人気サイト様 最新記事

博士ちゃんねる ヘッドライン

レスの強調ウゼェー!というドクターへ

レス内の強調表示をOFFにする コチラをクリックして切り替えてください。設定は30日間Cookieに保存されます。
現在のステータス:強調有効

土偶と埴輪って何が違うの? @ [考古学板]


土偶と埴輪って何が違うの? @ [考古学板]
1: 出土地不明 ID:qiaEC/JF
どっちも同じ土人形じゃん
5: 出土地不明 ID:qJ3EL0RD
埴輪サブレ食えよ
6: 出土地不明 ID:KPRVcvB8
作られた時期が全く違う。
遮光式土偶
管理人より:青森・亀ヶ岡遺跡で出土したなかなかスタイリッシュなデザインの有名なやつ。土偶が作られたのは主に縄文時代(BC16,500~BC3,000)、埴輪が作られたのは主に古墳時代(AC300~700くらい)。
踊る男女
埴輪つーのはムーミンに出てきそうな感じのこういうやつ。埼玉県野原出土。
12.1追記:別記事のコメ欄で教えていただきましたが、トップ絵で出してるようなブタさんみたいなのは、考古学的には「土偶」とは言わないそうですね。「動物形土製品」と呼んで人型の土偶とは、区別するルールになってるんだそうです。へぇ~!
7: 出土地不明 ID:Og/Pxfrp
埴輪はかわいい
土偶はキモイ
12: 鷂@携帯 ID:NEZh64rY
>>7
みみずく型土偶は正直かわいいと思うが。
みみずく型土偶
管理人より:埼玉で出土した↑コレ。
8: 出土地不明 ID:wBMYPUrT
遮光土器はモデルが宇宙人…(デニケン)
9: 出土地不明 ID:dvOG56Aj
その質問は…

モビルスーツとバルキリーって何が違うの?どっちも同じロボットじゃん
スターウォーズとスタートレックって何が違うの?どっちも同じSF映画じゃん
さくらとどれみって何が違うの?どっちも同じ魔女っ子じゃん
ジャパンとコリアってどう違うの?どっちも同じ東アジアじゃん

ってのと同じくらい無知で無神経な質問。
10: 出土地不明 ID:gSuk/D/U
土偶はそれ自体が仏像みたいに崇拝対象だったかも。
埴輪は古墳に装飾および威儀を与える道具。
18: 鷂@軍板からの屯田兵 ◆Kr61cmWkkQ ID:7w6XpkB4
>>10
むしろ土偶は形代(身代わり人形)なのかもしれない…とも言われるな。
完形の土偶がないのはそのせいだ、とか。


埴輪には、土止め用の非装飾埴輪もあるので、実用性がもっと高いかと。
21: 出土地不明 ID:A8Q/W84T
>>18
その土留になってる埴輪ってどこにあるの?
それでそれは土留めとしての効果が本当にあったの?
22: 鷂@軍板からの屯田兵 ◆Kr61cmWkkQ ID:IVVvlV5a
>>21
そう突っ込まれて改めて調べてみたが、あくまでも可能性の一つに過ぎないようで、実例はないと言ってもよさそうだ。
むしろ葺石で固めた強固な墳丘にも埋まっているという否定的な実例もある。
前回の発言、取り下げにゃならんかな…(泣

とはいえ、記紀にある「順死者の代わり」とするには、円筒埴輪が多いのが引っかかる。
24: 出土地不明 ID:iSFHwC1Q
>>22
(円筒の)数の問題よりも、初現(起源)の方が重要。
人物埴輪は後出。
26: 出土地不明 ID:fd6trpm3
>>22
円筒埴輪の起源、特殊器台の壺には殉死者のバラバラ死体がはいっていたんだよ。
メスリ山古墳の巨大円筒埴輪には手足を縛られて生きたまま人間が入れられた。

とうぜん死ぬまでいろいろ声が聞こえるし、死んだら死んだで死体を動物がつつく。
だもんで、もちっと小型の円筒埴輪を古墳のまわりに廻らせて殉死者の代わり(というか殉死者の棺のかわり)としたんだ。
形象埴輪は最初は実物だったんだけど、メンテが面倒だから代替物として置いた。


人物も最初は墳丘内にはいって祭祀してたのが、面倒くさいから土人形おいて代替とした。

   ま~ちがいない。
28: 出土地不明 ID:GQ6pf6Q7
>>26 27
なんだって!
円筒埴輪か特殊器台の破片をもってる・・・
呪われなきゃならんのか、返してこよう
259: 出土地不明 投稿日:2010/02/24(水) 17:03:12 ID:USa1StnB
>>18
> 土偶は形代(身代わり人形)なのかもしれない…とも言われるな。
> 完形の土偶がないのはそのせいだ、とか。
要するに使い込まれたダッチワイフって事?
16: 出土地不明 ID:B4fYsa3D
              ∩
             | |
             | |
       ∧_∧  | |    / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
       (; ´Д`)//  < 10先生! まるで見てきたような描写です。
      /     /     \
     / /|    /        ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  __| | .|     | __
  \   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄   \
  ||\            \
  ||\|| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|| ̄
  ||  || ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄||
     .||              ||
17: 出土地不明 ID:8Fvte8uB
>>16
縄文で土偶だの石棒だの、信仰・祭祀関連やってる人の論文にはありがちな事です。
円筒埴輪
管理人より:円筒埴輪というのはこういうアレ。人間が入るほど大きい物もあったようですが、さて。
11: 出土地不明 ID:/GQjhV8d
ジャック・シラクシラク大統領が来日したときに、日本人の通訳が土偶とはにわをごっちゃにして訳していたのを
まてい。土偶と埴輪は違うものだぞ。土偶は弥生時代につくられたもので、埴輪は縄文時代だぞ」とうんちくをたれながらつっこんだという、ほほえましいエピソードがある。
13: 出土地不明 ID:FLgHp0Gl
>>11
これは笑うところ?
20: 出土地不明 ID:rvtTJp0q
埴輪は、大掛かりな合戦絵巻なような、生前の大王を称えるディスプレイであって、大型の前方後円墳には、そういう付属施設が必ずあった……


って、頭の中の人が囁くんです、最近。
27: 出土地不明 ID:fd6trpm3
メスリ山だの茶臼山だのは墳丘頂埋葬施設の廻りに巨大な円筒埴輪を並べて玉垣の様に結界を作っている。
前述のように、中に殉死者を入れ、結界の守りとした。
のちに小型化し墳丘を全周させて結界を張った。
円筒埴輪が殉死者の棺という伝統が後世に伝わったのが

    円筒埴輪棺  である。
33: 出土地不明 ID:TwHxVBMz
円筒埴輪はね・・・底がない・・・
日本の土壌では遺体は骨まで跡形もなくなる・・・・


卑弥呼の殉死者100人・・・殉死の伝統は有ったようだがなぜか考古学的には証明できない・・・・殉死者を埋めた形跡が発掘されない。
穴を掘ったら形跡は残る。しかし殉死者を埋めた形跡はない・・・
特殊器台の壺には殉死者の象徴的なモノをまとめて入れた。
一壺で10人分の心臓とか、一人お椀一杯の血液20人分とか。
メスリ山古墳等の初期古墳の巨大円筒埴輪(底なし)には近縁の殉死者を入れておく・・・遺体は風化、完全消滅・・・しかし殉死直前直後の姿はいたましい・・・

これが真相。
魏志倭人伝・日本書紀の記述に合う。


ま~ちがいない。
34: 出土地不明 ID:TwHxVBMz
>しかし殉死直前直後の姿はいたましい・・・
ゆえに、円筒埴輪は小型化し、殉死者のかわりに古墳を全周してたくさんならべられた。(もはや殉死者の遺体は入っていない
35: 出土地不明 ID:TwHxVBMz
古墳が大流行となると、古墳祭祀が面倒になってくる。

最初は墳丘にあがり、現物で祀った。しかし野ざらしにするとすぐ腐ったり痛んだりする。
故に、土製品で代用する(土製の食べ物・魚とかイノシシとか)ようになる。
古墳が大型化するといちいち墳丘を登るのがうっとうしくなる。
そこで”造りだし”が墳丘の裾部分に造られそこで祭祀を行うようになる。

壕が有る場合、水をぬくか船で渡ったのだろう。
やがて壕を渡るのが面倒くさくなる。造りだしにも代用土製品を並べ、お茶を濁して置いて壕の外から祭祀するようになる。

そのうち、壕の外から祭祀するのも面倒くさくなる。古墳に遺体を埋葬直後から既に堤に代用土製品をならべ、管理を陵戸、えん戸という管理人にまかせてしまう。

埴輪・・・代用品~手抜きの歴史である。
36: 出土地不明 ID:TwHxVBMz
故に、人物埴輪は殉死者の代わりではない。

祭祀する側の生きた人間の代わり。
盾持ち人埴輪なんかも本来生きた人間が墳丘上で警備していたのを代用したもの。
38: シッタカ ID:NTrIWRNX
土偶は弥生時代に作られた、神様なんかを模した精神的な面が強いもの。埴輪は最初は壺とそれを乗せる器台だったけどそれが1つになって円筒埴輪になった、
39: シッタカ ID:NTrIWRNX
(続き)人や動物とかの埴輪は豪族の埋葬に際して、殉死をさせる代わりに、作って埋葬したものだからまったく異なる物だと思う。
しったかだけどね
41: SX-01 ◆27IQKsN09A ID:+cAf39X5
>>38
土偶は縄文時代。
42: 出土地不明 ID:TwHxVBMz
ところで土偶はかたしろということでいいの?

土偶に息吹きかけて、痛いところにすりつけたあと思いっきり地面にぶつけて割る!

厄払い。
43: 出土地不明 ID:1pb17Nym
土偶は草創期から前期までのものは抽象的で、あまり壊されているものは少なく、中期から晩期のものは壊されるものと壊されないものと、目的の異なった土偶がでてくるというのを講義で習ったんだけどどうなんだろう?
44: 出土地不明 ID:huVFdCJ1
土偶は音読みする
埴輪は訓読みする
45: 出土地不明 ID:8WhjVG1Y
>>1
商標の違いではないか
47: 鷂@軍板からの屯田兵 ◆Kr61cmWkkQ ID:7Ti2wkz9
土偶はとにかく土人形なんで中身が詰まっている。
埴輪は字の如く「粘土の輪」つまり土器と同じ要領で中に空洞を持つ筒状の物体。



なんてマジレスなんぞしてもいいんか?
48: 出土地不明 ID:amvCROZA
            ∩
                 | |
                 | |
                 | |
                 | |
        ∧_∧   | |   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
       ( ´Д`)/ /  < 先生!>>47が嘘つきです!
      /      /     \________________
     / /|    /
  __| | .|    |
  \   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
  ||\             \
  ||\|| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|| ̄
  ||  || ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄||
     .||              ||
53: 出土地不明 ID:/+Xo8px3
>>1
マーチ以上の大学に通う学生で、受験で日本史選択した香具師ならみんなわかるだろう。
当方も浪人時代にその違いを勉強させられますた。
54: 出土地不明 ID:27rRd8Oo
マーチ以上の大学に通う学生でしたが、受験で日本史を選択しなかったので
わかりません。
57: 出土地不明 ID:JXqfW9vA
円筒埴輪は

殉死者の遺体を入れる棺桶です。
発生期の大型円筒埴輪には殉死者の遺体をバラバラにして入れていました。

日本の酸性度の土壌では骨まで溶けて痕跡が残りませんが、日本書紀の記述、「殉死者の替わり」は、遺体を入れなくなった後の小型化した円筒埴輪についての説明です。
のちにより具体的に形象埴輪と人物埴輪を作って立てるようになりましたが、これは祭祀の手を抜くための仕掛けです。
58: 出土地不明 ID:JXqfW9vA
>殉死者の遺体をバラバラ
あるいは両手両足を縛り上げ入れたかも知れません。
死ぬまで叫んだりうめいたりします。死後は野犬やカラスなどに食われます。

こっちの方が日本書紀の記述に合いますね。
大型円筒埴輪には生きたまま手足を縛って入れ、特殊器台の壺には、殉死者の血か心臓がたっぷり入れられたのかも知れません。
59: 出土地不明 ID:cU3NM4PE
57はホントにそういう説があるって知ってていってんのかな?
60: 出土地不明 ID:57IY4NyN
兵馬俑との関連は有る?
兵馬俑
管理人より:「兵馬俑」というのは秦の始皇帝稜から、ほぼ完全体で発掘された、兵士たちを型どった副葬品。数千体の兵士の顔はどれひとつとして同じものはない、ということでひとつひとつ手作りなんですね。すごーい。
68: 教授 ID:Ir1yH9n5
埴輪と土偶の違いは、作られていた時代が違うのです。
69: 出土地不明 ID:iLoyFlkG
土偶は縄文人が作り、埴輪は古墳時代人(朝鮮半島からの移住民)が作ったもので作られた時代も異なるし、作った人種も違う。
遮光土偶なんかはバイカル湖付近の遮光サングラスとそっくりだから交流あったんじゃ?
70: 元学生 ID:ctZgk9N/
>1
埴輪と土偶とどこがちがうの?
土の人形じゃん。
…っておめーはっ!小学生以下だなっ!
センセイに「教えてもらってこい」


埴輪は土の人形じゃねーっつーの。誰だ?こんなアホなスレたてたのはっ!!!!

>68
>時代が違うのです
その通り!!!
って1万年~700年は違うぞ!!


「なんでも鑑定団」の「考古学者」w
安岡さんにでも弟子入りしてこいっ!
鑑定師にはチミは1生なれんよ。

その目では、弥生土器と、土師器の区別もつくまいっ!
89: 出土地不明 ID:k2fHTxq6
土偶は宇宙人を写したものらしいよ
90: 出土地不明 ID:KNtGCE1w
>89
それは遮光器土偶の話し。
それに、「学説」ではあの「独特の目」はエスキモー(イヌイット)がよくかける、雪の(晴れた日の)照り返しが 眩しい時にかける遮光器「ゴーグル」に似ているとか
「死産した」子の目でも…とかでないの?
エスキモーのサングラス
管理人より:エスキモーのサングラスはこういう感じで、木とか金属の板にうすーく隙間を開けるタイプ。遮光式土偶にたしかに似てる…。チッ、宇宙人じゃないのか、ツマンネ。
92: 出土地不明 ID:GEckgsRq
>>1


土偶と埴輪と今戸焼きの狸と招き猫ってどこが違うの?
全部同じ土人形じゃん。
101: sage 投稿日:2005/08/17(水) 03:19:14 ID:x1EExHli
たまにはマジレスすっか。


現在私たちが「埴輪」と呼んでいる古墳から出土する土製品について、かつて(近代~戦前頃)は、「埴輪土偶」という名称を冠していた学者もいた。
縄文時代の遺跡から出土する土製品については「縄文土偶」といっていた。


そもそも、「土偶」とは、読んで字のごとく「土で何らかの形を作ったもの
(「土で作った人形」と言ったほうがわかりやすいだろうが、人形というコトバには語弊があると思う。ヒトガタとも読めてしまうし、それはいまだ有力な答えの出されていない用途論にいたずらにつながってしまう恐れがある。また、必ずしもヒトやイキモノを型どったものとは言い切れないからだ)

それら全部をカテゴライズする語彙であり、現在の「埴輪」や「土偶」という言い方は、それぞれ「埴輪土偶」と「縄文土偶」が恣意的に省略されて定着したにすぎない。



長文スマソ。
大きめの考古学辞典や考古学史の本を調べるとふつうに出てくることを長々すまん。

考古学のコトバって、学者自身が曖昧に使い続けた結果、もとの意味とずれていったり定義が定まっていないものがたくさんあるんだよな。
「帆立貝型古墳」とか、ここで出てきた「埴輪」もそうだけど。

一般によく出される「~時代の○○を××という」、という定義もどうかと思うけど。
時代区分なんて研究者によりマチマチだし。
今日まで縄文時代、明日から弥生時代、なんて境目はないんだし。
102: 出土地不明 投稿日:2005/08/17(水) 03:25:25 ID:x1EExHli
蛇足だが。
「埴輪(土偶)」も「(縄文)土偶」も、両者とも実際なんのために作られたか確定のしようがないから、用途からの定義付けができない物体なんだよな。

それぞれ、その意義や用途についていろんな説はあるけども唯一絶対の説はないからなあ。
61: 出土地不明 ID:PgcQz9rl
円筒埴輪と特殊器台は、胴に三角形の穴が開いている。
最初は私も、作る過程での工夫と思っていた。野焼きする時に、火の回りを良くする為に。

だが、穴が多過ぎるし、意匠性もあるんだよね。だから、古墳に並べた後で、中で火を焚いたのではないかと。
夜の祭祀では、三角形の穴から引かれが漏れて、キラキラ星の様に光って見えた事だろうよ。
62: 出土地不明 ID:inOqewWd
>中で火を焚いたのではないかと。
ありえない。
63: 続海底のオーパーツ ID:eQJxAArL
音響効果を狙ったものじゃないのか
65: 出土地不明 ID:ukHO8L5/
穴が開いてるのは、水が溜まらないようにだろ。
ボウフラが湧いてたまらんぜ。


と、けっこう本気で考えている。

昨日の晩に、管理人ふと思いついて「博士ちゃんねる」でWEB検索してたんですね。
どっか管理人のしらんところで、当サイトについて言及してるとこなんか、ないだろうか…というアレで。そこで見つけましたよ。

正直おまえらもまとめみてるよな [転載禁止]c2ch.net(ログ速)
10 : 以下、転載禁止でVIPがお送りします[] 投稿日:2015/02/08(日) 19:46:25.49 ID:JZmwHvRd0 [1/1回(PC)]
博士ちゃんねる面白いよな




ッ!??




10 : 以下、転載禁止でVIPがお送りします[] 投稿日:2015/02/08(日) 19:46:25.49 ID:JZmwHvRd0 [1/1回(PC)]
博士ちゃんねる面白いよな
博士ちゃんねる面白いよな━━━━(゚∀゚)━━━━!?
姉さん大変です、ブログ始めて苦節1年半、ついにVIPで言及されるにいたりました。
まぁザンネンながら、このレスを最後にDAT落ちしてしまったわけですが、ID:JZmwHvRd0さん、どうもありがとう。(管理人が自分で書いたんじゃあないですヨ)


ハイ、そういうわけで、土偶と埴輪の違い、ということでねー。皆さんご存知でしたか?管理人は日本史とってなかったので、まーったく知りませんでした。いろんな説があっておもしろかった。
埴輪はさほど管理人は興味ないんですけど、土偶はなんかこれ画像探してると、バリエーション豊富でなかなかすごい。
というわけでジャパニーズ・セクシー・土偶・ギャラリー。
土偶土偶土偶土偶土偶
7.24追記:コメ欄で「これは縄文土器じゃないよ」とのこと。造形がカワイイので残しておきます。
土偶土偶 どーすか、コレ。
なかなかのデザインセンス。もうこれ、宇宙人てことでいいんじゃない?
東京国立博物館公式フィギュア 考古学ミニチュア[第一集] 全6種セット
造形企画制作:株式会社海洋堂/販売元:株式会社ケンエレファント
売り上げランキング: 282,524


元スレ:http://academy2.2ch.net/test/read.cgi/archeology/1069070318/

人気サイト様 最新記事

博士ちゃんねる ヘッドライン

    • ※1 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2015.2.9 22:44
    >チッ、宇宙人じゃないのか、ツマンネ。

    こら。
    土偶は、昔から言われていますが、パイオツ的なものや、腹が出ているものが多く、
    豊穣を祈ってのものだと考えられてもいますね。
    で、外観を見て、「遮光器」とするならば、アラスカと日本は、海流が一方通行なので、
    交流をするのは結構、困難なのです。
    また、文様や胸部(ビーチクてきなアレ)、文様柄や頭冠様の頭を見て、
    東アジア圏の女性をデフォルメしたものと見ると、最初に書いたように、豊穣ですから、
    コメと一緒に大陸から遣わされたんじゃないか、とか考えられるんです。
    (コメは遺伝子的に見て、中国大陸から九州へ流入し、日本列島と朝鮮半島へ広まりました)

    土偶にはまだ、ロマンがあるんですよ。埴輪は踊ってりゃ良いんですけど。
    せっかく、努力が認められたのですから、元気出してください。
    (あんまり詳しくないですが、ログ速からのアレは「転載」にあたらないんでしょうか?)
    • ※2 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2015.2.9 23:12
    縄文時代には粘土の作成技術が未熟だったので焼成時の空気抜きのために表面に細かい文様を付けていました。日本の縄文土器はその文様が装飾として発達したのが特異的です。弥生時代には技術が進んで現代の素焼きと同じものが作れるようになります。縄文土器でも後期には滑らかな仕上がりのものが出てくるから、弥生式土器に取って代わられたのではなく技術の進歩ないしは取り入れがあったんでしょう。
    • ※3 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2015.2.10 1:31
    >>60
    >>ひとつひとつ手作りなんですね
    この時代に手作りしないで作る技術があったのだろうか気になる
    • ※4 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2015.2.10 1:37
    >博士ちゃんねる面白いよな
    はいはい、自演乙
    • ※5 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2015.2.10 20:33
    土偶ですが、個人的にはラテーヌと関係性があると見ています
    要するに埴輪と正反対の思想ですね、人型か非人型か
    一見するに目鼻や手足があり人型にも見えます、各部位は幾何形状で構成され装飾過多な人形かと思われるでしょう、しかし衣服や刺青とも思えぬ表現です
    なんらかの思想に基づき構成されているとしか思えません、現代の各文化や宗教と照らしあわせてみた結論として、土偶を触覚言語の文字であると考察します
    一般的な解釈とだいぶ異なるので、電波だなぁと笑っておいてください
    あと、埴輪は単純に中国の真似でしょう、思想や歴史など背景を感じさせる文化的なもの《技術》が見受けられません、初期のものが稚拙すぎます
    • ※6 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2015.2.10 22:27
    兵馬俑坑を見に行った事がありますが、将軍のは少々腹が出てました。いいものを
    食べ過ぎていたんですね。妙にリアルでした。
    • ※7 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2015.2.11 0:20
    本編は関係有りませんが…
    自分は卒論終えたばかりの大学生ですが、いつも楽しく読んでいます。
    更新頑張ってください。これからも楽しみにしています!
  1. あら、盛り上がってますね?

    >アラスカと日本は、海流が一方通行なので、交流をするのは結構、困難

    あれってけっこう原始的な形状だから、アラスカに渡る前からあったとしたらどうでしょう?
    遮光式土偶も青森など東北地方に多く見られるそうですし、一部は日本へ一部はアラスカへ。日本は温暖になってからあまり必要なくなって廃れた…なんてね。ロマンですよね。
    -----------------
    >焼成時の空気抜きのために表面に細かい文様を付けていました。

    へぇーそれであんな模様がついてるんすね?
    縄文時代は刺青の文化がけっこう盛んだったと言われますけど、それになぞらえて複雑な模様になったのかなぁ。
    -----------------
    >この時代に手作りしないで作る技術があったのだろうか気になる

    いやなんとなく、粘土の型取り?くらいはできたのではないかな…と思ったんですよね。
    -----------------
    >はいはい、自演乙

    スレが立ってから6分でdat落ちしてるスレに自作自演ですか?ホォ~笑
    -----------------
    >土偶を触覚言語の文字であると考察します

    いえいえ、おもしろい説だなと思いました。
    触覚文字っていうのがあるんですね。はぁ~なんとか宇宙人にこじつけられないものか…(しつこい
    -----------------
    >将軍のは少々腹が出てました。

    へぇーすごい!見てみたい!あれは漢民族だけじゃなくて、様々な民俗の混成部隊なんだそうですね。
    -----------------
    >更新頑張ってください。これからも楽しみにしています!

    卒論お疲れ様でした!
    ありがとうございます!ガンバリます!
      • ※9 : ※5
      • 2015.2.13 21:13
      触覚文字というと点字のようですが、もっと記号学に近い仏像や絵画に近いものだと考えています
      アトリビュートやヴァニタスといった象徴的なものの集合体として存在するのではと、ハート型の頭部なら愛の神といった感じで、さらに細かな模様や形状に意味や神話的物語があったのではと
      土偶は宇宙人の宇宙服説などもありますし、結びつくと考えるのもロマンがあり良いですね
    • >細かな模様や形状に意味や神話的物語が

      そうですね。元は豊穣の神みたいなのを祀ったものと言われてるそうですし。
    • ※11 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2015.7.23 17:32
    5枚目は縄文土偶ではないでしょう
    石製のようですし
  1. トラックバックはまだありません。


コメ欄での議論はおおいにけっこうですが、当サイトではドクター同士の罵り合いは禁止となっております。反論する際には、相手の意見・人格を尊重し、どうぞ冷静に。