人気サイト様 最新記事

博士ちゃんねる ヘッドライン

レスの強調ウゼェー!というドクターへ

レス内の強調表示をOFFにする コチラをクリックして切り替えてください。設定は30日間Cookieに保存されます。
現在のステータス:強調有効

[閲覧注意] 硫酸・硝酸の入手方法(厨房にもできる範囲で) @ [化学板]


[閲覧注意] 硫酸・硝酸の入手方法(厨房にもできる範囲で) @ [化学板]
1: kkn 投稿日:2007/03/28(水) 22:00:08
RDXとかNG作りたいんですが硝酸と硫酸の入手方法を教えてください
ついでにバッテリー液の濃縮やってみたのですが失敗したのでほかの方法でお願いします
管理人より:バッテリー液は主成分が希硫酸なので、煮詰めると濃硫酸が得られるとかそゆことです。こんなスレまとめてるとそのうち警察から指導が来そうだな…。

RDXトリメチレントリニトロアミンのこと。プラスティック爆弾の主原料。
NGニトログリセリンのこと。爆薬の原料、または狭心症の治療にも使われる。>>1さんは若いのに狭心症か、大変ですね。(しれっ

スレ住人の言葉を真に受けてると、下手すると死ぬので、やるなら自己責任で!ネットに書かれていることが正しいとは限りませんよ、ウソをウソと(ry
2: あるケミストさん 投稿日:2007/03/28(水) 22:45:39
強盗
3: あるケミストさん 投稿日:2007/03/28(水) 22:46:49
ヒント 鉱山
4: あるケミストさん 投稿日:2007/03/28(水) 22:47:38
ヒント 酸性雨
8: あるケミストさん 投稿日:2007/04/25(水) 18:30:14
身近な酸性物質を教えてください!

酢(酢酸)、CO2(炭酸)以外に何がありますか?
希硫酸含有のバッテリー液を蒸留しましたが、使い物になりませんでした。
(必要量とコストの関係で)
11: あるケミストさん 投稿日:2007/04/25(水) 20:47:10
>>8
クエン酸 塩酸
12: あるケミストさん 投稿日:2007/04/25(水) 23:24:50
>>8
身近な酸性物質は何?と聞くようなやつが硫酸蒸留って、、、おまえアフォだろww
危なすぎる
13: 投稿日:2007/04/26(木) 00:53:16
>>12
分かんないから聞いてんだろ。
それが、中学レベルの人間に対する答えかよ?



塩酸て簡単に入手できるの?
14: あるケミストさん 投稿日:2007/04/26(木) 03:03:42
>>13
お前がすでに入手しているのであれば答えは「簡単に入手できる」で、
そうでなければ答えは「簡単に入手できない」だ。

以上。
15: あるケミストさん 投稿日:2007/04/26(木) 03:50:08
>>13
便所の洗剤。
16: あるケミストさん 投稿日:2007/04/26(木) 07:48:39
>>13
おまえアフォか
事故起こすこと考えたら煽りくらいなんでもない

そんなことも分からないなら化学物質を取り扱うな
19: あるケミストさん 投稿日:2007/04/26(木) 22:01:39
>>13
それは亜硫酸か思われ。

正しくは、硫黄を燃やして過酸化水素に溶かせば、理論上硫酸ができるが・・・
33: あるケミストさん 投稿日:2007/05/08(火) 20:34:45
>>13
喉の奥に指を突っ込み、桶を抱えて十数秒。
41: あるケミストさん 投稿日:2008/04/04(金) 21:26:16
>>33
うん。胃液が一番手っ取り早いよなあ。
9: あるケミストさん 投稿日:2007/04/25(水) 19:05:30
硫黄があったんで、これから簡単に硫酸水溶液を作れませんか?
10: あるケミストさん 投稿日:2007/04/25(水) 20:43:53
>>9
硫黄焼いて出てきたガスを水に溶かす
40: あるケミストさん 投稿日:2008/04/03(木) 19:33:26
>>10
硫黄は最低でも100グラムくらい一度に燃やさないとだめ できたら1キロくらい
18: あるケミストさん 投稿日:2007/04/26(木) 19:06:57
こ ん な 痛 い ス レ は 初 め て だ
20: あるケミストさん 投稿日:2007/05/04(金) 08:44:42
(1)アンモニア水を加熱して出てきたアンモニアを回収
(2)酸素を混合
(3)頑丈な容器に密閉しガスコンロで加熱しながら体重かけて思い切り圧縮(数百気圧必要)
(4)生成した茶色の気体を水に溶かす
(5)硝酸ゲット(・∀・)
21: あるケミストさん 投稿日:2007/05/04(金) 08:48:42
(1)肥料の硫安(硫酸アンモニウム)を水に溶かし加熱沸騰させ蒸発乾固させる
(2)これを数万回繰り返す
(3)揮発性のアンモニアが飛び硫酸が得られる
23: あるケミストさん 投稿日:2007/05/04(金) 15:45:38
薬局で注文して買え!
普通に買えるぞ。
変な製造方法は危ないからやるな!
24: あるケミストさん 投稿日:2007/05/04(金) 17:20:19
化学のプロがしかるべき器具装置を使って、およそ硫酸とは縁遠そうな原料から高純度の硫酸を実験室的に得る方法ってのは、どんなもんかね。コスト度外視で。

シロートは「硫黄といえば温泉、温泉といえば卵」とか安易に考えると思うが、100万個の鶏卵から濃硫酸が作れるか?
28: あるケミストさん 投稿日:2007/05/04(金) 22:31:21
硫酸ができれば,これを硝酸塩に加えて加熱する事で硝酸も得られる
30: あるケミストさん 投稿日:2007/05/06(日) 11:43:01
冷やしたグリセリンに硫酸と硝酸を混ぜてからよく振ると…
管理人より:↑なんか爆発しそうだなぁ…。
36: あるケミストさん 投稿日:2008/01/11(金) 19:53:43
コソーリ書き込み
硫黄は二酸化硫黄(SO2)にして水に溶かす(亜硫酸)その後酸素と化合(酸素の出る石、又はボンベ)
この行程をするには、燃やして、酸化させて水に溶かすの行程が必要なわけだね

えーっとここまで言って感のいい人は気付いているだろうけど、どうやって二酸化硫黄作って集めるんだ?

1mol=22.4l(気体)って事は硫酸1mol集めるのに1mol分硫黄燃やさないといけないよね。
ってことはだよ、何か工業的な方法が無い限り大量に集めるのは不可能
それこそ部屋一つを反応用に使うくらいのことしないと大量に生成は無理って罠
それとも俺の考えがマンネリ化してるのが問題なのか?
37: あるケミストさん 投稿日:2008/02/07(木) 03:39:41
硫酸や硝酸は
薬 局 で 注 文 し て 買 え
38: あるケミストさん 投稿日:2008/04/02(水) 22:07:20
劇物は 18歳未満は買えません。
39: あるケミストさん 投稿日:2008/04/02(水) 22:57:58
じゃあ
お 父 さ ん に 買 っ て も ら え
42: あるケミストさん 投稿日:2008/04/11(金) 21:31:11
おいおい硫黄は、はやりのムトウさんとサンポールを混ぜれば下に沈殿してくるよ
硫化水素も大量に発生だけど
43: あるケミストさん 投稿日:2008/04/12(土) 12:49:25
硫酸銅とか硫酸亜鉛とか石膏とかも、熱分解させてSO2を発生させられるんじゃない?
管理人より:SO2二酸化硫黄のこと。
44: あるケミストさん 投稿日:2008/04/19(土) 16:39:17
硝安と硫酸カリウムの副分解、これに濃硫酸、栓の腐食には気をつけるように
46: あるケミストさん 投稿日:2008/04/25(金) 21:25:07
ちゅう房だったら、理科室行ってこいよ。
硫酸くらいあるだろう。
なかったら、バッテリー液蒸留。
硝酸なんてなにするつもり?
47: あるケミストさん 投稿日:2008/06/30(月) 19:07:49
硝酸は、パイプの中にその辺の土を詰めて、そこにおしっこをしてればそのうち硝酸が溜まるんじゃない
そこから硝酸だけを取り出せば良いんじゃない?
49: あるケミストさん 投稿日:2008/07/03(木) 00:10:54
沼か川の泥とその水を1:4で透明な容器(ペットボトル等)にいれて、日光に1週間ほど晒すと硫黄酸化菌の力でかなりの酸性度の硫酸が手に入るはず.
52: あるケミストさん 投稿日:2009/08/19(水) 04:39:04
まず、糞を集めて硝石製造。やり方は江戸時代の資料当たれ
硫酸はバッテリー液でいいだろ
管理人より:ハイ、これはどういうことかというと、火薬の原料のひとつである硝石は「中国の燃える雪」とも呼ばれ、主に中国その他の限られた地域でした産出しなかったんですね。ところが!どういうきっかけでか知りませんが、牛の糞などから硝石が取れることが判明。以後大量に「生産」されることになります。 Wikipediaの「硝石」によると、
北西ヨーロッパや東南アジア、日本のような湿潤環境下では、天然では得がたい。ドイツやフランス、イギリスのような北西ヨーロッパでは、家畜小屋の土壁の中で、浸透した家畜の排泄物が微生物の作用によって硝酸カリウムとなったものを抽出して硝石を得ていた。
わざわざ豊臣秀吉が明に戦争仕掛けた意味なかった…。大事なものはいつもそばにあるのだ…。
53: あるケミストさん 投稿日:2009/08/20(木) 17:23:23
薬品売ってくれって、教材屋に言えば、普通に売ってくれるよ。
理科教員の特権。
54: あるケミストさん 投稿日:2009/08/24(月) 20:16:29
というか毒劇物でなければ、素人にも普通に売ってくれるサイトを2つ知ってるんだが。硝石とかカーバイドとか簡単に手に入る。

あと、硫酸は頑張って、バッテリーの電解液を探して買え。この前見た時は売ってあったぞ。
肥料とか陶芸関連のネットショップでも色々売ってあったな。
硫黄やら二酸化マンガンやら硝酸カルシウムやら。

過酸化水素(35%)や固体水酸化ナトリウムも何とか商会という所が売ってくれた。
56: 名無しさん@そうだ選挙に行こう 投稿日:2009/08/30(日) 18:38:07
硝酸についてお伺いしたいのですが、工業的にはアンモニアを白金触媒で酸化させて作られますよね。
それ以外に、例えば硝化菌なんかを使って、アンモニアから合成することはできないんでしょうか。
61: あるケミストさん 投稿日:2009/09/01(火) 01:18:09
>>56
Pt以外の触媒を大戦中の物資不足で悩んでたドイツが開発してたから、当時の論文読み漁れば、代用触媒出てくるんじゃね。
たしかB.A.S.Fだったかな
59: あるケミストさん 投稿日:2009/08/30(日) 21:24:59
おまいら犯罪教唆
管理人より:Ptプラチナ(白金)のこと。
62: あるケミストさん 投稿日:2009/09/03(木) 08:41:07
         /ノ/:::::::::::::::::::::::::::::::`ヽミ、 ヽ
         l //::::-‐/^ ̄ ̄ヘ‐‐-、::::::\ヘ: ヽ
        l: L,, -‐''^ ̄´` ̄`´`''‐ー-,,、::}: : i
        .l : |: :l: : l: : |: : :| : : | : : l: : :l : `': : :|i
        |: : |: |: : |: : |: : :l : : l: : : |: : :|: |: : : :|:l
        | : :|: |: : {: : |i: : |: : :| : : :|: : :| :|: : : :| i <就職・・・しないの?
        | : :',:::|〈ィfカ‐、弋─‐'─‐' ̄|::ノ: : : :| |
       .l| : : ヽ} 弋:::ノ  \、::::::::::::::レ': : : : l: :|
       | |: : : :∧     i  `丶、:::/: : : : :l: : l
       | { : : : : ヘ、   __    ノ:: : : : :/:: : :l
       | :\___ノ:>,,   ̄ ,, <:| : : : : /::: : : |
       i|: ::::〈=〉:::::/ >‐</ )〈=〉:::::::: : : |
       |: : ::::|:::::|''´人 /^oヘ  /、|:::::| ``ヽ、: |
      .|: ://⌒,ノr-‐´//ヘ\`≫::/⌒ヽ    ヽ
63: あるケミストさん 投稿日:2009/09/13(日) 17:43:09
硝酸工場に就職したい
64: あるケミストさん 投稿日:2009/09/13(日) 23:04:21
身元調査されるな
65: あるケミストさん 投稿日:2009/09/15(火) 23:25:17
オストワルト法って化学工業の中ではかなり単純な部類だから、アンモニア製造工場の中に硝酸製造設備が一緒に入っていたりする。
だから、アンモニア製造工場に就職して配置転換を狙うんだ!
管理人より:オストワルト法硝酸を生成するための一般的な手段。考案者のヴィルヘルム・オスヴァルトの名より。
アンモニアを白金触媒下で熱して一酸化窒素をゲット→一酸化窒素は空気中の酸素と反応し、二酸化窒素に変わる→二酸化窒素を温水と反応させると硝酸と一酸化窒素に分離する。
…というステップだそうです。
66: あるケミストさん 投稿日:2009/09/15(火) 23:33:46
硝酸と硫酸て爆薬の原料じゃん。
それぐらい入手できないレベルの人が扱っても危険なだけ。
67: あるケミストさん 投稿日:2009/09/15(火) 23:51:11
それ剣レベルと弓レベルを比べるようなもので、その比較は意味が無いぞ

薬品の入手はコネや薬品流通ルートの知識(取り扱い試薬店リスト)等が必要。
所詮、薬品屋の営業や試薬屋を言いくるめることなんて、化学の知識そうもいらんぞ?
薬品の取り扱いには化学の知識、常識は必要だが、入手法までは必要が無い。

大学の研究室だって、薬品の入手は専門の事務員置いてたり、代理店に探させたりしているしな。
>>66は現実を分かっていないと見える。
管理人より:そのとおり。こういった手法はIT業界では「ソーシャル・ハッキング」「ソーシャル・エンジニアリング」などと呼びます。善意に満ちた世界はいつ訪れるのだろう。
68: あるケミストさん 投稿日:2009/09/18(金) 20:18:26
おしっこに脱臭用オゾンガスを流すとマジで硝酸になるぞ
69: あるケミストさん 投稿日:2009/09/18(金) 20:44:26
>>68のレス見てたら閃いた。
オゾンは現実的でないから光触媒の酸化作用で代用すればいいんじゃね?
たぶんNO2まで酸化されちゃうと思うけどある程度の硝酸はつくれるんじゃないのかな。
酸化チタンなんて活性が低いけどルチルなら化粧品とかに大量に入ってるしな
キンカンに酸化チタンぶち込んで日中攪拌しながら太陽光に当ててみてpHが7以下になっても下がっていくようならそれは間違いなく硝酸だ
管理人より:なんかこの方法はホントに濃度の高い硝酸ができてしまいそうなので、詳細は削りました。(遅すぎるイイ子アピール
とはいえ、中学生に「気体を回収する」というのがすでに難易度高そうですけどね。
71: あるケミストさん 投稿日:2009/09/18(金) 22:23:54
硝酸カリウムが入手できるならハードルは劇的に下がる。
硝酸カリウム+リン酸や硫酸などの不揮発性の酸で蒸留すれば発煙硝酸できちゃうし、硫酸などはバッテリー液の濃縮で出来る。
要するにやる気と能力だなあ。
73: あるケミストさん 投稿日:2009/09/19(土) 10:30:32
俺工房だけど濃硫酸濃硝酸くらいなら持ってるぜ?
普通に薬局で買えばいいだろうが、それとも足が付いたらまずいことでもやるつもり?
74: あるケミストさん 投稿日:2009/09/19(土) 22:44:53
その薬局は大事にしろよ。
最近、試薬や工業薬品を扱える薬局がドンドン減っているからな。
試薬は返品が効かないし、社会的影響力が大きいから、個人が薬品を購入できる場所は無くなっていく流れにある。
普通は、試薬扱っていても高校生には売ってくれないぜ。
75: あるケミストさん 投稿日:2009/09/20(日) 11:54:05
乾燥した地域で硝石畑つくればいい
76: あるケミストさん 投稿日:2009/09/21(月) 00:25:47
硝石なら田舎の肥溜めの蓋にくっついてるな。
硝酸菌や亜硝酸菌をアルギン酸ゲルのカプセルに入れて、バイオリアクターにするのがベターかと。
近くに干潟があるなら海洋性硝化細菌を使うのがよさそうだ。
培養に成功したら、その中で一番能率のよい株をリアクター化すれば、実際の硝酸プラントまでの生産量は無理だが、個人で使う程度の実験には十分対応できる量の硝酸塩を作れるだろう。
リアクター内で培養して、さらに能率のよい株を分けて、硝化菌を進化させていけば、オストワルト法に近い効率が得られるのではないかと考える。
管理人より:バイオリアクター…「生体触媒を用いて生化学反応を行うための装置」だそうです。
77: あるケミストさん 投稿日:2009/09/24(木) 00:20:41
>>76
ものにもよるけどバイオリアクターは海外では遺伝子組み替えたやつを使ってるとか教授が言ってた気がするから、硝化菌の生産ってのもある程度限界があるんじゃないのかな…
まぁそれでも個人レベルなら十分かもな

こうやって考えると硝酸はある程度楽に作れそうな気もするけど硫酸は個人で作るのはなかなか難しいな…
バッテリー液濃縮はコスト的に効率が悪すぎる
79: あるケミストさん 投稿日:2009/09/24(木) 23:19:10
硝化バイオリアクターの最大のメリットは常温域で運用可能で容器には加工が簡単なプラスチックが使えることだな。
pHやら温度やら酸素や微量栄養素の注入と管理の手間はかかるのが難点か。
オストワルト法だと、高価なPt触媒、800℃もの高温、腐食性の酸化窒素の扱い、それらに伴う装置材料の制限。
混合気の割合をしくじると爆発or反応停止と運用にかかわるファクターの量が多く、どれもがしくじると重大な事故につながるものばかりだ。
工業無機化学の大量生産手法を安易に家での少量生産に使うのは危険すぎる。

といっても定常運転させるのでなければ
第3節 テーマ例の展開指針
これの参考実験14が使えそうだけど。
硫酸も本当に少しでよければ参考実験12が使えるかもしれない。
石灰硫黄合剤+サンポールから硫化水素を生産して燃やして触媒直行である程度はいけるだろう。
硫安と水酸化鉄から緑礬作って加熱分解で作るのも可能性としてはありな感じだな。


こういう薬品製造って中世の錬金術師になった気分になれて面白い。
花火レベルの量の火薬作るだけで大仕事過ぎるから、悪いことに使うには割が合わなさ過ぎるのがまた良い。


復讐等を考える厨房なら硫化水素単独で使うのをおぬぬめしておくw
80: あるケミストさん 投稿日:2009/09/25(金) 03:56:40
>>79
硝酸の製造法だが、五酸化二リンと硝酸塩に少量の水を加えれば、常温で簡単に二酸化窒素を発生させる事が出来るし、それを水に溶解させれば簡単に硝酸を得る事が出来る。
(五酸化二リンは個人向けに販売しているサイトもある)


リン酸、硫酸水素Na、ミョウバン(硫酸Al)に硝酸塩を加えて加熱しても行ける。
硫酸があるなら、硝酸Caと副分解させて沈降してCaSO4と分離しても得られる。
(硝酸Caは硝安と消石灰の副分解で作れるし、販売している所もある


ちなみに、もっと効率の良い、硫酸・硝酸の製造法があるが、ここに書いてはマズいレベルだからやめとく。
俺の知ってる事を、材料の販売先含めて全部書いてしまったら、ここにいる全員が簡単に硫酸・硝酸を作れてしまうだろうからな。
管理人より:硫酸水素Na硫酸水素ナトリウムのこと。
硝酸Ca硝酸カルシウムのこと。
81: あるケミストさん 投稿日:2009/09/26(土) 00:56:47
>ここに書いてはマズいレベルだからやめとく。
錬金術師の秘術みたいで面白いなぁwww
燐酸は最近資源枯渇気味の影響を食らって、高騰気味だから明礬使うのがよさそうだね。
管理人より:明礬(ミョウバン)…硫酸塩の総称。
78: あるケミストさん 投稿日:2009/09/24(木) 19:05:19
>>77
1.硫黄燃やして二酸化硫黄を作って過酸化水素に通じる。

2.亜硫酸水素Naを熱分解して二酸化硫黄を発生させ過酸化水素に通じる。
(硫黄を燃焼させない&窒素を含まない純粋な二酸化硫黄を発生させる事ができるので、1の方法よりも安全性が高い。密封系で出来るしな)

3.硫黄に少量の硝酸塩を加えて燃焼させる。窒素酸化物の触媒作用で三酸化硫黄発生。
それを濃硫酸に溶解させて発煙硫酸とし、その発煙硫酸を水に加えて濃硫酸とする。


4.硫黄+濃硫酸の混合物を加熱して二酸化硫黄を発生させる。
生じた二酸化硫黄を過酸化水素に通じ、硫酸を得る。

(最初に濃硫酸があれば、過酸化水素と硫黄のみで硫酸を作る事が出来るが、過酸化水素の必要量が三倍になるので若干コスト面で効率が悪い。密封系で出来る上に燃焼を伴わないので安全性は高い。)

5.硫酸水素Na+濃リン酸を混合し、恐らく350℃くらいに熱すれば、水蒸気が揮発した後、硫酸蒸気が発生する。
(ちなみに硫酸水素Naのみの場合だと470℃くらいまで加熱が必要棚)

まあ、一番ええんは、有機溶媒に硫黄ぶっ込んで、そこにちょいと硝酸(硫酸から作る)加えて、空気送って燃やす事やな。
有機溶媒が萌えて発生した水と三酸化硫黄が反応して硫酸ミストになるから、水に溶かす手間ぁ省ける。

ちなみに、硫黄:有機溶媒:硝酸が燃焼した後のガスは、主成分=SO2+NOだから、そこにさらに空気を送り込むっていう構造にせんと、三酸化硫黄までならへんで。

ほなまたな。
管理人より:NO一酸化窒素
84: あるケミストさん 投稿日:2009/09/27(日) 16:15:34
明礬とか石灰硫黄合剤、硫安など、材料はホームセンターや園芸店でいくらでも手に入るさ。
本当の問題は家庭という非常に制限のきつい環境下でも、実行できる方法にこそある。

石膏を2000度以上に加熱すれば三酸化硫黄が手に入るが、お前らの家で数十キロもの石膏を2000度以上に加熱できて、なおかつ腐食されないような釜もっているやついるか?

化学工学やってる研究室でも、持ってる所は数少ないだろうよ
85: あるケミストさん 投稿日:2009/09/27(日) 20:45:50
その通りですね。
原料の入手も大切ですが、きちんとした設備を構成できなければ元も子もない。
中途半端な設備だと、事故に繋がり、中毒や火傷や怪我を起こしたり失明したりする。
最悪、その上で警察に捕まる事も考えられるな。


そもそも家や庭で危険な事やるなよ。家族や近所の人になんて言われるか分からんし、最悪通報されかねん。
物騒な世の中だから火を使った実験やってるだけでも通報ものだ。

実験なら人のいない山奥でやったらどうだ?
実験器具の洗浄に使う水はコック付きのポリタンクでいい。
雨の時、実験器具が濡れないように、木材や石材でちょっとした小屋や棚でも作ればいい。
キャンプ用品でも机とか色々調達できるしな。
86: あるケミストさん 投稿日:2009/09/27(日) 23:49:05
山の中も昔、過激派が迫撃砲とかの実験につかっちまった負の実績があるから、なにか爆音がすればすぐに駐在さんがすっ飛んでくるよ。
後はオウムのサティアンとかの実績があるから異臭にも敏感だ。

海の上の船で岸から遠くまで離れれば、まぁ事実上やりたい放題だけどな
陸地で可能性があるなら北海道の人住んでない地帯だな。


住宅地や集合住宅での選択肢というか落とし所は、バイオリアクターで硝酸塩製造と、バッテリー液煮詰めることぐらいだな
87: あるケミストさん 投稿日:2009/09/28(月) 01:45:02
>>86
海の上だと遭難しそうですね。それに船のコストが掛かりそうです。
船が小さくて波が高い場合、揺れて実験にならなそうですし。


爆音無しの実験なら山中でもいけなくはないと思います。
異臭は森林の浄化作用に任せればいいでしょう。

爆音有りの実験は、花火大会の時や雷雨の時にでもやれば、かなりバレる確立は低いでしょうね。
91: あるケミストさん 投稿日:2009/09/29(火) 00:39:30
バレる確率を下げることしか頭にないうちは素人。
バレたときのことを考えて身の振り方や理屈を考えるのが、キワドイ事するときの鉄則。


金にならない=不毛ではないが、何のために実験しているのかの理由は作っておかないといけない。
それも説得力を持たせるために背景まで作りこんでおかないとダメ
92: あるケミストさん 投稿日:2009/09/29(火) 00:46:23
>>91
なるほど。
例えば、「○○を作って売る為に、この薬品を使用してました」などのような言い訳を考えろという事ですね。
93: あるケミストさん 投稿日:2009/09/29(火) 02:04:47
「売る」や「あげる」等の第三者が関る可能性を仄めかすのは危険度が高いな。
個人的興味等の自己責任で済む範囲でとどめたほうが良い。
べらべらしゃべりすぎるとぼろが出るから、最小限の文言で多少の熱意をこめて深い内容を語る。
94: あるケミストさん 投稿日:2009/10/02(金) 10:24:58
【速報】民家で爆発、男性が重傷 広島(中国新聞)
2002年頃、「猫殺しディルレヴァンガー」の異名で2chのみならず、ネット社会全体を騒がせたあの「松○潤」がまたやらかしました。
市消防局の救急隊員には「銀を抽出しようとしたら爆発した」と話していますが、どう見ても起爆薬のアジ化銀もしくは窒化銀作りです。
ありがとうございました。



2002年 猫虐殺事件のまとめサイト
福岡猫虐待事件(Wikipedia)
こげんたちゃん事件
☆ 特集 : 猫殺しディルレヴァンガー(松○ 潤)
95: あるケミストさん 投稿日:2009/10/02(金) 12:16:08
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20091002-00000025-mai-soci
<爆弾原料所持>少年に販売の業者と従業員を書類送検
10月2日11時26分配信 毎日新聞

 神奈川県相模原市の専門学校生の少年(19)が爆弾原料を所持したとして毒劇物取締法違反容疑で逮捕された事件で、警視庁公安部は2日、必要な書類を作成せず薬品を少年に販売したとして、薬品販売会社「林ケミカル」(東京都中央区)と従業員の男(34)を同法違反容疑で東京地検に書類送検した。
警視庁によると、同法違反による販売業者の摘発は異例という。

ハイ、そういうわけでですね、化学板の住人はほんとにおもしろいですね。
なんだかんだ言いつつ、家庭でできる簡単な硫酸、硝酸の製造方法を、頭を絞って考えてましたが。
「A(原料)とB(原料)をC(合成・抽出)すれば、硫酸・硝酸が得られる」という言い方の、A・B・Cのどれかに困難な要素があり、やはりオトナの対応と言わざるを得ない。笑

当サイトの現在総アクセス第3位の記事、
↑これですが、もうとにかく、「爆弾 作り方」「簡単にできる 爆弾」みたいな検索ワードで、よく見られてるんですね。怖い怖い怖い怖い怖い。アクセスログちゃんと取ってるんやで…。
爆弾作ってどうするんだろう。いやまぁなんかいろいろ爆発させたいんだろうけどさ…。
いろいろなものを爆発させたい、お若いドクターにひとこと言わせていただきたい。

若いうちに警察のお世話になると、大学に行って楽しい楽しい爆発実験できないゾっ!

あんまりアホな事件で逮捕されると、未来永劫ネットにアナタの名前が晒されることもありうる。子供のうちは貧弱な想像力しか持たないものですが、どうか慎重に考えていただきたいもの。
爆発に興味を持つのもけっこう、ロマンを感じるのもけっこう。男の子ですからね。
しかしそういう持て余した欲望は、ゼヒとも勉強で昇華していただきたい。勉強しないといい大学に行けませんよ?
必死に勉強して大学に行って化学を志せば良いのです。

ナニ?勉強つまんない?
そんなアナタのために当サイトは存在するのです。試しに化学カテゴリーの記事読んでみてください。化学っておもしろいでしょう?やってみたくなるでしょう?
お若いアナタの目の前には、前途洋々たる未来が待っているのだから。
ダメだこりゃ!そして思う存分、研究室で気の合う仲間たちと爆発コントでもなんでもやってください。
正しい知識を身につけるまで爆弾制作は封印すること!管理人との約束です

トップ絵は爆弾モノってわけでもないが、そんなシーンのある映画「ザ・ロック」のニコラス・ケイジ。

ザ・ロック [Blu-ray]
ザ・ロック [Blu-ray]
posted with amazlet at 14.07.23
ウォルト・ディズニー・スタジオ・ジャパン (2010-09-22)
売り上げランキング: 2,883


元スレ:http://science6.2ch.net/test/read.cgi/bake/1175086808/

人気サイト様 最新記事

博士ちゃんねる ヘッドライン

    • ※1 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2014.7.29 20:09
    化学板の奴らもまあボチボチだな
    http://www.youtube.com/watch?v=PYDFplw8iKg
    硫酸と硝酸アンモニウム(アイスパンチなどの冷却材)を使えば硝酸を作れるってのを思い出した

    あと、ミョウバンと硝酸塩の反応については良く分からない
    興味があるからそのうち調べてみたい
    • おっ、ひょっとして現代の錬金術士の方でしょうか。
      そうですか、ボチボチなら良かったです!管理人、こっち方面はとんと疎くて…。

      ご紹介いただいた動画観てみましたけど、英語の専門用語調べたりしてたら存外時間がかかっちゃった。
      なかなか大掛かりとはいえ、家庭でもどうにか硝酸はできそうですネ。硫酸を調達できれば…。
    • ※3 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2016.11.2 10:08
    ほんと勉強が辛くて化学嫌いだったけど、本当は勉強が嫌いだっただけって気が付かされるね。
    ちょっと辛い基礎部分が少しだけ定着すると、休憩んときにでもこのまとめ読んで暇つぶし…のつもりが、どのような反応起きているんだろうと考えたりして復習にもなってる。
    結局のところ、化学が心の底から嫌いだったわけじゃないんだなあ。
    • ※4 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2018.6.5 18:27
    ヒント 硝酸アンモニウム 銅 加熱 硝酸銅 加熱 二酸化窒素 温水 硝酸
    • ※5 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2020.5.23 14:52
    イオン交換樹脂って無資格で買えないだろうか・・・
    なんかこれ使ったらいけそうな希ガス・・・
  1. トラックバックはまだありません。


コメ欄での議論はおおいにけっこうですが、当サイトではドクター同士の罵り合いは禁止となっております。反論する際には、相手の意見・人格を尊重し、どうぞ冷静に。