人気サイト様 最新記事

博士ちゃんねる ヘッドライン

管理人からのお知らせ

26日と27日は、管理人多忙のため更新お休みです!

レスの強調ウゼェー!というドクターへ

レス内の強調表示をOFFにする コチラをクリックして切り替えてください。設定は30日間Cookieに保存されます。
現在のステータス:強調有効

科学技術は私達を幸せにしたか @ [社会学板]


科学技術は私達を幸せにしたか @ [社会学板]
1: 名無しさん@社会人 投稿日:2005/12/19(月) 01:07:05
タイトルどうり
マジスレ
2: 名無しさん@社会人 投稿日:2005/12/19(月) 01:31:15
別に科学技術は全人類を幸福にするためのものじゃない。
誰かが利益を獲得しようとするから技術が開発され進歩する。
で、誰かの利益は誰かの不利益。

幸福になる奴はなるし、ならない奴はならない、それだけ。
4: 名無しさん@社会人 投稿日:2005/12/19(月) 01:42:20
幸せの定義をしようぜ
5: 名無しさん@社会人 投稿日:2005/12/19(月) 03:26:31
>>1の今後のために。

「どうり」ではなく「どおり」な
7: 名無しさん@社会人 投稿日:2005/12/19(月) 05:10:47
っていうか、2ちゃんねるを利用して大学受験や後期試験を乗り切ろう、とする動機(浅ましい動機)でスレ立てたんじゃないの?
そこらの問題集にも載ってそうなテーマだしなw
8: 名無しさん@社会人 投稿日:2005/12/19(月) 05:19:33
いや…大学受験など遠い未来の話ですのでι

9: 名無しさん@社会人 投稿日:2005/12/19(月) 10:55:21
>>1
したよ。明治時代の平民とお前の暮らしを比べてみろや。
10: 名無しさん@社会人 投稿日:2005/12/19(月) 11:30:59
9
でもデメリットが……環境破壊とかはムシか?
12: 名無しさん@社会人 投稿日:2005/12/19(月) 12:00:54
だったら、4大文明の栄えたところはどうよ?ことごとく荒土化してるが。
別に、科学技術が発展していたワケではなく、むしろ熱効率が悪かったために木を伐採しすぎたんだろ。

近世日本も、さほど科学技術が発達していなかったが、熱効率はよかったから、山林はキチンと守れらていたぞ。
13: 名無しさん@社会人 投稿日:2005/12/19(月) 13:10:34
>>10
環境問題を解決するのも結局は科学者・技術者でしょ。
屁理屈はよそうや。
14: 名無しさん@社会人 投稿日:2005/12/19(月) 13:38:36

でも実際動いてるのってボランティアの人とかかな……と思ったんだよ。
15: 名無しさん@社会人 投稿日:2005/12/19(月) 14:01:09
科学技術の進歩により、乳幼児の死亡率が劇的に低下し、総人口が爆発的に増えた。
すくなくとも幸せになる前に死ぬと言う可能性は格段に低下している。
16: 名無しさん@社会人 投稿日:2005/12/19(月) 14:09:35
でも人口が増えすぎて中国困ってるだろ??
インドなんか対策すら練ってねぇし
34: 名無しさん@社会人 投稿日:2006/03/23(木) 19:05:24
>>14>>16
おまえ頭悪すぎ・・・

科学技術が発達→生産性向上→経済が発展
科学技術が様々な恩恵を人類にもたらしたことは論じるまでもない。

冷蔵庫、テレビ、ラジオ、洗濯機、エアコン、自動車、パソコン・・・
未曾有の繁栄をしている現代社会はまさに科学技術のたまもの
35: 名無しさん@社会人 投稿日:2006/03/23(木) 19:13:55
>>14
環境問題は人間(+自然現象)が引き起こしたものだから。科学技術うんぬんは関係ない

>>16
それも人間が引き起こしたもの。
そもそも昔は乳幼児死亡率は今よりだいぶ高かったぞ。
人間がバンバン死ぬより、あまり死なない方がマシだろ?
11: 名無しさん@社会人 投稿日:2005/12/19(月) 11:58:22
俺の主食はカップラーメンだが、明治の人は何を食ってたんだろ?
底辺の人はもっと悲惨で不衛生なものを食ってたかもしれない。
でもいちばん上流の人が食ってたものは、科学がすすんで少しでも良くなったのかなあ。
住環境にしても、他の何にしても、底辺を持ち上げたということかな科学のありがたさって。
18: 名無しさん@社会人 投稿日:2005/12/19(月) 14:35:23
けど、中国では子をつくり過ぎた家庭では子どもを産まれてないことにしていると言う。…………てかテーマから外れたな。
19: 名無しさん@社会人 投稿日:2005/12/19(月) 15:19:57
社会科学はどうだろうか。
人類の平和と福祉に貢献しているだろうか。
20: 名無しさん@社会人 投稿日:2005/12/20(火) 19:32:20
だから、なぜ「人類」で括る?「人類」の幸せなんか誰も願ってないよ。
23: 名無しさん@社会人 投稿日:2005/12/21(水) 08:03:24
>>20
ひどいことをいうな。
世界中の人々が日本とかアメリカ並みに豊かになるのは、とてもすばらしいことじゃないか。

格差は増えたか減ったか?(世界の経済格差)
24: 名無しさん@社会人 投稿日:2005/12/21(水) 15:58:51
豊かさというのは、格差の頂点のこと。
全てが「頂点」などということは有り得ない。
25: 名無しさん@社会人 投稿日:2005/12/21(水) 20:33:25
人間も繁栄し過ぎると恐竜のようにいつか滅びる。
26: 名無しさん@社会人 投稿日:2005/12/22(木) 05:04:55
繁栄し無くったって必ず滅びるよ。
世の中繁栄せずに滅びた種の方がはるかに多い。
同じ滅びるなら繁栄してから滅びようじゃないか。
3: 名無しさん@社会人 投稿日:2005/12/19(月) 01:41:04
聞くところによるとね、物理学でも化学でも数学でも、専門がものすごく、細分化してて、その分野の最先端のことを話し合える専門家なんて世界で数えるほどしかいないんだって。
また、自分のすぐ横の専門家が何をしてるのかも、よく分らないんだって。


つまり、たとえば物理学者でも、自分の狭い専門のことは知ってても、物理学全体を見渡せないんだって。
とするとね。自然科学者ってそもそもなんで自然科学を研究しはじめたんだろう、と思うわけです。
どんな学問でもそうだけど、なんか、よりよく知りたい、っていうものが原動力としてあると思うけど、実際は袋小路みたいなところに入って行って、それで科学者たちは楽しいのかな、と思うのです。

科学の恩恵を受けるほうはともかく、その恩恵を施す側(科学者)の現場がそんなだと、やっぱ自然科学って行き詰まりかなあ、なんて思うけど。
29: 名無しさん@社会人 投稿日:2005/12/26(月) 10:09:43
ヴィラヤヌル・S・ラマチャンドラン自然科学と文系の学問という二つの文化が融合する時代はもうそこまできている。
脳の仕組みの解明がそれを可能にするだろうと、ラマチャンドランは言っておりました。
31: 名無しさん@社会人 投稿日:2005/12/28(水) 18:41:35
ダニエル・デネットラマチャンドランだけでなくデネットのような哲学者もそのように申しております。
32: 名無しさん@社会人 投稿日:2005/12/28(水) 18:44:15
ポール・チャーチランドチャーチランドのような哲学者もそのように申しております。
33: 名無しさん@社会人 投稿日:2006/01/02(月) 17:11:18
このたびどの学問が最も基礎的なのかという全世界的な議論がおこなわれ、その結果、工学こそ最も基礎的な学問MSF(Most Foundational Studies)であろうという流れになっています。
その根拠は、

1:あらゆる自然科学はその時代のテクノロジー(工学の応用)によってもたらされた
2:あらゆる思想はその時代(一つ前の時代の)テクノロジーによってもたらされてた
3:あらゆる数学、数理科学、情報科学は工学の抽象化でしかなく、いわば整合性を取るだけの残務作業。
4:人間は道具をもった猿でしかない→工学こそ人間を特徴付ける
5:あらゆる概念の背景にあるのは、その作り出された道具によってもたらされたか、それ自身の抽象化でしかない。

だそうです。もうすぐ国際MFS会議から発表されるそうです。
37: 名無しさん@社会人 投稿日:2006/08/21(月) 14:20:44
そもそも科学と技術は別物。
さらに個々の科学・技術と、それが使用/利用された結果とは別個に論じられるべき。

その辺を区別なく論じると安易な科学礼賛や反科学に陥る。
54: 名無しさん@社会人 投稿日:2007/10/14(日) 20:29:20
>>37
あえて総じて論じてみよう。
現時点で振り返り、その結果を考えうるなら、おそらくそれは私たちを幸せにしているといえる。
次代に繋がった、という一点において、これは否定しえないだろう。
科学技術の進歩は、少なくとも私たちに、「過去を振り返る時間」と、「未来を予想する時間」を与えた。その機会をあたえた。

私たちは幸せを目指す機会を、科学技術によってより多く獲得した。

同時に、そのためにおこる悲惨も沢山生み出したんだが、それは、これから克服していくべき課題であり、それを解決するのもまた、科学技術なのだ。
38: 名無しさん@社会人 投稿日:2006/09/20(水) 01:31:17
科学技術に国境が生じた」ってどういう意味だと思う?
39: 名無しさん@社会人 投稿日:2006/09/20(水) 03:37:00
>>38
知的水準の格差?
40: 名無しさん@社会人 投稿日:2006/09/22(金) 16:05:45
物理原則や技術そのものには国境はないけど、科学・技術の実践者である科学者・技術者とその集合体としての科学者・技術者コミュニティは政治・経済に影響されずにはおれないから、その意味では国境があると言える。
41: 名無しさん@社会人 投稿日:2006/09/22(金) 20:31:05
ちょっと質問。
このスレでは、科学技術が人間を幸せにしたかどうか議論してるけど、ほんとのとこはどうなの?
いやつまり学問的にはどうなってるのか?ということ。
42: 名無しさん@社会人 投稿日:2006/09/24(日) 13:08:53
幸福の定義による。

一般論として、科学・技術が人類社会に非常に大きな恩恵を与えたことは間違いない。
その一方で、環境問題や大量破壊兵器などを例に科学・技術の負の面が指摘される。
ただ、こうした「科学・技術の負の面」は多くの場合、科学・技術の使用法に関わる問題だとも考えられる。

つまり科学・技術それ自体が本質的に善悪を持ちうるのか?という問いがあるわけで、この点に関しては以前から議論がある。
よって科学・技術が人類を幸せにしたか?という問いには直接的には答えにくい。
44: 名無しさん@社会人 投稿日:2006/09/24(日) 13:41:12
>>42
う~ん、となるとこれは今んとこは「解決」不可能の問題になりますねー。
ここでやってるように哲学的な議論をするしかないのかも…。
多くの人間が「納得」できてのみ、科学技術をつかうという方法も考えられるけど、ここまで科学技術が宗教化した現実じゃあね…。
それとも対抗策としてオカルト的科学技術でも復活させますかねw
丁寧なレスありがとう。
46: 名無しさん@社会人 投稿日:2006/09/25(月) 14:47:15
科学技術社会論(STS)という分野がこういった事柄に対して学際的アプローチをしているので、参照してみてはどうでしょうか?
科学技術社会論 (Wikipedia)
科学技術社会論(かがくぎじゅつしゃかいろん、英語: Science, technology and society、STS)は科学的、政治的、文化的な価値がどのように科学の研究と技術革新に影響するのか、そしてこうしたことがらがどのようにして社会、政治、文化のほうにも影響しているのかを探究する研究分野である。
50: 名無しさん@社会人 投稿日:2006/09/28(木) 16:27:30
工学系の大学なり企業なりの試験で>>1が提案しているような『科学技術は人類を幸福にできるか』とかなんとかの題で作文書かせたら、その人の人物評価がかなり出来るんじゃないかな。
内面の精神的な部分や純粋な知識評価で。
否定的な文書くヤツとかやたら夢物語的に楽観視するヤツとか…面白そうだが。
53: 名無しさん@社会人 投稿日:2007/03/01(木) 17:28:00
科学は先進国のひとを幸せにしたと思うが、
56: 名無しさん@社会人 投稿日:2007/10/18(木) 11:06:45
まず米国の連邦銀行準備金制度に発端がある。

ローンで貸し付けた金の利息をまた貸し出し、その利息をまた貸し出す構図。
これで、市場に自由に金がめぐるようになった。


常に誰かが、どこかの企業が借金し、利息を払いながら事業を拡大する。
社会が拡大されれば、去年よりはるかに多くの資金が市場維持に必要になる。

これに限界があるのか?アメリカは、とんでもない資金を海外に借りてやっと経営している現状。

これが、科学技術の躍進的な発達の原因。
しかし、人を幸せにしたかどうか?はわからない。今後どれだけの良心があれば、今の経営を善にかえられるか?
57: 名無しさん@社会人 投稿日:2007/12/07(金) 23:42:19
どんなにすごい文明の利器も、しばらくすれば「あるのが当たり前」になってしまうからねえ。
人間が感じられる主観的な幸せの量って、昔とほとんど違わないのでは?
58: 名無しさん@社会人 投稿日:2008/04/08(火) 23:56:25
>>57
同意。むしろ今のような利器がある方が、不幸かもしれない。
その下があるのは、わかっているからね。
59: 名無しさん@社会人 投稿日:2008/05/03(土) 04:36:35
幸せにする可能性を増やしたんじゃね?
65: 名無しさん@社会人 投稿日:2009/08/13(木) 23:11:48
科学の使い方の問題点は、昔から今まで呪術師の呪術の使い方の問題点とそっくり。

結局は、今も昔も変わりが無い
力のタイプが変わっただけ。
75: 名無しさん@社会人 投稿日:2009/11/27(金) 17:35:57
タイムリーだからageよう

事業仕分けでのノーベル賞級科学者の「抵抗勢力ぶり」には多少ショック受けた人もいるんでないかな
一流科学者=一流人格者なんて思ってるのは日本人だけ?
野口英世が実績ないのに持ち上げられた経緯とか調べると、日本人の科学観の特異さが出てこないかな
76: 名無しさん@社会人 投稿日:2010/01/03(日) 21:47:14
肥料に改良によって食生活は驚くほど安定したわけだが。
飢え死の心配がないだけでもすばらしいことだよ。


確かに電子機器なんかは逆に人間を忙しくしている気はするが。
77: 名無しさん@社会人 投稿日:2010/01/27(水) 01:06:34
そもそも幸せって何だっけ?

なんつう地味なテーマなんだ…、このまとめ記事読むひといるんでしょうか…。ル~ルル~♪

ハイ、そういうわけで、なんか考えさせられるスレですね。
「幸せなんてものは人それぞれ」…なんて言っちゃえばそれまでですけど。数値化できないし、主観的で、かつ相対的なものですし。

アーミッシュのひとびと
カナダなんかには「アーミッシュ」と呼ばれる一種の宗教集団があって、移民当時の生活を維持して自給自足の生活なんてしてるひとたちもいますね。電気はもちろん、通信機器も一切使用しないし、馬車を使うとか。そういう充足の形もあるということでしょうか。

ザ・スタンド
スティーヴン・キングの小説に「ザ・スタンド」というのがあって、これは「キャプテン・トリップ」という窒死率99%以上のウィルスが流行して、ほとんどの人類が死亡するストーリーですが、生き残ったひとたちが、神がかったバーチャンに導かれて、かつての文明の利器を取り戻そうと四苦八苦する姿が描かれています。とってもおもしろいですから、読んだことのない方はゼヒゼヒ。ゲイリー・シニーズ主演でTV映画にもなってます。
そして、そんな状況に陥ったとしたら、自分はどうするだろう?ということをちょっぴり考えてみてほしいです。

まぁ、幸せにしたかどうかはさておき、科学技術が我々の生活を便利にした、という点については間違いのないところですよね。
娯楽・情報の増大、豊かな食生活、高度な先進医療、大量生産を可能にした工業機械…と挙げていけばキリないですが、その一方で、世界中の(後進国の人々を含めて)全員が先進国のような暮らしをすると、あっという間に資源不足・食料不足に陥ってしまうというハナシもあります。

管理人なんか子供のころは、大航海時代みたいな、世界の有様がよくわからない時代!とかに強いロマンを感じていましたね。
世界の果てがどうなってるか誰も知らないような、未知の生物とか、あるいは未知の大陸を求めて世界を冒険して回った探検家たちの記録を読むと、そんな時代に生まれてみたかったなぁ…って。
現代にだって、たくさんの冒険や謎が溢れてるわけですけど、当サイトではそういった、いまだ科学が征服できていないテーマにも、様々な側面から切り込んでいきたいものですネ。そしていろんなことを考えてみて欲しいです。(特にお若いドクターには)
ザ・スタンド 1 (文春文庫)
スティーヴン・キング 深町 眞理子
文藝春秋
売り上げランキング: 34,367


元スレ:http://academy4.2ch.net/test/read.cgi/sociology/1134922025/

人気サイト様 最新記事

博士ちゃんねる ヘッドライン

管理人からのお知らせ

26日と27日は、管理人多忙のため更新お休みです!
    • ※1 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2014.10.6 22:38
    私は東京の国立大学を目指す高校生です。
    将来は理論系の研究者ではなく、工学系の技術者として日本の役に立ちたいと思っています。
    この先、日本の生き残りと発展繁栄ために最も必要になる科学技術の分野とは何なのでしょうか?
    一応、私的には、
    エネルギー工学(核融合発電)、航空宇宙工学、ロボット工学、計算機工学(スパコン)、情報工学
    などが重要になってくるのではないかと考えています。
    もし、先達やお詳しい方が居りましたら、是非ご教示ください。
    • ※2 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2014.10.7 0:42
    科学技術は、か
    幸福にしてると思うよ
    水の無いところに届けられるようになったからね
    それに四苦のうち、病・老・死は遠ざけられた
    それに伴う新たな問題も出てるけど、それは個人の問題で、総体論で語るなら無視していいかな

    さて日本の生き残りと発展繁栄のためにってことで、幾つか挙げてるけどなんというか、花形産業だね
    水力学・流体力学・電磁気学なんかも忘れないでほしいな
    ま。これは私がそういう分野で働いてるからそう思うんだけどね
    他にも材料工学とか力学とか、地味だけど大事だよ
    結局、何をやるにしても基礎に数学と物理学がある
    何の工学技術者になるかは置いておくにしても、押さえておくべきはこの二つじゃないかな
    どの道に進むかは、「日本の生き残り発展繁栄」をどう捉えて、解釈するかで変わってくるから、これ以上はなんとも言えないな
      • ※4 : ドクター・ノオ・ネーム
      • 2014.10.7 1:46
      丁寧に教えていただきありがとうございます。
      日本の経済に直接及び間接に大きく寄与できるものは何かという観点から考えていました。
      まだ社会のことをよく知らない若輩ですので、漠然とした憧れのようなものを基準にして選んでしまった気がします。
      これから受験勉強と併行して、花形だけではない様々な工学分野のことについて広く調べていこうと思いました。
      土台となる数学と物理も、これまでよりも更に力を入れて頑張ろうと思います。
      とても励みになり、参考になりました
    • ※3 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2014.10.7 0:56
    もしも全ての工場がメンテも含め完全に自動化されたら、工員は不要となる。
    もしも全ての商店や売買が完全に無人化されたら、店員は不要になってしまう。
    もしも全ての農産物が完全自動化された工場で生産されたら、農作業員は不要だ。
    自動運転車が出来ればタクシーの運転手もいらない。自動翻訳機があれば通訳はいらない。
    科学技術が発展すると職業がどんどん消えて行く。みんな失業者。みんなみんな無収入。
    んだども、オラ農業しかできねえだ。山にこもって自給自足がいいべさ。
    • ※5 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2014.10.7 2:24
    幸せになったと思いますね
    知恵の実を食べて不幸になっただとかいう話もあるけど、食べてしまったんだからあとは知恵を使って生きやすいように発展させていくしかないんだと思う


    日本の生き残りと発展なら、バイオ分野も大切ですね
    ※1は工学系目指してるっぽいし興味のある分野とは違うかも知れないけど

    これから確実に成長する分野だし、ヒトの生命そのものを握っていわゆる生政治とか生権力に直接関わる分野ですしね
    そういう分野に関わってる側からすると、恥ずかしながら今はまだ発展途上な分野だけど、今後数十年のスパンで見るならしっかり握っておきたい分野かと
    • ※6 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2014.10.7 9:06
    科学技術のない時代に生きてたわけじゃないから幸福になったかどうかはわからないけど、科学技術が人を幸福にするかどうかはやっぱり運用する人に依存するんじゃないかな

    日本は新素材開発がお家芸らしいね
    カーボンナノチューブとか
    まぁ自分は情報工学志望だけど
    • ※7 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2014.10.7 9:21
    科学技術とはちょっと違って医学のほうだけど、
    わたしゃ中学生の頃に盲腸炎(虫垂突起炎)をやりましたが、これは江戸時代までなら
    死ぬしかない病だった。
    それが今生きてられるのは医学のおかげだからね。うちの娘もやっぱり盲腸炎やったが
    今元気なのはやはり医学、科学の発達のおかげ。
    そりゃ死ぬよりは生きてられる、選択肢がある分どんだけ幸せか。

    そういうと、科学医学の発展で幸せになっただけでなく、何か失ったものがあるのではないか
    とか訳知り顔にいうやつが時々いてイラつくけど
    何も捨てない、何も失わない進歩なんてあるわけねーんだよ。
    • ※8 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2014.10.7 11:19
    ※7それはあなたが医学の発展の恩恵を受けられて、なおかつ科学の発展の犠牲にならない立場にあったから言える意見ではないでしょうか?
    • ※9 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2014.10.7 13:05
    科学の犠牲や恩恵ってのが、誰に対する、何を指すかですよ
    幸福自体そのものが絶対的なものではなく相対的なものですしね

    人は誰もが幸福になる権利があるが、他人を不幸にしていいという権利もない
    自分の幸福の上にはさらに幸福を享受してる人間がいることは自覚してても、
    自分の幸福が多数の不幸の上に築かれてることを自覚してる人間は少ない
    「発展には犠牲がつき物」とはよく言われるが、自らがその犠牲になろうとする人は、
    特にこの言葉を発する側の人間には少ないように思いますね

    華岡青州の行為も犠牲を伴ったけど、それが本人の犠牲でないことは確かだし、
    彼自身が犠牲になったら、今日の発展が無かったってのも事実なんですよね
    「科学技術」「私たち」「幸せ」っていうことをきっちり定義して、
    共通の認識を持たない限り、この議論は収斂しませんよ
    • ※10 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2014.10.7 18:14
    幸福を科学しちゃおうぜ
  1. なんかウチのドクター方の職業は、きっと多彩なんだろうなぁーと思わせるコメ欄ですね。
    日本の将来のために頑張る学生さんドクターも、ゼヒ、今のうちにたくさん勉強して、将来の進む道をじっくり考えていただきたいです。

    >幸福を科学しちゃおうぜ
    巻末にアフィはる時、amazonで「幸福 科学」で検索したら、大川隆法の本がたくさんヒットしてましたw
    • ※12 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2014.10.13 3:48
    歯医者の治療を受けている時に、もっとも技術の進歩による幸せを感じられると思うよ

    昔の虫歯の治療法や麻酔について知ってから座ると余計にね



    食事の前にも、少し思いを馳せてみるといいと思う

    目の前にある食材は、誰がどれほどの技術を投入した上で作られ、どういう技術によって輸送されてここにあるのか
    買い物に行った時に店に大量の食材があるのはどうしてか
    調理器具にしても現代住宅の台所そのものにしても、水回りそのものが科学技術の塊なわけで
  1. トラックバックはまだありません。


コメ欄での議論はおおいにけっこうですが、当サイトではドクター同士の罵り合いは禁止となっております。反論する際には、相手の意見・人格を尊重し、どうぞ冷静に。
*