人気サイト様 最新記事

博士ちゃんねる ヘッドライン

レスの強調ウゼェー!というドクターへ

レス内の強調表示をOFFにする コチラをクリックして切り替えてください。設定は30日間Cookieに保存されます。
現在のステータス:強調有効

おまえらGDPをわかりやすく解説できますか? @ [経済学板]


おまえらGDPをわかりやすく解説できますか? @ [経済学板]
1: 名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2011/01/05(水) 00:47:16 ID:ctSq/bd/
教科書の丸写しとか公務員試験用の無難な回答じゃなく。
2: 名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2011/01/05(水) 16:10:49 ID:5bNo5Mi7
人口を少なくして考えれば良いんだ

オマエの家の庭の木になってるりんごを、御前自分で木登りして獲って、それをオレが1000モナーで買うとするとだろ?
そしたらこの時点での、年間GDPは1000モナーだ


そして、オレがそのりんごを近所のヤツに1500モナーで売ったら、その差の500モナーアップだ

これで年間GDP1500モナー達成だ


って事だろ?
3: 名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2011/01/05(水) 21:35:41 ID:ctSq/bd/
まあ大体あってるかな。
俺が大学で元経済企画庁の役人上がりの教授の授業で聞いた話では、GDPとは付加価値の合計でざっくりいえば、全国の企業の売上-材料費だということだ。つまり利益+人件費の合計がGDP。

じゃあ、経費や減価償却費や一般管理費はどうなるのか。教えろよエロい人。
4: エロい人 投稿日:2011/01/06(木) 03:21:06 ID:Hfc7cO7f
>>3
マルキスト乙

売上-(利益+人件費)

経費や減価償却費や一般管理費は、以前の何処かの企業の(利益+人件費)とも言える。
5: 名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2011/01/08(土) 02:12:24 ID:2CeWLvNI
減価償却費や水道光熱費はそうだが、一般管理費は違うんじゃないか?
管理人より:しょっぱなからどれが正しいのかよくわからないので、Wikipediaの「国内総生産」から教科書的な説明を先に書いておきます。
*「GDP」とは「Gross Domestic Product」の略で、「一定期間内に国内で産み出された付加価値の総額」。
*「付加価値」とは、原料の価格と、加工ないしは流通の過程で、それに付加された価値の差額。
原則として国内総生産には市場で取引された財やサービスの生産のみが計上される。市場で取引されない活動は、GDPには含まれない[1]。このため、家事労働やボランティア活動などは国内総生産には計上されない。
以前は「GNP」が使われたものですが、これは外国に住む自国人の生産も含めるので、代わりに「国内」が基準になったGDPが使われるそうです。
しかしGDPの算出方法は国ごとによって異なり、算出方法は公開されていない(!)とのことなので、客観性については不明。「国家機密」ということになっておるんだそうです。
一般管理費」というのは、企業活動に要した費用のうち、売上原価に含めないものの合計。総務・経理・役員などの人件費、事業所の家賃・光熱費、減価償却費、福利厚生費、など。
他に売上原価に含めないものに「販売費」というものがあり、販売手数料、広告費などの合計。
このふたつを粗利から除いたものを「営業費」と呼び、企業の利益として算定される、とのこと。
…以上Wikipediaの要約でした。
8: 名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2011/01/10(月) 13:50:37 ID:Td2OPJ3d
レベルが下がっていっているのが面白い

大雑把に言えば売り上げの総額=GDP
さっぴくのは売り上げのうち中間財の売買に関するものだけで、人件費や利益は、売り上げ(GDP)の分配

GDP=売り上げ総額=人件費+利益=消費の総額
9: 名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2011/01/10(月) 14:04:27 ID:+o+G84MW
>>8
いみふ
10: 名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2011/01/11(火) 17:41:34 ID:6WnLwZwU
>>9
いってることは

・売り上げ総額
・人件費+利益
・消費の総額


の3つの総額が同じだってことだろ
11: 名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2011/01/11(火) 18:03:56 ID:rRhReh2+
GDPは売り上げ総額じゃないしw
12: 名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2011/01/11(火) 18:20:01 ID:ppv+0518
8=10だろ

つーか、1は早く出てきて収集つけろよ
あらたなるGDPの見方を教えてくれると期待してるのに
13: 1 投稿日:2011/01/11(火) 22:06:26 ID:z317vb5J
新たなるGDPの見方といわれても。。。
GDPとは一国で生産された付加価値の総額。

例えばセブンでじゃがりこを一つ145円で買ったとする。
そのコンビニの仕入れ値が100円だったらコンビニの付加価値は45円
カルビーがコンビニに100円で売ったが、ジャガイモなどの材料費が60円掛かったらカルビーの付加価値は40円
農協が農家からジャガイモを30円で買ってカルビーに売ったら農協の付加価値は30円
農家がジャガイモの種イモや農薬を20円で買った農家の付加価値は10円
農薬メーカが農家に売った農薬の値段が15円だとし種イモが5円だとすれば、材料を海外から5円で輸入したとすれば、農薬メーカーの付加価値は10円
めんどくさいから種イモと農薬の材料を輸入してたとしたらその合計額は10円

つまりGDPの合計額は45円+40円+30円+10円+10円で135円が国内総生産となる。

じゃがりこが年間10,000個売れる国は1,350,000円のGDPで
年間100,000個売れる国は13,500,000円と前者の10倍の経済規模になり、これをあらゆる財、サービスひっくるめて合計したものがGDPである。


大体あってる?
14: 名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2011/01/11(火) 22:30:58 ID:ppv+0518
>>13
君はじゃがりこが好きなんだね!
17: 名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2011/01/11(火) 22:50:55 ID:z317vb5J
付加価値っていうとマスコミは既存の商品に新たな用途を付け加えることみたいに言ってるけど、本当はバリューチェーンの中で材料費から新たな価値を中間消費者や最終消費者認めてもらうことなんですよ。

人件費+利益が付加価値といっても人件費が高くて利益を圧迫もしくは赤字化する可能性があるわけで、より付加価値が高い製品ほど人件費が利益の目減りを圧迫しないので、日本は高付加価値の製品を作るしかないわけですね。
19: 名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2011/01/11(火) 23:03:28 ID:ppv+0518
>>17
>より付加価値が高い製品ほど人件費が利益の目減りを圧迫しないので日本は高付加価値の製品を作るしかないわけですね。
いみふ
18: 名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2011/01/11(火) 22:58:46 ID:X+syXryW
つまりGDPが高いほうが商売がうまい国ってこと?
20: 名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2011/01/12(水) 22:03:40 ID:iNG5egob
>>18
儲けと人件費が多いほどGDPが高いからそうなる。
もっとも人口が多ければ人件費の総額が大きくなるから、必ずしも効率的な国ほどGDPが高いとは言えないが。
21: 名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2011/01/12(水) 22:47:36 ID:XxjNlBju
>>20
一人につき一軒の家、一台の車、1台のテレビ、洗濯機、冷蔵庫があったほうがGDPは多い。
しかし、明らかに効率や環境にわるいだろ


今の世の中の問題は、利益と人件費の比率。
利益は、一部は配当で株主へ、一部は企業の銀行への返済に当てられ、銀行預金の利息にあてられる。
結局金融資産持っている人に利益の部分は回収されてしまう。

そして、奴らはさらに増やそうと金融資産に再投資する。
ますます、利益の割合が増える。
マジ悪循環。


消費者が今年度生産された商品を全て買うには、大雑把に言って

利益+人件費=人件費

となるのが望ましい。

しかし現実社会の消費者は、ローンを組むなどして未来の購買力を抑えこんでまで消費に走って、今の消費水準(GDP)を確保しているのだ。
当然ローンの利子は、また、金持ち層に吸収されていきます。
未来の購買力は衰えるので、当然、不況は約束されたようなのものです。

マルクスは資本による搾取、つまり、企業の利益を敵であるとしたが、もっと言うならば、銀行の利子こそがこの資本主義社会の真の敵だ。
24: 名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2011/01/12(水) 23:29:35 ID:XxjNlBju
利子なんだよ。利子が犯人。

こいつを無効化出来ればノーベル経済学賞はいただきじゃ
はっはっはっはっはっ
25: 名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2011/01/13(木) 18:07:35 ID:uBNvPhWi
GDPって、生産したものが全て売れたと仮定するんだよな
だから、在庫が積みあがってもGDPが増えるとか、わけわからんことが起こる

付加価値=売った値段 - 原価

と単純に計算できないんだよね
26: 名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2011/01/13(木) 18:43:01 ID:G+slt0ik
>>25
購買力と生産力がミスマッチを起こしているだから、金刷ってばらまけばいいのに、ニチギンガー政府の言うこと聞かないんだよ

経済学者は悪くないんだよ、ほんとだよ
27: 名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2011/01/13(木) 22:47:10 ID:sXnfEjR5
>>25
でも過剰な在庫が増えれば将来的に生産が減るから同じじゃないの?
28: 名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2011/01/14(金) 23:33:53 ID:CRHm5ihD
>>過剰な在庫
というので、思いだしたけど、一昨年、IT企業の社長から、ユニクロは間違ってる、という話を聞いた。
実はその社長とその家族はユニクロが好きで買いまくっていたんだと。
安いからって、いろんな色とかを。

そしたら、家の中のクローゼットやタンスや押し入れが、ユニクロの服でいっぱいになって、もう入れるところがないんだと。
だから着ていない綺麗な服まで人にやるか、捨てるかしないといけないと嘆いていた。


そして、洋服はそのうち売れなくなるだろうと予言していた。
昨年秋からユニクロの売り上げ急ブレーキ。
タンスに余裕のある海外でしか売り上げが伸びなくなった。


そして中国も印度もタンスがいっぱいになると、ユニクロはどうするのだろう???
37: 名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2011/02/28(月) 11:00:04.63 ID:7fzPWVxw
GDPに人件費を入れる理由がわからない。

ある本の説明によると、企業がある地域で製品を作っている場合、人件費は企業にとってはコストだが、その地域では金を落としてくれて収入になるから、というようなことだった。

この場合、その企業が外国の企業ならわかるんだよ。日本に金落としてくれたっていうのは。
でも、国内企業の場合、ある地域って、それ日本だろ。
国内でどこかの企業がコスト払って、どこかの地域で消費されても、一国で見ればトントンってことじゃないの。


労働力=人件費の扱いって、コストの側面と価値の生産の側面が複合的にあるような気がするんだけど、それを一律にコストにするのも、一律に国内総「生産」にするのもおかしいように感じる。
何の根拠もないけど、体感で、人件費の10~20%ぐらいが生産なんじゃないのかと感じる。

だれか人件費、労働力の扱い教えて。
41: 名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2011/03/08(火) 11:14:15.41 ID:+Jin9q/Q
>>37
GDPは持ち家とか,公共サービスとかは除くと,原則と言うかこれしかないというか,
GDP=付加価値額=販売収入-原材料費
正確には様々な産業や生産段階で販売と原材料仕入れが有るから、この付加価値式の全企業合計がGDPですよね.

付加価値から賃金,役員報酬,配当,金利,手数料,地代などをはらっているわけで,ああ,税金もね.
これって全部誰かの所得じゃん?
だからGDPは所得とも言うんじゃねーか?

支払わず企業に残ったらそれは内部留保という形の企業貯蓄と言う形で処分される所得の一形態だよね.

とりあえず,こんなところで人件費がGDPに含まれるのはわかるでしょ.
大ざっぱですみません.
44: 名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2011/03/14(月) 19:29:52.65 ID:Iy+OLIje
>>37
まったくの素人意見なのですが、GDPという考え方は金の流れが考慮されていないことが、問題なんじゃないでしょうか。

日本企業が自動車を作るとします。
まず自動車の材料である鉄、アルミ、ガラスなど資源、そして生産機械を動かすための石油などエネルギーを輸入します。この時、日本は外貨を外国に支払います。
できあがった自動車のコストは、資源代+エネルギー代+人件費 ですよね。

まずこの自動車を国内で販売すると、日本のユーザーが日本の企業に対して金(円)を支払うわけだから、日本国内でお金が移動しただけであり、日本全体としてはお金は増えない。
また資源、エネルギー代は海外に支払っているから、日本は外貨を失っている。
ちょうど花見酒のように、身内だけでお金のやりとりをしてGDPは増えているが、酒屋への外部支払いだけはあるので、お金を失ってしまうわけです。

自動車を外国へ販売すると、外国から外貨が入り、そこから資源、エネルギー代を差し引いた残りが国内に残り、貿易収支が増えていく。

昨今は、外国から安い製品を購入することが増えました。
一見経済的であるように見えますが、そのコストの内訳は 資源代+エネルギー代+海外労働者人件費 です。
国産製品は高いのですが、 資源代+エネルギー代 だけが海外支払い分であり、国内労働者人件費は国内向け支払いなので、日本の外貨の消費にならない。
国産品は高くても、貿易収支という点から見れば安くついていることになります。
45: 44 投稿日:2011/03/14(月) 19:37:03.21 ID:Iy+OLIje
>>44
機械化をすれば、人件費が減るのでコストダウンになる。
だから良いこととされているのですが、そうするほど国内に残る金の割合が減っているように思います。

また機械化は大量生産の方向に向かいますから、それに比例して資源・エネルギーの輸入も増える。海外支払いは増加する傾向にあります。
また自動車のように使用過程でエネルギー(ガソリン)を消費するものが増えれば、エネルギー輸入が増え、海外支払いが増える。

日本の文明にあふれた華やかな姿は、実は大変な高コスト経済であると言えます。
高コストと言っても、それが国内人件費に向けられているのなら、金は天下の回りモノにすぎず、問題ないのですが、海外輸入物に多くの金を支払っていることが問題なのだと思います。
47: 44 投稿日:2011/03/17(木) 21:02:57.01 ID:g3NEPqAz
>>45 (じぶん)
時々「猛暑のおかげでエアコンがたくさん売れた。だからGDPが増えて良い」というような話も聞くが、これはむしろ逆であり、エアコン製造のために要する資源・エネルギー輸入、そしてエアコンの電力消費の増加分だけエネルギー輸入が増えた。そのため、日本経済の負担が増大したと考えるべきではないか。

もし太陽電池でエネルギーが自前で供給できるようになれば、エネルギー輸入を減らすことが出来る。そうすれば経済的には利点だ。
技術的にはまだまだ難しい問題もあると聞くが、環境だけでなく経済的にも必要なことだと思う。
48: 44 投稿日:2011/03/17(木) 21:14:29.41 ID:dJQItTs6
>>47 (じぶん)
さて、東北では震災による被害が激しい。
いずれ、復旧もしていかなければならないだろう。
この時、もし国が支援してくれるのだとしたら、厳しい財政事情でもあり、なるべく財政負担を減らしたいというのも本音ではある。

建物の建築には、やはり資源・エネルギーの輸入が必要である。
しかし、国産材木を使えば支払いは日本国内で済み、日本全体としての経済消耗は防げる。
東北の材木を使えば、東北にカネが落ちる。
また、重機で効率よく建設を行う代わりに、被災で仕事を失った人たちのマンパワーで建設を行えば、被災者たちにカネを落とすことが出来る。
住居の断熱を強化すれば空調エネルギーが減る。


もし、街を新しく作り直すならば、コンパクトシティにしたほうが良い。
大型店舗を作る代わりに小型の店舗数多く分散させる。こうすれば家と店の距離が短縮でき、車が不要になる。
それはエネルギー消費を減らし、社会全体としても、個人としてもカネの節約になる。
いずれにせよ、これからは不況である。
マイカーを持てない人も増える。また老齢化で車に乗れない人も増えるだろう。それなら車を使わなくて済む街にしたほうが良い。
自転車の使いやすさも考えるべきだろう。


街全体として低エネルギー消費ですむデザインを考えるべきだと思う。
49: 名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2011/03/18(金) 01:51:45.74 ID:9nWqgHYA
>>48
仕入れてくるのに個別にガソリンが
50: 44 投稿日:2011/03/18(金) 02:14:20.39 ID:xPaEC5tp
>>49
そりゃ、完全に自給100%ってわけにはいかんでしょうけど・・・
あくまで方向性ということで。
51: 名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2011/03/18(金) 12:12:33.90 ID:9nWqgHYA
>>50
フードマイレージとかに興味ありそうですね。

個人的にあなたの意見に大賛成なんだけど。
現実ってなんでこういう方向に向かわないんだろーな。

東北地方は残念だったけど、これを機にあなたの言うような暮らしをして、世界に発信できる土地になればいいんじゃないかな。
なんて思うけど、理想論なんだろな。

エネルギー問題は資源が枯渇してきて、みんなが困らないと真剣に考えないんだろうなって思う。
52: 44 投稿日:2011/03/18(金) 17:53:03.83 ID:LkMqVXFP
>>51
理想論かなぁ・・・
もうこれだけ失敗やらかして、まだ続けるのだったら、もうどうしていいのかわからないですよ。


時々思うのだけど、神様が人間に分からせようとして少しずつ見せてくれてるんじゃないかなと。
取り返しのつかなくなる前に気が付けと言っているような気がする。
笑われるのかもしれないけれど。
53: 名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2011/03/18(金) 21:06:39.44 ID:9nWqgHYA
>>52
取り返しのつかなくなるまで、行かないと目を覚まさないよ。
アホだもん。人間って。


資本主義爆発しろー!!!!!!!!
40: CMA落第生 投稿日:2011/03/08(火) 09:36:32.98 ID:yvzPRV/B
GDPは中古品売買を含まない(たとえば土地の売買とか、骨董品の売買とか)という説明がよくありますが、土地や株がバブル状態でもGDPは増えないわけですよね。
その場合は、ストックとしての国富が増えたと言うことでしょうか。

国富の前年からの増減=GDPと思ってたんですが、ここにGDPに含まれない要素があるって事でしょうか。

一方で、落語に出てくるような、酒樽を担いだ二人がお互いにお酒を売買しあうとGDPが増えちゃう?
これは最初に酒樽に出荷時点でGDP形状されて、その後の二人の売買は計算しない?
うーん、単純な絵を考えると逆に分からなくなります…
42: 名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2011/03/08(火) 11:40:31.21 ID:EwjfNq7Z
>>40
あんまり深く考えるとわけわからんくなるよな。
GDPってそもそも三面等価が成り立ってないとしか思えない。


おそらく国全体で起こった財・サービスと貨幣の交換のうちで、税金を徴収できている分野にしか政府は観測出来ていないだろうし。

学部生とかだったら、教科書の定義を鵜呑みにしてそういうもんだと割りきってスルーして進むことをおすすめするよ。
GDPの細かい定義なんて理論を進めていくことでどうでも良くなる。

財市場、債券市場、労働市場の均衡とか不可解な前提が数々出てくるからね。
あくまでモデルなんだよ。現実じゃない。あなたの現実的な感覚を無視して理論は創られている。
あなたが教科書に疑問を思っても教科書の中身は変わらない。


テストの問題がとけりゃあいいんだよ。
そうじゃないと単位も資格も手に入らない。
経済学にツッコミを入れたら負けって肝に銘じておくといいよ。

そして経済学が役に立とうがたたまいがどうでもいい。
俺は経済学で大学に職を得て、女子大生とハァハァするんだ。
早く教授になりたーい!
43: 名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2011/03/11(金) 18:14:24.55 ID:hnzB9JBZ
>>40
真面目に答えてみる。
土地や株がバブル状態のときは売買も盛んでしょう。
売買手数料や約定手数料などはGDPにカウントされる。


ストックとしての国富には金融資産はふくまれないでしょ?
土地(国有林野ほか国有地)の値上がりはそのまま国富の増加となる。

国富の前年からの増減=GDPではないですね~。
そもそも捕捉する対象が違うからですね。
ですからGDPと国富は先ず全く別物と考えたほうがよろしいかと。


落語は「花見酒」ですね。
大学の金融論の授業で出てきました。
GDPは、最終生産物の売上の合計でもあるし、各生産段階での付加価値の合計でもあるから,やっちゃいけないのは、各生産段階での売上を合計してしまうこと。
花見酒の場合もGDP的にはナンセンスな計算をしているということですね。
古今亭右朝「花見酒」管理人より:酒樽をふたりで云々は、落語の「花見酒」のこと。古今亭右朝師匠の「花見酒」を貼っておきます。
「いやおれは金ないけどね、そこんとこをちょっと…兄貴がこう都合してさ」
「バカだなおめぇは!おれが持ってるくらいならおめぇんとこに相談に来るかよォ。おれだって一文もねぇよ。」
「なんだよ、オイ…」
いかにも古今亭一門らしい上品でキレの良い芸。天ぷら屋の匂いやうなぎ屋の匂いをおかずにしつつ、ふたりで酒を売り合って5銭がお互いの間を行ったり来たりする噺。小咄の「においの代金」ぽくておもしろい。
61: 名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2011/03/20(日) 17:20:30.44 ID:V/m4gakP
カール・マルクスマルクスは10人ヒトが存在して、食料が9人分しかなければ一人当たり0.9人分分け合えばいいと説いた。
しかし、現実の人間の行動はどうだろう。
この震災の中飢え死にしそうな被災者がいる中で東京のマンションに食料を何十人分も買い込む者がいる。

これが人間の本性であり、日本という国だからまだマシで外国ならもっとひどい人間もいる、
そんな人間の現実の活動、物欲の結果が経済というものであり、経済学とはそんな人間の醜い姿にメスを入れていくことに他ならない。
69: 名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2011/05/21(土) 12:05:22.39 ID:1iEQW/3k
>>61
分配にもコストがかかるんです
66: 名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2011/05/21(土) 09:54:04.30 ID:xCYvFE/4
マクロ経済学が専門のオレが説明する。
GDP=産出額(売買、貿易、輸出入、製造など測定可能な値の総額)
要はその地域の経済規模、活発度を図る数字である。以上


国民(内)総生産や国民総所得とかややこしい言葉だと逆に分かりにくい。
↑それに名目GDPはドルベースで計算しているので、世界の基軸通貨ドルはアメリカの国益で有利な方向で動き、FRBが為替レートを操作してる。
ものすごい変動出ない限り、小幅な変動に意味がない。
そして、一部所得不均衡、貧富の差が激しい国だと国民所得(一人当たりGDP)の実態が見えにくく、それにGDPの概念は金融、資産所得を無視するので、グローバル社会では意味が薄くなってきている←多国貿易、他国の金融資産(株)を持つという意味で。
つまりGDPという概念はすでに古い、あくまでも参考程度に。

それよりも大企業の国際競争力、中小企業の育成や失業率と実質所得と物価指数(インフレ率)がよほど重要である。
67: 名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2011/05/21(土) 10:51:56.45 ID:B4S8TNA+
それでマクロが専門とかww
Wikipedia見た方がマシだわwww
70: 名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2011/05/21(土) 14:55:33.83 ID:Pf+RKqud
>>66
マクロ経済学の先生に課題出された学生が必死こいて書いたレポートって感じだな。
何か一つ位は新しい知見を提供して欲しかった。
79: 名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2011/05/21(土) 23:32:01.66 ID:Pf+RKqud
「GDPを」「わかりやすく」「解説する」という三つの条件いずれも満たしてない。

試験なら0点。
71: 名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2011/05/21(土) 18:28:43.57 ID:1iEQW/3k
>>66
そもそも実体経済をみてるんだから、資産無視うんたらはナンセンス
72: 名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2011/05/21(土) 19:20:24.54 ID:pCCw6udd
>>71
金融経済と実体経済を「分けて」考えるお前はバカ。
何?何?キミはウォールがそのものを否定したいのか?
ナスダックを否定したいのか?グローバル、ネット社会で、金融、信用取引を否定したいのか?何?物々交換に戻るのか?

だいたいね金融の後進国日本だから、「実体経済」とか訳の分からん言葉を10数年前から言い続けるんだよ。
その時からすでにアングロサクソン、ユダヤ人はそっちは得意だから、まあいずれ崩壊するだろうと、言い続けているが、日本は20年間、景気の低迷に悩み、未だに過剰な規制(NTT、東電のような代表格)によって手足がしばられ、株は低迷するわ、不動産価額も下がっている一方、100均、280円の牛丼だけが増えて、税収が縮小する一方赤字国債3年連続(2009~2011)40兆を超えている。
何が実体経済だ?結局負け犬の遠吠えじゃないか。
日本の規制緩和はまだまだだよ。
73: 名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2011/05/21(土) 19:27:36.44 ID:937+X73v
>>72
具体的に規制緩和(NTT、東電)ってどうするの?
80: 44 投稿日:2011/05/22(日) 05:47:47.76 ID:bpIuUNjh
>>73
電力の自由化は、正直何を目的にしているのかはっきりしないまま「自由化」と言えば何か良くなると思われているようですね。

反原発の立場からすると、現在、原発が使われ、自然エネルギーが使えないのは、電力会社の利益誘導のためだと言われています。
原発はコストが高いのですが、高コストであるほど電力価格を高く設定することが許されているので、わざと高コスト電力である原発を採用している。
コンバインドサイクル火力のほうが安くて効率も良いのだが、電力会社の儲けとしては不利なのだ。

自然エネルギーは、出力の不安定さや、各家庭が電源を持つことで電力会社の収益が下がるので、電力会社は認めたがらない。
そこで、独占形態をやめ、自由化すれば、高コストの原発は自然に淘汰され、安くて環境負荷の低い他の発電方式が取って代わるのではないか、とされているのです。

しかし、コストだけを追求すれば、「安い代わりに、環境負荷や安全性に問題のある発電方式」が出た場合、それを止められなくなる。
また、コストダウンの結果、安全性や安定性が確保できなくなる可能性もある。
電力の値段が安くなれば、その分電力消費が増えて、エネルギーの枯渇が早まる可能性もある。
低コスト化とは、たいてい労働者の負担の増加であり、今の自由化の圧力にさらされている業界では皆苦しみながら働いている。
もはや、限界ではないか、などなどの問題があります。
81: 44 投稿日:2011/05/22(日) 06:55:01.71 ID:bpIuUNjh
>>80
もう少し追加。
自由化は競争論理を進め、「良い物を安く提供する」者が勝ちます。
それで世の中は豊かになるはずなのですが、現実にはそう簡単ではない。

一つは、大量生産化が進み、供給過剰になり、モノが売れなくなること。
機械化の推進で、雇用が減るので、失業が増加すること。
大量生産によって、資源・エネルギーの消費が増え、廃棄物・廃熱の排出が増えること。
労働者の負担が増えること、などなど。


またコストダウンの中身をよく考えると、コストの内訳は「資源・エネルギーなど輸入物のコスト」+「人件費など国内支払いのコスト」でしょう。
資源・エネルギーコストが一定であると仮定すれば、人件費を抑制するしかない。
ところが、人件費は国内を循環するカネだから、多くても目減りしないカネであり、減らさなくてもいいのです。
大量生産ということは資源・エネルギー輸入が増えるのだから、海外支払いが増え、日本の外貨保有量が減る。
いずれは円安になり、資源・エネルギー輸入が困難になり、さらに貿易収支が赤字化することになります。


原発事故の余波で輸出がさらに厳しくなっているので、これは大きな問題になると思います。
82: 名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2011/05/22(日) 14:57:35.55 ID:SNotXUXt
>コンバインドサイクル火力のほうが安くて効率も良いのだが、電力会社の儲けとしては
>不利なのだ。
>自然エネルギーは、出力の不安定さや、各家庭が電源を持つことで電力会社の
>収益が下がるので、電力会社は認めたがらない。
>そこで、独占形態をやめ、自由化すれば、高コストの原発は自然に淘汰され、
>安くて環境負荷の低い他の発電方式が取って代わるのではないか、とされているのです。
安い=火力
環境負荷の低い=自然エネルギー
安くて環境負荷の低い=??
85: 44 投稿日:2011/05/22(日) 23:01:32.06 ID:eu0zkodA
>>82
僕も詳しいことは分からないのですが、原発はCO2を出さないことから、環境負荷が低いとされているようですねぇ。一応。
まぁCO2排出権のコストを考えると、結局原発が安いのかもしれませんが。

・・・原発が環境に優しい?どこがだよw
83: 名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2011/05/22(日) 18:48:27.82 ID:VxNDrxUg
GDP=国内の消費と投資の合計

これだけ。わかりやすいだろ?
88: 名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2011/05/23(月) 14:00:10.86 ID:wfH3iOdL
付加価値とか教科書的な用語は一般人じゃ通じないし、実際定義があいまいだし、

>>83 はよかったけど、輸出入が抜けてる。結局↓がいちばんいい。

GDP=産出額(売買、貿易、輸出入、製造など測定可能な値の総額)
要はその地域の経済規模、活発度を図る数字である。以上
87: 名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2011/05/23(月) 13:12:38.91 ID:QveV5biA
一国の年間の付加価値の総和
付加価値とは、経済活動で創出された価値の事


これでいいべ

ハイ、管理人が子供の時は「GNP」ってよく言ったものですが、これは冒頭に書いた理由でだんだん使われなくなり、今では「GDP(国内総生産)」という指標をよく耳にするようになりました。
でも「GNPってなんだ?」という根本的な疑問スレ。
なんかWikipediaの説明見ても、スレを見ても、わかったようなわからんような…。
要するに経済学を勉強したひとでも、なにやら意見がバラバラな、よくわかんない指標ということでいいんだろうか。ウーム。

それにしても、GDPの算出方法というのが、国によって違うとか公表されてないとか、そういうの初めて知りました。
てことは、みんな「オレオレ基準」でもって、世界第2位とかなんとか言ってるんでしょうか。失業率なんかも算出方法が国によって違うとも言われていますし、このあたりの理屈はイマイチわからんすね。
まぁもっとも専門的な概念を、専門用語を使わずにわかりやすく説明するってのは案外難しいものですが。

スレの途中、落語の「花見酒」の例で、これはGDPとして算出されるのか否かということが出てて、ちょっとおもしろかったです。
こないだ桂米朝師匠も亡くなってしまい、巨星墜つ、という感じでだいぶんショックを受けた管理人ですが、ついでに米朝師匠の落語も貼っておこう…。
落語 はてなの茶碗 桂米朝さん
「言わば茶金という名前を買うていただいたようなもん。…茶金、あきんど冥利につきます。あんたに損をさしてはわしの気がすまん。この茶碗、わたしが買わしていただきます」
「えッ!?千両で?」
「井戸の茶碗」と似てるけど、冷静だが「粋」のわかる京の気風と、短絡的でお調子者だが人情味あふれる大阪の気風がハッキリ別れて、おもしろいプロット。
このひとの芸も上品でのんびりしてて良かったですね。子供の小米朝師匠(ルックスもイケメンだ)が何年か前に「桂米團治」を襲名したけど、後継者と呼ぶにはまだまだ小粒でしょうか。惜しい方を亡くしました…。合掌。
GDPとは何か―経済統計の見方・考え方
武野 秀樹
中央経済社
売り上げランキング: 563,334


元スレ:http://yomogi.2ch.net/test/read.cgi/economics/1294156036/

人気サイト様 最新記事

博士ちゃんねる ヘッドライン

    • ※1 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2015.3.23 22:24
    価値観の古い前時代の遺物で、惰性によって使われ続けられてる感じはするよね。
    (中国みたいに、使われない建造物を作り続けることでGDPが増えるあたりとか。)
    経済政策の判断基準となり、資本主義が機能する新しい指標が欲しいところ。

    1億円の商品1回の売買より、千人が別々に千円の売買を1回ずつした方が景気はよくなる。
    富裕層との格差が問題じゃなく、富裕層が金を死蔵したり狭い範囲でしか売買しないのが
    いけない。
    (カウンターの100ユーロってコピペを思い出したけど、ちょっと観点は違うか?
    税という形で一旦富裕層から徴収して広く回し、好景気という形で富裕層へ還元できる
    のが理想。)
    • ※2 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2015.3.23 22:43
    >自由化は競争論理を進め、「良い物を安く提供する」者が勝ちます。
    株屋の直感で言わせてもらえるなら、これは間違ってる
    競争が始まったらその業界はおしまい、この界隈の人間はこういう現象をコモディティー化と読んでいる
    くそったれは話だけど、競争力とは独占力に他ならないよ
    • ※3 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2015.3.24 6:05
    経済指標ってこんな感じなのか・・・人によって良くも悪くも解釈できそう?
      • ※4 : ドクター・ノオ・ネーム
      • 2015.3.24 16:49
      この手の統計は簿記の本支店会計を国家レベルで適用してみたという感じだね
      日商簿記検定の二級程度を取ってから、マクロ経済学とか勉強すると、やりたいことはだいたい見えてくる
      問題は価値の基準となる通貨が怪しいので、実態とは無関係な感じになりますが・・・
      企業も国も、会計そのものよりも経営者や為政者がどうしたいかという方が大事
      現在の経済学で主流な、マネーサプライ増やせとかいう話は、多分失敗すると予想
      日本はこれから韓国経済のような状況に陥るんじゃないかな、多分
  1. >資本主義が機能する新しい指標が欲しいところ

    まぁこういった指標って、案外客観的なものって難しいのかなぁーと思います。
    ----------------------
    >競争力とは独占力に他ならないよ

    いやはや、おっしゃるとおり。安売り合戦が始まるとみんな共倒れってパターン多いですもんね。
    ----------------------
    >人によって良くも悪くも解釈できそう?

    管理人も素人目にはそんなふうに見えます…
    ----------------------
    >日本はこれから韓国経済のような状況に陥るんじゃないかな

    オウフ!
    規模は違うけど、似たような構造なんでしょうか。あちらも日本以上の少子高齢化だし。
  1. トラックバックはまだありません。


コメ欄での議論はおおいにけっこうですが、当サイトではドクター同士の罵り合いは禁止となっております。反論する際には、相手の意見・人格を尊重し、どうぞ冷静に。
*