人気サイト様 最新記事

博士ちゃんねる ヘッドライン

レスの強調ウゼェー!というドクターへ

レス内の強調表示をOFFにする コチラをクリックして切り替えてください。設定は30日間Cookieに保存されます。
現在のステータス:強調有効

中二病にオススメの文学作品ってどんなのがある? @ [文学板]


中二病にオススメの文学作品ってどんなのがある? @ [文学板]
1: 吾輩は名無しである 投稿日:2010/12/31(金) 15:48:47
教えてくれ。
81: 吾輩は名無しである 投稿日:2011/07/19(火) 04:37:13.38
中二病(ちゅうにびょう)とは、思春期の少年少女にありがちな自意識過剰やコンプレックスから発する一部の言動傾向を小児病とからめ揶揄した俗語である。
伊集院光がラジオ番組『伊集院光のUP'S 深夜の馬鹿力』の中で用いたのが最初と言われている。
「病」という表現を含むが、実際に治療の必要とされる医学的な意味での「病気」または「精神疾患」とは無関係である。
3: 吾輩は名無しである 投稿日:2010/12/31(金) 15:57:26
太宰治太宰
谷崎潤一郎谷崎
三島由紀夫三島
村上春樹村上
村上龍村上
遠藤周作遠藤
4: 吾輩は名無しである 投稿日:2010/12/31(金) 15:58:24
村上
村上
って……w
6.3追記:コメント欄で複数ご指摘を受け、↑の2連続「村上」の片方の肖像画を村上龍に変更。てっきり村上春樹を強調したくて2回書いたのかと思いましたよ、ウフフフ。
11: 吾輩は名無しである 投稿日:2010/12/31(金) 18:57:31
悪の華 (新潮文庫) 悪の華
筒井版 悪魔の辞典〈完全補注〉上 (講談社+α文庫) 悪魔の辞典
百頭女 (河出文庫) 百頭女
12: 吾輩は名無しである 投稿日:2010/12/31(金) 19:01:31
ビアスの悪魔の辞典はタイトルにつられてティーネイジャーがわくわくして読んじゃう本だなw
だも中身は芥川の侏儒の言葉と同じで箴言集。でも面白いのにね
管理人より:かくいう管理人もその昔、タイトルで釣られたわけだがね…ウフフフ。
18: 吾輩は名無しである 投稿日:2011/01/01(土) 09:26:15
ライ麦畑でつかまえて (白水Uブックス) ライ麦畑でつかまえて
21: 吾輩は名無しである 投稿日:2011/01/01(土) 17:51:32
文学なんてどれも中二病
23: 吾輩は名無しである 投稿日:2011/01/02(日) 19:40:58
山田悠介山田悠介(笑)
24: 吾輩は名無しである 投稿日:2011/01/03(月) 01:38:05
山田悠介をバカにするのとか典型的な中二病
26: 吾輩は名無しである 投稿日:2011/01/03(月) 19:57:14
>>24

中二病云々は抜きにして、伊坂幸太郎読んでから山田悠介読んでみろ。
作風は同じなのに、今まで山田悠介読む時間を伊坂幸太郎読む時間に当てなかったんだろうってなる。
29: 吾輩は名無しである 投稿日:2011/01/06(木) 19:06:12
死神の精度 (文春文庫) >>26
死神の精度とか、タイトルだけで中2患者がほいほい釣れそうだな。
28: 吾輩は名無しである 投稿日:2011/01/04(火) 13:01:29
ドグラ・マグラ (下) (角川文庫) ドグラ・マグラはかなり中二向けの作品
31: 吾輩は名無しである 投稿日:2011/01/16(日) 05:50:57
一番の中二病は文学を読めば、人間として成長できると思いこむこと。
33: 吾輩は名無しである 投稿日:2011/01/22(土) 19:12:28
Xへの手紙・私小説論 Xへの手紙
ちゃんと読んで実行すれば、そのまんま中二病から卒業
36: 吾輩は名無しである 投稿日:2011/01/29(土) 19:08:12
シャルル・ボードレールボードレール
マルキ・ド・サドサド
ジャン・ジュネジュネ
38: 吾輩は名無しである 投稿日:2011/02/09(水) 15:02:55
>>36
惜しい

シャルル・ボードレールボードレールは「ボオドレエル
アルチュール・ランボーランボーは「ランボオ
ジャン・コクトーコクトーは「コクトオ

これで今日から君も立派な中二病w
39: 吾輩は名無しである 投稿日:2011/02/09(水) 19:33:12
若きウェルテルの悩み (岩波文庫) ゲヱテ「若きヴェルテルの悩み
管理人より:なんかわかるwww
ドストエフスキーは「ドストエフスキイ」ですねw
41: 吾輩は名無しである 投稿日:2011/02/16(水) 12:02:49
太宰治太宰は中二病かなあ?
あの自堕落な感じが理解できてくるのは大学生あたりからじゃないかな。
中学生はもっと悪魔とか怪物とか殺人とか病気とか、派手なのが好きだと思う。
42: 吾輩は名無しである 投稿日:2011/02/17(木) 21:06:58
>>41
いや、中二はあんなの好きだぞ
理解云々はさておき
45: 吾輩は名無しである 投稿日:2011/02/22(火) 21:48:31.67
泉鏡花泉鏡花
雰囲気に惹かれた中二が読もうとして挫折する
46: 吾輩は名無しである 投稿日:2011/02/22(火) 21:53:25.94
>>45
入り口をナウなヤング諸氏に超バカウケの
天守物語[翻訳版] 泉鏡花 現代語訳集3 夜叉ヶ池[翻訳版] 泉鏡花 現代語訳集6 海神別荘[翻訳版] 泉鏡花 現代語訳集10
天守物語』『夜叉ヶ池』『海神別荘
にしておけば挫折する可能性が低くなる。


草迷宮 (岩波文庫) 日本橋 (岩波文庫)
で、その調子で『草迷宮』や『日本橋』に挑んでムリポになるんだが
47: 吾輩は名無しである 投稿日:2011/02/23(水) 04:47:47.67
マダム・エドワルダ―バタイユ作品集 (角川文庫クラシックス) ドグラ・マグラ (下) (角川文庫)
眼球譚ドグラ・マグラが真っ先に思い浮かんだけど。
勘違いなニキビっ面の不細工な中高生がこれ見よがしに教室で広げて読んでるイメージ。

なんつってバタイユ好きだけどね。

じゃあ逆に、中二病の対極の果ては?
51: 吾輩は名無しである 投稿日:2011/02/26(土) 13:36:27.59
>>47
「ドグラ・マグラ」の表紙で勃起し、そして「眼球譚」のサディスティックな描写でイッてしまうんですね、わかります
52: 吾輩は名無しである 投稿日:2011/02/26(土) 15:26:09.70
ダブルミッション〈上〉 (祥伝社文庫) 中二病の対極の文学はあれじゃねえの、金融業界とか企業モノのサスペンスとか。
管理人より:「企業モノのサスペンス」というと、パッと門田泰明が思い浮かんだので1個挙げておきました。
48: 吾輩は名無しである 投稿日:2011/02/23(水) 04:50:07.22
悪徳の栄え〈上〉 (河出文庫) マルキ・ド・サドを忘れてた(はぁと)
58: 吾輩は名無しである 投稿日:2011/03/22(火) 11:46:59.43
クリムゾンの迷宮 (角川ホラー文庫) クリムゾンの迷宮
怖い
61: 吾輩は名無しである 投稿日:2011/03/23(水) 10:39:58.54
幼年期の終り ハヤカワ文庫 SF (341) 押井守に影響されてハヤカワSF読んで???となってた中学時代w
管理人より:押井守が読んだかどうかわからないけど、名作を1個挙げておきます。
62: 吾輩は名無しである 投稿日:2011/03/23(水) 14:29:22.21
中学二年生だけど皆本なんて読まないよ
69: 吾輩は名無しである 投稿日:2011/04/06(水) 23:11:24.94
カラマーゾフの兄弟1 (光文社古典新訳文庫) 悪霊 (上巻) (新潮文庫) 神曲 地獄篇 (河出文庫 タ 2-1)
『カラマ』『悪霊』『神曲』

ハムレット (新潮文庫) リア王 (新潮文庫) マクベス (新潮文庫)
シェークスピアの諸作品…。
管理人より:シェイクスピアは有名なのを3つ挙げておきましたが、中学生くらいなら「真夏の夜の夢」「十二夜」「シンベリン」あたりをオススメしたい。
71: 忍法帖【Lv=6,xxxP】 投稿日:2011/04/07(木) 17:09:05.34
中二病な世界観で普通に面白い小説を読めよ 中二力が上がるし良いぞ

世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド 上巻 (新潮文庫 む 5-4) 村上春樹の「世界の終わりとハードボイルド・ワンダーランド」おすすめ
ロミオとロミオは永遠に (ハヤカワSFシリーズ Jコレクション) 恩田陸の「ロミオとロミオは永遠に」とか
麦の海に沈む果実 (講談社文庫) 麦の海に沈む果実」おすすめ

中二的な世界観でwktkできる
72: 吾輩は名無しである 投稿日:2011/04/10(日) 22:18:12.63
愛のゆくえ (新潮文庫 フ 20-1) ブローティガンの『愛のゆくえ
73: 吾輩は名無しである 投稿日:2011/04/11(月) 11:19:29.09
>>72
新潮文庫版なら神
74: 吾輩は名無しである 投稿日:2011/04/12(火) 18:20:43.82
未成年 上巻 (新潮文庫 ト 1-20) ドストエフスキーの「未成年」はタイトル通り、主人公を筆頭に登場人物数人が中二病炸裂で面白い。
75: 吾輩は名無しである 投稿日:2011/06/03(金) 18:03:43.06
ドストエフスキーは面白いよな
というか自分はドスト読んで中二病になったw
77: 吾輩は名無しである 投稿日:2011/07/13(水) 21:30:15.25
太宰や鏡花みたいに今や研究対象にされている名作ばかり出てるなw
厨二にふさわしいのは吐いて捨てるような現代のスイーツ小説じゃないか
78: 弧高の鬼才 投稿日:2011/07/14(木) 23:08:58.14
適当日記 ぶっちゃけ高田純次の適当日記は立派な文学だと思う。
83: 吾輩は名無しである 投稿日:2011/08/17(水) 22:45:10.48
人間失格 (集英社文庫) 人間失格は中二病が好きそう
それとは別にかっこつけるためにとりあえず、人間失格読んだけどとか言いたくて読んでそう
84: 吾輩は名無しである 投稿日:2011/08/18(木) 00:46:45.20
ツァラトストラかく語りき 上巻 (新潮文庫 ニ 1-1) 中二の頃は、ニーチェのツァラトゥストラをわけも分からず読んで、超人になるつもりでいたな
85: 吾輩は名無しである 投稿日:2011/08/18(木) 12:57:20.90
中二であればツァラトゥストラは、深く理解できるかは別として、表面的には(だいたい)理解できるはず。

エロティシズム (ちくま学芸文庫) おれは、バタイユの「死を前にしての歓喜の実践」を読んで死に対する渇望というものを想像していたね。
葉隠 上 (岩波文庫 青 8-1) ただ、その後「葉隠」に書いてある死生観のほうがやはり日本人にはお似合いだなと思ったけど。
現在の仕事は数学だけれども、実は文学少年だった。
はやいうちから文学に失望して数学に走ってしまったのだが、再び小説書いてみたいと思っている。
管理人より:バタイユの該当作品が見当たらず、「葉隠」もこれで合ってるか分からず。間違ってたら教えてください。
6.3追記:コメント欄でバタイユの「エロティシズム」ではないか、と教えていただきました。ありがとうございます。
87: 吾輩は名無しである 投稿日:2012/02/09(木) 12:14:28.04
中二病とか言えばかっこいいと思ってるやついるよね。
俺のほうが大人だみたいな
92: 吾輩は名無しである 投稿日:2012/06/07(木) 21:11:37.57
中二病って言葉自体が曖昧で定義が難しい。
なかば便利な言葉として使われてるし、この言葉で片付けるのは好きじゃないな
93: 吾輩は名無しである 投稿日:2012/06/07(木) 23:30:57.99
>>92
確かに。
110: 吾輩は名無しである 投稿日:2012/09/06(木) 23:25:03.26
マルドロールの歌 (角川文庫クラシックス) マルドロールの歌(ロートレアモン伯爵)
中二病から卒業できない大きなお友達向け
116: 吾輩は名無しである 投稿日:2012/12/05(水) 06:32:00.14
さかしま (河出文庫) J・K・ユイスマンス『さかしま』元祖ひきこもり、こだわりの男。
ペヤングソース焼きそばを常備してないと暴れだす引きこもり君と同じくらいのこだわり君。黒一色の晩餐会とか。
117: 吾輩は名無しである 投稿日:2012/12/06(木) 02:40:26.66
車輪の下 (新潮文庫) ヘッセ読むより中二病と言われてるアニメ見てた方がマシに思えてくることがある
88: 吾輩は名無しである 投稿日:2012/06/07(木) 14:21:32.53
太宰、三島の初期短編がまあ無難か。

次郎物語〈上〉 (新潮文庫) しろばんば (新潮文庫) 北の海 (新潮文庫 い 7-26)
下村湖人『次郎物語』、井上靖『しろばんば』その続編の「柔道一直線シリーズ」なんか思いついたが、彼らには長すぎて挫折か。
89: 吾輩は名無しである 投稿日:2012/06/07(木) 17:59:32.78
>>88
太宰はいいよな。
90: 吾輩は名無しである 投稿日:2012/06/07(木) 20:29:55.33
>>89
そうだ、厨二の勲章だw

ハイ!なかなか良いラインナップなんじゃないでしょうか。
最後の井上靖の「柔道一直線」というのがよく分からず。梶原一騎のマンガはあるようですが、原作者が違う。お分かりの方はゼヒ教えてください。
7.5追記:コメ欄で「北の海」ではないかとのことでしたので、付け加えておきました。

実は管理人、スレタイ見た時自分の中学生の頃を振り返って、

聖書物語 (偕成社文庫 3033) 中世騎士物語 (岩波文庫) 北欧神話と伝説 (講談社学術文庫) 黒魔術の手帖 (河出文庫 し 1-5 澁澤龍彦コレクション) 失楽園 上 (岩波文庫 赤 206-2) 完訳 千一夜物語〈1〉 (岩波文庫) アーサー王と円卓の騎士―サトクリフ・オリジナル シャーロック・ホームズの冒険―新訳シャーロック・ホームズ全集 (光文社文庫)

↑こういうラインナップがズラズラ出てくるスレかと思ってましたが、若干違いましたね。
ちょっぴり背伸びしたい系のアレなら、スレではかなり良いとこ突いてると思います。バタイユとか「人間失格」とかクラスメイトでハマってる子いましたもん。

当サイトはけっこうお若い方も見ておられるようですから、管理人はゼヒともこのスレのまとめを通して、ナウでヤングなドクターの方々へ言いたい。

大人になる前に、寸暇を惜しんで読書すべきです!

…とね。
中二病をこじらせて、邪気眼発動しても、「メメント・モリ」しちゃっても大いに結構。すぐに現実というのが見えてくるはずだから。それに若い内に一度手痛い目にあっておくことは決して悪いことではないです。
手当たり次第なんでもいいので、図書館・本屋さんへ足繁く通うべきです。本を読まないまま大人になるというのは、ほとんど悲劇ですからね。
読書をしたり、美しい芸術に触れてなにかを感じとる、というのは、若い時と大人になってからではだいぶん違うもの。若い内しか感じることのできない感覚を大事にしていただきたいなと思います。

そして、感受性豊かな「ステキなひと」になってくださいね!
3×3EYES(1)
3×3EYES(1)
posted with amazlet at 15.06.02
講談社 (2012-09-28)


元スレ:http://toro.2ch.sc/test/read.cgi/book/1293778127/

人気サイト様 最新記事

博士ちゃんねる ヘッドライン

    • ※1 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2015.6.2 21:23
    ここに出てんの結構読んでるなぁ… やっぱり中二病だったか自分
    • ※2 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2015.6.2 21:33
    愛と幻想のファシズムは中二っぽいと思った
    • ※3 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2015.6.2 21:38
    ドストエフスキヰの方がそれっぽい気もする
    中二病におすすめってなんだろ
    あえて聖書とかコーランとか記紀神話とか
    • ※4 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2015.6.2 22:16
    文学は読んどいた方が良かったよなぁと、夏目先生を読んで、しげしげと思ふ。
    中二にオススメは難しいですね。厨二だと学研のMU(ムー)関連の本とか、
    自分の黒歴史をほじくり返して、色々とススメたくなるんですが。
    三島の「不道徳教育講座」を読んで、「大人ってのぁ、ウン十年前から何も変わっとらん」
    とか思い出したら、立派な中二病じゃないのか知らん。
    武者小路実篤の「友情」を読んで、「ぼかぁ、こんな恋愛するもんか」とか思ったりね。
    オッサンになって振り返ってみると、案外、小っ恥ずかしいことを考えていたものです。
    • ※5 : ※4
    • 2015.6.2 22:18
    個人的には、聖書は欧米の作品(本でも映画でも)でネタとして使われることが多いし、
    彼らの生活・考え方の基盤となっているものだから、一度、ざっと目を通しといて損は無いと思います。
    • ※6 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2015.6.2 23:19
    ゴールディングの『蝿の王』かな
    小学生時代には予め『十五少年漂流記』を読んでもらった上で
      • ※17 : ドクター・ノオ・ネーム
      • 2015.6.3 21:59
      笑ったw

      そういう組み合わせ他にもあれば面白いな
    • ※7 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2015.6.2 23:37
    >>3のダブル村上はもしかして「春樹」「龍」かな?

    ニューロマンサーは下手な漫画よりずっとルビの振り方も文体もかっこいいからハマれば良質な中二になれそう
    でもめんどうな中二患者は文学は読まずラノベ、迷言集、拷問史とかを見せびらかして読んでるイメージ
    • ※8 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2015.6.3 0:12
    ※7
    じゃあ、桐生操を処方しておきます
    • ※9 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2015.6.3 1:25
    村上が2回でてきてんのはもう一人の方の村上って事だろう
    • ※10 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2015.6.3 9:27
    いわゆる、『うぇーいww』なリア充だった俺は高校で文学にはまって、まわりから遅れてきた厨二病みたいに見られてたな
  1. レス85のバタイユの作品は『エロティシズム』ではないでしょうか。
    死の直前における生命への歓喜と、世代交代の論がございます。
    • ※12 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2015.6.3 16:04
    椿姫とマノン・レスコーかな。
    椿姫はヒロインの愛読書がマノン・レスコーというところから物語は始まるし。
    娼婦との悲恋は中二病だと思うw
  2. >やっぱり中二病だったか自分

    いいじゃあないですか、どんどんこじらせましょうよ!
    ----------------------
    >あえて聖書とかコーランとか
    >一度、ざっと目を通しといて損は無い

    宗教の聖典とか、神話とかは厨二の基本ですよねー
    ----------------------
    >案外、小っ恥ずかしいことを考えていたものです。

    まさに中二病の効能ってこういうところにあると思います。
    昔の青臭い自分を振り返って、まるで他人ごとみたいに眺める…ってけっこう贅沢なことです。
    ----------------------
    >ダブル村上はもしかして「春樹」「龍」
    >もう一人の方の村上って事だろう

    あんまり村上龍って厨二っぽいっていうイメージなかったので、強調したいのかと思ってました。これは肖像画を修正してあります。どうもありがとうございます。
    ----------------------
    >レス85のバタイユの作品は『エロティシズム』では

    おーそうですか。どうもありがとうございます。追記いたしました。
    • ※14 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2015.6.3 20:02
    自分で中二病つって喜んでんのが不快
    • ※15 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2015.6.3 20:04
    どれ読んでいいか分からないから「夏の百冊」とか赤川次郎とか読んでた
    あとはやっぱりw黒魔術とか古代文明とかSF
    高校からは百冊で気に入った作家の作品と流行作家の本を読むようになった

    学生になって金に余裕ができてから文楽からロシアのバレエまで一通り鑑賞したり
    美術館に足を運べるようになった

    高校の頃夜更かしして読んだ村上春樹は、今読んでももうあの時の様には感じない
    太宰も三島も純粋に読む事は出来ない
    途中で投げ出してもいいから若いうちに色々触れておくべきだと俺も思う
    • ※16 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2015.6.3 20:59
    リアル中二のころはマザーグースを愛読してました
    文学じゃないけど
    • ※18 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2015.6.4 4:46
    自分が中二だった頃は小説も読んでたけど、それより自己啓発モノ心理学モノばかりだったなぁ。わかったフリしてた。

    なんか最近中二中二言い過ぎな気もする。
    管理人さんの言うように「背伸び」なんだし、通過儀礼と考えたら悪いもんでもないよね。
    大人になって中二発症するよりよっぽど大事。
    • ※19 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2015.6.4 12:57
    梶井基次郎の檸檬とかいいと思うわ
    中二の気持ちがわかるうちに読みたかった一冊。
    • ※20 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2015.6.4 17:40
    真っ先に安部公房を思い浮かべたのだけど、ここまでなし。
    「箱男」なんか中二心をくすぐるタイトルだと思うんだがなあw
    あとフロイト、ユングあたり。それつながりで筒井康隆も。
    • ※21 : ドクター・ノー・ネーム
    • 2015.6.6 7:02
    衒学趣味と中二病は違うだろ
    中二病文学ってのは設定だけ大仰で、それを生かした本文の無いシロモノ
  3. >自分で中二病つって喜んでんのが不快

    それはアナタの中で「中二病=蔑まれる存在」という固定観念があるのでは。
    ----------------------
    >今読んでももうあの時の様には感じない

    ホントこれですよね。スレでも出てた村上春樹の「世界の終わりと…」は管理人も高校くらいの時読んですっごくおもしろかったけど、大人になったらアレ…?ってなりました。
    ----------------------
    >通過儀礼と考えたら悪いもんでもない

    そうですね~。通過儀礼って感じはします。
    ----------------------
    >衒学趣味と中二病は違うだろ

    あー「衒学趣味」っていうワードが出てきませんでしたが、管理人がスレを読んで感じた違和感はそれだったですかね。
    まぁでも定義のない言葉ですし>中二病
    • ※23 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2015.6.10 13:55
    カラマーゾフはまじでオススメだな
    俺にとっては善とは何か?を言い争う2人の登場人物の姿が
    正義とは何か?を言い争うコードギアスのスザクとルルーシュを彷彿とさせる作品だわ
    • ※24 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2015.6.13 0:08
    ※23はまだ中二病の最中?
    なんかそれっぽい
    • ※25 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2015.7.4 23:42
    88の「柔道一直線」が気になって調べたら、井上靖の自伝「北の海」がそれっぽい。
    Wikipediaなので正しいかどうかは…だけど。
    https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8C%97%E3%81%AE%E6%B5%B7
    • ※27 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2015.8.11 22:55
    まあ実際中二病、それを頑なに否定する高二病で精神年齢止まるやつ多いしな
    こんなこと言ってるとじゃあお前はどうなんだって噛み付かれそうだが
  1. トラックバックはまだありません。


コメ欄での議論はおおいにけっこうですが、当サイトではドクター同士の罵り合いは禁止となっております。反論する際には、相手の意見・人格を尊重し、どうぞ冷静に。
*