人気サイト様 最新記事

博士ちゃんねる ヘッドライン

レスの強調ウゼェー!というドクターへ

レス内の強調表示をOFFにする コチラをクリックして切り替えてください。設定は30日間Cookieに保存されます。
現在のステータス:強調有効

自信がある人と自信がない人の心理 @ [心理学板]


自信がある人と自信がない人の心理 @ [心理学板]
1: 没個性化されたレス↓ 2011/02/06 16:07:32
どのような仕組みでそのような差異ができていると思われますか?
2: 没個性化されたレス↓ 2011/02/06 16:57:33
ナルシストかそうじゃないか
3: 没個性化されたレス↓ 2011/02/06 18:16:26
幼少期母親にきちんと愛されたかどうか
5: 没個性化されたレス↓ 2011/02/07 16:46:38
>>1
ちょっと議論の範囲が広すぎると思うな。
究極のナルシストなら全てのことに自信があるのかもしれんが、
普通は自信がある部分とそうでない部分が混在していて、
自信がある部分でも「そこそこ自信がある」とか
「絶対的に自信がある」とかレベルも違うよね。

ひとくくりに「自信がある人」とか「自信がない人」では
どの切り口で話をすべきかわからなくなると思うぞ。
6: 没個性化されたレス↓ 2011/02/12 19:17:38
確かにそうだ
人付き合いには自信がありますと機械いじりには自信がありますは違うしな
11: 没個性化されたレス↓ 2011/02/15 13:38:47
>>5
確かに自分の中でも自身がある部分とない部分が混在しています

では、自信とはどのように獲得されるものでしょうか?
例えば、自分と全く同じ技能を持っている人がいたとしても、
自分よりも人に強くでたり、迷いなく困難な道へ進める人がいたりすると思うのです
その違いは、一体どのような考え、感覚の違いによって生まれるのでしょうか?
12: 没個性化されたレス↓ 2011/02/15 14:05:24
>>11
議論する切り口はいくつもあって、一言では言えないと思うよ。
例えば、遺伝的あるいは生得的な構造や機能がどの程度影響するのか。
そういった「自信」を獲得する構造的機能的要素。
これらの研究は専門ではないので詳しい人がいたら譲りたい。

次に仮に自信の定義を「他者と比較して優れているという自覚」とすると、
他者との比較となる基準は各自が属する社会的な価値観に影響を受けるだろう。
このへんは社会心理学の一分野で研究がされているよね。
また、社会的という定義も広義で、例えば君も僕も人間だから、
人類というくくりで共通する価値観に沿って優劣を考えるだろう。
さらに、日本人として、年代として、性別として、地域の規範、
さらに自分の周囲の限定したコミュニティの価値観によっても変わる。

違う側面で言えば、自分の学習履歴も大きな要素になるだろう。
つまり、自分が選択した行動が、自分にとってよい結果を生んだ経験が
多ければ、自分で決断する頻度は高まり、自己判断に自信を持つようになるだろう。
一方、たまたま逆の経験が多ければ、他者に決断を委ねることが多くなるかもしれない。

つまり、君がいう「どのような考え、感覚の違い」というのは、
遺伝的な構造、社会的環境、選択行動の結果に左右され、
それぞれが有機的に影響し合って形成された複雑なものだと私は考える。
16: 没個性化されたレス↓ 2011/02/15 15:43:05
>>11
一応、心理学板なので面倒なことを書いてみたが、
あくまで、日常会話ということで君の質問に意見を言わせてもらうと、
「自分と全く同じ技能を持っている」というのは特定の「技能」に対する自信。
「人に強くでたり、迷いなく困難な道へ進める」というのは
「技能に対する自信」とは別の自信ではないか?
 前出で例えは下品だが色々出てるよね。
あそこは比べる対象のやつと同じようなスペックを持っていて自信があったとしても、
「女性に強くでたり、迷いなく近付き難いいい女を口説く」というのとは違うw
17: 没個性化されたレス↓ 2011/02/15 15:59:00
きっと、君は特定の技能にはちゃんと自信を持っているが、
人に自分の意見を押し付けたり、不確定要素が多いものに責任を持つことは、
自分の意見を主張したい欲求や挑戦してみたい願望と比較して嫌悪的だということでは?

つまり、自分の欲求とその欲求を満たすために起こりうるリスクを天秤にかけ、
その場の状況に応じて判断しているということだと思うよ。
特定の場面で君と逆の行動を起こす人は、そのリスクより行動の欲求が強かったのだろう。
きっと、君だって人から見れば自信家だと思われるような選択をすることがあるはずだ。
別に特別なことでも、自信がないということでもない。
18: 没個性化されたレス↓ 2011/02/15 22:47:39
>>17
横レスだが自信が付いたありがとう!
8: 没個性化されたレス↓ 2011/02/13 00:15:17
勃つか勃たないかの違いか
9: 没個性化されたレス↓ 2011/02/14 00:00:04
>>8
いや、勃つには勃つがどの程度勃つのか、
さらに、でかさと固さの違い、
または持続力との違いってところだ。
10: 没個性化されたレス↓ 2011/02/15 07:00:25
あとは皮と液量だ
22: 没個性化されたレス↓ 2011/02/19 11:06:10
心理学っぽい話はスレチ
ここは男根スレです
23: 没個性化されたレス↓ 2011/02/22 00:24:36
他者否定しないと自己肯定できない人は自信がない人
努力が嫌いだからてっっとりばやく自分を保つために他人を攻撃する

その時その時にやるべきことをやればいいのにやらない
自身がある人はその逆
24: 没個性化されたレス↓ 2011/02/22 00:26:25
他人を批判して自分を保っているよりも自分に原因があると認めて
そこから努力した方がはるかに幸せに近づくのに
無駄な回り道をしておまけに友達を失うという悪循環
26: 没個性化されたレス↓ 2011/02/22 16:34:39
>>23
自己肯定することで自信を得る人もいる。
自信は他者との相対的な一面を持つから他者否定を含む。
その時にやるべきことの基準や判断は個別事象であって、
他者の主観によって規定されたものに準じているかは別の話。

>>24
それは君の経験から来る主観。
一般論的には正しいが、「幸せ」「無駄な回り道」と感じるのは
やはり個別事象で君の基準に適合しているとは限らない。


>>25
自信がないから努力している人も沢山いる。
27: 没個性化されたレス↓ 2011/02/22 18:45:50
>>26
> >>23
> 自己肯定することで自信を得る人もいる。
> 自信は他者との相対的な一面を持つから他者否定を含む。
> その時にやるべきことの基準や判断は個別事象であって、
> 他者の主観によって規定されたものに準じているかは別の話。
本当に自己肯定している人は他者を否定しない
本人が自分をわかっていて自分が本当にほしいもの、自分が何をやっているか
何をしたくないかがわかっていなくて迷っていると他者否定に走る
要は自分をしっかり持っているかの問題



> >>24
> それは君の経験から来る主観。
> 一般論的には正しいが、「幸せ」「無駄な回り道」と感じるのは
> やはり個別事象で君の基準に適合しているとは限らない。
他人を批判するだけで自分を見つめなくても幸せになっている人は
幸せな振りをしているだけ


> >>25
> 自信がないから努力している人も沢山いる。
それをすべきと言っている。
自身がないのなら努力をして自信をつけるべき。
そうやって自信をつけていくしかない
他者を否定しても自己肯定はできない
自信は自分でつちかうべきもの
33: 没個性化されたレス↓ 2011/02/22 19:14:07
>>27
全部君の独善的主観。

肯定とは否定がなくては成り立たない。
意識的であろうがなかろうがね。

「幸せな振りをしているだけ」だと君が思うのは自由。
しかし、断じてしまえばただの独善的な主観。


>自身がないのなら努力をして自信をつけるべき。
>そうやって自信をつけていくしかない

ひとつの意見として同意するが、
「自信がない人は自信がない恐怖にとらわれるばかりで努力を嫌う」
と断ずれば、これはやはり君の独善的主観。
そもそも自信がないことを悪とは言いきれない。
君は「個別事象」を否定するのか?
「他者を否定しても自己肯定はできない」
と断じるなら、自信のない人を否定する事自体が論理矛盾。


「自信は自分でつちかうべきもの」
語義的には正しいが、相対的な他者(事象でもいい)がなければ、
そもそも自信という概念形成など起こりえない。
自信という概念が自己完結するというなら例証してみてくれ。
34: 没個性化されたレス↓ 2011/02/22 20:34:47
>>33
> >>27
> 全部君の独善的主観。
>
> 肯定とは否定がなくては成り立たない。
> 意識的であろうがなかろうがね。
肯定とは今ある自分は自分の決定によるものだと認めること
自分を肯定するには自分が全てを決定していると自覚すること


> 「幸せな振りをしているだけ」だと君が思うのは自由。
> しかし、断じてしまえばただの独善的な主観。
他人の不幸を喜んで幸せをねたんでいる人はどう見ても不幸せなんですが。
35: 没個性化されたレス↓ 2011/02/22 20:35:33
> >自身がないのなら努力をして自信をつけるべき。
> >そうやって自信をつけていくしかない
>
> ひとつの意見として同意するが、
> 「自信がない人は自信がない恐怖にとらわれるばかりで努力を嫌う」
> と断ずれば、これはやはり君の独善的主観。
> そもそも自信がないことを悪とは言いきれない。
> 君は「個別事象」を否定するのか?
> 「他者を否定しても自己肯定はできない」
> と断じるなら、自信のない人を否定する事自体が論理矛盾。
自信がない自分を認めない人が問題だと言っている
認めているのなら無問題
36: 没個性化されたレス↓ 2011/02/22 20:36:16
> 「自信は自分でつちかうべきもの」
> 語義的には正しいが、相対的な他者(事象でもいい)がなければ、
> そもそも自信という概念形成など起こりえない。
> 自信という概念が自己完結するというなら例証してみてくれ。
じゃあ君が結婚式でスピーチをしなけらばならなくなったとする
>語義的には正しいが、相対的な他者(事象でもいい)がなければ、
> そもそも自信という概念形成など起こりえない。
君の言いたいことをその例で説明してくれ
37: 没個性化されたレス↓ 2011/02/22 20:57:00
「肯定とは今ある自分は自分の決定によるものだと認めること 」
「自分を肯定するには自分が全てを決定していると自覚すること」

君は非決定論者か? 
Free willを信じているのであれば、君と議論の余地はない。
哲学的思索が始まった当初からの議論だよ。

「他人の不幸を喜んで幸せをねたんでいる人はどう見ても不幸せなんですが」
カテゴリ錯誤。
そもそも君が主張した最初の意見とは全く関係がない。


「自信がない自分を認めない人が問題だと言っている」
これもカテゴリ錯誤。
君の大元の意見とは
「自信がない人は自信がない恐怖にとらわれるばかりで努力を嫌う」
である。


「君の言いたいことをその例で説明してくれ 」
問いに対して問う前に質問に答えてくれ。
例証が面倒なら、ただひとつ答えてくれればいい。

君は「個別事象」を否定するのか?

Yes/Noで簡単に答えられる問いだ。
39: 没個性化されたレス↓ 2011/02/22 23:36:15
横レススマソ。

>>37
素人をあまりいじめちゃいかんw
もう一人の彼もここがまがい也にも
学問板であることを忘れちゃいかんだろw


意見や主観を述べることは自由だが、
断定したからには立証根拠を求められるぞ。

自由意志があるかないかは哲学命題として
さんざん議論されてきたことだから、
それを持ち出しても時間の無駄だ。


自分の意思や決定というのは、
直接的か間接的かの違いこそあるが、
他者の影響なしではありえないというのが前提。
あとは、循環論になる命題で逃げるのもナシだw

学問板で議論したいのであれば、
客観的立証根拠を示さず展開される主張は
独善的主観と言われても仕方あるまい。
断定口調にならず、「私はこう思う」
程度でやめておくのが無難。
40: 没個性化されたレス↓ 2011/02/23 01:10:45
>>39
まず仲介には感謝する。

別にいじめているつもりもないし喧嘩をするつもりもない。
議論するのであれば、客観的前提に基づき提唱された仮説を反証したいだけだ。
循環論もそうだが自由意志やカオス理論を持ち出されても決定論に基づいた議論などできない。

私が興味があるのは、彼が個別事象を認めるか否かを聞いた上で、
客観的前提に沿って、彼が提唱した仮説を立証できるかという点である。

前出の発言を次々に言葉を変えられてもカテゴリ錯誤を繰り返すだけなので、
ここに彼の主張を明示したいと思う。

「他者否定しないと自己肯定できない人は自信がない人」
「努力が嫌いだからてっっとりばやく自分を保つために他人を攻撃する」
「その時その時にやるべきことをやればいいのにやらない」
「他人を批判するより自分に原因があると認め努力した方が幸せに近づく」
「無駄な回り道をしておまけに友達を失うと」
「自信がある人は努力家」
「自信がない人は自信がない恐怖にとらわれるばかりで努力を嫌う」

また前提として、
「肯定とは今ある自分は自分の決定によるものだと認めること 」
「自分を肯定するには自分が全てを決定していると自覚すること」

これらは彼の主義主張であり、彼の主観としては尊重はするが、
客観的前提とは認められない。(反証しだすと自由意志の是非に及ぶことになる)

さらに、仮説を提示したのは彼であるから立証責任は彼にあり、
立証根拠が示された後に反証責任が発生するという議論の基本ルールに沿う。

最後に、上に明示した彼の主張は否定的批判記述であると読解している。
「他者を否定しても自己肯定はできない」と彼は述べているが、
それでは彼の理論展開自体が論理矛盾であるというのが私の印象だ。
48: 没個性化されたレス↓ 2011/02/28 16:42:58
支離滅裂な馬鹿よりも理路整然とした>>37の方が為になる
オレも大学行っておけば良かったな・・・・
46: 没個性化されたレス↓ 2011/02/24 17:23:12
>>34は結局何が言いたかったんだ?
47: 没個性化されたレス↓ 2011/02/27 14:30:10
>>46
全部読んでみてワロタ。
自分は結婚式のスピーチに自信があると言いたかったんだろうw
25: 没個性化されたレス↓ 2011/02/22 00:28:41
自信がある人は努力家
自信がない人は自信がない恐怖にとらわれるばかりで努力を嫌う
31: 没個性化されたレス↓ 2011/02/22 18:52:25
自分にとっての身近なスーパーヒーロー見つけると自信がつきやすい
心理学的療法でそういうのあったはずだが
そのヒーローだったらこういうときにどう行動するかと
ほかの視点で物事を見てみるという
50: 没個性化されたレス↓ 2011/02/28 21:36:17
自信とは経験から得られるものでしょうか。
63: 没個性化されたレス↓ 2011/03/02 02:36:25
>>50
要約するとそういうことになるのかもしれないね。
直接の経験以外にも本や人から聞くという間接的経験を含めて。

「自信がある」という概念を包括的に定義することは困難だけど、
「自分の予想通り、あるいは想定内に事象が高確立で起こる」と
「予測」が立てられることが自信の大きな一面だと個人的には考えている。

この予測にはポジティブ、ネガティブのどちらでもかまわない。
「うまくいくはず」「うまくいかないはず」どちらも自信と言えるだろう。
大事なのは「予想した結果」が自分にとってポジティブであればいいという点。

逆に「自信がない」という概念は、同じく包括的定義は難しいが、
直接的または間接的経験上「どうなるかわからない」「まずうまくいかない」等の
ネガティブな予測から生まれると考えられる。
また、未経験から来る「予測が全く立たない」という場合も同様だろう。
この場合は「予想した結果」がその時点で自分にとってネガティブである点が
「自信がある」場合と決定的に違っている。

それらの予測は過去の実経験や見聞きした間接的経験から判断していると考えられる。

よい予測が立つことは安心や優越感を生むだろうし、悪い予想は不安や恐怖といった負の情動を引き起こすだろう。
それらの情動表現として、時に人は傲慢に見えたり卑屈に見えたりするのではないだろうか。
そして、その情動表現も過去の経験から培われたもので、必ずしも一般化や範疇化はできないであろう。
よって、自信がある人は○○、自信がない人は○○と決めつけて語るべきではないと考える。
64: 没個性化されたレス↓ 2011/03/02 14:37:06
>>63
なるほどね。何度も読み返してやっとわかった
あなたは行動主義心理学が専門でつか?
予測される結果が強化的か嫌悪的かの違いですね?
そしてその予測根拠は個別の学習経験からくると


もともと>>1の問題提起はどんな仕組みで
自信のあるないという差異ができると思うかだから
自信のある奴はどうこう、ない奴はどうこうと
sageない人が勝手で個人的な批評をしても意味ないよね
なぜそうなるのかを考えないと
54: 没個性化されたレス↓ 2011/03/01 06:38:09
貧乏で低学歴で頭が悪く、育ちが悪くても、私は自信だけはありますと豪語するキチガイがいるからね(笑)
裏を返せば自信を連発する辺りが、どれだけ自信がないのかと。
本当に自信がある人は言葉にさえもださない。
55: 没個性化されたレス↓ 2011/03/01 06:41:25
自信と言う妄想に取り付かれた自信過剰で自意識過剰な馬鹿がいて困る。頭の悪さ故に、過信するんだね。才能も知能も低い人間は、己を知らない
56: 没個性化されたレス↓ 2011/03/01 06:47:32
貧乏でひがみ根性丸出しの人間は、平気で欺きます。金持ちは狡い。高学歴は狡い。妬みばかりです。自分を正当化するために、ニーチェで言えばルサンチマン的な行動を繰り広げます。自信と過信の違いも分からない低脳です。
ルサンチマン (Wikipedia) ルサンチマン(仏: ressentiment)とは、主に強者に対しての、弱い者の憤りや怨恨、憎悪、非難の感情をいう。デンマークの思想家セーレン・キェルケゴールにより確立された哲学上の概念である。
ニーチェによれば、ルサンチマンを持つ人とは「本来の『反動』、すなわち行動によって反応することが禁じられているので、単なる想像上の復讐によってその埋め合わせをつけるような徒輩」[1]である。
ルサンチマンを持つ人は非常に受け身で、無力で、フラストレーションを溜めた状態にある。つまり、実際の行動をとるには社会的な制約があり、自身の無力を痛感している人である。そういう状態にあっては誰であっても、ルサンチマンを持つ状態に陥る。
社会的に強者であれば、嫉妬や反感といった感情に主体的に行動することができるため、フラストレーションを克服することができ、そのため、仮にルサンチマンの状態に陥ったとしても、一時的なものでしかないとされる。
57: 没個性化されたレス↓ 2011/03/01 06:58:19
無知蒙昧な人間ほど、異常に自分を過信する傾向がある。経済力、身分地位、才能全て勝てない相手の隙をついて、自分には自信があると根拠のないアピールしたがる。底辺層で妄想の激しい負けず嫌いが陥る罠
88: 没個性化されたレス↓ 2011/05/25 12:40:17
自信があるとは自分を肯定し価値あるものと信じている状態
自信がないとは自分を否定し価値なきものと信じている状態
94: 没個性化されたレス↓ 2011/07/23 05:17:01
心理学的には、自己イメージにどのような解釈を与えるかだな
他者が自分を見る反応を無視して、自己への解釈を変えられるかが鍵
99: 没個性化されたレス↓ 2011/08/13 18:20:43
自信があることと、実力が伴っていること、はまた別だからね。
実力があるのにもっと上を知っていて自信が無いと謙虚にいる人や、
自信があるのに外国人に話しかけられて何も答えられない人もいる。
自信というのは主観だよね。
102: あああ 2011/08/19 03:06:17
自信がある人は自分のことが好きである
106: 没個性化されたレス↓ 2011/08/24 19:03:49
自分に自信がない
どうすれば自信もてんの?
107: 没個性化されたレス↓ 2011/08/24 23:55:10
 心理学専攻する馬鹿集団の中にいれば、自然に自信がついてくるwww
82: 没個性化されたレス↓ 2011/05/02 23:36:32
現実を理想に近付けることは出来るが
人の欲も理解せずに理想を語る事実だけが
ここに存在する
83: 没個性化されたレス↓ 2011/05/10 10:46:53
         ,,-―--、
        |:::::::::::::;;;ノ  / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
        |::::::::::( 」 <  オレ自信満々
        ノノノ ヽ_l   \______________
       ,,-┴―┴- 、    ∩_
     /,|┌-[]─┐| \  (  ノ
      / ヽ| |  バ  | '、/\ / /
     / ./| |  カ  |  |\   /
     \ ヽ| lゝ    |  |  \__/
     \ |  ̄ ̄ ̄   |
      ⊂|______|
       |l_l i l_l |
       |   ┬    |

うーん、なるほど、「自信」の根拠についての話しですね。
やっぱり誰か上の方で書いてましたが、「経験に基づく」というか、もっと噛み砕くと「どれほど苦労してきたか」かな?
苦労してなにかを(才能か、あるいは努力で)解決に導いたなら、それは「ここまでなら自分で解決できる」という「自信」になるんじゃないかなー?と思います。
自己評価の心理学―なぜあの人は自分に自信があるのか
クリストフ アンドレ フランソワ ルロール
紀伊國屋書店
売り上げランキング: 15,034


元スレ:http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/psycho/1296976052/

人気サイト様 最新記事

博士ちゃんねる ヘッドライン

    • ※1 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2013.12.16 21:30
    誰でも簡単に、「はい!(yes)」とこたえられるような質問を沢山繰り返せば良い。
    そして、 "素晴らしい選択を行った事" を褒めれば良い。
    そうすれば、よりその相手は自己評価が高くなる。これは鏡に向かっても同様の効果がある。
  1. トラックバックはまだありません。


コメ欄での議論はおおいにけっこうですが、当サイトではドクター同士の罵り合いは禁止となっております。反論する際には、相手の意見・人格を尊重し、どうぞ冷静に。