人気サイト様 最新記事

博士ちゃんねる ヘッドライン

レスの強調ウゼェー!というドクターへ

レス内の強調表示をOFFにする コチラをクリックして切り替えてください。設定は30日間Cookieに保存されます。
現在のステータス:強調有効

最も歴史が動いた瞬間を1つだけ挙げるとすれば? @ [日本史板]


最も歴史が動いた瞬間を1つだけ挙げるとすれば? @ [日本史板]
1: 日本@名無史さん 投稿日:2005/12/27(火) 18:58:48
どれよおまいら
3: 日本@名無史さん 投稿日:2005/12/27(火) 19:04:01
また、倭国が滅び日本国が成立し天皇という国家元首が誕生し、列島に一つの国家権力が誕生したこと。
これこそが実質的に日本国の始まりと言えるであろう。
管理人より:646年、「大化の改新」のことを言いたいのではないかと思いますが、皇紀によれば神武天皇が空から降ってきた時の「天孫降臨」は前659年のこと。大化の改新って「無事故(654年)の世づくり」と語呂合わせで覚えたものですが、もう違うんですかね…。
7: 日本@名無史さん 投稿日:2005/12/28(水) 08:04:05
玉音放送!
9: 日本@名無史さん 投稿日:2005/12/28(水) 10:11:38
光あれ」の時
管理人より:昨日も出てきた聖書の「創世記」の記述。第1日目。
11: 日本@名無史さん 投稿日:2005/12/29(木) 01:54:13
鎖国(厳密にいうと完全な鎖国ではないけど)を選んだ時

もしくは

再び外国と接触をもった明治維新頃
13: 日本@名無史さん 投稿日:2005/12/29(木) 21:06:59
平安→鎌倉、江戸→明治は基本的には変わってない。
一番変わったのは信長の京都上洛。
14: 日本@名無史さん 投稿日:2005/12/29(木) 21:17:32
日本海海戦の勝利だろ
日本のみならず世界に影響を与えた
アジアの1国が大国に勝ったことで独立の気運を高めた
18: 日本@名無史さん 投稿日:2005/12/29(木) 22:41:57
真珠湾攻撃だろ。あれで大日本帝国の崩壊→現状(いまここ)→将来中国に侵略され日本滅亡 が決まった。
あの時代を乗り切ってれば千島~台湾、南洋、満州、さらにアメリカじゃなくソ連と戦争して勝ってれば、北樺太もスタノヴォイ山脈以南の満州、そしておそらく蒙古も支配下に置けて、日本は世界で最も繁栄した国となれたであろうに。
53: 日本@名無史さん 投稿日:2006/01/11(水) 06:31:40
>>18
工作員乙wwww
シナなんぞに日本を侵略する余裕なんかねぇしww子分の南北朝鮮ですら破綻寸前死なのにww

まぁ話を戻すとやっぱり歴史のターニングポイントは……明治維新だろ?
今日の近代国家の先駆けとなった出来事だし
24: 日本@名無史さん 投稿日:2006/01/02(月) 02:20:56
桜田門外の変だろ
あれ以来幕府は傾き始めて維新を迎え、侍の時代から急激な変貌を遂げた
丁髷二本差しから洋服ザンギリ頭
軍艦、大小火砲を操り一気に世界に踊り出た
日本史始まって以来短期間にこれほど変わった事はあるまい
管理人より:「桜田門外の変」は、将軍後継者問題を巡って、水戸藩藩士らが大老・井伊直弼を暗殺した事件。1860年。
26: 日本@名無史さん 投稿日:2006/01/03(火) 14:55:02
豊臣秀長羽柴(豊臣)秀長の死亡。
このときから,秀吉を諫める者がいなくなり,利休切腹,秀次切腹,朝鮮出兵と突き進み,最終的に豊臣家滅亡へ突き進むこととなる。
27: 日本@名無史さん 投稿日:2006/01/03(火) 16:26:12
>>26
たしかに間接影響力は大きい
28: 日本@名無史さん 投稿日:2006/01/04(水) 21:34:54
第二次長州征伐かも。。。

なぜなら、徳川の絶大な権力もぼろぼろになって権威も衰えたし、人々を苦しめた封建体制が崩壊してきた。
長州藩ではその頃すでに身分制度は他藩よりもゆるいものがあったし奇兵隊の創設においても身分を問わず力量、やる気のある者を歓迎したし、兵法や戦争のやり方なども西洋式でずっと近代化していた。
もっと詳しく言えば、、吉田松陰が生まれたときから四民平等、部落などの差別意識の撤廃、大学などで高等教育を受ける権利、、といったものを提案し実践をしていたということだ。
管理人より:「長州征討」は1864年、65年に行われた、幕府による長州藩への討伐。
29: 日本@名無史さん 投稿日:2006/01/04(水) 22:20:27
原爆を落とされた瞬間ではないか。
30: 日本@名無史さん 投稿日:2006/01/04(水) 23:04:13
韓国併合。
31: 日本@名無史さん 投稿日:2006/01/05(木) 22:01:42
神武天皇神武天皇の登場
あれから何年経つのやら・・・
33: 日本@名無史さん 投稿日:2006/01/05(木) 22:32:36
「日本人」の歴史は、「遣唐使の廃止」に始まり「連合軍の進駐」で終幕。
大雑把だけどそんなもんだろ。
35: 日本@名無史さん 投稿日:2006/01/05(木) 22:36:31
初めてオ○ニーした瞬間だね。
体中デンキが走る気持ち良さだったよ。
37: 日本@名無史さん 投稿日:2006/01/05(木) 23:14:19
ローマ法王がアメリカを訪れたある日。
高速道路を車で走っている途中後部座席のローマ法王は運転手に言った。
私は本当は車の運転が大好きなんだ。運転を少しだけ代わってくれないか?
運転手はローマ法王に運転を代わったまではよかったのだが、実はローマ法王かなりのスピード狂。
10分もたたないうちに白バイに止められてしまった。
しかし白バイ警官は運転席から降りてきたローマ法王を見て吃驚、慌てて無線で上司に指示を仰いだ。

警官:「課長大変です!とんでもない大物の車を取り締まってしまいました!
課長:「大物!?いったいどれぐらいの大物なんだ?
警官:「それが私にもわからないぐらいの大物なんです!!どうしたらいいんでしょうか?
課長:「落ち着け。わからないぐらいの大物って一体どういうことなんだ?
警官:「とにかく大物なんです!ローマ法王が彼の運転手をしてるくらいんなんですから!
38: 日本@名無史さん 投稿日:2006/01/05(木) 23:15:29
既出だがワロタw
ヨハネ・パウロ2世管理人より:このエピソードは、前々代のローマ法王ヨハネ・パウロ2世の頃だったと記憶しています。もちろん作り話にしても。
43: 日本@名無史さん 投稿日:2006/01/08(日) 03:43:32
木崎原の戦い ○義弘軍200 対 ●伊東軍3000
島津のお家芸、釣り野伏で見事勝利。この戦いでミリタリーバランスが島津に傾く。


耳川の戦い  ○島津軍20000 対 ●大友軍45000
義弘の冷静沈着な側面攻撃と家久の同時攻撃で勝敗が決定。
こんな大規模な野戦をガチでやって大友軍の死者20000人、武将数名戦死という一方的な大勝利を収めている。
稀な大勝利、武田信玄 対 上杉謙信の川中島合戦の比べるとその大勝利ぶりが際立っている。
以後、大友は衰退。


沖田畷の戦い ○家久・有馬連合軍5000 対 ●龍造寺軍60000
龍造寺はこの戦いで隆信、四天王を失い島津の傘下に入る。
戸次川でも長宗我部信親・十河存保を討ち取るが、指揮官を討ち取ると言うのは野戦では珍しく、それを何度もやり遂げている島津家久は戦国一の戦上手といえよう。


戸次川の戦い ○家久軍10000 対 ●豊臣四国連合軍
寄せ集めにすぎない連合軍は歴戦の勇将・家久の敵ではなかった。
この戦いで長宗我部信親・十河存保戦死。 長宗我部元親、ショックで廃人になる。


泗川の戦い ○義弘軍7000 対 ●明・朝鮮軍200000
慶長の役の末期に秀吉が死んだので、 朝鮮にいる武将たちに帰国命令が下りる。 それを知った明軍・朝鮮軍は20万の軍勢を日本軍の中央を守る義弘の泗川に向ける。
義弘は、泗川にいくつかあった支城を破棄、泗川に新たに築いた城に立て籠もる。
ここで敵を引きつけるだけ引きつけてから鉄砲の一斉射撃ののち突撃をし散々に打ち破った。
明軍の死者は8万。


露梁津の海戦 ○義弘軍 対 ●朝鮮水軍
この時も義弘は水軍を率いて活躍。
順天の小西行長を救出し、さらに全軍の殿を務め、朝鮮の名将・李舜臣と交戦し見事討ち取る。日本軍退却成功。
もし義弘が朝鮮出兵に参加してなかったら日本軍は朝鮮で全滅してた。秀吉は大名の領地加増を禁止してたが 島津だけはあまりの戦功の大きさに加増された。


関ヶ原退却戦 ○義弘軍300 対 ●東軍80000
福島隊を突破、追撃してきた井伊直正と松平忠吉に重傷を負わせる。 この傷が元で2人は数年後死亡。
大阪城に残された妻を取り戻し、薩摩へ無事帰還。家康は島津を恐れ、関が原後も減封する事が出来なかった。
44: 日本@名無史さん 投稿日:2006/01/08(日) 07:18:23
>>43
島津スゲー
でも一番すごいのは戦いは全部弟に丸投げだった兄ちゃんがスゲー・・
59: 日本@名無史さん 投稿日:2006/01/12(木) 14:08:18
>>44
ん・・・・>>43はちょい島津贔屓が過ぎる気がするが・・・・
負け戦は書いてないし。豊臣の九州征伐には屈したわけだからね。
朝鮮征伐も関が原も大局では負け戦なので・・・・。
局地的に勝利をおさめてもあんまり意味がないわけで。

>でも一番すごいのは戦いは全部弟に丸投げだった兄ちゃんがスゲー・
そだね。島津を支えたのはこの徹底的な合理主義思想(封建主義とは基本的に相容れない思想)かもね。餅は餅屋に任せておけ!みたいな。

でもってその年表の時代で、島津が何が優れていたか?っていうと、戦闘力よりむしろ「戦闘は外交の一手段」っていう事実を冷厳に受け止め、それを実践したって事、つまり外交手腕だったと思うよ。
その外交上手は徳川幕府時代も連綿と受け継がれ、やがて幕末の倒幕勢力の主力の一つとなりおおせるまでに至る。
47: 日本@名無しさん 投稿日:2006/01/11(水) 00:43:12
世界史だけど、初めての月面着陸。
管理人より:アポロ計画で初の月面着陸は1969年。月に降り立ったのはニール・アームストロング船長。
48: 日本@名無史さん 投稿日:2006/01/11(水) 00:59:15
約100億年前のビッグバンかな。
50: 日本@名無史さん 投稿日:2006/01/11(水) 02:38:41
豊臣秀吉秀吉が奇跡のち○こで淀をはらませた時。
54: 日本@名無史さん 投稿日:2006/01/11(水) 10:33:07
明治維新等はほっといても自然発生するイベントなんで、やっぱ、本能寺の変あたりだろう。他の歴史が存在したかもという可能性で考えるなら。
本能寺の変で乱丸が死んだとき。
57: 日本@名無史さん 投稿日:2006/01/12(木) 13:23:34
>>54
徳川は既にフランス植民地への定番コースにはまりかけてたから、長州が倒幕派から脱落するか薩摩の強引な舵とりがなかったら、遅れるどころか維新そのものがなくなっていただろう。
55: 日本@名無史さん 投稿日:2006/01/12(木) 11:42:39
関ヶ原でタヌキが勝った事!
61: 日本@名無史さん 投稿日:2006/01/12(木) 15:15:32
大東亜戦争、敗戦の瞬間!全ての日本人の胸に穴が開いた
管理人より:第二次大戦で日本が戦った戦争は「大東亜戦争」と呼称するのが正式です。この中には「支那事変」も含みます。一時期GHQにより「太平洋戦争」と呼称するよう制限がかけられましたが、現在ではもちろん失効しています。
62: 日本@名無史さん 投稿日:2006/01/12(木) 15:26:32
承久の乱。
もし朝廷が勝って幕府が倒れていたら、元寇を乗り切ることは出来なかった
管理人より:「承久の乱」は、後鳥羽上皇が鎌倉幕府に対して挙兵した事件。1221年。
64: 日本@名無史さん 投稿日:2006/01/13(金) 00:41:45
人類史上初めて人が住む町の上で核兵器が炸裂した瞬間。
廣島の原爆投下
65: 日本@名無史さん 投稿日:2006/01/13(金) 08:08:07
最初に立ち上がった猿
83: 日本@名無史さん 投稿日:2006/01/18(水) 14:48:22
ヤマトタケル日本武尊の東国征服
84: 日本@名無史さん 投稿日:2006/01/18(水) 14:58:48
明治維新だと思うな
87: 日本@名無史さん 投稿日:2006/01/19(木) 11:38:27
徳川家康家康が鯛の天麩羅を口に入れた時 歴史は動いた
88: 日本@名無史さん 投稿日:2006/01/19(木) 11:46:45
あれ?鯛のてんぷらだったっけ?
管理人より:徳川家康は鯛の天ぷらが大好物で、死因は天ぷらの食中毒説が長らく主流でしたが、現在では胃がん説が有力とのこと。家康の辞世の句を載せておきます。
嬉やと 再び覚めて 一眠り 浮世の夢は 暁の空
先にゆき 跡に残るも 同じ事 つれて行ぬを 別とぞ思ふ
89: 日本@名無史さん 投稿日:2006/01/19(木) 11:53:09
織田信長本能寺の変黒船来航
織田信長はあまりにも速く逝ってしまった
黒船で奇跡の江戸社会は崩壊して否応なく国際社会に適応していった。
90: 日本@名無史さん 投稿日:2006/01/19(木) 12:05:12
墾田永年私財法
公地公民が崩れ、武士の台頭をまねいた
92: 日本@名無史さん 投稿日:2006/01/19(木) 13:22:01
昨日、NHKでやってたが、仏教伝来これが1
2、桶狭間の戦い(信長登場)
3、黒船来航
4、原爆投下
5、小泉内閣誕生
97: 日本@名無史さん 投稿日:2006/01/19(木) 14:11:13
明治維新以前は似たり寄ったりだな
別に誰が天下とってもやってる事は同じだし
103: 日本@名無史さん 投稿日:2006/01/20(金) 02:02:57
>>97
逆だと思うが。維新以後に脱亜入欧以外に何があったのか・・・
104: 日本@名無史さん 投稿日:2006/01/20(金) 19:59:01
>>103
脱亜入欧しか選択肢が無かったというのはその通りだけど、「あのタイミングでやった」というのが他のアジア諸国との差になったんじゃないかな
106: 日本@名無史さん 投稿日:2006/01/21(土) 11:40:13
>>104
やったって自発的にやったとはいいがたいだろ・・・
あの時からアメリカに沖縄がどうのこうのとか言われて、政府要人がどうどうと暗殺されちゃ、潮時ってやつだと思うけどなぁ。あのタイミングしかなかったよ。
105: 日本@名無史さん 投稿日:2006/01/20(金) 20:50:33
オレが失業した。
銀河の歴史がまた1ページ・・・
115: 日本@名無史さん 投稿日:2006/01/21(土) 17:02:26
文化の面でいえば、遣唐使の廃止では?
管理人より:「遣唐使」は中国(唐)との外交・交易・文化交流のための使節。廃止されたのは894年、菅原道真公の提言により。今にして考えると英断でしたね。
130: 日本@名無史さん 投稿日:2006/01/30(月) 09:55:30
日露戦争での勝利が、日本の衰退の始まり
131: 日本@名無史さん 投稿日:2006/01/30(月) 16:42:13
バルブ崩壊
142: 日本@名無史さん 投稿日:2006/03/07(火) 21:30:23
1位:天皇家が日出ずる国、日本を創設。君臨すれども統治せず

2位:明治維新。富国強兵の下、藩が廃止、日本が一体化

3位:平安時代中期、武士の誕生。以後日本は『武の国』となる

4位:敗戦により大日本帝国が解体、日本国の誕生。

5位:白村江の戦いに敗戦。日本列島南部を支配した倭国が滅亡。王族が唐に人質に出される


1つは選べないお(´・ω・`)
146: 日本@名無史さん 投稿日:2006/03/27(月) 15:59:53
>>142
武士の誕生は瞬間と言えないのだが、でも歴史が大きく動いた出来事のひとつであることは理解する
159: 日本@名無史さん 投稿日:2006/04/26(水) 11:45:49
ミッドウェー敗戦
管理人より:「ミッドウェー海戦」は、ミッドウェー島を巡って、アメリカとの間に行われた海戦。1942年。もうちょっとうまくやれたのではないか…と悔やまれる戦闘デスネ…。
183: 日本@名無史さん 投稿日:2006/05/03(水) 19:12:01
真珠湾奇襲

日本級どころか世界級で必然の歴史を変えた
187: 日本@名無史さん 投稿日:2006/05/03(水) 23:18:45
真珠湾奇襲がなければ、大艦巨砲主義のまま戦争になり、アメリカ戦艦群と日本の大和中心とする戦艦群の戦いがあったかもしれない。
大和、武蔵の大活躍で戦争有利のまま、講和に持ち込めたかもしれない

いずれは航空隊が絶対的優勢と気が付くだろうが
188: 日本@名無史さん 投稿日:2006/05/06(土) 05:42:43
それよりもアメリカが参戦を決めたことで、連合国の優勢が決定付けられたことによるのでは?
190: 日本@名無史さん 投稿日:2006/05/26(金) 22:05:36
大化の改新
200: 日本@名無史さん 投稿日:2006/07/07(金) 23:12:57
卑弥呼様ーー!!
つ卑弥呼の誕生
204: 日本@名無史さん 投稿日:2006/07/25(火) 18:55:17
2ちゃんねる誕生
100: 日本@名無史さん 投稿日:2006/01/19(木) 19:08:03
>>1 がこの糞スレを立てた瞬間

→世界は暗愚の霧に覆われた

ハイ、「その時歴史が動いた!」瞬間はいくつもあったろうと思いますが、管理人はスレタイ条件反射で、日本海海戦を思い浮かべたので、トップ絵はそれのイラスト。
スレでは他にも、原爆投下、明治維新、大東亜戦争敗戦、はたまた、天孫降臨、大化の改新、本能寺の変、黒船来航などが多数挙がっていました。

管理人は高校の時世界史選択してましたから、その視点で言うと、世界史に「日本」という国が登場するのは、マルコ・ポーロの「東方見聞録」において、「黄金の国」という形で紹介されるのが最初でしょうか。いやそれよりも前に「魏志倭人伝」がありますね…。
そして実質的には、ちょうど大航海時代に、日本の銀が大量に世界に出回ったということである意味注目されますが、主にこれは中国へと流れたもの。
その次は、芸術方面から、江戸時代の浮世絵や屏風が、ヨーロッパで大流行。当時のヨーロッパ芸術に大きな影響を与えました。

しかしやはり、もっとも華々しいデビューを飾ったのは、日本海海戦の奇跡的な大勝利(日露戦争自体は全体としてみれば辛勝)でしょうか。
なんか、東の黄色いサルがロシアに勝ちよったで…ということで、日本の存在を世に知らしめた事件としては、これが初かな。有色人種が…というのがポイントということで、まるで関係ないトルコやアフリカ、アラビア諸国、中国の活動家に大きな影響を与えたとも言える。
ラッキーパンチは長続きしませんでしたけど、食うか食われるか、という厳しい時代を精一杯生き抜いた、ということの結果なのでしょう。すべての国の英霊たちにとこしえの安らぎあれ。


日本史のスレをまとめてて、いつも思うんですけど、外国の歴史教育って、日本と同じように、自国史or世界史というふうに教科が分かれているんでしょうかね?
日本史っていうと、他国との関わりが極めて薄く、ほぼ自国内で進行するので、世界史と内容が被らなくて良いんですが、他の国だとそういう例はあんまりないつうか、特にヨーロッパ諸国は世界を無視して自国史をやるのはあんまり意味ない気がします。
ハワイなんかは日本よりももっと孤立してたかもしれないけど、あちらは現在では合衆国の1州ですから。でも州によって違うかもしれない。
自分の国はやや詳しくやるにしても、他の国はどういうふうに歴史を教えてるのかな。ちょっと気になります。
NHK「その時歴史が動いた」 -時代のリーダーたち編- [DVD]
NHKエンタープライズ (2006-11-22)
売り上げランキング: 13,144


元スレ:http://academy4.2ch.net/test/read.cgi/history/1135677528/

人気サイト様 最新記事

博士ちゃんねる ヘッドライン

    • ※1 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2014.12.25 22:09
    人類史だと火を手に入れた時
    もしくはホモサピエンスが一強になった時
    世界史だと古代ローマ帝国の滅亡とか
    中国もどれか一つの王朝が続いていたら、ってのはあるかもしれない
    ただどれが最善かは知らない
    日本史だと「日出処天子云々」を送りつけた時かな

    でもこれはバタフライエフェクトの起点でしかなくて、既定路線がぶっ潰れたとはちょっと違うかな
    • >「日出処天子云々」を送りつけた時

      あ、いいですね。
      このエピソードを初めて知った時、妙に胸がスカッとしたのを思い出しましたw
      やるじゃん、日本!みたいな。
    • ※3 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2014.12.26 18:26
    最も歴史が動いてる瞬間は、まさに今のこの瞬間でしょう
    「これからある未来は、今まさに君の手の中にある」
    と、ちょっと哲学風的なことを言っておきながら、
    メデタク年末休みに突入したんで、ムダに未来を消費しときました
    • 今、この瞬間…いいですね!
      歴史を作るのは我々だ!今日が我々の独立記念日だ!(インディペンデンス・デイ
    • ※5 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2016.9.11 0:57
    島津 楢蔵( しまづ ならぞう)の国産エンジン制作~完成

    明治42年㋈にガソリンエンジンオートバイ自作
    21歳で作った天才
    点火プラグ、点火コイルなども自作
    当時点火コイルの仕組みが誘導電圧によるスパークを利用しているのが新聞や論文に紹介されるような時代である
    車やバイクは空飛ぶ円盤と同等の時代だ
    以降航空機(複葉機)のエンジンなどを軍に依頼され作る

    日本の工業技術の礎
  1. トラックバックはまだありません。


コメ欄での議論はおおいにけっこうですが、当サイトではドクター同士の罵り合いは禁止となっております。反論する際には、相手の意見・人格を尊重し、どうぞ冷静に。
*