語とかまだ解明されてないから
    音韻的に日本にどう伝わったかも謎
    そもそも異民族の別王朝が何度も成立して居て
    現代朝鮮語のルーツが古朝鮮や三韓時代と系統が同じかもわからない
    • ※5 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2014.5.12 12:35
    カラーワイシャツのカラーはColor(色)じゃなくてCollar(襟)のはず
    外来語で面白いと言えばカード、カルテ、カルタかな
    国が違うだけで全て同じ意味の言葉なのに、日本では違う意味として使われている
  2. >音韻的に日本にどう伝わったかも謎
    向こうに伝わった方が圧倒的に多かろうと思いますよねー。併合時代に。

    >Color(色)じゃなくてCollar(襟)のはず
    あ、ほんとだ、見逃してました。追記しておきますー。ご指摘どうもです。
    • ※7 : セリヌンティウス
    • 2016.2.20 17:16
    もともとはホワイトシャツの意味だったけど、今はあの形を言いませんか?ピンクのワイシャツとか言いますよね。
  1. トラックバックはまだありません。


コメ欄での議論はおおいにけっこうですが、当サイトではドクター同士の罵り合いは禁止となっております。反論する際には、相手の意見・人格を尊重し、どうぞ冷静に。
*