人気サイト様 最新記事

博士ちゃんねる ヘッドライン

レスの強調ウゼェー!というドクターへ

レス内の強調表示をOFFにする コチラをクリックして切り替えてください。設定は30日間Cookieに保存されます。
現在のステータス:強調有効

なんで経済学者って言うことバラバラなんだよw @ [経済学板]


なんで経済学者って言うことバラバラなんだよw @ [経済学板]
1: 名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2007/06/29(金) 11:13:41 ID:aLbkt0tX
結局誰の言ってることを信じたらいいのか分かんねーよw
2: 名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2007/06/29(金) 12:18:15 ID:UKXjdQu5
お前は学問を分かっていない
3: 名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2007/06/29(金) 12:30:27 ID:phuSd8AI
一緒だったら面白くないだろが
チンカス
6: 名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2007/06/29(金) 17:47:34 ID:A3uCmTiT
>>1
具体例を頼む。
「経済学者が言うことはバラバラ」と誰かが言ってるのを丸呑みしてるだけなんだろうがw
8: 名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2007/06/29(金) 20:29:06 ID:fGslv/mf
>>6

いまなら,利上げすべし派と利上げするな派が居るし・・・
公債発行残高1000兆円は危機的状況派大丈夫派があるじゃん.
9: 名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2007/06/29(金) 21:35:17 ID:IjXFoj2i
>>8
まともな経済学者とエセ経済学者の言うことを区別したほうがいいぞ…
11: 名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2007/07/01(日) 09:53:18 ID:SfpalggY
>>6
同じ状態でも賛成派と反対派がいるからじゃない?
格差があったほうがいいって人もいるし みんな中流のがいいって人もいる
15: 名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2007/07/01(日) 14:12:15 ID:uSx0GBQC
>>11
厚生経済学の第二基本定理

究極的な価値観を与える学問じゃねーんだから、分配に関しては好みの話にしかならない。


それぐらいも知らないから
>なんで経済学者って言うことバラバラなんだよ
とか思っちゃうんだろうな。

勉強しろ。
厚生経済学の基本定理 (Wikipedia)
厚生経済学の基本定理(こうせいけいざいがくのきほんていり、英: Fundamental theorems of welfare economics)とは、以下のパレート効率性と競争均衡配分の関係について述べた2つの定理のことである。1950年代にケネス・アローとジェラール・ドブルーが厳密な数学的証明を与えた。

厚生経済学の第一基本定理
消費者の選好が局所非飽和性を満たせば、競争均衡によって達成される配分はパレート効率的である、というものである。局所非飽和性とは、どんなにわずかにでも消費量の増減が許されるならば、より好ましい消費量を実現できるという仮定である。
厚生経済学の第二基本定理
局所非飽和性に加え選好の凸性などのしかるべき追加的条件の下で、任意のパレート効率的配分は、適当な所得分配を行うことによって競争均衡配分として実現可能であるというものである。
10: 名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2007/07/01(日) 09:44:14 ID:JPqH1b2o
5分読むだけで、熟睡できるよな
ハルシオンよりいいよw
12: 名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2007/07/01(日) 10:43:54 ID:okbvcuDH
家賃の上限制限を行った場合、その質が低下することには93%の経済学者が賛成してるけどね。
他にもいろいろあるよ?
13: 名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2007/07/01(日) 11:00:23 ID:fKrr5NEH
んなこと直感でわかるだろw
経済学やる必要あることなのか?
14: 名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2007/07/01(日) 13:26:26 ID:Sw+q0EEC
>>12
むしろそれに同意しない7%がすげぇな。
理論に沿わない現実の方が間違ってるんだろう。
19: 名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2007/07/02(月) 15:57:45 ID:Ugn5jmA5
素人質問で申し訳ないけど、GDPはなんの総計?
40: 名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2007/10/30(火) 05:06:04 ID:msl132Kn
>>19
GDPは国内総生産のこと。Dはドメスティック。
20年くらい前まではGNP国民総生産と言っていた。
なぜ言い方を代えたかと言うと、80年代から多国籍企業が海外で大きな利益を出すようになり、それが国の実態にあわなくなったから。

今もそうで、大企業は空前絶後の利益を出しても国内には反映されない。
この、日本人の今までの努力や労働を踏み台にして、己の利益のみ追求する大企業の有り様を、国民から隠すために国内総生産に切り替えた。
42: 名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2007/10/30(火) 10:05:51 ID:5bbHP4mi
>>40
ごめん。意味分からない。
GDPは実体を反映するの、しないの、どっちを主張したいの?
そもそもGDPは経済指標の一つに過ぎん。
それを騙すとか言うのはその指標を正しく理解してないだけじゃない?
20: 名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2007/07/02(月) 22:25:07 ID:cjjVtCUh
各企業の売り上げから材料などの原価を引いた金額を総計したもの。
これでマンパワーによって作られた価値が計れるっていうのが、マクロ経済の基本理念なわけだ。
21: 名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2007/07/03(火) 09:28:32 ID:Bh6nNjoO
辞書的な説明ありがとう。もう少し裏ネタまじりの解説がほしかった。
国内総生産 (Wikipedia)
国内総生産(こくないそうせいさん、Gross Domestic Product、GDP)とは、一定期間内に国内で産み出された付加価値の総額のことである。
(中略)
原則として国内総生産には市場で取引された財やサービスの生産のみが計上される。このため、家事労働やボランティア活動などは国内総生産には計上されない。この点は、国民総生産でも同じである。こうした取り扱いの例外として、持ち家の家賃など帰属計算が行われるものがある(国民経済計算の帰属家賃の説明を参照)。また、今期新たに生産されたのでない財(例:古美術品)の取引、最終財の原材料となる中間財の取引は算入されない。
(中略)
GNPとGDPの違い
国の経済の規模・成長を測るものさしとして、1980年代頃までは国民総生産(GNP)がよく用いられたが、これは外国に住む国民の生産量も含んでおり、本来の国の生産量を正確に計ることができないため、近年では外国での生産活動分を除いた国内のみの生産を計る国内総生産を使用することが多くなった。
28: 名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2007/10/25(木) 21:42:06 ID:vtkulmq9
経済学は実証科学の仮面を被った規範科学である。
29: 名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2007/10/28(日) 08:20:15 ID:WOWqYU9K
学説が色々あるんですね
30: 名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2007/10/29(月) 01:03:28 ID:0q5jPhTZ
だから文系は使えないんだよ
31: 名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2007/10/29(月) 02:06:47 ID:zvip8IB9
お前ら全員で無知バカ。経済学は実証・規範共に性質を考慮した分野として成立している。
統計学は数学的手法を用いている、これは物理学の理論的側面と同質。経済学も同じ。
少なくとも完全な学問が無い中で研究を続け確実な進歩を遂げている経済学は立派。
33: 名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2007/10/29(月) 02:13:53 ID:zvip8IB9
経済学は社会科学の中で一番まとも。
真面目、説得力あり。批判(悪口)するなら社会学とか政治学とか沢山ある。

経済学に目が行くのは経済学しか知らなくて、しかも政策に影響力があることを感じたからだろ。
経済学も政策段階では政治の影響を受ける事を知れ!
38: 名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2007/10/29(月) 05:14:15 ID:3CixaGcF
経済学の究極のテーマは戦争の回避です。
学部に何気に入ってから、このことに気づき、経済学部に入って良かったとシミジミ感じました。

実にカッコイい!
人知れず世界を平和に導く探求!これぞ経済学!
無意味とか自己満と言われても一向に平気。
39: 四つ葉のクローバー 投稿日:2007/10/29(月) 22:52:16 ID:cBugVVuh
まず文系、理系とか言う分類がおかしいからなぁwwwww
そうだなぁ

AさんとBさんにある現象について客観的に書けと言われたて書かせたとしても、完全に一致するなんてことはまずほとんどない
どれくらいの確率でないかって言ったらそれは天文学的数字ってのが出るんじゃないか?w(笑)

だいたい同じになるってことさwww
世の中0か1かだけじゃぁないwww

ちなみ数学は別に最高でもなんでもないし超簡単(笑)
数学は全て0か1かってことだけだものw
0か1かじゃない問題に対して数学は対応できないwww最高どころか欠陥品だろww
数学は固定的な問題にはうまく対応できるが、流動的な(例えば経済のような)問題にはうまく対応できないwww
まったくできないわけじゃないがそれだと数学をわざわざ使う意味がなくなるような結果しかでないwwww
数学は根本的には予測をする学問だけど経済は残念ながら予測はできないww
管理人より:前段は同意ですが、後段の草生やしながらの数学批判は余計でしたナァ…。笑
41: 名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2007/10/30(火) 07:36:53 ID:t30RjScJ
経済学も所詮は仮説、もっというと虚構に満ちた学問。
多少なりとも勉強すればわかるはず。
45: 名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2007/10/30(火) 11:21:59 ID:plmr0OEC
第一、何故クズどもは社会学とか政治学とかに批判向けないの??そっち行きなよ、経済学の前に出直してきなよ、論外だって。
批判要素は社会学とかのが圧倒的に多い。経済学に生意気に寄生するな、『キモい』。『格差やろー』。
47: 名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2007/11/01(木) 00:09:44 ID:bW7OHyld
経済学は知らない人からみれば一見理路整然としてるから、世の中の経済に関する絶対真理を法則化したように思ってるんだな。

経済学は多分に価値観を伴う学問だよ(まっ学問全ては価値観から逃れられない運命だけど)。
故に経済理論は政治のハシタメだよ。(学問的に馬鹿にしてるわけではないよ、決して)
数々の経済理論・政策が展開されるが、それは現実の状況に憂いてる科学者が持てる叡智を結集して、神様のように中立の立場で・子供のような純粋さでもって処方した理論ではないのよ。
その時代の政治状況、その論者の立場(属する利益団体など)によって大きく異なるのよ。

経済学は個々の理論をうまく組み合わせて一纏まりの綺麗な体系に紡ぎあげたところに一つの魅力がある。あたかもそれで世界の全てが語れるかのように…
でもそれは価値を与件によって極端に限定することで、紡がれたもの。

論者が何を一番問題視にしてるのかによって原点設定から違ってくるよ
48: 名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2007/11/01(木) 08:36:29 ID:WCM3/QPP
>>47
経済学が政策を理論や数学のようにするのは、半分は利権構造に幻想を持たせるためです。
経済学は限りなく、権力や政治の力に影響されます。

なぜなら、経済学の生まれた理由からして、アンチ権力思考に向かう宿命があるからです。
したがって、権力擁護のお抱え学者が非常に多い。社会学や政治学にも言える事です
49: 名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2007/11/01(木) 10:00:13 ID:Gn86lzzS
47-48
具体的にどの辺りが?
51: 47 投稿日:2007/11/02(金) 21:51:48 ID:9RjtGUrz
>>49
何にでもあてはまるんじゃないか?むしろ当てはまらないものの方が珍しいくらい
なんでもいいから例に挙げて考えてみればいい。


ある経済問題に対する意見の対立・相違は、主張する個人・団体の利害関係から読み解く方がずーっと早く理解できる。
学生のような無垢な心でそれぞれの言い分を、ウェイトつけずに並列に聞いていたら頓珍漢な解決策しか見出せない。
50: 名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2007/11/01(木) 15:14:39 ID:jZpop7mq
48は
>経済学が政策を理論や数学のようにするのは、半分は利権構造に幻想を持たせるためです。
という文と
>経済学の生まれた理由からして、アンチ権力思考に向かう宿命があるからです。
という文が、ぱっとつながらないんだが。
本来は後者だけど、実際の経済学者は前者だということ?
あるいは、学問的性質としては後者(あえて言えば権力の脱構築)だけど、それだからこそ利権構造を隠蔽しやすいということ?

まあ、なんでもいいんだけどさ。
56: 名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2007/11/04(日) 05:18:13 ID:ls9NP8kQ
>>50
まだぱっと繋がらないのは自然です。

それが繋がりはじめると、目の前が一気に開けてくる。
その時、絶望するか真の経済を悟るかはそれまでの君の在り方次第。

まるでRPGの世界に放り込まれような感覚におそわれるでしょう。
58: 名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2007/11/04(日) 14:52:45 ID:VuFGSPo1
>>56
50じゃないけど人に伝える気がないのなら、チラシの裏にでも書いとけよ。
52: 名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2007/11/03(土) 10:42:13 ID:NpiAPjsW
>>50はその疑問を忘れずに、これから新聞やニュースを注意深く見ていてほしい。
さらに、経済学を学ぶのではなく、経済を見てほしい。

2ちゃんの国際、外交、政治、経済板には、経済学を実践している人が多い。
数年かければ、いや、今の情報量ならもっと早く世界のあり方、構造が見えてくる。
そしたら、その疑問の答えが全て見えてくる。

実は経済学やってて良かったと思えるのは、そこからなのです。眼光がするどくなるぞ♪
53: 名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2007/11/03(土) 16:12:15 ID:rt1ZpkUQ
ごめん、50なんだけど、君の言ってることが日本語として、どうつながってるかわからないんだよ。
俺は経済学やってて良かったと思うんだけどさ。

えっと、この議論の流れって、ウェーバーの『客観性』論文って感じなの?
近経応用バカなんで、そんな高尚な話は忘れちまったい。
66: 名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2007/12/08(土) 13:25:23 ID:8acIZDCz
>>1
実験できないからでしょうね
55: 名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2007/11/03(土) 17:41:41 ID:lF2yKR0o
随分昔の経済学批判だね
今はデータによって理論を取捨選択しようとする流れになってきている
63: 名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2007/12/05(水) 16:13:50 ID:NgJe865V
雑誌の来年の景気予想とか読んでても全員違うこと言ってるから誰の意見を信じたらいいのかわかんない
64: 名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2007/12/05(水) 16:41:39 ID:Ho3kaN6e
一緒だったら存在価値がなくなるだろ?
67: 名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2007/12/09(日) 02:42:44 ID:of7K+Sq6
>>64の言う通りだな。
学問であるためには「問」が存在しなければ。
68: デイトレーダー 投稿日:2007/12/09(日) 09:51:56 ID:BIIpFMOS
問いならあるぜ、来週の日経平均の推移を予想してみては?
おそらく多種多様な答えが出てくると思うが


サブプラに端を発した金融不安はどうなる?
ローン金利凍結で問題先送りにしたブッシュの思惑
英政府のノーザン国有化の話は米を支援するため?
11日のFOMCでの利下げ観測と反対方向へ舵を切った欧州ECBはなにを考えているのか?
12日次々と発表される外資系金融大手の決算結果どのような影響を与えるのか?
オリンピックへの期待感ふくらむ中国、ドルが下がると困るアラブの王子

これだけでもいろいろな解釈ができる、言ってることがバラバラになるのは至極当然な事ではなかろうか
日本の株式市場では、毎日2兆円超のお金が動く訳で、誰もが利益を求めている
69: 名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2007/12/09(日) 21:12:45 ID:UtQ15Ri5
>>68
正当な経済学の人だったら概ね一緒だと思うけど。
んな短期じゃランダムウォークだ知るかバーカw
じゃない?

そういう問いにもっともらしい解答を出す人はインチキエコノミストだろ。
70: 68 投稿日:2007/12/10(月) 04:27:33 ID:ev5BHj2V
まさにその通りw
株価で現在の経済云々する人の話は絶対信用しないが、この手の輩が多いから困るわ

冷静な意見が聞けて参考になったよ
76: 名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2008/12/20(土) 18:16:03 ID:+/qrj5iw
首尾一貫した議論に見えないのは聞く側に知識がないからってことが多いな
スレタイに答えるなら、経済学者の聴衆が馬鹿ばかりだからだろう
77: 名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2008/12/20(土) 22:02:02 ID:L5WJEAaJ
>>76
だって、日本国民が文系学問全体が机上の空論だと思ってる。
わかりやすく説明しようと思うから、信用されない。

「この微分方程式を解きますとこうなりまして・・・」
とか説明したら、みのもんたとかウンウンうなずくだけだよ。
国民もそういうものなんだろうなぁ~と思う。
79: 名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2008/12/21(日) 14:34:07 ID:vyzcRES9
実証経済学規範経済学があって経済学者の間で意見が異なることが多いのが規範経済学の範囲において

実証経済学とは経済的な状況や現象を数式や言葉を使って説明するための学問
規範経済学とはどのような方向に経済が進むことが望ましいかを考える学問
規範経済学は実証経済学の結論に基づいて検討される
規範経済学においては経済学者の価値観に影響されるため意見の相違が起きやすい

実証経済学においてはほとんどのばあい、学者間で結論は同じになるが、全く正反対の結論にはならないにしろ、ある現象の影響の大きさを数値化するときに、どのくらいの数値にするべきかで意見が異なることもある

こんな感じだったはず
80: 名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2008/12/23(火) 21:03:18 ID:5XZM7uP4
あんまり深く考えすぎなくても

演繹的な分析がメインで、人間の多様性に影響される社会系の学問だから。でいいんじゃね?
管理人より:「演繹」というのは、結果とか一般的な真理から個別の事由を得るような論理的な推論方法。逆は「帰納」。
82: 名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2008/12/27(土) 14:54:21 ID:5X8lEgD7
経済学ってのは思考の部分と数式モデルの部分があるけど、思考を数式モデルに変換する時は、思考において重要だった要素のいくつもをズバっと大胆に切り捨てて当面の問題についての答えを出す。

ここの、ズバっと捨てる捨て方がまさに技であって、これは学問と言うよりセンスの問題なんだけど、捨てた後の数式モデルしか見てない奴は、こんなモデルは現実とかけ離れている、机上の空論だと言うし、捨てる前の思考全体を見せられた奴はこんな複雑晦渋な理論体系で一体何を分析できるんだ、とボヤく。

料理のレシピとか医療の診断指針みたいにまとめられるもんじゃないんだよ経済学は。

思考→モデルのプロセスとそれを支える技を三位一体で修得しないと理解できないし、そういう理解をしている人同士でしか議論ができないから、素人お断りの世界なんだ。
89: 名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2009/04/12(日) 16:19:44 ID:bvfTPaIG
自民党の中でも言ってることがバラバラなのと一緒だろ
96: 名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2009/06/18(木) 10:30:51 ID:gCTZAdnJ
>>89
どういう理屈だ?
97: 名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2009/06/18(木) 16:36:35 ID:OqONE7fU
>>89
イデオロギー(思想信条)の水準と経済学を一緒にするつもりか?w

なんか2chの全板で新スレ立てると「[転載禁止]」って入るようになったんですが、これまとめも禁止っていう意味なのかな?以前まとめは別にいいでーって言ってたような気がするんだけどなぁ。
管理人はまとめ作業以外では、ソフトウェア板のOperaスレと、洋ゲー板くらいしか常駐してないのに、まさかこんなとこまでやられるとは。笑
とりあえず、はっきり通達があるまで様子見。

さて、学者の先生たちの意見がバラバラなのは経済学に限ったことではないですね。 数学以外の学問は、ほぼ全て学説はバラバラであると言えるし、数学だって証明されていないことについては、やっぱりバラバラです。そういうもんじゃあないんでしょうか。
法学なんかもっとひどいですよ、条文1個1個、法律的な概念ひとつひとつに、それぞれ3つくらい学説があるもん。笑

なぜ経済学だけが槍玉に上がるんでしょう。
70年台80年台くらいのアメリカでは「Economic Jokes」みたいなのがすごい流行ったらしくて、経済学者がいい加減だとかいうのは、それの影響もだいぶんあるかもしれませんね。
例としてアヤフヤな記憶の中から1個挙げておきます。
ブッシュ大統領はある金融問題について深く悩んでいた。

数字のことなら専門家に聞くのが一番良いだろうと思い、お抱えの数学者に尋ねた。
「きみ、2足す2はいくつかね?」
「4です、大統領」
数学者は即答した。

しかし、どうしてもその答えに納得のいかないブッシュ大統領は、続いて統計学者にも尋ねた。
「きみ、2足す2はいくつかね?」
「小学4年生の平均値によりますと、閣下、約4となっております」
統計学者は答えた。

しかし、やっぱりどうしても納得出来ないブッシュ大統領は、最後に経済学者に尋ねた。
「きみ、2足す2はいくつかね?」
すると経済学者はドアをロックし、窓のブラインドおろして、辺りを油断なく見張りながら、大統領に耳打ちした。



「閣下はどのような答えをお望みですか?」
他にも経済学者が電球を取り替えるには何人必要か?とかのバージョンもあってちょっとおもしろいので、興味のあるドクターは調べてみてください。

経済学というのは、様々な膨大な要素が組み合わさって行われる経済活動及びそのカオティックな結果にたいして、なんらかの法則を見つけようという学問だと思いますんで、学説がバラバラなのは至極当然であると思いますけどもね。
それに、こういうこと(経済政策)を行えば、こういう結果(経済効果)がおおむね返ってくるというようなことは、だいたい確立していることと思いますし。

スレ見る限り、TVとかに出てる「経済評論家」の意見と取り違えてるんじゃないでしょうかねぇ…。
管理人は経済学はシロウトですが、スレ内でのハナシなら、»82の意見が一番腑に落ちるかな?経済学ってまさにそんな感じがして、ある程度ちゃんと勉強しないとサッパリ分からない気がします。

まぁ当サイトには経済学の専門家もおられますし、毎回コメ欄にていろいろと補足をいただいていますので、そちらも合わせて参考にしていだければ、と思います。

トップ絵は「大逆転」という映画のダン・エイクロイドとエディ・マーフィー。
先物取引のプロと、天才的な才能を持つホームレスが、先物取引で大逆転を狙うドタバタを描いた傑作コメディ。こういう無害な良質コメディ映画って、最近ではとんと見なくなりましたネ。
大逆転 [DVD]
大逆転 [DVD]
posted with amazlet at 14.10.29
パラマウント・ホーム・エンタテインメント・ジャパン (2006-11-02)
売り上げランキング: 20,800


元スレ:http://academy6.2ch.net/test/read.cgi/economics/1183083221/

人気サイト様 最新記事

博士ちゃんねる ヘッドライン

    • ※1 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2014.10.29 21:42
    このスレのカミソリはみな切れ味が悪いなぁ
    • ※2 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2014.10.30 1:20
    なにをもって経済を理解したとするのかも問題だよね
    株価や為替の動きなら金融工学が洗練されていけば精度も上がっていくだろうけど、社会主義か資本主義か、貨幣価値とはなにか、とかやってくともう完全に思想の世界だしすべての学者の意見が一致することなんてないだろう
    • ※3 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2014.10.30 1:44
    >82もちょっとずれてる気がしますね。
    医学の治療指針は、「これをやったらこうなった」という実臨床の経験の蓄積に裏打ちされています。
    所謂evidence based medicineというやつです。
    ここで大事なのは妥当性と信頼性であって、再現できないものはしてはいけないということになっています。
    ゆえに、EBMの基準では、「専門家の意見」はエビデンスは最低とされています。
    いくら理論として綺麗にまとまっていても、現実に理屈通りの現象が起こらなければ何の価値もない。
    だから小保方氏がSTAP cellで叩かれたわけです。
    料理のレシピだって、分量通り作って食べて(実験して)みなければ、そのレシピ(理論)の良し悪しは測れないわけでして。

    前置きが長くなりましたが、科学のスタンスは結局やってみなきゃわからないということです。
    自分も経済学はトーシロですが、一般の人というか、そういう実証主義の世界に生きている人ほど、実験を伴わない理屈だけの世界は受け入れられないのだと思います。
    欲しいのは「なぜ株価が上がったのか」ではなく、「こうすれば株価が上がる」という情報。
    しかしスレを見ている限り、経済学は現象を(私情を挟みつつ)記述するに留まる印象。
    そこからの発展に経験が伴っていない。
    だから経済学は文系にカテゴライズされているのだと思います。そのカテゴリ化の良し悪しはともかくとして。
    • ※4 : foox
    • 2014.10.30 7:08
    経済学は文学
    • ※5 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2014.10.30 12:38
    元々学問ってのは、色んな派が自説を討論しあって高め合うっていうのが本質
    極端に言うと、今も全ての学問の学説で”確定”したものはなく、
    「たぶんそうだよ」とか「そうだったら一番スッキリする」っていう位のものですよ
    人間が森羅万象全てを把握することはないし、したら学問はそこで役目を終えるでしょ

    で、経済学ってのは新興の学問で、派なんて百花繚乱ですからね
    学説がまとまるっていう、そういったステージにすら、時間的に達してないんですよ
    • ※6 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2014.10.30 13:28
    リーマンショックみたいなのを防げるならいいけど
    違うならいらないとは言わないが実用的な学問じゃないなと思う
    • ※7 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2014.10.30 19:37
    >なんか2chの全板で新スレ立てると「[転載禁止]」って入るようになったんですが、これまとめも禁止っていう意味なのかな?

    まとめブログ禁止騒動とかの名残…と言うか、あれ以来まともな続報を見ていないので定かとは言えませんが、
    少なくとも2ちゃんねる元管理人のひろゆき氏と現在の管理人(名前忘れました…欧米の方?)の転載を巡る係争があって、
    ひろゆき氏が新しいサイトである“2ちゃんねる.SC”を立てた事で、係争が何となく終息してしまった結果ではないでしょうか。
    元サイトである“2ちゃんねる”が転載許可を出したという話は聞きませんので、念の為注意された方がよろしかろうと存じます。

    経済学について、個人的にはあまり語るべき言葉を持っておりませんが、
    強いて言うなら“極論として、経済に定理や定義を求めようとする事は、人間を如何にして思うように操ろうとするかという事に等しい”
    という事を、経済学に携わる誰もが宣言し、明文化する必要があるのではなかろうかと思います。

    “Economics”という言葉を用いる時、人は往々にしてそれが“人の営み”である事を忘れがちになります。
    データを集積し、統計を取り、平均化したり、抽出したりする事で、それを“概観”する事は出来るでしょう。
    しかし“それが確定的な定理や定義である”とするには、常に“人が定理や定義に従い動かねばならぬ”とならざるを得ないものであり、
    それは畢竟、“人の人による人としての意思決定”と対立する事となります。

    個人的な感想ではありますが恐らく、真摯に“Economics”をデータや統計の結果として理論化し、公表しようとする研究者の見解であっても、
    世界規模や10年を越えるような長い時間スパンでデータを集積すれば拡散し過ぎてモノにならなかったり、
    地域や時間軸を短く取った理論を幾つも並べれば見解がバラバラになってしまう、
    或いは高度に理論化されても、理論化された地点と時節や場所が異なれば全く異なる結果が出てしまう、という事も起こり得ようと思います。

    日本語では“Economics”に“経済”という語が当てられておりますが、
    これは中国古典にある“経世済民”という語が差す“世を經(おさ)め、民を濟(すく)う”、
    即ち“統治者としての運営論”という側面が、直接的にでは無いにしろ、
    根ざした訳語ではなかったかと考えたりもします。

    例えばサブプライムローン問題では、
    “不良債権となる可能性が高い、もしくは既になっている、低所得者向け住宅ローン債権”を、
    “公表せずに”細かく分割し、様々な投資商品に混ぜる事で、
    “バレなければいずれ利益によって問題は薄まり、消失する”として構築したものが、
    事が表面化する事で市場に恐慌を来たす結果になったとされます。
    これを最初から公表し“共助を求める商品”として構築する道は果たして無かったのか、
    という考えを模索する事も“経済学”なのではなかろうか、という事を考えます。
    これは“多くの人に負担を少しずつ分かち合う事を求める”考え方であり、
    “政治”に近い考えではありますが、しかし“経済”という語の成り立ちを考えた時、
    これも一つの“経済学”と言えると考えます。

    大変に私見の多い意見であり、経済学を学ばれている方には恐縮至極ではありますが、
    何らかの見るべきものとして頂ければ幸いです。
    • ※8 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2014.10.30 20:57
    「学」って付いてると感覚的に、ただ一つの真実もしくは正解を得るために、
    経験や実験や実証や何やらを用いて知識を洗練させていくモノ、
    という風に見えてしまうので、未だに色んな方向に意見が行ってるのが腑に落ちないのだと思う。
    「経済論」とかって名前だったらそんな疑問も出なかったのでは。
    • ※9 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2014.10.30 23:10
    経済学ってホモ・エコノミクスを想定してるからなあ
    でもそんな人間はいないしね
    だから行動経済学なんてのが出現したわけで
    結局のところ経済学ってのは「経済という側面から見た人間心理学」ってのが一番近いんじゃないのかな
    • ※10 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2014.10.31 11:52
    実験による実証が不可能である以上、経済学が一般的に想定される学問足りうる事はないでしょう。

    確認された現象を収集し記述する事はできても(博物学のように)、それが何故起こったかや、再現可能かを説明できる学問にはならないと思う。

    むしろ価値判断を含めた哲学として洗練すべき経済学を、マルクスとエンゲルスが「科学的」なんてことを言いだしてから迷走しだしたのだと思う。
    社会がどうあるべきか、人間がどう生きるべきかを、経済の場面から考える哲学・思想として経済学は進むべきであって、明日の景気を良くするための金利操作術なんてのは学問以前の話。
  1. わっ、コメントいっぱいありがとうございます。全レスすると長くなるので一部。

    -------------------
    >実験を伴わない理屈だけの世界は受け入れられない

    理系畑のひとから見るとそんなふうに見えるかも…。ていうか文系分野は全部そうですね。
    -------------------
    >そういったステージにすら、時間的に達してない

    あ、そうですね、歴史的に短いということもあるか…。
    -------------------
    >“2ちゃんねる”が転載許可を出したという話は聞きませんので、

    新管理人が「まとめは別にいい」って言ってたんですよ。過去ログ収集サイトがNGだと。

    >“統治者としての運営論”という側面

    へぇーそういう成り立ちで作られた言葉なんすね…。
    -------------------
    >ホモ・エコノミクスを想定してるからなあ

    なんか数式とか出てくるから、文系なんか理系なんかよくわからんというところはあるかもしれませんね。
    -------------------
    >経済学が一般的に想定される学問足りうる事はないでしょう。

    学問がすべて実用的でないとダメだとは、全然思いませんけど。
    歴史とか考古学とか文学とか、全部「学問でない」となりかねません。
    • ※12 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2014.12.20 20:19
    ちょうど「なぜ経済は人によって意見が食い違うのか」ということに興味があったので、楽しく読ませてもらいました。
    自分が気になっているのは、国債を発行しすぎている日本はいつか財政破綻するのか、というといに対して「破綻する」と「破綻しない」という意見が対立しうる理由です。実際に破綻するかどうかではなく、「なぜ意見が食い違うのか」がすごく気になります。

    今こちらで思っている理由はこんなところです。
    ・見ている時間が違う(例えば短期的には破綻しないが長期的には破綻する、とか)
    ・どっちかが(あるいは両方とも)データを見落としているかロジックを勘違いしている
    ・破綻してほしいと思っている人と破綻してほしくないと思っている人がいて、それぞれ都合がいいデータしか見ていない
    ・結論に至るまでのロジックどこかに「絶対に予測不能」のエピソードがあるが、それへの答えは各人の個人的な体験に基づいている。(ラブレターを送ったら相手がどんな反応をするか、ということは完璧な予測は不可能だが、それぞれの人がそれぞれ自分なりの予想図を持っている)
    • まぁ、経済っていうのはカオスみたいなもんですから、なかなかコレ!といったものはできない部分が多いのでしょうねー。
      偉い先生方があーでもない、こーでもないと考えることにこそ、意味があるのかもしれない。
  1. トラックバックはまだありません。


コメ欄での議論はおおいにけっこうですが、当サイトではドクター同士の罵り合いは禁止となっております。反論する際には、相手の意見・人格を尊重し、どうぞ冷静に。
*