人気サイト様 最新記事

博士ちゃんねる ヘッドライン

レスの強調ウゼェー!というドクターへ

レス内の強調表示をOFFにする コチラをクリックして切り替えてください。設定は30日間Cookieに保存されます。
現在のステータス:強調有効

【歴史ミステリー】永遠に謎のまま終わりそうなことを書こう @ [世界史板]


【歴史ミステリー】永遠に謎のまま終わりそうなことを書こう @ [世界史板]
1: 世界@名無史さん 投稿日:2009/09/16(水) 13:14:26
オットー・フォン・ビスマルク ビスマルクは卵を100個食べても死ななかった
23: 世界@名無史さん 投稿日:2009/09/18(金) 02:54:51
つーか>>1
それほんとなのか?
ビスマルクって本当に人間だったのかよwww
管理人より:ニワトリの…とはひとつも書いてないので、ウズラの卵100個かも…。
2: 世界@名無史さん 投稿日:2009/09/16(水) 13:19:04
ヨーロッパをペストの猛威がふるったとき、猫がたくさんいたイタリア諸都市は、被害が少なかった

猫がネズミを引き千切って殺しまくったからだ、というが、その猫たちはペストに感染もせず伝播もさせなかったのはなぜ?
139: 世界@名無史さん 投稿日:2009/09/24(木) 15:28:14
>>2
>猫がネズミを引き千切って殺しまくったからだ、というが、
>その猫たちはペストに感染もせず伝播もさせなかったのはなぜ?
ねこは滅多に人間の病原菌に感染しないし、また伝染もさせない。
というか、普通の動物の病原菌と人間の病原菌はまったく違うもので、むしろペストをそのまま媒介したネズミの方が例外だといえる。


ヨーロッパでは今でもねこを重宝がり、人間の方が道をあけるような、そんな地域もあるらしい。
3: 世界@名無史さん 投稿日:2009/09/16(水) 13:41:18
これだから文系と左翼は困る
7: 世界@名無史さん 投稿日:2009/09/16(水) 15:59:27
じゃあ理系の奴はみんなペストとねこの関係を語れるんだな?
5: 世界@名無史さん 投稿日:2009/09/16(水) 14:37:13
911テロは自作自演だった説
9: 世界@名無史さん 投稿日:2009/09/16(水) 16:07:48
エリザベス1世エリザベスIが国教会の統一コードを制定するに至った理由。
もともとヘンリⅧの国王至上法に否定的だった彼女がなぜ?
13: 世界@名無史さん 投稿日:2009/09/17(木) 16:52:08
ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルトモーツァルトが作曲できた理由
140: 世界@名無史さん 投稿日:2009/09/24(木) 15:41:41
>>13
>モーツァルトが作曲できた理由
あまりにも呆気ない疑問で吹き出してしまったw
でも、たとえば人類の交響曲の最高傑作といわれる『ジュピター』なんか聴くとウルトラ感動もの。
いかな楽聖といわれたベートーヴェンといえども、ついには追いつけなかったな、と思うくらいにスゴイ。

誰かが書いていたけど、モーツァルトの曲は、視覚的なイメージが浮かびにくい。
なんだか宇宙で作曲されたような超然とした感じがする。
それに比べ、先輩のバッハ、ハイドンや、後輩のベートーヴェンやシューベルトなどは、とても視覚的で現世的なイメージが浮かびやすい。

教会とか、森林とか、町とか、労働者とか、女とか、軍隊とか。

どんな芸術でもそうだけど、時々、完全に浮世離れしたものが現れるのは興味深いとおもう。
そういう役回りになってしまった天才は、実は孤独で不遇なまま死ぬのかもしれないが。
管理人より:非常によく分かる。自身、素人ヴァイオリニストでもあったアインシュタインもモーツァルトについては似たようなこと言ってます。以下ウロ覚え引用。
モーツァルトの音楽は、自然の中に元から隠されていた音楽を、その繊細な手ですくい上げたかのように純粋だ。
また、死について問われた時、こうも答えています。
死とはモーツァルトを聴けなくなることだ。
分野は違えど、人類に冠絶する頭脳を持ったふたりの天才。なにか感じ合う部分が合ったのでしょうか。
アインシュタインの演奏自体は、チャップリンに言わせるとあまり上手とは言えなかったけど、本人はノリノリで楽しそうだったとか。しかし晩年ぱったりとやめてしまって、同じく素人ヴァイオリニスト仲間のエリザベス女王に、「もうヴァイオリンは弾かないのか」と尋ねられて、自分の奏でる音に耐えられなくなった、と答えてもいます。
14: 世界@名無史さん 投稿日:2009/09/17(木) 17:06:38
邪馬台国がどこにあるか
その前に、邪馬台国は存在したかどうか
15: 山野野衾 ◆m6VSXsNcBYte 投稿日:2009/09/17(木) 17:10:05
「メンカウラー王のピラミッド」内にあった遺骸の主とそれ以外にあった物の行方
17: 世界@名無史さん 投稿日:2009/09/17(木) 19:31:33
山野野衾氏の正体
18: 世界@名無史さん 投稿日:2009/09/17(木) 20:08:18
天皇家の祖先
19: 世界@名無史さん 投稿日:2009/09/17(木) 20:45:40
イエス・キリストナザレのイエスという人物について
20: 世界@名無史さん 投稿日:2009/09/17(木) 21:47:38
彼の父親がこれまた謎なんだよね
21: 世界@名無史さん 投稿日:2009/09/17(木) 22:22:46
彼の父親が誰かなんてことは、歴史学的にははっきりいってどうでもいいことなんじゃない?
25: 世界@名無史さん 投稿日:2009/09/18(金) 06:07:04
19-21
東方の三博士に輪姦されたのです。
26: 世界@名無史さん 投稿日:2009/09/18(金) 06:08:27
訂正
マリアは東方の三博士に輪姦され、そのうちの誰かの子どもです。
自画像(アルブレヒト・デューラー)
管理人より:キリストの肖像画として出したのは↑このデューラーの「自画像」。イエス・キリストに模して描いた自画像だと言われています。たぶんこの画家は相当なナルシストだったと思っている管理人です。
28: 世界@名無史さん 投稿日:2009/09/18(金) 13:25:37
ジョン・F・ケネディJFK暗殺の真の実行犯と首謀者
管理人より:公式にはリー・ハーヴェイ・オズワルド単独犯だと言われていますが、今もってミステリーのひとつ。
衣料販売店を経営するエイブラハム・ザプルーダーによって撮られた暗殺の瞬間の8ミリ映像(「ザプルーダー・フィルム」と呼ばれている[注 6])は、映画『JFK』やインターネットなどで容易に見ることができる。ケネディの頭部は致命的と見られる射撃によってひどく破壊され、後方に動いている。その致命的な射撃は前方から行われたようにも見えることから、この映像はリー・ハーヴェイ・オズワルド以外の狙撃者の存在について様々な議論を生んだ。
29: 世界@名無史さん 投稿日:2009/09/18(金) 13:45:43
アレキサンドリア図書館の蔵書の全巻の内容。
めっちゃしりたい。
アレクサンドリア図書館の想像図
管理人より:管理人も知りたい!以前に出した画像を。合わせて読みたい?
30: 世界@名無史さん 投稿日:2009/09/18(金) 15:28:45
永遠の謎、か。

なぜ新大陸にもピラミッドがあったのか、なぜエジプトピラミッド発掘者が次々と死んでいったのか
なぜヨーロッパ人はエジプトのミイラを粉砕し粉末にして飲んだのか
エフタルとはいったいどんな民族だったのか
ゲルマン民族のヨーロッパ定住の目的(東方騎馬民族に押されたから、というのは嘘)
世界帝国をつくったはずのモンゴル人がなぜ根絶やしにされたのか
ハンザ同盟は王権からかなり自由に共通の貨幣や度量衡を定めたのに、なぜ売価に上限設定したのか
トンブクトゥはなぜ海洋沿岸に建設されなかったのか
プレスター・ジョン王国は本当になかったのか
中国人は占城稲やトウモロコシで人口が激増したが、餓死を是認してきた中国がなぜこんな食材を導入したのか
なぜ中国では辛亥革命や5.30運動などでわずか一カ月程度で全国民が思想改造され便乗していったのか
「戦争と平和」は本当にトルストイ一人で書いたのか
なぜジプシーはアジア方面ではなくヨーロッパ方面に向かったのか
コミンフォルムの諜報技術や情報操作テクはどこから導入されたのか
アメリカ独立宣言を起草したジェファソン自身はなぜ反連邦派を貫いたのか
31: 世界@名無史さん 投稿日:2009/09/18(金) 16:26:40
>>30
エフタル、プレスタージョンはすごく気になるな

トンブクトゥはニジェール川支流沿いで金産地と岩塩産地からの地の利があったと聞いたことがある
ピラミッドは太陽神信仰からの帰結だろう
占城稲、トウモロコシに至っては謎でもないだろ
39: 世界@名無史さん 投稿日:2009/09/18(金) 20:31:32
>>30
ミイラは単に神秘的だったせいもあるが、ミイラの防腐剤に薬効成分がありマジで一部の病気に効くからとか聞いた事がある。
40: 世界@名無史さん 投稿日:2009/09/18(金) 21:13:34
なに種明かししてんだよ
一番ミステリアスなとっておきの謎だったのに
143: 世界@名無史さん 投稿日:2009/09/24(木) 21:31:05
>>30
エフタルは永遠の謎とはいえないかも。
現時点であまりに資料がなさ過ぎるので、今後の少しの遺跡の発掘でも、インパクトのある情報が出土する可能性がある。
プレスター・ジョン
管理人より:「プレスター・ジョン」というのは、東方の三博士の子孫とも言われ、はるか東方にある架空のキリスト教国の王。誰が言い始めたかまったく不明ながら、アラビア人の脅威に対して、東西から挟撃するため救援に来てくれると広く信じられていた架空の人物ですが、そんな国はなかった…。まるでSTAP細胞のように…。
管理人的には、ヨーロッパ人のキリスト教的エゴイズムの象徴と思える。プレスター・ジョンはいまぁす!!みたいな。
38: 世界@名無史さん 投稿日:2009/09/18(金) 18:43:45
アドルフ・ヒトラーヒトラーの死の真相
ヒトラーのものと言われている死体は散骨してしまったからDNA鑑定もできなくなってしまった
42: 世界@名無史さん 投稿日:2009/09/19(土) 22:33:26
ジム・モリソンジム・モリソンの死
マーティ・フリードマンマーティ・フリードマンのメガデス脱退理由
43: 世界@名無史さん 投稿日:2009/09/19(土) 22:41:32
>メガデス脱退理由
日本に来たかったからじゃないの?
管理人より:ジム・モリソンはドアーズのヴォーカリスト。こうして見るとオリヴァー・ストーン監督の伝記映画「ドアーズ」でモリソン役のヴァル・キルマーとクリソツですよなー。
マーティ・フリードマンは元メガデスのギタリスト。脱退の理由はメンバーと音楽性で意見が食い違ったため。彼自身は大の日本通で、ツアーで日本を訪れた時に街なかで聞いたB'zの音楽に激しくショックを受けたと言っています。日本語ペラペラで日本人のヨメさんがいます。
44: 世界@名無史さん 投稿日:2009/09/20(日) 00:51:50
ルイ14世ルイ14世の実の父親は誰なのか。
結婚後23年も王妃の不妊が続いた所での出産だからいろいろ噂が飛び交った。

でも案外公式発表どおりルイ13世かもな。
性に潔癖で、同性愛の傾向もあったが、性行為までには至らないという王様だったらしいから。
46: 世界@名無史さん 投稿日:2009/09/20(日) 03:30:00
未だに「鉄仮面」が出てない件について
ルイ13世管理人より:お父さんは一応ルイ13世ですが、リシュリュー枢機卿の影にあって意志薄弱なオヤジさんと違い、ルイ14世は自ら権力を行使することを選びました。
鉄仮面」については、当時バスティーユに投獄されていた謎の貴族。常に顔を隠しており、典獄などからは大変な敬意を払われていたとか。そのことから、様々な憶測を呼び、デュマなんかは「ルイ14世は実は双子説」を元に三銃士の続編を書いています。(ブラジュロンヌ子爵
47: 世界@名無史さん 投稿日:2009/09/20(日) 03:50:35
最終氷河期以降、世界の地域ごとに文化の発展に差が生じた謎。
48: 世界@名無史さん 投稿日:2009/09/20(日) 05:01:07
文庫 銃・病原菌・鉄 (上) 1万3000年にわたる人類史の謎 (草思社文庫) 「銃・病原菌・鉄」でその辺の理由はある程度指摘されてた
51: 世界@名無史さん 投稿日:2009/09/20(日) 14:23:10
「銃・病原菌・鉄」って10年くらい前に出版されて、アメリカでデタラメばっかりだとか散々叩かれたのに、日本ではみんな口あけて感心していたという、あの本?
59: 世界@名無史さん 投稿日:2009/09/20(日) 22:44:22
>>51
アメリカではバナールの黒いアテナもさんざんたたかれたし、サイードのオリエンタリズムもさんざんたたかれし、アメリカの権威筋にとって気に食わないとたたかれるのさ。
だから、たたかれた本だからといって、無価値とすぐに断定するわけにもいかない。

まあ、これはアメリカに限らない話だとおもうけどね。
管理人より:文化、文明の発達の差はどこから生まれたのか?をテーマに書かれた本。基本的には人種優劣論を否定する内容ですね。読んだことあるけど、文明や病原菌、作物、家畜に関する部分はともかく、文化に関する考察はややオソマツ。特に日本に関する部分はひどかったという印象。
53: 世界@名無史さん 投稿日:2009/09/20(日) 15:49:06
エジプトのピラミッドの建築理由。

ザヒ博士はピラミッド公共事業説を出したが、それでも建築理由には不十分。
なぜピラミッドだったのか?ピラミッドがファラオの墓ではなくその葬祭施設の一つだとしても、ピラミッドに秘められた意味は未解明です。
54: 世界@名無史さん 投稿日:2009/09/20(日) 17:26:39
>>53
それを言うなら「私のしごと館」だって麻生太郎のマンガ喫茶だって十分な建築理由があるとは思えん。
55: 世界@名無史さん 投稿日:2009/09/20(日) 18:26:01
>>53
そういうのが信仰ってもんだろ
60: 世界@名無史さん 投稿日:2009/09/20(日) 22:51:00
>>1
>永遠のナゾ
エジプトのピラミッドは、どうやって作ったか
現在の歴史書に書かれているコロと縄と人力で石を積み上げたという説は、土木建築には素人の歴史家が唱えた説
専門家に聞くと『あんなの絶対ムリ』
62: 世界@名無史さん 投稿日:2009/09/20(日) 23:10:16
【追加】
特に、どうやって巨石を上まで積み上げたのか?
歴史家は、『土でなだらかな傾斜の道を作り、その道を通って巨石を引っ張り上げた。』と言うけど、巨石の重みで土が崩れます。
せめて道はコンクリートで、それも鉄筋入りのコンクリートでないと巨石の重みでコンクリートが割れます。
管理人より:ピラミッドに関する住人の考察はまだまだ続きますが他のネタも扱いたいのでカット。合わせて読みたい?
67: 世界@名無史さん 投稿日:2009/09/21(月) 02:53:08
ホレーショ・ネルソン船酔いにいつも悩まされていたネルソン提督が、あろうことかナポレオン率いるフランス海軍とトラファルガーで……
管理人より:有名な話しですね。船酔いは絶対に克服できないひとが一定率いるんだそうです。ネルソン提督はトラファルガー海戦で戦死しますが最期の言葉は
神に感謝を捧げる。私は自らの義務を果たした。
ちなみにトラファルガー海戦で、フランス海軍を率いてたのはナポレオンではなくヴィルヌーヴ提督。当時ナポレオンはエジプト遠征の真っ最中で、トラファルガーの戦火はエジプトからも見えたと言います。それを観てナポレオンは一言。
見よ、イギリスが燃えている。
しかし、燃えているのは自分の艦隊であった…。ア~ララ。('A`)
68: 世界@名無史さん 投稿日:2009/09/21(月) 02:56:19
アルベルト・アインシュタインアインシュタインの最後の言葉
(ドイツ語だったが、看取った看護婦は英語しか分からなかった)
70: 世界@名無史さん 投稿日:2009/09/21(月) 03:03:41
アインシュタインの予言はネタらしい。
「神に感謝する。我々に日本という尊い国をつくっておいてくれたことを」
といったくだりがあるこの文章は、アインシュタイン博士が亡くなった翌年になって、待ってましたとばかりに日本だけで流布され始めているが、原文がないらしい。
72: 世界@名無史さん 投稿日:2009/09/21(月) 03:10:57
>>70
「アインシュタインの予言」って日本人の創作らしいよ。
と学会の本で否定されてる。
管理人より:アインシュタインの予言というのは、日本を訪れた彼が、万世一系の天皇家の存在を知って、いたく感動したという逸話より。
近代日本の発達ほど、世界を驚かしたものはない。
この驚異的な発展には、他の国と異なる何ものかがなくてはならない。
果たせるかなこの国の、三千年の歴史がそれであった。
この長い歴史を通して、一系の天皇をいただいているということが、今日の日本をあらせしめたのである。
私はこのような尊い国が、世界に一カ所位なくてはならないと考えていた。
なぜならば世界の未来は進むだけ進み、その間幾度か戦いは繰り返されて、最後には戦いに疲れる時がくる。
その時人類はまことの平和を求めて、世界的な盟主を挙げねばならない。
この世界の盟主なるものは、武力や金力ではなく、凡ゆる国の歴史を抜き越えた、最も古くまた尊い家柄ではなくてはならぬ。
世界の文化はアジアに始まって、アジアに帰る。
それはアジアの高峰、日本に立ち戻らねばならない。
吾々は神に感謝する、吾々に日本という尊い国を、作って置いてくれたことを。
ただし、出展は定かではない、ということです。
71: 世界@名無史さん 投稿日:2009/09/21(月) 03:08:27
そういえば前から疑問だったのだが、アヘン戦争をまとめた南京条約で、清朝は公行を廃止したのに、アヘン取引自体は廃止していないんだよね。

イギリス側から「強制的に買わされた」なんてメチャクチャな説明が平気でまかり通っているけど、イギリスは経常赤字克服のために「あくまでカネが欲しかった」わけで、アヘンを売ることは二義的な目的に過ぎなかった。
清政府が「どうしてもアヘンが欲しかった」としか思えないのだが。

やはり、清の政府が庶民どもにアヘンを売りつけてカネを毟るためだったのか?
73: 世界@名無史さん 投稿日:2009/09/21(月) 03:16:24
エスキモーたちはなんでわざわざあんな寒いところに住んでいるのか?
マゾなのか?
74: 世界@名無史さん 投稿日:2009/09/21(月) 03:17:47
古代のフェニキア文字~アルファベットは、左からでも右からでも書くのが自由だったらしいが、どうして左から右へと方向が決まったのだろう?
78: 世界@名無史さん 投稿日:2009/09/21(月) 05:37:34
>>74
右利きの方が圧倒的に多いからだろう。
76: 世界@名無史さん 投稿日:2009/09/21(月) 03:28:58
肉食のヨーロッパ人は、ナイフは遥か太古から誰でも持っていたのに、フォークは17世紀になるまでな無かった。
どうしてだろう?
86: 世界@名無史さん 投稿日:2009/09/21(月) 13:40:27
>>76
肉を切り分ける時押さえる棒のようなものは昔からあった。
左手もしくは左手でもった棒で肉を押さえナイフで肉を切り分けた。
歯を二本にすれば肉が回転しないということに気づいたイタリア人偉い


カトリーヌ・ド・メディシスちなみに三、四本歯になったのはフォークが個人用の貴族の食器になってスプーンのような使い方をするようになってからだそうだ。
カトリーヌ・メディチがフランスにフォークを持ち込んだ後

てことを「何故フォークは三本歯か」てゆうヘンテコな題名の本で読んだ事がある。
88: 世界@名無史さん 投稿日:2009/09/21(月) 14:57:40
カトリーヌ・メディチは、ユグノー弾圧にさいして、フォーク型の槍を採用するように命じ、それを使ってグサッグサッと新教徒を殺させた(これがサンバルテルミの虐殺だろうか)

そういえばメディチ家ってどうなったんだろう?
127: 世界@名無史さん 投稿日:2009/09/23(水) 20:50:52
ゲーム「大航海時代」をやるたびに思うけど……

スペインは、16世紀に世界最強国となったのに、どうしてジブラルタル海峡のアフリカ対岸を領有しなかったんだろう?
この地域を領有しておけば、アフリカ植民地化の橋頭保となり、のちのスエズ運河やパナマ運河のように外国船の通行料や輸送手続き費用で、かなり儲けたはずなんだが。
129: 世界@名無史さん 投稿日:2009/09/23(水) 21:07:48
>>127
16世紀ごろには、ジブラルタル海峡を通行する船舶などほとんどなかったから。
イタリア諸都市の船舶も、オスマン帝国の船舶も、大西洋にはほとんど出て行かなかった。
131: 山野野衾 ◆m6VSXsNcBYte 投稿日:2009/09/24(木) 01:03:21
>>88
>そういえばメディチ家ってどうなったんだろう?
1737年に断絶して、マリア・テレジアの夫のフランツがトスカーナ大公国を継いでおりますよ。
美術コレクションはフィレンチェから持ち出されないことを条件に寄贈されています。


>>127
>>129で言われているのが大きな理由でしょうが、1578年にポルトガル国王セバスティアンがモロッコで戦死しており、その後を奪っていますから、なかなかやり難かったのではありませんか。
それ以前はフランスやオスマンと、それ以後は上記に加えてイングランドも相手どったから、あの辺りに直接手を出す余裕もなく、当時はまだ、アフリカ植民地化という考えも薄かったのでは。
83: 世界@名無史さん 投稿日:2009/09/21(月) 13:18:13
ヘンリー8世トマス・モア
ヘンリ8世がトマス=モアを憎むに至った理由

ミゲル・デ・セルバンテスウィリアム・シェイクスピア
セルバンテスとシェイクスピアの同一人物説
管理人より:肖像画だけみるとクリソツでワロてしまいますねw
96: 世界@名無史さん 投稿日:2009/09/21(月) 23:26:20
ユダヤ人の出エジプト。

彼らはヒクソスの子孫だったのか?モーセはファラオに育てられたのか?
モーセは神官で、ユダヤ人だちは当時の伝染病に侵された患者たちだったのか?
そもそもこの話は本当だったのか?それとも作り話?
それとも大枠で聖書の通り?

たぶん永遠に謎のままだろう。
103: 世界@名無史さん 投稿日:2009/09/22(火) 14:23:56
日ユ同祖論。

まぁUFOなどと同じレベルの話かもしれんが、いつまでたっても、完全に否定もされないし肯定もされない。
それでいて定期的に顔をだしては引っ込んでくる。
まるでモグラたたきのような論だ。ww

これも永遠に謎のままだろな。
105: 世界@名無史さん 投稿日:2009/09/22(火) 16:32:35
>>103
永遠に謎でも何でもなく、電波さんが自説を披露してるだけじゃん
あいつら人の本なんてろくによまないし
管理人より:「日ユ同祖論」は、バビロン捕囚で行方不明になったユダヤ12支族のうち10支族は行方不明なため、遠く日本までたどり着いて日本人の祖先になったのでは?という説。さすがに無理があるけど、中国にユダヤ人居留地区の名残があることから、少数のユダヤ人は本当に来てるかもしれません。
97: 世界@名無史さん 投稿日:2009/09/21(月) 23:53:34
そんな伝説まで謎かどうかを問うならば、そもそも古代人を根絶させたという『海の民』の猛き強さ『山の民族』の伝染病耐性と知性など、具体的なロマンはたくさんあるよ。
122: 世界@名無史さん 投稿日:2009/09/23(水) 15:01:54
栗田健男レイテ沖海戦における栗田艦隊の謎のUターン。
栗田元提督はその理由を最後まで言わずに死んだ。

これも永遠の謎になりそう。
104: 世界@名無史さん 投稿日:2009/09/22(火) 15:01:17
なぜシナ人は物事をきちんと仕上げないのか?
106: 世界@名無史さん 投稿日:2009/09/22(火) 19:32:02
>>104
アジアには、完成してしまったものは壊れていくのみという思想が有るので、わざと未完成の状態で置くのです。
どっかの大仏は指を一本短くしてあるし、東照宮の陽明門の柱も一本逆さになってます。
107: 世界@名無史さん 投稿日:2009/09/22(火) 19:44:53
じゃなくて、どうして工場の清掃をしている途中でメシを喰いに行ってそのまま戻らないのか?
しかも罰金を科すとわめくし。
109: 世界@名無史さん 投稿日:2009/09/22(火) 20:22:11
>>107
そんな職場想像もつかないな
学が無いとそんな連中と仕事せにゃならんのだから大変だなぁ

ハイ、というわけで、世界史ミステリーのトリビアスレでした。世界史詳しくないドクターはイマイチ?でしょうか。なんか»1さんのトリビアがすごすぎて、全部持ってかれた感はあります。笑
スレで出てないものなら、過去記事に出てきたけど、ラスプーチンの死に方がいろいろおかしい件とかありますね。

記事には、世界史に詳しくない方向けに、できるだけ解説つけましたけどちょいウザかったかな。あと例によって間違いもあるかもしれません。

なんか途中で出てきたエスキモーですけどね、昔のエスキモーって素っ裸で雪の上に寝転がっても、絶対に凍傷にならなかったという話しを聞いたことあります。
それで、西洋人の宣教師がアラスカまでやってきた時、「チミ、そんなことしてたら、凍傷なるで!」って言ったら、途端に凍傷になるようになっちゃったと。
どこまで本当の話しかわかりませんが、なにか人間の可能性を感じさせるエピソード。

管理人はスレで出てた話しなら、鉄仮面伝説が一番気になっています。
いったい誰だったんでしょうね。貴族として生まれながら、顔を隠してバスティーユの牢獄で生涯を終えるなんて…。
デュマの小説にある、ルイ14世双子説もあながちありえなくもない気がしちゃう。歴史のロマンですね!

歴史系民俗系のスレに必ずといっていいほど登場する、コテハンの山野野衾氏の正体も気になるといえば、気になります…。
ダルタニャン物語〈第10巻〉鉄仮面 (fukkan.com)
A. デュマ
復刊ドットコム
売り上げランキング: 270,790


元スレ:http://academy6.2ch.net/test/read.cgi/whis/1253074466/

人気サイト様 最新記事

博士ちゃんねる ヘッドライン

    • ※1 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2014.12.22 21:31
    俺の取って置きは金剛三昧、まじで知りたいんだぜ
    あとは…ジノビエフ書簡はちょい違うかな?
    • ※2 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2014.12.22 22:03
    先史時代は永遠にわからないことの方が多いんだろうな
    邪馬台国とか古代オリエントとかアメリカ大陸の先史とか古代アフリカとか文字で残ってないとこは特に
    • ※3 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2014.12.22 22:55
    カスパー・ハウザーとかサンジェルマンとかも気になるけど
    イアンブリコスが一番気になるかも
    • ※4 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2014.12.22 23:05
    ナスカの地上絵なんかも、(いろいろ説はあるけど)謎のままかなーなんて思ってたけど、挙がってないのね……
    • ※5 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2014.12.22 23:45
    謎は謎のままで
    • ※6 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2014.12.23 2:24
    「銃・病原菌・鉄」、の著者、別の書物でアイヌは絶滅した、と書いていました。
    非常に痛い。

    山野野衾氏は2ch最大の謎w
    • ※7 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2014.12.23 19:32
    ・ネアンデルタール人の絶滅
    ・フェルマーの最終定理(フェルマー本人は証明できていたか)
    ・WOW!信号
    ・バイオ2でロケットランチャーくれた人
  1. >俺の取って置きは金剛三昧、まじで知りたいんだぜ

    あ、これ初めて聞きました。wikipediaにはなんも書いてないですが、なんか不思議なことがあるんでしょうか?
    --------------------
    >邪馬台国とか古代オリエントとかアメリカ大陸の先史

    古いものはもう無理でしょうね。やっぱ文字大事です。シュメールの前文明はあったのか?とか。
    --------------------
    >イアンブリコスが一番気になるかも

    またマイナーひとご存知ですねw
    オカルト方面なら、ヘルメス・トリスメギストスとか、パラケルススとか、ローゼンクロイツとかたくさんいますよネ。
    --------------------
    >ナスカの地上絵なんかも、

    あれはまだ現物が残ってるから、解明される可能性はゼロではないかもしれませんよ!
    --------------------
    >別の書物でアイヌは絶滅した、と書いていました。

    ヒドイw
    このひとはどうも、日本人が思う日本人の特異性というか、孤立性というか、そゆのが気に入らんぽいですね。結論ありきというか、ストーリーありき、みたいな感じというか。
    --------------------
    >謎は謎のままで

    だって気になるじゃないですかぁーー!
    --------------------
    >バイオ2でロケットランチャーくれた人

    確かにw
    あれ、ヘリから落ちてくるんでしたよね?もうちょと早くよこせよ!って思いました。
    WOW!信号はCETI計画の時に受信した電波でしたっけね。あれも不思議。
    • ※9 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2014.12.23 22:25
    大日本帝国のコピペはよ
    • ※10 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2014.12.24 0:44
    韓国起源説
    • ※11 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2014.12.25 16:57
    金剛三昧は段成式の酉陽雑俎(ゆうようざつそ)に出てくる倭人です、酉陽雑俎は唐の時代書かれた本で、そこに出てくるのが金剛三昧です。
    日本人で初めてインドに行ったとされる人です。この人が誰なのかの考察を誰かが書いていたけど私はそれはまだ読んでいないのでそっちは詳しく知りません。が、一応この人じゃないかな?ってのはあるみたいです。
    インドから日本に来た人ってのは東大寺の開眼供養の人が有名ですが、こっちの人はあまり知られていないようで。
    雑俎にも二回くらいしか出てこないし本当に誰だったかを突き止めるのは難しいんじゃないかと思ってあげさせていただきました。(考察をまだ読んでないのもそれが理由ですw)

    名前もどストライクにかっこいいし謎の人物ってところがロマン溢れてて好きです。

    管理人さんはいつも全レスしててすごいと思います。世界史のまとめ結構好きなので頑張ってください。
    駄文&長文失礼しました。
    • どうも解説ありがとうございました。
      たしかにこれは突き止めるのが難しそうなミステリーですねー。
      管理人はインドのお坊さんだと鳩摩羅什くらいしか知りませんw

      コメ欄全レスはやってないんですけど、更新がんばりまーす。
    • ※13 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2015.1.20 14:36
    昔から有名な謎と不勉強なアホの質問が混ざっとるw
    • ※14 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2016.10.12 2:00
    邪馬台国の場所、天皇の由来、海外で言うなら鉄仮面の正体とケネディ事件、それからブラックダリア事件の犯人と同期かな。
    国内のちまちました事件(狭山事件、下山事件、帝銀事件、世田谷一家、名張ぶどう酒事件など)の真相も知りたいけど。
    そして私は日本が大好きで生まれ変わっても日本がいいと思ってるけど、
    さすがにアインシュタインは予言?のやつは恥ずかしいし痛々しいと思う…
    • ※15 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2017.1.5 1:27
    ジャックザリッパーとか出なかったですね。
    あれは偉い人が起こしたから揉み消されて未解決なのか、完全犯罪なのかきになります
  1. トラックバックはまだありません。


コメ欄での議論はおおいにけっこうですが、当サイトではドクター同士の罵り合いは禁止となっております。反論する際には、相手の意見・人格を尊重し、どうぞ冷静に。
*