人気サイト様 最新記事

博士ちゃんねる ヘッドライン

レスの強調ウゼェー!というドクターへ

レス内の強調表示をOFFにする コチラをクリックして切り替えてください。設定は30日間Cookieに保存されます。
現在のステータス:強調有効

データを1億年後まで残す方法を考えようぜ @ [未来技術板]


データを1億年後まで残す方法を考えようぜ @ [未来技術板]
1: オーバーテクナナシー 投稿日:2010/09/23(木) 18:25:54 ID:ah6kjyVF
「そんなに残してどうすんだ」ってツッコミも当然あるだろうが・・・
まあ、未来の人類のためでも人類絶滅後の知的生物に伝えるためでも、動機は何でもいいから、億年レベルの情報保存技術を考えてみよう。
2: オーバーテクナナシー 投稿日:2010/09/23(木) 19:08:44 ID:aRn1rAXQ
石に刻んで宇宙に射出するといいかもよ
3: オーバーテクナナシー 投稿日:2010/09/23(木) 20:33:26 ID:hna/HHcX
地表に大陸:海洋の2値で書き込む。
4: オーバーテクナナシー 投稿日:2010/09/23(木) 23:45:15 ID:wS6l0Vzf
昔みた夢を思い出した。

すんごい未来の人と話がしたくて悩んでいた。
何も答えが出ずせめてメッセージを残そうと夢の中で思った。
USBメモリ、カセットテープ、紙、壁画・・・

絶望ぶりに焦燥感を隠せず夢の中で泣きそうになっていた。


目がさめてもう訳がわからん。
5: オーバーテクナナシー 投稿日:2010/09/23(木) 23:55:54 ID:vBan0VFZ
動機を人類絶滅後の新たに発生した知的生物に伝えるためとして
A. 安定した地殻を持つ月に、金に情報を刻みセラミックコーティングした物を大量にばらまく。
   1.金が有るからと行ってわざわざ盗みに行く人類はいないだろう。
   2.セラミックコーティングにより宇宙線等から金を守れる。
   3.新知的生命が月に行く意欲、技術を持たないと当然発見できない。
   4.効率的に月にばらまく方法が未。
   5.B案に比べお金がかかる。


B. 地球大陸(含大陸棚)にばらまく
   大量のセラミックに情報を刻み、まんべんなくばらまく
   1.セラミックなら長持ち、貴重では無いので人類に採取され破壊される可能性が低い
   2.大陸ならばマントル上に浮かんでいるので、海洋底にバラまくより残りやすい
   3.A案より安価、新知的生命も月に行く必要はない。
   4.かなりの数は水没、埋没するだろうから1億年後の発見率はA案より低いか?
   5.A案に比べ風化の影響を受けやすい。
   5.ばらまく土地を選ぶ必要がある。下まけない所
    火山(火口内のみ)
    南極(海に流れる氷河上のみ)
    耕地(耕作の邪魔、家畜への影響)
6: オーバーテクナナシー 投稿日:2010/09/24(金) 01:23:13 ID:eWac05Qs
>>5
月に置いとくのがいい案だと思うな。
コーティングしても金の輝きが失われないようにして、なおかつ太陽の光を反射して、地球からでもそのキラキラが観察でき、人類の後継知的生物の関心を引くくらいの大きさにする。
金箔を貼った金屏風みたいな感じになるだろうか。
7: オーバーテクナナシー 投稿日:2010/09/24(金) 02:38:57 ID:+uV1uoGz
最近のフラッシュメモリーで撮った動画の保管方法すら確立してないんだぜ。
すぐに10テラとか行くからどうにもならん。
8: オーバーテクナナシー 投稿日:2010/09/24(金) 03:11:39 ID:wa/qTtZU
細菌の未使用遺伝子にデコード法と共に書き込んで海にばら撒く
1億年も経てばどこの海すくっても取り出せる
9: オーバーテクナナシー 投稿日:2010/09/24(金) 08:23:03 ID:/xDkhl+b
未使用遺伝子と思ってたら実は使われてて、細菌絶滅、または情報読み取れないほど変異というオチ
10: オーバーテクナナシー 投稿日:2010/09/24(金) 08:27:50 ID:SCoj1hJG
5-6
月案への改案
金でディスクを作成し情報書き込み後セラミックの容器に入れる。
月にナスカの地上絵のアイデアで地球から確認出来るサイズの円又は正三角形を描き、その中心にセラミック容器を埋める、地上にまく等条件を替え大量に置く。


月が今の面を地球にむけているとは限らないし隕石による破壊も有るから、相当箇所に図形を書く必要があるだろうな。

>>7
別に現在の全ての情報を残す必要な無いだろう。(2チャンネルのlogは残すべきかな?)
当然残す情報は取捨選択することになる。

>>8
遺伝子に刻むのは良い方向だが、未使用遺伝子はコピーミス率が高いからな~
人類の後的生物継知が月まで行く必要が無いのと大量に情報が残るのが魅力だな~
管理人より:遺伝子ていうのは整然と情報が書き込まれている部分と、雑然としてて内容がさっぱりわからない部分に分かれているそうで、後者を「未使用遺伝子」とか「ジャンクDNA」とか呼びます。ヒトゲノムに関してはなんと97%が「ジャンク」だそうですね。
ホントに「ジャンク」なのかどうかについては、ゲノムの研究が進んでいくウチにやがて判明するかもしれないですが、現在は謎に包まれた遺伝子領域。安易に情報を書き込んでいいかどうかはわからないですね!
12: オーバーテクナナシー 投稿日:2010/09/25(土) 00:36:58 ID:VC0LxfPU
人類が月や火星に探査船を飛ばすくらいの文明を持っていたことを、後世の知的生命に証明するためにも、実際に月や火星にいっぱい、遺物を残しておくべきだ。
13: オーバーテクナナシー 投稿日:2010/09/25(土) 09:10:08 ID:TtfUKxMD
>12
何のために?

未来技術なんだからさ、たとえば、タイムマシンで今日の新聞をもって1億年後にいくってことで終わりなんじゃない?

制限をつけるとして、
1.現在実現可能、もしくは現在ある理論で実現可能
2.1億年後のデータのある場所は地球上
3.データをみるものはその内容を理解できる(たとえばアルファベットでデータをのこしたものを1億年後にアルファベットを理解できる)
4.データー量は最低A4コピー紙1枚位
5.残されるデータは1億年の間、物理的作用に変化を受けない。もしくはほとんど受けない。
6.物理的に全データの回収が可能

みたいなものが必要なんじゃないかな?
14: オーバーテクナナシー 投稿日:2010/09/25(土) 11:00:44 ID:5CxvOco7
1億年も地球に残すなら化石の形かな
より多くの情報を残したいのなら、ジュラシックパークをインスパイアすると良いかもね
15: オーバーテクナナシー 投稿日:2010/09/25(土) 11:20:51 ID:B/RvZfEi
>>14
それに関して前からちょっと思ってたことがある。

日本人は死んだら火葬にしてしまう。
人類が滅んでも、文明の遺物のいくつかは後々まで地中に残るだろう。
しかし、日本列島においては、その遺物の主の化石が全く残らない事態が起きる。

別にどうでもいいことかも知れんが、過去の文明を担った人種の特徴を調べたい、未来の考古学者に対してはちょっと不親切だ。
管理人より:火葬しても骨は残るし、土葬でも結局骨だけになるんだから、まぁ別にいんじゃない?と思います。
16: オーバーテクナナシー 投稿日:2010/09/25(土) 12:00:08 ID:M6ji46SF
17: オーバーテクナナシー 投稿日:2010/09/25(土) 13:28:40 ID:c/0kWc75
ボイジャー計画
ボイジャーは1億年後にはどの辺りまで飛んでいるんだろう…
18: オーバーテクナナシー 投稿日:2010/09/26(日) 13:42:39 ID:lOndd+zz
>>17
ボイジャーではないが、パイオニア10号に積まれた金属板には、地球の位置を示す図が描いてある。
侵略大好き宇宙人に捕獲されて読まれたらどうするのか。
ああいうことはするべきではない。
22: オーバーテクナナシー 投稿日:2010/09/27(月) 00:08:31 ID:8a7ihOwD
>>18
侵略目的じゃなくて、すっごい善意の宇宙人が「この星の知的生命体が助けを求めている!行かねば」つって、すっごい苦労して数百世代くらいかけて地球まで来てくれたらどうしようって思う。
ゴメンナサイで許してくれるかな?
20: 投稿日:2010/09/26(日) 19:12:15 ID:KYNgD6Ge
まだ銀河の中をウロウロしているかも。
21: オーバーテクナナシー 投稿日:2010/09/26(日) 20:24:09 ID:tV9Zzf4H
当然そうだね。
65光年さきのアルテバランに200万年かかるっていうんだから。
そのくらいたったころに人類がいるかどうか。。
なんか悲しくなってしまった。
23: オーバーテクナナシー 投稿日:2010/09/27(月) 00:25:24 ID:MYx4/NZe
テレビの電波とかはどこまで届くんだろうね
他の星の連中が受信して見てたら面白いんだが
24: オーバーテクナナシー 投稿日:2010/09/27(月) 00:49:03 ID:YZVIfxKE
受信料払え!って他の星の文明にまで要求するNHKとかありえそうな気がしてならん…
25: オーバーテクナナシー 投稿日:2010/09/27(月) 02:55:24 ID:CQzhK9jb
JASRACも「視聴人口が増えるなら著作権使用料も増額」って言いそうだなぁ
管理人より:電波についてはおもしろい話しがあるので巻末にてご紹介します。ウフフ。
29: オーバーテクナナシー 投稿日:2010/10/03(日) 20:26:58 ID:ZuwYZFSF
1億年後といわず、100年後まででいいから、データを残したいんですが
30: オーバーテクナナシー 投稿日:2010/10/04(月) 17:46:33 ID:RV30T61h
メディアが劣化する前にコピーを繰り返せば良い
31: オーバーテクナナシー 投稿日:2010/10/06(水) 07:07:06 ID:zUTlKC28
そこまで人類が存続してるか心配してるんだろ
管理人より:怖いなw
33: オーバーテクナナシー 投稿日:2010/10/10(日) 06:47:49 ID:vK72vE8y
ナスカの地上絵
ナスカの地上絵やオーパーツも、古代人が残した情報なのかもね。
34: オーバーテクナナシー 投稿日:2010/10/10(日) 09:21:16 ID:SiHeyqEl
正直石板とかだすなら、パイオニア10号とかにのっけた金属プレートのがいろんな意味で良いと思うが。
1億年先に、パイオニア10号が存在しているかどうかは分からんが、仮にその時も宇宙を漂っているとしたなら、どんな感じになってるのだろうな、妙なロマンはあるなw
いつかそれを宇宙人が見る日が来るのだろうか。
パイオニア10号の金属プレート
管理人より:パイオニア10号に載せられた金属プレートのデザインはこんな感じ。
水素分子、太陽系の位置、太陽系の構成、地球の位置、探査船の軌道、人類の外形と大きさ、といった情報が入っています。天文学者で地球外生命体の信奉者、カール・セーガンの発案。人類の夢を載せて、パイオニア10号は虚空を飛んでいます。ロマンですね。
36: オーバーテクナナシー 投稿日:2010/10/11(月) 19:28:15 ID:aHUm46we
パイオニアやボイジャーは今どの辺にいるの?
オールトの雲まではまだ数万年かかるのかな。
管理人より:「オールトの雲」というのは彗星が誕生する場所と思われている、太陽系の遥か彼方を取り巻く小惑星帯。直接観測されている天体ではありません。
37: オーバーテクナナシー 投稿日:2010/10/11(月) 23:34:33 ID:5N9nUpGd
予想外の減速が掛かっているらしい
39: オーバーテクナナシー 投稿日:2010/10/13(水) 00:36:33 ID:CvlWHS90
>>37

予想外&原因不明、わくわくするなぁ
40: オーバーテクナナシー 投稿日:2010/10/14(木) 00:57:22 ID:eet3yDN3
>>37
てっきり山本弘の小説のネタかと思ったが事実だったのか
38: オーバーテクナナシー 投稿日:2010/10/12(火) 01:35:31 ID:dYo+4wIY
計算上は170万年先に53光年はなれたアルデバラン付近へ到達らしいなwikiだと
ま、さすがに1億年は長いわ、あの速度でも3000光年先までいける。
管理人より:減速云々は「パイオニア・アノマリー」と呼ばれる謎の現象。
パイオニア・アノマリー (英: Pioneer anomaly) は、太陽系外に脱出した惑星探査機の実際の軌道と理論から予測される軌道との間に食い違いが見出された問題を示す。 1980年ごろにこの問題が明らかになって以来、その原因をめぐって単なるガス漏れから新しい力学理論までさまざまな可能性が検討されてきたが、その後の過去のデータの詳細な解析によって、2011年には探査機が搭載する原子力電池による非等方的な熱放射による可能性が高いことが発表された[1][2][3]。
46: オーバーテクナナシー 投稿日:2010/10/16(土) 11:37:41 ID:sDxhrfDq
月に残す案は、隕石で破壊される危険性を除けば、地球上に残すよりいい案のようだな。
だが、1億年どころか10億年を超える単位で考えると、太陽の膨張で地球も月も飲み込まれてしまう。
火星より外側にある岩石惑星または衛星に退避させておくことを考える必要がある。
52: オーバーテクナナシー 投稿日:2010/10/23(土) 06:12:22 ID:2ZZjWsju
1億年後にはテクノロジーも進歩してるだろうから、その時の宇宙の原子の状態が分かれば、時間軸を遡ってシミュレートすることで、過去のあらゆる状態を知ることが出来るわけだから、とくに何もしなくてもデータを1億年後まで残す事は可能。
53: オーバーテクナナシー 投稿日:2010/10/23(土) 11:41:40 ID:VogQxay+
それならタイムマシンでよくね?

ただいずれにせよスレの主旨にあわんと思うね、やっぱメモリカードやCDのようにデータとして扱い、コンピュータとかで読んだりコピーしたり他人に渡したりできないと駄目かな。
管理人より:現在の状態から、因果関係を紐解いて無限大の過去まで遡るというのは、ほとんど「ラプラスの悪魔」と同じ。
ラプラスは自著において以下のような主張をした。
もしもある瞬間における全ての物質の力学的状態と力を知ることができ、かつもしもそれらのデータを解析できるだけの能力の知性が存在するとすれば、この知性にとっては、不確実なことは何もなくなり、その目には未来も(過去同様に)全て見えているであろう。

――― 『確率の解析的理論』1812年

つまり、世界に存在する全ての原子の位置と運動量を知ることができるような知性が存在すると仮定すれば(ひとつの仮定)、その存在は、古典物理学を用いれば、これらの原子の時間発展を計算することができるだろうから(別の仮定)、その先の世界がどのようになるかを完全に知ることができるだろう、と考えた。この架空の超越的な存在の概念を、ラプラス自身はただ「知性」と呼んでいたのだが、後にそれをエミール・デュ・ボワ=レーモンが「ラプラスの霊(Laplacescher Geist)」と呼び、その後広く伝わっていく内に「ラプラスの悪魔(Laplacescher Dämon)」という名前が定着することとなった[1]。
この概念・イメージは、未来は現在の状態によって既に決まっているだろうと想定する「決定論」の概念を論じる時に、ある種のセンセーショナルなイメージとして頻繁に引き合いに出された。
54: オーバーテクナナシー 投稿日:2010/10/23(土) 22:40:26 ID:2yhNBiss
DNAに書き込めばいいか2進数ぽいし
55: オーバーテクナナシー 投稿日:2010/10/24(日) 19:56:19 ID:TrrQqnzT
何十億年も前の情報が細胞1個1個に入っているぞ。
57: オーバーテクナナシー 投稿日:2010/10/25(月) 05:26:23 ID:5fbbSNiq
塩基は4種類だよ
58: オーバーテクナナシー 投稿日:2010/10/25(月) 21:12:11 ID:LlAI/by/
4種だけど対になってるから対を除くと2種だろ
管理人より:DNAの塩基配列は「アデニン(A)」「グアニン(G)」「シトシン(C)」「チミン(T)」の4種類。AはTと、CはGと必ずペアになって合体するので、延々と続く塩基配列には「A-Tペア」と「C-Gペア」の2種類しかありません。これがはしご状に連なって右回りの2重らせん構造になっています。
これはコンピューターの2進数「0」と「1」と同じではないか…!ステキですよね。
10.9追記:…と思ってたら、コメ欄でご指摘を受け、「A-T」「T-A」は違うということですので、4種類あるということになりますね。まぁ言われてみればそうか…。
67: オーバーテクナナシー 投稿日:2010/11/01(月) 19:38:37 ID:517F/OiP
情報というのは、何かに対象させた記録するものであって。
その対象が不明で情報だけ残っている場合は完全に無意味になる。

意味として残すには、当時の価値観のすべてを残す必要がある。
すべて相対的に意味が作られているってことに気がつくべき。
68: オーバーテクナナシー 投稿日:2010/11/01(月) 22:15:28 ID:LymsGTa7
だよな
十二音階や三原色なんて人間固有のもんだもんな
データが復元できても意味不明な規則性しか認識できんかもしれん

言語にしたって動作、形容、固有名なんて文化的共通点が無いとまったく意味が無い
データの復元者が人類である前提が必要だな
69: オーバーテクナナシー 投稿日:2010/11/02(火) 01:45:24 ID:Z2AyBru9
素数は誰にとっても素数だ
72: オーバーテクナナシー 投稿日:2010/11/02(火) 22:55:10 ID:WW7OZn6J
>>69
素数を宇宙に送信し続ければ、人類の存在をアピールできそうだな
スレチだけど
管理人より:先述のカール・セーガンの書いた小説「コンタクト」には、宇宙から延々と円周率が送信されてくる…という描写がありますね。素数はケタが大きくなると素数かどうかの判別がめんどうだから、宇宙人さんの手間を省くために円周率の方がいいかな?
75: オーバーテクナナシー 投稿日:2010/11/04(木) 08:09:29 ID:RS5riuwU
メディアが何であれ>>72の言うように知的生物ならそれがプロトコルである事を示す事が出来る。
一連の素数の羅列の次に同じ内容の数字を書けばそれが、何進数でも数字である事を理解してもらえるだろう。

そうやって段階的にプロトコルを説明していく
73: オーバーテクナナシー 投稿日:2010/11/03(水) 12:24:04 ID:KLYAfZ31
>>69
逆に言えば、保存するまでもないな。
74: オーバーテクナナシー 投稿日:2010/11/03(水) 13:21:12 ID:eKXX+1Rr
>>69
5,7,5,
5,7,5,7,7
素数を知らない時代の人が素数表現で歌を詠んだ事に、どの様な説明をしてくれるんだい?
71: オーバーテクナナシー 投稿日:2010/11/02(火) 08:59:59 ID:5+DRho4v
素数であるということを伝えるのは難しいがな
78: オーバーテクナナシー 投稿日:2010/11/05(金) 11:08:06 ID:07RzpQi+
石版だな。
いまのうちにギルガメッシュ叙事詩みたいな有名な物語を、世界各国語版併記で残しておけば、翻訳が楽になるぞ。
81: オーバーテクナナシー 投稿日:2010/11/06(土) 02:22:49 ID:4HJ+TPnm
ギルガメッシュ叙事詩の石版が読めたのも、現状で可読可能な言語が残っていた事と、それとは別に口伝等も残ってたから整合性が取れただけでしょ
一億年後に読める奴が居ないと意味無いな
82: オーバーテクナナシー 投稿日:2010/11/06(土) 02:50:45 ID:5tuOeJT8
>>81
駄目出ししてないで、YOUもアイデア書いちゃいなよ
84: オーバーテクナナシー 投稿日:2010/11/09(火) 04:38:32 ID:pft+XKk+
プロトコルとか共通言語を議論したいならば別スレ立て他方が良いと思うが・・・。
スレタイに対しては実績のある化石で十分だろう。
85: オーバーテクナナシー 投稿日:2010/11/09(火) 10:34:33 ID:FC5FYEHF
化石のどこが実績なんだ
残そうと思って残したわけでなく、たまたま残ったもので、しかも元のそれとは本質的には別物で、元の状態を完全に維持してるわけでも、外観ですら再現性があるわけでもなんでもなく、そもそもが、万に一つも残らない物の方がはるかに多いのに。

化石で知られる生物よりも知らない生物の方がはるかに多いというのにそれなら、現状のデータ記載方式でも運が良ければ一部データが残る奴もあるだろうって言ってるようなもんだ。
86: オーバーテクナナシー 投稿日:2010/11/14(日) 05:38:57 ID:EH0sYMDQ
指標化石と言うものがあってだね、中学理科で習うから、小学校の勉強をがんばって。
88: オーバーテクナナシー 投稿日:2010/11/14(日) 17:12:56 ID:FGwgQoUT
>>86
話がまったくかみ合ってないな。
89: オーバーテクナナシー 投稿日:2010/11/14(日) 20:31:28 ID:RNMINKyx
1億年も経つと文法その物が失われている可能性が高いので、プロトコル指南つきの石板じゃないと意味のある情報を残せない。
ボイジャーには再生方法が誰でも分かるように書いてあるレコードを載せてあるそうだが。
96: オーバーテクナナシー 投稿日:2010/11/25(木) 13:04:24 ID:HkO0ORYf
知識を詰め込んだ教師役のロボットでも配置しとけばいい
地球に1億じゃ厳しいから配置する場所は宇宙が良い感じ

地球にはその場所を示す情報を残しとくといい
その場所まで行ってロボットをGETするのが知識を手に入れる最低条件
つまり、そこそこ頭の良い連中しか相手にしないんだね
97: オーバーテクナナシー 投稿日:2010/11/25(木) 22:29:58 ID:sOqceNla
>>96
そりゃ、どんな種類の情報を残していても知的レベルや知識が追いつかなければ、役に立てる事は不可能だ。
それなりの数学をやってなきゃ、微分方程式の解き方を書いておいても訳ワカメになってしまう。
98: オーバーテクナナシー 投稿日:2010/11/27(土) 22:57:46 ID:aK3Waoqf
他人の意見に駄目出しするしか能のない奴って哀れだよな。
話が詰まらないからうざがられて世間の誰からも相手にされず、孤独に死んでいくタイプ。
99: オーバーテクナナシー 投稿日:2010/11/28(日) 02:27:08 ID:xKrILI76
>>98
駄目出しするしか能のない奴に駄目出しするしか能のない奴の方が駄目すぎるw
100: 97 投稿日:2010/11/29(月) 12:35:24 ID:El85QRYQ
>>98
俺のことか?
確かにそうだな、面目ないorz
101: 96 投稿日:2010/11/29(月) 18:11:06 ID:R6GZnheh
>>98
駄目だしされてたのか…… 
まるで気づかなかったよ orz
102: オーバーテクナナシー 投稿日:2010/11/29(月) 23:35:13 ID:G3Qz/jLH

罪な奴だな、>>98はw

ハイ!なかなか良いテーマですね。未来技術板けっこうおもろいじゃないのぉ。
このスレは実は前回の「テクノロジー」カテゴリーでやろうと思いましたが、思ったより宇宙一色な感じなので、「宇宙」カテゴリーでの更新です。

まぁおそらく»1さんが「大量のデータを」「長期間保存する方法」っていうテーマを掲げてた方が盛り上がったかも。例えば現在までに刊行されている全出版物のデータ、みたいな。
石版や金属プレートに書ける情報は少なすぎますから。

現在一般的に使われているメディアは、おおむね寿命が短いです。
おそらく最も長いもので、ある程度の情報量が期待できる「紙」は羊皮紙のような頑丈なものなら、保存状態によりますが500年~1000年くらい。粗悪なパルプ紙みたいなやつなら、耐用年数は70年~100年と言われていますね。
CD-ROMその他の光学メディアはもっと短いし、HDDなどの磁気メディアはさらに短い。コンピューターで簡単に読み出せるような、なんかいい方法ないかなー。
途中、カーボン・ナノチューブで云々ていうリンクがありましたけど、小型なのは良いですね。でもミクロすぎて、うっかり指でぐいっとばかりに潰しちゃって、数万年分のデータがパア!みたいにならなければ良いですが。笑

電波で素数を送信したら…なんてのもありましたけど、実は電波はあんまり効率が良くないです。
太陽はあんなにギラギラと輝いてるのに、一番遠くの冥王星にはほとんど熱が届かないように、放射エネルギー(電波・光・熱・重力など)は半径の二乗に反比例して減衰していきます。
素数を送信してる最中に、宇宙人がたまたま太陽系の近くを通りかかって、感度の良い受信機器を持っていれば、運良く気づいてもらえるかもしれないけど、宇宙の広さを考えると、これはなかなか難しいですね。

じゃどうする??
マイケル・クライトンの小説に「アンドロメダ病原体」というのがあります。
回収した人工衛星には、生物の血液を瞬時に凝固させてしまうという恐ろしく窒死性の高い、地球圏外由来のウィルスが付着していた!ストーン博士を中心とした極秘プロジェクト「ワイルド・ファイヤ」が招集され、未知のウィルスの解析に挑む…というストーリー。
この本の中に「メッセンジャー理論」という架空の学説が出てきます。以下のような話しです。全文引用すると長いので、管理人が要約してます。
ある文明が惑星生誕100万年を記念して、宇宙全域にメッセージを送りたいと思った場合、どうするのが適当か?
距離に反比例して弱まる通信手段ではなく、100万キロ離れても発信源と同じ強さを保ち続けるには、メッセージを運ぶ生物があれば良い。
自己再生能力があり、安価に大量に培養できる生物。宇宙空間の苛酷さにも耐えうるこの生物は、勝手に分裂・増殖していき、他の生物との接触を待ちながら、あらゆる方向へと進んでいく。
そして他の生物と接触した暁には、完全なコミュニケーション手段を持つ生命体に成長しようとする。
新しい成長をとげたその生命は、他の文明に語りかけるだろう。他の種族の存在と、接触に要する手段について。
架空のものとはいえ、おもしろい仮説ですよね。人類もあとどれくらいかかるかわかりませんが、こういった生物を創れるようになるかも…というのは、今やそんなに夢物語でもないのではないでしょうか。
スレで言うところの、「遺伝子に書き込む」+「教師役のロボットを送り込む」のもっと進んだパターンとも言えます。

この小説は69年の出版ですが、現代の我々が読んでもまったく違和感のない先進的な示唆に満ちた内容で、とーってもおもしろいです。何回か映画化もされてますので、興味のある方はゼヒ!

トップ絵はちょっと詳細不明ですが、アメリカ・インディアンのホピ族の預言を表したペトログリフだそうで、やれ宇宙人だ!とかよく言われれるアレ。
「The McKee Springs」と呼ばれてて、ちょうどコロラド州とユタ州の境目付近の「ダイナソー」という小さな街にあるんだそうですね。
ダイナソーの地図はこちら
しっかし、なーんもないとこだなァ…。でもこゆとこ行ってみたい。
アンドロメダ病原体〔新装版〕(ハヤカワ文庫NV)
マイクル・クライトン
早川書房
売り上げランキング: 300,310


元スレ:http://wc2014.2ch.net/test/read.cgi/future/1285233954/

人気サイト様 最新記事

博士ちゃんねる ヘッドライン

    • ※1 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2014.10.9 21:56
    石が一番もつっていってたのはなんだったかな
    鬼籍体験アンビリーバボーだったか、特命リサーチ200Xだったか?
    でも壁画とか結構カビにやられたりとかするしな
    ラスコー壁画も大分劣化してるらしいし

    アニメネタだと月に相合傘みたいな?
    映画だったか小説だったかモノリスとか?

    でもデータだけあってもなあ
    それを情報に変換できないんじゃ、ないも同然だし
    例えば一国年後に残したものが、ヴォイニッチ写本みたいな扱いを受ける可能性もある訳で
    そうなると解読不能の暗号と同義になってしまうからなあ
    難しい
    • ※2 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2014.10.9 21:59
    塩基が2進数ってのは間違いかと
    G-CとC-Gは違うしA-TとT-Aも違う
    • ※3 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2014.10.9 22:35
    とりあえず、金の銘版なりバイオコンピューターなりを
    辺の長さがきっかり1:4:9の、黒い直方体に埋め込んで
    地球上と、月の地中に置いて、
    ついでに木星周辺にばら撒いておけばOKじゃね?(鼻ホジ
  1. >ヴォイニッチ写本みたいな扱いを受ける可能性もある訳で

    あれはどうも最近の研究では、偽本というか、最初から言語っぽい文字列を並べてあるだけ、っていう説もあるようですね。
    ---------
    >G-CとC-Gは違うしA-TとT-Aも違う

    おっ!そうなんですか?管理人が昔読んだ本は情報古いかもしれません。
    あとで記事に追記しておきますー
    ---------
    >辺の長さがきっかり1:4:9の、黒い直方体

    「2001年宇宙の旅」ですね!
    「2010年」も「2061年」も読んだんですけど、なんか木星が太陽になって…ってところで、もうついていけん!とか思いましたw
    • ※5 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2014.10.10 2:57
    宇宙人さんに理解できるデータじゃないと、と考えるとこんなに奥深くなるんだな。
    これはもう生身の人間を載せた宇宙船をばら撒くしか無いな
    • ※6 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2014.10.10 3:37
    残すという意味では大量にコピーあるのが望ましいし、自己複製機械に大量に増やしてもらうのが一番だろう
    もっと分子生物学の知識が発展すればタンパク質と核酸の相互作用のネットワークの中にもっと優秀な誤り訂正アルゴリズム組み込んで性格にDNAを複製したり出来るようになるんじゃないの?
    • ※7 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2014.10.10 6:29
    5千光年離れた星にレーザー照射して反射を計測とかじゃダメなん?
    • ※8 : カエサル
    • 2014.10.10 21:45
    1億年後から来ればよくね?
    • ※9 : カエサル
    • 2014.10.10 21:49
    月に一億年すんでればいい。みたいな案も浮かんだ。
    • ※10 : ※3の者です。
    • 2014.10.11 1:02
    >「2001年宇宙の旅」ですね!
    いかにも

    >「2010年」も「2061年」も読んだんですけど、なんか木星が太陽になって…ってところで、もうついていけん!とか思いましたw

    ついていけん!とか言いつつ、「2061年」も読んだという管理人様にはぜひ「3001年 終局への旅」まで読むことをお勧めしたく。
    「2001年」以降、表舞台から退いていた「あの人」が復活します!
    (ほぼネタバレ?)
  2. >これはもう生身の人間を載せた宇宙船をばら撒くしか無いな

    コストがすごいかかっちゃいますねw
    ------------------------
    >性格にDNAを複製したり出来るようになるんじゃないの?

    バイオテクノロジーが進むとそういうことも可能になりそうですねー
    ------------------------
    >5千光年離れた星にレーザー照射して反射を計測とかじゃダメなん?

    相当強く照射しないと、跳ね返ってきたレーザーを観測できないかもしれません。
    ------------------------
    >1億年後から来ればよくね?
    >月に一億年すんでればいい。みたいな案も浮かんだ。

    タイムマシンがあったらいろいろと一挙に解決ですね…
    ------------------------
    >ぜひ「3001年 終局への旅」まで読むことをお勧めしたく。


    3001年もあるんですか?w
    2061年までは実家にあったからたまたま読んだんですよね。
    中学生の時に読んだので難しすぎたということもありますが、もう内容ほとんど覚えてないので、1回読みなおして見ようかな。
    「あのひと」ってボーマン船長のことだろうか…。おすすめありがとうございます!
    • ※12 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2015.1.8 17:51
    架空の話だけどウルトラマンコスモスのバルタン星人が地球に飛来したのは地球からバルタン星に届いたTV放送によるものだったな
    • ※13 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2015.2.13 20:37
    冷凍保存
    • ※14 : リリィ
    • 2015.3.26 18:57
    このままずっと技術を進歩させずにPCとかで残したほうがよくね?
    • ※15 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2016.10.10 19:11
    2001年宇宙の旅っていえば、小説のほうではモノリス撒いた
    宇宙人?の信号発信器として、土星の衛星ヤペトゥスそのものを
    使っている、という描写があった(映画と違ってディスカバリー
    号は土星圏を目指している)。

    ヤペトゥスは半球ごとの光の反射率が大幅に違って、明るい側が
    暗い側の六倍の輝きがあるとか。つまりその光の点滅に見える
    ほどの光度の違いが信号。

    天体そのものを記録媒体にするとかいうスケールの話は
    スレッドでは出なかったのだろうか。
    • ※16 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2017.7.31 0:46
    http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1410/20/news112.html
    他の人も言っておられますが、こういうのでビットは残せても解読できないと、かつ理解できないと意味がないですよねー…
    今でも古いフォーマットの文書はデータあっても読めないとかありますし
  1. トラックバックはまだありません。


コメ欄での議論はおおいにけっこうですが、当サイトではドクター同士の罵り合いは禁止となっております。反論する際には、相手の意見・人格を尊重し、どうぞ冷静に。
*