人気サイト様 最新記事

博士ちゃんねる ヘッドライン

管理人からのお知らせ

12日~16日まで、管理人多忙のため更新お休みです!ゴメンネ!

レスの強調ウゼェー!というドクターへ

レス内の強調表示をOFFにする コチラをクリックして切り替えてください。設定は30日間Cookieに保存されます。
現在のステータス:強調有効

天狗に関する知識をひけらかしてくれ!! @ [民俗・神話学板]


天狗に関する知識をひけらかしてくれ!! @ [民俗・神話学板]
1: 天之御名無主 投稿日:2013/12/09(月) 01:32:13.19
天狗についていろいろ知りたい
図書館じゃ調べられないような天狗の伝説・民話を教えておくれ
3: 天之御名無主 投稿日:2013/12/09(月) 19:23:05.52
天狗は西洋の白人のこと
4: 天之御名無主 投稿日:2013/12/09(月) 21:24:42.87
猿田彦大神様のご眷属に多いそうですね。
天狗は基本的に人間にあまり興味を示さないそうです。
天狗面を被った猿田彦役(面掛行列(御霊神社))
管理人より:以前にも出したやつ。「猿田彦」は日本の神様のひとり。鼻がすっごく長いのが特徴で天狗の原型になった説も。
6: 天之御名無主 投稿日:2013/12/13(金) 00:49:15.13
天狗_CNKI学问(中国語)
《史记·天官书》:“天狗,状如大奔星,有声,其下止地,类狗。
所堕及,望之如火光炎炎冲天。其下圜如数顷田处,上兑者则有黄色,千里破军杀将。”
集解引孟康曰:“星有尾,旁有短彗,下有如狗形者,亦太白之精。”
天狗てもともとは彗星の事なんだろ。
京都の鞍馬寺には金星から隕石が降ってきた、とかいう伝承がある。
12: 天之御名無主 投稿日:2013/12/13(金) 23:28:09.78
>>6
>京都の鞍馬寺には金星から隕石が降ってきた、とかいう伝承がある。
まじでか・・・!
もしかして鞍馬の僧正房の伝説はここから?!
7: 天之御名無主 投稿日:2013/12/13(金) 20:20:33.18
山伏と関係も深いぞ、天狗は山伏の衣装を着ているしな
歌舞伎十八番之内 勧進帳(歌川国貞)
管理人より:歌川国貞の浮世絵に描かれた山伏…に扮した武蔵坊弁慶。「勧進帳」は山伏に化けて安宅の関を超える義経一行と、武蔵坊弁慶が機転を効かせての危機脱出が描かれるワクワクドキドキのストーリー。
ちなみに「十八番」とかいて「おはこ」と読みますが、七代目市川團十郎がそれまでに先代たちが得意としてた18の演目の脚本をまとめて「御箱」に入れておいたから…という説がありますね。
8: ◆qWhcq7VZ2Y 投稿日:2013/12/13(金) 20:49:33.59
【天狗1】
山中に住む妖怪。
一般的な天狗像は、髪が白く赤ら顔に高い鼻で羽団扇を持ち、山伏風のいでだち。
地方によっては烏天狗の方がよく知られているが、時代や地域により様々。
空中を自在に飛ぶことができ、清浄を好み俗衆を嫌う気難しくて意地の悪い性質であるという。
各地で、狗賓(ぐひん)・山人・大人・山の神などとも呼ばれる。
9: ◆qWhcq7VZ2Y 投稿日:2013/12/13(金) 20:55:12.91
【天狗2】
天狗という言葉は中国から日本へもたらされたもので、平安時代には流星やトビのように考えられ、物の怪のように人に憑いたり、未来を予言したりもした。
鎌倉時代頃から山伏がしばしば天狗にたとえられるようになった。
昔話に登場する天狗は「宝物交換」「何が一番怖い」など、人間に騙される役割で登場することが多い。
一方、伝説・世間話での天狗は、畏怖を持って語られている。
天狗が松に腰を掛けたとか、天狗が住んでいたとか言われている「天狗松」がある所では、その木を伐ろうとすると鋸が滑って伐れなかった・天狗松が唸り声を上げたという。
10: ◆qWhcq7VZ2Y 投稿日:2013/12/13(金) 21:10:09.08
【天狗3】
鼻が異常に高く、山伏のような服装の天狗は一般的に「大天狗」と呼ぶ。
猿田彦大神様も大天狗に属していると言える。
烏天狗の方は「小天狗」と呼ぶ。


鼻が高い特徴は伎楽面(ぎがくめん)の1つ胡徳面(ことくめん)、鳥型の天狗は仏教の迦楼羅(かるら)像の影響を受けて成立したとする考えもある。
11: 天之御名無主 投稿日:2013/12/13(金) 23:24:55.30
8-10
どうも☆

確かめてないけど、日本書紀では天狗と書いて「あまつきつね」と読ませてるそうだね
58: 天之御名無主 投稿日:2014/07/31(木) 17:17:13.31
>>11
23巻の舒明天皇の話ですね
大星、從東流西、便有音似雷。時人曰流星之音、亦曰地雷。
於是、僧旻僧曰「非流星。是天狗也。其吠聲似雷耳。
否定してるけど、流れ星の事でしょうね
13: 天之御名無主 投稿日:2013/12/14(土) 18:26:10.47
219 太白山
仙台の太白山にも、金星が落ちて来たとか、天狗が住んでいたとかいう伝承がある
14: 天之御名無主 投稿日:2013/12/14(土) 23:02:03.75
天狗の詫び状文とか、誰か解読してくれよw
23: 天之御名無主 投稿日:2014/03/20(木) 16:49:52.93
前にどっかで聞いた天狗退治の話なんですが

あるところに悪さをする天狗がいて、旅の僧侶がそれをやっつけるのですが、やっつける方法というのが何日もの間、殴り合いをして、最終的に天狗を降参させた、というものでした

これ聞いた時にその旅の僧侶って人間かよ!? 何日も飲まず食わずで戦うとか人の所業じゃないだろ!
て思いました
ほんとうにこのような伝説があるのでしょうか?
あるのならもっとくわしく知りたいです
天狗の詫び状
管理人より:「佛現寺」というお寺にそういうのが伝わっておるんだそうです。
万治元年(1658年)の頃、天城山中の柏峠に天狗が出没し、往来の旅人を悩ませていた。豪力無双できこえた時の佛現寺住職日安上人は天狗を懲らしめるため単身柏峠に赴き、天狗の鼻を両手でつかんで捻りあげれば、天狗はたまらず一巻の巻物を置いて以後その姿を現すことはなかったという。そこで、天狗の書いて残した詫び状であろうということになり、佛現寺の什宝として今日まで伝えられることとなった。 178行、2900余字の難解不読の詫び状は現在まで一字たりとも解読されておらず、神代文字説や霊界文字説、はたまた密教教典説まで飛び出し興味は尽きない。
読めない詫び状とか詫びる気ナッシングな感じですね。こちらから画像を拝借:伊東祐親まつり
18: 天之御名無主 投稿日:2013/12/19(木) 05:41:16.83
中世の世の中が乱れた時に、女子供の誘拐などが横行したのを天狗の所為にしたこともあったろうね。
ちゃんと金を払ってw少女を遊廓に引っ張って行く女衒の先祖も天狗だろうね。
現代でも、ただで女を引っ張って来る女衒もいるだろうし。
これも天狗だろうね。
20: デルタ ◆UEbAZ975UE 投稿日:2013/12/19(木) 19:30:28.48
天狗は硬派なショタコンだから女をさらわないよ
21: 痴丘の自転車でオナニーする方法を発見 投稿日:2013/12/22(日) 23:28:59.76
とりあえず忍者の祖だという話だわな
鴨家がどうとか、どうとか
29: 天之御名無主 投稿日:2014/03/24(月) 14:23:33.90
昔、俺が読んだ中国の神仙についての本には、「雷震子の伝承が日本に伝わり天狗の原形になった」と書いてあった
雷震子
管理人より:「雷震子」は周の文王の百人目の(!)子供と言われる伝説的な人物。「封神演義」にも出てくるそうで、仙人に弟子入りしてます。半人半鳥の姿である云々。画像は現代イラストですが、まぁわかんなくもないですね。
41: 天之御名無主 投稿日:2014/06/23(月) 15:20:23.96
昔の日本で人里離れ行者の様な生き方をしたヨーロピアン
45: 天之御名無主 投稿日:2014/07/21(月) 12:20:27.33
おう、天狗についてなら、俺の右に出るものはいないぞ、わははは、なんでも聞いてくれ
俺が話すことはすべて真実は、他のやつらの話は全部嘘だ。わははは





これが天狗
46: 天之御名無主 投稿日:2014/07/21(月) 12:25:31.55
マシュー・ペリー実際、異人の可能性あるんだよな
幕末に書かれたペリー提督の顔が天狗ぽい
47: 天之御名無主 投稿日:2014/07/21(月) 12:30:11.62
カラス天狗は黒人
なんて論文を纏めた奴がいるなら尊敬する
ペリー提督
管理人より:その一例。とにかくタレ目で鼻がでっかく見えた模様。概ね情けない表情で描かれるぽいです。
50: 天之御名無主 投稿日:2014/07/22(火) 12:13:42.90
日ユ同祖論じゃないけど、あちらの僧侶と色々類似したところがあるってのは興味深い
52: 天之御名無主 投稿日:2014/07/22(火) 21:32:15.24
>>50
天狗の出で立ちは、山伏の姿でしょ。
むしろ、ユダヤ教の僧侶との類似点は山伏に求めるべきかど
ユダヤ教徒のラビ
管理人より:ユダヤのお坊さんの伝統的な姿は↑このような感じということで、たしかに山伏にそっくり。法螺貝ぽいのまである。
51: 天之御名無主 投稿日:2014/07/22(火) 12:17:29.76
ベルベル人 ベルベル人
53: 天之御名無主 投稿日:2014/07/22(火) 21:40:47.80
つまり、日本人、ユダヤ人、ベルベル人は同祖なんだよ
管理人より:とりあえず、
         ナ ゝ   ナ ゝ /    十_"    ー;=‐         |! |!
           cト    cト /^、_ノ  | 、.__ つ  (.__    ̄ ̄ ̄ ̄   ・ ・
 ミミ:::;,!      u       `゙"~´   ヾ彡::l/VvVw、 ,yvヾNヽ  ゞヾ  ,. ,. ,. 、、ヾゝヽr=ヾ
 ミ::::;/   ゙̄`ー-.、     u  ;,,;   j   ヾk'! ' l / 'レ ^ヽヘ\   ,r゙ゞ゙-"、ノ / l! !ヽ 、、 |
 ミ/    J   ゙`ー、   " ;, ;;; ,;; ゙  u ヾi    ,,./ , ,、ヾヾ   | '-- 、..,,ヽ  j  ! | Nヾ|
 '"       _,,.. -─ゝ.、   ;, " ;;   _,,..._ゞイ__//〃 i.! ilヾゞヽ  | 、  .r. ヾ-、;;ノ,.:-一'"i
   j    /   ,.- 、  ヾヽ、 ;; ;; _,-<  //_,,\' "' !| :l ゙i !_,,ヽ.l `ー─--  エィ' (. 7 /
       :    ' ・丿   ̄≠Ξイ´,-、 ヽ /イ´ r. `ー-'メ ,.-´、  i     u  ヾ``ー' イ
        \_    _,,......::   ´゙i、 `¨ / i ヽ.__,,... '  u ゙l´.i・j.冫,イ゙l  / ``-、..- ノ :u l
    u      ̄ ̄  彡"   、ヾ ̄``ミ::.l  u   j  i、`ー' .i / /、._    `'y   /
               u      `ヽ  ゙:l   ,.::- 、,, ,. ノ ゙ u ! /_   ̄ ー/ u /
            _,,..,,_    ,.ィ、  /   |  /__   ``- 、_    l l  ``ーt、_ /  /
   ゙   u  ,./´ "  ``- 、_J r'´  u 丿 .l,... `ー一''/   ノ  ト 、,,_____ ゙/ /
         ./__        ー7    /、 l   '゙ ヽ/  ,. '"  \`ー--- ",.::く、
        /;;;''"  ̄ ̄ ───/  ゙  ,::'  \ヾニ==='"/ `- 、   ゙ー┬ '´ / \..,,__
 、      .i:⌒`─-、_,....    l   /     `ー┬一'      ヽ    :l  /  , ' `ソヽ
 ヾヽ     l      `  `ヽ、 l  ./  ヽ      l         )  ,; /   ,'    '^i
ベルベル人」は北アフリカに住むイスラム系民族。ヌミディア王マシニッサなどもベルベル人です。
上記の絵は調べてみたところ、1900年、パリに平和条約を結びに来たトゥアレグ族というベルベル人の一族の「Kel Ahaggar族」の族長「Moussa Ag Amastan」だそうです。なんか「アサシンクリード」みたいでカコイイですね。
54: 天之御名無主 投稿日:2014/07/22(火) 22:26:53.89
東アフリカのどっかに共通の先祖がいたんだよね
55: 天之御名無主 投稿日:2014/07/22(火) 22:33:00.32
>>54
それは、人類共通の祖先だろ(笑)
61: 天之御名無主 投稿日:2014/08/03(日) 11:52:05.04
天狗は当時の日本に何らかの事情で来ていた異人さん。
62: 天之御名無主 投稿日:2014/08/03(日) 20:39:57.18
平安時代に異人がいたのかな
64: 天之御名無主 投稿日:2014/08/04(月) 21:30:57.29
奈良時代だっけか東大寺のオープニングの式典の時もシルクロード界隈の国際色豊かな来賓が来てたろ
65: 天之御名無主 投稿日:2014/08/08(金) 10:43:44.41
大仏の開眼をした僧はインド人らしいね。
奈良~平安の頃も貿易関係者は行き来していて九州などでは外国人が住んだりもしていた。

インド、ペルシア等シルクロード系は居たかもね。大陸繋がりで理屈的には白人系も居たかも。
68: 天之御名無主 投稿日:2014/08/08(金) 18:27:56.19
いんたれすてぃんぐ!!
管理人より:東大寺の大仏さんの開眼を行ったのは「菩提僊那」というインドのお坊さん。当時は中国に住んでたそうですが、遣唐使の要請により来日、開眼式を終え、弟子を育てつつそのまま日本で亡くなっています。わざわざありがとう!
70: 天之御名無主 投稿日:2014/08/14(木) 03:27:41.62
71: 天之御名無主 投稿日:2014/08/14(木) 14:09:03.15
白人に見える…非常に興味深い資料
72: 天之御名無主 投稿日:2014/08/14(木) 15:27:16.28
当時の白人っていってもイランやソグド系なら色が白いわけでもなければ、ましてやまったく金髪でもないわけで
73: 天之御名無主 投稿日:2014/08/14(木) 19:30:02.65
イラン、トルコ系にも肌が白くて茶髪はいるもんなあ白人に。少なくとも異人には見えるだろう
まして天狗は金髪…なんて表記は見ないしね
管理人より:金髪は帽子の飾りみたいに見えますね。
79: 天之御名無主 投稿日:2014/09/07(日) 16:21:35.30
天狗はしばしば子供をさらう。
それを「神隠し」といい、東京都下多摩地区では町内会の役員が八王子市上川町にある標高505.7mの今熊山神社に詣でる。
子供を返してくれるよう頼みに行くわけで、今熊(いまくま)山は別名「呼ばわり山」と呼ばれていた。
山頂で声を限りにいなくなった子供の名を呼び、返事があれば戻るとされており、立川市では実際に返事があったので急ぎ戻り、町内会の者が親に茶などを振舞われている最中に、玄関の破風(はふ=昔はかやぶきだったので玄関の上にも屋根があった)の上で音がする。
見れば、いなくなった子供が玄関の屋根にいた。
普通では上がれない破風の上に帰すなど、いかにも空を飛ぶ天狗らしい。

子供は神隠しにあった当時の記憶がまったくなく、しばらくの間は池沼のようにボーッとしているそうだ。
天狗がそうさせるのだという。
80: 天之御名無主 投稿日:2014/09/07(日) 17:07:52.06
おもしろい話だね。
81: 天之御名無主 投稿日:2014/09/08(月) 12:07:50.04
私も時々ボーッとするが、天狗にそうされたのか
82: 天之御名無主 投稿日:2014/09/08(月) 12:41:45.90
デング熱も天狗の仕業か
83: 天之御名無主 投稿日:2014/09/08(月) 12:49:56.64
オカルト版に投下したけど、こっちのスレが妥当かも。祖母の体験。
戦争中、女子挺身隊で群馬県の山奥で「松根油」かなにかをを取る作業にたずさわった。
当然、女学生でも夜、みんなで山に寝泊りする。
寝付かれなかったある夜、カン、カンと斧で木を切る音が間近にして、そのうちにバリバリと音がして、とてつもない大木が倒れてきた。
ドドドドーンという地響きが大地を揺らして自分の体が少し浮いた。

びっくりして起き上がったが、周りの級友は何事もなく寝ている。
みんな重労働で疲れているので起こすわけにもいかず、かといってもう寝られないので、そのまま起きていて夜明けとともに木の倒れた現場らしい方向に行ってみた。
すぐ近くのはずで、簡単に見つかると思ったのだが、探しても探しても何事もない。
規律が厳しいのでいつまでも離れているわけにいかず、みんなのところにもどった。
みんなフツーにしていて昨夜の音を聞いた人はいないようだった。
あとで山奥の田舎出身の子に聞いてみると、「天狗倒し』というもので、音と地響きだけで実体はない」ということだった。
祖母に言わせると「とてもリアルで現実感がある幻の音」だそうだ。
88: 天之御名無主 投稿日:2014/09/13(土) 21:49:51.97
>>83
天狗倒し という言葉は聞いたことかあります。
90: 天之御名無主 投稿日:2014/09/14(日) 08:14:19.33
>>88
天狗の仕業とされているものの中では結構、有名だよね。
地方によって「天狗なめし」ともいうそうだ。
84: 天之御名無主 投稿日:2014/09/08(月) 16:02:34.20
>群馬県の山奥
迦葉山かな?
85: 天之御名無主 投稿日:2014/09/08(月) 17:29:07.97
>>84
う~ん、どこの山だろう?
山奥としか言ってなかった・・・。
祖母はもう亡くなってしまったから、永遠に謎だな。
95: 天之御名無主 投稿日:2015/02/03(火) 21:58:30.89
異人の容姿を伝え聞いた人が「あんなのが山にいる」と空想してお話にしたとか
100: 天之御名無主 投稿日:2015/02/12(木) 17:05:37.22
天狗は日本の青森に来たイエスてえ説まであったのでワロタ(笑)
101: 天之御名無主 投稿日:2015/02/13(金) 00:25:16.14
天狗の本当に元々の扱いは、巨大流星(音を鳴らして飛行する、隕石か?)だったのだが、それにいつの間にか動物になり、すったもんだで鼻が高くなって超人的な修行僧みたいな扱いに…。

なんでこうなったんだろうな。
93: 天之御名無主 投稿日:2014/12/16(火) 22:42:47.19
天狗という文字は中国が起源
獣の顔をした空飛ぶモノを天狗と言った
105: 天之御名無主 投稿日:2015/02/14(土) 15:02:32.48
中国由来のアマツキツネという呼称に始まり、山の怪異も空に起因するものとして天狗と呼んだ

山篭りをする修験者が増え始め、彼らの仕業だったのものも含め彼ら自身を揶揄して言うようになった

やがて面妖な容姿として道祖神的な猿田彦の姿を拝借したり修験道、仏教思想に結びつけられたりするようになった

って感じなのかなあ
109: 天之御名無主 投稿日:2015/02/14(土) 21:44:03.92
修行すれば空も飛べるようになるって言われてたなら、それが翼モチーフの元になったのかな?
中国では仙人が雲に乗ってたりするけど
110: 天之御名無主 投稿日:2015/02/26(木) 00:18:58.90
たぶんスレチな上懐かしすぎる事件だけど
時速100キロの新快速から飛び降り、平然と去る JR住吉駅 2002/07/04

神戸市東灘区のJR住吉駅で、時速百キロもの猛スピードで通過する新快速電車から男がホームに飛び降り、立ち去っていたことが三日、兵庫県警の調べで分かった。
男は居合わせた客の視線を気にせず、何事もなかったように歩いて姿を消したという。
県警は、鉄道営業法違反の疑いで行方を探しているが、警官らも「こんな『途中下車』は聞いたことがない」と首をかしげるばかりだ。
二日午前十時四十五分ごろ、同駅ホームで、近江今津発姫路行き新快速電車から、赤い服を着た若い男が飛び降りるのを複数の人が目撃。男は勢いで鉄製フェンスに激しくぶつかったが、そのまま改札口の方に歩いていったという。

一方、電車内では、連結部付近で人の手や足が見えているのに気付いた乗客がいたが、「ドン」という音とともに姿が消えたという。
JRから通報を受けた東灘署や県警鉄道警察隊などが周辺を捜索。病院や医療機関 にもあたったが、該当する人物はいなかった。
JRによると、新快速の最高時速は約百三十キロ。駅の通過時はややスピードダウンするが、それでも百―百十キロは出る。車両は窓が開かず、停車駅で連結部にしがみついた とみられる。
この犯人は随分天狗じみてるなと思う
案外こういうのが天狗のモデルなんじゃないかな
111: 天之御名無主 投稿日:2015/02/27(金) 12:49:46.25
>>110
天狗だな それは
112: 天之御名無主 投稿日:2015/02/27(金) 16:01:47.85
現代も天狗が生存しているということ。

     )、._人_人__,.イ.、._人_人_人
    <´ 天狗じゃ、天狗の仕業じゃ! >
     ⌒ v'⌒ヽr -、_  ,r v'⌒ヽr ' ⌒
 // // ///:: <   _,ノ`' 、ヽ、_ ノ  ;;;ヽ  //
 ///// /::::   (y○')`ヽ) ( ´(y○')    ;;|  /
 // //,|:::     ( ( /    ヽ) )+     ;| /
 / // |:::     +  ) )|~ ̄ ̄~.|( (       ;;;|// ////
 /// :|::       ( (||||! i: |||! !| |) )      ;;;|// ///
 ////|::::    +   U | |||| !! !!||| :U   ;;; ;;;| ///
 ////|:::::       | |!!||l ll|| !! !!| |    ;;;;;;| ////
 // / ヽ:::::       | ! || | ||!!|    ;;;;;;/// //
 // // ゝ:::::::: :   | `ー-----' |__////
最後の「現代の天狗」はなかなかスゴイ。時速100キロの電車から飛び降りれば、普通はもちろん死ぬそうです。まるで虚構新聞みたいな事件ですね。天狗は頑丈じゃのう…。

ハイ、というわけで民俗学らしいスレ。
なんか、中国の彗星や流れ星が天狗の起源である…という説は管理人知りませんでしたので、ホォ~と思いながらまとめてました。
どうも中国の雷の神様は半人半鳥で描かれるんだそうで、これも関係してるぽいですね。
そこから空を飛ぶ…という連想で翼が生えたのはなんかわかるけど、長い鼻はどっから来たのかな?やっぱり遠く日本まで流れ着いてきた異人さんなんでしょうか。
ユダヤ人という説も山伏と絡めてあるようですが、これね、向こうのお坊さんと山伏のクリソツ具合は、似すぎててワロてしまいます。なんらかの繋がりがありそうに思えてならない。

女天狗(デッド・オア・アライブ5)
トップ絵用に天狗の画像探してたら、こういう肌もあらわなセクシー天狗がヒットしてですね。「デッド・オア・アライブ」というゲームに出てくる「女天狗」というキャラなんだそうですが。 よくよく考えてみると、女性の(メスの?)天狗ってあんまり聞かないですよね。天狗ってどうやって増えるのかな?
トップ絵に採用しようかと思いましたが、なんか天狗のコスプレにしか見えないのでやめました。せっかくなので巻末で。

虎ノ門琴平神社出生天狗、大天狗の鼻、ねじらんとす(東京開化狂画名所/月岡芳年)
トップ絵は月岡芳年の手による浮世絵「東京開化狂画名所」よりです。鼻長すぎィ!(こちらより:3. 工学寮・工部大学校時計塔(明治の時計塔)
天狗芸術論・猫の妙術 全訳注 (講談社学術文庫)
佚斎 樗山
講談社
売り上げランキング: 34,634


元スレ:http://yomogi.2ch.net/test/read.cgi/min/1386520333/

人気サイト様 最新記事

博士ちゃんねる ヘッドライン

    • ※1 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2015.3.13 22:00
    天狗道というものがあり、今風に言うなら魔界のこと
    六道の道を外れた者の行くところであり、もっぱら慢心した修験者の行きつく先だそうで
    • ※2 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2015.3.13 22:12
    >>9あたりの話題だが、以前中国からの留学生との雑談中、「そっちでは彗星現象のこと
    をテンギャン(天狗)って言うの本当?」と聞いたら本当に通じた。今ググったら微妙に
    発音が違うっぽいが地域にもよるのかね?彼はどの辺出身だったかな…
    • ※3 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2015.3.14 9:45
    格闘ゲームの「デッドオアアライブ」は一作目?のラスボスが普通の天狗ですた
    山奥で天狗と女子プロレスラーがどつきあいするような変なゲームだったな…
    女天狗というのはその女性版ですかね。羽もついてるな(でも飛べないらしい)

    カラス天狗はカラスの顔をしているけど、人間のような両目が前を向いた顔つきで
    くちばしのある黒い顔をしたやつは「木の葉天狗」
    • ※4 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2015.3.14 21:13
    修験者が山で修行してる際に弟子にならんか?とスカウトされるとか>天狗のなり方
    後は村や方々から攫ってきた娘子を孕まし子を成し、男児なら幼少からエリート教育して天狗へ
    もっと手近だと子成すのではなく、そこら辺歩いてる子を所謂神隠ししてだとか
    神隠しするのは七齢までの男児までと決まりみたいなのがあるらしい
    女児の扱いは分からないです

    子を成した女性はある程度子が育つまでは(三齢位?)天狗と子の3人で暮らすそう
    その後、悪表現ですが用済みとなれば喰らう天狗や特殊な術で記憶喪失にして余所に置き去り、解放(?)してくれたり
    中には添い遂げ、異類婚が成立したりとただの人間と大差なさそうな話も^^;
    自分は失念しましたが天狗と添い遂げる異類婚姻譚もあるそうですよ
    では、長文失礼
  1. >もっぱら慢心した修験者の行きつく先

    やっぱ山伏の延長にあるのか、それとも天狗の真似をしたのが山伏なのか。
    どっちが先なんでしょう??
    --------------------
    >彗星現象のことをテンギャン(天狗)

    あ、そういうことなんですか。彗星そのものを「天狗」って呼称するんですね。へぇ。
    管理人も中国人の友達が以前いたんで、もっと詳しくいろいろ聞いておくべきでした…。
    --------------------
    >一作目?のラスボスが普通の天狗

    でしたっけ…1作目だけやったんですが、おっぱいが揺れるゲームということ以外に、なにも記憶にないですね…笑
    --------------------
    >弟子にならんか?とスカウトされる

    そっか、よそからさらって来るという可能性をアッサリ無視しておりました。
    そういえば神隠しも天狗のしわざでしたっけねぇ。
    てことは天狗も元人間みたいなものかぁ。
    • ※6 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2015.6.4 9:40
    牛若丸に稽古をつけた鞍馬山の鴉天狗は、どう見ても源氏の関係者。
    素性を明かせない人がお面をかぶり天狗を名乗り。
    文学的だけど実際ありそう。
  1. トラックバックはまだありません。


コメ欄での議論はおおいにけっこうですが、当サイトではドクター同士の罵り合いは禁止となっております。反論する際には、相手の意見・人格を尊重し、どうぞ冷静に。
*