人気サイト様 最新記事

博士ちゃんねる ヘッドライン

管理人からのお知らせ

6/22くらいまで不定期更新となります。更新できたらします。(「行けたら行く」みたいなアレで)

レスの強調ウゼェー!というドクターへ

レス内の強調表示をOFFにする コチラをクリックして切り替えてください。設定は30日間Cookieに保存されます。
現在のステータス:強調有効

歴史上の妙な死に方を集めるスレ Part3 @ [世界史板]


歴史上の妙な死に方を集めるスレ Part3 @ [世界史板]
158: 世界@名無史さん 投稿日:2009/10/19(月) 12:30:06
エドヴァルド・ムンク エドアルド・ムンク

1944年1月、オスロのゲシュタポ本部への英空軍機による爆撃のとばっちりで、アトリエの窓ガラスが割れ、寒気による肺炎のため死去
叫び(エドヴァルド・ムンク)
管理人より:例の「叫び」で有名な画家。まぁムンクは生まれつきひどく病弱だったと言われていますね。
159: 世界@名無史さん 投稿日:2009/10/19(月) 12:36:00
フィリッポ・トンマーゾ・マリネッティマリネッティ(伊詩人・未来主義の創始者)

1942年、反ボルシェビズム義勇兵として、東部戦線に従軍したことが原因で体調を崩し、1944年クリスマスに死去
174: 世界@名無史さん 投稿日:2009/10/21(水) 05:05:22
>>158
それ以前にも、ムンクは痴話喧嘩の果て愛人に銃で撃たれて、指を吹っ飛ばされて死にかけた事もある。

>>159
マリネッティは1876年生まれだから、志願して従軍したときは、60才を越えていたそうな。

シュリニヴァーサ・ラマヌジャンインドの天才数学者ラマヌジャン
嫁姑戦争の調停に疲れ果て衰弱して病死
160: 世界@名無史さん 投稿日:2009/10/19(月) 22:31:39
ジョゼフ・シャリエ革命期リヨンのシャリエ
ギロチンが効かない!!
管理人より:「リヨンの反乱」を起こした、ジャコバン派の革命家ジョゼフ・シャリエのこと。彼は3回に渡ってギロチンで首が落とせず、結局最後は死刑執行吏が短刀で切り離したそうです。有名なエピソード。
161: 世界@名無史さん 投稿日:2009/10/19(月) 23:10:05
グレン・ミラーグレン・ミラー(スウィングジャズの巨匠)

1944年クリスマスコンサートをパリで行うため、軽飛行機でドーバー海峡を横断中、悪天候のため爆撃を取りやめた英空軍のハリファックス爆撃機隊が捨てた焼夷弾を受けて墜落死したと言われている。
管理人より:諸説あって定かではない模様。前の晩娼婦と一緒にいたところを目撃されており、腹上死を隠すためという説も。グレン・ミラーという名前は知らなくてもこの曲は誰もが知ってると思います。 Glenn Miller - In The Mood [HQ]
164: 世界@名無史さん 投稿日:2009/10/20(火) 11:52:39
聖エラスムス聖エラスムス(セント・エルモ)
腸を巻き上げ機で引きずり出されて殉教、のち船乗りの守護聖人になる

古代の殉教聖人は妙な死に方してるのが多い
まあ伝説だろうけど
管理人より:船乗りが道に迷ったとき、聖エラスムスに祈りを捧げると、どこからともなく鬼火が現れて導いてくれる、という伝説があります。(セント・エルモの火と呼ばれる)

聖フリデスワイドちなみに管理人の誕生日の守護聖人は「聖フリデスワイド」という女性の聖人(聖女)。彼女に象徴される花は「ハルシャギク」。花言葉は「学術(Science)」ということで、学問の守護聖人です。きっとこのブログは聖フリデスワイドに祝福されてるに違いありません。(キリスト教徒じゃないけど)
166: 世界@名無史さん 投稿日:2009/10/21(水) 00:15:38
聖ドニキリスト教聖人を言い出すときりがないなー
斬首された後、自分の首を持って6km歩いたという聖ドニの生命力にはあやかりたい
168: 世界@名無史さん 投稿日:2009/10/21(水) 01:20:55
>>166
七町念仏も真っ青だな
167: 世界@名無史さん 投稿日:2009/10/21(水) 00:21:46
落語みてえだな
管理人より:どっかで書いたかもしれませんが、聖人として列せられるには、生前に3回、死後2回の奇跡を起こさなくてはならないそうです。この死後2回の奇跡がなかなか難易度が高い模様で、法王庁には「奇跡認定局」というのがあります。
また、規定回数に満たないが死後奇跡は一応起こしてるひとに関しては、聖人よりワンランク下の「福者」というのもあります。もっとも分かりやすく、かつ一般的で、誤魔化しやすくもありそうな死後の奇跡は「死体が腐敗しないこと」。

落語云々は恐らく「首提灯」のこと。 落語 「首提灯」 三遊亭圓生「ハイ、ごめんよ!ハイ、ごめんよ!ハイ、ごめんよ!」管理人は落語好きです。
137: 世界@名無史さん 投稿日:2009/10/09(金) 22:53:21
憤死・頓死って具体的にどういう死に方なの?
139: 世界@名無史さん 投稿日:2009/10/09(金) 23:52:31
狂死ってのもイマイチわからんな
151: 世界@名無史さん 投稿日:2009/10/16(金) 12:59:04
憤死=鼻血多量死?
152: 世界@名無史さん 投稿日:2009/10/16(金) 13:39:45
脳溢血じゃないかと。

イナルチュクイナルチュク
ホラズム帝国の将軍で、モンゴルの商隊を密偵の疑いで殺して金品を奪う。それが理由でモンゴルが来襲した。
チンギスに捕らえられて耳目に溶けた銀を流し込まれて死亡。
154: 世界@名無史さん 投稿日:2009/10/18(日) 09:43:32
>>152 ひぎいぃぃこういう状態か?
155: 世界@名無史さん 投稿日:2009/10/18(日) 21:18:06
全然違うだろw
157: 世界@名無史さん 投稿日:2009/10/19(月) 10:25:27
ロベルト・シューマンフリードリヒ・ニーチェヴォルフガング・アマデウス・モーツァルト
狂死と聞いて思い出すのはシューマン(梅毒)とかニーチェ(脳腫瘍?)だのー

モーツァルトは超有名人だったのに遺体が行方不明になってるのは妙だ
163: 世界@名無史さん 投稿日:2009/10/20(火) 07:09:30
ヨーゼフ2世>>157
マジレスすると、ヨーゼフ2世が墓分の土地を惜しんで、何人もの死体を一ヶ所にまとめて埋葬するという法律作ったから
その時期に亡くなったモーツァルトは他の一般人と一緒に一度に埋葬された。
だから行方不明なの。
170: 世界@名無史さん 投稿日:2009/10/21(水) 04:15:44 ID:z49AECf80
オカルト板「死に方が悲惨な有名人」(にくろぐ。)
11 名前:本当にあった怖い名無し[sage]投稿日:2006/01/28(土) 18:01:47 ID:z49AECf80
アントン・ヴェーベルン音楽家のヴェーベルン
タバコを吸おうとしたが、孫に煙がかかるのを恐れ、戸外に。
戦時中だったため、タバコの火を合図と勘違いした兵隊に狙撃されあぼーん
イサドラ・ダンカン舞踏家のイサドラ・ダンカン
スカーフが車の車輪に巻きつき転倒、惨死しますた。
16 名前:本当にあった怖い名無し[sage]投稿日:2006/01/28(土) 20:32:17 ID:mz8URe4sO
ヴィック・モロービッグ・モロー
映画のロケ中、落下してきた撮影ヘリのプロペラに巻き込まれて死亡。
171: 世界@名無史さん 投稿日:2009/10/21(水) 04:17:06 ID:l+s2CLQk0
299 名前:本当にあった怖い名無し[sage]投稿日:2006/02/07(火) 23:04:45 ID:MKWRDOkH0
レーサーの死は悲惨なのがあるな。
ヘルムート・コイニクガードレールの下をくぐって首が取れたのはコイニグだっけ。
フランソワ・セベール空中に跳ね上げられた後ガードレールの上をスライドして股から首まで裂けたのはセベール。
ヘンリ・トイヴォネントイボネンはコースアウトして立ち木に激突炎上して焼死。
横山は跳ね上げられた車体がブリッジに激突して車体は粉々に。全身の骨が砕けた。
696 名前:本当にあった怖い名無し[]投稿日:2006/02/22(水) 23:30:26 ID:cD5IQMTn0
シルヴィア・プラスマイナーだけど詩人のシルヴィア・プラス。
熱したオーブンに頭を突っ込んで自殺。
172: 世界@名無史さん 投稿日:2009/10/21(水) 04:18:14 ID:kE6fnxvC0
745 名前:eternal[sage]投稿日:2006/02/26(日) 22:41:26 ID:kE6fnxvC0
>>744
ルペ・ヴェレスハリウッド女優ルペ・ベレスですね。
1944年便器に顔をうずめてしぼんぬ。
1908年メキシコ生まれ。ハリウッドに上京し映画「ガウチョ」でデブー。離婚騒動を引き起こすなど勝手気ままで嫉妬深い正確からやがて華やかな生活からB級喜劇映画専門の女優に落ちぶれる。

しかし過去の栄光を忘れられない彼女は返す当てのない借金を繰り返し、豪勢な生活を送る。
ある新進男優の子を身ごもったが相手は中絶を要求。
おなかの子を殺すくらいなら自分が死のうと決心し、友人を呼び寄せ、数十本のキャンドルに火をともし最後の大見得をはってパーティを行った。

豪勢な晩餐を開いたその夜、掌いっぱいほどの睡眠薬を飲んでベッドに入った。しかし途中で嘔吐したため氏に切れず、そのまま苦しみながらトイレまで張っていき、便器で溺死した。
したいとなった彼女には細身の美人で売り出した当初の面影はもうなかった。
最期の言葉は、「人生に疲れた。戦うのはもう、うんざり。メキシコでの子供時代からずっと戦い続けだったから。」だったという。

このケースは、溺死はどこでデモできるということと、薬による自殺の典型的な失敗例を見せてくれた。
完全自殺マニュアル参照。
173: 世界@名無史さん 投稿日:2009/10/21(水) 04:43:40
マリ・キュリーキュリー夫妻
マリ・キュリー…放射線被曝による白血病
ピエール・キュリーピエール・キュリー…辻馬車と荷馬車に挟まれて死亡

なんという近代的な死に方前近代的な死に方
同時代人とは思えない
176: 世界@名無史さん 投稿日:2009/10/22(木) 01:11:39
ジャン=バティスト・リュリバロック時代の名作曲家リュリ
当時は指揮棒というものがなく、杖で床を叩いてリズムをとっていた

国王に好かれ、派手好きだった彼は、自分の杖に数々の飾りをつけてゆき、その杖はどんどん重くなっていった

ある時、演奏中に重たい杖でドンドン床を叩いていると、誤って自分の足を直撃してしまい、その傷が元で死んでしまった
182: 世界@名無史さん 投稿日:2009/10/23(金) 20:03:35
マイケル・ロックフェラーロックフェラーの子供が、ニューギニアで人食族に食われたいうのもある

日本でも宮古島民が、台湾で人食族に襲われたのが台湾出兵の原因になってる
184: 世界@名無史さん 投稿日:2009/10/24(土) 22:57:52
ロックフェラーは単なる行方不明じゃねーか。
185: 世界@名無史さん 投稿日:2009/10/25(日) 23:20:34
食尽族がロックフェラーの服を着ていたことから推測するとって話しだったはず
183: 世界@名無史さん 投稿日:2009/10/23(金) 20:37:47
スカトロ男爵

うんこの食べ過ぎで死亡
管理人より:ハイこれはウソですね。「スカトロ」というのは、ギリシャ語で糞便を意味する「σκωρ(スカール)」が由来の英単語「Scatology(スカトロジー/糞便学)」から来ています。
なんてタメになるブログだ…。笑
193: 世界@名無史さん 投稿日:2009/10/30(金) 17:25:49
フェリペ3世スペイン王フェリペ3世

暖房にしてた火鉢が熱くなってきたけど、どけてくれる人がいなかったので死亡
194: 世界@名無史さん 投稿日:2009/10/31(土) 03:49:12
武王秦武王
趣味の鼎の持ち上げによる力比べ中、失敗して骨折→重症で死亡
ついでにその場にいた趣味仲間の力士は族滅

商鞅そういえば商鞅は死後車裂きにあったんだっけ。自分の定めた法で、のくだりから生前だと思ってた
195: 世界@名無史さん 投稿日:2009/11/02(月) 22:33:24
ジャン=フランソワ・ピラートル・ド・ロジェピエール=アンジェ・ローマン
ピラートル・ド・ロジェおよびジュール・ローマン
水素ガス気球と熱気球を組み合わせてドーバー海峡横断を試みたが、当然の如く気球は上空で爆発し両名死亡。人類初の航空事故である。

彼らの着想は、現代では不燃性のヘリウムガスを加熱する「ロジェ気球」として実用化されているが、当時水素を使用したことはあまりにも無謀であったといえる。
管理人より:フランス語版記事しかないけど、「ジュール・ローマン」ではないですね。「ピエール=アンジェ・ローマン(Pierre-Ange Romain)」です。
197: 世界@名無史さん 投稿日:2009/11/04(水) 19:30:25
>>195
当時は水素の危険性が十分に認識されていなかったのだろう。
ヘリウムはまだ発見すらされていなかったし。

飛行イベントに使う水素気球を花火で飾り、事故死した女性飛行家もいた。 ブランシャール夫人の死合掌。
ソフィー・ブランシャール管理人より:八方調べまわった結果、花火の女性はソフィー・ブランシャールと判明。気球乗りのジャン=ピエール・ブランシャールの奥さんだそうです。
198: 世界@名無史さん 投稿日:2009/11/04(水) 20:14:36
レフ・トルストイ大文豪トルストイ
女房と喧嘩して家出 → 一週間後遺体で発見される
201: 世界@名無史さん 投稿日:2009/11/05(木) 22:34:25
宋の湣公(春秋時代・生年不明~紀元前682)

家臣の南宮万とゲームをしていた際に(恐らく囲碁ではないかと言われる)勝負の事でむかっ腹を立てて「お前なんか魯の捕虜になったくせに」などと暴言を吐いたため、怒った南宮万に遊戯盤で撲殺される。

ゲーム中の口喧嘩が元で殺され、しかもそれを史記に載せられて後世に伝えられるという情けない死に方であった……
210: 世界@名無史さん 投稿日:2009/11/08(日) 14:33:16
島崎鷄二島崎鷄二(1907-1944)

島崎藤村の次男。画家として将来を嘱望されたが軍属として応召。
昭和19年10月10日、ボルネオ沖で搭乗していた飛行艇が不時着水した際、機内に画材を取りに戻り溺死。
212: 世界@名無史さん 投稿日:2009/11/08(日) 15:58:44
リチャード1世リチャード1世
当時残虐な平気として忌避されていたクロスボウの使用を推奨してたが自分がクロスボウに打たれて死亡
177: 世界@名無史さん 投稿日:2009/10/22(木) 03:51:51
ダーウィン賞(Wikipedia)
ダーウィン賞(ダーウィンしょう、英: Darwin Awards)は、進化論者であるチャールズ・ダーウィンにちなんで名づけられた皮肉の「名誉」であり、ダーウィン賞は、愚かな行為により死亡する、もしくは生殖能力を無くすことによって自らの劣った遺伝子を抹消し、人類の進化に貢献した人に贈られる賞である。
  • 手榴弾でジャグリング[5](クロアチア、2001)
  • 火薬庫にタバコを捨てる(フィリピン、1999)
  • パラシュートを着用せずスカイダイビング[6](アメリカ、1987)
  • ライターを使い、銃口を覗き見るための明かりを得ようとする[7](アメリカ、1996)
  • 燃料が無いことを証明しようとして、ガソリンタンクに火をつける(ブラジル、2003)
  • 45口径の自動拳銃を使い、ロシアンルーレットを行う[8](アメリカ、2000)
  • 地雷を使ってロシアンルーレットを行う(カンボジア、1999)
  • 警官や銃を所持した客でごった返す銃砲店へ強盗に押し入る。(アメリカ、1990)
  • 窓ガラスが割れないことを証明しようとして窓に突っ込み、飛び降り自殺をしてしまう[9](カナダ、1996)
  • 喧嘩をして窓から放り投げた妻にとどめを刺すべく飛び降りて、電線に引っかかって感電死(アルゼンチン、1998)
  • 水族館のシャチの水槽に勝手に飛び込み、シャチに水中に引きずり込まれ溺死(アメリカ、1999)
  • エレベーターに乗り遅れた電動車椅子の男性が怒ってドアに突進、ドアを突き破って転落死(韓国、2010)
ノースカットのダーウィン賞に関するサイトでは、幸運にも、死亡したり性機能を失うまでには至らなかった人についての話も掲載されている。例として、ラリー・ウォルターズ(英語版)がある。彼は1982年7月、椅子に気球を取りつけカリフォルニアの海岸の上を飛行していた。しかし16,000フィートまで上昇し、管制空域に入ってしまったので、後に罰金刑となった。
180: 世界@名無史さん 投稿日:2009/10/22(木) 22:22:57
>>177
スレの趣旨には関係ないけど、笑わせてもらった
178: 世界@名無史さん 投稿日:2009/10/22(木) 04:05:21
どれもすげーが、オートマチックでロシアンルーレットって、バカすぎるww

最後のダーウィン賞に関しては、引用されている内容が古かったので、最新のものに差し替えてあります。
毎度毎度思いますけど、いろんな死に方があるものだと感心しますね。
今回も肖像画盛りだくさんですが、一体今まで何人くらい登場してるんだろう?と思うと、いろいろ気になって来て、過去にアップした肖像画を整理分類しているところです。
政治家、音楽家、軍人、君主…などなど分類して、最終的には別途固定ページを作ってそこでまとめて閲覧できるといいな。管理人はどうも雑多なデータを見るとキレイに整理・分類したくなるヘキがあるのです。

死の花嫁(トーマス・ジョーンズ・ベイカー)
マリー・クリスティーネ・フォン・オルレアンストップ絵はトーマス・ジョーンズ・ベイカーの手による「死の花嫁」。イギリスの画家ですが、当時フランスにいた彼は、ルイ・フィリップ1世の次女で、結婚後若くして亡くなったマリー(マリー・クリスティーネ・フォン・オルレアンス)の死を偲んで描いたと言われる作品。
この作品で、ベイカーはレジオン・ドヌール勲章を拝受したそうです。

死の歴史―死はどのように受けいれられてきたのか (「知の再発見」双書)
ミシェル ヴォヴェル
創元社
売り上げランキング: 168,757


元スレ:http://kamome.2ch.net/test/read.cgi/whis/1254231772/

人気サイト様 最新記事

博士ちゃんねる ヘッドライン

    • ※1 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2014.8.17 9:39
    肖像があると文章だけよりも想像を掻き立てられて楽しい!
    なんか他殺ぽいのが結構いるもんですねぇ。
    • 謎に包まれた死というがあっても、もはや知るすべなし…
      そこに歴史のロマンがあるのかもしれません!
      肖像画から歴史の有名人に思いを馳せるのも、やっぱりロマンです!
  1. トラックバックはまだありません。


コメ欄での議論はおおいにけっこうですが、当サイトではドクター同士の罵り合いは禁止となっております。反論する際には、相手の意見・人格を尊重し、どうぞ冷静に。
*