人気サイト様 最新記事

博士ちゃんねる ヘッドライン

レスの強調ウゼェー!というドクターへ

レス内の強調表示をOFFにする コチラをクリックして切り替えてください。設定は30日間Cookieに保存されます。
現在のステータス:強調有効

[閲覧注意] 苦痛や恐怖を生まない死刑について @ [未来技術板]


[閲覧注意] 苦痛や恐怖を生まない死刑について @ [未来技術板]
1: オーバーテクナナシー 投稿日:2007/09/15(土) 03:18:14 ID:dnLJXd42
死刑制度もそれなりに段階を設けるのが必要な時代なのではないでしょうか?
と言う訳で“比較的軽微な場合の処刑方法”を未来技術板なりに考えてみましょう。
2: kenzi 投稿日:2007/09/15(土) 03:28:02 ID:phFPBHlg
首を吊る前に強力な全身麻酔をかける。
6: オーバーテクナナシー 投稿日:2007/09/15(土) 09:39:36 ID:anUTN1rO
>>2
全身麻酔したら自発呼吸ができなくて、そのまま酸欠で死ぬよ
3: ひろみ 投稿日:2007/09/15(土) 03:36:12 ID:76URcKUs
人間の活動している遺伝子の中に生死に関するものがあるはずだから、それを瞬時に死の方向へ向ける。
苦しむ時間もなく絶命。
4: オーバーテクナナシー 投稿日:2007/09/15(土) 04:45:51 ID:u4adAZ/c
仮釈後すぐに、脳髄への狙撃
5: オーバーテクナナシー 投稿日:2007/09/15(土) 06:57:01 ID:Ec65AxsN
火あぶりで苦しんで死ね
8: オーバーテクナナシー 投稿日:2007/09/16(日) 23:18:58 ID:FMaAKdlv
死刑の告知を知らせないで、監獄のなかで、真夜中に就寝中に天井から1Fあたり200ぐらいの銃口から弾丸を発射させ、あの世逝きにさせる。
9: オーバーテクナナシー 投稿日:2007/09/17(月) 21:29:43 ID:i4zidYyp
>>8
それって憲法違反じゃない
14: オーバーテクナナシー 投稿日:2007/10/14(日) 18:53:47 ID:9sik9TOC
犯罪者の人権、少しでいいから考えてちょんまげら
18: オーバーテクナナシー 投稿日:2007/10/16(火) 04:29:06 ID:3jeYRjBN
>>9
全然。死刑の告知は判決の言い渡しの段階で完了している。
実際には簡単。混入薬剤で一次麻酔して、あとは切り刻むなり塩カリで殺すなり。

>>14
考えてる。少なくとも、死刑判決を受けた犯罪者に生存権はない。
その死刑判決を下す法体系に問題があれば、現代社会では世界がその枠組み自体を潰すな。

今潰されそうなのは、中国だろう。あの体制は遠からず必ず潰れる。我々日本は将来押し寄せるであろう難民船を撃沈するだけの弾薬を用意すべき。
10: オーバーテクナナシー 投稿日:2007/09/17(月) 22:20:11 ID:4yWhz7AN
何故死刑になるのか
罪人が死を持ってしか償う事が出来ないほど重い罪を犯したからだ
死の苦痛と恐怖を味あわせて殺す事が目的なのに楽に殺す技術?
それじゃあ安楽死となんら変わらん

被害者が一番報われない
12: オーバーテクナナシー 投稿日:2007/09/20(木) 01:27:06 ID:Deqh0nki
死刑は死刑囚が死の恐怖を味わいながら死ぬことが前提になってる
最近、弁護士どもが無闇に使ってる責任能力がないから刑を免除というのは、本来は死刑囚が死の恐怖で精神異常を起こした場合、ちゃんと恐怖を味わわせるため正気に戻るまで死刑を延期するものだったはずだけどな
13: オーバーテクナナシー 投稿日:2007/10/04(木) 17:17:47 ID:iryczVIe
それなら新薬の実験材料にするのが一番いい。
死ぬまでひたすら実験体。
人類のためにもなるし死刑の手間の省けるし遺族も納得。
86: オーバーテクナナシー 投稿日:2009/11/06(金) 22:02:34 ID:2ZzNa20c
>>13

大変良い案だと思うけど、特定の病気(中には遺伝的なものも)にならないと使えない場合もある。

誰もがかかる可能性のある病気の実験に使えば良いって言うかもしれないけど、それだと(民間の)製薬会社にとって不公平になっちゃう。

国の研究機関だと問題多発する悪寒。
16: オーバーテクナナシー 投稿日:2007/10/15(月) 19:26:46 ID:ZnChbDC9
人が人を殺していい理由・・・
んなもん、論理的思考は存在しない
17: オーバーテクナナシー 投稿日:2007/10/16(火) 03:42:33 ID:u0logNFv
相手を殺さなければ自分が死んでしまう恐れがある場合相手を殺してもかまわない
刑法で言う緊急避難だが、これを拡大解釈すればそいつを殺さなければ社会が成り立たないとしたら死刑もやむを得ない、とならないか?
20: オーバーテクナナシー 投稿日:2007/10/16(火) 10:50:51 ID:jUbMJLwd
>>1って未来技術もなにも、つまり安楽死だよな。
21: オーバーテクナナシー 投稿日:2007/10/17(水) 12:34:50 ID:3SdGKADa
死刑宣告の終わった瞬間にゴルゴに遠くから狙撃してもらうしかないな。
23: オーバーテクナナシー 投稿日:2007/10/21(日) 10:03:25 ID:Oc1lIpcn
死刑囚には最大の恐怖と苦痛を。
なぜ軽減する?罰にならんではないか。


俺は上向きギロチンとか推奨するがね。自分の首を切り落とす刃が落ちてくるところをじっくり鑑賞させろよ。
25: オーバーテクナナシー 投稿日:2007/12/17(月) 01:16:58 ID:OF6UknDO
>>23
ギロチンは即死ではないらしいからな。恐怖と絶望を味遭う事になる。
29: オーバーテクナナシー 投稿日:2007/12/23(日) 23:44:13 ID:ZRb1Lugp
>>25
ギロチンって即死じゃないんだ。
頭切り落とされるから、多少のずれはあっても、かなり即死に近いんだと思ってた。

そう言えば、中国の公開処刑で、刀で首を切られ、痛みか恐怖でしかめた表情のまま、頭部がすーっと前方にずれてる写真があった。
30: オーバーテクナナシー 投稿日:2007/12/24(月) 00:47:19 ID:ojgSn1/3
昔ギロチンやる前に意識がある間にまばたきをしてくれと頼んだらギロチンしたあとも何回もまばたきしたそうだ。
首斬られても意識はまだあるということらしい
31: オーバーテクナナシー 投稿日:2007/12/24(月) 01:07:41 ID:BY8rEqUD
>>30
それは筋肉の痙攣説が強い。
断頭した瞬間、血圧が下がり意識を保てないはず。
32: オーバーテクナナシー 投稿日:2007/12/24(月) 02:02:30 ID:wURB1g3N
>>31
意識が無くても「ついさっきの約束を覚えていて」「瞬きを続ける」ことくらいはできるんじゃない?
脳はいくつかの部分に分かれているよ。
管理人より:ハイ、これ有名な都市伝説と言ってもいいでしょうが、正確に出展を知ってるひとは少ないのではないかと思います。実はオーギュスト・ヴィリエ・ド・リラダンというひとが書いた「断頭台の秘密」という怪奇短編小説が元ネタ。
ギロチンの刃が落ちる瞬間、わたしは死刑台のそばに立ち、真正面からきみを見ています。できるだけ早く、きみの首が死刑執行人の手からわたしにわたされる。そこで―――実験というものは単純であればあるほど、それだけで信頼のできる、決定的な結論をひきだしてくれるものです―――、わたしは、きみの耳もとで、はっきりこう言います。『ラ・ポンムレー君、生前の約束を覚えているなら、今この瞬間、左目を大きく開いたまま、右目のまぶたをつづけて三度、とじてみたまえ!
Le secret de l'echaufaud by Auguste de Villiers de L'Isle-Adam ヴィリエ・ド・リラダン「断頭台の秘密」←参考。

でですね、おそらくこの小説が元になって、当時フランス革命でギロチンにかけらることとなった化学者のラボワジェが、有人の医者ボーリューに↑のような実験を持ちかけられ…という伝説が生まれた模様。

この誰が得するのかよくわかんないムダ知識。お友達の間でそんな話題が出たときには、ゼヒともドヤ顔で自慢していただきたい。
24: オーバーテクナナシー 投稿日:2007/12/16(日) 23:59:34 ID:m04IzFWn
健康そうな死刑囚は、最期位役に立つように臓器、手足、目等、使えるものを死刑囚の物でも移植を希望する人に提供すればどうでしょうか。
これで、まともな心をもつ不自由な人を何人か救えるのだ。
俺が不自由だったら死刑囚の物でも移植を希望するよ。


問題は死刑執行する作業員の医療技術と負担だが。高額な手当てを作業員に支払ってやっても長期に渡って囚人を養うよりは金がかからないと思うけどな。
28: オーバーテクナナシー 投稿日:2007/12/23(日) 00:21:35 ID:tBb+3Xdc
>>24
中国でやってた
35: オーバーテクナナシー 投稿日:2007/12/24(月) 20:47:26 ID:kksCJDX3
ギロチンにせよ絞首刑にせよ、なんで寝てる間に殺さないのか理解に苦しむんだが。

なんで?
37: オーバーテクナナシー 投稿日:2007/12/24(月) 23:07:56 ID:BY8rEqUD
>>35
本人に死ぬほどの苦しみを与えることが目的の刑が死刑だから、そもそもスレタイが的を得ていない。
36: オーバーテクナナシー 投稿日:2007/12/24(月) 20:47:52 ID:nIF5pDbW
スレに反論しているようなもんだけどさ。
なんで、苦痛や恐怖を生まないっていうの、考えるんだろう?
残虐だから?


死刑って、お国が個人が復讐する権利というか意志を封じるためにあるんじゃないのかな?法律的にはどうなんだろう?
復讐の連鎖を封じて、社会を安定にするためにあるものって気がする。

そうだとするとさ、復讐しないで国に変わりにやって貰うとするなら、残虐な刑があっていいと思うんだ。
このスレのちょっと上に書いてあるけど、コンクリ殺人なんて、それこそ古代中国の残虐な刑をもってしても、親兄弟家族親類のみならず、この事件を知った人は適用して良いと思う人が大半何じゃないのかな。

だってさ。こいつらがのうのうと生きているのを聞いて、正義ってどこにあるんだろう?最低でもハムラビ法典だよなって思わない?おいらは思う。
公平に行こうよ。本当に。悪さをした奴は、それに応じたあるいは、もっと苦しみを与えて、地獄のような生き様を与えた上で、ゴミ屑のように殺さないと、ぜんぜん罪に見合わないと思う。
管理人より:一部生々しい内容が書いてあるのでウヘッ!となって削りましたけど、上の方に女子高生コンクリート詰め殺人事件(Wikipedia/閲覧注意!!!!!)の記述がありました。
38: オーバーテクナナシー 投稿日:2007/12/25(火) 00:19:42 ID:RS05WPUG
>>36
残虐すぎる刑罰は連鎖するんだよ。
AがBを残虐に殺す。国の役人CがAを残虐に殺す。
Aの身内A'が逆恨みしてCを残虐に殺す。
Cの身内がA'を残虐に殺す・・・最後は内戦になって国が滅びる。


アフリカの小さな部族のうち、家族を大事にし、仇討を行う風習のある部族は、上のようなことを繰り返してどんどん数を減らしていっている。
100年前はたくさん人がいたのにもう既に滅んでしまった部族もある。

犯罪者に罰を与える必要はある。
でも、残虐なのはダメだ。
残虐さは憎しみを生み、殺人は連鎖し、繰り返され、敵対し、内戦を生み、最後は国が滅ぶから。
39: オーバーテクナナシー 投稿日:2007/12/25(火) 01:08:32 ID:b8TAu6xT
江戸時代は放火は火あぶり、重犯罪は貼り付け(逆さ貼り付けは上下逆にするのではない)、さらし首など死罪に苦痛を上乗せしたり見せしめの刑もあったし、百叩き、手鎖など苦痛を与える刑もあった。

報復刑で有名なバビロニアも刑罰が原因で崩壊したわけでもないと思うが。
40: オーバーテクナナシー 投稿日:2007/12/25(火) 02:23:58 ID:n89cJkbe
>>39
>放火は火あぶり
木造建築物だらけの江戸で火付けなんかしたら、今で言うテロリストだろ。

>報復刑で有名なバビロニア
ダウト。
× 目には目を。歯には歯を(間違って広まった訳)
○ 目には目程度で。歯には歯程度で(正しい訳)

バビロニアは報復刑どころか、当時の行き過ぎた報復行為(の連鎖)を禁じ、同程度の報復までしか許さないという英断を下したという点で、画期的な過剰復讐禁止法だった。
管理人より:なんかそんな話しはチラホラと聞きますネ。ハンムラビ法典のありがちな誤用("March Rabbit's" Web site)によると、
確かに「目には目を」とは書いてあるけれど、それは同時に「『目には死を』ではない」ことも意味しています。つまり、これは単なる復讐の肯定ではなく、むしろ刑罰の上限を明文化することで復讐のエスカレーションに歯止めをかけるための規定なのです。また、続く条文ではこれら傷害に対して対価を以って賠償するという規定もあり、常に同害復讐を強制するものでもない。決して野蛮と囃し立てるようなものではないのです。
だそうです。上記ページには法文の一部引用もあります。
42: オーバーテクナナシー 投稿日:2008/04/19(土) 00:41:03 ID:FjsrSxbU
>>1
そういう死刑ならば現在の技術でも可能です。というか既に実現されています。

まず死刑に使うのは、塩化カリウム水溶液、これを血管に注射すると心臓が一気に停止します。
ですが、これを注射する際には痛みが伴うそうなので、完全な無痛状態にするには注射の前に麻酔が必要になります。
実際に日本でもどこかの医師がこれを使って末期がん患者の安楽死をやって問題になったことがあると記憶しています。

それで、そこから一歩進んだのが、自動自殺機械
オーストラリアの医師が開発した装置なんだそうですが、三つの点滴が接続された装置なのですが、あなたは自殺する意思がありますか?などの質問に答えていくと、生理食塩水や麻酔が順々に血管に入っていって最後の回答をおえると、麻酔で眠った後に塩化カリウムが、自動的に点滴されるというものです。
悪趣味な話なんですが、たしかyoutubeにこの装置使って死ぬ人の動画がアップされてたような?
汚い死に方じゃないです。本当に眠るように死ねるようです。
管理人より:なぜ痛みを伴うことがわかったんだろう…と考えるとなかなか怖い。

「ハイ、そいじゃ塩化カリウム注射しますよ、痛みもなく眠るようにあの世へGO!ですからね~、気を楽にしてくださーい」
…痛ッ!!いたたたたた、イタイタイタイ!ちょ先生!話しちg(ガクッ」
「(マジかよ…痛いのかよコレ…)」

ていうことなんでしょうか。スッキリしない死に方だ、これは…。
4.8追記:コメント欄で「タナトール」とか「マーシトロン」とかいう薬だと教えていただきました。前者はギリシャ神話の死を司る神様「タナトス」、後者は慈悲を意味する「mercy」からでしょうか。
44: オーバーテクナナシー 投稿日:2008/12/23(火) 17:57:02 ID:seaLjjUI
薬で思い出した
別のスレに書いてた人がいたけど、囚人に主観時間を延長する薬を投与して、懲役100万年(当人にとって)とかを実現する
それだけ時間があれば反省するんじゃないかな
96: nanasix& ◆FqZMW7ydAi2C 投稿日:2009/12/30(水) 10:05:11 ID:ioRXyZ/B
>>44
100万年は流石に長くないか?
てか死刑の際の数秒を長くなるようにすればいいんじゃない?
46: オーバーテクナナシー 投稿日:2008/12/24(水) 15:36:09 ID:WEQXHt3T
つか、普通に死刑にしろよ。100万年も苦しめるなんて常人の発想じゃないね。
本気でするつもりなら、俺はそいつに凶悪犯なみの邪悪さを感じるよ。


だいたい、ここでの反省ってどういう意味よ?
後悔するだけならだれでもするだろ。二度としないようになるっつうなら、100万年立とうが、後悔しようが、する奴はする。
だいたい、100万年なら当人も死刑でいい、と言うだろうよ。
舌かんで自殺する奴もいるんじゃね。
47: オーバーテクナナシー 投稿日:2008/12/25(木) 07:55:45 ID:Z1ptoPK1
>>46
100万年ぐらいで驚かんでくれよ。
仏教の八大地獄の中で一番刑期の短い等活地獄でも1兆6600億年だぜ?
そういう発想をする仏教徒は常人じゃないという意見かな。

上の方で書かれている婦女暴行殺人の犯人ならもっと刑期は長くなりそうだ。
仮想現実空間で地獄を実現しよう。
48: オーバーテクナナシー 投稿日:2008/12/25(木) 11:17:18 ID:P5J8OJXs
常人の感覚じゃないね。
だいたい宗教の話だろ。それが常人の話だとでも?
俺にいわせりゃ凶悪犯の感覚だね。

あんた、人に苦痛をあわせることが楽しいんだろ。

それに普通に死刑にしてりゃあいいだろ。何の問題がある?舌かんで自殺もさせないつもりか?
49: オーバーテクナナシー 投稿日:2008/12/25(木) 19:35:32 ID:4EXevZdl
>>48
まあ最近のお子ちゃまは地獄草紙なんか見たことないだろうから、こういう話にはショックを受けちゃうんだろうな。
キミのおじいちゃんぐらいの世代の日本人なら常識だったことなんだが。

第三者が見て楽しいかどうかは別に問題じゃない。
地獄の刑罰を受ける当人が心底反省すれば、自分が手にかけた犠牲者の苦しみを思い、自分が地獄で永劫の責め苦を負うことは当然の罰であり償いだと思うだろう。
その境地に到達して初めて罪人の心は救われる。
50: オーバーテクナナシー 投稿日:2008/12/26(金) 12:15:13 ID:5WPINtUM
>>49
そも俺は結構とし食ってるし、実際にあった残虐刑罰や拷問とか結構知ってるんだけど。その上での話。あんた本当に想像力がないんだな。

>こういう話にはショックを受けちゃうんだろうな。
ショックねえ。事実にあった知識としては多分あなたより知ってると思うがね。
俺がショックだったのは行為そのものよりもあんたのように正義の名の下に、平気でそういう残虐行為を肯定し、それを実行したがる人がいることかな。


意外と凶悪犯でもそういう人多いらしいぜ?新聞なんかで凶悪事件が起きると、それが自分とタイプの異なる事件だと激しい憤りを感じるとか言うらしい。
最近でも小泉とかそんなタイプだろう。まったく自分はさておいて笑わせるよなw。
管理人より:このあとも、ふたりは延々とくだらない罵り合いを続けてましたが、ごっそり省略。
51: オーバーテクナナシー 投稿日:2008/12/26(金) 13:23:33 ID:y1yRciED
ま、意味はないけどスレタイに沿って苦痛や恐怖を生まない死刑を考えてみる。
要は受刑者が自分が死刑になる、ということを知らないで安らかに往生すればいいわけで。

ということで、第一段階として裁判制度をちょっと変える。
つっても、ほんのちょっと変えるだけ。裁判の場に、被告を立ち会わせない。

証言が必要な場合は、別室に待機している被告に通話で聞く。自分の罪に対してどんな求刑が行われているかも知る事は出来ない。
機械的に弁護と検察と裁判官で処理される。
刑事裁判なら、どんな事件でも例外無し。

被告は別室にご案内。で、決まった時間にそれを告げられる。無罪でも同様。執行猶予でも同じ。
で、この部屋をガス室にする。


死刑判決が下った人間は速やかに意識をガスによって奪われて死刑執行。
そうでない場合はお迎えが来て、それぞれの刑に服す。無罪の場合はそのまま釈放。

まあ、完全に恐怖を消し去る事は不可能でも、かなり苦痛や恐怖は緩和されると思うなあ。
裁判に被告を立ち会わせないってのは激しく問題つう気はするが。
56: オーバーテクナナシー 投稿日:2008/12/26(金) 18:48:30 ID:rfqZ0R14
どうして苦痛や恐怖を生まない死刑が必要なんだ?
まあこの疑問は置いときマジレスすると、恐怖をわずかたりとも感じない死刑などありえない。
死刑執行が近づくまで恐怖を感じてしまう。

だからといって死刑判決を回避したと見せかけて暗殺するのも、法的に難しい。
死刑執行中に恐怖を感じないでおkなら眠らして銃殺。

そういえば死刑の歴史についての本に実在した残忍な死刑方法が書いてあった。
・石臼にはさんで体を徐々に轢き潰す。
・生きたまま皮を剥ぐ
・生きたまま腸を引き抜いていく
・逆さにつるしてケツの方から二人がかりの大のこぎりをひいていく

なんてのがあったな。
58: オーバーテクナナシー 投稿日:2008/12/26(金) 19:11:24 ID:pHZRnp4t
>>56

有名なところで、ノコギリ引きっつうのがある。
身動きできないようにして、通行人に自由にノコギリで引かせたそうな。
より苦痛がますよう、わざわざ切れ味の悪いノコギリをおいてあった。
それを局部とかにやったりとか。
もちろんかなりの苦痛だし、泣いて死をせがんだとも聞くが、まああまりやる人はいなかったらしい。
68: オーバーテクナナシー 投稿日:2009/01/04(日) 01:50:47 ID:j418fi+p
苦痛と恐怖を受けた挙句に殺される被害者と、苦痛と恐怖を伴わない死が待ってる犯罪者か。
この2者なら後者が勝ち組だな。
70: オーバーテクナナシー 投稿日:2009/10/25(日) 18:15:01 ID:N7WAPHjj
>>68
じゃあ加害者にバーチャルリアリティで被害者の苦痛をゆっくり味あわせてから、死刑執行ってことで。
72: オーバーテクナナシー 投稿日:2009/10/25(日) 22:24:15 ID:yqliV5ls
中国の移動式の死刑執行バスは、合理化にすぐれ、中国で言う人道的に配慮し、死刑は全身麻酔を先に投与し人ではなく物として解体処理される。
第三者に苦痛や恐怖を与えても、当事者は麻酔で永眠したところになるまでしか理解できない。


日本のように死刑判決がでて執行までが不明で精神的に恐怖を与えられる要素はないってこと。
74: オーバーテクナナシー 投稿日:2009/10/26(月) 18:33:56 ID:v0bSFl3s
ただ殺すのはもったいないから、人権を抹消して人体実験のマグロになってもらおうぜ。
そうすれば人類の進歩に貢献してもらえるよ。
最後に役に立つってもんだ。
76: オーバーテクナナシー 投稿日:2009/10/26(月) 20:30:36 ID:Md38sQyB
死刑になるその日まで毎日拷問すれば、絞首刑や電気椅子では苦痛や恐怖を感じなく出来るかも
92: オーバーテクナナシー 投稿日:2009/11/16(月) 22:00:27 ID:Xo5z2QYq
>>76
それがいい。
犯罪者にとっては死だけが苦痛からの開放であり恐怖から逃れる道となる。
あの世に旅立つボタンは本人がいつでも押せるようにしておけばいい。
スレタイ的にも正解だろこれで。
78: オーバーテクナナシー 投稿日:2009/11/01(日) 15:05:21 ID:GiaVBsvj
苫米地英人苫米地さんに頼んで洗脳して貰おう
死刑になるのって楽しくて気持ちいいよ」と
管理人より:苫米地さんは、警察庁長官狙撃事件で犯人のオウムの洗脳を解いたことで有名な脳科学者ですね。
79: オーバーテクナナシー 投稿日:2009/11/02(月) 18:08:40 ID:vUwpmTcU
死刑が怖くなくなるまで精神的な鍛錬を積ませる。
荒行フルコース。
80: オーバーテクナナシー 投稿日:2009/11/02(月) 18:14:07 ID:KmFwGqKa
死刑囚五十人くらいを合体させて、一体の巨大な死刑囚を作り、ウルトラマンに退治してもらう
81: オーバーテクナナシー 投稿日:2009/11/04(水) 18:05:14 ID:RvbPhwPj

ウルトラマンというかウィッカーマンを連想してしまう
巨大な人形に人間をたくさん押し込めて火をつけるってやつ

ウィッカーマン(Wikipedia)
ウィッカーマン (Wikipedia) ウィッカーマンの想像画(18世紀)ウィッカーマン(wicker man)とは、古代ガリアで信仰されていたドルイド教における供犠・人身御供の一種で、巨大な人型の檻の中に犠牲に捧げる家畜や人間を閉じ込めたまま焼き殺す祭儀の英語名称である。
(中略)
このような人身御供は、ガリアのローマ化によって絶えたと思われる。近世になって、ケルト人への関心の高まりとともに、ウィッカーマンは人々の好奇心をかきたて、(右の図のような)さまざまな想像画が描かれた。
43: オーバーテクナナシー 投稿日:2008/10/26(日) 13:00:58 ID:93XSf5tT
大量の麻薬と併用して超ハッピーな幻想を見ながら死ぬとか
71: うふふ~ 投稿日:2009/10/25(日) 18:22:27 ID:LnjM1C/7
綺麗なお花や可愛らしい人形に囲まれた中の、ファンシー死刑なら、死刑囚さんたちも怖くないカモ*^^*

刑務官「うふふ、コラコラ~、そろそろ執行の時間だゾ☆
死刑囚「アハハ、捕まえてごらんなさ~ぃ、ウフフフフ♪
刑務官「コイツぅ~!アハハハッ♥

ハイ、不謹慎ですね。
麻薬漬けにして云々というのは実際にあって、ミャンマーの麻薬密売ギャングの間では「快楽処刑」と呼ばれているそうです。
タイ・ミャンマー国境地帯の麻薬マフィア“快楽処刑”とは? 「ヨーロッパの阿片窟」が残した負の遺産(TOCANA)
いやーこれすごいですね。そんな管理人が↑で書いたようなファンシーな刑じゃあないというか、かなりヒドイようなのでリンク先閲覧注意ということでひとつヨロシク。

そういうわけで苦痛のない未来の死刑!という未来技術板のスレですが、法学+SFカテゴリーでの更新です。法学とSFがセットになるなんて、未来技術板は守備範囲が広い。
当サイトでは過去に というふたつのスレをまとめたことがあり、コメ欄でもなかなか盛り上がったわけですが、このスレでは優しさと人道に満ちたスレタイに反して、「いやいや苦痛や恐怖は必要だろ、それだと死刑の意味がない」という意見が思いのほか多かったですね。拷問だの荒行フルコースで死刑の恐怖自体を軽減するとか、なかなかの発想の逆転。ウーム、まぁそりゃそうかもしれんが…またスレタイ詐欺になってしまった…。

現在の日本の死刑は絞首刑ということになっていますが、具体的にどんな感じなんでしょうね。死刑には抑止効果も求められることですし、いっちょう書いておきますか。

死刑廃止と死刑存置の考察■死刑に関する制度について■死刑執行方法・死刑場
左サイドにチラホラと怖い写真が貼ってて、そういう演出はビクッ!てなるからマジでやめて…って思いつつ、コチラのページによると、 刑場地下1階刑場地下2階↑死刑会場はこのような感じだそうです。
首に縄を付けた状態で1階の刑壇に立ち、別室で3人の刑務官がボタン、もしくはレバーを下げる。3個のうち2個はダミーで、1個のみ通電し、パカッと床が開いて…という流れですね。昔は階段を登ったところの床が開く式だったと思いますが、現在はどうもこのようになっているそうです。
これね、イラストで書いてるからしごく爽やかな感じですが、写真でみるとめちゃくちゃ怖いんすけど…。 刑場写真 物言わぬ床という感じの。なんか別室には、
拘置所長・検事・検察事務官・総務部長・処遇部長・教誨師・医官などが待っている。
だそうですから、そこそこギャラリーもいる模様。いやーけっこう怖いですねー。こんな殺風景なとこで強制首吊りを強制されるなどゾッとします。これから凶悪犯罪を起こしちゃおうカナ…という計画をお持ちのドクターは、これを見て断念してくださることを祈ります。平和が一番ですからね、ええ、ええ。

トップ絵は「スターシップ・トゥルーパーズ3」で処刑寸前のジョニー・リコ(演じるのはキャスパー・ヴァン・ディーン)。実はこのあとこっそり救出され、素っ裸のガチムチ男女がゴニョゴニョして、マローダーにゴニョゴニョするんですが、気になる方は本編を!
このシリーズの世界では、プロパガンダあふれる未来の軍事独裁政権的なストーリーで、虫型のエイリアンと戦うわけですね。
政治犯の裁判も「死刑(カツーン)」の一言で終了ですが、執行方法は絞首刑ということで変わり映えがない。絞首刑が安上がりで効率良いのかもしれないけど、「人道的な処刑方法」なんていう言葉もまた矛盾がアリアリ。遠い未来には、死刑などが必要のない優しさに満ちた世界は来るのでしょうか。

スターシップ・トゥルーパーズ3 (1枚組) [DVD]
ソニー・ピクチャーズエンタテインメント (2011-04-06)
売り上げランキング: 36,924


元スレ:http://science6.2ch.net/test/read.cgi/future/1189793894/

人気サイト様 最新記事

博士ちゃんねる ヘッドライン

    • ※1 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2014.7.28 23:23
    苦痛がない死に方で思いつくのは、
    ソイレントグリーンのホームかなぁ。

    ただ、苦痛は必要。
    苦痛がなければ、死刑が自殺の一手段になってしまう。
    刑は犯罪抑止の一つの手段でなければいけない。
    最低でも自殺よりかは苦痛を与えないと。
    • ※2 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2014.7.29 9:58
    夜寝てる間にやればいいと思うんだけどな
    • ※3 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2014.7.29 10:46
    もっと科学が進んだら、犯罪者の記憶をすべて消して
    まっさらにした上で(罪が消えたわけではないので)労働奉仕を義務付けるってのは
    どうだろ。もちろん一般社会からは隔絶して地味な労働をして一生社会に奉仕させる。
    • ※4 :
    • 2014.7.29 14:14
    死刑執行後の冤罪はどうするのかね
  1. >ただ、苦痛は必要。
    >苦痛がなければ、死刑が自殺の一手段になってしまう。
    管理人個人は苦痛がなくっても別にいんじゃないかなーと思ってるんですけどね。
    犯罪を犯したとはいえ、自らの意思に反して命を奪われるわけだし、自殺とはちょい違う気もします。
    ただ、そこで問題になるのは被害者の遺族感情ですねぇ…。

    >夜寝てる間にやればいいと思うんだけどな
    不意打ちもまぁアリなんでしょうか。

    >科学が進んだら、犯罪者の記憶をすべて消して
    なぁーんで、オレって奉仕活動ばっかやらされてんだろ…なんにも悪いことしてないのに…ってならんですかね。笑
    でもおもしろいアイデアです。

    >死刑執行後の冤罪はどうするのかね
    死刑のゼヒを問う時、いつも出てくるテーマですよね。
    難しい問題だと思います。
    • ※6 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2014.8.6 21:58
    そもそも苦痛も恐怖も全くない死刑なら意味ないでしょ
    そんな楽に死ねるなら俺でも極悪犯罪人になるわ
    • ※7 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2016.4.8 14:40
    >>42確か「タナトロン」か「マーシトロン」って名前で意味は慈悲か死だった希ガス
    >>56「悪魔の翼」とかいう死刑法で、
    ①生きたまま背中に2つの切れ込みを入れる
    ②切れ込みから肺を引っ張り出す
    ③完成
    ってのがあったと思う
    • どーもありがとうございます。追記しておきました。

      >切れ込みから肺を引っ張り出す
      ギャー!めっちゃ痛そうw
  1. トラックバックはまだありません。


コメ欄での議論はおおいにけっこうですが、当サイトではドクター同士の罵り合いは禁止となっております。反論する際には、相手の意見・人格を尊重し、どうぞ冷静に。
*