人気サイト様 最新記事

博士ちゃんねる ヘッドライン

レスの強調ウゼェー!というドクターへ

レス内の強調表示をOFFにする コチラをクリックして切り替えてください。設定は30日間Cookieに保存されます。
現在のステータス:強調有効

吸血鬼について語るスレ @ [民俗・神話学板]


吸血鬼について語るスレ @ [民俗・神話学板]
3: 天之御名無主 2011/01/23 22:21:10
オカ板で語れ
5: 天之御名無主 2011/01/24 17:45:33
学術的に語りたいからあえて民俗板に立てたんですよ。
オカルトじゃなくて学問として。
さあ語れ。
8: 天之御名無主 2011/01/26 20:38:22
・被害者が強制的に同類眷属に仲間入りさせられる。
・日中は棺おけの中で眠っていて、夜になると活動する。
・太陽の光や、にんにくの匂い、十字架などの弱点が明確に設定されている。

日本にはこれだけシステマチックに構築された妖怪像は無いよね・・・

という切り出しはどうでしょ
9: 天之御名無主 2011/01/27 19:11:56
>>8偉い!何にせよ第一歩を踏み出す者、道を拓く者は偉大。(私は>>2>>7)

そう言えば、日本の伝承には吸血鬼は存在する?
中国には吸血鬼の伝承があった気がするけども…
少しググッて出直します。
10: 天之御名無主 2011/01/27 19:40:34
>>8
>・被害者が強制的に同類眷属に仲間入りさせられる。

これをケガレとして考えれば、構造的には日本文化の中にも同様のシステムを見出せるな。

>・日中は棺おけの中で眠っていて、夜になると活動する。
>・太陽の光や、にんにくの匂い、十字架などの弱点が明確に設定されている。

妖怪を妖怪たらしめている現象以外の状態は、むしろ文学の領域だ。
弱点という発想自体が、既に状況の時間的変化を想定してのことだしな。
11: 山野野衾 ◆m6VSXsNcBYte 2011/01/27 21:49:34
>そう言えば、日本の伝承には吸血鬼は存在する?
ガマやヘビ、野衾(ムササビやコウモリ)が吸血したという伝承はあります。
また、香川県には山姥がガマに化けて吸血したという伝承もある。

文学ですが、井原西鶴が描いた「紫女」というのも、同棲していた男の血を
吸い、それがために男は半死半生になったというものでしたね。


ただ、死者と関わった話は見られません。
ミサキが近いでしょう。死者が化けてなり、生者が殺されて仲間になる。
中国でも、横死者は横死者を産んで同族化するという伝承がある。

吸血鬼というのも、地域により事情は異なったでしょうが、元々死体か
ら抜け出した鳥型の霊魂が、生気を吸い取るというものであったらしい。
それを血と直接的に現したのは、やはりお国柄でしょうね。
12: 天之御名無主 2011/01/28 17:14:45
吸血鬼の定義ってどんなの想定してるのかな。
血を吸う怪物ってことでいい?
ヴァンパイアの語源である不死者の側面から見れば、
中国起源の牡丹灯篭もそれっぽい印象なんだけど・・・どうだろ。
13: 天之御名無主 2011/01/28 20:26:18
牡丹灯篭にはロシア民話にも似たようなシチュエーションのものがあったな。
ゴーゴリがそれを題材にして怪談を書いていた。
牡丹灯籠 (Wikipedia) 牡丹灯籠 牡丹灯籠(ぼたん どうろう)は、中国明代の小説集『剪灯新話』に収録された小説『牡丹燈記』に着想を得て、三遊亭圓朝によって落語の演目として創作された怪談噺である。『牡丹燈記』は、若い女の幽霊が男と逢瀬を重ねたものの、幽霊であることがばれ、幽霊封じをした男を恨んで殺すという話で、圓朝はこの幽霊話に、仇討や殺人、母子再会など、多くの事件と登場人物を加え、それらが複雑に絡み合う一大ドラマに仕立て上げた。圓朝没後は、四代目橘家圓喬・五代目三遊亭圓生・六代目三遊亭圓生・五代目古今亭志ん生・初代林家彦六など歴代の大真打が得意とした。
17: 天之御名無主 2011/01/29 14:10:38
血を吸われて同化される、というのは、
血筋や血統の意識とも関係してくるのだろうか。
18: 天之御名無主 2011/01/29 18:44:46
おおいに関係あるかも
日本では異端異分子を排除抹殺するから怨霊の概念が通俗化した
23: 天之御名無主 2011/01/31 19:22:46
自殺した人が吸血鬼になる、というのは、
ものすご~くキリスト教的な発想だよね。
24: 天之御名無主 2011/01/31 20:06:43
棺桶に苦手な筈の十字架の彫り物があったりするんだよね
26: 天之御名無主 2011/02/01 23:17:30
吸血鬼はいろいろな要素があるが、まず第一に肉体をとって墓から帰還した「生ける屍体」のはずだが、
スラヴには人間が生身のまま(つまり生きながら)吸血鬼になるケースもあるらしい
魔女や妖術師、妖怪などと区別がまったく付かない
27: 天之御名無主 2011/02/02 18:46:40
魔女狩りはあったけど吸血鬼狩りは無かったみたいだね。
29: 天之御名無主 2011/02/09 17:48:32
てか世界各国に伝承あんのね。西欧、中央、東欧、中東、アジアでそれぞれ起源とイメージ違いそうだ。
30: 天之御名無主 2011/03/14 23:35:25
吸血鬼は人から血(精気)を吸う(奪う)イメージが強い
ゾンビは人にゾンビ菌(病原菌)を与えるイメージが強い
同じ仲間を増やすのでも正反対のような気がする
32: 天之御名無主 2011/03/18 23:25:31
ゾンビが感染するのは映画が元ネタで、吸血鬼の特徴を取り入れたもの。
37: 天之御名無主 2011/05/06 02:59:17
>>30
病原体を与えるってのはすごーく最近ここ10年くらいのイメージだと思うが
理屈もへったくれも無く無く増殖する昔の映画のゾンビなんかは
単純に奴らに殺されると呪われるといった類のモンだと思うし
吸血鬼のそれも然りだろう

ただ、吸血鬼なんかの話考えてると不思議なのは
対抗勢力としてカソリックの人物やアイテムが登場するが

墓から甦った死者なんつーのは黙示録で神に祝福された神の国に入れる人々だとか書いてあるんじゃないのかとか、
その為に、キリスト教徒は未だに土葬なんてやってんじゃないのかとか、

その辺、その文化圏の人たちはどんな風に折り合いつけてんのか不思議に思うな
38: 天之御名無主 2011/05/07 01:13:05
>>37
完全な「復活」は、その通り神聖なものと同じことになってしまうので、
吸血鬼は肉体がなく魂だけの存在だとか、肉体に悪魔が乗り移ってるだけだとか、
そういう理屈付けをして「完全ではない」と区別を試みることはあったらしい。

しかしそもそも、そういう神学的な折り合いは専門家の領分であって、
実感のある当事者には区別する興味も、必要もないだろう。
35: 天之御名無主 2011/04/12 03:31:42
美男の精液を吸うのはベネズエラの吸精鬼だけなのかい?
39: 天之御名無主 2011/05/10 14:22:52
物語要素は殆どワラキアの例の人が元で
それにカソリックと異なる文化圏の習俗や
忌避される現象等が合わさった感じか。
ワラキア (Wikipedia) ワラキア ワラキア(英語:Wallachia、ルーマニア語:Valahia、ハンガリー語:Havasalföld )は、ルーマニア南部の地方名である。ルーマニアの首都ブカレストがある地域で、かつては14世紀に建国されたワラキア公国があった。ここでは、古代に始まり、モルダヴィアと統合してルーマニア王国が成立するまでのワラキアの歴史を主に記す。
40: 天之御名無主 2011/05/11 01:34:39
ヨーロッパの西と東で「腐らない死体」への解釈が180°違う。
西では「腐らない死体」は聖者として崇められる。

例えばフランシスコ・ザビエル。
法王庁は「本当に腐らないのか? 確認のため、手首を斬って送れ」と指示している。
(この厳密さが如何にも西洋人だね)。
 
いっぽう東ヨーロッパだと「腐らない死体」はヴァンパイアに認定されてしまう。
42: 天之御名無主 2011/07/21 18:20:07
吸血鬼に関する書籍って少ないね……「吸血鬼伝承」は絶版だし、あとは新紀元社の本ぐらいしか知らない

何か良書はないかな?
43: 天之御名無主 2011/07/21 19:53:35
関係してそうな書籍を手当たり次第に読んでみるしか無い気がする

「スラヴ吸血鬼伝説考」という本が河出書房から出てるけど……
44: 天之御名無主 2011/07/21 21:50:15
>>43
図書館行くしかないですね
ググッたら「吸血鬼伝説」ってのが「知の再発見」双書でありましたが……読んだ人います?
54: あああ 2012/07/29 14:02:37
吸血鬼伝承はうちにあるよ?
それより、ノスフェラトゥスって吸血鬼だよね?
管理人より:「ノスフェラトゥ(Nosferatu)」とはルーマニア語で「不死者」を意味するようです。転じて吸血鬼一般を意味する言葉になったとか。
「吸血鬼ノスフェラトゥ」という映画があって、これで有名になった感がありますね。
吸血鬼ノスフェラトゥ [DVD]
アイ・ヴィ・シー (2004-09-24)
売り上げランキング: 67,684
55: 天之御名無主 2012/07/29 15:06:15
ドラキュラを吸血鬼と訳したのは明らかに誤訳だよね?
本当は神聖ローマ帝国のドラゴン騎士団に所属したウラド公の子=ドラゴンの子=ドラキュラ

ですよね?
56: 天之御名無主 2012/07/29 17:54:11
「ドラキュラ」を吸血鬼とするのはストーカーの小説がもとになっているわけだし、
そういう意味では誤訳ではないだろう。
60: 天之御名無主 2012/09/27 22:06:24
ツェペシュ公の評価自体も最近は見直されつつあるそうだし
吸血鬼は完全に歴史と切り離されてキャラクターになるね

ほぼなってるけどさ
ヴラド・ツェペシュ (Wikipedia) ヴラド・ツェペシュ ワラキア公ヴラド3世(Vlad III , 1431年11月10日 - 1476年12月19日)、通称ドラキュラ公または串刺し公(Kazıklı Bey /Vlad Drăculea / Vlad Ţepeş)は、15世紀のワラキア公国の君主。諸侯の権力が強かったワラキアにあって中央集権化を推し進め、オスマン帝国と対立した。
日本ではしばしば「ヴラド・ツェペシュ」と表記されるが、「ツェペシュ」は姓ではなく、ルーマニア語で「串刺しにする者」を意味し、「ドラキュラ」と同様にニックネームであって、名前は単に「ヴラド」である(呼び名の項を参照)。
ブラム・ストーカーの小説『ドラキュラ』に登場する吸血鬼・ドラキュラ伯爵のモデルの一人として知られる。現在は、ルーマニア独立のために戦った英雄として再評価されている。
57: 天之御名無主 2012/09/08 20:59:07
串刺し公と言われて吸血鬼がすぐに思い浮かぶ人は多くなさそう
58: 天之御名無主 2012/09/09 15:04:47
アレイスター・クロウリーは敵対勢力との魔術合戦で吸血鬼を送られたらしいから
やはり吸血鬼というのはアストラル界の生き物じゃないのかな?
アレイスター・クロウリー (Wikipedia) アレイスター・クロウリー アレイスター・クロウリー(英語: Aleister Crowley、1875年10月12日 - 1947年12月1日)は近代西洋儀式魔術の秘密結社、黄金の夜明け団から独立した神秘主義者、魔術師。
61: 天之御名無主 2012/10/17 23:42:33
結局のところ一番有効な説の吸血鬼の弱点ってなんぞ?
杭なのかな?吸血鬼じゃなくても杭で心臓を刺せば死ぬと思うんだが
62: 天之御名無主 2012/10/18 10:34:19
不死者を永遠に葬るってことでは
63: 天之御名無主 2012/10/18 15:19:07
まず吸血鬼の定義が曖昧で弱点もなにも無いと思います。
67: 天之御名無主 2012/11/27 15:23:02
>>61
>杭なのかな?吸血鬼じゃなくても杭で心臓を刺せば死ぬと思うんだが
弱点云々はともかく、そこに疑問を持つ理由が、さっぱりわからないんだが
あれは、本来死んだはずの死者がさまよって徘徊するので、改めて「確実に死ぬ処置」を施すという儀式なので
その処置が普通の人間であっても死なせうる行為なのは、当たり前じゃないか?
 ツッコミにもならん

君が知りたいのは、正確には「生者と吸血鬼を区別しうる、後者だけ(あるいは前者だけ)に意味を持つ行為」じゃないかな
であるならば、そもそも杭は候補に上がらない
69: 底辺鬱酉 ◆p48dU4aD6miI 2013/02/18 22:35:03
俺個人の見解だけど、70年代以降の映画に登場する、生きている屍体型「ゾンビ」とは、ニューエイジにおける吸血鬼の変異だと思ってる。
・頭部を破壊されると死ぬ(活動停止する)
・被害者を襲って目的を果たした後に、相手を自分たちの眷族に引き入れる
この二点が吸血鬼との共通点。
また「ゾンビ」が引き継がなかった吸血鬼の特徴として
・日光を嫌い夜間のみ活動する
・活動不能の時間には、決まった場所に帰る(定住型)
・十字架、聖水、ニンニクの匂い等、何らかのシンボル的なものに弱い
などがある。

キリスト教的価値観からの脱却を目論んだニューエイジ思想が求めた、寓意としての「ゾンビ」を吸血鬼の末裔として考えたときに、欧米人の持つ恐怖の本質が見えて来るように思える。
70: 天之御名無主 2013/05/07 02:13:39
>>69
ですね。
そのゾンビの基本設定は、ゾンビの監督・脚本のジョージ・A・ロメロの発案。
ロメロは、ゾンビ以前に撮った、細菌兵器で人を殺人鬼化させる「クレイジー」のシチュエーションと、ブードゥー教のゾンビ伝説と、吸血鬼ドラキュラの設定を組み合わせて創作したのだろうと思う。
管理人より:映画史上において、燦然と輝く名作ホラー「ナイト・オブ・ザ・リビング・デッド」。
そういえばロメロ監督は「最近のゾンビ映画は動きが速すぎる。走ったりするゾンビはなんか違う」って言ってたそうです。
ナイト・オブ・ザ・リビング・デッド コレクターズBOX [DVD]
デックスエンタテインメント (2005-12-23)
売り上げランキング: 31,777
72: 天之御名無主 2013/06/08 04:02:29
>>70
クレイジーズってナイトオブリビングデッドの後じゃなかった?
75: 天之御名無主 2013/11/12 00:42:37
ヴァンパイアっていう古い映画で
階段で転んで死んだり、小麦に押しつぶさて死ぬくらいだから
殺せるんじゃね?
76: 天之御名無主 2013/11/12 20:03:49
とりあえず日光は例外なく弱点になりえるのでは、とは思ってる。
77: 天之御名無主 2013/11/12 21:05:44
しかし作品によっては日光浴びても死なない(力が落ちるだけ)の
ドラキュラやカーミラみたいなヴァンパイアもいるしな
79: 天之御名無主 2013/11/13 16:33:06
吸血鬼は死んでいるようで死んいないんだ
ただ生命力が人よりも強いだけ
だから物理的殺そうと思えば殺せる
剣や斧でズタズタでもよし拳銃やライフルで撃ち殺してもよし
異論のある方どうぞ
80: 天之御名無主 2013/11/14 03:36:49
僕は肉体の中に魂があるうちは完全に殺せないと思うな
たとえ八つ裂きにされても魂そのものが呪われているんじゃあね
解呪して魂を昇天させるほかないんじゃないかな

吸血鬼のことなら管理人に任せろ!…と勇んでまとめてたのですが、だいたい主要な情報は出てるようですね。
なのでヴァンパイアが出てくる作品について。

一番最初に文学?に登場するのはジョン・ポリドリのルスウェン卿というヴァンパイアが主人公の「吸血鬼」という作品。
これは、詩人のバイロンが友人と怪談話で盛り上がった時に、それぞれで幽霊の小説を書いてみようということになったんだそうですね。
その時居合わせたメアリー・シェリーが「フランケンシュタイン」を、時間をおいてポリドリが「吸血鬼」を書いたと。単なる思いつきから、誕生したふたつのモンスター。
その後シェリダン・レ・ファニュの「吸血鬼カーミラ」、ブラム・ストーカーの「ドラキュラ伯爵」が大ヒットし、ヴァンパイアは一気にゴシックホラー界のスターダムに。
以後大量のヴァンパイア小説、映画が作られることになりました。

近年で話題になったのは、アン・ライスの「夜明けのヴァンパイア」から始まる「ヴァンパイア・ クロニクル」シリーズでしょうかね。
なんか腐女子臭いストーリーでしたが、面白いことは面白い。「インタビュー・ウィズ・ヴァンパイア」というタイトルで映画化もされて、トム・クルーズがレスタト役で、ブラッド・ピットがルイ役で出てましたね。(腐女子歓喜ですよ)

管理人も万一ヴァンパイアになることになったら、夜な夜な美女の血を吸いたいと思います。
「血ィ吸うたろかぁ~」言いながら。

そして2、3日後…

 __[警]
   (  ) ('A`)
   (  )Vノ )
    | |  | |
ヴァンパイア・レスタト〈上〉 (扶桑社ミステリー)
アン ライス
扶桑社
売り上げランキング: 127,645


元スレ:http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/min/1295689221/

人気サイト様 最新記事

博士ちゃんねる ヘッドライン

    • ※1 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2013.12.13 9:07
    吸血鬼が日光が弱点になったのは、映画の「吸血鬼ノスフェラトゥ」で
    朝日を浴びて消滅するシーンを出したためで映画用の設定
    それ以前のドラキュラ原作版とかでは昼間に外出したりしてる

    同様に狼男の弱点が銀になったのも映画のウルフマン(狼男の殺人)
    ロン。チャニーJr主演の作品で映画用の設定
    この話では銀のステッキで狼男が殴り殺される
  1. トラックバックはまだありません。


コメ欄での議論はおおいにけっこうですが、当サイトではドクター同士の罵り合いは禁止となっております。反論する際には、相手の意見・人格を尊重し、どうぞ冷静に。
*