人気サイト様 最新記事

博士ちゃんねる ヘッドライン

レスの強調ウゼェー!というドクターへ

レス内の強調表示をOFFにする コチラをクリックして切り替えてください。設定は30日間Cookieに保存されます。
現在のステータス:強調有効

生き物が人間に大打撃を与えた例 @ [世界史板]


生き物が人間に大打撃を与えた例 @ [世界史板]
1: 世界@名無史さん 2013/10/31 12:11:23
ウィルスとか細菌はなしで
蝗害とか戦時中にジャングル行った兵が虫やワニにやられまくったのか
2: 世界@名無史さん 2013/10/31 14:11:14
やっぱり「蚊」じゃないかな。
例えば、パナマ運河を造る時、無理やり連れて来られて働かされた中国人がマラリアでバタバタ命を落とした。
開通までにかなりの年月がかかったと思う。詳しい事は知らない。
(Wikipedia) 蚊 カ(蚊)は、ハエ目(双翅目)糸角亜目カ科(学名: Culicidae)に属する昆虫である。ナガハシカ属、イエカ属、ヤブカ属、ハマダラカ属など35属、約2,500種が存在する。ヒトなどから吸血し、種によっては各種の病気を媒介する衛生害虫である。 英語の mosquito という単語は、スペイン語もしくはポルトガル語に由来し、「蝿」を意味する mosca に指小辞のついたものである。この語の使用された記録は1583年にさかのぼる。 カの最も古い化石は、1億7,000万年前の中生代ジュラ紀の地層から発見されている。
3: 世界@名無史さん 2013/10/31 14:41:27
>>2
ググったら蚊退治のためだけに水源にオイルの膜張ったり森林ぶっ壊しまくりだったんだと

大戦中に沈没した船の乗組員が救助待ちの間に鮫に食われまくってた
しかもふやけてくる体を食べに小魚までもが襲ってくる
4: 世界@名無史さん 2013/10/31 15:52:34
>>3調べてくれてありがとう。
あんな湿地帯(しかも暑いし蚊がいる)で進んで働きたいと思う人なんて
誰もいない
わけだから、
人類は
「他に選択肢がない所まで追い詰められた人々を生み出す社会構造」
を常に必要としてきたわけですね。怖いですね。
5: 世界@名無史さん 2013/10/31 16:33:03
>>3
それって、インディアナポリスが撃沈された件だよな。

インディアナポリスが撃沈された件で乗組員がサメに食べられたコトから、映画「ジョーズ」が作られた。
映画ジョーズでサメを憎む猟師は、このインディアナポリスの水兵だったという設定だ。

ちなみに、重巡インディアナポリスはテニアンまで原爆を運んだ船だな。
インディアナポリス (重巡洋艦) (Wikipedia) インディアナポリス (重巡洋艦) インディアナポリス (USS Indianapolis, CA-35) は、アメリカ海軍のポートランド級重巡洋艦。1945年7月26日にテニアン島へ原子爆弾を運んだ後、7月30日フィリピン海で日本の潜水艦伊58(回天特別攻撃隊・多門隊)の雷撃により沈没した。第二次世界大戦で敵の攻撃により沈没した最後のアメリカ海軍水上艦艇である[1]。
(中略)乗員1,199名のうち約300名が攻撃で死亡し、残り約900名は8月2日に哨戒機によって初めて発見されてから5日後に救助が完了するまで、救命ボートなしで海に浮かんでいたが、水、食料の欠乏、海上での体温の低下、これらからおこった幻覚症状、気力の消耗などで多数の乗組員が死亡した。それに加えサメによる襲撃が心理的圧迫を強くした。その後映画およびディスカバリーチャンネルの番組等で、サメの襲撃が演出として過剰に語られたため、大多数がサメの襲撃の犠牲者になったかのように思われているが、おもな原因は救助の遅れと体力的限界が死亡の原因といわれている。救助された生存者は わずか316名であった[35][36]。
管理人より:残念。現実はいつも無難。
15: 世界@名無史さん 2013/11/01 00:47:55
>乗組員がサメに食べられたコトから、映画「ジョーズ」が作られた

ジョーズはロケが行われたマーサズ・ヴィニヤードの話が興味深い
・聴覚障害者(聾者)の社会の一つとして知られた。その結果マーサズ・ヴィニヤード・サインランゲージと呼ばれる特殊な手話が発達した。
・チャパキディック事件
チャパキディック事件 (Wikipedia) エドワード・ケネディ チャパキディック事件(英語:Chappaquiddick incident)は、1969年7月にアメリカ合衆国のマサチューセッツ州で発生した、飲酒運転の末に起きた自動車事故と女性スキャンダル。運転者のエドワード・ケネディ上院議員は、この事故により大統領への道を永遠に閉ざされたと評された。
7: 世界@名無史さん 2013/10/31 16:48:33
>>6
「だが原爆は届けたぜ」このシーン印象に残ってる

でも海外では海の事故はまず鮫よりバラクーダを疑うんだと
27: 山野野衾 ◆qDubHAi3S/a/ 2013/11/01 22:07:08
>>2
戦前には沖縄を中心にハマダラカが媒介するマラリアが流行したものの、沖
縄でも1960年代には根絶。

その後も日本脳炎を媒介するアカイエカが恐れられていましたが、日本脳炎
自体が1960年代以降沈静化したせいか、今では恐れる声も聞かなくなりま
したね。願わくば、この状態が続かんことを。

間接的に被害が大きかったのは、野菜につくウリミバエ。
以前は沖縄や鹿児島から野菜を持ち帰れませんでしたが、今では根絶済み。
日本の外来種ワースト100中、唯一の根絶例だそうです。

>>19
タンザニアでは、1990年から2004年までに563人がライオンの犠
牲になった
ということですが、家畜の被害はもっと酷いでしょうね。
インドでも、かなり人の多い所で襲われた例があるそうです。
わざわざ人がいる所に襲いに来るのが怖い。
ウリミバエ (Wikipedia) ウリミバエ ウリミバエ(Bactrocera cucurbitae)は、ハエ目(双翅目)・ミバエ科に属するハエの一種。東南アジア原産で、日本では南西諸島に外来種として侵入して重要な農業害虫となったが、不妊虫放飼法により根絶された。
(中略)ウリミバエはウリ類などの農作物に深刻な被害を発生させる[3]。日本生態学会では、本種を日本の侵略的外来種ワースト100に選定している。これ以上の分布拡大を阻止するため、植物防疫法によって発生地から本種の寄生植物の移動が規制されている[2]。
30: 世界@名無史さん 2013/11/02 00:26:56
>>27地球温暖化の影響で、すでにマラリアを媒介する蚊が台湾で多数見つかっていて、
当局もこれを深刻な事態と認識して、
かなり大々的な駆除作戦を実行してるけど、
蚊という虫は殲滅するのが非常に難しいらしく、
苦戦しているらしいです。
専門家の話では
やがて沖縄、そして九州・四国・本州にも、この蚊が北上してくる可能性がある、
と言ってました。
ま、テレビの特集で言ってた事なんですが。
9: 世界@名無史さん 2013/10/31 17:33:29
ハエトリグモとカベチョロ
日本で馴染みのアダンソンハエトリ
1cmにも満たない優秀なハンターで人間には無害
増えすぎるとカベチョロが喰ってくれる
管理人より:カベチョロ!!!…って懐かしすぎてちょっと吹きましたw
カベチョロって全国共通なのかなぁと思って画像検索したらどれもイモリっぽいですが、この画像が管理人が子どもの時に見たカベチョロに一番近かったです。 カベチョロ
10: 世界@名無史さん 2013/10/31 20:31:19
やはり、Wikipediaでたびたびホームページに表示される「地方病」の日本住血吸虫が怖い。
単なる寄生虫だと思っていたが、読めば読むほど怖い。


寄生虫の卵が体の重要部分にたまって、肝臓や脾臓が寄生虫の卵でいっぱいになり、
腹水がたまり腹がふくれ働けなくなり、やがて死を迎える。

しかも日本住血吸虫は経口感染するのではなくて、寄生虫の幼生がいる水につかっただけで
感染するという恐ろしさ。
日本住血吸虫 (Wikipedia) 日本住血吸虫 日本住血吸虫(にほんじゅうけつきゅうちゅう、学名:Schistosoma japonicum)は、扁形動物門吸虫綱二生吸虫亜綱有壁吸虫目住血吸虫科住血吸虫属に属する動物。哺乳類の門脈内に寄生する寄生虫の一種である。中間宿主は淡水(水田や側溝、ため池)に生息する小型の巻貝のミヤイリガイ(別名カタヤマガイ)。最終宿主はヒト、ネコ、イヌ、ウシなどの様々な哺乳類である。日本住血吸虫がヒトに寄生することにより起こる疾患を、日本住血吸虫症という。
(中略)ミヤイリガイは水田周辺の溝などに生息しており、その水に最終宿主が皮膚を浸けたときに、セルカリアがその皮膚から侵入し感染する。
11: 世界@名無史さん 2013/10/31 21:54:22
>>10
よく根絶できたな・・・
もともとそんなに強くなかったのかね?
13: 世界@名無史さん 2013/11/01 00:00:02
>>11
中間宿主が貝であることが発見されたのが大きい。貝を石灰で駆除したり(それでも大量発生するけど)、
水田の水路をコンクリにして固めたり(多分この工事のうまみがあって、日本全国それやっているんじゃないの?
そのため同時に絶滅した水棲昆虫は多数いたりするけど…)


そもそも、水田作るのやめて果樹を作るようにしたり…。
12: 世界@名無史さん 2013/10/31 23:32:26
アホな質問だけど、
人類がまだアフリカのサバンナに住んでた頃、
彼らがいちばん怖れた動物はなんだったのかな。
(脊椎動物で)。
17: 世界@名無史さん 2013/11/01 09:05:19
>>12
アフリカじゃなくてスマンが南アメリカのマヤ文明では
オセロット(ねこ)がかなり恐れられてたみたいだ

前時代の人間を食べ尽くした鬼とされてたw
オセロット (Wikipedia) オセロット オセロット(Ocelot、学名:Leopardus pardalis)は、哺乳綱食肉目ネコ科オセロット属に分類される食肉類。ここではLeopardus属に含めているが、Felis属に含めてF. pardalisとされることもある。
同じ地域に生息するジャガーネコやマーゲイと類似した外観をもつが、オセロットの体長は65-120 cm、尾の長さは 27–61 cm、体重9-16 kg とより大型である。体毛は短く、四肢は頑丈。黒い斑紋で縁取られたオレンジ色の斑紋(梅花紋)。種小名pardalisは「ヒョウ」の意。地色は灰白色や黄色、濃褐色など個体によってさまざまで、体前方から後方に向かって黒く縁取られた斑が並んでいる。虹彩は褐色。
名前の由来は、ナワトル語の「ocelotl」。
21: 世界@名無史さん 2013/11/01 12:36:04
>>17さん>>19さん
ありがとう!
やっぱりネコ科がいちばんのハンターなんですね!
うろ覚えですが、わりと最近、
ネコ科の個体としては世界最大最強と言われるアムールトラの全遺伝子解読が完了し、
その結果、アムールタイガーの遺伝子コードの98%(ぐらい、うろ覚え)は、
その辺にいる普通のイエネコと同じ
だと解ったそうですね。
ネコ恐るべし(笑)
アムールトラ (Wikipedia) アムールトラ アムールトラ (Panthera tigris altaica) は、ネコ科に属するトラの一亜種。altaicaとは、ロシアの西シベリアのアルタイ地方の意味[1]。和名はチョウセントラ、シベリアトラなどとすることもある。現在はロシア極東の沿海地方およびハバロフスク地方の、アムール川およびウスリー川流域でのみ生息しているが、かつては中国、朝鮮半島、満州、モンゴル、シベリアに広く分布しており、その生息範囲は中央アジアや西アジアにまで伸びていた。
現存する8つのトラの亜種でも大型の体躯を持ち、ネコ科の中でも最大の亜種である。雄の個体では全長3m、350kgを超えた例も報告されている[2]。2009年に行われた遺伝学的調査で、かつては別の亜種とみられていた西アジアのカスピトラ(絶滅)が、現在生息しているアムールトラとほぼ同一であることが判明した[3]。
25: 世界@名無史さん 2013/11/01 21:46:42
>>21
人間とチンパンジーの差だってそんなもんだろ
なんも珍しいこたない
31: 世界@名無史さん 2013/11/02 00:33:50
>>25 亜科レベルの差でもたった2%なのか
33: 世界@名無史さん 2013/11/02 01:06:21
>>31
ヒトとウニの遺伝子だって70%も同じなんだぞ
同じ動物界である時点で既に進化の過程を何十億年分も共有している
19: 世界@名無史さん 2013/11/01 11:26:42
現在の被害見るにライオンは本当に危険だな
現代でさえ「人間を狩猟対象」としてるライオンは
20世紀でも人を100人単位で殺してる個体がいる
サバンナならライオンじゃなかろうか
当時の武器ならライオンは本当に殺しにくい


後は毒蛇やさそりなんかな
20: 世界@名無史さん 2013/11/01 11:36:11
そのライオンを絶滅に追い込んでるのは人間なんだがな
22: 世界@名無史さん 2013/11/01 15:00:49
野生のエルザを書いて教科書にまで載った女性作家が
ライオンに襲われて死んでいるんだよなあ。
野生のエルザ殺害事件 (恐怖体験と戦慄の事件ミステリー) 野生のエルザ エルザと母代りのジョイとの交流を描いた感動の大作だが、これがノンフィクションであることも反響を呼んだ。。
1980年1月、世界を衝撃の報道が駆け抜けた。映画野生のエルザのモデルであり、ナチュラリストとしてケニアで北部国境管理人である夫と暮らしていたジョイがライオンに食い殺されたというのである。ライオンの家族との間に種族を超えた絆を築いた彼女が、よもや親しい友人でもあるライオンの牙に倒れるとは!死と隣り合わせの環境でなお野生動物とも交流を諦めなかった彼女の死に深い同情と哀悼が全世界から寄せられた。

しかし事件は間もなく意外な展開を見せ始める。そう、ライオンに食い殺されたというのは偽装であり、冤罪であったのだ!彼女はかつての使用人3人によって金目当てに殺害されていたのである。
管理人より:

         ナ ゝ   ナ ゝ /    十_"    ー;=‐         |! |!
           cト    cト /^、_ノ  | 、.__ つ  (.__    ̄ ̄ ̄ ̄   ・ ・
 ミミ:::;,!      u       `゙"~´   ヾ彡::l/VvVw、 ,yvヾNヽ  ゞヾ  ,. ,. ,. 、、ヾゝヽr=ヾ
 ミ::::;/   ゙̄`ー-.、     u  ;,,;   j   ヾk'! ' l / 'レ ^ヽヘ\   ,r゙ゞ゙-"、ノ / l! !ヽ 、、 |
 ミ/    J   ゙`ー、   " ;, ;;; ,;; ゙  u ヾi    ,,./ , ,、ヾヾ   | '-- 、..,,ヽ  j  ! | Nヾ|
 '"       _,,.. -─ゝ.、   ;, " ;;   _,,..._ゞイ__//〃 i.! ilヾゞヽ  | 、  .r. ヾ-、;;ノ,.:-一'"i
   j    /   ,.- 、  ヾヽ、 ;; ;; _,-<  //_,,\' "' !| :l ゙i !_,,ヽ.l `ー─--  エィ' (. 7 /
       :    ' ・丿   ̄≠Ξイ´,-、 ヽ /イ´ r. `ー-'メ ,.-´、  i     u  ヾ``ー' イ
        \_    _,,......::   ´゙i、 `¨ / i ヽ.__,,... '  u ゙l´.i・j.冫,イ゙l  / ``-、..- ノ :u l
    u      ̄ ̄  彡"   、ヾ ̄``ミ::.l  u   j  i、`ー' .i / /、._    `'y   /
               u      `ヽ  ゙:l   ,.::- 、,, ,. ノ ゙ u ! /_   ̄ ー/ u /
            _,,..,,_    ,.ィ、  /   |  /__   ``- 、_    l l  ``ーt、_ /  /
   ゙   u  ,./´ "  ``- 、_J r'´  u 丿 .l,... `ー一''/   ノ  ト 、,,_____ ゙/ /
         ./__        ー7    /、 l   '゙ ヽ/  ,. '"  \`ー--- ",.::く、
        /;;;''"  ̄ ̄ ───/  ゙  ,::'  \ヾニ==='"/ `- 、   ゙ー┬ '´ / \..,,__
 、      .i:⌒`─-、_,....    l   /     `ー┬一'      ヽ    :l  /  , ' `ソヽ
 ヾヽ     l      `  `ヽ、 l  ./  ヽ      l         )  ,; /   ,'    '^i

まぁ全然リンク先は読んでませんが。
18: 世界@名無史さん 2013/11/01 10:45:48
アメリカでだったか、ネズミの大群がアパートに住み着いて住人達がアパートを放棄したというニュースがあったな。
24: 世界@名無史さん 2013/11/01 21:30:40
いなご
26: 世界@名無史さん 2013/11/01 21:58:57
身体的なダメージで言えば商品作物の収穫量
経済的なダメージで言えば↑とほぼ連動
精神的なダメージで言えばペットロス
でも最終的な敵は人間だな。
32: 世界@名無史さん 2013/11/02 00:58:18
>>26確かに、有史以来、最も多くの人間を殺した動物は、明らかに人間(ホモ・サピエンス)ですね。
この2000年に限定しても、人間に殺された人間の累計総数は、
ちょっと想像もつかない。
その累計総数を推計・算出した奇特な学者とかいるのかな。
いないだろうな。
36: 世界@名無史さん 2013/11/02 21:39:13
ヒグマ。福大ワンゲル、三毛別事件は背筋が寒くなる。
福岡大ワンゲル部・ヒグマ襲撃事件 (オワリナキアクム) (中略)29日、福岡大ワンゲル部5人を襲ったヒグマはハンター10人によって射殺された。胃袋が調べられたが、そのヒグマは人間を食べていなかった。悪戯するかのようにいたぶっていただけなのである。そしてこのヒグマは4歳にして交尾をした形跡はなかった。普通、2歳ほどで子どもを産むものらしい。
このヒグマを仕留めたハンターたちは「山のしきたり」により、この肉を食した。
管理人より:一部抜粋ですが、山歩きする方には全文読んで欲しいです。洒落怖です。
三毛別羆事件 (恐怖体験と戦慄の事件ミステリー) 三毛別羆事件 三毛別(さんけべつ)羆事件とは1915年12月9日から14日にかけて発生した日本史上最大の獣害事件である。
1915年11月初旬、開拓村の池田家に巨大な羆が現れた。幸い馬が暴れたために被害はトウモロコシだけで済んだ。開拓村はまだ周辺の開拓に着手したばかりでこうした自然動物との接触は決して珍しいものではなかったのだが、残された足跡のあまりの巨大さに池田家の主人富蔵は懸念を深くしていた。
そして11月20日、再び現れた羆を退治するためにマタギが二人雇われ、富蔵と三人で鉄砲を撃ちかけるも傷を負わせたのみで取り逃がしてしまう。
マタギの1人はあの熊は「穴持たず」という冬眠を逃してしまった熊であると断言した。おそらく熊はあまりの巨体ゆえに身体にあった巣穴を見つけることができなかったのだろう。昔から「穴持たず」には手を出すなと言い伝えられるほど、冬眠し損なった熊は凶暴さを増すというマタギの言葉は不幸にも近い将来に実現することとなる。
42: 山野野衾 ◆qDubHAi3S/a/ 2013/11/03 16:32:28
プリニウスも、インドでトラが子を猟師に盗まれた際に後を追うが、一匹落とす
度に一匹拾い上げて巣まで帰していくために、手間取って追い切れないと書いて
います
が、需要はあったとしても用途は不明ですね。見世物でしょうか。
日本でも文政十年(1827)釜山で虎の子を捕らえた対馬の商人が、見世物にしよ
うと携えて帰国した例がありますが。

虎が我が子を大切にすることは有名なので、それだけに欲しがったものか。
竜安寺の石庭が擬せられている「虎の子渡し」は、南宋の文献に登場する伝承を
書いたもので、虎が三匹の子を産むと、親が目を放している隙に兄妹を食べてし
まう
凶暴な者が一匹混じっているから、親が食われまいと心を砕くのだとか。
日本画の画題の「乳虎」は母虎と子虎を描いたものですが、温和な表情ではなく
むしろ我が子を守ろうと凶暴化した虎を描いた迫力あるものです。
今でも大事な物を「虎の子」と言いますが、どうも江戸期以降の例しか出て来な
いようです。より古い典籍に影響されたものでしょうが。
ガイウス・プリニウス・セクンドゥス (Wikipedia) ガイウス・プリニウス・セクンドゥス ガイウス・プリニウス・セクンドゥス(Gaius Plinius Secundus、22 / 23年 – 79年8月24日)は古代ローマの博物学者、政治家、軍人。ローマ帝国の海外領土総督を歴任する傍ら『博物誌』を著した。一般には大プリニウスと呼ばれる。
管理人より:日本でも実際あったんですが、もう3年も面倒見ててすっかり懐いてる動物園のトラにエサをあげようとしたところ、腕ごと喰い千切られた事件が。
やはりトラやライオン中の野生というのは強烈なんでしょうかね。
ちなみにこの飼育員はその後も、そのトラの面倒を見てるんだそうです。愛の力は偉大だ…。
43: 世界@名無史さん 2013/11/04 14:06:28
いいなこのスレ 万物の霊長に集団の生き物が逆襲するのって興奮するわ
44: 世界@名無史さん 2013/11/04 14:18:00
生物が細菌含むなら細菌最強だろうな
ウイルスは生き物か論議あるがウイルス含むなら細菌の次かな
その次は原虫類か
45: 世界@名無史さん 2013/11/04 15:52:15
よく考えたら蚊がヤバイんじゃなくて媒介するものがヤバイって話だもんな
そう考えると目に見えない生物じゃないと人間を大量死させることはできないのかも
46: 世界@名無史さん 2013/11/04 16:03:11
細菌だってほとんどの種類は害ないんだけどね。むしろ宿主に害をなす方が例外的。

腸内には150兆の細菌がおり人の細胞より多い。
皮膚や体内の常在細菌がむしろ人間を守ってくれる。
細菌=悪という固定観念が抗生剤の乱用、過度な殺菌を進め、MRSA、O-157を生んだ。
47: 世界@名無史さん 2013/11/04 16:14:02
耐性菌だって余分なコストがかかって増殖がほんの少し遅いぐらいで淘汰されるような連中だしな
48: 世界@名無史さん 2013/11/04 16:23:43
かもすぞー
50: 世界@名無史さん 2013/11/04 16:58:22
>>1にさあ、ウィルスとか細菌は無し てルール書いてあんじゃないのさ、あんたら
61: 世界@名無史さん 2013/11/04 23:10:40
人間は10枚の写真の内蛇が写ってるのが1枚紛れてるのを見ると即座に見つけ出すことができるらしい
これはご先祖の記憶が残ってるからだろうか?
(ゴキブリの場合平気な人ととにかくダメな人に別れるけどこれは人間がまだ小さい哺乳類だった時代に
ゴキブリの先祖に襲われてた?けど人間が進化するにつれて立場が逆転したから?)
65: 世界@名無史さん 2013/11/05 07:56:54
>>61蛇の話、すごく興味深いですね。

人は、水槽で小魚を飼ってそれを眺めているだけで
癒される事が医学的に証明されているそうです。

水族館も同じ癒し効果があるとか。
これは生命の歴史の中で御先祖様が陸に上がったのがつい最近だった事とも関係あるらしい。
母親の胎内にいた時に羊水の中にいた事とも関係あるとか。
実際、細胞と細胞の間にある体液の塩分・ミネラル濃度は
海水にとても近いそうです。
67: 世界@名無史さん 2013/11/05 08:44:36
>>65
胎内回帰願望だっけ?
68: 世界@名無史さん 2013/11/05 09:24:57
>>67そう、それです。
人間は産まれたら後は死に向かって坂を転がっていくわけだから、
「胎内回帰」したくなるのも無理はない。
72: 世界@名無史さん 2013/11/05 16:01:12
>>61
狼と犬は殆ど変わらないだろうと思っていたら
動画で見た唸り声が恐ろしく、これは本能に根差した恐怖なのではと思った事を思い出しました

幼い頃に姉がフグ食の歴史なる教育ビデオを見たらしいのですが
死体を積み上げて行くアニメだったらしい

そこまでして食べたかったのか、他に食べるものが無かったのか
フグに限らず明らかに毒があるものを食べられるまで調べた人達は凄い
62: 世界@名無史さん 2013/11/04 23:10:37
危険な野獣のはずの狼がなぜ日本語では「オオカミ(=大神)」というありがたーい呼ばれ方をするのか。
それは、昔の日本では牧畜をしていないのでヨーロッパほどの敵視はされていない。
むしろ、農業にとって大害獣である鹿や猪や兎を退治してくれる大事な動物であるため。

という説・・・
63: 山野野衾 ◆qDubHAi3S/a/ 2013/11/04 23:55:30
オオカミの読みが大神と同じという説明は古代からあり、大神を語源とする
という説は江戸時代から言われていますが、確定はしておりません。

オオカメとも呼んだようですし(こちらが訛りの可能性もありますが)江戸
時代に言われた別な説、大嚙由来というのも考えてよいと思われます。
書紀に狼を神と呼びかけた例はあるのですが、記紀万葉風土記を見る限りで
は、他に朝鮮半島の虎や猪や蛇も神扱いされたようで。
人の手に負えない存在を神と見なしたので、狼に限った話ではない。

よく、「神道はアニミズムである」と説明されて万物に霊が宿る云々と言わ
れますが、小動物や器物の霊が認められるようになるのは、後世の話。

今の神道の教義は江戸期にまとまって明治以降に宣伝され、戦後に今の形に
なったものなので、古代まで現行の宗教観を遡及させると無理が出ます。
64: 世界@名無史さん 2013/11/05 00:11:47
犬神信仰は修験道と関係があり、修験道が盛んなとこに残ってて
一部神社では米を犬神に捧げる儀式がまだ残ってて
どうやら山犬かなにかがその捧げモノ食ってるみたいだったというのを
NHKでみたんだが


それをある旧家の友人に話すと
「正月に犬に米を捧げる風習がある」との事
彼の実家はもろに山岳信仰があったとこなのでどうやら形を変えてのこってるっぽい
かなり有名な神社の氏子で名主階級という特殊な立場ですが
66: 世界@名無史さん 2013/11/05 08:10:49
余談
アフリカの動物で、毒とかは無しでいちばん強いのは何か、については、
カバ最強説とゾウ最強説があるらしい。

ゾウはなんとなく解ってたけど、カバも強いらしい。
カバはいざと言う時は意外と気性が荒く、
口は約170度まで開き、走る速度はウサイン・ボルトより速い。
あの巨体が口をデカく開けたまま、全速力で追いかけてきたら確かに怖い。
ライオンも逃げるそうです。
69: 世界@名無史さん 2013/11/05 09:51:57
豹柄トレーナーを着た大阪のおばちゃん最強。

あんまり歴史については語られてなくて残念。
でも世界史板はこういう他の分野とのクロスオーバー的なテーマでスレがけっこう立っているので、少しづつまとめていこうと思います。
上のほうでちょっとしか出てなくて盛り上がってもないですが、細菌やウィルス除くなら「人間を一番殺してるのは人間」ですよね、明らかに。
2回の世界大戦、ロシア革命とその後の大粛清、中国の文革、ポル・ポト派の虐殺…あげていけばキリがないです。
日々の糧を得るためとか、そういう生存欲求に根ざしたものではなく、思想によって(あるいはそれを建前として)同族を大量殺戮する生物なんて人間だけですよね。

トップ絵は鳥取砂丘に出没すると言われる、巨大なサンドワーム。駆除するひとたちも大変そうです…。笑


元スレ:http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/whis/1383189083/

人気サイト様 最新記事

博士ちゃんねる ヘッドライン

  1. ドクターのコメントをお待ちしております!

  1. トラックバックはまだありません。


コメ欄での議論はおおいにけっこうですが、当サイトではドクター同士の罵り合いは禁止となっております。反論する際には、相手の意見・人格を尊重し、どうぞ冷静に。