人気サイト様 最新記事

博士ちゃんねる ヘッドライン

レスの強調ウゼェー!というドクターへ

レス内の強調表示をOFFにする コチラをクリックして切り替えてください。設定は30日間Cookieに保存されます。
現在のステータス:強調有効

なぜ我々は同曲異演盤を買い続けるのか? @ [クラシック板]


なぜ我々は同曲異演盤を買い続けるのか?
1: 名無しの笛の踊り 2013/08/26 02:55:18 ID:8udAXP1o
手垢の付いた名曲を何回も聴くよりも、
今までに聴いたことのない作曲家の作品を
優先して聴くべきではないのか?
6: 名無しの笛の踊り 2013/08/26 22:03:20 ID:ZitSJWP3
楽だからじゃね?

新規開拓するのは結構骨の折れる作業だし
8: 名無しの笛の踊り 2013/08/26 23:56:10 ID:hwZQzKFe
>>6
これなんだよなぁ
新しい曲聞くのは何故か疲れる
9: 名無しの笛の踊り 2013/08/27 00:18:33 ID:xul8lCcC
>>8
演奏する側も売る側もそれは同じでしょw
>>7
蛾っ
11: 名無しの笛の踊り 2013/08/27 06:16:58 ID:B1YEov/N
新しい作曲家、ジャンルの開拓ってやり始めると止まらなくなるから
クラシックに限定して聴く意味も考え直さなきゃいけなくなるし
結局好きな時代の知ってる作曲家掘り下げる方がラクだし楽しい
最近はネットでパブリックドメインの楽譜簡単に手に入るし、知らない作曲家とか、名前は知ってるけど曲は聴いたことないみたいなのを自分で弾いたりもしてるけど
13: 名無しの笛の踊り 2013/08/27 17:05:56 ID:xul8lCcC
>>11
お気に入りの作曲家がいて、もっと掘り下げたいと思ったとしても
自分で演奏しない、ただ聴くだけの人は
同じ曲しか録音されない場合、それを違った演奏で繰り返し聴くだけ
ということになりませんか? 
例えばべトベンなら交響曲ばかりで室内楽の分野はまだまだ少ないのでは。
マンドリンのための曲だってあるのに録音は少ないし認知度も低い。というように。
14: 名無しの笛の踊り 2013/08/29 02:07:16 ID:2ioA0w97
>>1
俺最近「できるだけ知らない曲を聴いていきたい」というスレを立てようかと思った
スレ立てしばらくできないからあきらめたけど

俺は最近できるだけ知らない曲、作曲家を聴いていってるな

同曲異演も楽しめるけどね
15: 名無しの笛の踊り 2013/08/29 02:29:12 ID:tYkJcuFm
古今東西、多く演奏・録音される作品には、それなりの価値があるんだよ。
16: 名無しの笛の踊り 2013/08/29 05:27:11 ID:pQCJ2/pN
最近生まれて初めてテレマンのアリアなる曲を聴いた
こんないい曲を今まで知らずくだらないブル5の同曲異演を何枚も集めてた
自分の愚かさに愕然とした
ゲオルク・フィリップ・テレマン (Wikipedia) ゲオルク・フィリップ・テレマン ゲオルク・フィリップ・テレマン(Georg Philipp Telemann, 1681年3月14日 - 1767年6月25日) は、ドイツの作曲家。
テレマンは後期バロック音楽を代表するドイツの作曲家で、40歳以降は北ドイツのハンブルクで活躍した。
管理人より:テレマンのアリアとはこの曲のことではないかと思います。
Georg Philipp Telemann - Piu del fiume da diletto
あと「ブル5」とはブルックナーの交響曲第5番かな…。
アントン・ブルックナー (Wikipedia) ブルックナー ヨーゼフ・アントン・ブルックナー(Josef Anton Bruckner, 1824年9月4日 - 1896年10月11日) は、オーストリアの作曲家。
18: 名無しの笛の踊り 2013/08/29 10:49:46 ID:2ioA0w97
テレマンはブロッケス受難曲を聴いたがよかった

最近はヘンデルのオペラ色々聴いてるがどれも傑作揃いでいいわ

色んな演奏集めるのは「この演奏こそこの曲の良さ分からせてくれるかも」という期待感じゃない?

正直聴いてあまり面白くないものほど集めてしまう傾向があると思う
ブル8とかゴルドベルクとか
ゲオルク・フリードリヒ・ヘンデル (Wikipedia) ヘンデル ゲオルク・フリードリヒ・ヘンデル(Georg Friedrich Händel, 1685年2月23日 - 1759年4月14日)は、ドイツ生まれでイギリスに帰化した作曲家。バロック期を代表する重要な作曲家の一人。彼は生涯の約3分の2をイギリスで過ごしており、イギリスでの活動歴が圧倒的に長いことから、英語名でジョージ・フリデリック・ハンデル(ハンドル、ヘンドル、George Frideric Handel)と呼び、イギリスの作曲家として扱うべきとする意見もある(少なくともイギリスではそのように扱われている)が、日本ではもっぱらドイツ名で知られ、ドイツの作曲家として扱われるのが通例である。
21: 名無しの笛の踊り 2013/08/29 12:39:11 ID:GKQWUjWz
え、好きな作曲家、好きな曲の演奏がどんどん溜まるんじゃないのか
嫌いな曲とかイマイチな作曲家のCDなんてほとんど買わない
最近は図書館やネットでメジャーな曲はほとんど聴けるし、自腹切って家のスペース割いてのCD購入はますますジャンル・作曲家・演奏家共に偏重気味
もう好きなもんしかない感じ
23: 名無しの笛の踊り 2013/08/29 17:29:30 ID:Q6I/WAvx
わかっちゃいるはずなんですが
ついバッハコーナーに…
25: 名無しの笛の踊り 2013/08/29 20:03:27 ID:wD3m7Rrw
まぁあれだな、ラーメン好きがいろいろな店を食べ歩くようなもんだろう
時には調味料たっぷりなカラヤン亭のを食べたくなったり
ステーキや金粉が乗ったストコ軒のを見てニヤニヤするような感じ
26: 名無しの笛の踊り 2013/08/29 20:09:37 ID:dIyHki2V
例え下手すぎワロタ
27: 名無しの笛の踊り 2013/08/29 21:38:57 ID:eVdbY4CK
ラーメンは同じ醤油でも差異を楽しみつつ味わうけど
多分心のどこかで自分の中心にピタッと的中する味を探し求めてる
演奏もそういう面があるな。

自分にとっての中心の盤が見つかると嬉しいがそれに執着し過ぎるのもどうかと思う
28: 名無しの笛の踊り 2013/08/29 22:07:22 ID:HQbFYkev
フルヴェンファンの人達なんて同曲同演を何枚も持ってるんだろうなw

で、ちょっと気になって自分のを探してみたら、最多は第九の7枚
(バイロイトの第九がEMIとORFEO版が被ってるだけで、あとは異演)
全然少ない方だろうな

最近は新規開拓志向だから同曲は買ってないけど
ふと見たら古楽器演奏の奴を持ってなかったから、また増えるかもしれんな
ヴィルヘルム・フルトヴェングラー (Wikipedia) フルトヴェングラー ヴィルヘルム・フルトヴェングラー(Wilhelm Furtwängler, 1886年1月25日ベルリン - 1954年11月30日バーデン・バーデン)はドイツの指揮者。作曲活動、ピアノ演奏活動も行った。
30: 名無しの笛の踊り 2013/08/29 22:15:00 ID:5K4ddu6i
ガチの古ヴェンファンは、バイロイト第九を別レーベルで11枚持ってるとか
得意げに言い出すからな
ああ言うのがクラ界の癌だわ
管理人より:「バイロイト第九」とは「バイロイト音楽祭」でフルトヴェングラーが指揮したベートーヴェンの交響曲第9番のことです。(たぶん
31: 名無しの笛の踊り 2013/08/29 23:01:07 ID:Ip2rRIzD
自分は同曲同演を買う趣味はないけど
結果としてかぶっちゃったことが何度かあって
聴き比べるとかなり違って聴こえることもあるから気持ちはわからないでもない
32: 名無しの笛の踊り 2013/08/29 23:42:17 ID:HQbFYkev
あぁすまん書き方が悪かったな
俺は特にフルヴェンでもないよ
フルヴェンで持ってるのはバイロイトの第九2種類だけ
他の5枚はカラヤンとかバーンスタインとかだよ

良かったらお前らも同曲異演を最多何枚持ってるか書いてよ
ヘルベルト・フォン・カラヤン (Wikipedia) カラヤン ヘルベルト・フォン・カラヤン(Herbert von Karajan, 1908年4月5日 - 1989年7月16日)はオーストリアの指揮者。1955年より1989年までベルリン・フィルハーモニー管弦楽団の終身指揮者・芸術監督を務め、一時期それと同時にウィーン国立歌劇場の芸術監督やザルツブルク音楽祭の芸術監督などのクラシック音楽界の主要ポストを独占して、圧倒的な権力を誇った。20世紀のクラシック音楽界において最も著名な人物のひとりであり、日本では「楽壇の帝王」と称されていた。
レナード・バーンスタイン (Wikipedia) バーンスタイン レナード・バーンスタイン (Leonard Bernstein, 1918年8月25日 - 1990年10月14日)は、ユダヤ系アメリカ人の作曲家・指揮者である。またピアノの演奏家としても知られている。アメリカが生んだ最初の国際的レベルの指揮者になり、ヘルベルト・フォン・カラヤンやゲオルク・ショルティと並んで、20世紀後半のクラシック音楽界をリードしてきたスター音楽家だった。
38: 名無しの笛の踊り 2013/08/30 00:13:27 ID:JbgOava6
同じ曲何十枚も買う奴は単なるコレクター意識
どうせろくに聴いてない
39: 名無しの笛の踊り 2013/08/30 00:17:27 ID:/J42mHn1
これ一枚と言うやつは大概頑固で了見が狭いタイプが多いけどなw
51: 名無しの笛の踊り 2013/08/31 09:41:12 ID:rOr44FhM
新しいのを聴いても直後に「耳直し」とか言ってまた古いのを出してきて聴く。
新しいのは買っても殆ど一度きりしか聴かれないが、愛聴盤の出番はなくならない。
ひょっとして俺は、愛聴盤を聴く機会を作るために新盤を買っているのかと..
53: 名無しの笛の踊り 2013/08/31 10:36:13 ID:xKNmik2B
どんなにいいパートナーでも、違うプレイをしたくなる。
新しいパートナーならいつものプレイでも満足できる。
54: 名無しの笛の踊り 2013/08/31 10:48:28 ID:hD1o/wEV
お前ら凄いな
俺なんて同曲異演は5枚程度が限界だわ。それ以上は食傷気味になる
59: 名無しの笛の踊り 2013/09/01 07:48:15 ID:+NuV3NOM
あれだよな。
だいたい一番最初に聴いた演奏が一番良く感じるもの。
しかし演奏する側は「他とは違う演奏」をするわけだから、
聴く側が「それを超える演奏」を探すのは、単なる徒労。
同じような演奏は二つと無いと思った方がいい。
管理人より:すごくよく分かる。
61: 名無しの笛の踊り 2013/09/01 17:56:31 ID:um2mRc1q
選択の余地がないほど種類のない曲が吉 新しい曲との出会いが最も楽しい
62: 名無しの笛の踊り 2013/09/01 18:01:08 ID:2tkeirlo
結局若い時に聴いたのが一番
63: 名無しの笛の踊り 2013/09/01 19:29:41 ID:KpC0W6qY
なら同曲異演盤は聴くなってことですね、分かります
初めに聴いた演奏を超えるものに出会った経験はないのか?
65: 名無しの笛の踊り 2013/09/01 20:56:14 ID:+NuV3NOM
>>63
聴くなとは言っていない。
「一つの物差し」で聴くな、とは言いたいかも。

どの指揮者や演奏家も個性があり、
また同じ曲でもオリジナルの解釈、演奏をするわけだから、
その一つ一つの個性を聴く側も受け入れていった方がいいのではないかと思う。
ナンバ-1を追い求めるな、オンリ-1を聴き分け、受け入れろ、といった所かな。

人にもよるけれど、同曲異演盤を買い漁る人って、
物凄い酷い言い方をすると、
「ナンバー1の女」を追い求めて、不倫浮気を繰り返す好色男に似てる。
66: 名無しの笛の踊り 2013/09/01 21:10:06 ID:I8/wbZir
曲を知るレファレンスとしてある程度おさえておいて
後は演奏会に行くのがクラヲタ基本なんじゃないかな?
>>65の言うように
音楽を女漁りと同列に見るならCDは付き合った女との記録に過ぎないだろうw
音楽と女は常に生きてる現前の物を楽しまなければw
69: 名無しの笛の踊り 2013/09/02 03:04:55 ID:2/ZmeECg
そうは言ってもしっくりくる演奏はあるだろ
いわゆる愛聴盤ってやつ

>>63ではないけど
初めに聴いた演奏を超えるものに出会った経験はないのかね
64: 名無しの笛の踊り 2013/09/01 20:11:31 ID:I8/wbZir
はじめは大抵カラヤンで
交響曲はチャイコとシベリウス以外は鞍替えしてるw
67: 名無しの笛の踊り 2013/09/01 21:32:34 ID:+NuV3NOM
一つの物差しだけで女を見て
「あの女を超える女が見つからない」とか言っている単細胞な男が嫌だ。
それから演奏に関しても、すぐ「駄演」「糞演」とか言う人も嫌だ。
録音できる演奏家や団体というのは一定のレベルに達しているからで
どの演奏も一定の価値が有るもの。
あとは個性があるだけで、それを判断するのは好みの問題なのに、
好みに合わない演奏をすぐ駄演という人には
「あんたの感性の幅が狭いだけ」と言いたい気持ちになってしまう。
そんな自分もそんなに幅が広いわけではないが。
68: 名無しの笛の踊り 2013/09/02 01:28:49 ID:svAI44ub
モテるわけでもないのに女に例えてるのが笑えるwww
管理人より:ちょwww
70: 名無しの笛の踊り 2013/09/02 07:38:04 ID:CW1gzdnd
超えるものに出会った経験あるし、愛聴盤もあるけど、
あくまで「自分にとっての」。
でも違う演奏は違う演奏で、それぞれ楽しんでいる。
71: 名無しの笛の踊り 2013/09/02 10:42:38 ID:jethCHDr
なんか、あまり話が噛み合ってないな
72: 名無しの笛の踊り 2013/09/02 11:21:36 ID:gmtVUKjN
>>71
クラヲタは人の意見をほとんど読まず
一方的に自分の言いたいことを言うのでよくこういうことが起きる

管理人も割りと同曲異演というのはよく聴くほうですが、好きなフレーズとか、他の演奏家だとどうやるのかなーというのは気になりますね。
一例をあげると、「クラシック音楽で最高の美しい旋律は? @ [クラシック板]」でも書いたように、チャイコンのカデンツァに関しては、少なくとも覚えてる限りでは、ヤッシャ・ハイフェッツ、アレクサンドル・デュメイ、アルテュール・グリュミオー、ダヴィッド・オイストラフ、シルヴィア・マルコヴィッチ、イツァーク・パールマン、アイザック・スターン、五嶋みどり、とそれぞれ聴いたことがあります。
管理人的にはデュメイが一番良かったです。(カデンツァの部分は
フルトヴェングラーと独墺マエストロの黄金時代 [DVD]
ニホンモニター株式会社ドリームライフ事業部 (2008-08-27)
売り上げランキング: 43,534


元スレ:http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/classical/1377453318/

人気サイト様 最新記事

博士ちゃんねる ヘッドライン

  1. ドクターのコメントをお待ちしております!

  1. トラックバックはまだありません。


コメ欄での議論はおおいにけっこうですが、当サイトではドクター同士の罵り合いは禁止となっております。反論する際には、相手の意見・人格を尊重し、どうぞ冷静に。
*