人気サイト様 最新記事

博士ちゃんねる ヘッドライン

レスの強調ウゼェー!というドクターへ

レス内の強調表示をOFFにする コチラをクリックして切り替えてください。設定は30日間Cookieに保存されます。
現在のステータス:強調有効

【狐・狗・蛇】憑き物筋の系譜 @ [民俗・神話学板]


【狐・狗・蛇】憑き物筋の系譜 @ [民俗・神話学板]
1: 天之御名無主 投稿日:2005/05/20(金) 12:34:08
犬憑き、蛇憑き、狐憑き
あなたのご近所の素封家には何が憑いてるのかな?
憑きもの筋 (Wikipedia) 憑きもの筋(つきものすじ)とは民間信仰の一。日本のいくつかの農村では、憑きものは家系によって起こると信じられ、その家は憑きものを使役して、他人から財物を盗んでこさせるので、総じて富裕な家が多く、また、憑きものを他人に憑けたりすることもあると考えられ、忌み嫌われていることが多い。
管理人より:このスレでは「憑き物」→動物に擬した精霊のようなもの。「憑き物筋」→憑き物を操る術者、もしくはそういう能力をもった家系、という風に理解してください。
2: 天之御名無主 投稿日:2005/05/20(金) 15:19:08
とりあえず、もちつけ!
     /\⌒ヽペタン
   /  /⌒)ノ ペタン
  ∧_∧ \ (( ∧_∧
 (; ´Д`))' ))(・∀・ ;)
 /  ⌒ノ ( ⌒ヽ⊂⌒ヽ
.(O   ノ ) ̄ ̄ ̄()__   )
 )_)_) (;;;;;;;;;;;;;;;;;;;)(_(
4: 天之御名無主 投稿日:2005/05/21(土) 00:35:22
  ___   ガッ
/___|ミ      ガッ
   .||  ヾ ミ 、      ガッ
   ∩_∧/ヾヽ
   | ,| ゚∀゚). .|  |;,      ガッ
  / ⌒二⊃=|  |∵.
 .O   ノ %`ー‐'⊂⌒ヽ  ガッ
   ) ) ) )~ ̄ ̄()__   )  ←>>2
  ヽ,lヽ) (;;;;;;;;;;;;;;;;;)(_(
9: 天之御名無主 投稿日:2005/06/12(日) 19:01:55
昔「あそこは狐つきだ」と言われてた集落があったんだけど、当時子供だったんで具体的にはよく分からなかった。
でも凄く覚えてる。そこは今もあるけど、どうなんだろう?
11: 天之御名無主 投稿日:2005/06/14(火) 10:26:03
文庫版 姑獲鳥の夏 (講談社文庫) 家もその筋です。
京極夏彦のウブメの夏に出てきた蛙を使役する家系です。

確かに親戚見てると異常に感受性が高い人が多い。
14: 天之御名無主 投稿日:2005/08/10(水) 12:23:05
卒論の取材で四国に行くよ。
物部にも寄る積もりだからなにか面白い話があったら報告するね
15: 天之御名無主 投稿日:2005/08/10(水) 12:26:42
結構やりにくいテーマじゃない?
16: 天之御名無主 投稿日:2005/08/11(木) 20:25:00
いちおう、異形・異能者の歓待と排斥をテーマにしているんだけど、民族社会が憑き物筋のような特殊な家系を用いることで、何を説明しようとしたのかの具体的な事例が欲しいんだ。

結論を先に用意しておいてそれにあわせた事例をあつめるような、アンフェアな調査になると思うけど、とにかく頑張るわ。
18: 天之御名無主 投稿日:2005/08/12(金) 11:08:54
ちっとも学問って言えないな…

なんか、密閉されてる世界を何度もグルグル廻り歩いてて哀しくない?
19: 天之御名無主 投稿日:2006/01/02(月) 23:39:52
憑き物の家系って本当にあるの?
20: 天之御名無主 投稿日:2006/01/03(火) 11:09:40
本物を見たわけじゃないけど、何かがきっかけでトランス状態に入るんだから、一種の集団催眠とか自己催眠じゃないのかな。
23: 天之御名無主 投稿日:2006/03/10(金) 00:20:22
ウチの地方では犬神憑きが有名です。
聞いた話では、犬神憑きの一家全員を集めて共通の好物(ゆで卵とか)を一つ置き、食欲に駆られて出た所を一網打尽に封じる。


動物霊に憑かれてる人は、何か集中・執着した時に目の色が違ってる。
とっ、よく聞くけど?
24: 天之御名無主 投稿日:2006/03/10(金) 00:29:07
牛憑きはないの?
25: 天之御名無主 投稿日:2006/03/10(金) 02:01:17
>>24
調べた限りにおいては純粋な牛という感じのは見かけてないんだが、牛のような化物というのはあった
妖怪の『件』なんかもその傾向がある


憑物筋は元々大陸からの呪術の影響なんじゃないかなぁと一時期考えて調べてみたんだが、挫折に継ぐ挫折
厭魅・厭勝との関係とか決定打がねぇし
26: 天之御名無主 投稿日:2006/03/11(土) 16:17:58
象さんとかキリンさんとかパンダさんとかはなさそうだが、野兎さんとかはありそうでなさそうだな。
ネズミとか…

チューチュー
27: 天之御名無主 投稿日:2006/03/11(土) 22:33:57
上憑きです‥‥‥ポッ
28: 天之御名無主 投稿日:2006/03/17(金) 21:01:02
コアラ憑きとかレッサーパンダ憑きっていうのがあったらちょっとかわいいかも。
百怪図巻の「うし鬼」(佐脇嵩之画)
管理人より:一応牛憑きというかわかんないけど「牛鬼」という妖怪はいますね。クモと牛のハイブリッド妖怪のような。美女に化ける説もあるそうです。
29: 天之御名無主 投稿日:2006/03/21(火) 21:19:18
昨日、いつものようにフォアグラとフカヒレのスープと上トロの刺身を食べたら、夜、夢枕にガチョウとサメと本マグロが「FACK!」と逝って出てきました。

お祓いしてください。
管理人より:oh, miss spell..とかいうコピペがありましたっけね。
ちょっと前、あるネットゲームで出会った外人との会話。

外人 『Japanese! Japanese!』
俺 『うっせえよ毛唐、英語が世界の共通語とかナチュラルに思ってんじゃねえよ』
外人 『hmm…』
俺 『Fack you』
外人 『oh』
外人 『miss spell』
外人 『Fuck you』
俺 『Fuck you』
外人 『good!』

その後、一緒に冒険に出かけ、友人になった。
30: 天之御名無主 投稿日:2006/03/22(水) 12:46:25
憑きものかどうか、よくわからないんだけど。

以前、知り合いで神出鬼没の陰陽師に後ろの人(世間で言う守護霊)を見てもらったら、私には先祖じゃなくて、先祖が大事に崇拝していた狐さんが憑いてると言われた。
というか、何か先祖は誰も憑いてくれなかったのかと小1時間問い詰めたい気持ちもあるけど、狐さんが守ってくれてるというのも、それはそれでいいかなと思う。
ちなみに「後ろの狐さん」じゃ言いにくいので、外見の特徴から、勝手に呼び名をつけてます。

しかし、陰陽師曰く、その狐さんはかなり強いらしい。何でそんな凄い狐さんが私に憑いたのか、未だに謎。
31: 天之御名無主 投稿日:2006/03/22(水) 13:14:08
>>30
憑物と憑物筋は違う
っていうか意味わかってないのか?
32: 天之御名無主 投稿日:2006/03/26(日) 22:54:38
>>30
護ってるとは限らんよ
亡くなった先祖に代わって祀れということかもよ
34: 天之御名無主 投稿日:2006/04/13(木) 17:38:24
オカ板との違いが理解できない書き込みが相変わらず横行しても、是正案は何もないままか…。
人もいないし、必要なのか?この板…。
37: 天之御名無主 投稿日:2006/04/13(木) 22:38:47
昔、愛知県一宮市の真清田神社の東側にうどん屋があった。
その店の向かいに市の日になると八卦見が来ていた。
その頃うどん屋の隣の家では、朝お櫃に一杯あったご飯が、昼になると、いつの間にか空っぽになっている事があった。
大きな重石を櫃に載せたりするとその時には無くならなかった。

不思議に思いながら、隣のうどん屋に最近何か変わったことはないか聞きに行ってみると、うどん屋でも最近うどん玉が足らなくなるという。

丁度そんな話をしている時、女が向かいの八卦に観てもらいに来た。
狭い布で囲われた仮小屋で観てもらっていたが、様子を窺っていると、八卦見は手をしきりに動かして両耳の辺りを払っては筮竹を使っていた。
こりゃあクダ使いだとそれで分かった。

管狐というのは伏見大社から受けてくる。
受ける際は、何か一つの願い事を頼んで受けてくる。
例えば〝金を儲けたい〟〝体を丈夫にしたい〟とかいうように…。

指くらいの太さの管の中に仕切りがあって、それを奉書で包んである。
管の中には仕切りを境いに、雌と雄の管狐がそれぞれに入っており、その囁きは受けてきた者にだけよく聞こえる。
伏見の管狐には皆名前があり、伏見大社では現在どの狐がどこに、行っているかという事を把握し、戸籍のようなものまで出来ている。
受けてくるときは狐に対して一日の扶持(報酬)を決めてくる。
例えば餅一つ、油揚げ一枚といった風に…。
それだけはどうしても与えないといけない。
初めの二、三年は受けてきた者の思い通りになる。
何か知りたいことがあると、管狐はどんな遠いところへも魂を飛翔させ、瞬く間に見るなり聞くなりして情報を掴んでくる。
その度に耳元に来て囁くが、入れ替りに来て報告するので耳を払っては承けた合図を示してやることになる。

二、三年が過ぎると管狐が管の仕切りを取ってくれと頼んで仕方ない。
しかし言いなりにそれを取ると管狐は急激に増える。
数が増えたらそれに相応しただけの扶持を与えねばならない。

さもないと言うことを聞かないばかりか間違った事を言うようになる。
38: 天之御名無主 投稿日:2006/04/14(金) 22:23:34
管狐に詳しいおすすめの文献はありますか?
39: 天之御名無主 投稿日:2006/04/14(金) 23:37:55
憑き物としてならまとまったものは幾つかあるでしょう。
ぐぐる、怪奇・妖怪伝承データベースを見る…。
それらで十分じゃないですか。
あとは大きい図書館で民間伝承の複製版でもマメに見たらどうでしょう?
42: 天之御名無主 投稿日:2006/04/16(日) 20:51:39
昭和初年頃、埼玉県児玉町。カネとマキという仲の良い尋常小学校に通う娘がいた。
いつも二人で登下校をしていたが、ある時カネが妙な物に気がついた。
陽の高い時分だと見えないが、下校時間が薄暗い頃になった時に、二人の前を必ず鶏の羽根の様なものが転がっていく。
それはくるくると丸まっていて、頭も顔もない得体の知れない物だった。

風に吹かれて飛んでいる鶏の羽根ではない。
地面の上を転がるように、二人の進む前を転がっていた。
それは奇妙なことに、マキの家に通じている畦道に差し掛かる所で毎回パッと姿を消した。

カネは口には出さず、いつも現れるたびに目を据えて見ていたが、瞼が瞬いた一瞬の間に消えていた。
暫くして母親にこのことを話すと、マキの家はオーサキ持ちらしいから、主家に憑いているオーサキが迎えに出ているんじゃないかと話した。

翌日カネはマキにとぼけて鶏っ羽根のことを聞いてみた。
「あっしも不思議に思っていたけど、黙ってたんだ。何だろうね?」
と顔色も変えずに返していた。
二人がその話題をしたあと、いくら日暮れに帰宅しても、再び鶏っ羽根があの姿を見せることはなかったという。
43: 天之御名無主 投稿日:2006/04/16(日) 21:44:28
オーサキという動物は人に憑く架空の生き物とされている。
中部以南のクダギツネの呼称に対し、西上州の山塊を越えて関東に入ってきたこの憑き物の名は、オーサキ。またはオーサキドウカと呼ぶ。

ドウカとはトウカ。つまり、〝稲荷〟の音読みである。

オーサキは鼠と鼬を合わせたような姿だといわれる。
家とその家族に憑き、人間業とは思えぬ働きで家計を豊かにする。
もし主家で恨みに思う人がいると、その家の誰かに取り憑き苦しめ、主人の仇を討つといわれている。

尻尾の先に鶏の羽根をくるくると丸めて着けていることもあり、他家の台所から小麦粉などを運びだす際、羽根に付着させて来るともいわれている。
また、オーサキ持ちが養蚕を生業にしている場合、他家の良い蚕と取り替えてくる等、近隣に迷惑な振る舞いを及ぼすとされる。

こうした事から、オーサキ持ちといわれる家は、相互扶助の結び付きの強い農村社会で孤立する生活を強いられる浮き目に晒されてきた。
経済が富む一方で、血縁者同士での縁組をせずにおれない条件に悩み、果てには業病に苦しめられる者もあったという。
88: 天之御名無主 投稿日:2007/05/23(水) 13:37:15
 『中央日報』2007.05.22
韓国の伝統社会がオブドゥンイ(捨て子)に寛大だったのは語源が立証する。
接頭語「おぶ」は「一家の生計を保護したり見守る、とされる鬼や動物」を意味するとのこと。

オブグロンイ(家の中で福の神と崇める大蛇)、オブドゥコビ(福の神の役割をすると言われるヒキガエル)、オブジョクゼビ(家の財産を増やしてくれると言われるイタチ)がそうした例だ。

かつて農家ではそうした動物が家の中にすめば、財物を増やしてくれるとして追い出さず、むしろ家を出たりケガをしたりすると、厄害がやってくると信じた。
【噴水台】ベビーポスト(中央日報)

>>43
オブジョクゼビ(家の財産を増やしてくれると言われるイタチ)って、日本のオサキや管狐になんか似ている気がする。
44: 天之御名無主 投稿日:2006/04/17(月) 10:49:01
共同体内の相互扶助の役務から解放されたために、養蚕という本業に専念することができて、ひいてはそれが経済的な繁栄につながった。

という解釈をしてみる。
45: 天之御名無主 投稿日:2006/04/17(月) 23:05:26
オーサキの話にはオカルティックな話が多い。
オーサキ持ちの家の主婦と喧嘩をしたら、その夜、食卓の茶碗がフラフラと宙に浮き上がり、天井まで昇った。
急ぎ知り合いの御岳教の行者を呼んだら、天井裏を確かめてみよという。
はたして天井裏にはオーサキらしき動物が死んだようになっていた。
オーサキ持ちと噂される屋敷に普請の下見に来た大工が、鉢に山盛りの赤飯を持って、蔵の中に入っていくおかみを見た。
奇妙に思いながら、おかみが出ていったあと、そっと蔵の戸を開けて中を覗いてみると、運ばれた赤飯が床に置かれてあった。
ところが不思議にも人の姿は見えぬのに、クチャクチャガツガツと盛んに食べる音が聞こえる。
よく目を凝らしていると、鉢の赤飯が見ている間に次第に減っていく。

恐ろしくなった大工は、請け負いの仕事を後日丁寧に断わったそうだ。
46: 天之御名無主 投稿日:2006/05/03(水) 23:02:10
>>48

管狐ならあちこちに普通に意外な所にいるから捕まえて観察汁
本で見るより為になる
一般で五匹飼えるから

ただ、野良は危険物だから何が起こるかわからんぞ
48: 天之御名無主 投稿日:2006/06/01(木) 02:26:36
クダギツネってどういうのですか!??!
49: 天之御名無主 投稿日:2006/06/01(木) 14:08:59
管狐とは?
人は死後、霊魂となって次の体を探しに出る訳ですが、欲求が「生まれ変わりたい」というただそれだけに成るらしく、まあ人がトイレに駆け込みたがる様な、そんな意識になります。
自然なら、特に 罪がないなら周囲の動物などの魂が「あっちで呼んでるよ?」と教えてくれるのに、人間の中には「管屋」とか「飯綱使い」とか呼ばれる人々がいて、その霊魂へ語りかけて彼らを騙してしまいます。


 「生まれ変わりたくないか?その為には自分の言う事を聞かねばならないんだぞ?

 早く生まれ変わりたい一心で、彼らは管屋の言いなりになってしまう訳で、そうした霊の事を「管狐」と言います(他にも飯綱、死神、死霊などとも言いますが、結局は皆同じものです)。
そうした霊に憑かれるとけだるく成ったり妙な声が聞こえて来たり、気が狂った様に成る事もあるし、まあ死にたく成ったりと。
他にも盗聴器の様な事も出来て、心の声がそのまま相手に”聞かれる”事も多々あります(テレパシーと呼ぶのは、まあ99%はこれの様です)。
絶対に聞かれる筈がないのに、そんな時は注意です。
管狐とは?(ショートサーキット出張版)
54: 天之御名無主 投稿日:2006/06/25(日) 13:00:32
四代前の女が、蛇を使役していたと聞かされて育ちました。
調べてみると、その蛇はいわゆる憑き物筋に憑く蛇のようでした。

気になって親類に話を聞いてみても、その蛇の行方を知っている者がいません。

さて、蛇はどこへ行ったのでしょうか?
一般的に、憑き物筋とは女系と聞いたのですが、もはや調べる手立てはないようです。
55: 天之御名無主 投稿日:2006/06/25(日) 22:10:15
自分の先祖なのに四代前の〝女〟とかって馬鹿にした呼び方する?
普通、四代前の人とか、曽々祖母とか呼ばない?
身内とはいえ、随分祖先に対して非礼な人だね。
58: 天之御名無主 投稿日:2006/06/26(月) 18:11:47
まあ、お爺さんやお婆さんが自分の言葉で言い伝えてるとしたら、かえって「女性」とは言わないと思うよ。
たった四代くらい前なら「誰それの家の何代前の婆さん」とか言うかな。

ひょっとしたら、四代前という情報のほうがまちがってて、名前も定かじゃないような古い時代の話なのかも?
いつの時代でも「四代前」と言われているんだったりして。
59: 天之御名無主 投稿日:2006/06/26(月) 22:17:33
54です。なんだかすみません。

曾々祖母と書くとわかりにくいかな?と思い、あのような書き方になりました。
また、身内の話ということで謙遜の気持ちもあったのですが、返ってご気分を害してしまい、申し訳ありません。

>>58
四代前というのは確実です。名前もはっきり残っていますが、憑き物である神様?の方が、名前が音でしか伝わっていなかったためつい最近まで正体不明でした。
61: 稲荷 投稿日:2006/07/01(土) 12:20:31
管狐ってどんなんなん?
調べても出ないんやけど?
63: 天之御名無主 投稿日:2006/07/15(土) 10:43:12
>>61

管狐、視た事あるから外見について…

血統や属性、術者の力や餌によって見た目は違うけど目はチワワみたいにクリクリしてて、体毛はポメラニャンに似てた。

サイズは小さい奴でマッチ箱に二匹入るけど、デカイと1㍑ペットボトルに一匹入るよ。
64: 天之御名無主 投稿日:2006/08/15(火) 08:52:28
  、、、、
 ミ・д・ミ<ほっしゅ
  """"
70: 監査官 投稿日:2006/08/30(水) 22:00:44
失礼いたします。
ただいまオカルト板にて「ウヅガアさん」と呼ばれる氏神(?)の考察をしているのですが、いかんせん手がかりが少なく難航しております。
よろしければ、この民族板の皆様の知識をお借りしたいのですが・・・

【ワロ】ウヅガアさんについて語る【シロゴ】

ぜひご協力のほど、よろしくお願いいたします。
管理人より:ウヅガアさんの元ネタはこちら。
洒落怖まとめは、ほぼ全話読んでますが、しばらくトイレ行くのが怖かった管理人です。
75: 天之御名無主 投稿日:2007/01/13(土) 23:31:07
憑き物って日本特有?
78: 天之御名無主 投稿日:2007/02/17(土) 11:34:48
>>75
憑き物=憑依現象は人類に普遍的

憑き物筋=日本の家制度、村風土が重要なファクターとして背景にある。
80: 天之御名無主 投稿日:2007/05/03(木) 19:19:46
日本独特のムラ社会において、共同体から外れた家を疎外するのに恰好の口実になるわな
81: 河豚比礼 投稿日:2007/05/03(木) 21:37:18
個人的見解だけど、例えば急に成功した家への嫉妬と疑念。 衰退していった事に対する、悪意のこもった風評、によって語られたのが、狐憑きなんじゃないかな。

繁栄→狐が憑く/使う
衰微→困らせる/見切る
みたいな。
六部殺しも同様と思う(成功と不幸)。
六部殺し (Wikipedia) 鳥文斎栄之・画『模文画今怪談』にある六部殺しの怪談。
六部殺し(ろくぶごろし)は、日本各地に伝わる民話・怪談の一つ。ある農家が旅の六部を殺して金品を奪い、それを元手にして財を成したが、生まれた子供が六部の生まれ変わりでかつての犯行を断罪する、というのが基本的な流れである。最後の子供のセリフから、「こんな晩」とも呼ばれる。
82: 天之御名無主 投稿日:2007/05/04(金) 00:58:09
個人的見解じゃねーだろw
小松和彦の劣化版じゃんww
83: 天之御名無主 投稿日:2007/05/04(金) 04:51:10
>>81
たぶんそれは、憑き物筋だと思う。

キツネ憑きは、ストレスがたまった社会的弱者が、臨界点を超えて人格変換を起こしたもの。
84: 河豚比礼 投稿日:2007/05/04(金) 12:34:24
>>82
ごめん、あったのか…。
>>83
ありがとう。 書き間違えてた、狐の憑き物筋、です。
>>81
犬神や蛇神の様な、呪いの属性がメインのものは解らないけどね。
憑き物筋と言うレッテルを剥がす方法って、何かあったのかな?

引っ越す位しか浮かばないけど。 例えば北海道への入植者は、東北、北陸からが圧倒的に多いが、四国からの入植者も多数いる。
単独での移住はあまり無いんだろうが、四国系の憑き物筋も来てるんじゃないか、と言う気もする。
89: 天之御名無主 投稿日:2007/07/09(月) 14:51:24
文献とかは何故、使役する家系を憑き物筋とか言って全部悪いやつだと思わせるような書き方するの?
そんなんじゃないのに。それ知ってむかついた
107: 天之御名無主 投稿日:2007/12/21(金) 00:44:55
>>89
まああれだな。
異能の力を持つ事は敬われ、かつ恐れられるだろうから、どうしても忌避感が付き纏っちゃうんだろうな。
特にそれを語る公的な見解が、触れるべからずで一様に塗り込められてたりすると。
90: 河豚比礼 投稿日:2007/07/11(水) 07:38:58
↑89
差別があったなら、それをする側か、そういう状況を外から眺めて、深く考えず記述したからでないかな。
憑き物筋とされた人達に、特別落ち度があったとは思わない。
主に誤解から生じたもの、かな?

多分。
96: F 投稿日:2007/12/18(火) 22:08:02
狐筋から呪を受けてる可能性があるのですが解き方を教えてくだされ~
つまり狐が憑いてることね。
97: 天之御名無主 投稿日:2007/12/18(火) 22:31:39
キツネ憑きを落とすには犬神で落とす
※キツネが犬を苦手なため

これ常識ね
98: F 投稿日:2007/12/18(火) 22:47:26
つまり犬神系に頼べば「狐も落せる」ということだ。
地域性があるけどだいじょぶかい?
99: 天之御名無主 投稿日:2007/12/18(火) 23:18:38
無理ぽ!

犬神・狗神の正体はイヌではなく、ジネズミと呼ばれるモグラの仲間だから
100: F 投稿日:2007/12/18(火) 23:50:53
実際はイタチ、ネズミ類の小型のものがほんとうらしいが、その実像はよくわからないね。
とにかく呪を除かないといけないんだよ。
101: 天之御名無主 投稿日:2007/12/19(水) 13:26:02
三峯神社で御札貰ってくれば
102: F 投稿日:2007/12/19(水) 17:05:54
憑き物を落してくれるのか?
103: 天之御名無主 投稿日:2007/12/19(水) 17:23:53
三峰神社は憑き物落しで有名だよ。

三峯神社~ご祈祷案内~
104: F 投稿日:2007/12/19(水) 18:20:04
なるほど神の使いがオオカミなら狐も退散するわけだ。
たぶん対象がオサキになってるんだろうけど一度行ってみるよ。
ありがとう。
105: 天之御名無主 投稿日:2007/12/19(水) 21:00:06
憑き物と言えば、俺が7歳の時、夕方家に帰ったら、黒い犬か狐の様な動物が奥の部屋を横切って神棚の方へ消えた事が何度かあった。

親父は霊感が強いので、見る度に教えたのだが、見えないと言っていた。
以後、それを見る度に家の家の商売がうまく行かなくなったのだが、親には話さなかった

六年前に、ついに親父も見る様になり、その後倒産
後に親父から話を聞いたのだが、親父が見た半年後に、たまたま知り合った霊能者からいきなり、黒い狐に完全に取り憑かれていて、祓うのは無理だから、死にたくなければ引っ越せと言われていたそうだ。


何でも、爺さんが竹駒山にお詣りに行ったとき、悪霊を連れ帰ってしまったらしい。
それ以降、お稲荷さんには極力近付かない様にしてる。
108: F 投稿日:2007/12/22(土) 20:26:31
狐筋といわれる人々は江戸時代に幕府・藩から左遷されたか、追放されたかで、何かしらの理由によりそこに居られなくなった家臣クラスの人間のような気がする。
109: 天之御名無主 投稿日:2007/12/23(日) 22:36:07
あのですね。
憑き物筋ってのは、レイバイシ的な事をしたり、呪術的な事をしたりしていた家ではなく、財を成したりした家筋を指して、あそこは動物妖を使ったから成功したのでは?という嫉妬に近い心象から発生したものでしょう?
どうも勘違いのスレ違いが多くない?
140: 天之御名無主 投稿日:2008/02/04(月) 18:16:52
憑く動物と憑かない動物ってどうやって決めてんの?
141: 國布 投稿日:2008/02/04(月) 19:14:56
>>140
決めるわけじゃなく昔の呪禁道で決まってるんよ
犬神 蛇神 猿神
犬神筋なら犬を首から下を土中に埋めて飢えさして、しばらくしたら顔の前にエサぶら下げて犬が首を伸ばしたとこで刃物で切断。
その首を箱に入れて術をかけて犬神として、胴体のほうは土中に埋めたまま
142: 國布 投稿日:2008/02/04(月) 19:16:29
>>141
その胴体が人に踏まれるたびに首のほうの念は継続しさらに増幅。
その犬神は親から子へ継続され、これが犬神筋(統)などとよばれる。

犬神は家に富を運んでくるようになったり、家にとっての敵対人物に害をもたらしたりすると言われてるが…
143: 國布 投稿日:2008/02/04(月) 19:18:53
まぁ昔の田舎のほうで、甲斐性のある家や一族の裕福な理由を理解できない人が「あの一族は犬神筋に違いない」って感じで理解しようとしてたのだろうね
144: 天之御名無主 投稿日:2008/02/04(月) 19:39:23
142-143
残念だけど、その犬神と犬神筋の犬神は全く別物だよ
君の言ってるのは、蟲毒の亜流


犬神筋に於ける犬神とは、ジネズミに似たもの
ジネズミは枯れ葉と大地の間を、姿を見せずに縦横無尽に走り回る
そこから、隠形の術を駆使するモノ、物陰(オンもしくはイン)に潜む神(カミ=精霊・鬼)が犬神と呼ばれ、それを操る術を持った者を排出する血筋が犬神筋
145: 國布 投稿日:2008/02/04(月) 19:55:02
違うんだ?
そりゃ失礼

で…、どんな術か分かる?
分かったら教えて下さい
147: 天之御名無主 投稿日:2008/02/05(火) 00:36:55
蟲道で具ぐれ。(中国を含む)
148: 國布 投稿日:2008/02/05(火) 06:36:11
>>147
りょうかい「蟲道」ね
あんがと
蠱毒 (Wikipedia) 蠱毒(こどく)とは、古代において用いられた、虫を使った呪術のこと。蠱道(こどう)、蠱術(こじゅつ)、巫蠱(ふこ)などともいう。
(中略)
犬を使用した呪術である犬神、猫を使用した呪術である猫鬼などと並ぶ、動物を使った呪術の一種である。「器の中に多数の虫を入れて互いに食い合わせ、最後に生き残った最も生命力の強い一匹を用いて呪いをする」という術式が知られる[1]。
110: 天之御名無主 投稿日:2007/12/23(日) 23:25:03
オカ板に行ったほうがいい人が多いよね。
111: 天之御名無主 投稿日:2007/12/23(日) 23:37:05
うん、悪気はないだろうけど、勘違いしてると思う。
139: 天之御名無主 投稿日:2008/02/03(日) 07:56:37
すっかりオカ板出張所だな

ハイ。内容がまぁまぁおもしろかったんで長文まとめにしました。なかなかオカルトちっくというか、オカ板から多数来てるようでしたね。
だいたいにおいて、学問板ではオカ板住人は忌み嫌われていますが、やはりそこにあるのは温度差というか、心構えというか。純粋に学究のために集まってる学問板住人と合うわけがないですね。
当サイトでもオカ板からはスレをまとめていませんが、そうした理由です。

そもそも、オカ板のスレ一覧見てると、

*書き込むと願いが必ず叶うスレ
*書き込まれた相手が死ぬが自分は幸せになるスレ
*アセンションはすでに始まっている
*書き込むと再び縁が復活するスレ
*近々死んで欲しい人間の名前を書きなぐるスレ

こんなんばっかりで、まとめたいという気が湧いてこない。よく探せばおもしろいのもあるかもしれないけど、当サイトの趣旨とはちょっと違うのカナー。

というわけで憑き物筋ということですが、管理人の家の近くはここんとこマンション建築ラッシュでして、そりゃもう年中工事でうるさいんですが、神社とかお社の跡地に建てる場合って、なんとかご本尊だけは残しておこうという風潮がありますよね。
マンションの1階にちょこっと鎮座しているお稲荷さんのご本尊なんか見ると、ああ、日本人だなーとかいろいろ思います。とりあえず祀っとけ、みたいな。

大阪の新地の地下街は3層構造くらいのけっこうでかいものなんですが、おそらく地上から移してきたんでしょう、2階層をぶち抜いた神社とかあって軽くカルチャーショックを受けたものですが、ご本尊はどんな気分なんでしょうねぇ…。バチとか当たらんやろうか…。(日本人の発想)


三国妖狐伝 第一斑足王ごてんのだん(葛飾北斎)
トップ絵は葛飾北斎の手による「三国妖狐伝 第一斑足王ごてんのだん」。九尾の狐が描かれています。
中国の妖怪ですが、伝説によると九尾の狐は絶世の美女に変身するとか。そのせいか知らんけど、画像検索するとエロい萌え絵ばっかりヒットする…。orz

日本の憑きもの―社会人類学的考察 (中公新書)
吉田 禎吾
中央公論新社
売り上げランキング: 20,374


元スレ:http://academy3.2ch.net/test/read.cgi/min/1116560048/

人気サイト様 最新記事

博士ちゃんねる ヘッドライン

    • ※1 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2014.7.11 22:03
    座敷童もある意味では憑き物か?
    だけどあれは栄えていた家が没落した時の理由づけとして使われるものらしいからまた違うものっぽいか
    • ※2 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2014.7.12 9:45
    犬神憑きは血統に対する説明
    狐憑きは個人に対する説明
    蛇は人ではなく家屋敷に対する説明
    ざっくり言ってだいたいこんな風に違ってるはず
    • ※3 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2014.7.12 10:02
    確かにオカ板変なスレ多いからな~
    お気に入りの山の話スレも変なアンチが湧いてて全然盛り上がらんし、
    意外と面白そうな話題ってほかの板でやっているような感じだね
  1. >座敷童もある意味では憑き物か?
    座敷童子って家に憑くイメージかなーと思います。

    >犬神憑きは血統に対する説明
    >狐憑きは個人に対する説明
    >蛇は人ではなく家屋敷に対する説明
    ホー!そういうふうになってるんですか。
    でもなんか言われてみるとなんとなくわかる!

    >意外と面白そうな話題ってほかの板でやっているような感じ
    洒落怖が有名になって、同じようなネタが他板でやってますよね。

    変なものを見てしまった。
    http://nazolog.com/blog-entry-3643.html
    これなんかVIP発だけど怖かった…。
  1. トラックバックはまだありません。


コメ欄での議論はおおいにけっこうですが、当サイトではドクター同士の罵り合いは禁止となっております。反論する際には、相手の意見・人格を尊重し、どうぞ冷静に。
*