人気サイト様 最新記事

博士ちゃんねる ヘッドライン

レスの強調ウゼェー!というドクターへ

レス内の強調表示をOFFにする コチラをクリックして切り替えてください。設定は30日間Cookieに保存されます。
現在のステータス:強調有効

【地底】地球空洞説を真剣に語るスレ【探検?】 @ [宇宙板]


【地底】地球空洞説を真剣に語るスレ【探検?】 @ [宇宙板]
1: 名無しさん@お腹いっぱい。 2013/04/12 10:28:49 ID:iCagXIO4
みなさんは地球空洞説というのをご存じだろうか??

地球空洞説とは我々の住むこの地球は、中身の詰まった球体ではなく、
ゴムボールのように中空であるという考え方。
これは地球だけではなくある程度の質量を持つ惑星には全てに当てはまる新たな学術らしい。

今まで色々な文献や証拠がだされてきたが、
先日発行された
「新しい宇宙時代の幕開け ジョン・B・リース著」という本に
非常に信憑性の高いことが掲載されている。

地球空洞説は、権力者の間では、
既に周知の事実であり
知らされていないのは我々一般大衆だけとのことだ。
地球空洞説 (Wikipedia) 地球空洞説 地球空洞説(ちきゅうくうどうせつ、hollow Earth theory)とは、我々の住むこの地球は、中身の詰まった球体ではなく、ゴムボールのように中空であったり、別世界へ繋がっているという考え方。東西問わず宗教や創世記で言及されるなど、古くから概念として存在する。「アガルタ世界」や小説「地底旅行」(後述)が有名である。 20世紀の大航海時代と科学の発展により根拠を失い衰退したが、自然科学、地球科学だけでなくSFや冒険小説の世界では一時期、非常にポピュラーな舞台設定として独自の位置を築いていた。 測地学の分野では長期間に渡って議論されたが、科学者たちは一様にこれを疑似科学であるとして、退けた。これには球殻の内側の凹面は人間などの居住が可能だというアイデアを含んでいる。 アイザック・ニュートンの万有引力の法則に従えば、球状に対称な凹面の殻内部では、殻の厚さに関わり無く、全ての地点で無重力となってしまうことが解っている(地球の自転から生じる遠心力は“外”方向へ人を引きつけるが、回転半径が最も大きい赤道地域でさえ、この力は通常の地球の重力の0.3%にすぎない)。従って、空洞内の地表に人や建物が存在するような世界は物理的にあり得ず、地球空洞説は成り立たない。
管理人より:強調は管理人による…ってェ!もう結論出ちゃったワケですが、宇宙板での議論は続く…。
2: 名無しさん@お腹いっぱい。 2013/04/12 12:54:56 ID:Av1Zzp4Y
どこが新たやねん
3: 名無しさん@お腹いっぱい。 2013/04/12 17:24:59 ID:RauNy17O
オカルト系の板でやればいいのに
4: 名無しさん@お腹いっぱい。 2013/04/13 01:10:54 ID:ZrO9Wvwx
極地(特に北極)の衛星写真が1枚も出てこないことだけは認めよう。
9: 名無しさん@お腹いっぱい。 2013/04/14 09:11:36 ID:wfPXSLAJ
その穴に落っこちたら地球の裏側まで行っちゃうのか?
それとも引力が引っ張り合ってる全方位の中間点である中心で浮いた状態で止まるのか??
10: 名無しさん@お腹いっぱい。 2013/04/14 10:54:09 ID:m4u+lHNm
地殻の中心が重力の中心らしい。
即ち地球の中心は無重力。

凹地球に住む人々は地球の外側に向かって重力を得てるんだろうね。

確かに万有引力の法則でいけばそうなる。
20: 名無しさん@お腹いっぱい。 2013/04/27 04:50:38 ID:6uJ6LvkK
>>10
999の中でそんな星あったな
星の内側の地上から反対側の地上までジャンプして中空を泳いで行ける様な
31: 名無しさん@お腹いっぱい。 2013/05/23 02:27:57 ID:AwQCzbnp
>>10
地球が球殻だとしたら内部はどこも無重力状態ですがな。
34: 名無しさん@お腹いっぱい。 2013/05/25 07:16:30 ID:r8ZI18Ww
地球内部が空洞だと説明できないこと。

・地球の”重さ”
 内部が空洞だったとすると、地球のサイズで現在観測できる重さにするのに、
 かなり高密度な物質が必要になる。


・地震波の問題
 地球内部が空洞だとすると、地球の裏側からくる地震の揺れを
 説明できない。
35: 名無しさん@お腹いっぱい。 2013/05/25 11:10:34 ID:kcdqWwu9
>>31 >>34 アホw
そんなの既に論破されている。自分で調べろ。
37: 34 2013/05/25 18:42:52 ID:r8ZI18Ww
>>35
へぇ~、例えばどんな?
参考になりそうなURL、教えて欲しいな。

>>31
仮に地球が空洞だった場合、その空洞の中心だけは
確かに無重力になるようです。
(ただし、私は地球空洞説を支持していない)
地球内に空洞があるとした場合、周囲にある地殻が持つ引力が
ちょうど中心点で釣り合うため、無重力になるようです。

ただ、地球空洞説を紐解くと、中心に”太陽”がある
主張する説が複数あるんですよね・・・
13: 名無しさん@お腹いっぱい。 2013/04/17 16:57:39 ID:cCXD/4r1
誰か北極点の写真だせや!
15: 名無しさん@お腹いっぱい。 2013/04/20 08:21:31 ID:b+jxGVUN
北極点の写真がどこにも見当たらない(笑)
22: 名無しさん@お腹いっぱい。 2013/05/17 08:36:41 ID:qPug0cqc
いま明かされるUFO・宇宙人・地球空洞説のすべて 新しい宇宙時代の幕開け1 ヒトラーの第三帝国は地球内部に完成していた!(超☆はらはら) [単行本(ソフトカバー)]
ジョン・B・リース (著), ケイ・ミズモリ (翻訳)

で検索。
管理人より:なにこれ、超面白そう。
29: 名無しさん@お腹いっぱい。 2013/05/22 13:44:24 ID:fI9DpHx4
今は亡き大陸書房からそういう本出てたな.懐かしいのお
30: 名無しさん@お腹いっぱい。 2013/05/22 22:22:39 ID:10ftCV3L
北極点の写真がないのは事実。

海底だからとかそういうレスしないでねw
36: 名無しさん@お腹いっぱい。 2013/05/25 12:56:28 ID:QNOVreKJ
>>33
そりゃツッコミどころが多すぎる珍説だからな。過疎るのは無理ない。
地球空洞説が肯定される証拠は皆無だけど、否定される証拠(っていうか地球は中心まで
詰まってる証拠)は山ほど出てる。

地球空洞説がどんな説か知りたいならネットで検索すればいくらでも解説は読めるし、この
説をネタにいろいろ話をしたいなら、オカルト板とかにいった方がいい。



>>30>>32

君らは「画像がない」と書き込む前に、googleで「北極点」とか「北極」で画像検索してみなさい。
いくらでも画像は出てくる。
2ちゃんねるに書き込みするより簡単な手間で発見できる。
とりあえず北極点の画像
40: 名無しさん@お腹いっぱい。 2013/05/25 20:31:52 ID:r8ZI18Ww
ESSA-3
YfUDh9rb

ESSA-7
PrQBvhLB

探すと、意外と見つかるもんだね。
42: 名無しさん@お腹いっぱい。 2013/05/27 06:56:43 ID:N3Vcg5yA
>>36
その写真が本当の北極点だという証拠はどこにもない。
やはり客観的に宇宙空間から北極点を望む写真がいい。

加工は論外。

>>40
地球も自転、公転をし
写真を撮影しているはずの衛星も公転しているはずなのに、
暗部とされるその合成写真の極部はなんで綺麗な円を描いているんだ?
地軸も傾いてるんだぜ?

不可能だと思うが極への静止衛星を
軌道に乗せてたとしてもその写真は不自然だな。
43: 39=40 2013/05/27 18:40:26 ID:P56cWXoO
>>42
この画像が撮影されたのは、極地が夜になる時期だ。

そして>>40の画像は、極地が夜になる時期に撮影されたものだ。
その時期に撮影された画像を集めて、夜になる部分を消して
合成されたのが>>40の画像だ。

極圏に太陽が当たらない時期の画像を合成したものだから、曲圏より内側が
日の当たらない状態になり、ESSAのカメラには写らなかったんだよ。
44: 名無しさん@お腹いっぱい。 2013/05/27 21:51:24 ID:N3Vcg5yA
>>43
だから言ってるのさ。
太陽の当たらない場所が極点を中心に綺麗に円形になるわけないでしょと言いたいわけ。
46: 名無しさん@お腹いっぱい。 2013/05/28 18:04:50 ID:c0wOCW7z
>>44
とりあえず、極圏で冬場に太陽が当たらない地域は、
極点を中心に円形に存在するよね。

ミッドウィンターの時期に、太陽が地平線上に昇らない時期が
存在する地域を”極圏(北なら北極圏、南なら南極圏だ)”と言うわけだし。

ESSAの画像の場合、冬季の極地を撮影した画像を
多数合成したのが、>>40なんだと思う。
実際ESSAの極軌道では、地球全体に影ができない(極地域の影は無視します)画像は
撮影できないんだし。

ESSAの>>40画像は、中央が北極点で周囲が赤道だからね、念のため。
47: 名無しさん@お腹いっぱい。 2013/05/28 20:24:52 ID:b/0cYUwf
>>46
瞬間的には極点から中心に円形の影ができる日はあると思う。
でも例え極軌道と言えども合成ってことは一瞬(1回)の撮影ではなく
何回も極の上空を通過したときに撮影してるってことでしょ?
それでその円形は不自然かなと...
昼夜の境目もおかしいしその写真が少なくても2枚以上あるってことは
相当の時間をかけてそのタイミングを計らないと難しい。


なぜそこまでするのか疑問に思う。
48: 名無しさん@お腹いっぱい。 2013/05/28 22:12:52 ID:5/HbXVhf
>>47
逆に、あなたはあの黒い部分はなんだと思ってるの?
49: 名無しさん@お腹いっぱい。 2013/05/28 22:41:14 ID:b/0cYUwf
>>48
影だと思ってるよw
ただ腑に落ちない感はある。
なにせ北極点を宇宙空間から写した衛星写真(google earth等含め)が1枚も出てこないのはおかしいぞっと心の奥で疑い始めてる。
53: 名無しさん@お腹いっぱい。 2013/05/29 17:08:31 ID:9TIppaGp
>>49
北極点は、氷の上だから・・・
「ここっ!」
といってもすぐに移動しちまう・・・
とりあえず、北極点付近の写真だ。
実際は、50キロほど離れてたみたいだけど


今はやってるのかな?
ロシアの原子力砕氷船で、北極点を尋ねるツアーは。
以前見た映像では、たしかLORANの表示で北緯89.9度(機械の関係で、90度は表示できない)って
のを見たけど。


南極点付近の写真なら、有名な奴があるけどね。

とか

とか・・・

まぁ、
「ここが南極(北極)点付近だという証拠がない(キリッ!」
と言って、逃げちゃうんだろうけどさ。
55: 名無しさん@お腹いっぱい。 2013/05/30 12:39:19 ID:32mdKZ10
>>53
89.9度までしか表示できないっていうの聞いて
益々疑問に思うようになったわ。

両極に穴があるから完全な円の頂点には行けず
90.0度が存在しない(というより物理的には空中)なんじゃないの?
57: 名無しさん@お腹いっぱい。 2013/05/30 18:05:02 ID:hV7zHwww
>>55
>89.9度までしか表示できないっていうの聞いて

地球の円周から導き出される0.1度というと、約10キロか。
>>40の画像だと、とても約10キロで済むサイズじゃないんですけどね・・・



>>56
>月も火星も木星も極の鮮明な衛星写真があるのに

木星の極の画像なんてあったっけ?
32: 名無しさん@お腹いっぱい。 2013/05/25 00:56:50 ID:vjztl0YH
元々はチャーチワードの体験談からだっけ?
確か大陸書房のその本には南極か北極かどっちか忘れたけど,極にでっかい穴が開いてる
衛星写真とやらが掲載されてたな.
いつでも買えると思って捨てるんじゃなかったなあ.
ネットのどっかに無い?
39: 名無しさん@お腹いっぱい。 2013/05/25 20:16:22 ID:r8ZI18Ww
>>32
>極にでっかい穴が開いてる衛星写真とやらが~

あれは、極域の写真を切り貼りした物だよ。
夜の部分だけ撮影されてないんで、穴が開いた様に
黒く見えてるだけ。
ジェームズ・チャーチワード (Wikipedia) ジェームズ・チャーチワード ジェームズ・チャーチワード(英: James Churchward、1851年2月27日 - 1936年1月4日)は、アメリカ合衆国在住のイギリス人でムー大陸についての著作を書いた作家である。
父ウィリアム・チャーチワードが1890年に『ブルックリン・タイムズ』土曜版に沈んだ大陸についての投稿をしたとされ、ジェームズは父の遺志を継いだという。また。1931年4月20日アメリカ心霊現象研究協会(ASPR)で講演会を行なうなど心霊団体にも関わっていた。講演録は、ハンス・ステファン・サンテッスン『ムー大陸の理解』(1970年)に収録されている。1936年1月4日、84歳のときロサンゼルスで講演中に倒れ死亡。墓はニューヨーク郊外にありムー帝国の紋章が刻まれている。
33: 名無しさん@お腹いっぱい。 2013/05/25 06:11:48 ID:njhUVQs8
昨日ROSWELLって映画観て、登場人物(実在)について記載してるブログの他の記事に地球空洞説があった
そんなもの初めて知ってワクテカしながらここ探したのに…過疎ってる°・(ノД`)・°・
管理人より:輸入版しかなかったけど、日本語タイトルも同じ「ロズウェル」。TVドラマの前にこういう映画もあったんですよ。
51: 名無しさん@お腹いっぱい。 2013/05/29 15:18:35 ID:vlaOStoo
管理人より:この動画は以前見たけどなかなかよく出来ていますよ。
99: 名無しさん@お腹いっぱい。 2013/06/13 21:57:01 ID:t59+1EsF
地震波を伝えるモデルは>>51がおおよそ正しい。
今までの古い学説は平面の図で地震波が地球内部を弧を描きながら伝わり途中核の部分で屈折するもの。

普通に考えるとこの古い説のほうがツッコミどころが多い気がする...

>>51不要意な弧を描く伝わり方や内部での屈折を既に映像で論破している。
105: 名無しさん@お腹いっぱい。 2013/06/17 02:27:44 ID:nIaMisdr
>>51
すげえダイソン球だな
これを造った知的生命体が残した遺跡の表面に俺たちは住み着いてるのか?
かっけー!
121: 名無しさん@お腹いっぱい。 2013/06/22 07:30:39 ID:Ffp32BsN
>>51の地球空洞モデルだと、中央に”太陽”があるように見えるんだが・・・

この”太陽”は、どのようなエネルギーで輝いてるんだろうか?
52: 名無しさん@お腹いっぱい。 2013/05/29 15:41:45 ID:vlaOStoo
管理人より:ハイ。「シャンバラ(Shambala)」というキーワードは、オカルトに興味ない方にはとんと分からないキーワードだと思うので解説します。
「アガルタ」という架空の地下王国の首都と言われており、日本語で言うところの「桃源郷」にあたるような感じです。「シャングリラ」とも言われます。
元はタントラという密教の経典に描かれているとかなんとか。
オカルト的には「ヨガ」もこのシャンバラに至るためのある種の儀式なんだそうです。
そうしたことから、地球空洞説と強く結びついた感がありますね。
54: 名無しさん@お腹いっぱい。 2013/05/30 09:57:14 ID:IixqLCbV
極に空洞はあるだろ、普通に
space shuttle STS-80-USA ( NASA,1996)の映像



Filmed Hollow Earth

58: 名無しさん@お腹いっぱい。 2013/05/31 14:21:43 ID:GKcywJ5q
センターオブジアースですね わかります
センター・オブ・ジ・アース [DVD]
ジェネオン エンタテインメント (2009-03-25)
売り上げランキング: 48,694
68: 名無しさん@お腹いっぱい。 2013/06/03 18:11:44 ID:xvvNwWEX
地球の中が空洞だとしたら、地球の比重約5.4をどう説明する。
70: 名無しさん@お腹いっぱい。 2013/06/03 21:33:08 ID:VN4ewF7t
>>68
その数字正しいのか?
固定概念に洗脳されてない?
72: 68 2013/06/04 18:09:58 ID:MeSMrb2o
>>70
そりゃ難しい質問だな。

少なくとも現時点において、地球の比重が約5.4だという事に
異論を唱える科学者がいない。


もしも暇だったら、>>70が地球の比重を測ってみたら?
まず、地球のサイズを測って(地球は楕円球だから3方向で)、それから
地球の重さを測って(キャベンディッシュみたいにしてもいいし、ケプラー方程式使ってもいいし・・・)、
それから地球の比重が得られるだろ?
106: 名無しさん@お腹いっぱい。 2013/06/19 22:39:37 ID:NYjwMlzm
否定的な人はなぜ北極点の写真が流出しないのか答えて見せて
108: 名無しさん@お腹いっぱい。 2013/06/20 16:52:18 ID:SwHm7ebn
たしかに、地球空洞説を盲信してる人の、必死な言い訳は
見てて楽しいな。


>>106
質問を質問で返すようで悪いが、例えば”ノルゲ号”のクルーは
北極点上空を通過したが、その様な(>>40の画像)を見たと
いう記録がないのは何故?

天測で位置を確認して、国旗まで落としてきたんですぜ?
ノルゲ号の場合は。
109: 名無しさん@お腹いっぱい。 2013/06/20 17:29:28 ID:dy/Qy2cu
1926年の話を持ち出しても誰も証明できないし
現在その落とした国旗が極点にあるのだったら土下座してやる。


俺もその北極点の俯瞰写真を見てみないことには
>>108の言ってることのほうが苦しいと思う。

科学誌史を観ると、科学の「常識」が覆るのは事実。
「教科書」を疑うことは残酷だけど時には勇気を持って対峙するべきだと思う。
110: 名無しさん@お腹いっぱい。 2013/06/20 18:06:33 ID:SwHm7ebn
>>109
>科学誌史を観ると、科学の「常識」が覆るのは事実。

その事については否定しないよ。
しかし科学の常識を覆すには、覆す方が
その証拠を出す必要があるんだよね。


「北極点付近の俯瞰写真がないのは何故?」
とか言ってるだけじゃ、科学の常識は覆らないよ。
111: 名無しさん@お腹いっぱい。 2013/06/20 18:22:21 ID:dy/Qy2cu
>>110
まあその意見は俺だけじゃないので代弁という形になるかも知れないが、
疑問を持つことは大事だよ。しかもここは単なる末端掲示板だろ?
お前は知識はあっても人間としての器は小さい。ここは覆す場じゃなくていい。

むしろその豊富な知識で
「北極点付近の俯瞰写真がないのは何故?」か教えてくれ。
誰々がそこに行ったではなく、なぜ北極点付近の俯瞰写真がないか?だ!


だから俺はお前の方が苦しいなと言っただけ。
113: 110 2013/06/20 18:40:27 ID:SwHm7ebn
>>111
>誰々がそこに行ったではなく、なぜ北極点付近の俯瞰写真がないか?だ!

・地球の北極点付近は、コレといって面白い地形があるわけでもないので
 誰も撮影しない。
・撮影されてはいるが、ネット上にUPされてない。
・撮影はされてるし、ネット上にUPされているが、誰もそれに気がつかない。

・地球空洞説厨が、それを北極点付近の写真だとは認めない。

ま、こんな所でしょう。

>>112
>なぜこの地球空洞説!?というのが世界中で囁かれはじめてるのか?

地球空洞説自体、昔からある説なんだけどね。
ただ、それを肯定する証拠がない。
112: 名無しさん@お腹いっぱい。 2013/06/20 18:32:04 ID:dy/Qy2cu
またもう一つ>>110に聞いてみたい。

なぜこの地球空洞説!?というのが世界中で囁かれはじめてるのか?

Youtubeにも世界中からかなりの動画が上がっている。
そこには何を意図しているのか?

俺は100%地球空洞説!?というのを信じている訳ではないが、
これだけ騒がれている理由、また真実を知りたい。
115: 名無しさん@お腹いっぱい。 2013/06/21 01:26:59 ID:VD+3UvcP
>>112
面白いからに決まってる
地球内面説には負けるが
59: 名無しさん@お腹いっぱい。 2013/05/31 21:51:59 ID:vkNJK2yY
極点付近に、自分で行って確認してくる地球空洞説主張者は居ないのかな?

しかるべき場所へ金を払えば、お膳立てだけはしてくれるそうだが。
60: 名無しさん@お腹いっぱい。 2013/05/31 23:13:17 ID:G+1HWOf4
確認したら空洞論者で無くなる
61: 名無しさん@お腹いっぱい。 2013/06/01 14:15:07 ID:XHnZz6GF
きっと国連軍でも駐留させてるだろうから個人が言ったら消されるだろ。
63: 名無しさん@お腹いっぱい。 2013/06/01 19:17:15 ID:Bj9Mdtgh
>>61
南極点にある”アムンゼン・スコット基地”の管理を米軍がやってるのはそのため、って?
65: 名無しさん@お腹いっぱい。 2013/06/01 22:48:12 ID:k4LLavii
仮に本当だとして、
内部の人類?と仲良くできるのだろうか…。

結局戦争とかになったら…というところを心配してしまう。
ちなみに俺は根拠も知らずに「地球空洞説」を信じてる。
66: 名無しさん@お腹いっぱい。 2013/06/01 23:13:52 ID:8hMXytUl
>>65
>ちなみに俺は根拠も知らずに「地球空洞説」を信じてる。

そういううっかりさんはオカルト板へ行ってください

まとめててなかなか面白かったです。
管理人は子供の時ジュール・ベルヌの「地底旅行」を読んでワクワクしたクチですので、こういう話題は大好きです。
地球空洞説なんて夢があっていいですが、賛成派の論拠があまりに薄弱で心配。もうちょっと学問板らしい議論を展開して欲しいところ。
地球空洞説では、自殺したと思われているヒトラーがじつは生きていて、地底帝国でナチスの超科学による軍備を整えながら、地球征服の機会を虎視眈々と狙っている…というものまであります。たまりませんね、コレは。
地底旅行 (岩波文庫)
地底旅行 (岩波文庫)
posted with amazlet at 13.12.06
ジュール・ヴェルヌ
岩波書店
売り上げランキング: 136,247


元スレ:http://uni.2ch.net/test/read.cgi/galileo/1365730129/

人気サイト様 最新記事

博士ちゃんねる ヘッドライン

    • ※1 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2013.12.6 18:58
    毎度のことながらオカ系の人はマジキチが多いな
  1. トラックバックはまだありません。


コメ欄での議論はおおいにけっこうですが、当サイトではドクター同士の罵り合いは禁止となっております。反論する際には、相手の意見・人格を尊重し、どうぞ冷静に。
*