人気サイト様 最新記事

博士ちゃんねる ヘッドライン

レスの強調ウゼェー!というドクターへ

レス内の強調表示をOFFにする コチラをクリックして切り替えてください。設定は30日間Cookieに保存されます。
現在のステータス:強調有効

ポルトガル人って本当に宣教師だけ来たの? @ [日本史板]


ポルトガル人って本当に宣教師だけ来たの? @ [日本史板]
1: 日本@名無史さん 投稿日:2009/11/04(水) 09:15:09
女性とか一般の人間は来なかったの?
日本人の中にポルトガル人を先祖に持つ家系は意外と居るみたいだから、ポルトガル人自体相当な数だったと思うんだけど
5: 日本@名無史さん 投稿日:2009/11/04(水) 18:08:53
>>1
ポルトガル人かどうか知らんが、西洋人を妻にした肥後の国人が居たというウワサだ
管理人より:肥後の国は現在の熊本県のあたり。有名な武将としては加藤清正なんかが治めていました。隣の豊後の大友宗麟がカトリックに改宗したこともあり、このあたりは案外賑わってたのかもしれませんね。
6: 日本@名無史さん 投稿日:2009/11/04(水) 19:50:00
宣教師だけというか、商人がほとんどだろ?
商人にして宣教師資格を与えられたもの。
布教はイエズス会とかスペインのほうが熱心だったはず。
7: 日本@名無史さん 投稿日:2009/11/05(木) 07:35:45
何語で布教したの?言葉できない人がどーやって布教したの?商人は何を売りに来たの?
わけのわかんないヤツから物を買うヤツがいたの?スペインとかポルトガルってどーしてわかったの?
宣教師は免許証持ってたの?持ってるとしたらどーいう物。

何語で書いてたの?おしえて。
8: 日本@名無史さん 投稿日:2009/11/05(木) 07:54:04
>>7
交渉はマカオやフィリピンでスカウトした日本語のわかる人が担当した
10: 日本@名無史さん 投稿日:2009/11/05(木) 10:46:34
>>7
壷や陶器などが流行って重宝されてた
今でいうブランドものと同じで当時から日本人は海外のものに価値を見出してた
11: 日本@名無史さん 投稿日:2009/11/05(木) 10:52:02
児童買春目的の奴もいたかもな
ペドリアン・ペドリスとか言う名前の
管理人より:「ペドリアン・ペドリス」はこのスレしかヒットしないので、ホントにいたのかどうかわかりませんが、人身売買が行われてたのは確かなようです。
豊臣秀吉ザビエルがはじめて日本で伝えたキリスト教は、織田信長の庇護を受けて順調に信者を増やしていった。
豊臣秀吉も当初は織田信長の政策を継承してキリスト教布教を容認していたのだが、天正15年(1587)に九州平定後、秀吉はキリスト教に対する態度を急変させ、博多で「伴天連追放令」を出している。
そもそも2年前にイエズス会の日本準管区長のガスパル・コエリョが秀吉に、切支丹大名を秀吉の味方につけると進言している。
しかし、ルイス・フロイス(日本史4豊臣秀吉篇Ⅰ)によれば、秀吉は7月24日に怒り狂い、夜にイエズス会の日本準管区長のガスパル・コエリョに詰問の言葉を伝えている。
その3番目に、「予は商用のために当地方(九州)に渡来するポルトガル人、シャム人、カンボジア人らが、多数の日本人を購入し、彼らからその祖国、両親、子供、 友人を剥奪し、奴隷として彼らの諸国へ連行していることも知っている。それらは許すべからざる行為である。よって、汝、伴天連は、現在までにインド、その 他遠隔の地に売られていったすべての日本人をふたたび日本に連れ戻すように取り計られよ。もしそれが遠隔の地のゆえに不可能であるならば、少なくとも現在 ポルトガル人らが購入している人々を放免せよ。予はそれに費やした銀子を支払うであろう」と、この日本人奴隷の売買問題に怒った秀吉に対しコエリョが答えた内容は、「この忌むべき行為の濫用は、ここ九州においてのみ広まったもので、五畿内や坂東地方では見られぬことである。我ら司祭たちは、かかる人身売買、および奴隷売買を廃止させようと、どれほど苦労したか知れぬのである。だがここにおいてもっとも肝要なのは、外国船が貿易のために来航する港の殿たちが、厳にそれを禁止せねばならぬという点である」と、奴隷売買は九州だけでおこっている、廃止させようと努力しているのに取り締まらない日本側の問題、港の殿(九州の切支丹大名)に禁止するように言ってくれ、だった。

秀吉の怒りはさらに激しくなり、「キリシタンは、いかなる理由に基づき、神や仏の寺院破壊し、その像を焼き、その他これに類した冒涜を働くのか」と問い、コエリョは信徒が神の真理に基づいて自主的にやったことだと答えたので、秀吉はさらに激怒し「伴天連追放令」と呼ばれる布告を司令官ドミンゴス・モンテイロに手交している。
以上、10.豊後王妃・イゼベルと切支丹大名・大友宗麟(キリスト教千夜百話)より。
ルイス・フロイスの「日本史」に書かれてるエピソードのようですが、ヴァリニャーノなんかはこのコエリョの態度を非難しているんだそうです。

コエリョの肖像画を八方手を尽くして探しましたが見つかりませんでした。
日本征服計画① 先兵隊イエズス会宣教師派遣←こちらに肖像画らしきものがあり、大きい画像も見つけたんですが、どうもこれはコエリョではなく、サン・バルテルミーの虐殺に巻き込まれた、コリニー提督の模様。
うーん、肖像画フェチの管理人はなんとしても探したかったんすけどねぇ…別人のを載せるわけにはいかない。残念。
12: 日本@名無史さん 投稿日:2009/11/05(木) 13:51:39
ポルトガル本国は、スペインに併合されて消えてたんだが、本国以外では、抵抗してポルトガル名乗ってたんか?
13: 日本@名無史さん 投稿日:2009/11/05(木) 13:58:12
併合されててもポルトガル人はポルトガル語しゃべるからな。
29: 日本@名無史さん 投稿日:2009/11/07(土) 17:04:30
フィリピンやインドにはスペイン人村やポルトガル人村が残っているしな。
41: 日本@名無史さん 投稿日:2009/11/29(日) 13:31:12
1580年ポルトガルがスペインに併合される
18: 日本@名無史さん 投稿日:2009/11/06(金) 11:04:01
変なヤツ来て持ち込んだのは「梅毒」「阿片」「伝染病」等々。
20: 日本@名無史さん 投稿日:2009/11/07(土) 00:09:36
フランシスコ・ザビエルザビエルは、バスク人
管理人より:「バスク地方」というのは、スペインとフランスの国境付近の独立性の高い地域。固有の言語であるバスク語は、(ヨーロッパ内にも関わらず)系統不明の孤立言語だそうです。
21: 日本@名無史さん 投稿日:2009/11/07(土) 09:13:58
バスク人って何だか変な地域にいるよな?何者だい?昔よくゴダゴダさわいでた。
35: 日本@名無史さん 投稿日:2009/11/10(火) 16:36:04
イグナチオ・デ・ロヨラバスクに現在独自宗教はない、敬虔なカトリックが多い。
イエズス会のロヨラやザビエルを輩出したのもバスク地方。

スペイン、フランスもカトリック国。
チェ・ゲバラちなみにチェ・ゲバラもバスク系。
37: 日本@名無史さん 投稿日:2009/11/11(水) 10:29:05
爆弾、暗殺、テロを起こすやからが敬虔なカソリックとは思えない。
なんか変な場所バスク。
フランシスコ 管理人より:ついでに「イエズス会」についても書いておきます。ルターあたりが始めた、腐敗したカトリックへの厳しい糾弾を受けて始まった宗教改革ですが、カトリック内でも自省のためというか、厳格な規律に基づいた中核的な組織を作ろうという動きがあり、イグナティウス・デ・ロヨラを中心にして造られた、カトリック内の修道会。
教皇庁の下部組織ですが、イエズス会の総長というと、一時期は教皇に匹敵するほどの権力を、各国において駆使していたと、まことしやかに言われていますネ。
現在のフランシスコ教皇は、史上初のイエズス会出身の教皇です。
39: 日本@名無史さん 投稿日:2009/11/11(水) 12:15:15
ポルトガル、スペインの変なヤツも病人も、麻薬の売人も来たみたい。
まともなのは一部で船で来るヤツに変なの多かったと見るのが自然じゃないか。

豪華客船で来たわけじゃない。船の中にいた鼠もゴ○ブリも上陸する。
42: 日本@名無史さん 投稿日:2009/11/29(日) 16:17:42
宣教師 ニエッキ・ソルド・オルガンティーノ
16世紀イエズス会本部への報告書より
日本人は全世界で最も賢明な国民に属しており、彼らは喜んで理性に従うので、我ら一同よりはるかに優っている。
我らの主デウスが人類に何を伝えたもうたかを見たいと思う者は日本へ来さえすればよい。


彼らは不必要なことを外面の表情に表すことはなく、甚だ忍耐強く、大度ある国民で、悔悛は真摯にして信心深く、儀礼に大いに気をつかい、交際においては丁重である。

我々ヨーロッパ人は、互いの間では賢く写るが、日本人に比べるとはなはだ、野蛮であると思う。
私は毎日、日本人から教えられることを告白しなければならない。
私は世界の中で、これほどまで天から才能を与えられた民族はないと思う。

京都は、ヨーロッパならローマにあたるが、科学、見識、文明はローマよりはるかに高尚である。
信仰さえ別にすれば、我々は日本人よりもあきらかに劣っている。
私は日本語がわかるようになってからは、世界にかくも聡明で明敏な人々はいないと考えるに至った。
45: 日本@名無史さん 投稿日:2009/12/25(金) 17:22:03
>>42
軍人が「私が撃破したのは世界最強の軍団だった」と言いたがるのと同じ類いだろ?
48: 日本@名無史さん 投稿日:2009/12/26(土) 22:18:28
>>42
ヨーロッパ人が威張りだしたのは産業革命以後だしな。
それまでは比較的客観的に見ていたんだろう。


朝鮮通信使のシナ中心の偏見とは大違いだ。
46: 日本@名無史さん 投稿日:2009/12/26(土) 02:36:16
カステラをありがとう!
47: 日本@名無史さん 投稿日:2009/12/26(土) 21:29:04
そもそも>>1は鉄砲伝来のポルトガル人のことを知らないの?
49: 日本@名無史さん 投稿日:2009/12/30(水) 02:33:05
アレッサンドロ・ヴァリニャーノ日本国民は勇敢で絶えず軍事訓練をしている。
したがって日本を征服しても益はないが、スペインがシナに進出するときのよい足場になるので、日本を重視する必要がある。

私が、ここで陛下に断言できることは、迅速に遠征するならば、シナを簡単に征服できるということである。
そして、このことを一層容易に運ぶには、シナの近くにいる日本人が、すすんでこれに加わると思えるのである。
日本人は、シナ人に対して非常に効果的である。
スペインの宣教師バリニャーノ
スペイン領フィリピン総督あて
50: 日本@名無史さん 投稿日:2009/12/31(木) 21:32:55
梅毒が日本に伝わったのはどういう経緯で?
南蛮人の船乗りや宣教師が、日本人男性のケツを掘ったの?
51: 日本@名無史さん 投稿日:2009/12/31(木) 21:38:19
なんでホモネタになるんだ…
常識的に考えれば、梅毒持ちの南蛮人船乗りが日本に到着→日本現地の遊女と性交→日本人遊女梅毒に感染→日本人男性が遊女と性交→日本人男性が梅毒にry
って感じになるだろう
52: 日本@名無史さん 投稿日:2009/12/31(木) 21:43:25
徳川家康遊女が梅毒の原因になることは江戸時代でもそうだったけど、戦国時代でも知られていたね
家康は若いころからこれを警戒し、戦場にも筋目のはっきりした側室や妾などを同行し、感染を防いでいたそうな
53: 日本@名無史さん 投稿日:2009/12/31(木) 22:24:58
>南蛮人船乗りが日本に到着→日本現地の遊女と性交
なんか南蛮人に失望した。
もっとイイ奴と思ってたのに、そんなことしてたのかよ。
60: 日本@名無史さん 投稿日:2010/03/04(木) 21:09:45
>>53
なんか、俺もガッカリしたわ。
南蛮人には裏切られた思いだ。もっと気のいい、善良な奴らと思ってたのに。
61: 日本@名無史さん 投稿日:2010/03/04(木) 21:27:17
>>60
ポルトガル人も日本の男色の蔓延に辟易してたが。

命懸けで数年単位の大航海して、命懸けで現地人と接触して、性欲まで抑えたら人間じゃないし
55: 日本@名無史さん 投稿日:2010/01/01(金) 01:53:52
ちょw
南蛮人船乗りだってあの時代の男なんだから到着した先で遊女くらい買うだろw

あの時代は軍隊でもそうだけど、各地を大人数で長期にわたって移動する船乗り達は、定期的に立ち寄った先で遊女を買っていたものだし、現地の仲介業者も新しくそういった連中がくると、めざとく渡りをつけて斡旋していたものだ
56: 日本@名無史さん 投稿日:2010/01/03(日) 01:13:32
日本の年頃の娘が集められ、全裸で家畜同然に船に乗せられて行ったとどこかで見たが
57: 日本@名無史さん 投稿日:2010/02/01(月) 18:42:43
ハーフの子とかはまだ肩身が狭かったんだろうな
異様な外見でイジメとかあったんだろか(´・ω・)
59: 日本@名無史さん 投稿日:2010/03/04(木) 21:08:00
日本人に来たポルトガル人(ポルトガルを味わおう)
フロイス等「三位一体のデウスであり、天地唯一の創造主である」
朝山日乗日乗「私達にそれを見せてみよ
ルイス・フロイスフロイス等「それは見ることができない
朝山日乗日乗「釈迦や阿弥陀よりも以前のものか
ルイス・フロイスフロイス等「以前のものであり、無限で永遠のものであるので、始まりもなければ終わりもない
朝山日乗日乗はロレンソが説いたことを少し聴いたが、それを十分に理解できず、日乗は信長に「これは陰謀であります。殿下、彼等は人々を欺いている者ですので、彼等を追放し、二度と当諸国に戻らないように、すぐさま追放するよう命じてください」と述べた。
織田信長信長は笑って、「お主は気後れしたか。問うてみよ。彼等は答えるであろう」と返した。
信長は人ができてるな
63: 日本@名無史さん 投稿日:2010/04/25(日) 16:52:16
南蛮人のイメージがくずれたな、このスレ読んでると。幻滅。
64: 日本@名無史さん 投稿日:2010/04/26(月) 00:19:31
イメージもくそもないだろwww
日本じゃただの宣教師としてくらいしか認識されてないが、同じ頃船底に人詰めて奴隷貿易しまくってたんだぞwww
67: 日本@名無史さん 投稿日:2010/05/14(金) 11:34:38
>>64
あほか
ポルトガル商人と宣教師を混同してんのか

イエズス会はポルトガル国王に奴隷貿易禁止を願い出ていた
布教の妨げになるからね
68: 日本@名無史さん 投稿日:2010/05/14(金) 21:49:55
>>64
そのころ朝鮮人が奴隷として売り飛ばされてイタリアへ行って、その子孫が残っているらしいな。
オランダ人が朝鮮へ漂着して10年以上幽閉されてその間に生まれた朝鮮人ハーフは、賎民として差別されながら暮らしていたらしい。
ニコラウス5世管理人より:1452年、ポルトガルのアルフォンソ5世に異教徒の奴隷貿易を永遠に許可したのは、教皇のニコラウス5世だそうです。
69: 日本@名無史さん 投稿日:2010/05/16(日) 01:25:31
前から疑問だったのだが、種子島に漂着したポルトガル人は何語で日本人と会話して今で言う何千万単位の商談をしたのだろうか?
あと、江戸末期に浦賀に来航したペリー黒船一行は何語で会話したのだろう?

英語ペラペラの中浜万次郎は幽閉中の身なので使えないし。

大黒屋光太夫や中浜万次郎は何年もかかって現地の言葉を理解したが、日本に来航した商人や使節はいきなり高額な商談をしたり、条約を締結したりしているので、かなり高度な言語疎通が可能だったのだろう。
今ですらビジネス英会話など、海外との商談にはある程度高度なレッスンを必要としているのに
当時の人たちはどこでそんな高度な交渉言語を学んだのだろうか?

ちなみにロシア使節のラックスマンは大黒屋光太夫から日本語を学んでいたので、長崎奉行と、ある程度高い交渉言語による会談を実現している。
70: 日本@名無史さん 投稿日:2010/05/16(日) 18:04:19
>>69
マシュー・ペリーまず先にペリーだが、これは長崎奉行配下の長崎通詞。
オランダ語→英語、日本語→オランダ語というオランダ語を介すカタチで通訳した。

次にポルトガル人の漂着だが、これにはシナ人が同乗していて漢文で筆談した。
71: 日本@名無史さん 投稿日:2010/05/16(日) 23:55:08
>>1
宣教師のほかにカステラ、テンプラ、コンペイトウ職人が付いてきたことは確かだな。

 その他、ビロード、ジュバン、ボタン、コールテンなども入ってきたので仕立て屋も付いてきたんだろう。
72: 日本@名無史さん 投稿日:2010/05/18(火) 08:41:48
パンもポルトガル語だからパン職人も来ただろう。
75: 日本@名無史さん 投稿日:2010/05/23(日) 03:26:23
>>72
そういえば、江戸時代にパンの製法が途絶えたのが謎。
将軍謁見のために江戸に赴いた長崎のカピタンも代替物の「餡なし饅頭」を振舞われたとか。
そのくせカステラなどの焼き菓子は大いに発展したのも対照的な謎。
やはり、日本の湿潤な風土や魚介と野菜メインの食文化にパンが合わなかったからだろうか?
74: 日本@名無史さん 投稿日:2010/05/22(土) 21:23:50
結局、カトリックのポルトガルが追い出されてプロテスタントのオランダだけが通商できたのが面白いな。
77: 日本@名無史さん 投稿日:2010/05/23(日) 14:56:29
>>74
オランダあたりに本部を置く東インド株式会社がお家賃年額銀55貫目に契約したから。
たまたまプロテスタントだっただけ。
お金の問題。場所を借りるときは今も昔もお金。金を払わない者には貸さない。
76: 日本@名無史さん 投稿日:2010/05/23(日) 14:01:06
ちょっと調べてみたら、カステラの製法はオランダから伝わったみたいだね
パンの方は鎖国以前にイエズス会の人たちが日常的に作って食べていただろうから、キリスト教的なものとして手を出すことを控えたのかも
78: 日本@名無史さん 投稿日:2010/05/23(日) 15:16:36
>>76
カステラはポルトガル語カスティリャ(地名)ではなかったか?
オランダ語という感じはしないな。
管理人より:調べておきました。
カステラ」は元は、スペインのカスティーリャ地方の焼き菓子で、このカスティーリャ(Castilla)をオランダ風に発音すると「カステーラ(Castela)」となるんだそうで、これが日本に伝わってるようですね。
しかし、実際に伝えたのはオランダではなく、ポルトガルの宣教師だそうです。だいぶん日本風に工夫して改変した模様。まぁいつものことか…。笑
81: 日本@名無史さん 投稿日:2010/05/27(木) 02:29:10
鉄砲伝来の船のオーナーはシナの海賊だったそう。
シナ人と種子島の役人が筆談してるとき、役人がポルトガル人を指差して「こいつらは一体何ぞ?」と聞いたら、シナ人は「禽獣である」と答えた。
90: 日本@名無史さん 投稿日:2010/06/21(月) 13:02:53
>>81
ポルトガル人が鉄砲伝えたってのは案外嘘かも
だって火薬も鉄砲も中国人が発明したんだし。
たまたまポが一緒にいただけじゃないの?
93: 日本@名無史さん 投稿日:2010/06/21(月) 19:11:31
>>90
秀吉の朝鮮出兵のときシナに鉄砲隊などいたか?
82: 日本@名無史さん 投稿日:2010/06/19(土) 23:55:08
ていうか、種子島に漢文の才がある役人が居たのが奇跡としか言いようが無い。
当時の種子島といえば日本の領域に辛うじて含まれる辺境だろ。
そんな辺鄙な所に現代風に言えば英検1級にも匹敵するかようなインテリが居たことが奇跡。
97: 日本@名無史さん 投稿日:2010/06/21(月) 22:49:10
>>89
単に言葉を話せるのと、文章で筆談するのとでは学習レベルが違う。
言葉は無意識に出てくるが、文章は文法と膨大な漢字を論理的に組合わせる思考技術が必要。
日本では近世以前は書記は歴とした専門技術職。
世界各地を見ても文章で物を読み書きし、更に外国人と筆談することができるのは、相当に博学な専門技術者だった。
そんな逸材が当時の種子島にたままた居たのが奇跡なんだよ。

おそらく京都あたりの私塾で勉学を積んだ公家の子弟か何かの出自だろうか。
98: 日本@名無史さん 投稿日:2010/06/29(火) 11:44:30
おれもクラブで中国人と筆談したが、理論的に組み合わせる思考術がなくても、普通に通じる。
99: 日本@名無史さん 投稿日:2010/06/30(水) 00:18:00
わしも上海のホテルで日本へ電話したいと思って、英語やシナ語をしゃべっても通じないので「国際電話」と書いて渡せば通じた。
100: 日本@名無史さん 投稿日:2010/06/30(水) 00:48:12
98-99
待って、時代背景が違いすぎるじゃん。
お互いの文化水準が殆ど等しい現代ならいざ知らず、まだ「鉄砲」「火薬」「銃身」とか言う熟語が無い時代にどうやって、火縄銃を論理的に説明して売り込んだんだろうか?
そもそも鉄の筒に火を噴く粉を入れて弾丸を撃ち出すような、構造体そのものを日本人が知らなかった時代だよ。
だがその全く未知の謎物体に種子島公は千金を投じて2挺も大人買いしたんだよ。
今だったら、アマゾンのヤニマミ族がiPhone4を買うようなもの。

運用そのものだって未知数だろうに。
101: 日本@名無史さん 投稿日:2010/06/30(水) 02:45:12
>>100
火縄銃の構造など比較的簡単だろう。日本人なら見ただけで理解できただろう。

火薬はシナの爆竹を知っていただろうし。
製造法で分からなかったのはネジだけだったそうだしな。
102: 日本@名無史さん 投稿日:2010/06/30(水) 10:31:46
>>101
確かに見て手にとって使い方を聞けば、そんなに難しくも無いように思える。
だからって、そんな物に大金叩いて衝動買いしてしまうほどの価値を見出せたのだろうか?
例えば、ヤノマミ族だって本当に欲しいのはiPhone4じゃなくて、入手困難な生活道具(鉄器や布)だろう。
室町時代の日本人なら陶磁器、綾錦、香木、象牙、珊瑚、夜行貝など。

いわゆる中継貿易で利を食む島人にとっては換金価値の高い物品の方が遥かに興味があったでしょう。
それが高々爆竹の発展形?的な謎の鉄筒に大金払ったのかが日本史最大の歴史ミステリー。

いくらなんでも、そんな片っ端から職人は来なかったろうと思いますけどねぇ。笑
通常、宣教師だけが船に乗って来る、とうことはなくって、大体が商船に便乗して来てたそうです。

以前も書いたかもしれないけど、なんでもポルトガルでは、日本の屏風が大ヒットして、現代でも日本風の屏風を作るアーティストがいるらしいです。あちらでは「ビョンボ(Biombo)」と言うんだそうですが。
日本だって今でもカステラ食ってるんだし、こう、昔の日本と、スペイン、ポルトガル、オランダあたりとの文化交流が今なお残ってるのは、興味深いですね。

まぁ関係ないですが、カステラというと、口の中の水分を全部奪ってしまいますから、牛乳が必須です。
管理人の知り合いに、口の中の水分にやたらとこだわるひとがいて、そういう類のホクホクした系は一切食べないってひとがいますよね。じゃがいもとか絶対に食べないそうです。

そんで管理人がビックリして「そんならカレーとかどうするんですか?あ、カレーの中のじゃがいもとかは、OKなんすかね…」って聞いたら、コイツなに言ってんだ…って表情で「だってでも、イモですよね!?」つって、それで伝わるやろ!みたいに言われたけど、いまだに納得できない。
その後で、「もっと分かりやすい例え」と称して「マクドのポテトはエエねんけど、モスのポテトはアカンのですよ」て言ってましたが、ますます分からない。世の中にはいろんなひとがいるもんです。
カステラもきっと食べないんでしょうね。おいしいのにもったいない。

宣教師全然関係ない話しになっちゃった。

フランシスコ・ザビエル肖像(狩野源助)
トップ絵は作者不詳の「フランシスコ・ザビエル肖像」。狩野源助による画であるという説が有力だそうです。この絵は教科書に載ってるから誰でも知ってますネ。
ポルトガル人ではなく、スペインのバスク地方出身だそうです。(スレでも出てたけど)
フランシスコ・ザビエルは、カトリックの聖人でもあり、けっこう有名でエライお坊さんなわけですが、現代の日本では主に「頭頂部のハゲの形状の例え」として言い伝えられたとは、さすがの彼も予想GUYだったのではないでしょうか。笑

ザビエルさんの名誉のために言っておくと、これはカトリック修道士がやる「トンスーラ(剃髪)」というヤツで、決してハゲてるわけではない!剃ってるだけなんや!(1972年に廃止されました)
その上、イエズス会には剃髪する習慣はなかったので、ザビエルは実はこういう頭をしていなかったのでは?とも言われています。
とんだ濡れ衣を着せられたザビエルさん、(´・ω・)カワイソス

聖フランシスコ・ザビエル(ヒエロニムス・ヴィーリクス)
この肖像画はヒエロニムス・ヴィーリクスの描いた肖像画を元に描かれたとかで、元絵はこちら。
なんか若干白目向いてて、頭のおかしいひとに見えますが、これは美術的には「法悦の表情」という風に呼ばれますので、ひとつヨロシク。

10.21追記:当記事を「小人閑居シテ駄文記ス」さんで、またまた紹介していただきました!(こちらの記事
いつもありがとうございます。なんかハゲつながり、みたいな感じでした。笑


元スレ:http://academy6.2ch.net/test/read.cgi/history/1257293709/

人気サイト様 最新記事

博士ちゃんねる ヘッドライン

    • ※1 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2014.10.17 23:53
    ペドリアン・ペドリスは小児性愛を表す「ペド」を人名に練りこんだ単なるダジャレでしょうね
    • ※2 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2014.10.18 6:07
    トンスラってドラマあったな。キリスト教都の関係は全くなかったけど。つーか火縄銃の構造なんて見ただけでわっかんねーよ。俺もしかしたら日本人じゃないかもしれんね
    • ※3 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2014.10.18 7:38
    そりゃ
    領主=武士=武器に興味有る、てか必要
    だし威力を見せられたら買うでしょ

    ISISが宇宙人にレーザー銃の商談持ちかけられたら大金払って買うだろ?
    • ※4 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2014.10.18 8:36
    ポルトガルは島原の乱の後、日本に敵国認定された初のヨーロッパ国になった。
    その後通商の再開を求めにやってきたイギリスは、貿易を独占したいオランダがイギリス王子とポルトガル王女の結婚を幕府に伝えていたので、丁重に断られてしまった。その書簡が今でもイギリス公文書館にある。
    • ※5 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2014.10.18 23:44
    うちの会社に「ザビエル」と言うあだ名の人がいた。もちろん頭頂部を指していた。

    それはさておき、ザビエルはインドのゴアでユダヤ人を火炙りにしているので、日本がキリスト教を
    禁止しなければ、日本で日本人がキリスト教を信じないという理由で火炙りにされたかもしれない。
    高山右近もバリバリ領地の神社仏閣を潰していた。そういう事を知ると、戦国時代のキリスト教の
    イメージが悪くなった。
  1. >ペドリアン・ペドリスは小児性愛を表す「ペド」

    あ、そか。ペドフィリアのことだったんすね…。納得w
    -------------------------
    >つーか火縄銃の構造なんて見ただけでわっかんねーよ。

    まぁiphoneほどかけ離れるってことはないでしょうし、日本の工芸技術はけっこう高いから、案外わかるほどいた気がします。
    構造はわかんなくても、遠くの離れた鉄板を撃ちぬく、弓以上の威力!みたいに、実演されたのかも…。
    -------------------------
    >ISISが宇宙人にレーザー銃の商談持ちかけられたら大金払って買うだろ?

    ISISじゃなくてもきっと買いますよね!だってロマンだもの!
    -------------------------
    >ポルトガルは島原の乱の後、日本に敵国認定された初のヨーロッパ国

    ホォー、これは知りませんでしたけど、なんだかんだで、一向一揆みたいなもんのめんどくささが色濃く残ってた面もあったかも。
    -------------------------
    >戦国時代のキリスト教のイメージが悪くなった。

    一神教はこういう不寛容があるから、先祖崇拝の残る日本には、どのみち根付かなかった気がしますよね。なんでも「祀っとけ」っていう風潮ですからねぇ。
    • ※7 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2014.10.21 16:00
    キリシタン大名が神社や寺を壊していたのは、信仰うんぬんじゃなくて、そこが一揆の拠点だからだと思う。信長最大の敵が本願寺だったように、当時の寺社仏閣は城なのだから(宗教勢力はそのまま戦国大名)、敵であれば破壊するのは当然

    キリシタンを取り締まったのも、一向一揆の鎮静化に成功した秀吉が、次なるキリシタン一揆の芽を摘むというのが狙いだったのではないだろうか。結局、江戸時代に島原の乱という形であらわれるけど、あれが本願寺化したら大問題だし
    • ※8 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2015.10.7 2:09
    宣教師と愉快な仲間達とで来日しないとなぁ。
    宣教師だけだと船旅は地獄だぜ?
    • ※9 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2015.12.5 3:30
    西洋人が気のいいやつだったなんて幻想見過ぎ。
    昔は暴力の時代、現代が一番まともですよ。ISISみたいなのはごろごいたよ。
    西洋人なんかアジア。アフリカで植民地支配してたんだから強姦拷問虐殺なんて当たり前ですよ。ポルトガルだってマラッカ占領したり、そのマラッカだってオランダに取られたりで殺し合いしまくりですよ。オランダだってインドネシアのアンボイナで商売敵だったイギリス洋館おそって日本人傭兵もろともイギリス商人現地人又裂き拷問などしてなぶり殺ししてますよ。スペインだってラテンアメリカでアステカやらマヤら現地人殺しまくり、妊婦の腹さいて赤子取り出して石にたたきつけて遊んだりしてますよ。
    それが当時の感覚。今みたいな暴力反対の倫理観は徹底してませんよ。港で女買うのなんか当たり前ですよ。
  1. トラックバックはまだありません。


コメ欄での議論はおおいにけっこうですが、当サイトではドクター同士の罵り合いは禁止となっております。反論する際には、相手の意見・人格を尊重し、どうぞ冷静に。
*