人気サイト様 最新記事

博士ちゃんねる ヘッドライン

管理人からのお知らせ

更新の時間がどうしても取れないため、再び21日まで延長です!

レスの強調ウゼェー!というドクターへ

レス内の強調表示をOFFにする コチラをクリックして切り替えてください。設定は30日間Cookieに保存されます。
現在のステータス:強調有効

太陽が消滅したら人間は何日間生存できる? @ [宇宙板]


太陽が消滅したら人間は何日間生存できる?
1: 名無しさん@お腹いっぱい。 2011/02/03 02:57:32 ID:0kLcc/sX
ストーブあるし即死は無さそう
2: 名無しさん@お腹いっぱい。 2011/02/03 13:38:12 ID:Y68BfTGu
寒いね
3: 名無しさん@お腹いっぱい。 2011/02/03 14:13:08 ID:F6zHSa4U
サンバルカンの歌でも聴いてろ!
太陽戦隊サンバルカン (Wikipedia) サンバルカン 『太陽戦隊サンバルカン』(たいようせんたいサンバルカン)は、1981年(昭和56年)2月7日から1982年(昭和57年)1月30日までANN系列で毎週土曜日18時00分から18時30分に全50話が放送された、東映製作の特撮テレビドラマ、および作中で主人公たちが変身するヒーローの名称。「スーパー戦隊シリーズ」第5作にあたる。
『秘密戦隊ゴレンジャー』から連綿と受け継がれたコミカルな痛快活劇を中心としつつも、宇宙からの侵略者と手を組んだ悪の機械人間軍団に人間の英知と勇気、そして正義と友情、愛の心で立ち向かう主人公たちの地球人類の未来を賭けた戦いをハードかつドラマチックに描いた。当作品の放送時にはすでに書籍資料で「スーパー戦隊」という表現が使われているのが確認できる[1]。
4: 名無しさん@お腹いっぱい。 2011/02/03 15:44:22 ID:e1sLjnY5
たちまち凍りつく
5: 名無しさん@お腹いっぱい。 2011/02/04 02:14:34 ID:VCcYqUkQ
地下深くの原子炉があるシェルターがあれば、数人程度なら十年程度生存可能。
11: 名無しさん@お腹いっぱい。 2011/02/05 08:35:22 ID:siUsHDIA
>>5>>6

太陽がなくなる時点で、地球は太陽系最果ての海王星とかと同じような酷寒地獄になる
温度も絶対零度近くまで下がるから、大気の主成分の窒素も酸素も全て凍りついて雪になって地表を覆い尽くす
んでもって地上は呼吸もできない真空状態

これじゃ地下に逃げ込んだところで先は長くないと思う
13: 名無しさん@お腹いっぱい。 2011/02/05 12:19:29 ID:Bmhpuerg
>>11
まあそういうことなら地上から固体酸素採掘してもってくるとか。
って、真空中で採掘作業できるテクノロジー自体少ない人間では維持できないか。
14: 名無しさん@お腹いっぱい。 2011/02/05 13:17:15 ID:jp+etnEu
>>11>>13
そんな理由があるので、少人数なら10年程度と書かれているのでしょう。
原子炉の発熱・地熱を使えば、固体・液体の酸素を気体にできる。
133: 名無しさん@お腹いっぱい。 2011/03/10 16:17:56 ID:pj8lRiy2
>>130
そんなSFの地底世界擬きは無理だと分かっているので、>>5>>14辺りで数十人だとか少人数と書かれている。
134: 名無しさん@お腹いっぱい。 2011/03/10 22:51:14 ID:5DbH1WUc
>>131
>>133
もちろん現段階では無理なんで、25世紀くらいの時代を想定してた。

だって、現段階の技術じゃ地下290Kに安定した生活圏を構築するなんて
夢のまた夢、てかバイオスフィア計画だってまともな閉鎖実験に成功してないのに
地下野菜工場を地熱で動かすなんてそりゃ無理だ。
現代のシールドマシンで掘っていくんではどう考えても間に合わないし。

現段階で太陽が無くなったら死ぬしかないが、25世紀の技術があれば
大深度に地下都市作って永続できるかもしれないな、と思ったわけ。
135: 名無しさん@お腹いっぱい。 2011/03/11 02:00:18 ID:3w2PFlRq
>>134
25世紀の科学技術なら高性能な断熱材によって、地上で生活する可能性が高い。
136: 名無しさん@お腹いっぱい。 2011/03/12 19:44:10 ID:+oz9kWEt
>>135
なるほど!
46: 名無しさん@お腹いっぱい。 2011/02/17 23:39:46 ID:41JrZ+Kb
>>11
マグマの熱さは太陽がなくなっても健在でしょう。

地下に行けば行くほど熱はあるんじゃないでしょうか。
47: 名無しさん@お腹いっぱい。 2011/02/18 09:01:10 ID:4z3Is2cr
>>46
>>21
地熱で温かいと言うより、潜れば自分より上の岩盤が断熱材となって温かいと言った方がいいね。
結果温かいのだろうけど。
>>25←こういうことしちゃらめぇ~
6: 名無しさん@お腹いっぱい。 2011/02/04 10:43:52 ID:5uSO7xrU
地熱利用シェルターとかあればあるいは数十人なんとかなるかもな。
中の人の精神が持たないかも知れないが。
9: 名無しさん@お腹いっぱい。 2011/02/05 02:38:02 ID:jp+etnEu
>>6
しばらくすると地上の酸素も液体になり、やがては固体になる。
そうなると酸素の確保も難しくなる。
8: 名無しさん@お腹いっぱい。 2011/02/04 12:36:55 ID:h1jdNy2f
ホッカイロ勝ってくるわ~
10: 名無しさん@お腹いっぱい。 2011/02/05 02:46:08 ID:aHl61K1b
遠心力で地球が遠くまで飛んでいくから
下手すれば近くの星と引き合って終わり
439: 名無しさん@お腹いっぱい。 2011/08/04 17:16:07 ID:MqaWLZPc
>>10
太陽が燃え尽きても質量が変らなければ惑星は回り続ける
そもそも星と星は遠心力で引きつけ合ってるわけじゃねーから
441: 名無しさん@お腹いっぱい。 2011/08/04 19:05:46 ID:fRZQJzN1
>>439

元々の仮定は"太陽が寿命を迎えたら"じゃなく"太陽が消滅したら"ってことだが・・・
15: 名無しさん@お腹いっぱい。 2011/02/05 14:15:49 ID:URco1nqj
そんなに瞬間には凍りつかないよ。
今だって夜は日光当たってないだろ。
要は温度が問題なんだから、燃料使えば1年は生き残れるだろうよ。
燃料持ってない土人はすぐ死ぬだろうけど。
16: 名無しさん@お腹いっぱい。 2011/02/05 14:29:58 ID:Bmhpuerg
>>15
日が落ちてから翌朝までの気温低下ペースがずっと続くことを想像してみよう・・・
24: 名無しさん@お腹いっぱい。 2011/02/06 02:43:03 ID:UvcNubP2
>>15
熱帯地方でも1週間以内に地上は凍りつく。熱帯地方の海も1か月以内に凍りつく。
火山噴火している場所以外の地上は、2か月以内に零下100度を下回ると思う。
零下100度以下では燃料云々に関係なく凍死する。

半年以内に燃料を燃やす酸素や窒素が、雨のように液体になって降ってくる。
窒素や酸素の雨が降りやんだら、ほぼ真空に近い状態になる。
その数か月後には酸素や窒素も固体になる。
太陽が消えてから1年経過する前に地球は何もかも凍りついた星になる。
火山が噴火している地点で溶岩と接触した酸素や窒素が気体になっても、周囲は真空なのでたちまち発散する。

酸素:融点-218.4℃ 沸点-182.96℃   窒素:融点-210.0℃ 沸点-195.79℃
17: 名無しさん@お腹いっぱい。 2011/02/05 14:59:29 ID:TGk6xElJ
太陽が消滅することが100年前から分かっていれば、万単位の人間は生き残って世代を繋げられる。
しかし今この時に消滅したら、地下に逃げ込んでも、地上の真空状態に対応できるだけの設備がないので1ヶ月ももたない。
1年くらいはなんとかなりそうなのは原子力潜水艦の船員だけ。
18: 名無しさん@お腹いっぱい。 2011/02/05 18:41:00 ID:MBt+aXDy
太陽光が全く差さない場合でも地表温度は-20℃程度だと何かで読んだ記憶が…
スノーボールアースと同じくらい?

マントルとかコアが持っている熱量がすさまじいからねぇ。
中心まで冷え切るのに100億年以上掛るらしい。
19: 名無しさん@お腹いっぱい。 2011/02/05 18:52:15 ID:X3B+SY8O
>>18
> 太陽光が全く差さない場合でも地表温度は-20℃程度だと何かで読んだ記憶

それ温室効果ガスが無い場合の温度だろ。
いくら何でも温度高過ぎと、少しは疑問に思わないのか?
21: 名無しさん@お腹いっぱい。 2011/02/05 23:31:48 ID:t3hNI2At
>>18
地熱の平均、地殻熱流量は60-80mW、高いところでも200mWとかみたい。
http://www.eri.u-tokyo.ac.jp/hamamoto/index.htm
http://www.eps.s.u-tokyo.ac.jp/jp/guidance/earth/yamano.html
これをシュテファン=ボルツマンの法則にぶち込むと、
雪や氷の輻射率は結構高く1に近いようだけど、仮に0.9とすれば
0.08=0.9*5.67e-8*T^4
T={0.08/0.9/5.67e-8}^0.25 = 35.4K だね。約-238℃。
熱流量が16倍の地域でも温度が2倍の70K、-203℃になるだけだね・・・
22: 名無しさん@お腹いっぱい。 2011/02/06 01:21:58 ID:ikBVW/hS
>>18

それ、現在の地球で温室効果ガスがなかった場合の話だよ
太陽がなくなっても地熱だけで地表温度をそんなに高く保てるわけがない

>>21

地表温度って熱流量の4分の1乗に比例するんだっけ?
だとすると地熱だけで地表を300Kに保つには現在の5000倍の熱が内部から供給されなきゃいけなくなるな
23: 名無しさん@お腹いっぱい。 2011/02/06 01:33:44 ID:djddwd46
>>22
逆に300Kの輻射からいけば、459W/m^2。
ホットカーペットの3倍くらいかな?

太陽光輻射が1360W/m^2だからねえ。
全地球平均では単純平均で1/4の340Wで、これでも足りない。
実際大気の温室効果を入れない場合の地球平均気温は-15℃とか言われているし。

大気があると話が全然違うけど、太陽がない世界は大気は凍結して存在しないと言うことで。
32: 名無しさん@お腹いっぱい。 2011/02/10 21:46:10 ID:REPTyQMz
ごく一部の人間で燃料を燃やし続ければ、そいつらだけは1年程度なら軽く生きられるよ。
33: 名無しさん@お腹いっぱい。 2011/02/11 02:06:49 ID:JjKxi0nz
>>32
ここまでの話だと、その燃料は燃やせないような印象を受けるのですが。。。
35: 名無しさん@お腹いっぱい。 2011/02/12 02:08:55 ID:3F2sGDJw
>>32
SFに登場する月面基地や火星基地のように密閉された建物なら何とかなる。
酸素や窒素が液体や固体になって、ほぼ真空状態になる。
一般の建物では燃料を燃やせなくなるし呼吸もできなくなる。
39: 名無しさん@お腹いっぱい。 2011/02/16 19:20:12 ID:aqj9+vEf
なんとか近くの赤色矮星に地球ごと引っ越せないかな?
48: 名無しさん@お腹いっぱい。 2011/02/19 01:35:32 ID:3M5o2lCJ
>>39
そんな技術があるんなら、太陽を延命させるほうが手っ取り早いのでは?
53: 名無しさん@お腹いっぱい。 2011/02/19 13:14:57 ID:IGbA/A5P
>>50
それは書きながら気づいたけど>>48が言い出したことだから別にいいかと思って。
それに>>1は消滅の仕方を決めてないし。
49: 名無しさん@お腹いっぱい。 2011/02/19 02:22:18 ID:IGbA/A5P
恒星の寿命を延ばすには早いうちに質量を減らせばいい。
反物質でも放り込むか。でもそんな大量の反物質は作れないだろうな。
できたらできたで地球が受けるエネルギー量が減るから公転軌道をずらさないといけない。
ここまでくると>>39とどっちが難しいかわからんな。

赤色矮星の近くに惑星に宇宙船で引っ越せれば一番いいな。
あ、なんで赤色矮星かと言うと将来の不安が少ないからですよ。
51: 名無しさん@お腹いっぱい。 2011/02/19 11:45:14 ID:hxPrXmdl
しかし恒星の死因って結局は燃料を使い切ったことによる餓死なのに、デブよりもガリの方が長生きってのが不思議な感じだな

>>49

惑星ごと引っ越すにしても、引越しを完了するまでの数十万年の間の熱源をどうするかって問題が・・・
40: 名無しさん@お腹いっぱい。 2011/02/17 01:00:26 ID:CUU/li8V
室伏に頼めば
41: 名無しさん@お腹いっぱい。 2011/02/17 01:22:15 ID:bWbXRg/+
室伏おいてけぼりになっちゃうよ
42: 名無しさん@お腹いっぱい。 2011/02/17 09:16:34 ID:oQYm+5tA
地球から室伏に木星投げてもらって反動で地球と室伏が飛ぶとかw
44: 名無しさん@お腹いっぱい。 2011/02/17 14:52:02 ID:bWbXRg/+
食料は野菜なら永続的に作れそうだけどな。電力さえあれば。
45: 名無しさん@お腹いっぱい。 2011/02/17 20:47:14 ID:T/uJFYcp
食料と酸素と水と熱を作り出せればずっと生きられそうだけどな。電力さえあれば。
60: 名無しさん@お腹いっぱい。 2011/02/20 03:16:14 ID:kIKkc97Q
断熱性能の高いコロニー作って、内部の熱を保つのはダメなの?
表面とかを赤外線を吸収する素材にして、内部で核融合して発熱するとかで

宇宙空間なら放熱って大分遅いよね、断熱性の高い素材とかなら尚の事だと思いたいんだが
61: 名無しさん@お腹いっぱい。 2011/02/20 12:56:17 ID:ei1r6lRc
>>60
内部に熱源置けるならそりゃどうにでもなるけど。
表面積と表面温度次第だね。
エネルギーさえあれば理論的には酸素水リサイクルや植物育てることも可能だし。
55: 名無しさん@お腹いっぱい。 2011/02/19 18:13:47 ID:ESbMs020
        ____
        /     \    
     /   ⌒  ⌒ \   何言ってんだこいつ
   /    (●)  (●) \     
    |   、" ゙)(__人__)"  )    ___________
   \      。` ⌒゚:j´ ,/ j゙~~| | |             |
__/          \  |__| | |             |
| | /   ,              \n||  | |             |
| | /   /         r.  ( こ) | |             |
| | | ⌒ ーnnn        |\ (⊆ソ .|_|___________|
 ̄ \__、("二) ̄ ̄ ̄ ̄ ̄l二二l二二  _|_|__|_
62: 名無しさん@お腹いっぱい。 2011/02/20 14:47:11 ID:2bjzANqD
まあ、そこまでやるんならデッカい宇宙船でも作って手頃な系外惑星目指した方がいいと思うね。
56: 名無しさん@お腹いっぱい。 2011/02/19 20:33:27 ID:PKl3GzXl
仮定の話だから面白いので・・
真面目に語るな

燃料あるし即死はせんでしょ?とか思った管理人。
酸素も凍る温度とか考えてなかった件。

元スレ:http://uni.2ch.net/test/read.cgi/galileo/1296669452/

人気サイト様 最新記事

博士ちゃんねる ヘッドライン

    • ※1 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2014.1.26 19:49
    24時間以内に超巨大津波でほぼ全員死ぬ

    引力のバランスが崩れ月も多分失う
    • ※2 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2014.2.3 0:43
    木星が地球を守ってくれなくなるだろうから、巨大隕石が降ってきそう。
    太陽風の勢力圏外に出たボイジャーが「衝撃で壊れるかも」といってたのも地球に適用されるのか。
  1. トラックバックはまだありません。


コメ欄での議論はおおいにけっこうですが、当サイトではドクター同士の罵り合いは禁止となっております。反論する際には、相手の意見・人格を尊重し、どうぞ冷静に。
*