人気サイト様 最新記事

博士ちゃんねる ヘッドライン

レスの強調ウゼェー!というドクターへ

レス内の強調表示をOFFにする コチラをクリックして切り替えてください。設定は30日間Cookieに保存されます。
現在のステータス:強調有効

頭の良さって難しい問題が解けることだよな?異論は認めない @ [哲学板]


頭の良さって難しい問題が解けることだよな?異論は認めない @ [哲学板]
1: 考える名無しさん 投稿日:2014/07/19(土) 11:53:46.11
頭が良いやつ=難しい問題がとけるやつ
これで決定。

要領も金儲けの才能もコミュ能力も頭の良さには直接的には無関係です。
小指を高速で動かせたたけで運動能力が高いとは言わないのと同様のこと。

難しい問題を長い時間をかけてたとしても解決できる能力,答えを与えれる能力、そういう能力の高いやつ、そういう考えることの緊張感に耐えられるやつが頭のいいやつということ。

他の定義は一切みとめられえない。

以上。後馬鹿は書き込まなくても全くかまわない。
管理人より:元のスレタイは「頭の良さとは?」とはでしたが、短いので若干伸ばしています。
4: 考える名無しさん 投稿日:2014/07/19(土) 21:55:18.26
頭の良さは難しい問題を長い時間をかけて解決できる能力であるなら、早急に頭の良さの定義を定める>>1は馬鹿と結論づけられる矛盾w
5: 考える名無しさん 投稿日:2014/07/20(日) 02:36:20.11
長い時間を「かけたとしても」とかいてあるだろ

以上、後馬鹿は書き込まなくても全くかまわない
6: 考える名無しさん 投稿日:2014/07/20(日) 02:56:15.23
あと答えがある問題に答える能力 をばかにして、答えがない問題に答えることが頭のよさ、とかいってる本気の馬鹿がいるようだが

こういうやつは宇宙開闢以来の馬鹿。

答えがない問題なんて答えがないんだから答えようがなwww
そもそもそんな問題が1000ポってあったとしても、それは何だって答えに名ちゃうような問題、そんな問題解けたところであたまはよくない

答えが一つというのは答えとなるためのものすごく制限が厳しいということ
そういう問題でかつ難しい物に答えられる能力が頭の良さ
18: 考える名無しさん 投稿日:2014/07/20(日) 16:00:46.44
>>6
知能知性の違いって分かるか?
知能検査は、正解の有る問題を数多く解かせ、いかに迅速に、正解に到達できるかを測るものだよな?
中学、高校、大学の入学試験で測られるのは、この「知能」で学歴社会の「高学歴」の人間とは、この意味で「知能」が高い人間となる

だから>>1が知能マンセーするならおまいの学校どこよ?って聞けばいいwww

一方で知性は知能とは全く逆の言葉
知能は、「答えの有る問い」に対して、早く正しい答えを見出す能力
知性は、「答えの無い問い」に対して、その問いを、問い続ける能力
生涯を賭けて問うても、答えなど得られぬと分かっていて、それでも、その問いを問い続ける能力


一般的に哲学や科学は知能ではなく知性が求められるね
ビジネスなどの薄っぺらい世界では知能がもてはやされる
管理人より:まぁまぁドクターの皆さん落ち着いて。「知性ってそういうことか?」という意見が聞こえてきそうですが、一般的な定義もちゃんと引用しておきます。
ち‐せい【知性】(goo辞書)
1 物事を知り、考え、判断する能力。人間の、知的作用を営む能力。「―にあふれる話」「―豊かな人物」
2 比較・抽象・概念化・判断・推理などの機能によって、感覚的所与を認識にまでつくりあげる精神的能力。
ち‐のう【知能/×智能】(goo辞書)
1 物事を理解したり判断したりする力。「―の高い動物」
2 心理学で、環境に適応し、問題解決をめざして思考を行うなどの知的機能。
似たような意味のようですね…。たぶん»18さんは「知識(knowledge)」と「知性(intelligence)」ということを言いたいのかもしれない。
21: 考える名無しさん 投稿日:2014/07/20(日) 21:08:51.18
>>18
おれは6の方が正しいと思うね。
あなたの言うことは、空虚なレトリックにしか聞こえない。


知性は、「答えの無い問い」に対して、その問いを、問い続ける能力、なんて無意味だよ。

「答えが有るか無いかわからない問い」というなら、分かるけど。
27: 考える名無しさん 投稿日:2014/07/21(月) 11:52:43.69
>>6
哲板の人間を全否定するようなこと言っちゃ駄目だよ
7: 考える名無しさん 投稿日:2014/07/20(日) 03:28:09.35
どうしたら多くのお金を得る事が出来るのか?
どうしたら多くの人間とうまくコミュニケーション出来るのか?
どうすれば最も要領よく(合理的に)物事を進められるか?
という難問を解いたものが「頭が良い」のだから、賢い人は貧乏にもコミュ障にもならないし要領も良い。
8: 考える名無しさん 投稿日:2014/07/20(日) 05:01:42.82
また理系の俺カッケースレか
何年同じことを繰り返せば済むのやら
9: 考える名無しさん 投稿日:2014/07/20(日) 05:08:55.14
人間はみな基本的に無知で弱く馬鹿な生きもので、天才も馬鹿の一人だが、ただの馬鹿ではない。
天才は己の美学のために損することを引き受ける馬鹿。
10: 考える名無しさん 投稿日:2014/07/20(日) 05:23:46.25
天才は果敢にも難問にチャレンジする馬鹿である。
難問にチャレンジする人生は困難の連続であり失敗の連続だ。
天才は失敗ばかりの偏った馬鹿な人生を送る。

凡人は難問にチャレンジしないので気楽なものである。
無理をしない、つまり理の無いことをしない凡人は賢い。
11: 哲人 投稿日:2014/07/20(日) 06:07:23.02
天才の天とは自然的という意味で、天才とは誰もが持ち合わせている、才能を開花させた者を指します。

>>10
天才は理に叶うことを行った結果ですから、無理はしませんよ。
12: 考える名無しさん 投稿日:2014/07/20(日) 06:28:27.28
>>11
語源的な正しさはその通りかもしれないが、現実の天才は、天に逆らう才能がある者。無理をする者。
自然に寄り添う生き方をするのが天才ならば、ニューギニア島の山奥で非文明的生活をする土着人が天才ということになる。

現実の天才は、天に逆らって無理をして、自然を破壊する文明の基礎を発明発見してきたのである。
13: 考える名無しさん 投稿日:2014/07/20(日) 11:33:08.12
天然の天じゃないだろ
元々は中国の古語から来てるんだよ

中国は古来から「天」の思想が根強い
天に選ばれ、人民を統べるような優れた才覚を持つものが、皇帝に選ばれたりするだろ
一般人は天の下で粛々と生かされているだけなんだよ
14: 考える名無しさん 投稿日:2014/07/20(日) 13:07:11.48
アルキメデスアイザック・ニュートン
アルキメデスか、ニュートンが一番頭いいだろうな。

レオンハルト・オイラーカール・フリードリヒ・ガウスアルベルト・アインシュタイン
その次が、オイラー、ガウス、アインシュタインあたりか。
15: 考える名無しさん 投稿日:2014/07/20(日) 15:21:03.18
答えを出せる、与えるというのは、誰がやってもそのようにできるような、そういうものをさしてんだよ。
タマタマ自分が金持ちになった、タマタマ自分がコミュ能力がたかくなったってだけじゃ答えでもなんでもない

誰がやっても(こつこつと1から積み上げたら)そうなるよね。そうならざるをえないよねってのがこたえ。
星の動きから人の人生を予測できるやつが100000ポゆずっていたとしても、そんなやつは頭が良いとは言えない。他のそんな特殊な才能がないやつも同じように出来る手順を示さなきゃ、それが答え。


ルネ・デカルトデカルトから読み直せ。
あとなんどもかくけど、馬鹿はかきこまなくてもまったくかまわないからな
19: 考える名無しさん 投稿日:2014/07/20(日) 16:37:58.66
>>15
チェスのポーンがクィーンになる方法を示せ
日本人宛には「将棋の歩が飛車角になる方法を示せ
と言ってるくらいに、突如発生した世界における、各々の役割をまったく理解できていない。
その「平等」願望は「感情」としては認められるが、理屈としては却下される。
20: 考える名無しさん 投稿日:2014/07/20(日) 20:15:03.95
一つの分野で突出した才能を開花させるには、他を犠牲にして専門バカになる必要がある。
異常なレベルで自分の専門に集中した生活を続けるので他のことがおろそかになる。
そういう意味ではバカな面もある。でも、ただのバカではない。
22: 考える名無しさん 投稿日:2014/07/20(日) 21:15:57.43
歴史を知らないやつは例外なくバカ
歴史を知らないということは、物事の成り立ちを微塵も理解する気がないことに等しい
23: 考える名無しさん 投稿日:2014/07/20(日) 23:32:25.20
歴史を知っていると思っているやつが本物の馬鹿。
過去とは何かを問うことなしに、過去について何かを知った気になっている。
24: 考える名無しさん 投稿日:2014/07/20(日) 23:39:03.79
学校教育の歴史というのは、物を考えようとする人間を積極的に妨害するためのフィリバスターとしてやっている。
フィリバスターをやっている本人はただのアスペである場合がほとんどだが、それをやらせてる人間には計画的な悪意がある。
28: 考える名無しさん 投稿日:2014/07/21(月) 12:29:19.59
>>23>>24
「歴史を知らないやつはバカ」と聞いてその程度の感想しか出てこない時点で、お前らは既にバカなんだよ
自覚あるのか
誰が学校で教える程度の幼稚な歴史の話をしてるんだよw
25: 考える名無しさん 投稿日:2014/07/21(月) 03:20:37.67
釈迦ソクラテス
この人は頭いいと俺が思うのは、ガウタマ・シッダールタとソクラテス。
26: 考える名無しさん 投稿日:2014/07/21(月) 11:10:09.84
感覚やイマジネーションなどを総動員して「考える」ことのできる人が頭のいい人だと思う。
そういうセンスを磨くのが大切。
偉大な科学者や芸術家というのは、そういう人だね。


言葉だけで、ああだ、こうだ、と言ってるのは一番のバカ。
31: 考える名無しさん 投稿日:2014/07/21(月) 13:05:07.61
>>26
「言葉だけで、ああだ、こうだ、と言ってるのは一番のバカ。」
同感。多分、そういう連中は何も分かっていない。
33: 考える名無しさん 投稿日:2014/07/21(月) 16:49:53.56
知性の薄いやつばかりだ。
頭が良いというのは学ぶ課程の学生に対して行われる評価であり、それは「お利巧」の度合いでしかない。

ママに褒めてもらえる程度の評価だってことに気づきなされ。
34: 考える名無しさん 投稿日:2014/07/21(月) 17:00:52.92
対象を特定できない形で毒吐くなんて逃げ腰じゃないか
35: 考える名無しさん 投稿日:2014/07/21(月) 21:04:16.50
よい」という言葉には価値判断が含まれている。
人類にとって、社会にとって何が「よい」のか?
「よい」とは何か?を考えなければいけない。
頭のよさとは何かを議論する前に、「よい」とは何かを先に議論すべき。
37: 考える名無しさん 投稿日:2014/07/21(月) 21:11:28.70
>>35
頭とは頭部なのか、形なのか、脳みそなのか、物体なのか、思考なのか、計算なのか?
まずそれについて定義しなければならない。
36: 考える名無しさん 投稿日:2014/07/21(月) 21:11:26.01
無駄に一般化したがるのは哲の悪い癖
一般的な「よい」とは何か──答えの出ない問いへ相手を誘い込み、本題の「頭の良さ」を追及する実際的な活動から逃げてしまう


以後は考えているふりをするだけでよい
40: 考える名無しさん 投稿日:2014/07/21(月) 22:10:28.98
とりあえず良かったレスにポイントを付けよう。
ポイントを沢山獲得した人が頭が良いという事ではどうですか?

10に1ポイント
60: 考える名無しさん 投稿日:2014/07/22(火) 00:48:15.80
頭がいいと言われる人は本当に問題を解決したのか?という疑問もある。
公害や薬害や兵器など新たな問題の発生や問題拡大にも繋がっている。
新たな問題をなるべく増やさないという意味ではアフリカの未開社会で原始的な生活をする人々の方が賢いとも言える。
余計な欲望を増やしたために余計なことを考えるのは愚かではないか。
62: 考える名無しさん 投稿日:2014/07/22(火) 01:01:53.54
>>60
便利な世の中享受しといてそれはないわw
管理人より:以前、そんなテーマでまとめたことがあります。合わせて読みたい?
66: 考える名無しさん 投稿日:2014/07/22(火) 02:08:01.33
価値観は人それぞれだな。
一瞬で10万人を殺傷する兵器を考え出す人はお前らにとって「頭がいい人」なのだろうが、俺から見たら馬鹿だ。
67: 考える名無しさん 投稿日:2014/07/22(火) 02:15:24.64
ん?
頭の良さってのは人の主観的な人の価値観ってこと?

じゃあ、主観的な価値観で高く評価するものと低く評価するものを分けるものってなんなのだろう


>>66のケースで言うと道徳かな
68: 考える名無しさん 投稿日:2014/07/22(火) 02:17:39.46
>>66
価値観違いではなく、「頭の良さ」の定義次第でしょう
言語レベルの話
69: 考える名無しさん 投稿日:2014/07/22(火) 02:19:07.71
例えばさー
運動神経が良い」というのにくらべて「頭が良い」というのは、拡大解釈されすぎなんだよ。

だれでも好きな定義をもってきて自分が頭が良いことに出来てしまう。

でもそーじゃないだろってことなんだよ。わかるだろ?
70: 考える名無しさん 投稿日:2014/07/22(火) 02:23:01.91
>>69
>だれでも好きな定義をもってきて自分が頭が良いことに出来てしまう。
>でもそーじゃないだろってことなんだよ。
これってあなたも含まれると思うよ
自分だけ特別とはまさか言わないよな
72: 考える名無しさん 投稿日:2014/07/22(火) 02:27:52.06
運動神経みたいなものを求めるんだったら、IQやEQが高い人間が頭がいい、ってことでいいわけで、なんでそれで満足しないか意味が分からん
75: 考える名無しさん 投稿日:2014/07/22(火) 02:42:46.74
結局さーみんな頭が良いってことにあこがれてるんだなw
76: 考える名無しさん 投稿日:2014/07/22(火) 02:44:16.61
どんなに馬鹿でも、どんなに低学歴でも、頭だけは良いってことにしたいんだろ?
だから、地頭が良いだの、知性と知能の区別だの、知識と知恵のくべつだの、そんなんもってきてる。もっと素直に考えれば良いじゃんw
77: 考える名無しさん 投稿日:2014/07/22(火) 02:46:32.70
残念だけど知性の高い人は知能も高いよ
低学歴でも頭がいい人は社会で成功するだろうし、いずれにせよ>>76の劣等感が解消されることはないとおもわれ
80: 考える名無しさん 投稿日:2014/07/22(火) 03:06:57.95
頭の良さに劣等感を持つ>>1が馬鹿を連呼して憂さ晴らしをしたかっただけスレはこれにて終了

結論:>>1は馬鹿w















~fin.~
81: 考える名無しさん 投稿日:2014/07/22(火) 03:51:25.62
いったい何と戦っているのだろうかと思うよw

愛嬌のない人は、あるときそう気づいて、俺は/私は愛嬌がないんだという
運動神経のない人も、そう気づいたときに、俺は/私は運動神経が良くないという
でも、頭の良さだけは違う。
愛嬌のある人は、そのことを持って、俺は/私は頭が良いという
運動神経のある人は、そのことを持って、俺は/私は頭がいいという

そう、「頭の良さ」だけは格別の「良さ」なんだ。
あらゆる人の能力のなかで「頭の良さ」だけが別格なんだ、そう人は思っているんだよ。

それが事実かどうかは関係なく、そう思っている。

「頭の良さが」をその他の「良さ」と同列に並べることが出来ない。
そういうところから不毛な戦いが生じるのかもしれない
82: 考える名無しさん 投稿日:2014/07/22(火) 04:25:22.79
足の引っ張り合い大好きな日本人の気質が全面的に出てるスレだな
本当に頭悪い
自分でそのことを証明している
84: 考える名無しさん 投稿日:2014/07/22(火) 07:29:11.97
頭が良い人は 他人を馬鹿にしない。
馬鹿を見つけては指摘していたら、自分の時間が無くなってしまうから。


一方 馬鹿は 他人を馬鹿にする。
馬鹿は やっと自分より頭の悪いヤツを見つけてはしゃぐのだ。
90: 考える名無しさん 投稿日:2014/07/26(土) 19:16:28.61
どこに問題があるのか抽出する能力も頭の良さなんじゃなかろうか
現在まだ解かれていない数学的難問は、ただそれを発見しただけで大きな功績として数学史に名前を残せる
41: 考える名無しさん 投稿日:2014/07/21(月) 22:36:02.54
「難しい問題」とは何か?を議論せよ。

難しい問題には、ワールドカップでサッカーのルールに従ってボールをゴールに入れよという、困難な問題もあれば、大相撲で八百長ではなく実力で優勝しろという非常に難しい問題もある。
サッカーではメッシは頭が良いが、相撲では白鳳の方がメッシよりも頭が良い、ということになる。
42: 考える名無しさん 投稿日:2014/07/21(月) 23:24:48.70
ソクラテス人生には難しい問題がたくさんある。
よき配偶者を選べという問題は難問中の難問であろう。
ソクラテスの伴侶は悪妻だった。
彼はこの難問を解かずに、それと付き合う方法を考えた。
44: 考える名無しさん 投稿日:2014/07/21(月) 23:46:19.06
自分の子供を立派に育て上げよという問題は非常に難易度の高い問題である。
この問題を解決した人は尊敬に値する。
49: 考える名無しさん 投稿日:2014/07/22(火) 00:04:01.26
>>44
それは、頭の良さより、心(精神)の良さに大きく依存するだろうね。
50: 考える名無しさん 投稿日:2014/07/22(火) 00:05:02.05
人生における大概の問題には答えはない

ある部下がプレゼン資料を見せてアドバイスが欲しいと言った時に、どこを直せばよくなるか分かるが、会えて答えを言わなくてどのポイントに注力すれば良いか、だけを教えてあげたとする
その場合、プレゼンの品質を考えると答えを教えてあげた方がいい
でもその部下の成長を考えると教えないでヒントにとどめた方がいい

どちらの選択をしても正しいと言えるし、答えはない
どこまでも深堀して考えられるし、二択なので特に考えずどちらかにするのもあり

しかし、人物の深みに置いては、答えの無い問いに対し熟慮して決定することが大切になる
52: 考える名無しさん 投稿日:2014/07/22(火) 00:12:48.08
ちなみに>>50で熟慮したかしてないか、が上司の知性の深さに関係する
知能の高い部下はもっともらしい答えを瞬時に導き出し、所謂正しい一般論の回答を優等生的に答えるだろう
頭がよいけど浅いプレゼンしか出来ない経験のない若手っているけど、知性の深みにかける
答えのある問題なんて学校以外には殆どないよね
51: 考える名無しさん 投稿日:2014/07/22(火) 00:12:44.27
もういいから。
新聞か週刊誌の人生相談の回答みたいなのはw

ハイ、まぁこれも形を変えた天才論みたいなもんでしょうし、年末ですから「おれもあたしも!」となんかひとこと言いたいテーマだと、いろいろ盛り上がって良いだろうと思ってまとめてみますた。

頭の良い悪いってどこで差がつくんだろうな
↑つい最近、不思議.netさんで似たような記事がありましたけど、ややネタかぶりですね。相互リンクしていただいてどうもありがとうございました。


さて。「頭が良い」というのはどういうことでしょう。
管理人の狭い人間関係から察するに、概ね以下のような感じではないかと思います。

A. 一見複雑な事象を単純に切り分けることができる
これは簡単に言えば、「話の要点を迅速に掴む」と言えば良いでしょうか。頭の良いひとはだいたい長話になると「要するに~~でしょ?」みたいなことをよく言ってる気がする。そして相手の要点を射ない長話にだいぶんイライライしている。
たぶんこれには2パターンあり、論理的に考えるタイプと、カンとでも言うべきもので切り分けるタイプがあるように感じる。

B. 重要な問題提起ができる
以前から管理人は一言欄で何回か言ってますが、天才は「誰も気付かなかったことに気付ける」ひとであるように思います。
そういう意味では»1さんの言う「難問を解ける」より「難問を提起できる」方が貴重な気がします。»90さんとここは同意見。
「コロンブス的発想」みたいなやつもコレでしょうか。

C. やたらと自信を持っている
ねー、これ。頭の良いひとは全部が全部そうでないとは思いますが、とにかく自信家。
やはり自分の考えにある種の確信があるから、その考えを推し進めていけるのではないか、と思います。根拠のある/なしはさほど関係ないようです。

まぁあくまで、管理人周りということで。
でもこう見てると、頭の良いひとと凡人では、同じ単純作業でもすごい差が生まれますからね!びっくりするほどですよ。やっぱそういうあるんだねぇーと思います。
なんかこうスレの流れで、「みんな頭が良くなりたい」みたいな、ちょっとしたルサンチマンみたいになってておもしろかったですが、学歴云々と頭の良さはあんまり関係ない気がしますけどねぇ。生来のものというか。
管理人の学歴も低いからって、そう言ってるわけではないですよぉー。笑
天才たちの日課  クリエイティブな人々の必ずしもクリエイティブでない日々
メイソン・カリー
フィルムアート社
売り上げランキング: 601


元スレ:http://yomogi.2ch.net/test/read.cgi/philo/1405738426/

人気サイト様 最新記事

博士ちゃんねる ヘッドライン

    • ※1 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2014.12.29 21:45
    「頭がいい=難問が解ける」は間違ってないよ
    ただ評価方法が結果論であるため
    「頭が良いから難問が解けた」のではなく
    「難問が解けたから頭がいい」となる

    結果論は全て正しいよ
    それをドヤ顔で言うことでもない
    • ※2 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2014.12.29 21:46
    こういう奴って、研究者や職人は皆コミュ症だと思ってそうだよな。
    そういう人達だって、自分の腕をアピール出来なきゃ詰むんだけどねw
    • ※3 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2014.12.29 22:09
    「難問を解いた」という結果論で頭の良さを語るのは無意味
    因果論でなければ議論する価値が無い
    (両親がノーベル賞クラスの天才だから子供も天才みたいな)
    • ※4 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2014.12.30 0:40
    スレ1と全く同じ主張してるタイトルの本を本屋で見た
    手に取ってみようとも思いませんでしたけどね
    • ※5 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2014.12.30 1:57
    単純なルールの古典RPG、D&Dでさえ頭の良さは「Intelligence」と「Wisdom」に分けている。

    それ以上単純にしたい理由を聞きたい。
    • ※6 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2014.12.30 2:13
    良し悪し、というものは頭に限らず相対的なものなのです
    特定の条件に当てはまれば絶対的な定義たりうる「頭の良さ」は存在しません
    知能や知性という包括的な優位性を感じさせる言葉に反し
    「頭の良さ」は得意分野に限定した細やかな能力として考えるべきと思います
    • ※7 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2014.12.30 6:49
    知識を軽視して発想力だの想像力だの言う人は頭が悪いんだなと思います
    • ※8 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2014.12.30 16:06
    経験を軽視して知識だけつけてわかったような気になってる奴はもっと頭が悪い。
    いくら教養や知識があろうとそれを扱えるだけの知恵がなけりゃ社会的には頭が悪いってことになる。
    コミュ障とかってのは扱えるだけの力がないってことだからその時点でアタマが悪いんだよ。
    まぁコミュ力軽視してる時点で知識も教養もないだろうけどね。
    • ※9 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2014.12.31 14:39
    異論は認めないんだからそっとしておいてあげたほうが良かったのよ
    • ※10 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2014.12.31 22:03
    何だったかな
    詳しいところは忘れたけど概ねこんな感じ
    「数学者は問題を解くだけでなく、作る事が出来なければならない。
    いい問題はその過程において、様々な発見を与えてくれる。」
    とある漫画から
    • ※11 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2014.12.31 23:42
    持てる知識をどれだけ有効利用できるか、ってのが「頭がいい」の定義って感じがするなぁ。
    その考えで一番頭がいい人となると「有効利用できる知識の数が一番多い人」になるのかな。
    • ※12 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2015.1.3 14:02
    経験なんてサンプルがたった一人の統計に過ぎない。経験から判断すると、なんの仕掛けもない10円玉を10回投げて7回表が出たら表が出る確率は70%。これが正しい?経験至上主義は反知性主義と容易に結びつく。これの根っこにあるのは高学歴に対するルサンチマンだろう。「低学歴の中にも頭の良い奴がいる!」と言い張る低学歴の君へ。そんなことは誰でも知ってるよ。学歴=頭の良さなんて単純な考えを持っている人間はほとんどいない。低学歴だって頭の良い例外もいる。ただその頭の良い例外は君じゃない。勝手に自分を例外だと思わないように。アホは自分のアホさに気づけない。勉強もせずに狭い世間を見てきただけで物事を知ったと勘違いしている。さらに自分は「本当は」頭が良いと強引に結びつける。これは本当は頭が良いと思いたいからに過ぎない。ちゃんと頭を使おう。「俺の経験上・・」とか言って思考停止しないよう注意しよう。
  1. わっ、盛り上がってますね。

    >単純なルールの古典RPG、D&Dでさえ頭の良さは「Intelligence」と「Wisdom」に分けている。

    ウム、懐かしい。笑
    intはソーサラー、wisはプリースト系に重要です。
    ------------
    >「数学者は問題を解くだけでなく、作る事が出来なければならない。
    いい問題はその過程において、様々な発見を与えてくれる。」

    なんか管理人もそんな気がするんですよネェ…。
    ------------
    >持てる知識をどれだけ有効利用できるか、

    記憶力と記憶の整理術?も「頭の良さ」に関係してるとは思います。
    ------------
    >「俺の経験上・・」とか言って思考停止しないよう注意しよう。

    デデデ、デスヨネー('A`)
    • ※14 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2015.1.10 23:52
    今なにが一番問題かを定義できるのが頭の良い人。
    なにを解決すべきかの方向性が適切で、手持ちのリソースでぎりぎり解決できる難易度が適量。
    いくら問題を解ける人がいても、問題がよくないと無意味。
    • ※15 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2015.4.30 14:10
    頭の良い人は頭の良い人だ
    • ※16 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2015.8.5 14:45
    スレ主の頭が一番悪いわ。もう少し賢く生まれていればまともな人生が送れたかもよ(笑)
    • ※17 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2015.8.5 15:59
    まず、前提として何をもって『難問』というのかが定義出来ていないので
    議論にならない。
    • ※18 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2016.2.23 3:17
    頭の良さって結局、限定的な条件付きの問題解決能力であって、
    普遍的な定義は無理だろうな

    そこは薄々みんなわかってるだろうけど
  1. トラックバックはまだありません。


コメ欄での議論はおおいにけっこうですが、当サイトではドクター同士の罵り合いは禁止となっております。反論する際には、相手の意見・人格を尊重し、どうぞ冷静に。
*