人気サイト様 最新記事

博士ちゃんねる ヘッドライン

レスの強調ウゼェー!というドクターへ

レス内の強調表示をOFFにする コチラをクリックして切り替えてください。設定は30日間Cookieに保存されます。
現在のステータス:強調有効

宇宙空間で運用できる戦闘機を考えるスレ @ [未来技術板]


宇宙空間で運用できる戦闘機を考えるスレ @ [未来技術板]
1: オーバーテクナナシー 投稿日:2006/02/08(水) 21:30:40 ID:xbkn6a8s
宇宙空間で運用できる戦闘機を作ろうと思ったとき、厳加速や機動性など考えると色々な問題がありますが、SFに出てくる戦闘機を作中どおりに運用するにはどうしたらいいですか?
2: オーバーテクナナシー 投稿日:2006/02/08(水) 22:15:43 ID:HIVXaoV5
恐ろしい加速なんだろうな(w
3: オーバーテクナナシー 投稿日:2006/02/09(木) 00:10:21 ID:MI1XRkK/
“作中”によるだろうとマジレス
4: オーバーテクナナシー 投稿日:2006/02/09(木) 01:46:00 ID:+eAXOvOm
つまりXウィングみたいな物?
今の技術の延長では無理。
物質エネルギー化、その出力に耐えられるエンジン、出来れば慣性制御など無理難題が山積み。
X-WING(スター・ウォーズ)
管理人より:「Xウィング」とは正式名称「T-65 X-WING STARFIGHTER」インコム社製です。小型で高火力・高機動の戦闘機。ハイパードライブを搭載しているので単体でハイパースペース航法が可能。ナビゲーション・火器管制用のアストロメク・ドロイドとしてR2ユニットを搭載します。
元は帝国軍の次期主力戦闘機として開発されてたわけですが、インコム社の技術者が設計図を持って叛乱軍に亡命。以後叛乱軍を象徴する主力戦闘機に。
14: オーバーテクナナシー 投稿日:2006/02/10(金) 12:44:22 ID:Dh8mZSVS
スターウォーズみたいになぜか人間が手動で操作している場合は形状も今とさほど変わらないかと。
15: オーバーテクナナシー 投稿日:2006/02/10(金) 12:53:32 ID:+YmQk9C3
戦いの臨場感を出すにはジョイスティックが欠かせない。
17: オーバーテクナナシー 投稿日:2006/02/10(金) 21:05:59 ID:+0I8o8cN
宇宙で戦闘機なんぞ糞の役にもたたん。
最低でも永久機関か、慣性制御の技術がいる。
ミサイル飛ばしたら永久に飛びつづけるのに、なんでワザワザ敵に肉薄する必要があるのよ?


そんなアホな敵は超々遠距離からの誘導ミサイル飽和攻撃で、味方の損害皆無であぼん出来る。
20: オーバーテクナナシー 投稿日:2006/02/10(金) 22:00:57 ID:ZVuFqhrq
>>17
そんなことは無い、必要な状況さえ有れば、充分に役に立つ。
19: オーバーテクナナシー 投稿日:2006/02/10(金) 21:22:28 ID:uhdB24Y0
乗員保護も大問題だな
加減速によるG、各種放射線対策、保温断熱、呼吸のための酸素、万が一のための脱出装置


炊飯器サイズの原子炉があったとしても、いわゆる戦闘機サイズでは無理だろう
21: 電波君 投稿日:2006/02/11(土) 03:50:51 ID:41M0Ns6G
いいですかぁ?

未来の戦闘機はハイパースペースで戦います。
戦闘機まるごとがハイパースペースに入り、その乗員からみると周囲の時間がとてつもなく遅くなって見えるのです。飛び交う弾丸ですら目視でかわせます。

このハイパースペースファイターにとってはミサイルの飽和攻撃など、かるい運動程度ですべてかわしもしくは撃墜出来ます。

ただし問題点もあります。ハイパースペースに入っているのはあくまでも、戦闘機のみなので周囲の状況を探知するにはやはり外部の様々な要素に頼る事になり、せっかくのハイパースペースの利点を生かすことが出来ません。

そこで登場するのがリークパワーと呼ばれるものです。
今の時代ではまだ科学として認められていない人間の特殊能力で、いわゆる遠視能力と呼ばれるものです。

これによって一定範囲内であれば何メートルもの分厚い鉄の壁の裏側にいる敵などまで把握できるようになります。

さらにハイパースペースを利用した技術として、同じ時間に同じ空間に複数の同一機体が存在するように見せる、蜃気楼のような戦闘機からの攻撃を行う事も出来ます。
さらに反物質を機体前方に凝縮してシールドとすればかわし切れない敵弾のいくらかは吸収してくれます。
燃料や弾薬に関しての心配は要りません。一定数敵を撃墜するとその破片を集めて分子や原子を再構成して補充する事ができます。
22: オーバーテクナナシー 投稿日:2006/02/11(土) 04:01:29 ID:23wwZpT7
話題が話題だけにいつもよりぶっ飛んでるな。
28: オーバーテクナナシー 投稿日:2006/02/12(日) 00:50:08 ID:0FAFEj/o
>>21
>反物質を機体前方に凝縮してシールドとすればかわし切れない敵弾のいくらかは吸収してくれます。
よけいに被害が拡大する予感。
管理人より:「反物質」とは、通常の物質とは素粒子の電荷が全て逆になっている物質のこと。
反物質と通常の物質がぶつかると「対消滅」という現象を起こし、質量は全てエネルギーに変換されます。つまり大爆発ということのようです。
26: オーバーテクナナシー 投稿日:2006/02/11(土) 19:42:01 ID:sg5WWByf
ってか一般的な空戦の始まりってヘッドオンで近づくよな
宇宙だと通過した後、会敵するまで時間かかりそうな希ガス
33: オーバーテクナナシー 投稿日:2006/02/12(日) 19:39:12 ID:lC9D0Bd+
スゲエぶっ飛んでるが...
衛星軌道上の陣取り合戦レベルの戦闘とか、もうすぐそこまで来てるんじゃないか?

ちなみに今、敵方の軍用衛星破壊するとしたら、どんな選択肢がある?
トムクランシーかなんかの小説では自爆衛星ぶつけたり、戦闘機で高高度からミサイル放ってたりしてたキガ゙ス
34: オーバーテクナナシー 投稿日:2006/02/12(日) 19:47:09 ID:FfKLRliE
>>33
アメリカの計画は廃止されたけど、実験では成功してる対衛星ミサイルのASAT辺りが一番リアリティはあるな。
ロシアもたぶんそれなりな計画はあると思うけど。


わざわざ高空まで戦闘機が上って行く必要は無いと思う。
35: オーバーテクナナシー 投稿日:2006/02/12(日) 19:57:47 ID:lC9D0Bd+
>>34
フムムン
でも実際、衛星を地上から百発百中で打ち抜けるミサイルが既成技術になったらさ、やっぱし衛星も迎撃するなり欺瞞するなりするわけだよねぇ。

したらば最終的には人が上がってく時代もこないかのぅ
38: オーバーテクナナシー 投稿日:2006/02/13(月) 06:32:39 ID:gz8E00eQ
衛星に搭載できるような手軽なレーザー兵器ができればまた変わるんだろうけどな
管理人より:「ASAT」とは「衛星攻撃兵器(anti-satellite weapon)」の略。
これやると軌道上にデブリ(破片)が増えて大変なことになるので中止されたわけですが、中国はいまだにASATの実験をしていると言われていますね。迷惑。
45: aniotasan ◆RtFjHNfLK6 投稿日:2006/02/14(火) 15:10:50 ID:DR3VeGyd
>>1
遠隔操作がいいんだろうな。細かい動きは自動で人がトリガーの役目。
全方位に推進力欲しいな。UFOみたいなのでもいいけどコスト高そうだな。
全方位撃ちたいな。今の技術で造るなら実体弾だな。
球状の方が丈夫にしやすいな。ミノフスキー粒子無いから格闘いらんな。
でも作業に便利なのでマニュピレーターっていうか手、あるといいな。細かい作業の時5本指でモーションキャプチャみたいに動かせたら便利だな。

私の脳内では、5本指の遠隔操作「ボール」になりました。
RB-79 ボール
管理人より:「ボール」は丸いコックピットに180mm低反動砲と手が2本ついた形状。別名「動く棺桶」。
60: aniotasan ◆RtFjHNfLK6 投稿日:2006/03/08(水) 22:28:24 ID:Gp/Iy5dM
>>1
「作品」としては、どんなのベースがいい?
61: 1 投稿日:2006/03/10(金) 12:56:30 ID:u+1LSTFv
>>60
starwarsのX-WINGとか、宇宙戦艦ヤマトに出てくるコスモタイガー?など現状の、大気圏内で運用している戦闘機と大差ない形をしている物を想像してください。

それとその戦闘機を運用したとして正しいドッグファイトの仕方を語りましょう。
62: オーバーテクナナシー 投稿日:2006/03/10(金) 13:24:30 ID:QwtRKwzJ
搭載武器が決まらないと、ドッグファイトのやり方も決まらないだろ。
64: 1 投稿日:2006/03/10(金) 22:51:53 ID:uRHLoclw
>>62
すいません・・・。ほんと駄スレですね。
X-wingからLaser cannons, proton torpedoesでお願いします。
プロトン魚雷
管理人より:「proton torpedo」とは「プロトン魚雷」といって、ルークたちが初代デス・スターを破壊する時に使った兵器のこと。
65: オーバーテクナナシー 投稿日:2006/03/10(金) 23:38:08 ID:bCGMVmha
現用と同じ形で、かつ肉薄する、という設定に後付の理由をつけるとしたら、

重力制御装置は小型化できない(大型宇宙船なら足が着くレベルは可)→大気圏内でも使えるように現用と同じ形(汎用機)

・「レーダー&誘導」と「レーダー妨害&ジャミング能力」の能力比が現代と同じくらい探知誘導性能が向上しても、それを妨害する技術も当然発達してるはず。
となれば「たまたま能力比が現代と同じ」って設定なら肉薄する必要がある。

デブリ程度ならはじくことができるバリア→レーザー兵器とかなら貫通するレベル

ってとこだろうか。
66: オーバーテクナナシー 投稿日:2006/03/10(金) 23:58:03 ID:rolP+LPE
有人である理由も必要だな。
67: オーバーテクナナシー 投稿日:2006/03/11(土) 02:38:43 ID:9xZzfWuD
人間にはコンピュータには当分実装出来そうも無い戦闘勘なるものが……ってこりゃ雪風だな。

条約で「最後の引き金を引くのは人間」と決まっていて、最初はリモコン戦闘機を使ってたんだけど、そのうちジャミング技術がアホみたいに向上してしまって、しょうがないので人間の脳味噌だけ……
戦闘妖精・雪風
管理人より:「雪風」というのは神林長平のSF小説「戦闘妖精・雪風」に出てくる戦闘機、というか戦闘機に搭載されているA.I.のこと。上記はそのアニメ版デザインのメイヴ雪風。この形状でマッハ出せるのかよ!?とか気にしたらいけないことになっています。
69: オーバーテクナナシー 投稿日:2006/03/20(月) 07:24:23 ID:akeW6LI0
空気抵抗の無い大気圏外で旋回するのは一苦労だ。
例えば今の戦闘機のように考えていると、攻撃で敵を爆発させるとデブリの中にまとも突っ込む。
それに苦労する旋回で敵の後ろを取ろうとすれば、必ず大回りになる。


射撃距離は今の戦闘機より遥かに大きいと見るべきだろう。
現在の戦闘機の対空兵器の射程距離は160㎞くらいだが、そのぐらいで撃ち合いをするかもしれない。

空気の無いクリアな状態では敵を早く発見できる。
しかしサイドワインダーみたいに速度を犠牲にして方向を整える事はできない。
進行方向の調節は、必ず偏向した推力によって行われる。

これは戦闘機自体にも言える事だが、良く言われる真空での推進剤をどこに貯蔵するか、どう使用するかの問題になる。
71: オーバーテクナナシー 投稿日:2006/03/20(月) 16:03:36 ID:akeW6LI0
H-Ⅰ/Ⅱロケットも推力変更ノズルだし、最新戦闘機の多くもそうだな。
戦闘機はターボファンだけど。


後は戦闘機が衛星軌道用か惑星間飛行用の宇宙船かによってくる。
76: オーバーテクナナシー 投稿日:2006/04/03(月) 12:00:33 ID:OyRSs0hN
自国が宇宙戦闘機開発すれば、敵国も似たようなもの開発するから必然的に宇宙で戦う相手ができる。
戦えるからといって、本当に宇宙で戦う意味があるのかと小一時間w
78: オーバーテクナナシー 投稿日:2006/04/03(月) 17:21:22 ID:Oo3vuHjB
敵が宇宙戦闘機を出してきても、反撃兵器を作るまでもなく艦載砲で対応できそうだしな。
85: オーバーテクナナシー 投稿日:2006/04/12(水) 00:06:27 ID:Jt4b9wbW
>>76
ラグランジュ点防衛線/攻略戦とか
管理人より:「ラグランジュ点」とは2つの天体(この場合は地球と月)の重力の影響が釣り合っているポイント。推力を使わずにその場に留まっていられるため、来る宇宙戦争時代においては戦略的に重要な意味を持つ…かもね。
80: オーバーテクナナシー 投稿日:2006/04/04(火) 14:06:40 ID:OyI6Zpyk
戦闘機はもともと敵の偵察機を追いかけて叩き落す。つまり敵が艦や地上兵器の手に負えない領域に逃げた場合に追いかけるために出来た『航空機を落すための航空機』。
ゆえに標的との間に何も障害の無い宇宙空間では普通の長距離砲を使って落したほうが早いような気がする


しかし戦闘機にはもう一つの側面が。
現在、空母が最強戦力とされているのは好きな戦場に自在に航空戦力を送り込めることにある。
空母にとっての艦載機は戦艦の大砲と同じ一兵装に過ぎない。
このことから戦闘機には『機動戦闘ビット』としての機能も持っているといえる。
ビット
管理人より:「ビット」というのはガンダムに出てきた巨大MA「エルメス」が使用する自律兵器、またはその総称。「ファンネル」とも。パイロットの脳波でコントロールするという全方位ロマン兵器。
ていうか画像検索してたら、エルメスのでかさに草。こんなでかかったかな?αアジールやデンドロビウムよりでかいじゃん。 エルメスでけえ!
84: オーバーテクナナシー 投稿日:2006/04/11(火) 20:52:17 ID:HK6Lo4kQ
スパルタニアン
スパルタニアン
管理人より:「スパルタニアン」は田中芳樹の小説「銀河英雄伝説」に出てくる、同盟軍の宇宙戦闘機。帝国軍のは「ワルキューレ」といいます。こちらのフィギュアはユリアン・ミンツ仕様の機体だそうです。
これなんかは、スラスターがダイナミックに角度を変えられるようになってるので、なかなか理にかなったデザインぽい。中性子弾なる恐怖のバルカン砲がメイン兵装。
90: オーバーテクナナシー 投稿日:2006/04/13(木) 16:17:00 ID:dEX3dm45
アメリカの国内番組で宇宙戦用機の運用想定してる担当の話(ノースロップだったかな)やっていた。
実際には、アニメみたいに正面から射合うと、相手被害機の破片のデブリに自分達も突っ込む事になるのでとてもマズー。
なので基本的に相対速度を保って対峙したままの戦闘に成る。
その場合当然、対峙関係のまま相対的に後退している側が、デブリ被弾に逢わないので有利になると。

なので大遠距離からのロングレンジアタックが主になる。
射合った空域には極力入らない。
という事ですた。
宇宙では何より怖いのは相手側攻撃と同位で、「被弾剥離部デブリの高加速衝突」だと。

それ見て思い出したのは「映画版マクロス」の、最初の戦闘場面で、フォッカーが「相対速度を合わせ、逆加速に移れ!!」ってセリフはこの事だったのかと思た。
92: オーバーテクナナシー 投稿日:2006/04/15(土) 12:19:13 ID:EvNAO5fl
>>90
相対速度が一緒ならデブリも問題にならなくないか

って、爆風とかで加速されるのか
93: オーバーテクナナシー 投稿日:2006/04/15(土) 14:37:33 ID:T7SkDSM6
>>92
爆発が起きた場合、至近距離にいたのと同じ速度のまま破片がつっこんでくるな
ロイ・フォッカー(マクロス)
管理人より:ロイ・フォッカーは主人公・一条輝の先輩にあたるパイロット。バルキリースカル大隊の隊長。まるで内容を思い出せん…。
91: オーバーテクナナシー 投稿日:2006/04/13(木) 16:34:31 ID:dEX3dm45
被弾剥離部デブリの高加速衝突をガンダムシリーズで良くある、「パイロットが宇宙空間にノーマルスーツで人間関係」wってのはとてもガクガクブルブルだ罠。
ノーマルスーツ
管理人より:「ノーマルスーツ」というのはガンダムでパイロットが着てるこういう宇宙服(左)。
まぁガンダムのパイロットは、こんなペラッペラの宇宙服で、普通にコックピットのハッチをパカっと開けて、宇宙空間に出ていっちゃいますからね。
減圧は?体温の低下は?宇宙線は?ヘルメットとの継ぎ目はどーなってんの?とかいろんなことが気になりますよね。だいぶん頑丈な人類に進化してるんかもしれません。
94: オーバーテクナナシー 投稿日:2006/04/16(日) 00:53:36 ID:8Z18kTOI
破片が届かない、安全相対距離って事だと。

後退側「ようし!良い体勢にナッタゾ!!
押込み側「マズイぞ!!押込んでしまってる!!
って地上とは逆の不利有利に成るのか。
104: オーバーテクナナシー 投稿日:2006/06/05(月) 22:54:03 ID:5ERTUfv6
戦艦落とすには攻撃機が有効。
攻撃機を落とすには戦闘機が有効っていう感じでいるんじゃね。
それに有人にしなくてもいいと思う。
でもまずデブリ防げないと意味無いしなぁ・・・・
それに相手が宇宙戦艦を持ってないと意味が無いわけだし・・・
105: オーバーテクナナシー 投稿日:2006/06/05(月) 23:19:11 ID:VQcLjNFX
最近のミサイルはシーカーや弾頭が進歩しているがモーターはさほどでもない。
目立ったモーターと言えば空中発射巡航ミサイルがジェットエンジンを採用してくらいだ。

ロケット技術にブレイクスルーがあったとしよう。
監視衛星や早期警戒衛星、ELINT衛星などをミサイルで破壊できるようになるかもしれない。
あるいはステルス化が進みAWACSがLRMAAMの危険に晒されるかもしれない。
そこでAWACSや各種軍事衛星が危険に晒された場合に深宇宙へ一時的に逃げるとしたら、それを追いかけて破壊する必要が出てくる。
ロケットの進歩で衛星軌道までがより身近になるかもしれない。衛星軌道から戦術爆撃を行うようになるかもしれない。
106: オーバーテクナナシー 投稿日:2006/06/05(月) 23:21:47 ID:YVjFVNnH
今日日の最新ミサイル用推進方式はIRR(インテグラルロケットラムジェット)だが、大気に依存してる関係上宇宙いけないからな。
管理人より:「AWACS(エイワックス)」とは「早期警戒管制機(airborne warning and control system)」の略、「LRMAAM」はミサイルの種類だろうと思いますが、なんのことかよく分からず。
113: オーバーテクナナシー 投稿日:2006/06/27(火) 20:20:51 ID:nXFhuWVn
核ミサイルを破壊するのに、ガンダムセンチネルに出てきたゾディ・アックみたいなのは使えるのだろうか?
そもそもゾディ・アックの軌道変更の仕方が思いだせん。
114: オーバーテクナナシー 投稿日:2006/06/27(火) 21:03:39 ID:e5in4THx
ゾディ・アックと言われても知らんがな
115: オーバーテクナナシー 投稿日:2006/06/27(火) 22:52:16 ID:nXFhuWVn
マイナーすぎたか。

ちなみに探し出した本によれば、
ゾディ・アックとは教会の尖塔に似た形の全長200mのMA。
細長い機体の中心から先端が10度ほど曲がる。
衛星軌道から一旦70~80kmの大気上層部まで降下し機体を曲げる。
このとき大気の反作用を利用して飛行機が旋回するように方向を変え、ロケットをふかし、再び元の高度まで上昇するというもの。

これによりさほど燃料を使わずにすむ。
AMA-100 ゾディ・アック(メガ粒子砲発射形態)
管理人より:ゾディ・アックとはこゆ感じのMA。「ガンダム・センチネル」は、なかなかロマンMS・MAが多いですよね。ディープ・ストライカーとかさ。

MSA-0011[Bst]PLAN 303ES Sガンダム ディープ・ストライカー
116: オーバーテクナナシー 投稿日:2006/06/27(火) 22:56:53 ID:UsOPeCgp
アークバードみたいな仕組みだな。
117: オーバーテクナナシー 投稿日:2006/06/27(火) 23:32:11 ID:nXFhuWVn
118: オーバーテクナナシー 投稿日:2006/06/28(水) 00:22:33 ID:rzfAElit
>>117
いや有名じゃないけど。
はっきり言って出来るかどうかすら懐疑的。
管理人より:「アークバード」は「エースコンバット5」というPS2のゲームに出てくる、巨大空中要塞?みたいなやつ。高高度を移動し、機体に空気摩擦を受けてそれで軌道制御する式の機体。
これね、結局最後に主人公率いるラーズグリーズという飛行中隊でもってコイツを叩くわけですが、まためんどくさいミッションでですね…。イエス、ケストレル。
126: オーバーテクナナシー 投稿日:2007/02/11(日) 00:59:07 ID:x4lXQQIO
宇宙空間って空気無いから、羽いらなくね?
ミサイル単体で良くねぇ?
127: オーバーテクナナシー 投稿日:2007/02/11(日) 03:01:33 ID:C0U1nx5i
宇宙空間だけで活動することを想定している機体ならば、いらない。
133: オーバーテクナナシー 投稿日:2007/03/04(日) 22:53:38 ID:3E8V16ca
とりあえず、ミサイルないしレーザを搭載し、軌道変更が自在なスラスタと、電子的かつ光学的ステルス性を備えた小型衛星つーかビットってとこかね。

有人機はその母船か特殊用途、あるいは初期などの過渡期用ぐらいかな。
134: オーバーテクナナシー 投稿日:2007/03/06(火) 22:19:28 ID:jR1Ai7M8
そう、基本は人工衛星なんだよ。
8-11km/secで速度を変えながら、相手の周回軌道に殴りこんで戦う。
正面から当たれば数秒で終わるし、同じ周回に乗れば片方が落ちるまで戦う羽目になる。
135: オーバーテクナナシー 投稿日:2007/03/07(水) 00:19:33 ID:gtQ7+LTc
ただ、デブリの海だけは勘弁願いたい。
目標の太陽電池パネルやセンサに付着させる、ペイント的な武装が開発できれば面白いんだが。蒸着だと面倒だし、いい素材はないかな。
136: オーバーテクナナシー 投稿日:2007/03/13(火) 09:09:28 ID:FogjL/H3
地上の戦いで地雷がまき散らかせ今処理に困っているように、軌道戦ではデブリが散布され戦闘後も残ったりして。
141: オーバーテクナナシー 投稿日:2007/04/04(水) 16:58:53 ID:FjQxg+q6
グラディウスもう宇宙戦闘機はビックバイパーでいいよ。

ハイ。えー最後の「ビックバイパー」はファミコンのシューティングゲームの「グラディウス」に出てくるアレですね。「上・上・下・下・左・右・左・右・B・A」という裏コマンドを今でも覚えてられる方も多いのではないでしょうか。
「グラディウス」というと通常は、共和制ローマの軍人が使ってた短めの剣のことを指すわけですが、日本では完全にこっちですよね!ファミコンまじすごい!

というわけで、宇宙戦闘機について妄想するスレですが、その問題点についてはスレでほとんど出てるようです。
一般的に言われることは、パイロットが横Gでミンチになるとか、あんなペラッペラのキャノピーでは宇宙線も、超低温も超高温も防げないとか、宇宙ではジェットエンジン使えないから推進方法どうすんのとか、そゆことですよね。
SFの世界では、「慣性補正器」なる謎のテクノロジーで、激しい機動によるパイロットの負担はないことになってますが、考えてみるとこれはすごい技術ですよ。重力を自在に制御できるわけだから。どういう仕組なのかな。

他にもね、戦闘機の武装の問題がありますネ。
なんかこう宇宙戦闘機というと色とりどりレーザーで攻撃してて見た目にはカコイイですけど、なんであのレーザーは着弾すると、爆発するんでしょうかね。レーザーという割には曳光弾のように切れ切れに飛んでいくし、第一速度が遅すぎる。
「レーザー」という呼称を便宜的に使ってる、別のなにかなんでしょうかね。ウーン、毎回気になっちゃう。

SFの世界ではレーザーに限らず、「プラズマキャノン」だの「イオンビーム」だの「光子魚雷」だの「ポジトロン・ライフル」だの、謎の兵器がたくさん出てきますけど、これらの原理っていかなるものなのか、気になってくると夜も8時間くらいしか寝られない管理人です。

今回のトップ絵は、最近放映されたヤマトのリメイクアニメ「宇宙戦艦ヤマト2199」に出てきた「零式52型 空間艦上戦闘機 <コスモ・ゼロ>」。オリジナルでは「ヤマト2」に出てたんだそうですね。
管理人はオリジナルのヤマトは再放送でかすかに観た記憶がありますが、内容ほとんど覚えておらず、です。
9.23追記:すんません、コメ欄でご指摘をうけ、全作出てたそうです>コスモゼロ
宇宙戦艦ヤマト2199 追憶の航海 [Blu-ray]
バンダイビジュアル (2014-11-21)
売り上げランキング: 410


元スレ:http://science4.2ch.net/test/read.cgi/future/1139401840/

人気サイト様 最新記事

博士ちゃんねる ヘッドライン

    • ※1 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2014.9.18 21:57
    ゲームキューブのスターウォーズのゲームの画像があって
    懐かしさで涙で、出ますよ
    • ※2 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2014.9.19 0:51
    人間の脳だけカプセルに入れてパイロットとしたり
    生物デでキた機体も夢ガアるナあ
    • ※3 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2014.9.19 3:50
    また、俺の大好物な話題を。
    航空宇宙軍史の襲撃艦ヴァルキリーを小型化すればそれっぽくなるかな。本スレの「機動戦闘ビット」てやつなら、星の墓標のジョーイ君なんかも。
    ああ、全部無人機になりますね。
    • ※4 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2014.9.19 8:54
    空気抵抗ないし戦闘機みたいな形状にする意味ってあるのかな?
    ガンダムのボールみたいなのでもいいんでない?
  1. >ゲームキューブのスターウォーズのゲームの画像
    X-WINGの画像ですか?へぇー知らずに取り上げてました。

    >人間の脳だけカプセルに入れてパイロット
    これはたしか、R-TYPEがそんな設定だった気がしますね。
    あの2面のボスを考えたのは女性デザイナーらしいですが、上司に「お前頭おかしいんじゃないのか」と言われたそうですw

    >ああ、全部無人機になりますね。
    なんとかして乗り込みたいですけどね!

    >戦闘機みたいな形状にする意味ってあるのかな?
    一応スター・ウォーズのX-WINGは大気圏内でも運用できるように、という設計コンセプト。
    空力で飛ぶわけではなくて、リパルサーリフトという反重力テクノロジーを駆使するようですけどね。
    • ※6 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2014.9.20 17:27
    有人機にする理由付けとしては、宇宙戦闘黎明期で誘導システム等が未整備で、
    パイロットの瞬時の判断が重要視されるってとこだろうか
    だとすると、未来兵器ではなく現行科学の延長で考えるとして、
    ロケット推進で搭載火器はミサイルもしくは無反動砲のみ
    レーザー兵器はまだコンパクト化はできそうにない
    静止物かそれに近いものを一方的にやる戦闘雷撃機としての扱いで、
    戦闘機同士の格闘戦は想定しない

    イメージ的にはWW2頃の潜水艦戦に近いかもしれない
    コソーっと近付いて、無防備な相手をやったら、スタコラ逃げ出す感じかな
    急のつく行動は極力避けて、酸素やら推進力(電池残量)やらを、
    常にマネジメントしながら行動するっていう、繊細な代物だなぁ
    • >コソーっと近付いて、無防備な相手をやったら、スタコラ逃げ出す感じ

      ほほう…これはこれでまた緊張感がありますけど、そうなるとスレで言われてる、ステルス性というのが、光学的にも熱源的にも電波的にも実現してるわけですよね。
      お互いに見えない相手をどう叩くのか、がポイントな感じの。
    • ※8 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2014.9.22 11:22
    現代の潜水艦戦がそれですね
    フィールドが広大なんでソナーとかヴイとか敷設できないんで、
    基本自艦のアビオニクスが頼り
    捕捉するためには、出港直後から追跡するか、艦艇に直接何か付けるかで、
    艦船にスパイを潜りこませて位置情報を発信させるっていう手もなくはないです

    海中では熱源に対する隠密性は無視されますが、宇宙空間ではそれが一番ネックです。
    光学的には巨大デフリに偽装するとかできますし、電波的には回り宇宙線だらけなんで、
    アクティヴにもパッシヴにも何とでもなりそうですね
    熱源探査のほうは、デコイをそこいら中に撒くとかしましょうか
    • ※9 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2014.9.22 11:32
    P.S.
    こういう状況だからこその、有人機なんでしょうね
    戦闘目的での潜水艦の無人機での運用は、空に比べれば大きく劣っています
    最大のボトルネックは誘導技術で、人間の瞬時の判断にはまだかなわないようです
    海中でも同様ですが、宇宙という環境に人間が適応するようになれば、
    五感の延長となるセンサー技術に対して既存の概念の壁が取り払われ、
    今の感覚による発想とは、全く違う画期的な技術革新に繫がるような気がします

    ガンダム世界のニュータイプ論にちょっと影響され過ぎですかね
    • ※10 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2014.9.23 0:48
    私はヤマト世代ですが、古代進の搭乗するコスモゼロはヤマト全作に登場します。「2」から
    登場するのは古代以外の人間が使用するコスモタイガーです。「1」は古代以外の隊員が乗るのは
    ブラックタイガーですが、コスモタイガーとはデザインが異なります。

    何でも最初はすべてコスモゼロにするはずだったのが、当時の作画能力では大量のコスモゼロを
    作画できないため、古代のみの戦闘機になったのだそうです。

    ヤマトの戦闘は地上で行うのと同じなのでデブリという概念はありません。実際宇宙で戦闘となれば、
    デブリを防止するためのセンサーなどが必要で、それこそ攻撃してはさっさと逃げ出し、長時間の
    戦闘は回避されるのではないかと思います。
    • ※11 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2014.9.23 11:34
    隊長機だけがカタパルトから発進し、部下達のブラッククタイガーは、
    船尾のハッチから、何かの糞のように垂れ出ていくのが絵的にも情けなく、
    仲間内でも話題になってましたよ
    個人的には、ヤマトの推進方向と逆方向にカタパルトで加速するゼロより、
    ポロポロっと出てから任意の方向に加速するタイガーの方が、
    理にかなってるとは思ってましたがね
  2. >電波的には回り宇宙線だらけなんで、
    あ、そうか。

    >ガンダム世界のニュータイプ論にちょっと影響され過ぎですかね
    いやー良いんじゃないですかっ!?
    宇宙時代の戦闘では職人的なカンが求められる!
    見えるっ!わたしにも敵が見えるぞっ!

    >コスモゼロはヤマト全作に登場します。
    あら、そうでしたっけ。

    >何かの糞のように垂れ出ていくのが絵的にも情けなく、
    リメイク版もそういえばそうなってましたっけ…。
    というわけで念の為に追記しておきました。どうもありがとうございます。
  1. トラックバックはまだありません。


コメ欄での議論はおおいにけっこうですが、当サイトではドクター同士の罵り合いは禁止となっております。反論する際には、相手の意見・人格を尊重し、どうぞ冷静に。