人気サイト様 最新記事

博士ちゃんねる ヘッドライン

管理人からのお知らせ

6/22くらいまで不定期更新となります。更新できたらします。(「行けたら行く」みたいなアレで)

レスの強調ウゼェー!というドクターへ

レス内の強調表示をOFFにする コチラをクリックして切り替えてください。設定は30日間Cookieに保存されます。
現在のステータス:強調有効

捕鯨賛成派よ、捕鯨推進の根拠を示せ! @ [社会学板]


捕鯨賛成派よ、捕鯨推進の根拠を示せ! @ [社会学板]
1: くじら食べちゃだめーん 投稿日:2008/04/09(水) 08:52:35
クジラは安楽死できない。むごたらしく痛々しく殺すのは動物に対する倫理違反であり、動物愛護法違反だ。
きさまら、くそあほ低知能捕鯨賛成派はなぜくじらを殺したがる?

きさまらの障害まじりの脳みそで考えて意見を述べよ。
7: 名無しさん@社会人 投稿日:2008/04/10(木) 01:51:03
>>1
と殺上の牛たちは、泣き叫びながら死んでいきますがなにか?
9: 名無しさん@社会人 投稿日:2008/04/10(木) 01:55:28
>>1
オーストラリアでは年間30万匹のカンガルーが駆除の理由で殺されてますがなにか?
動物愛護の思想はどこへやら・・・
10: 名無しさん@社会人 投稿日:2008/04/10(木) 01:58:15
>>1
子羊の肉は高級品として人間のカネ持ちたちに重宝されており、そのため羊は生まれ立ての赤ちゃんが、ママのおっぱいを必要としている段階で殺されてますがなにか?
17: 名無しさん@社会人 投稿日:2008/04/10(木) 09:08:20
反捕鯨で威勢がいいのは最初のレスだけ、後はボロクソに言われてトンズラ。
おそらくこのスレも立て逃げ状態になるだろうね。
つまり、捕鯨派が論拠を示して終了というわけだw
管理人より:スレタイがスレタイだけに、冒頭のくだらない罵り合いは以後全部カット。2008年~09年のスレなので、そこんとこヨロシク。
ちなみに子羊云々は「残酷!生きたまま首を切る。むごすぎる!!グロ注意」←こちらのサイトによると。
ミュールシング(Mulesing)・・・羊に蛆虫が湧くのを防ぐ為、麻酔を使わず に植木バサミで子羊の臀部の肉と皮を切り取る。
・劣悪な環境の船に乗せ中東に輸出し、途中でケガをしたり病気になった羊は、船からサメに向って投げ捨てたり、生きたまま肉挽き機にかける。
…と書いてますね。後者は不明ながら、前者はどうも本当の模様。メリノ羊はお尻にシワが多くて、ここに糞尿が溜まりやすくなり、蛆が湧いて死に至ることもあるそうなので、その予防。麻酔ナシです。ニュージーランドではすでに廃止されています。
44: 名無しさん@社会人 投稿日:2008/04/11(金) 19:55:20
鯨食害論が正しいとして

捕鯨で水産資源増加
 ↓
世界的な食料不足の解消
 ↓
途上国の餓死による死亡減少

捕鯨反対派は、「途上国の人間<鯨」と考えていると訴え、全ての途上国の支持を得る。
45: 名無しさん@社会人 投稿日:2008/04/11(金) 20:31:03
>>44
途上国は漁業を安定して行う技術に欠けると思う
かといって輸入の場合、値段は基本的に先進国基準、買える訳が無い


食物増産で貧しい人にも恩恵があるかといえば、増産しすぎると値段が下がりすぎて生産者の生活がくるしくなる
日本でもキャベツとか白菜とか取れすぎになるとトラクターとかで収穫せずに潰すんだぜ?
せめて交通費等のインフラが無料で利用できるような状態じゃないと増産するにもねぇ・・・

一番いいのは途上国に技術供与する事だが、それが広まるとは限らないってのも・・
46: 名無しさん@社会人 投稿日:2008/04/12(土) 07:38:36
>輸入の場合、値段は基本的に先進国基準、買える訳が無い
魚自体の値段の話ではなく、穀物を含めた食料全体の値段が下がればよい。

>増産しすぎると値段が下がりすぎて生産者の生活がくるしくなる
値段が下がれば、餓死の可能性のある消費者は助かる。
生産者と消費者、どっちが負担すべきかという問題。


「鯨食害論が正しいとして」とある通り、この議論自体、鯨が人間の食料を奪っているということを前提とした話。
それが証明できないと、食糧不足解消のために捕鯨が必要とは言いいにくい。


鯨食害論には争いはあり、決着が着くまでに多くの餓死は生じる。
途上国の餓死が減る可能性が少しでもあるなら、鯨を殺してもいいんじゃねというのが自分の考え。
64: 名無しさん@社会人 投稿日:2008/04/15(火) 19:02:39
>>46
原油コストとか人件費とかシカトしすぎだな
インフラが整ってない国じゃ普通に無理がある理論だ

そもそも餓死者の多い国ってのは内需を満たすだけの生産力が無い国だ
生産力が無いと言う事は海外との取引も当然まともには出来ない
そんな国に食料を格安で提供する事は慈善事業以外ありえないな


言い方悪いけど、ぶっちゃけ人間は増えすぎてるから多少減ったところで問題は無いし
人口をコントロールするようにしないとそのうち地球そのものが使えなくなるんじゃないか?
日本はほっといても勝手に減っていくだろしなぁ
生産力が昔よりあると言っても日本の人口だって国土的に見れば5000万人がいいとこだと思うんだけどね
66: 名無しさん@社会人 投稿日:2008/04/16(水) 07:58:20
>>64
アフリカ沿岸の国の大半は、普通に漁業をしてるんだが。 国別漁業情報

人口が増えすぎると困るというのは理解できる。
途上国の餓死の解決のためというのは、あくまで捕鯨国の建前。
捕鯨国にとって、多くの途上国を捕鯨賛成派にしたほうが有利なので、食糧問題を訴えて利用しようってこと。
管理人より:ページはサルベージできましたが、肝心の漁業量に関する図表が見えない…。
57: 名無しさん@社会人 投稿日:2008/04/14(月) 14:52:30
食いたい、他の海産資源と区別する理由も必要も無い、って捕鯨スレじゃいつも言われてる様だけど、その確認が要るの?

言っとくが食いたい人が「少ない」は「要らない」理由にはならんよ?
獲る量も同じく「少ない」んだから
62: 名無しさん@社会人 投稿日:2008/04/15(火) 13:49:08
反捕鯨の理由がイマイチ納得できない。
なら何回かレスあるけどたぬきやらカンガルーも守ってやれよ。


捕鯨の理由?絶滅しない程度にとれば誰にも迷惑かからないし。鯨以外には。反捕鯨は要は鯨がかわいそうだから必死なの?
76: 名無しさん@社会人 投稿日:2008/04/21(月) 08:45:34
>>1
くじらだけを、保護するのは偽善的ではないのか?

欧米人は、牛さん・豚さんなどを食らいながら、鯨を食べる日本人を批判するのは偽善的だよ。


江戸時代までの日本人は、牛さんは、家族の一員として扱い食べたりしないなど崇高な精神をもっていた。
欧米の野蛮な悪習を取り入れた薩長馬鹿右翼政権のせいで、牛を食べる蛮行が、日本人にすりこまれた。
84: 名無しさん@社会人 投稿日:2008/05/24(土) 18:49:12
>>1
魚が減るから、その為の間引きでは?
魚が減っちゃ結果としてクジラも餓死するわけで。

もちろん、クジラ殺しても環境問題とかもどうにかしないと、何の解決にもならんだろうけどな。
87: 名無しさん@社会人 投稿日:2008/06/04(水) 04:37:32
捕鯨推進の根拠を示してあげましょう!短刀直入に!
クジラの竜田揚げを腹一杯食べたい!ただそれだけだ。いかんか?
88: 名無しさん@社会人 投稿日:2008/06/14(土) 13:55:18
反捕鯨推進の根拠を示してあげましょう!短刀直入に!
白人のいう事は全て正しいのです。いかんか?
89: 名無しさん@社会人 投稿日:2008/06/16(月) 16:56:43
鯨のベーコンがすっごい旨いんだよ。
そのままでもいいし、軽く暖めてもいい。
タレをつけて熱い飯にのっけてワシワシ喰うとたまらんのですよ。

これが喰えなくなるのは非常に困る。

その理由っていうのが、「クジラタソカワイソス」なんて幼稚な偽善だったり、差別だったり、自国内問題目くらましのような政治的理由だったり、エセ保護団体の資金集めだとしたら、むかついてむかついてしょうがないんですよ。

絶滅させないよう気をつけながら永続的に利用(喰う)していければいいじゃないですか。
管理人より:日本人の胃袋は正直。
100: 名無しさん@社会人 投稿日:2009/07/07(火) 00:25:21
クジラは昔から、そしてこれからも、日本人が食べる食材。
優良な食材を食べないのは、折角用意してくれた自然に対して失礼な事です。
美味しく頂きましょう。
109: 名無しさん@社会人 投稿日:2009/07/08(水) 13:51:30
反捕鯨の人に質問。
そもそも捕鯨問題って、何かの会議の時に環境問題の議論で困ったアメリカが、強引に問題提起して議論のすり替えを図ったって本当でしょうか?

もう一つ。反捕鯨の方は何故今の対応では不十分だと思うのでしょうか?現在は、捕鯨できる種類や数も限定され、数も回復していると聞きました。
110: 名無しさん@社会人 投稿日:2009/07/08(水) 15:58:42
アメリカがベトナムで撒いた大量の毒物、ダイオキシンを含んだ枯葉剤
まさかグリンピースは、これが無害だなんて言わないよね。
111: 名無しさん@社会人 投稿日:2009/07/08(水) 18:24:59
枯葉剤の話を始めると、グリーンピースの方が必死になって揉み消します。
112: 名無しさん@社会人 投稿日:2009/07/08(水) 18:50:14
枯葉剤が発端だったんですか・・・。
もともと枯葉剤が発端だけど、いい流れで来ているのでこの流れを変えたくないからグリーンピースがもみ消すって事?
113: 名無しさん@社会人 投稿日:2009/07/08(水) 22:11:37
この年、国連人間環境会議で採択された「商業捕鯨10年間凍結案」はベトナム戦争の批判、特に枯れ葉材剤の大量散布が発覚したことへの世界的非難が集中し国際世論の中で窮地に立たされていたアメリカの、まさにウルトラCの世論操作であった。

東西冷戦構造下での明らかな侵略戦争(米傀儡政権樹立以来)であったこの戦争のなかで、無差別大量虐殺であった北爆とともに、大規模環境破壊の側面からも指摘されていた枯れ葉剤の使用は、水産業の一部門であるところの捕鯨(この時点での南氷洋出漁国はソ連と日本のみ)と同じレベル(もしくはそれ以上の犯罪性)で語られるべきであると誘導されてしまった(西側)「世論」とはいったいなんであったのだろうか。

『捕鯨の凍結案が討議されたこの日、ストックホルムの市内では、アメリカ、カナダ、スウェーデンなどの環境保護団体が、捕鯨反対を叫んでデモ行進した。
デモには、アメリカ政府代表の環境問題詰問委員会委員長ラッセル・トレイン氏も参加した。
ベトナム戦争の責任を追求され、国際世論の批判に直面しているアメリカ政府は、その矛先を捕鯨問題でかわそうとした計算も働いてはいたが、国際会議場の内と外とで政府と住民が呼応して捕鯨問題を盛り上げてゆく戦略は、これからの環境外交のあり方を予告しているように思われた

(『戦後世界史の断面』木原啓吉・千葉大学教授)

【商業捕鯨撤退までの経緯Ⅱ】
114: 名無しさん@社会人 投稿日:2009/07/08(水) 23:23:01
枯葉剤云々、確かにその可能性はあるが、陰謀論に近いからあんまり言うと冷静さを疑われる
120: 名無しさん@社会人 投稿日:2009/07/09(木) 00:37:41
クジラという1動物種と、人道に対する犯罪とでは、重みが全然違う。
143: 名無しさん@社会人 投稿日:2009/07/15(水) 07:11:57
とにかく、まずは会合・議論の場を持つことだろうな。
それをせずに捕鯨船に物を投げつけてくるなんてはっきり言って低俗。

とはいえ、話し合う場がなくてそれしか手段が本当にないのならそちらの方が問題。

どちらも自分が正しいとは思っているわけだから、そんな場は相手が設ければいい、と考えがちだけれども、ここまで来てしまった以上、折れるとか負けるとか抜きにして、議論の場を設定して、webで公開放送するとかすればいいと思う。

ちなみに俺は食う派です。
144: 名無しさん@社会人 投稿日:2009/07/15(水) 12:17:22
一応IWC総会がそういう場なんだと思う。
今年、日本は譲歩案を示し、反捕鯨国に同様な譲歩を求めた。
しかし、オーストラリアは譲歩を頑なに拒否し、話し合いは何も成果を得られなかった。
無益な争いの原因になる勧告決議などは、昨年から行っていない。

目に見える成果を示せなくなった反捕鯨団体は、より過激な活動をするようになった。

今はこの辺かな。
152: 名無しさん@社会人 投稿日:2009/07/17(金) 08:13:35
>>144
>今年、日本は譲歩案を示し、反捕鯨国に同様な譲歩を求めた。
>しかし、オーストラリアは譲歩を頑なに拒否し、話し合いは何も成果を得られなかった。
日本が求めたのはあくまでも調査捕鯨“削減”案。
対してオーストラリアが求めたのは調査捕鯨“廃止”案。

“削減”なんていうのはいかようにも解釈できる、いくらでも逃げ道がある。
だが“廃止”となれば話は全く別。
だから必死になって事務次官なんかが盛んに「“廃止”は問題外!」などと泣きを入れていたというわけなのだ。


こんな「無駄な公共事業(調査捕鯨)」は即刻止めさすべき。われわれ国民にとっては、百害あって一利なし。
153: 名無しさん@社会人 投稿日:2009/07/17(金) 10:20:59
>>削減”なんていうのはいかようにも解釈できる、いくらでも逃げ道がある。
削減数決めて?もwwww
国民の9割が必要とし賛成している公共事業、1割以下の馬鹿の言うことでやめてはいけないね
151: 名無しさん@社会人 投稿日:2009/07/17(金) 06:53:08
とはいえ、「倫理違反で動物愛護法違反」に対して明晰に答えたレスもないんだけどね。

倫理観は文化や宗教や歴史的経緯によって異なるものだから、どちらかの文化が、持続可能性とやらの基準を用いて誤りであることを示すか、多文化共生にこそ正統性があるのだということを示すかするしかない。

しかしそもそも持続可能性や多文化共生に重きをおくべきという議論自体に、倫理観の相違は深く表れる羽目になるだろうから無限後退になりそうだね。

動物愛護法の指摘はどうなの? 我が国はそれに批准してるわけ?
157: 名無しさん@社会人 投稿日:2009/07/17(金) 12:46:17
>>151
>>1の主張は、この一行でしかない。
>クジラは安楽死できない。むごたらしく痛々しく殺すのは動物に対する倫理違反であり、動物愛護法違反だ。
捕鯨では、可能な限り速やかにクジラが死ぬような方法を捕っている。
(殺す必要があるので、「クジラを殺すな」はこの場合は問題外)
「むごたらしく痛々しく殺している」というのは、>>1の主観。
ではどういう殺し方をすれば人道的なのかを提案してくれ。よりよい殺し方なら議論できるだろう。

「倫理違反」は、意味不明でこの板で議論したいなら、前提となる「倫理」とは何か、から提示してもらう必要がある。

「動物愛護法」は、日本の国内法のことを言っているのだろうと推測するが、この法律は、「愛護動物に対する虐待や遺棄を犯罪と規定し、1年以下の懲役又は100万円以下の罰金」としているが、ここで言う愛護動物とは、人に飼われている「哺乳類、鳥類、爬虫類に属する動物」および、飼い主の有無にかかわらない全ての「牛、馬、豚、めん羊、やぎ、犬、ねこ、いえうさぎ、鶏、いえばと、あひる」を指す。
どう見てもクジラに適用できる法律ではない。

これとは別に、鳥獣保護法と言うのがあり、特定の条件を満たさない場合、野鳥や野生動物を捕獲することを禁止している。
特定の条件は以下のものがある。
1学術目的などで捕獲許可を得ている場合
2狩猟シーズンに狩猟場内で狩猟を許可された人が、狩猟対象とされた野鳥および野生動物を捕獲する場合
3農林業において、事業活動の際に捕獲することがやむをえない野鳥、鳥類の卵および野生動物で環境少令で定められたものを捕獲する場合。


日本の調査捕鯨は1に該当し、適用を受けない事は明らか。
162: 名無しさん@社会人 投稿日:2009/07/17(金) 20:33:19
>>157
>「むごたらしく痛々しく殺している」というのは、>>1の主観。
でもない。

[日本(南極海)]
年度・捕獲頭数・即死率(%)・平均致死時間(秒)
1998/1999―389――31.6――――――285
1999/2000―439――44.4――――――175
2000/2001―440――36.1――――――205
2001/2002―440――33.0――――――203
2002/2003―440――40.2――――――157

[ノルウェー(自国水域内)]
年度・捕獲頭数・即死率(%)・平均致死時間(秒)・最大致死時間(分)
1998――625―――63.0――――――198―――――――――68
1999――591―――62.0――――――241―――――――――86
2000――487―――78.2――――――136―――――――――59
2001――552―――79.7――――――145―――――――――90
2002――634―――80.7――――――141―――――――――90
169: 名無しさん@社会人 投稿日:2009/07/17(金) 21:44:54
>>157
「むごたらしくなければいいんだろ」って完全な開き直りだよな
170: 名無しさん@社会人 投稿日:2009/07/17(金) 22:09:23
>>169
それは違う。人道的な殺し方をとればいいだけ。
殺すこと自体に問題があるわけではない。
93: 名無しさん@社会人 投稿日:2009/07/02(木) 02:08:30
まともな?反捕鯨派のひとと議論できるスレってどこ?
だれか知っていたら貼ってくれないかな、、、
96: 名無しさん@社会人 投稿日:2009/07/04(土) 10:40:05
>>93
残念ですが皆無です
124: 名無しさん@社会人 投稿日:2009/07/09(木) 21:07:25
諸君、クジラ肉を食べて平和な心を取り戻そう。

ハイ、以前当サイトで、 ↑こういうのやって、捕鯨問題は荒れるからもういいやと思ってましたが、欧米人(特にオーストラリア人)が、捕鯨問題となると途端にアホになるのは、よく考えるとなんでなの?というのがちょっと気になり始めて、ほとぼりも冷めた頃なので再度取り上げてみました。
管理人自身はもちろん捕鯨賛成派、理由も前回書いてるので、ここでは省略。
今回スレの内容はもうアチコチで言われてることとそんな変わらないので、短めに切り上げてます。

捕鯨問題ということになると、我々日本人には苦言を呈したくなることが100も200もある、ということで、第一に「牛や豚はいいのかよ!」となりますよね。ウンわかるわかる。
しかし「Aは倫理的にアカン!」という論法に対して「じゃBは?Cは?」と言い始めると論点が拡大して分かりづらいですから。今回は「反捕鯨派の本音」に絞ってドクターの皆様と一緒に考えてみたいと思います。

クジラの聖性について
「クジラは心優しく賢い動物だから」云々というのは、まぁよく聞く話であって、日本人にとってはここが一番アホっぽく映るのではないでしょうか?なぜ同じ哺乳類の中で序列ができるのか、不思議ですね。
実は、旧約聖書の「ヨナ書」というのがあり、これは預言者ヨナが荒れ狂う海を沈めるための生贄として海に放り出されたのを、クジラさんが親切に口の中にかくまってくれた、というようなストーリーで、まぁまぁ「聖なる獣」というような位置づけ。鯨油欲しさにクジラを乱獲しまくって絶滅寸前まで追い込んだことは、どうやら「なかったこと」になっています。

一方で、旧約聖書の「レビ記」には、食べて良いものとダメなものについての規定があり、
食べてよいもの……
★反芻し、ひづめが完全に分かれているもの(牛、山羊、羊、鹿、カモシカなど)
★海や川の住民のうち、ヒレ、ウロコのあるもの(魚の大半)
★鳥類のうち、食べてはいけなものを除いたもの(鶏、鴨、鳩など)
★羽のあるもののうち、足の上に跳ね足があって、それで地上を跳ねるもの(イナゴなど)
(参考:食のタブー

…となっているそうです。クジラはウロコがありませんから本来食べ物ではなかったと。確かに欧米が捕鯨しまくってた時も肉は食べずに捨ててたと言いますよね。もったいない。
ブタは反芻しないので当初はブタも食べるの禁止だったようですが、イエス・キリスト以降はこういうルールは全て撤廃されて、現在では食べてはいけないものはあんまりない模様。もちろん同じ聖書の民でも旧約聖書由来のユダヤ教徒やイスラム教徒には、依然として残っています。
ただ、牛だの羊だのは、「神様が人間に食物として与えた獣」だという認識は、案外根強くあるのかもしれない。そもそもキリスト教的価値観によれば、自然というのは神様が人間に「管理を任せている」ってことになってます。

観光資源としてのクジラ
オーストラリア人の94%が反捕鯨の理由
↑こちらを見るとなんと!オーストラリア人の94%が反捕鯨。
捕鯨問題はオーストラリア国民が党派の枠を超えて結束できる数少ないテーマだ
しかし、オーストラリアは捕鯨に対する方針を転換し、クジラの「最大の敵」から「最大の味方」に変身した。今では、シドニー湾でザトウクジラの群れを見たり、巨大なサンゴ礁のグレートバリアリーフでミンククジラと一緒に泳いだりすることもできるようになった。

オーストラリアは、お世辞にも野生動物保護の優等生とは呼べない国だ(17世紀以降の世界の哺乳類絶滅の3分の1は、オーストラリアで起きた)。クジラは、そんなオーストラリアが自然を保護していることを示す実例になるとも期待されている。

今やクジラは巨大なビジネスになっている。クジラ関連の観光収入は年間3億豪ドルにも上る。
オーストラリア人は南極海を自分たちの裏庭と見なしているので、この海域のクジラへの思い入れが一層強まっている面もあるようだ。世界には80種類以上のクジラがいて、それぞれ絶滅の危険度は違うが、オーストラリアにとってそれは問題でない。クジラはクジラなのだ。
現在豪ドルのレートは95円ちょいですんで、3億豪ドル=約285億円。
しかし、ただのワガママとはいえ、94%の国民が団結できる問題というのはわりとバカにならない。政策に反捕鯨を掲げることは得票率にも大きな影響があることでしょう。なるほど。
このあたりの理屈を感情論や倫理問題にすり替えてるフシはありますね。
政治における反捕鯨の効能
スレでも言われており、今回初めて管理人は知りましたが、ベトナム戦争の枯葉剤の批判をそらすための政策という側面。そんな説もあるんだそうです。その結果、クジラが環境問題のシンボルに祭り上げられてしまったということです。
もっともこれはアメリカが正直に白状するとは思えないので、真相は分からない。アメリカもオーストラリアも牛肉の輸出が多いですから、クジラを獲られちゃ困る!という本音もあるかもしれません。
正直そんなん知らんがな!という感じですが、これに関してはアメリカとオーストラリアの利害が一致しているということこそが問題でしょうか。
「クジラは絶滅に瀕した地球最大の哺乳動物である。このクジラ一頭を守ることが出来なくて、どうして地球と人類を守れるか。」という苦しい観念論的主張は、環境保護運動の対象を、重化学工業や戦争から、捕鯨に矛先を変えさせた。
クジラは環境保護のシンボルに祭り上げられ、「大量消費文明に首まで漬かった生活を享受しているが、さしあたりクジラは食べない人々」の贖罪意識に大いに訴えた。
「アメリカの正義」を信じる選挙民たち(そして環境保護団体のありがたい資金調達源たち)の多くは、自動車で外出しビーフステーキやフライドチキンを食べ戦争継続中の政府の支持に一票を投じながら、可哀相なクジラたちのために清い涙を流した。
(参考:商業捕鯨撤退までの経緯Ⅱ
日本の言い分
日本捕鯨団体の公式サイト
↑コチラにキレイにまとまってます。これのどこが納得いかないのかよく分からないですが、どんな理不尽な理由でも、文句言い続けられると、嫌われることが苦手な日本人としては「もう別に捕鯨はいいんじゃないの…」という意見も多くなるかもしれません。
また同じオーストラリア人であっても、捕鯨「だけ」を槍玉に上げてるひとばっかりでもなく、ダブスタの自覚のあるひともまぁいるそうです。そういうひとは自国のカンガルー云々も批判してたりします。

こうして考えてみると、アメリカやオーストラリアその他が、「政治的にどこまで日本にツッコミ入れて大丈夫なのか?」というさじ加減の問題な気がしますね。民衆のヒロイズムはまた別問題でしょうけど。
ドクターの皆様はいかがお考えでしょうか?
白鯨 上 (岩波文庫)
白鯨 上 (岩波文庫)
posted with amazlet at 15.05.07
ハーマン・メルヴィル
岩波書店
売り上げランキング: 17,460


元スレ:http://academy6.2ch.net/test/read.cgi/sociology/1207698755/

人気サイト様 最新記事

博士ちゃんねる ヘッドライン

    • ※1 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2015.5.7 21:22
    美味しいよね
    • ※2 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2015.5.7 22:16
    正しい、正しくないは関係ない
    日本人大衆相手なら、「こっちが我慢すればいいだけだろ」「こんなに言ってる人がいるなら」といくらでも譲歩するので、言ったもん勝ちだ
    理性的に説明しようとしても「出る杭打たれる」の精神で潰せばよい
      • ※3 : ドクター・ノオ・ネーム
      • 2015.5.7 23:01
      そう思っていた時期がU.K.にもありました
      やったか!?とU,S,A,も思っていました
      ちょろいもんだぜとCHINAは言いました
        • ※5 : ドクター・ノオ・ネーム
        • 2015.5.7 23:14
        出ている杭の正体はハーケンだったのです。
        打ち込みすぎた結果、落ちてしまいました。
    • ※4 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2015.5.7 23:03
    人以外の生物は食料、毛皮のため絶滅しない範囲で狩るのはええやん、犬でも猫でも
    • ※6 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2015.5.8 1:15
    実際食べたいから捕鯨でいいよね

    反対派が何を言おうが関係ないし。食べたくないなら食べなきゃいいじゃん
    • ※7 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2015.5.8 7:37
    他国による日本の捕鯨に対する妄言なんて聞く必要はない
    日本がこれから真剣に考えなければならないのは漁業のこと
    マグロなんか乱獲で絶滅しかけているじゃねーか
    • ※8 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2015.5.8 9:43
    クジラには水銀が多く含まれている。シーシェパードは結果的に日本人を救ってしまっている
    • ※9 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2015.5.8 10:03
    食いたい奴がいるから獲る。それだけ。
    なんで理由を説明しなくちゃならねんだ。
    なんで反対派の許可が必要なんだ。お前らは何様なんだと。
    • ※10 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2015.5.8 11:46
    資源保護の観点から論じればいいけど、賛成派に「食べたいから獲る」っていう意見がでると一気に劣勢になるね
    正直、今の調査捕鯨で出回ってるミンクとか、近海のイワシとか、ほぼ詐称のクジラもどき(実質は大型のイルカ)は不味い
    ガキの頃に食ったシロナガスクジラなら食いたいと思うが、今のクジラ肉に「文化だ、伝統だ」とかの理屈つけてまで食いたいとは思わない
    そこに来て「可哀想だから」とか、ワケの分らない思想を持ち込まれても、正直付き合いきれんよ

    あと、スレ主は間違ってるけど、捕鯨賛成派=捕鯨推進じゃないよ
    少なくとも日本の捕鯨関連事業は、推進じゃなくてギリの維持をしたいだけ
    昔日の商業捕鯨のように、船団組んで南氷洋まで行っても、今では採算合わないってもうとうの昔に立証済みだもん
    ただここで引くと、沿岸のイルカ(小型クジラ)駆除ができなくなって、近海漁業や養殖が大打撃を受けてしまう
    日本が鯨(を含む海棲哺乳類)の権威であるっていう姿勢は見せ続けないとね
    • ※11 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2015.5.8 12:27
    美味いじゃん
    それだけ
    • ※12 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2015.5.8 13:09
    そもそもなんで捕鯨「禁止」に反対するために、「推進」の根拠を提示しないといけないんだ?
    動物の殺害は一般的には禁止されてなくて、種類や状況なんかを特定して例外的に禁止されてるだけなんだから、禁止する理由に対してピンポイントで反論すれば十分だと思うんだけど。
    • ※13 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2015.5.8 14:29
    鯨類保護のために捕鯨賛成。

    鯨肉が100g88円になる可能性はなく、他の肉に比べて圧倒的に価格競争力に劣るのは確実。そのため、商業捕鯨を全面解禁して、調査捕鯨を禁止すれば、水産会社は採算の取れない遠洋でのクジラ漁から撤退する。
    そして、和歌山の沖合などでの小規模伝統捕鯨だけが残る。
    IWCが本当に鯨を守りたいなら、商業捕鯨の解禁と調査捕鯨の禁止で取引すべき。

    そもそも、南氷洋まで鯨を取りに行くことを日本の伝統とか言い出したバカは誰なんだよ。百年程度の過去を伝統と言っていいのは、歴史のないアメリカだけ。
    戦後の食糧難を鯨肉でしのいだ老害のノスタルジーを水産庁が天下り確保のために利用してるだけだろ。
    • ※14 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2015.5.8 16:58
    どこで見たのかわ忘れましたがたしか南氷洋の魚が鯨に食べられ
    (たしかミンク鯨だったと思う)
    すぎてその辺に生息してるペンギンが亜種化しそうって話を見ました
    • ※15 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2015.5.8 16:58
    日本近海の鯨は乱獲されまだ元の環境に戻っていない
    近海捕鯨再開までの繋ぎが南極海での調査捕鯨
    もしここで捕鯨が途絶えてしまうと捕鯨のノウハウが廃れるだけでなく
    鯨食文化も廃れる
    特に鯨料理を提供しているお店が減ってしまうことは食文化が大きく後退することになる

    世界中で捕鯨している国は沢山ある
    アメリカ、カナダ、ロシアなどの先住民
    日本を含めた環太平洋の島々、そしてノルウェー
    日本近海での捕鯨環境さえ整えばノルウェーのようにIWCを脱退して商業捕鯨を再開するのは確実だと思っている
      • ※18 : ドクター・ノオ・ネーム
      • 2015.5.8 17:36
      南極海での捕鯨のノウハウと、日本沿海での捕鯨のノウハウは全くの別物じゃないの?
      南極海での捕鯨のノウハウが失われても、日本の伝統捕鯨のノウハウが失われることにはならないと思う
      水産会社の冷凍装置付き大型捕鯨船による捕鯨がなくなっても、漁協の小型漁船による追い込み漁はすたれないのではないだろうか

      和歌山とかの本当に伝統として鯨を捕って食べていた人達の鯨食と、東京の料亭や大阪の専門店で珍味として出す鯨料理をいっしょくたに論じるのも違和感がある
      前者の喪失はまさに文化の喪失だが、後者の鯨料理についてはその歴史を紐解いてみないと
      ひょっとしたら南極海での近代捕鯨が始まってから生まれた、最近の料理にすぎないのかもしれない
        • ※25 : ドクター・ノオ・ネーム
        • 2015.5.9 8:29
        200海里で捕鯨船を使って鯨を捕るノウハウが南極海での捕鯨のノウハウと全く別物って発想の論拠はなんだ?
        わざわざ近海と書いているのに沿海=沿岸に話のすりかえとか気持ち悪い
        専門店と和歌山みたいな古式捕鯨の町との混同だってしてないのに勝手に勘違いして突っかかってくる前に少しは検索して勉強してから書けって思ってしまう俺は心が狭小な人間か?

        和歌山や千葉の沿岸捕鯨(イルカを含む)は癖が強くて食用に向かないハクジラを主に捕っている
        それに対し専門店などで主に出すのはミンククジラなどのヒゲクジラ
        だから古式捕鯨は地域の伝統であっても日本全国の伝統とまでは言えない
        それに対しヒゲクジラは美味とされ戦後の食糧難の時代は給食などでも食べられた日本食

        歴史で言えば先史時代から捕鯨していたと言われるし奈良時代の文献に捕鯨が出てくることから日本の鯨食文化は1200年以上の歴史があると言っても大衆食になるのは江戸中期に日本各地に鯨組が登場してからだろう
        江戸期中期から幕末までに2万頭以上捕られたと言うし人口も今よりずっと少なかったことを考えれば伝統って言っても差し支えないだろ?

        鯨食を日本の伝統じゃないと言い出せば「ものづくり大国日本」とか言っているけど戦後の話だし和牛だって野球だって相撲だって大抵のものは日本の伝統文化じゃなくなるんじゃないですか?
    • ※16 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2015.5.8 17:06
    とりあえず、反捕鯨派はくそあほ低知能ってことでFAだな
    • ※17 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2015.5.8 17:36
    普通にしてろよ 無理に撮ることもないし規制することもない
    • ※19 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2015.5.8 17:39
    反捕鯨派が生き物を一切食わなくなってからほざいて下さい
    • ※20 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2015.5.8 19:15
    捕鯨ネタは煙草ネタ並みに荒れるねぇ
    普段の博士ちゃんの参加者とは、明らかに客層が違いますな
    どう収めます、管理人さん?
    それとも週末だし、荒れるに任せます?
    • ※21 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2015.5.8 19:47
    万物の霊長だなどと喚くつもりはないが
    70億を超えた種としての責任のとり方というものはあると思う
    それは地球環境を変えうる存在だという自覚だ
    海洋資源は枯渇させます、管理はしませんでは成り立たんでしょう
    その管理・研究すべき様々な種の中にクジラは含まれます
    自覚あればこそ、捕鯨とその生態研究は止められないと考えます
    • ※22 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2015.5.8 19:55
    よく南極捕鯨が伝統じゃないっていう意見あるけどこれはおかしいよね
    だって捕鯨は捕鯨なんだから
    時代が進めば伝統だって手段の変化があって当然、
    トラクターや電気炊飯器使うから米食は日本伝統の食文化じゃないなんて言うやつがいるかい?
    伝統だと言ってるのは鯨を取って食うという本質部分なのさ
      • ※23 : ドクター・ノオ・ネーム
      • 2015.5.8 21:02
      70年代の「21世紀の想像図」みたく、鯨牧場が実用化できればいいのにな
      (優先度から言ったらウナギの養殖化が先だけども)
    • ※24 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2015.5.8 21:07
    この手の反対運動の理由付けに、環境保護みたいな聞こえのいい言葉を
    持ち出すのは本当に厄介だと思うわ
    根底に政治的な思惑やイデオロギーがあったとしても、
    それらを隠してまともに見せることができるんだからさ
    • ※26 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2015.5.9 12:04
    「鯨食うのに何が文句あるんだ」って言ってる奴らって、ほんとに鯨を食ってるのかな?
    鯨を食うこと云々より、外国から文句言われるのが癪に障るっていう、それだけじゃないの
    そんなの「鯨は知的動物だから殺すな」って言ってる連中と五十歩百歩だよ

    今、日本で流通してる鯨肉の量は、明らかに調査捕鯨で下賜されてる量を上回ってる
    要は沿岸漁の分なんだけど、この小型鯨(=大型イルカ)の肉ってのは結構美味くない(ハッキリ言うとまずい)
    でも、捕鯨関連事業として、採算度外視とか補助金出しても、やらなきゃいけない理由がある
    それを認識した上で「俺は高い金出してもこれを食う」ってんなら、それはそれでポリシーだとは思うが、
    そうじゃないなら、こういった論議に変なイデオロギーは持ち込まんで欲しいけどね
      • ※27 : ドクター・ノオ・ネーム
      • 2015.5.9 14:56
      >鯨を食うこと云々より、外国から文句言われるのが癪に障るっていう、それだけじゃないの
      それは正論だろう
      大げさかもしれんが自由の侵害、人権侵害だぞ
      守ろうとするのは当然じゃないか
      「鯨は知的動物だから殺すな」なんて迷信なうえに客観的正当性もないやんけ
      • ※28 : ドクター・ノオ・ネーム
      • 2015.5.9 15:22
      逆だよ
      これはイデオロギーの闘争なんだ
      論理だけで見れば捕鯨賛成派が圧倒的に有利だろ
      何故反捕鯨派が世界の趨勢にいるのか考えたことある?

      反捕鯨は白人文化による有色人種文化に対するイデオロギー闘争だはっきり見えてくる
      捕鯨文化は環太平洋で古く長く広く行われてきたモンゴロイドの文化
      それに対し旧約聖書で神聖な動物とて出てくることで鯨を食す文化が殆ど育たなかった白人の文化

      欧米は散々鯨油をとる為だけに数種の鯨が枯渇するまで捕ってきてさも正義面して日本の捕鯨を攻撃しているが
      鯨食文化が無くなっても全く問題ないという発想自体が他文化に対する差別をありありと映し出している
      反捕鯨を気軽に語っている欧米の一般市民の多くが反捕鯨の発想自体がレイシスト発言だとまだ気付いていない

      でも反捕鯨は潜在的意識の中に有色人種を差別する気持ちが無ければ口にすることを憚ってしまう類のもの
      その差別発言が大手を振って叫べるのは日本人もこれが差別発言なんだと気付いていなし
      白人側もまだ多くが気付いていないからでしかない
        • ※30 : ドクター・ノオ・ネーム
        • 2015.5.10 11:04
        イデオロギーの闘争なら、「文化だ、伝統だ」とか「資源保護」だとかの理屈を掲げる必要なはいと思いますがね
        この板では特に、そういったイデオロギーを持ち込まず、純粋理論で語り合うっていうのが趣旨だと(勝手に)思ってます
        何のために捕鯨事業が補助金を突っ込んでまで継続してるのか、なぜ美味くもない肉を流通させてるのか、
        その辺の論議も必要でしょうってことです
          • ※32 : ドクター・ノオ・ネーム
          • 2015.5.10 14:15
          何言ってる逆だろ?
          イデオロギーの闘争なら科学的なデータなんて必要ないんだろ
          日本はイデオロギーの闘争に持ち込まない為に論理的な説明に終始し仕舞いに譲歩して調査捕鯨なんて名目で捕鯨する卑屈な態度から虐められっ子状態に陥っているんだろ

          今の非論理的なイデオロギー中心の反捕鯨が優勢なら
          捕鯨賛成派も論理など二の次にして堂々とイデオロギーで訴えていくしか劣勢を挽回することは無いと思っている
          鯨食文化の否定はレイシズムだと大声で世界に言って差し上げることが捕鯨文化を有するモンゴロイド唯一の先進国としての責任もあると思っている

          いやそれ以上に論理で筋を通しても白人のイデオロギーに気圧されたなんて歴史を刻むのは国連にとっても良い事ではないし有色人種全体にとって大きな負の歴史になる
          お互いの文化を尊重し合うという人権の基礎を揺るがす愚行を日本が気弱だったからと理由で歴史に刻んでは人類全体が損をする
  1. けっこう盛り上がってますネ!
    長くなるので一部だけ。

    -------------------
    ※8ドクター
    >クジラには水銀が多く含まれている。

    これよく言われることですが、必ずしもそうではないというデータが、捕鯨協会の公式サイトにありました。
    -------------------
    ※10ドクター
    >「食べたいから獲る」っていう意見がでると一気に劣勢に

    実は管理人もそう思わないでもないです。例え本音がそうであったとしても。
    ----------------------------
    ※13ドクター
    >南氷洋まで鯨を取りに行くことを日本の伝統とか

    ※22ドクター
    >伝統だと言ってるのは鯨を取って食うという本質

    うーん、どちらも一理ある感じですね…。
    文化の保護というのも大事だけど、捕鯨それ自体のノウハウ(特殊な設備など)なんかを継続して生産、整備していくのも大事かなと思います。
    こういうのはたった数十年途絶えただけで、もう復活は難しくなったりしますし。
    ----------------------------
    ※20ドクター
    >週末だし、荒れるに任せます?

    基本的にコメント欄は好きなように使ってほしいなと思います。
    他サイトに比べたらこんなの全然荒れてるうちに入らないですしね。
    皆さん好きなこと書いてストレス発散してっていただきたい。
    ドクター同士の暴言だけ、気をつけていただければ。
    ----------------------------
    ※21ドクター
    >自覚あればこそ、捕鯨とその生態研究は止められない

    うーん、たしかにそうですよね。実態を知ることはやっぱり大事だと思う。増えすぎても困るだろうし。
    ----------------------------
    ※24ドクター
    >環境保護みたいな聞こえのいい言葉を持ち出すのは本当に厄介

    捕鯨以外の様々な問題にも言えますね。
    わかってわざとやってるひとと、自分に酔ってるひとの区別がつきにくいというのも、話しを複雑にしてます。
    ----------------------------
    ※26ドクター
    >「鯨は知的動物だから殺すな」って言ってる連中と五十歩百歩

    ※28ドクター
    >これはイデオロギーの闘争なんだ

    うーん、これはどちらかというと、※28ドクターのご意見に賛同。
    クジラを食べるのが少数派だから生贄にされた感はありますが、日本はけっこうフェアにやってると思います。
    • ※31 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2015.5.10 11:25
    イデオロギーの闘争だというならば、そこはやっぱり世間には歪んで伝わってますよ
    欧米も日本も双方とも、鯨はシンボリックなもので、本丸はイルカ(小型鯨)です
    回遊性の大型鯨については、日本が主張するほど増えては無いし、欧米主張のゴリラほどの絶滅危惧種でもない
    要は何も分ってないって言うのが本質です
    日本が提示する餌の問題についても、「そういう側面もある」っていう、結構強引な統計の読み方です
    無論欧米の主張する鯨の神聖性なんてのは、何の根拠もありません

    ただ、繁殖力の強い沿岸イルカ類については、明らかに一部の国の漁業を圧迫する存在になってます
    生態系のヒエラルキーで言うと、都会におけるカラスのような存在です
    そのコントロールに人間が介在すべきかどうかっていうのが、事の本質です
    水産事業を国是とする国の多くが、捕鯨を是とするのもそいうことですし、
    国内の水産関係者の声を潰してでも反捕鯨を標榜する国があるのもそういうことです


    鯨とイルカの科学的分類が近年曖昧になったのもそのせいだし、
    イルカ漁を理由に世界水族館協会から資格停止の裁定が下ったのも、そこが本丸だからです
    その辺のとこを専門家(漁業関係者や学芸員、所轄官僚の人)から本音を聞きたいもんですが、
    まあ今の情勢ならば誰もが口をつぐむんでしょうね
    • ※33 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2015.5.10 16:33
    [返信 引用]の機能がまともに使われてないような・・・
    使われてても「ぶら下げるのは、そこと違うのでは?」ということもあるし
    • ※34 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2015.5.11 14:28
    アメリカ人「日本人はなぜ鯨を殺そうとするんだ」
    日本人「どうして鯨を殺してはいけないんですか?」
    アメリカ人「鯨は賢い動物だからだ!」
    日本人「では仕方ない。これからはアメリカ人を殺しましょう」
  2. >要は何も分ってないって言うのが本質です

    ある程度のサンプルがあればその個体全体を類推することは可能って聞いてるんですが、それも日本の立場の話しでしょうかねぇ…
    ----------------------
    >[返信 引用]の機能がまともに使われてないような

    返信がちゃんと動いてないってことではないですよね?
    まぁ好きなように使っていただければ。
    ----------------------
    >では仕方ない。これからはアメリカ人を殺しましょう

    アメリカ人の竜田揚げとかまずそうだし、あんまり食べたくないナァー笑
    • ※36 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2015.5.18 20:21
    >何のために捕鯨事業が補助金を突っ込んでまで継続してるのか、なぜ美味くもない肉を流通させてるのか、

    むしろ調査のどこが悪いのか伺いたいところですけど?
    あなたは魚の資源調査にも反対なのですか?
    「美味くもない」って・・・(笑)
    あなたの個人的な感想はどうでもよろしい。
    食べたい人がいるから流通してるのだから。

    あと南氷洋で獲ることのどこが悪いのですか?
    反対してる人は南極海でオキアミやマゼランアイナメが商業捕獲されてることをどう思ってるのです?
    反対派の人は魚で当たり前に行われてることなのに、鯨で行ったらなぜか「反対!」する奇矯なお人なんですかねえ。
    • ※37 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2015.5.18 20:33
    >回遊性の大型鯨については、日本が主張するほど増えては無いし、欧米主張のゴリラほどの絶滅危惧種でもない

    なんか日本の主張を見たことすらない人がことさら「日本の主張ガー」って言い出すよな。
    日本はIWC科学委員会の推測数、つまりIWC公認の数を根拠にしてるんだが。
    でそのIWC科学委員会は南極海クロミンクの数は50万以上と出してるだぞ。

    そもそも南極海クロミンクは一度も乱獲されたことがなく昔から今も何十万という数がいる。
    だからこそIWC科学委員会は反捕鯨国が提出したモラトリアムに反対したんだ。
    • ※38 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2015.8.22 15:39
    賛成派というのは、大抵が食糧難などの歴史的背景をもちすでに慣習化した自明な意見です
    反対派が根拠やメリットを示さずに論議は進みませんし始まりすらしません
    スレタイから意味不明な煽り文なので、なぜまとめたのか甚だ疑問のスレですね
    ちなみに私は捕鯨に対して賛成も反対もしない、オレ漁師でもクジラでもねーもん知らんがな主義者です
  1. トラックバックはまだありません。


コメ欄での議論はおおいにけっこうですが、当サイトではドクター同士の罵り合いは禁止となっております。反論する際には、相手の意見・人格を尊重し、どうぞ冷静に。
*