人気サイト様 最新記事

博士ちゃんねる ヘッドライン

レスの強調ウゼェー!というドクターへ

レス内の強調表示をOFFにする コチラをクリックして切り替えてください。設定は30日間Cookieに保存されます。
現在のステータス:強調有効

日本における主流な自殺方法の変遷の歴史 @ [日本史板]


【切腹】日本における主流な自殺方法の変遷の歴史【入水】 @ [日本史板]
1: 日本@名無史さん 投稿日:2014/05/17(土) 19:34:10.32
今では日本の自殺の手段は首吊りが圧倒的多数派です。
しかし昔の日本で自殺というと自刃(切腹含む)や入水が多い印象です。
曽根崎心中でも自刃ですし。


何故そういう風に自殺方法も変化していったのでしょう
(昔飛び降りが少なかったのは高層建築が皆無に近かったからというので説明がつくが)。
2: 日本@名無史さん 投稿日:2014/05/17(土) 19:37:20.63
ちなみに日本で記録されている首吊り自殺で最古のものは何でしょう?
中国では少なくとも三国志で出てきますが(曹熊とか)。
4: 日本@名無史さん 投稿日:2014/05/17(土) 21:56:42.68
>>2
「日本書紀」大津皇子が死を賜った際には、高貴な人を他人が殺すことができないために、首吊り自殺だったと思うよ
72: 日本@名無史さん 投稿日:2014/05/21(水) 19:30:24.23
>>4とか見ると首吊りは昔は高貴な人の死に方だったのかな。
5: 日本@名無史さん 投稿日:2014/05/17(土) 22:10:16.84
自殺するやつは知的障害者
7: 日本@名無史さん 投稿日:2014/05/17(土) 22:15:21.55
>>5
太宰も三島も芥川も川端も有島も、乃木大将も西郷どん(未遂に終わったが)もそうなのか。
9: 日本@名無史さん 投稿日:2014/05/17(土) 23:22:15.09
>>7
>太宰も三島も芥川も川端も有島も
文学者は頭のどこかが狂ってないと務まらないからな。

有島武郎有島・・・よくわからん
芥川龍之介芥川・・・自殺イコール売文活動
太宰治太宰・・・芥川のサル真似
三島由紀夫三島・・・今で言うネトウヨつまり朝鮮人と同類の低能
12: 日本@名無史さん 投稿日:2014/05/18(日) 07:57:22.48
>>5みたいな「自殺=悪」って考え、西洋のキリスト教の考えに毒された結果ではないのか。

平宗盛平維盛
昔の日本では自害できなかった平宗盛は悪く描かれ、一方平維盛は生前は平宗盛同様(というかそれ以上に)失態続きだったが、最期の自害(公より私を重んじて離脱した上での自害なのに)で一躍悲劇の貴公子に格上げされた感がある。
110: 日本@名無史さん 投稿日:2014/08/17(日) 15:09:26.19
>>5
笹井芳樹ロビン・ウィリアムズ
笹井氏もロビン・ウィリアムスも知的障害者なのか?
6: 日本@名無史さん 投稿日:2014/05/17(土) 22:12:33.17
『こころ』でのKの自殺も剃刀で頸動脈を斬る方法。
実際には自分でこれをやるのは難しいと思う。
8: 日本@名無史さん 投稿日:2014/05/17(土) 22:43:11.58
川路聖謨日本のピストル自殺第一号は川路聖謨
藤原保輔日本の切腹自殺第一号は藤原保輔
首吊りは分からんな。
10: 日本@名無史さん 投稿日:2014/05/18(日) 00:40:26.99
絶食、自刃から硫化水素まで余すところなく語ろうではないですか
13: 日本@名無史さん 投稿日:2014/05/18(日) 08:20:24.13
日本は負将が敵の手にかかるのは恥ずかしいという文化があったからね
万が一負将が敵に捕まった場合の処刑方法が残酷だったせいというのもある(市中引き回しなど)
また負けた夫や一族と運命を共にし自害した女性も美化される傾向が強い


自殺した歴史上の有名人

平知盛平時子
長屋王、平知盛、平時子

浅井長政武田勝頼織田信長
浅井長政、武田勝頼、織田信長

柴田勝家お市の方豊臣秀頼
柴田勝家、お市、豊臣秀頼

淀殿西郷隆盛
淀殿、西郷隆盛
14: 日本@名無史さん 投稿日:2014/05/18(日) 08:22:01.03
服毒自殺はあまり見ない
17: 日本@名無史さん 投稿日:2014/05/18(日) 08:49:14.98
藤原薬子>>14
藤原薬子は服毒自殺だね
15: 日本@名無史さん 投稿日:2014/05/18(日) 08:39:14.97
近衛文麿あ、近衛が服毒自殺か。
29: 日本@名無史さん 投稿日:2014/05/18(日) 12:50:24.81
芥川龍之介>>15
芥川龍之介さんも服毒自殺ですな。
睡眠薬を致死量飲んであの世に行かれました。
20: 日本@名無史さん 投稿日:2014/05/18(日) 09:39:39.49
てるてる坊主が首吊りを模しているという話は?
25: 日本@名無史さん 投稿日:2014/05/18(日) 11:47:48.46
頭つるつるのクソガキが首吊ったら天気になったとか?
21: 日本@名無史さん 投稿日:2014/05/18(日) 11:21:04.78
空海即身成仏した僧侶も自殺といえる?
それなら最初は弘法大師?
22: 日本@名無史さん 投稿日:2014/05/18(日) 11:28:21.65
>>21
空海は病死
後の時代に神聖化され即身仏になったと書かれるようになった
23: 日本@名無史さん 投稿日:2014/05/18(日) 11:36:55.33
民話なんかの失恋娘の自殺ってのも入水(身投げ)が多いね。
26: 日本@名無史さん 投稿日:2014/05/18(日) 11:54:01.62
あとは城を建てるとき川の水が氾濫しないように水神様に祈りをこめて若い娘あたりを、柱に縛り付けて生贄にしたあとに城を建てたとか?って話も聞かんでもない
31: 日本@名無史さん 投稿日:2014/05/18(日) 17:37:11.02
>>26
生贄は他殺だろ
自分で自分を柱に結びつけるとかできんのだから


弟橘媛日本神話では海が荒れた時にヤマトタケルの妻が海に身投げして自ら竜神の生贄となったところ、海が静まったという話があるが
管理人より:「弟橘媛(オトタチバナヒメ)」のことですね。最初の入水自殺と言えなくもない。美智子皇后陛下は自著の中で、弟橘媛についてこのように語っておられるそうです。
「いけにえ」という酷い運命を、進んで自らに受け入れながら、恐らくはこれまでの人生で、最も愛と感謝に満たされた瞬間の思い出を歌っていることに、感銘という以上に、強い衝撃を受けました。はっきりとした言葉にならないまでも、愛と犠牲という二つのものが、私の中で、最も近いものとして、むしろ一つのものとして感じられた、不思議な経験であったと思います。
32: 日本@名無史さん 投稿日:2014/05/18(日) 18:46:17.71
入水による溺死なんて相当苦しい部類の死に方だろうに、今でも女性に限って選択する自殺方法の3位か4位に入るという。
なんか綺麗で荘厳なイメージがあるから好まれるのかね。
『家政婦のミタ』でも採用されてた。
34: 日本@名無史さん 投稿日:2014/05/19(月) 06:22:07.72
女が自害する時は喉を短刀で突いたって本当なのかな。
簡単に見えるけど相当難しいはずだぞ。
35: 日本@名無史さん 投稿日:2014/05/19(月) 09:12:30.64
精神的に錯乱状態になればなんでもやりますわな
そもそもむづかしいとか常に平常心の状態で都合よく考えてんだろ
42: 日本@名無史さん 投稿日:2014/05/19(月) 12:40:51.10
>>35
いや、物理的に難しいということなんだけど。
特に女の腕力・握力では。
43: 日本@名無史さん 投稿日:2014/05/19(月) 12:58:43.47
>>42
突くのは喉ではなく首の頸動脈(大きな動脈が走っている)
喉をついても死なないよ


男性の切腹にも介錯人がいたのだし、女性の自刃も実際は介錯人によるものだったのでは?
正しく頸動脈に刃を当てるのは難しそうだし
40: 日本@名無史さん 投稿日:2014/05/19(月) 11:51:13.76
井戸に身を投げる
高層建築物が少ない時代はこれ
41: 日本@名無史さん 投稿日:2014/05/19(月) 12:07:23.91
>>40
井戸を使っている村人が困るじゃんw

井戸に身を投げるって専ら、城の外に出られない城の奥勤めの女中とかだよね
48: 日本@名無史さん 投稿日:2014/05/19(月) 16:06:43.48
死罪としての絞首刑も日本では取り入れられたのが新しいよね。
中国では呂布なんかが既に絞首刑で殺されたみたいだけど。
49: 日本@名無史さん 投稿日:2014/05/19(月) 16:29:09.38
>>48
絞首刑は死ぬまでの時間が非常に長く残酷な刑だともいうからねえ

ヨーロッパのギロチンは一見残酷に見えて苦痛なく死刑を執行するために考え出されたものだそうだから
50: 日本@名無史さん 投稿日:2014/05/19(月) 17:58:45.58
>>49
いや、意外と簡単に意識なくなるからそんなに苦しくなかった。
52: 日本@名無史さん 投稿日:2014/05/19(月) 19:23:21.68
>>50
自殺したことあるの?
54: 日本@名無史さん 投稿日:2014/05/19(月) 20:36:36.76
ルイ14世>>52
うん おれルイ14世のうまれかわりだから
59: 日本@名無史さん 投稿日:2014/05/20(火) 04:56:12.88
落ちれば意識がなくなる。
そこから15分~20分絞め続ければ死ぬ。その間はもう意識はない。それが絞首刑。

だからあまり苦しくないはずだよ。
60: 日本@名無史さん 投稿日:2014/05/20(火) 07:51:39.05
>>59
失神は必ずするものではないよ
51: 日本@名無史さん 投稿日:2014/05/19(月) 19:13:51.24
細川忠興細川ガラシャ
越中守忠興のように死を予め指定した奥さんすらいる
53: 日本@名無史さん 投稿日:2014/05/19(月) 19:24:15.17
>>51
あれは一種の介錯に近い
自分で刀を握らないだけ
56: 日本@名無史さん 投稿日:2014/05/19(月) 21:04:53.02
松永久秀松永久秀は爆死
64: 日本@名無史さん 投稿日:2014/05/20(火) 19:41:32.63
お支度を
ひっ!
いやだーっ!死にたくない!死にたくない!腹を切るなど真っ平じゃーっ
92: 日本@名無史さん 投稿日:2014/05/30(金) 16:13:06.34
>>64みたいなケースって実際に有ったんだろうな。
93: 日本@名無史さん 投稿日:2014/05/30(金) 19:32:25.98
崇徳天皇絶食して餓死するまで自分の血液で呪詛を書き続けた天皇陛下がいたよね。
管理人より:どうも早良親王の模様。肖像が見つからず…
8.25追記:コメ欄でご指摘を受け、やっぱり崇徳天皇のようなので、修正しました。
94: 日本@名無史さん 投稿日:2014/05/31(土) 08:16:26.86
順徳天皇順徳帝も自死と言われてるが、本当かね?
99: 日本@名無史さん 投稿日:2014/06/04(水) 12:29:01.89
食を断つ、毒をあおる、入水、首つりはメジャーな自殺方法で、刃物を使うほうが珍しいんじゃないかな
武士でも切腹が普及するまでは
100: 日本@名無史さん 投稿日:2014/06/04(水) 18:46:45.40
>>99
でも歴史書でも文学でも昔のものでは首吊りは余りないんだな。
ヨーロッパや中国では古代から多数描かれているんだが(ユダとか)。
104: 日本@名無史さん 投稿日:2014/06/05(木) 19:00:31.72
>>100
山背大兄王は一族とともに首吊ってるし、中国も明清交代のときも皇帝以下自決の方法は首つりが多いよ
斬は身体をバラすから喜ばれない


日本の場合は貴人を人目に見せないという名誉の観点から、遺体を隠せる入水のほうが馴染みやすかったんではないかな
66: 日本@名無史さん 投稿日:2014/05/20(火) 21:28:01.35
首つりって言うと、高校でこんな事件があったんだ。

2人の男が殴り合いになったんだが、いつのまにか一方的になってしまって、ボコボコにされた奴は泣きながら姿を消した。
数人の友達が心配して探しに行ったら、そいつは便所で首をつろうとしていた。


友達はびっくりしておろそうとしたが、慌てていたので足を引っ張ってしまった。
首をつっていた男は「やめろ! 苦しい! 死ぬ!」と叫んだのだそうだ。

此の世のなごり。夜もなごり。
死に行く身をたとふれば、あだしが原の道の霜

浄瑠璃「曾根崎心中」冒頭


ハイ、えー現在管理人は急遽出張中にて、宿泊先でこのまとめ記事を書いてます。
出先で、ちっこいノートPCでの肖像画大量まとめだとなかなかにキツイので、なるだけ少ないスレを選んだつもりがこの有り様ディスヨ…。

というわけで自殺の歴史まとめですが、「武士道とは死ぬことと見つけたり」なんつってしょっちゅう切腹してるようなイメージでしたけど、案外そうでもないのかな。
Wikipediaの切腹の記事とか読んでるともう背筋がゾクゾクします。

閲覧注意!ここをクリックで引用を開く
戦国時代や江戸時代初期においては介錯人がつかず、腹を十文字に割いたり、内臓を引きずり出したりといった過激な方法も用いられていたと言われ、軍記物にもそのような描写が散見される(状況によっては、ただちに失血性ショックや腹膜刺激症状を起こし、失神ないし運動失調を来すため、実行は困難を極めるが、成功した例も報告されている[5])。

近世に入り、武士身分の処刑として切腹が確立すると、切腹にも作法が登場する。切腹する人を切腹人(せっぷくにん)という。切腹人に付き添い切腹人の首を切り落としたり、検視役に首を見せるなど、切腹の補助を行う者を介錯人(かいしゃくにん)という。腹部を切り裂いただけでは死亡までに時間がかかり、死ぬ者に非常な苦痛を強いるため、通常は介錯人が切腹直後に介錯を実行する。江戸時代には、切腹は複雑で洗練された儀式となり介錯がつく切腹の作法が確立した。切腹の作法が制定された時期については諸説あるも、18世紀の初め(享保年間の前後)という説が有力である。

切腹の際の腹の切り方は、腹を一文字に切る「一文字腹」、一文字に切ったあとさらに縦にみぞおちからへその下まで切り下げる「十文字腹」がよいとされた。もっとも、体力的にそこまでは無理なことが多く、喉を突いて絶命することが多かったとされる。後には、切腹に付き添って首を斬り落とす介錯(かいしゃく)の作法が確立した。

昔のお侍さんの度胸はいろいろスゴイですね…。('A`)
最初に切腹したのは藤原保輔、最後に切腹したのは三島由紀夫ということなんだそうです。

西郷隆盛切腹図(芳年武者无類/月岡芳年・画)
トップ絵は明治時代の浮世絵画家、月岡芳年のシリーズ物?「芳年武者无類」の中の「西郷隆盛切腹図」。
あんまり切腹のいい画像がなくてですね…「切腹」で検索するといろいろウヒィー!ってなります。

曾根崎心中 冥途の飛脚 心中天の網島―現代語訳付き (角川ソフィア文庫)
近松 門左衛門
角川学芸出版
売り上げランキング: 227,074


元スレ:http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/history/1400322850/

人気サイト様 最新記事

博士ちゃんねる ヘッドライン

    • ※1 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2014.8.22 15:47
    絞首刑はほぼ即死です。人道的な刑なのです。
    窒息ではありません。
    頚椎骨折で、一瞬で意識が落ちます。
    少し高い所から飛び降りるように落下させ、縄で首を自重で勢いを付けて引っこ抜くように首の骨を骨折させるのが絞首刑なのです。
    ウンが悪いと稀に本当に稀に暫く生きてしまう事がありますが、
    自分の体重で引っ張られた首を支える筋肉が相当凄かったとかじゃなければ、有り得ません。
    もしくは高さが足りず勢いが付かなかった場合と考えられます。
    落下と同時に足が着いてしまうような高さ。
    苦しいと誤解されてるのは、そう言った高い所から落ちるように首を括る絞首刑ではなく、
    人間が手でもって人力で絞める方を想像しているのではないでしょうか。
    • >頚椎骨折で、一瞬で意識が落ちます。
      絞首刑なんかは床がパカっと開くようになってますし、格闘技なんかの理屈で言うときっとそうなんでしょうけど、その瞬間はやっぱり痛いような気がするんですけどね…。

      こればっかりは絞首刑で死んだひとにインタビューするよりほかはないですが。
    • ※3 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2014.8.25 0:27
    血で呪いの言葉を書き続けたのは崇徳上皇だと思います。
    • あーやっぱり崇徳天皇なんですかね。
      最初読んだ時このひとかなと思ったんですけど、調べたら該当するのが早良親王ぽかったんでそう書きましたけど、今検索したら、やっぱり崇徳天皇ぽいので、修正しておきますネ。
      どうもありがとうございましたー。
  1. トラックバックはまだありません。


コメ欄での議論はおおいにけっこうですが、当サイトではドクター同士の罵り合いは禁止となっております。反論する際には、相手の意見・人格を尊重し、どうぞ冷静に。