人気サイト様 最新記事

博士ちゃんねる ヘッドライン

レスの強調ウゼェー!というドクターへ

レス内の強調表示をOFFにする コチラをクリックして切り替えてください。設定は30日間Cookieに保存されます。
現在のステータス:強調有効

人間を冷凍状態にできたとして蘇生は可能なの? @ [未来技術板]


人間を冷凍状態にできたとして蘇生は可能なの? @ [未来技術板]
1: オーバーテクナナシー ID:s06QISYe
現在の人間を冷凍人間等で生き返らせても、未来の空気中などの最近やウイルスに対応できなくて、無菌室でしか生きられないって聞いたことがある
実際のところどうなの?どれくらい先の未来までなら大丈夫?
管理人より:元スレは「現在の人間を冷凍人間等で生き返らせても」でしたが、ちょっと改変。
7: オーバーテクナナシー ID:YxjDe2Gq
それ以前に水が凍ることによって、細胞組織がズタズタになっているので、蘇生すら危ういのだが…
8: オーバーテクナナシー ID:YlGZsnsk
>>7
そのことについては体液を不凍液に置き換えることで対処できるそうだ。
もちろん蘇生の際には新たに血液を入れる必要があるけどね
9: オーバーテクナナシー ID:JNstwmsM
>>8
脳はどうするのかと(ry
16: オーバーテクナナシー 投稿日:2005/12/15(木) 00:07:42 ID:Pq/f/09M
>>9
細胞組織が氷によって破壊されるのは冷凍の際細胞内外に冷凍速度に差が出来て圧力差で細胞が潰れるのが原因。
電磁波で均等に冷凍して行く最新鋭の電磁冷凍技術を使えば氷によって細胞組織が破壊されるのを防ぐ事は理論上出来る。


しかし成人で60兆個近くもあると言われる人間の細胞全てが1つ残らず破壊されないと言う保障は無い。
皮膚や筋肉細胞の幾つかが犠牲になるのならともかく、脳のニューロンなんかが一個でも潰れたら一大事。
未来の超技術で再生出来たとしてもその中に記録された記憶は永久に失われる可能性が高い。


もし人類を冷凍保存したいのなら体液が不凍液なっているなど、初めから冷凍冬眠に適した人類を遺伝子操作で1から作った方が実現し易いと思われ。
30: オーバーテクナナシー 投稿日:2006/06/13(火) 22:56:15 ID:ZcHVNC/1
>>16
脳の細胞が1つ壊れたら一大事というものでもない。
がんで、左脳、右脳どちらか片方の脳の摘出手術を行うとき、手術中患者はそのまましゃべりながら手術を行える。そのくらい脳は1つが重要と言うものでできていない。


1つが重要な部分もあるんだろうけど。
保存した遺体内で細菌が繁殖して、痕跡がないような修復不可能が部分ができた場合、そこが記憶の部分だった場合は記憶の無い人間ができあがってしまう。
こういうときのために、脳の細かい写真をとっておく必要があるんだろうな。
28: オーバーテクナナシー 投稿日:2006/06/13(火) 22:46:03 ID:ZcHVNC/1
>>8
アフリカで、みみずみたいのがいる。それを乾燥させるとカピカピになる。
そしてカピカピになった体をマイナス70度、高温の100度とくぐらせる。
そのカピカピの体に水をかけてふやかして戻すと普通に生き返る。


体内にあるグリコーゲンを何とかと言う液体にかえることで乾燥による細胞の損傷が防げる。
このことで、体が乾燥しても水に戻すことでまた生き返ることができる。
この生物の生態を応用すると、人間にも仕えるかもと言われている。
不凍液という考えが未来ではないのかも
管理人より:水で戻るて…ふえるワカメみたいですね…。
11: オーバーテクナナシー ID:zHSiRmkT
まあじっくり凍結じっくり解凍じゃあ組織は壊れるな
急速に凍結したところで体積変化やらなにやらで壊れると思うけど


庭の金魚なら冬の間氷の中で凍結してて春に元気に泳いでたが
14: オーバーテクナナシー 投稿日:2005/12/14(水) 15:32:29 ID:MBsIu3Ra
なんで金魚はそんなことできんの?
15: 投稿日:2005/12/14(水) 21:53:00 ID:9wg2Mhar
えっ マジで金魚ってそんな事できるんですか
17: オーバーテクナナシー 投稿日:2005/12/15(木) 01:45:08 ID:HuKxTaJo
金魚も実は嘘らしいぞ。
液体窒素で凍らせてお湯で戻す実験がよくあるがそんなにすぐ溶けるはずがないので、表面が固まって動けない状態になってるだけらしい。
管理人より:ウソなの!?…と思って調べてみたらどうも凍ってるのは表面だけぽいですね。なぁんだ…。
液体窒素で凍結させた金魚はどのくらいの期間な…
21: オーバーテクナナシー 投稿日:2005/12/16(金) 15:22:36 ID:KyOKUnMM
古代エジプトの医学では脳は鼻水を作る器官だと思われていて、ミイラ作りの際には「鼻水いらね」ってことで脳は捨てられてたらしい。
現代の技術も何か重要なことを思い違いしてなければいいが・・・
25: オーバーテクナナシー 投稿日:2006/06/13(火) 22:26:15 ID:ZcHVNC/1
>>21
ワラタ。
31: オーバーテクナナシー 投稿日:2006/06/13(火) 22:58:21 ID:ZcHVNC/1
>>21
えじぷとのミイラが復活できるかと考えていたけど、脳すらないなら無理だね。

スルメを灰と水につけると生のイカに戻る。
干からびた細胞をみずみずしい細胞に戻す方法が未来では確立されていて、1つ1つの細胞を修復する技術も確立されているだろうから、ミイラにきちんと脳があれば復活できるかもだったのに
管理人より:Wikipediaの、ノート:ミイラによると、
知り合いにエジプト考古学を勉強している人が居たので、また、面白いエピソードでもあるので、「ミイラを作る際、脳は鼻水を作る組織と考えられていたので捨てられた」という話をしてみました。そうしたら「脳を掻き出していたのは事実だが、鼻水を作る器官と考えられていた事実はない」との答えでした。(文献を当たったり、研究仲間にも訊いたりもしてくれたようです)
もやもやしたままその後、エジプト考古学を研究し、大学でも教鞭を執る教授に話を伺う機会に恵まれましたので、「脳は鼻水を作る組織と考えられていたのか」と訊いてみましたところ、やはりその様な事は聞いたことが無いとの話でした。
とありますので、どうも怪しい内容なんでしょうか。
22: オーバーテクナナシー 投稿日:2005/12/17(土) 22:57:34 ID:4APtPzA6
自然放射線による被曝も問題。
遺伝子が放射線によって損傷しても、通常は直ちに修復される。
修復が不可能なほど損傷したら、アポトーシスにより安全に排除される。

凍結され生命活動が停止した状態では、修復されずに損傷が蓄積していく。
目覚めた時には全身に癌化した細胞が散らばっている。
直ぐに発病して長生き出来ない。
23: オーバーテクナナシー 投稿日:2005/12/17(土) 23:39:45 ID:Pcp8gnj7
>>22
なんか勘違いしてるみたいだが、冷凍されて活動が停止してる細胞は、宇宙線とか自然放射線の電離作用が殆ど及ばないし、その上、、それなりの保存容器に収容されるわけだから、むしろ冷凍保存してるほうが自然放射線に対しては有利なんだが。
24: オーバーテクナナシー 投稿日:2005/12/18(日) 11:07:46 ID:V5ZdeXgi
>>23
同意。耐放射線用のカプセルの中に保存すれば問題無い。
冷凍保存の一番の問題は冷凍中や解凍中に脳細胞が破壊されてパッパラパーになる事だろうな。
26: オーバーテクナナシー 投稿日:2006/06/13(火) 22:30:45 ID:ZcHVNC/1
人間の細胞1つ1つがつながって人間ができている。
細胞膜とか外側は取り替えても問題ない部分。
中のDNAとかミトコンドリアとか、入っているものが重要。

未来になれば、DNAをいじって思いのままの微生物や、大型生物を作ることができる用になる可能性がある。
そしてロボット技術も発達して、ミクロのレベルのロボットができあがっているだろう。

この微生物とミクロのロボットが人間の解凍の際に壊れた、DNAを1つ1つ修復し人間を生き返らせることができる。

このため、多少あらくても遺体をきちんと南極あたりで保存しておけば、生き返る可能性は十分にあるだろうね
43: オーバーテクナナシー 投稿日:2006/07/23(日) 21:01:46 ID:C9MEy7c7
お前らは死んだら冷凍保存するの?
44: オーバーテクナナシー 投稿日:2006/07/24(月) 08:04:54 ID:cFIZzlZx
テロメアをいじれるわけだし、未来になったら冷凍さえしておけば簡単にいき返させられるようになっているのかもね。

逆に言えば未来からみると、いま冷凍されないで火葬されている人は「ばかだなぁ簡単に生き返れるのに・・」と思われるでしょうな・・
48: オーバーテクナナシー 投稿日:2006/07/25(火) 07:01:27 ID:ndTpuuKL
未来のテロメア(老化をつかさどる遺伝子)をいじって永遠に生きられる世界から今をみれば、100年経つと、生きている人が全部死んでいると言う現世界は、科学技術の発達していない異様な世界に思えるだろうね・・

今生きている人間は120年後には全員死んでいるわけだ。
冷凍保存とかはあまり難しい技術でないだろうから、これを開発したらいいんだろうけど、目先の生活の金のみにとらわれて、死なない
方法と言うものに力をほとんど注がないと言う、かなり間抜けな行動をとっているわけだ・・
56: オーバーテクナナシー 投稿日:2006/08/01(火) 05:53:54 ID:k52FrLEe
現在どのくらい凍結技術の発展にお金を投資しているかといえば、外国をみると数億円らしい。

たった数億円・・・

もしかすると年間100兆は無理でも数千億を投じたら、10年後には人間を冬眠させる技術ができあがるかもしれないね
57: オーバーテクナナシー 投稿日:2006/08/01(火) 05:55:27 ID:k52FrLEe
なぜなら、携帯電話とかインターネットとか何年も前は考えられない技術だったわけだけど、軍事技術への多額の投資によってありえない科学技術の発達がなされて、その偶然の副産物として通信の無料化の技術ができあがった。

つまり、多額のお金を投資することにより思わぬ技術発達がなされるわけです
58: オーバーテクナナシー 投稿日:2006/08/01(火) 05:56:58 ID:k52FrLEe
そして人間が生き返るときには

・たくさんの人間を生き返らせても場所的に問題が無い
・食料とか電気とかどうにかできている
・生き返らせる技術もある
・生き返えらせる資金がある



と言うような問題を解決しているばあいに生き返らすであろう
59: オーバーテクナナシー 投稿日:2006/08/01(火) 06:01:58 ID:k52FrLEe
>>58
> ・たくさんの人間を生き返らせても場所的に問題が無い
●火星に住んだり、月に住んだりと面積が増えた場合
●建物の技術が発達して、1万階とかものすごい床面積が増えた場合
●他には、人間の意識を小さいチップに移す技術ができあがり、1000億人生き返らせてもチップに意識を移せばいいから大して場所をとらない


と言うような場合でしょう。

> ・食料とか電気とかどうにかできている
人間が生き返って今と同じようにまた労働することはありうるけど、恐らく、ロボットが労働の95%をなす時代で、いくら行き返しても無尽蔵に生活品にはこまらないと言う場合でしょうね

> ・生き返らせる技術もある
> ・生き返えらせる資金がある
資金というより、ロボットがすべて労働を行うなら、資金がなくても面倒が復活作業をしてくれる
66: L 投稿日:2006/08/28(月) 22:59:20 ID:P4ohb5BX
大体の物質は凍らして解凍すると品質が変わるものだょ。
人間もそうだから無理だろ
67: オーバーテクナナシー 投稿日:2006/09/03(日) 00:06:23 ID:lNHVYjnc
冷凍しておいて、未来の技術でいきかえって劣化した部分も未来の技術で修復すればいい。
どうして現在の技術でしか考えないんでしょう
68: オーバーテクナナシー 投稿日:2006/09/03(日) 00:13:29 ID:vO7snk/L
まあ理屈の上ではそうなるが、どんなに科学が発達しても、できないことはあるとの考えでいけばそう簡単にはいくまいよ。
君は死人を生き返らせることがいつかは可能になると思うか?

すでに腐敗が始まっているレベルであっても可能だと?
それなら可能だろうけど。俺は
69: オーバーテクナナシー 投稿日:2006/09/03(日) 00:53:55 ID:qYTyDV8F
たとえ灰になっても過去を探る技術ができて蘇生させられるかもしれん。
しかし、そこまで荒唐無稽ではこの板では扱いきれなくなる。
71: オーバーテクナナシー 投稿日:2006/09/03(日) 02:09:04 ID:vO7snk/L
それはもうクローンと一緒だね。はたして同じ人物といえるかどうか。

冷凍された人は細胞が破壊されているときく。脳細胞だってむちゃくちゃ。
もしかすると腐敗し始めのほうがマシかも知れんぞ。
72: オーバーテクナナシー 投稿日:2006/09/04(月) 00:03:06 ID:ZCsDNpRz
>>71
意味がよくわからないけど、細胞がいきかえるわけで同一人物なわけですが
73: オーバーテクナナシー 投稿日:2006/09/04(月) 00:33:53 ID:o65oJDvK
別に72は死なずともクローンは作れるわけだが、72はそのクローンは自分自身と言い張るのだろうか。
言い張るのはいいとしても、そいつが自分に完全に取って代わったり、自分が死んでもあいつがいるし、となっても平気なのだろうか。
76: オーバーテクナナシー 投稿日:2006/09/04(月) 23:21:56 ID:uyTJDzt7
冷凍したのを生き返らせても別人かもしれんなぁ
77: オーバーテクナナシー 投稿日:2006/09/05(火) 01:01:49 ID:r2HpkYFd
別人ならそれは生き返らせたとはいわない。
78: オーバーテクナナシー 投稿日:2006/09/05(火) 01:19:10 ID:P20n05vO
しかしそれを知る方法はありませんぜ?周りはもちろん、本人すら分からないw
ただ、細胞レベルでぐちゃぐちゃになってるのを無理やり再生、生き返らせたとしてもそれはクローンと同レベルだろうね。
81: オーバーテクナナシー 投稿日:2006/09/06(水) 03:45:03 ID:WlHEpwnG
一生のうちに分子が入れ替わらないのは脳細胞、筋肉細胞、生殖細胞のDNAくらいじゃなかったっけ?
83: オーバーテクナナシー 投稿日:2006/09/06(水) 05:59:25 ID:KGy0N6jm
クローンとは只タンに遺伝子配列が一緒と言うだけで、意識の連続性という観点から見ればマッタクの別人ですなw

一卵性の双子と同じ事だ。あいつらは遺伝的に配列はほぼ一緒だけど他人から見たらマッタクの別人だろ?
84: オーバーテクナナシー 投稿日:2006/09/07(木) 14:56:07 ID:dgJYJuPv
ですから人間が死んで土に返っても、まえにからだだった物質をつきとめてすべてあつめてまたもとの体にしたら、その人は生き返ったといえるわけです。
86: オーバーテクナナシー 投稿日:2006/09/09(土) 01:37:38 ID:wCcwzK9w
それは単なるコピーであってその人が生き返ったとは言えないのでは?

冷凍睡眠ネタっていうと星新一の「沈滞の時代」だな。
87: オーバーテクナナシー 投稿日:2006/09/09(土) 02:48:25 ID:1H7pmN8B
>>86
同じ物質なので言えるでしょう。
パズルをぐちゃぐちゃにしてまたぱずるに戻すのと、パズルをぐちゃぐちゃにしつつ、それを燃やして、そして科学技術で元のパズルのピースにしてそしてまたパズルをつくるのと一緒
107: オーバーテクナナシー 投稿日:2006/09/14(木) 03:17:38 ID:ZSdr3ib4
今、GYAOを見ていたんだけど、一部で実用化が始まっているみたいだぞ

GYAOの TOP > ニュース・ビジネス > Health Watchアーカイブ
で 「日本の人体冷凍保存・最前線」を見てみるといいよ
Health Watchアーカイブ(Gyao)
112: オーバーテクナナシー 投稿日:2006/09/15(金) 01:01:31 ID:G7q1ttT2
>>107
すごいですねこれ・・・
ものすごい予算をかけるとものすごい短期間でできあがるんでしょうな。
でも今の人間はお金もって死ぬのがいいとされているから、これにお金はかけたい人が少ない・・
117: オーバーテクナナシー 投稿日:2006/09/16(土) 09:00:24 ID:5gogi7wb
今、冷凍保存しても百年後ぐらいに生き返る可能性は1万分の1ぐらいの可能性でしかない。
それよりも、徹底的に長生きして、未来技術を信じたほうが良い。

タバコを吸わないこと。塩分を少なめに。酒は少なめに。適度な運動。
118: オーバーテクナナシー 投稿日:2006/09/16(土) 09:53:55 ID:FH31NcQ0
病気の人が生きてるうちに治療法が見つかるのを待って生きるのと、冷凍保存してもらうのはどっちが得策なんだ?
まぁ、病気の重さにもよるけど、逆にどれくらい重い病気だと冷凍保存したほうが得になるんだ?
119: オーバーテクナナシー 投稿日:2006/09/16(土) 12:55:59 ID:qqhftqCR
人生の価値は生きた時間だけでは推し量れない。
122: オーバーテクナナシー 投稿日:2006/09/16(土) 18:48:59 ID:iSAiQvTP
アメリカでは20年近く前から人体の冷凍保存やってる。金持ち限定。
もちろん、冷凍前に完全に血液は抜いてある。
あまり金のないやつで脳だけを冷凍保存してるやつもいるらしい。

ちなみに、1週間ほど冷凍保存してた犬の蘇生には成功してるということ。


アルコー社
40: スーパーグレートヒッキー ◆w3TOCYNPlo 投稿日:2006/07/22(土) 02:00:19 ID:SumRvoc6
現在、冷凍中の俺がこのスレに来たわけだが。
質問あるかね?
41: オーバーテクナナシー 投稿日:2006/07/22(土) 03:27:29 ID:HwowIBjE
>>40
初恋の相手誰だった?
46: スーパーグレートヒッキー ◆w3TOCYNPlo 投稿日:2006/07/24(月) 14:08:19 ID:EWo5Ci8Q
>>41
ティラノザウルス♀

ウーン、なるほど。
なんか、解凍した人間が元のと同じなのか?みたいな話題が多かったですネ。

クライオニクス社の冷凍タンク
現在アメリカでは、上述のアルコー社のほかにも、クライオニクス社というのも、そういうサービス(?)をやっている模様。人間の冷凍保存→蘇生技術は英語で「cryonics」と言うんですね。

人間の身体は水分が多いですから、細胞が破裂云々は、凍結によって水の体積が増えるから?
また水分が多いことにより、例え液体窒素につけても、瞬時に凍らせるのは難しいようです。
凍ったバナナで釘を打つのも、ちょっと漬けといたらいいのではなく、30分ほどたたないと内部まで凍らないんだとかで、だから金魚は蘇生したように見えるんですね。なーるほど。
しかしじっくり凍らせると凍死するのとなんら変わらないし、冷凍保存…ウーン、難しそうだな!

トップ絵は映画「プロメテウス」でコールドスリープ中のドクター・ショウ役のノオミ・ラパス。
せっかくシャーリーズ・セロンが出てんのに、お色気シーンは全てドクター・ショウが持っていったため、なんのためにシャーリーズ・セロン出したのかよく分からない映画。

近未来SFなんかを見ると、まぁだいたい宇宙船で長期間のミッションにつく場合、コールドスリープ状態で寝て過ごすものですが、こちらは傍目には、「冷凍」ではなく、極端に新陳代謝が落ちた状態に見えますよね。
しかし冷凍でないならば、いわゆる「床ずれ」の問題なんかどうするんだろ?無重力状態なら床ずれは起きないかもしれないけど、たいていの場合、SF宇宙船では重力がちゃんと発生してたりして、このへんが謎。
仮に重力がないなら、今度は骨からカルシウムが溶け出してしまうという問題もあるんだそうで、アチラを立てればコチラが立たず…。未来技術での解決が待たれます。
プロメテウス [DVD]
プロメテウス [DVD]
posted with amazlet at 15.05.06
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン (2013-01-09)
売り上げランキング: 14,941


元スレ:http://science3.2ch.net/test/read.cgi/future/1105537188/

人気サイト様 最新記事

博士ちゃんねる ヘッドライン

    • ※1 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2015.5.6 22:07
    インターステラーで冬眠中液体に浸していたのは床擦れ対策だったんだと管理人様のコメントを見てわかった。
    • ※2 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2015.5.7 0:44
    リプリーみたいな目には合いたくないなあ
    エイリアン3の始まりに「エイリアン2の感動を返せ!」と何度思ったか
    • ※3 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2015.5.7 7:40
    細胞を壊しづらいプロトン冷凍機というのがあります
  1. >冬眠中液体に浸していたのは床擦れ対策だったんだと

    あ、なるほど!液にひたすというのは思いつきませんでした。
    -----------------------
    >「エイリアン2の感動を返せ!」と

    エイリアンは2でやめとくべきでしたよナァ…。4もひどかったし。
    -----------------------
    >細胞を壊しづらいプロトン冷凍機

    これってスレで言われてた電磁気で云々と同じでしょうか。
    けっこうジワジワ凍らせようとしてるように見えるから、お肉とかにはいいかもしれませんが…。
  1. トラックバックはまだありません。


コメ欄での議論はおおいにけっこうですが、当サイトではドクター同士の罵り合いは禁止となっております。反論する際には、相手の意見・人格を尊重し、どうぞ冷静に。
*