人気サイト様 最新記事

博士ちゃんねる ヘッドライン

レスの強調ウゼェー!というドクターへ

レス内の強調表示をOFFにする コチラをクリックして切り替えてください。設定は30日間Cookieに保存されます。
現在のステータス:強調有効

日本のルーツについて語りましょう @ [考古学板]


日本のルーツについて語りましょう @ [考古学板]
1: 出土地不明 ID:J41LMAIA
日本人はどこから来たのでしょうか?
日本の成立に関する、「古事記」、「日本書紀」の記述は歴史的事実に基づいたものなのでしょうか?
その当時の近隣諸国の状況はどうだったのでしょうか?
日本人としてとても気になります。教えてください。
4: ササキ ID:ksNsM6M2
>>1
いろんなとこから来た。
5: 出土地不明 ID:JRdEirpQ
>>4
あたり。東の端っこで、先史民族の吹き溜まり。

ミトコンドリアDNAの系統
アイちゃん、ユミちゃん、サッちゃん、チエちゃんの系統が多い
#ハプロタイプA,Y,S,C など。

Y染色体の系統は、ほぼ、タングラ君の系統
6: 出土地不明 ID:qA/xnm4r
>>5です。ついでに、
ミトコンドリアDNAの系統で、アイちゃんの系統、サッちゃん、チエちゃんの系統は、ともにアメリカ大陸にもいっているから、アメリカ原住民と同系統。
ま、縄文系だね。

ユミちゃんは、朝鮮半島系だから、弥生系だろう。
もちろん、他の系統で、イナちゃんとか、エミコちゃんとか、ネネちゃんなども、いるが、これらは中国の広い範囲で、イナちゃんはアメリカにも行っている。で、これは、弥生系だろう。
7: 出土地不明 ID:mQs/+Slc
>朝鮮半島系だから、弥生系だろう
弥生系は朝鮮半島系じゃなくてモンゴル東部系だろが。
朝鮮は通過しただけ。
管理人より:「ミトコンドリアDNA」は細胞内のミトコンドリアにある遺伝子。ミトコンドリアDNAは母系によって受け継がれていくため、辿って行くと、アフリカのいち女性に行くつく云々を「ミトコンドリア・イブ」とか言いますネ。
8: 鷂@携帯 ID:XQ790S7d
紀記の内容は日本史板、日本人の成り立ちは人類学板が妥当なんですが。
人類学板が泥仕合になってることでもわかるように、諸説紛々なのです。
11: 出土地不明 ID:s77mmIN3
南太平洋がルーツなので、倭牛も黒いのは、日焼けで黒牛、白赤牛は大陸系の牛です、
12: 出土地不明 ID:q5ZdrEqF
>>1
いつからが日本人なの?
そこを決めてくれないとルーツをさかのぼれないじゃん?
14: 出土地不明 ID:xjmHobBo
>>12
異論もあるとおもいますが、日本=天皇家としたいと思います。
大和朝廷や天皇制が成立した頃に、どんな人達が大和朝廷を形成し、だれが(神話でない)初代の天皇となったのでしょうか?

>> "日本が「日本」と名乗り出した時" とはいつになるのでしょう?
15: 出土地不明 ID:c4fWpzSF
>>12
誰がを特定するなんて文字資料が出土しない限りはムリじゃないか?
天皇家をやるなら天皇陵スレがあるじゃないか。
16:   ID:jhqmdugf
日本語を話すのが日本人ってのはどう?
では日本語の成立はいつか? どこから日本語と認めるか?

結局わからん。
18: 出土地不明 ID:VymFXfiX
>>16
明治時代になってからだろ
17: 出土地不明 ID:gK5g1zkk
デーブスペ区ターも日本語話すから日本人か・・・・
19: 出土地不明 ID:pNvu6sZl
おいおい
何だかんだ言いつつ、高校生以上は万葉集読めるっしょ
20: 出土地不明 ID:oVJLCgEJ
本居宣長本居宣長を知らない?江戸時代の人だけど。
同時代人が万葉集を読めるようになったのもそれからですぞ。
管理人より:本居宣長は昔のお医者さんですが、その傍らで古事記や万葉集の研究などもやっていて、国学の大家でもあるエライ先生。
21: 出土地不明 ID:I8vvNo7C
民族って合理的で整合性のある定義づけができないのだから、日本のルーツって考えるだけ無駄だと思うぞ。
そもそも現代と同じような日本(日本人)という考え方自体が明治以降に定着したのだから、弥生や縄文にさかのぼって日本人って変だろう。

このスレは1がいかに近代国家の思想に絡め取られているか晒すもの、と考えれば意味もあろうが、実りのある結論は出ないのは明白。
27: 出土地不明 ID:kZb4NZCJ
>>21
何故、そこまであなたが頑ななのか、理解しかねるんだが...
言葉以前に文化も民族意識(?)もあると思うけど。
33: 出土地不明 ID:sBJCnI/B
>>21
「国家」とか「民族」が明治以降に輸入された概念だとしても、明治政府について京の都の朝廷との連続性を国民も明治政府も疑ってはいないし、京の都の朝廷も、奈良の朝廷の、奈良は飛鳥や難波のそれぞれ前身の朝廷との連続性を疑ってはいない。
人間にしてもそうだ。明治で人が入れ替わったか?その前にもどうか?
政体と人間、人間と人間、人間と土地、全てに一体とした連続性を持っていると認識している。
概念なんてなくても、連続している限りは、ルーツを求めることができるだろ。

政体については、古墳時代、倭五王あたりから連続している。
人については、弥生時代以降の連続性は疑いようは無いし、縄文時代と弥生時代の連続の痕跡も見られるじゃんよ。
23: 出土地不明 ID:c91gUk3x
日本文化のルーツを考古学的に探るスレにする?
25: 21 ID:I8vvNo7C
>>23
あのね、文化も明治以降に近代国家成立と共に輸入された言葉で、細かいことは端折るけれども、文化というのも曖昧で民族同様に有効な定義づけが困難な言葉なのです。
「日本文化のルーツ」でも実りある結論は出ないでしょう。

それよりもまず考古学における「民族」や「文化」という言葉の使われ方を検討した方がいいと思いますよ。
24: 出土地不明 ID:kZb4NZCJ
終了するのはもったいないなぁ。
人類学板覗いたけど、酷いな。あそこは。
>民族って合理的で整合性のある定義づけができないのだから、日本のルーツって
>考えるだけ無駄だと思うぞ。
なんで?

>そもそも現代と同じような日本(日本人)という考え方自体が明治以降に定着したのだから
>弥生や縄文にさかのぼって日本人って変だろう。
なんで?

>意味もあろうが、実りのある結論は出ないのは明白。
なんで?
26: 21 ID:I8vvNo7C
>>24
西川長夫氏の著書を読んだことありますか?
氏の考え方が全てだとは考えないけれど、一読をすすめます。
29: 出土地不明 ID:kmHZSvcA
ちょっと話の流れからはずれちゃうけど、

半島北部の騎馬民族が南下してきて、日本に来て大和朝廷の立てたって話どうなの?
32: 出土地不明 ID:e79KMcn9
>>29
半島北部というよりモンゴル東部だろ。

弥生人の末裔、西日本人のHLAは朝鮮人や中国人とは遠いがモンゴル人とは近い。
管理人より:このへんからちょっと難しくなってきます。
「HLA」というのは「ヒト白血球型抗原(Human Leukocyte Antigen)」の略。A-B-AB-O型の例のやつは赤血球の型なのですが、こちらは白血球の型で数千万通りあるとか。
35: 出土地不明 ID:iWvyXL/j
日本って漢字が伝来する前(聖徳太子以前)はどんな文字を使ってたの?
その文字は今は継承されてないの?
36: 出土地不明 ID:ixKgAi4Y
>>35
卑弥呼がちゃんと魏に手紙を出しているだろうが。
さらに、漢倭奴国王も金印をもらっておろう。

大阪あたりからも、新、後漢の貨泉がざくざく出る。
漢字伝来なんていうのは伝説。
日本人も交易をする必要のある人間なんざ、ずーーーーーーーーーーーーっと昔から漢字を使っていたのだ。
戦国時代の刀銭も出ているし、殷代から日本と中国の交易があったことは間違いないのだ。


で、あやしい、「ホツマツタエ」だのなんだのという神代文字はほとんどは鎌倉時代ごろのでっち上げだ。
ホツマツタヱ
管理人より:「ホツマツタヱ」はいわゆる「神代文字」のひとつ。
ヲシテ(日本固有文字、従来には神代文字のひとつとされる)を使い五七調の長歌体で記され、全40アヤ(章)、10700行余、で構成された日本の古文書。
江戸時代に国学が盛んになってから、漢字以前に使われていた文字があるはずだ…というわけで、こういう神代文字の創作が流行ったことがあり、その流れという説が有力のようですが、古事記や日本書紀以前の歴史的記述だ!という説もあります。
画像はこちらより拝借しました。→ヲシテ文献(ホツマ)の世界へようこそ
38: 出土地不明 ID:14tux01G
◎HLAから見た日本人のルーツ

HLAハプロタイプと日本人の民族移動
40: 出土地不明 ID:t612vcdv
HLAから見れば、遺伝因子の明確なルーツが特定できないmtDNAは、所詮精度の低いB級材料に過ぎない。
41: 出土地不明 ID:2GA6UWId
>>40
あっちこっちで、反論しているが、ミトコンドリアDNAでは、ルーツは完璧にわかるのだよ。
SNPs比率なんてものじゃなくて系統で樹形図がかけるからね。

ただし、どの民族も、単体のミトコンドリアDNAでできているわけではないってことだ。
だから、各人一人一人のルーツは、ミトコンドリアDNAで完璧にわかるが、集団としての民族の系統は「いろいろ混血してますね」ってことになるわけだ。
そこんところまるっきり理解していないようだな。ちゃんと遺伝学勉強しろよ。
42: 出土地不明 ID:o0g1/Z5Y
mtDNAは弥生人のルーツを正確に見抜けなかった。
見抜いたのはHLAだけ。

それが全て。
46: 出土地不明 ID:AxUDymhB
42-25
いい加減にしろ。
いいか、mtDNAは一人一人の系統を明確に明らかにするものだ。
民族とか、地域集団は、どれもいろいろな人々から混成されているから、一人一人の系統が明らかになっても、民族や地域集団の系統が明らかになるとは限らない。


ほかの遺伝子マーカーは、一人一人の系統を明らかにするものではない。
単に、集団としてとらえた場合の遺伝子マーカーの頻度から集団を特定しようというものだが、その際の遺伝子の揺れは、いろいろな環境条件で変わる。
したがって、少なくとも個人一人一人の系統を完全に明確化できるミトコンドリアDNAおよびY染色体による系統論は、個人については完全な情報を提供する。
その点で、ほかの遺伝子マーカーより、遙かに正しい系統を構築できる。


では、その観点から地域集団、人種、民族を考えると、結局、どの民族も人種も地域集団も、多数の系統の人たちから成っているということだ。
また、人種などを規定している多くの形質のうちの一つ、たとえば、肌が黒いというのも、一つの遺伝子で実現されているわけではなく、同じ黒さでも、異なる方式で実現されていることもある。
そのあたりの、基本的なことをちゃんと勉強してから、遺伝子による人種だとか民族とかの同定問題を語らないと、たんなるガキの喧嘩になる。
65: 出土地不明 ID:KIVcx9Mk
どちらにせよ、遺伝学がほとんどなにも理解されていないことが、、いや、すくなくとも2ちゃんで書き込みしている人たちの間では、ってことが、よくわかったよ。

イヴの七人の娘たち (ヴィレッジブックス N サ 1-1) アダムの呪い
mtDNA,Y染色体については、とにかく、一度は、「イブと七人の娘たち」「アダムの呪い」サイクス著、あたりを読んでみてくれ。
この著者はかなり際物だが、けっして、トンデモではない。
その上で、議論をきこうじゃないか。

遺伝子はふつう拡散する。系統がはっきりするのは、mtDNAとY染色体だ。
それ以外はたんに人の移動と混合によって拡散し、表現形に結びつくときは、自然選択をうけて、頻度が変化する。
地域、気候によって自然選択の度合いは違うので、多くの遺伝子マーカーの頻度情報からの民族移動の推定は難しい。
同じ問題も、ここ1万年ほどの人類の移動についてはmtDNAやY染色体の分子時計としての誤差の範囲に入るので、頻度情報がベースになるが、そこまでの系統はmtDNAとY染色体がもっとも確実。


ただし、このmtDNAやY染色体の実際の解析とともに、遺伝学者もこの伝搬やわかったデータの解釈に結構悩んでいる。
これがようやく合意されてきた、というのが現状だ。
最新の本などで勉強しないと間違ったことがかかれていることが多い。
管理人より:日付がちょっと出てないのでアレですが、これ2004年のスレなので、今はまた違うのかもしれません。
69: 出土地不明 ID:ShRyACpE
>>1
日本書紀は藤原氏によって書き換えられた歴史の書です。
天孫降臨神話などは、藤原不比等と持統天皇の悪行を正当化する為のお話です。
そういう、「政治的書物」なのでそのまま信用してはいけません。
86: 出土地不明 ID:2GBro+MO
そんな事より、mtDNAによる弥生人の故郷の結果を出してみw
87: 出土地不明 ID:qoDSILMm
弥生人のルーツをmtDNAで見るのは非常に難しいということで勘弁してもらおうか。
そのルーツの定義からして難しい。
まず、ルーツを考えるときに、いくつかのベースがあろう。

1)文化的なベース。
弥生人の文化は大陸のどの文化をベースにしているのか。

2)言語的なベース。
弥生人は大陸においてどういう言語を話す集団だったのか。

3)遺伝的ベース。
弥生人は、大陸のどの遺伝的地域集団をベースにしていたのか。

4)民族的ベース。
集団として日本にやってきたとき、どういう人たちによって、指導され、日本に来たのか。


で、これらは、たぶん、すべて一致しない。
特定の文化の源流が、地域Aにあって、その文化が強く伝搬したBという地域の人々が支配者となってCを征服し、そのCの地域の言語を取り入れて、そのままDの地域に移住した、ということもあるからね。

mtDNAでは、上記の3に関わることだ。
そして、Y染色体などは、たぶん、4)と深く関係する。
1)については考古学的な問題で、2)は、比較言語学なのだが、どうも、日本語のベースは、縄文時代に求めたほうがよいので、間接的な影響ということでは、日本語に、どの言語の語彙が入り込んでいるか、みたいなことを考えるべきだろう。

そして、もう一つ重大な問題は、上で述べた1)から4)までのルーツの場所について、弥生人がやってきた紀元前800年とか、600年とかそういう時代について特定できるか、と言う問題。
たとえば、最近よくある話で、弥生人の頭蓋骨の計測値が、江南の漢墓から出土した新モンゴロイド的形質の人々の計測値と非常に一致する、という話があるが、これは、漢代の江南の人たちと、弥生人が関係するということであるが、弥生人が日本に来たころに、その漢代の江南の人たちはどこにいたのか、というと、それはよくわからない。

結果としては、mtDNAで決定するとかY染色体DNAで決定するとかいうためには、まだ全く情報が不足している。
では、今後、可能性はあるか、というと、ある。
世界的規模で、とくに、アジア全体での過去3000年のいろいろな墓などからの人骨のmtDNAを求めていくことだろう。
それで、少なくとも3)については、解決できるだろう。
あと、10年くらいの間に、かなり状況は違ってくると思う。
88: 出土地不明 ID:/30fVMgq
具体的な結果で勝負できなきゃ話にならんよ。
89: 出土地不明 ID:eSQh63im
>>88
で、HLAならできるってのかい?できっこないね。
HLAのカルト(もちろん、この人たちはだれも遺伝学がわかっていないし、HLAによるルーツ探しを真剣にやっているひとたちは、自分たちの理論も適用限界もちゃんと理解している)は、たんに、トートロジーに陥っているだけだ。
123: 出土地不明 ID:A2ncvq1w
縄文人のmtDNAが韓国人には2割弱ほど検出されるが、弥生人の持ち込んだ日本人最多(8.6%)で、近畿人には特に高頻度(10%超)のHLAハプロタイプのB52-DR2(B52-DR15)の頻度が韓国人はとても低い(1.4%)のに、モンゴル人は高い(5.9%)。

つまり日本人、特に近畿人は韓国人とは遠く、モンゴル人に近い。
136: 出土地不明 ID:5yF4c0aO
朝鮮半島人が渡来したのではない。
モンゴルあたりの集団が朝鮮半島をすり抜けて九州北部に上陸後、西日本一帯に広がっていったのである。
これが渡来人であり、弥生人であり、倭人の移動の真相である。


当時の朝鮮半島の人口など、数万人も居なかったと思われ。
137: 出土地不明 ID:HUSvT/jh
江南の呉越の民が、半島ルートと、海ルートの二つのルートで九州その他の日本の各地に移動し、土着したものと推定する。
倭人は越人なり、という中国の文献からも、百越のひとつとして当時の中国では考えられていた。
いまでもその名残が越前や越後という地名にみられる。
もちろん、半島から騎馬民族がやってきて、征服王朝となっている。
この王朝の後には、越前から天皇が招来されている。
138: 出土地不明 ID:4PWKgNM8
>>137
あのー、越前、越後は、「こしのくに」だったんですけどぉ。
139: 名無しさん@お腹いっぱい。 ID:7MUD43+e

2つとも駄目。銅鐸の分布と一致しない。須恵器・初期古墳の分布と一致する。

北部九州・瀬戸内・畿内に古墳時代人が半島から来たわけだ。
140: 出土地不明 ID:CuQDVDyk
越前、越中、越後、今の北陸から新潟や秋田にかけては、B44-DR13が東海地方に次いで日本でも最も頻度が高い地域。

このB44-DR13というHLA遺伝子は韓国では最多で日本では2位の頻度であり、朝鮮半島北東部~満州南東部が起源とされているが、中部地方だけに限定すると韓国より中部地方の方が遥かに頻度が高く、日本が起源のHLAとする見方が強まってきている。
142: 名無しさん@お腹いっぱい。 ID:xRL5oUuu
>>>
B44-DR13というHLA遺伝子は韓国では最多で日本では2位の
頻度であり、朝鮮半島北東部~満州南東部が起源とされて
いるが、中部地方だけに限定すると韓国より中部地方の方が
遥かに頻度が高く、日本が起源のHLAとする見方が強まってきている。
>>>
見方では駄目だ。
近隣結合法の分岐図を否定できないと。
198: 出土地不明 ID:4vZg8hkg
モンゴル人ではB52-DR15の頻度がまだ足りない。

倭人はモンゴルよりも更に北方から流れてきたと思うね。
ブリアートとかエヴェンキとかヤクートあたりの気がする。


北方民族の民話に集団で遠くへ行ってしまった人々の話などが残っていないだろうか?
北方民族に詳しい香具師よろしく。

しかし、弥生人にあっさり捨てられた朝鮮半島っていったい・・・
148: 出土地不明 ID:m7ZiMXOm
古代の人間にとって現在の国境線などまったく意味はないと思うが、さまざまな縄文人がいたところに2000年ぐらい前に西日本を中心に弥生人が入ってきて、その後は大きな流入はあまりなく朝鮮や中国などからぽつぽつ来たぐらい、というのが正しいか否かは別にして一般常識だよな。

では「縄文人」はどこから来たのか?
北から来た人もいれば南から来た人もいるようだがーアメリカや東南アジアとのつながりも濃そうだが、よくわからん
149: 名無しさん@お腹いっぱい。 ID:xRL5oUuu

2000年ぐらい前にじゃ駄目だ。
3000年ぐらい前からだ。
150: 出土地不明 ID:yUIrob+r
日本全国にまんべんなく広がった縄文人は琉球に多いタイプのmtDNAを持つ。
つまり縄文人と言えば、琉球に多いタイプのmtDNAを持つ縄文人の事。


おそらく25000年前にシベリアから樺太に入り、日本全国に広がっていったのだろう。

先発の琉球に多いタイプのmtDNAを持つ縄文人に遅れること5000年から10000年後、ようやくアイヌに多いタイプのmtDNAを持つ縄文人が樺太に入ったが、日本全国にあまり広がり切れなかったと考えられる。

関東と中部の縄文人骨の形質が違うそうだが、やはりアイヌに多いタイプのmtDNAを持つ縄文人が関東に流入してきたからではないだろうか?

また、リンクの表から朝鮮や台湾にも、琉球に多いタイプのmtDNAを持つ縄文人が日本から渡っている事も同時に分かる。

ミトコンドリアDNAが明かす「わたしたち日本人はどこから来たのか」
154: 出土地不明 ID:2arl5oXo
日本人のルーツは、やっぱり、おっぱい星のおっぱい星人でしょう。

管理人は日本と日本人のルーツということに大きな関心を持っているので、今後も手を変え品を変えお送りするテーマだと思います。

ここは古いスレのせいか、どうも運営からアチコチ削除されたらしくレスがけっこう「あぼ~ん」になってて、イマイチ繋がりがよくわからず。こういったテーマだとどうしても近隣の朝鮮半島とか中国とかも絡んでくるので、嫌韓嫌中感情と混ざり合ってカオスですね。

わりとよく言われる「半島はただの通り道」っていうのは、どこまで信ぴょう性のあることなんでしょう。嫌韓感情に基づくのか、考古学的、あるいは遺伝子的事実に基づくんでしょうか。
こういうこと考えるとやっぱり半島の考古学事情というのも参考にしないといけないですが、どうもアチラは一時期(5000年ほど)大きな空白期間があって、その間ほとんど人がいなかったということがあるんだそうですね。

世界に誇る縄文文化←コチラによると、
要するに朝鮮半島には、旧石器時代の遺跡自体の数がほどんどなく、しかも一万二千年前から七千年前までの五千年間、遺跡の空白期間がある。
そしてその期間を通じて、日本には、数多くの遺跡が発掘されているということです。
朝鮮半島で、遺跡がなくなる五千年間、そこでいったい何があったのかは、まさに「神のみぞ知る」ことです。
一体何が起きたんでしょう。地震や災害、疫病などいろいろ考えられるけど…、ちょっと長過ぎるように思います。謎ですね…。
その間、理由はわからないまでも、朝鮮半島に留まらずに、日本その他へ流れていったひとたちはそこに何を見たんでしょう?なぜ半島に留まらなかったんでしょう?ウーン、気になる…。タイムマシンで見てみたい。
大陸やもちろん朝鮮半島その他からの渡来人のやってきた割合っていうのも気になりますよね。一説によれば渡来系の「秦氏」は一族郎党1万人ほど引き連れてやってきたとも言われますし。

やはりユーラシア大陸の一番端っこということで、東以外のアチラコチラからやってきて日本に安住の地を見出したんでしょうから、これも何かの縁。
日本で仲良くやって、「大和朝廷」というひとつの国家的なアイデンティティを見出したのなら、それはそれで結構なことです。

皇室の外来説もあったりするけど別に外から来たって良かろう、と思っている管理人です。何事も結果オーライやで…と、まぁ微妙なテーマですから雑に締めておきます。


元スレ:http://academy3.2ch.net/test/read.cgi/archeology/1101610003/

人気サイト様 最新記事

博士ちゃんねる ヘッドライン

    • ※1 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2015.3.29 22:57
    5000年間の空白だと疫病でも有ったのでしょうかね。それほど長期に亘って人がいないにも
    関わらず、現在ではそれなりの国家ができているのも面白い。
    • ※2 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2015.3.29 23:15
    半島素通り論は、これまで捏造されてきた半島ルーツ論に対する
    反発と反動じゃないかな。
    10年、20年すればまれに半島から来たものもあったけど
    殆どは中国南部やインドネシア辺りから直接来ました。
    で落ち着きそうな気がする
    • ※3 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2015.3.30 7:03
    記紀神話に出てくる古代の土地と縄文遺跡の場所が一致するのが畿内ではいくつかあるそうですが、淀川水系や琵琶湖、大和盆地に存在した古代湖周辺は数千年来人が住み続けてきたんでしょう。
    神代文字が出てますが、本居宣長の没後の門人を称した平田篤胤は神代文字を捏造するためにサンスクリット語や英語まで研究していたとか。
    • ※4 :  
    • 2015.3.30 12:27
    半島子孫論を今田に押し付けたいやつが居るけど完全にDNAが違うし
    そもそもモンゴル帝国が日本に来ようにも半島に造船技術が無く
    アンコールワットで作っていたからピーク過ぎてからの元寇だったんだし
    • ※5 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2015.3.30 18:51
    災害や疫病だと人骨とかいっぱい出てきそうだなぁ
    寒冷な気候で食料に乏しかったのかしらん?
    日本列島は火山の影響で気温高めだったとか(適当な想像)
    • ※6 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2015.3.31 0:48
    稲作のことを考えると、樺太経由だけじゃなくて、ユーラシア大陸を海流に乗って、
    南から来た人々も少なからずいるだろう。と考えて、記紀神話と照らし合わすと、
    九州で太平洋に面していて、かつ、熊襲の勢力圏から微妙に外れていたっぽい宮崎県は、
    もっと発掘調査をやっても良いんじゃないかと思うんだよなぁ。
    比定されている遺跡が無いから、何処を掘るんだってことになっちゃうが。

    朝鮮半島に人が定住した痕跡が少ないのは、寒冷な気候と、水源じゃないだろうか。
    大きな川が流れている印象が無いし、北を除けば、降雨・降雪量も多くない気がする。
    (今とは地形や環境が違うだろうけどね)

    食料の育成・貯蓄が出来るようになって、移住が始まったのではないかと思うんだが。
  1. >疫病でも有ったのでしょうかね。
    >災害や疫病だと人骨とかいっぱい出てきそうだなぁ
    >寒冷な気候と、水源

    詳しくは知らないですが、ひとが生活していた痕跡がないということですから、なんらかの理由でいなかったんでしょうね。
    5000年は長いつうか、疫病の影響なんて数十年で回復しそうな気もします。
    確かに川はあんまり聞かないですけど、それ以前はちゃんとひとも住んでたんで、(わずかに遺跡がある)ちょっとくらいいてもよさそう。
    ----------------------
    >半島ルーツ論に対する反発と反動

    そういう側面もあるでしょうね。
    ----------------------
    >平田篤胤は神代文字を捏造するためにサンスクリット語や英語まで研究

    スゴイ!まぁサンスクリット文字は日本では密教の「梵字」として伝わってるはずなんで、入手は容易かもしれません。
    ----------------------
    >半島に造船技術が無くアンコールワットで作っていた

    木材加工一般はなかなか根付かなかったと言われていますね。代わりに陶器文化が中心に。よく考えればなぜだろう。
    ----------------------
    >宮崎県は、もっと発掘調査をやっても良い

    九州でも宮崎と大分って陸の孤島になってますからねw
    交通の便が悪すぎると評判です。そのへんも影響してますかねぇ。
    • ※8 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2015.6.10 23:33
    土偶によるとどうも縄文人は貧乳でお尻の大きい女性が好みだったらしい。
    つまり、本スレの154は残念ながら間違いということだ。もっとも私もおっぱい星人だがな!
    • 土偶のデザイン見てると、尻デカ、貧乳、パッチリお目めって感じでしょうか。
      ご先祖様の性癖がうかがわれますね~(オイ
    • ※10 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2015.7.4 9:03
    稲作は長江由来で到来時期は縄文初期で陸稲から。
    DNA鑑定の結果から導いたんで農学部じゃとっくに常識。
    文化人類学とか考古学の一部に存在する朝鮮半島由来にしたい勢力が死ねば切り替わる。

    言語は完全に日本列島独自。
    訓読み単語だけを取り出したら一文字単語からの派生でかなり説明出来る。
    障害物が無い時→行き、息
    障害物が有る時→越え、声
    声帯を障害物と考えれば全く同じ単語であることがわかる。
  1. トラックバックはまだありません。


コメ欄での議論はおおいにけっこうですが、当サイトではドクター同士の罵り合いは禁止となっております。反論する際には、相手の意見・人格を尊重し、どうぞ冷静に。