人気サイト様 最新記事

博士ちゃんねる ヘッドライン

レスの強調ウゼェー!というドクターへ

レス内の強調表示をOFFにする コチラをクリックして切り替えてください。設定は30日間Cookieに保存されます。
現在のステータス:強調有効

映画「バッドボーイズ2バッド」に学ぶブラックな英会話 @ [英語学習系独自まとめ]


映画「バッドボーイズ2バッド」に学ぶブラックな英会話 @ [英語学習系独自まとめ]
管理人@博士ちゃんねる
まぁあの、特にアメリカでは、会話に皮肉や罵り言葉がmust!というくらいてんこ盛りなものですが、学校ではそういうのまず教えませんからね。
映画を通して、up-to-dateな「きちゃない英語」も学ぼうじゃありませんか、という今回の企画。第3回です。
ウィル・スミス、マーティン・ローレンス主演「バッドボーイズ2バッド」より、ハワード警部との掛け合いシーンと、レジーのシーン、ふたつ取り上げます。
今回はどうしても全編のスクリプトが入手できず、あちこちで引用されてるものをミックスしてます。

ちなみに管理人は英語のスラングは苦手なので、「そこは違うよ」とか「こういう訳の方が良くない?」とかね、ありましたらどうぞコメント欄へ。DVD字幕も参考にしてますからそう大きく違わないはずですけどね…。
あらすじ
アメリカのフロリダ州にある都市、マイアミでは麻薬シンジケートによる麻薬の密輸が後を絶たないでいた。マイアミ市警の2人の刑事、マーカスとマイクは麻薬密輸ルート破壊のために麻薬の取引きが行われていると思われるKKKの集会に乗り込むも手掛かりは得られなかった。次に2人は麻薬王が現れるとの通報を受けて出動するが…
Wikipedia「バッドボーイズ2バッド」より
主な登場人物
マーカス・バーネットマーカス・バーネット
マイアミ市警、戦術麻薬捜査部隊「TNT」の隊員。マイクの相棒。家族思いでヨメさん激ラブ。マイクとは高校の時からの親友だけど、毎回命知らずのマイクに振り回されて命がいくつあっても足りないと感じている。
家族のためにもマイクとの相棒を解消して安全な書類仕事に転属願いを出しているが、なかなかマイクに打ち明けられずにいる。演じるのはマーティン・ローレンス。

マイク・ラーリーマイク・ラーリー
同じくTNT隊員。マーカスの相棒。金持ちの息子で女たらし、銃を持たせれば命知らずのナイスガイだが熱くなると周りが見えなくなることも。マーカスとは家族ぐるみの付き合い。
実はマーカスの妹(シド)とこっそり付き合ってるが、自分の女癖の悪さを快く思っていないマーカスになかなか打ち明けられずにいる。演じるのはウィル・スミス。
葬儀屋の前で警部に怒られるシーン
バッドボーイズ2バッド 葬儀屋襲撃バッドボーイズ2バッド 葬儀屋襲撃バッドボーイズ2バッド 葬儀屋襲撃バッドボーイズ2バッド 葬儀屋襲撃バッドボーイズ2バッド 葬儀屋襲撃バッドボーイズ2バッド 葬儀屋襲撃バッドボーイズ2バッド 葬儀屋襲撃麻薬王ジョニー・タピアの密輸手段の捜査で、どうも葬儀屋が怪しいとアタリをつけたふたり。
タピア所有の葬儀屋の車を追って大立ち回りを演じ、死体を撒き散らかしてのド派手なカーチェイスでも、証拠はあがらず…。
死体から内臓を抜き取って空にしているあたり、なにかを企んでいそうだが…。
Will Smith & Martin Lawrence - a word with Captainそれではスタート。まずは葬儀屋襲撃後の警部に怒られるシーンから。ちょっと英語字幕入ってますが、他にいい動画が見当たらなくて…。
マテオ・レイエス
マテオ・レイエス
Nice work. The more you guys fuck up, the more we look like rock stars.
よくやった。お前らがドジるほど、おれたちの株がますます上がるぜ。
fuck up…文脈によって様々な意味を持つ便利なスラング。この場合は「ドジをふむ」ですが、基本的には「なにかをメチャクチャにする」のような使われ方。
the more we look like rock stars…直訳すれば「おれたちゃますますロックスターみたいに見えるぜ」です。要するに「良い意味で目立つ」ということ。
マルコ・ヴァルガス
マルコ・ヴァルガス
The van you was chasing is a transport the morgue.
The John Does were being deliverd to the university for medical research.

お前らが追ってたバンはモルグへ搬送の最中だったそうだ。ホトケは研究のため大学へ送らるとこだったんだ。
morgue…「モルグ」「死体安置所」。サスペンス系では頻出する単語。
John Doe…「名無しの権兵衛」というほどの意味です。匿名の誰かを指す場合に使われます。
マテオ・レイエス
マテオ・レイエス
Nice going.
お手柄だな。
もちろん皮肉。
マテオとマルコはラテン系コンビでマイクたちの同僚。悪口仲間。
演じるのはそれぞれ、ユル・ヴァスケス、ジェイソン・マヌエル・オラサヴァル。
ハワード警部
ハワード警部
I can't believe you guys!
Do you both wake up in the morning, call each other up?

信じられんぞ、お前ら!朝起きてふたりで電話してたのか?
ハワード警部はマイクたちの上司。いつも無茶やるふたりにお小言ばっかり言ってるが、なんだかんだ言いつつ部下思いの良い上司。演じるのはジョー・パントリアーノ。
ハワード警部
ハワード警部
"Good morning, Mercus."
"Morning, Mike."
"How you doing?"
"A'ight."

「おはよう、マーカス」
「よお、マイク」
「調子はどうだ?」
「上々だよ」
A'ight…「All right」の略です。アメリカ人はよくこやって省略することがある。
ハワード警部
ハワード警部
"So how are we gonna fuck up the captain's life today?"
"Gee, I don't know."
"I don't know."

「そんで今日はどうやって警部を怒らせようか?」
「そうだな…」
「どうするかな…」
gonna…「going to」の省略。
fuck up…また出ました。ここでは「怒らせる」というほどの意味。
Gee…「jeez」なんて言ったりもしますが、「おやまぁ」とか特に意味のある言葉ではないです。「Jesus Christ(イエス・キリスト)」の略。オウ、ジーザス!
ハワード警部
ハワード警部
"Ooh, Look, Over there. Let's kill three fat peple and leave them on the street."
「おいアレを見ろよ。あのデブを3人ぶっ殺してそのへんに放り出しておこうぜ…」
マイク・ラーリー
マイク・ラーリー
Hey. They were dead before we ran over them.
ちょっと!こいつらはおれたちが車でひく前にもう死んでたんですよ。
ハワード警部
ハワード警部
It doesn't matter whether they were dead or not, GOD DAMN IT!
死んでたかどうかは関係ないんだ、チクショウが!
It doesn't matter~…「~は関係ない」。頻出するフレーズ。
god damn it…直訳すれば「神はそれを呪いたもう」。頻出の罵り言葉ですが、罵ってるということさえ理解すればいかように解釈してもOK。
ハワード警部
ハワード警部
Every time you leave a corpse on the street, I have to get these forensic coroner guys to come to see what happened.
お前らが道端に死体を捨ててくたんびに、検視官にわざわざ来てもらうことになる。
corpse…「死体」。軍団を意味する「corps」との混同に注意。発音は同じ。
forensic coroner…「検視官」。
ハワード警部
ハワード警部
Then I gotta get detectives, see? They're detecting shit.
そして彼らに検視をお願いするわけだ、わかるか?あれを見ろよ。
I gotta…「I have got to」の省略。「~しなければならない」
shit…「うんこ」のことですが、やはり罵り言葉。
ハワード警部
ハワード警部
Then I gotta get these forensic guys to stick them back in THE FUCKING BAG!
そしてホトケをまた戻すようにお願いしなきゃならんのだ、あのクソッタレの死体袋にだ!
ハワード警部
ハワード警部
JESUS CHRIST!!
カンベンしてくれよ!!
Jesus Christ…「イエス・キリスト」のことですが、やはり頻出の「なんてこった」的な罵り言葉。DVDの字幕では「神様 ホトケ様だ!」となっていて、なかなかうまい。この映画の字幕は林完治ですが、このひとはポイントは外さず、細部はうまいこと端折るような、とても良い仕事をする。なっちも見習うべき。
ハワード警部
ハワード警部
You guys, you're like...You're like a bunch of bloodsucking ticks, draining the life's blood out of this department.
お前らは…アレだ…まるで血に群がるダニだな!署の評判がガタ落ちだよ。
bunch…「群れ」
suck…「吸う」という意味ですが「sucker」という場合は基本罵り言葉。「cock sucker」だったりします。cockは男性器の俗称。ちなみにフ○ラのことは「blow job」。吸ったり吹いたり大変です。
tick…「ダニ」。時計のチクタク…の意味もあります。

後半部分は直訳するなら、「署から血を吸い取ってる」ということで前半部の「血を吸うダニ」とかかっていますが、ニュアンスとしてはこちら。
ハワード警部
ハワード警部
WHOOSAH!
ウーサー!!
映画では、マイアミ署の署員はセラピストから、「怒りを感じたら『ウーサー!』で落ち着きなさい」という謎のアドバイスをもらっています。
マーカス・バーネット
マーカス・バーネット
Damn the whoosah, captain. Did you just call me a tick?
ウーサーはいいけど警部、おれのこともダニだって?
ハワード警部
ハワード警部
I was referring to him.
今のはマイクに言ったんだ。
マーカスの家でレジーを脅すシーン
バッドボーイズ2バッド マーカスの家でレジーを脅すシーンバッドボーイズ2バッド マーカスの家でレジーを脅すシーンバッドボーイズ2バッド マーカスの家でレジーを脅すシーンバッドボーイズ2バッド マーカスの家でレジーを脅すシーンバッドボーイズ2バッド マーカスの家でレジーを脅すシーン葬儀屋襲撃の後で、マイクに相棒解消を告げるマーカス。
マーカスの家では娘のメーガンが初デートだということで、お父さん超ナーヴァスに。そこへ訪れるマイク。
相棒解消の件を再度確認するが、「家族のためだ」と言われれば返す言葉もない…。
バーネット一家の家族写真を見つめるマイク。ふと手元にある高校の卒業写真に気づく…。
Bad Boys 2 Reggieそれではスタート。まじめなシーンから一転してオフザケへ。
マイク・ラーリー
マイク・ラーリーWe ride together, we die together. Bad boys for life.
"We ride together, we die together. Bad boys for life."
「共に生き、共に死のう。おれたちは一生ワル友達」か…。
マーカス・バーネット
マーカス・バーネット
We're getting old, Mike. One of them young punks coming to take my baby out on her first date.
年食っちまったようだ、マイク。ガキがおれの娘の初デートで迎えに来たぜ。
punks…「ならず者」とかいうほどの意味です。パンクミュージックをやってそうなワルガキのような。
マーカス・バーネット
マーカス・バーネット
Who the FUCK are you?
なんだキサマは!?
この「5W+the fuck~」というのは実によく出てきます。荒っぽい感じの言葉…とはもはや言えないくらい日常的。「Whatta fuck is that!?(ありゃ一体なんだ!?)」のような。
レジー
レジー
Hi, Mr. Burnett. I'm Reggie.
どうもバーネットさん、レジーといいます。
レジーはメーガンのボーイフレンド。15歳童貞。演じるのはデニス・グリーン。
マーカス・バーネット
マーカス・バーネット
Watcha doin' here?
なにしに来やがった!?
Watcha…「What are you~」の省略。
レジー
レジー
I came to take out Megan.
メーガンを迎えに来ました。
マーカス・バーネット
マーカス・バーネット
WHAT!?
なんだと!?
レジー
レジー
I came to take out Megan.
メーガンを迎えに来ました。
マーカス・バーネット
マーカス・バーネット
How old are you?
歳はいくつだ?
レジー
レジー
I'm fifteen Mr. Burnett.
15歳です。
マーカス・バーネット
マーカス・バーネット
Motherfucker, you look thirty! Show me some ID.
クソッタレが、まるで30のツラだ!IDを見せろ。
motherfucker…直訳すれば「母親を犯す者」ですが、「けっこうひどい罵り言葉」と捉えていれば良いような…。
レジー
レジー
I don't have none on me.
持ってません。
マーカス・バーネット
マーカス・バーネット
You don't have no ID?
Get your ass up against that wall.

IDを持ってないだと?ケツを向け壁に手を付け!
バッドボーイズ2バッド マーカスの家でレジーを脅すシーンまるで犯罪者扱い…。
ass…「ケツ」。人に対して使えばこれだけでも罵り言葉になります。「ass hole(クズ)」というのも合わせて覚えておきましょう。元は「お前はケツの穴ほども勇気のない臆病者だ」とかそういう意味合いだったはずです。
マーカス・バーネット
マーカス・バーネット
What the fuck your problem? You think you know it all. Young Thundercats.
やましいことでもあんのか?一人前な顔しやがって、この泥棒猫が。
Thundercats…これちょっと調べたけどよくわからず、DVDの字幕を参考にしました。「フロリダ・サンダーキャッツ」というサッカーチームがあるんだそうですが、どうも違うような。大文字で始まってるからなんかの固有名詞だと思うんですけどねぇ。
マーカス・バーネット
マーカス・バーネット
You smoke that shit?
マリファナ吸うんだろ?
レジー
レジー
No.
いいえ。
マーカス・バーネット
マーカス・バーネット
You trying to get my daughter high?
YOU SMOKE THAT SHIT?

おれの娘をハイにしようってんだな?マリファナ吸うんだろ!
smoke…これだけなら「タバコを吸う」という意味ですが、ここでは「that shit」が後に続くので、もっと悪いモノ吸ってんだろ?という意味。つまりマリファナ。
レジー
レジー
No, sir.
いいえ、まさか。
マイク・ラーリー
マイク・ラーリー
Hey! Nigga, who that is at the door?
おい!誰か来てんのか?
もっとヤバイのがキタ…。
nigga…我々黄色人種を「モンゴロイド(Mongoloid)」と言ったりしますが、元は黒人を意味する「ニグロイド(Negroid)」から派生した黒人に対する蔑称。「negro」とも「niggar」とも。
差別用語なのですが、黒人同士で使用する場合はどうもOKみたいです。当然有色だからといって、我々も黒人に対して使ってはダメですよ!
マーカス・バーネット
マーカス・バーネット
It's Reggie.
レジーだ!
マイク・ラーリー
マイク・ラーリー
Who the fuck is Reggie?
なんだそいつは?
マーカス・バーネット
マーカス・バーネット
He came to take Megan out.
メーガンをデートに誘いに来たんだ。
マイク・ラーリー
マイク・ラーリー
What you want, nigga?
なんの用だ、テメェ?
レジー
レジー
I'm here to take his daughter out.
娘さんをデートに誘いに来ました。
マイク・ラーリー
マイク・ラーリー
What's your name?
名前は?
レジー
レジー
Reggie.
レジーです。
マイク・ラーリー
マイク・ラーリー
I heard the motherfucker say your name Reggie.
You taking Megan out? How old is you?

さっき聞いたよクソが。メーガンとデートだと?オマエいくつだ?
レジー
レジー
Fifteen.
15です。
バッドボーイズ2バッド マーカスの家でレジーを脅すシーン上から下までなめ回すように…。
マイク・ラーリー
マイク・ラーリー
Shit, nigga, You at least thirty.
クソっ、どうみても30だ。
マーカス・バーネット
マーカス・バーネット
This is Mike.
こいつはマイクだ。
マイク・ラーリー
マイク・ラーリー
Can you fight?
ケンカは?
レジー
レジー
Yeah.
はい。
マイク・ラーリー
マイク・ラーリー
You can fight? Motherfucker. You can't fight. Look at you.
ケンカできんのか、クソッタレが。お前にケンカなんか(脅すフリ)できるわけねぇだろ。
Look at you…頻出フレーズ。「自分で自分のことをよく見てみろ」ということですが、転じて「気をつけろ」になったり、「ふざけんな」になったり、「だいじょぶか?」になったり、いろいろ便利な言葉。
マーカス・バーネット
マーカス・バーネット
Hey, Mike..., Mike...
おい、マイク、マイク…
このへんふたりで同時に喋ってるせいか、正確なスクリプトが見つかりません。
マイク・ラーリー
マイク・ラーリー
I want to know if...
When somebody taking my niece out, I want to know if he can fight.
Somebody might come say something, the nigga can't fight, she can't go.

おれはただ…、コイツは姪っ子をデートに連れてくって言うんだぜ、ケンカができるかどうか知りてぇんだ。 誰かに言われるぜ、ケンカもできないニガーの彼氏だってな、姪が哀れだ。
niece…「姪」。ちなみに…、nephew=「甥っ子」、uncle=「叔父(伯父)」、aunt=「叔母(伯母)」となっています。父方か母方かで呼び分ける習慣はない模様。
マーカス・バーネット
マーカス・バーネット
This is Megan's godfather, okay? He just got out the joint.
コイツは(マイクを指して)メーガンの名付け親だ、いいな?ムショ帰りだ。
joint…正式には「継ぎ目」という意味ですが、俗語的表現では「いかがわしい場所」のようなニュアンスあり。この場合は「刑務所」。
マイク・ラーリー
マイク・ラーリー
Why you putting all my business in the street?
なんで余計なこと言うんだ?
business…「仕事」という意味もありますが、そこから派生して「筋合い」「事柄」「厄介事」なんていう意味も。重要単語ですね。

ここは直訳するならば「なんでおれの都合を全部通りに放り出してるんだ?」となり、日本語としては意味不明。
要するに「もうちょい気ぃつかってくれよ」→「ムショ帰りとかそういうことは言わんでいい」ということ。(たぶんね)
マーカス・バーネット
マーカス・バーネット
They call him...
こいつは人呼んで…
マイク・ラーリー
マイク・ラーリー
I got out of jail. I ain't going back! I ain't going back!
ムショには戻らねぇ!絶対にだ!ムショには戻らねぇぞ!(銃を出して振り回す)
バッドボーイズ2バッド マーカスの家でレジーを脅すシーンまるで会話のキャッチボールのできないマジキチを演じるマイク。
マイク・ラーリー
マイク・ラーリー
What's wrong with you? You acting all scared. You ain't seen a gun before?
なんだ?ビビってんのか?銃は見たことないか?(レジーに銃を向ける)
バッドボーイズ2バッド マーカスの家でレジーを脅すシーン
What’s wrong with you?…通常は相手を気遣うときの常套句で「どうしたの?」「なにか心配事でもあるの?」。でもここではもちろん「文句あっか?」的な意味。
scare…「恐れさせる」「怯えさせる」。英語では感情にまつわる動詞は、かならず(かな?)他動詞ですね。
マーカス・バーネット
マーカス・バーネット
Stop pointing the gun at the boy.
子供に銃を向けるのはやめろ。
マイク・ラーリー
マイク・ラーリー
Nigga look, don't you disrespect me in front of company.
オイ、人前でおれを侮辱すんのはよせよ。(マーカスに銃を向ける)
バッドボーイズ2バッド マーカスの家でレジーを脅すシーン
ここでいうlookは特に意味のない言葉というか、語感を調整するために挿入される感じ。相手の注意を少し引きたい時とか。
company…「仲間」「連れ」「取り巻き」など。軍隊では「中隊」の意味も。
マーカス・バーネット
マーカス・バーネット
A'ight, let the gun go off!
わかったから銃はしまえ!
マイク・ラーリー
マイク・ラーリー
Nigga, you a big, tall, Ludacris-looking motherfucker, ain't you? You rap?
お前、でっけぇリュダクリスに似てんな、クソッタレが。ラップはやるか?
リュダクリスリュダクリスはアメリカのヒップホップシンガー。言われてみれば似てる。
レジー
レジー
No.
いいえ
マイク・ラーリー
マイク・ラーリー
Move nigga get out the way, if I see you on the highway, get the fuck outta my way...
♪失せろ、ニガー、道開けろ、ハイウェイで見かけたらキサマのツラふっ飛ばして…
バッドボーイズ2バッド マーカスの家でレジーを脅すシーンやっぱり銃は向ける。
マーカス・バーネット
マーカス・バーネット
Hey, Mike!
おい、マイク!
マーカス・バーネット
マーカス・バーネット
Now, listen. Have my daughter home at 10:01. If she ain't home at 10:01 I'm in the car, okay?
いいかよく聞け、10時1分までに娘を家に帰せよ。ちょっとでも遅れたら車を出すぞ、いいな?
マーカス・バーネット
マーカス・バーネット
Look, loaded and hunting your motherfucking ass down. Do you hear me? DON'T FUCK UP, REGGIE!
銃に弾込めてキサマの汚ねェケツにブチ込むぞ。聞こえてんのか?おれをナメんなよ、レジー!
load…動詞の場合は「積載する」という意味ですが、「(銃に)弾丸を装填する」「(心労で)悩ませる」「(コンピューターデータを)メモリに展開する」などの意味も。Now Loading...←コレですよ?
マイク・ラーリー
マイク・ラーリー
And I'm there, you know what it's going to be? Chitty Chitty Bang Bang, nigga. That's what it's gonna be.
おれが一緒に行くぜ。どうなるか分かるか?チキ・チキ・バン・バンだぜニガー、そうとも。
管理人より:「チキ・チキ・バン・バン」は昔のイギリスのファンタジー映画で、ナイトライダーのハシリみたいなやつ。ここでの意味は不明ですが、銃を振り回しながら言ってるので、「(デートを)めちゃくちゃにしてやんよ」くらいの意味かも。
テレサ
バッドボーイズ2バッド マーカスの家でレジーを脅すシーン
Marcus!
マーカス!!
バッドボーイズ2バッド マーカスの家でレジーを脅すシーンカーチャンのテレサとメーガン登場。やっべぇーという表情のふたり。
テレサ
テレサ
Reggie, baby, I am so sorry. Forgive Megan's dad and his silly friend.
レジー、ごめんなさいね。メーガンのパパとそのアホ友達を許してね。
テレサはマーカスの嫁さん。演じるのはテレサ・ランドル。
マーカス・バーネット
マーカス・バーネット
You a virgin?
(レジーにヒソヒソと)童貞だろうな?
レジー
レジー
Yes.
はい。
マーカス・バーネット
マーカス・バーネット
Keep it that way. Ain't gonna be no fucking tonight.
そのままだ。今夜はファックなしだぞ。
テレサ
テレサ
Baby, the red shirt's nice. You guys have a good time.
その赤いシャツ素敵ね、ベイビー。楽しんで来てちょうだい。
マイク・ラーリー
マイク・ラーリー
You ever made love to a man?
(レジーに)男とアレしたことあるか?
make love…セックスの婉曲的な表現。「make love with~」で「~とセックスする」です…がここで使われてるのは「to」です。一方的に「アッーーー!」な感じのアレをゴニョゴニョするイメージだと思う。
なぜ「make」ではなく「made」なのかというと、頭の「Have」が(「Do」ではなく)省略されています。いわゆる過去完了形です。こういう省略はすでに何個も出てますが、イチイチ解説してたらキリないのでここだけ。
レジー
レジー
No.
いえ。
マイク・ラーリー
マイク・ラーリー
You want to?
してみたいか?
レジー
レジー
No, sir.
…いいえ。
マイク・ラーリー
マイク・ラーリー
Hey, have a good time, baby.
(メーガンに)楽しんでこいよ、ベイビー。
マーカスの家の前で
バッドボーイズ2バッド マーカスの家の前で
That was cool.
おもしろかったぜ
So you ready to bust this case open?
準備いいか?この事件をさっさと終わらせようぜ。
…というわけで、シドの件と、コンビ解消の件で、ギクシャクしてたふたりも、レジーをダシにしてすっかり仲直り。
麻薬王ジョニー・タピアを追い詰めるべく、夜の葬儀屋へと潜入捜査を開始するのであった…。
ふたりはタピアを追い詰めることができるのか?気になる方は本編を!

ちなみに主演のウィル・スミスは「フレッシュ・プリンス」という名前で歌手活動もしています(ヒップホップ)。グラミー賞を受賞したこともある実力派シンガーです。
相棒のマーティン・ローレンスはコメディ映画の良作にちょいちょい出てますね。「ブルー・ストリーク」という99年の映画が、管理人はとてもお気に入り。目立たないけど良い作品です。

そういうわけで「映画に学ぶ英会話シリーズ」第3回でした。
「バッドボーイズ2」は1から引き続きマイケル・ベイ監督。この監督は頭を空っぽにして観る映画を撮らせると、なかなかうまい。
この映画も彼の監督作品の例にもれず、ノリがよくって、お笑いもあり、アクションシーンが凝ってて、お色気もちょっぴりある、という、いかにもハリウッドらしい映画。
こちらにおいでのドクターの肌にあうかどうかはわかりませんけど、誰が見ても普通に楽しめる感じでしょうか。

この後にですね…、 Bad Boys 2 - Funniest Part Marcus High off Drugs [HD]葬儀屋に侵入して証拠をつかみ、間違ってドラッグ飲んでしまったマーカスがやたらとハイになるシーンとかも、おもしろいんですが、ここまでやると長くなるので削りました。
今回扱った動画だって計4分くらいなんですが、英文を書き起こすなり、コピペしてくるなりして、実際のシーンと聴き比べておかしいとこを直し、翻訳し、解説つけて、何度も読みなおして校正…てやると膨大な時間がかかるので、あまりしょっちゅうはできません。ええ。

次回はこの調子でいくと、そろそろ恋愛映画を扱う予感ですが、まだ未定です。
なんか毎回テーマを決めてからやりたいですねー。では次回をお楽しみに!

バッドボーイズ 2 バッド [DVD]
ソニー・ピクチャーズエンタテインメント (2009-06-03)
売り上げランキング: 10,998

関連記事:

元スレ:----

人気サイト様 最新記事

博士ちゃんねる ヘッドライン

    • ※1 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2015.4.9 16:07
    ご苦労様です。とても面白かったです。
  1. トラックバックはまだありません。


コメ欄での議論はおおいにけっこうですが、当サイトではドクター同士の罵り合いは禁止となっております。反論する際には、相手の意見・人格を尊重し、どうぞ冷静に。
*