人気サイト様 最新記事

博士ちゃんねる ヘッドライン

レスの強調ウゼェー!というドクターへ

レス内の強調表示をOFFにする コチラをクリックして切り替えてください。設定は30日間Cookieに保存されます。
現在のステータス:強調有効

【UMA】未確認生物や絶滅動物で実在する可能性が高いのは @ [野生生物板]


【UMA】未確認生物や絶滅動物で実在する可能性が高いのは @ [野生生物板]
1: A型軍軍師オオクワ専門100%フルパワー状態 投稿日:2005/11/17(木) 20:28:53
皆さんで議論しましょう
4: A型軍軍師オオクワ専門100%フルパワー状態 投稿日:2005/11/17(木) 20:34:01
未確認生物

ネッシー
クッシー
イッシー
ニューネッシー
ビッグフット
イエティ
チュパカブラ
スカイフィッシュ
29: 名無虫さん 投稿日:2005/11/23(水) 20:06:40 ID:UDKSGoTR
>>4
メジャーなUMAほど期待できないよ。
バラエティ番組が扇動したUMAにろくなものはない。
ヤンバルクイナのような地味な未確認動物はありうる。
ヤンバルクイナ
管理人より:「ヤンバルクイナ」は、沖縄で80年台ころに発見されたクイナの新種。現在数百羽ほどしかいないと推測されており、絶滅危惧種ですが、未確認というわけではないです。
7: 名無虫さん 投稿日:2005/11/17(木) 21:14:20 ID:kBsXB/dm
未確認動物=大海蛇
絶滅生物 =メガロドン

外洋に最も適応したといわれる、セグロウミヘビのサイズを調べたら80cm程でしたが、アナコンダクラスの、更に大きな種類がいてもおかしくないと思います。

メガロドンは、深海で人知れず今でも生息していそうです。
シーサーペント管理人より:「シーサーペント」は中世~現代まで目撃例が多数あるUMA。昔の地図には海洋にほぼ必ず彼ら(?)の絵が書いてたもんです。
メガロドンメガロドン」は、中新世~鮮新世あたりまで生息していた、最大で20メートルほどもある巨大魚類。ジンベエザメよりもデカイ。
8: 名無虫さん 投稿日:2005/11/17(木) 21:35:16
カッパ河童みたよ
9: 名無虫さん 投稿日:2005/11/17(木) 22:48:30
ツチノコマジかよ!俺ツチノコしか見たことねえよ!
10: 名無虫さん 投稿日:2005/11/17(木) 23:48:22
ヒバゴンうちのばーちゃん、ホントはヒバゴンじゃないかと思うんだけど。
12: 推定可能獣 投稿日:2005/11/18(金) 17:13:56 ID:s0kHw5Ze
チュパカブラの正体はアーノルド・シュワルツネガーと闘ったプレデター(第一話)でもなく、巨大なアリクイでもなく、猛獣のジャガーでもなく、イタチ科の獣タイラの大型種だと思う。

その理由1:襲われた家畜が血を抜き取られるように死骸となっている。
理由2:見た者の多くが一見して犬と似ているが、かなり俊敏な動きだと話している。
理由3:ジャンプするように木の上い駆け上がる。
理由4:襲われた獣は、ほとんどが暑い日に血をすすられて死んでいる。
理由5:タイラの体毛が黒いので、暗い密林では樹上の猿でさえもその姿を見つけにくく、普段なら鼻が利く草食獣でも接近をゆるしてしまう。
夜になると樹上で幻惑的に目が光る。
13: 名無虫さん 投稿日:2005/11/18(金) 21:58:42 ID:rvtFZBZF
>>12
はらたいらさんに3000点!!
14: 名無虫さん 投稿日:2005/11/18(金) 22:09:55 ID:Xx3a0Ofg
しのざわきょうじゅに全部!!
15: 名無虫さん 投稿日:2005/11/18(金) 22:22:30 ID:H8fFoSz+
じゃぁ、俺は松田聖子に全部でいいや
チュパカブラ
管理人より:「チュパカブラ」は家畜の血を吸うと言われる南米のUMA。スペイン語の「チュパ(吸う)」+「カブラ(ヤギ)」より。
18: 名無虫さん 投稿日:2005/11/19(土) 14:44:59
ふざげたスレであえてマジレスすると、絶滅動物でも、

メガラニア
* メガラニア(オーストラリアの7mにもなるオオトカゲ)

ミロドン
* ミロドン(マピングアリーの正体? 南米オオナマケモノの1種)

カリコテリウム
* カリコテリウム(ナンディベアの正体?アフリカの馬に似た珍獣 )

辺りは、1万年~数千年前まで生きていたので、現代に生き残っていてもおかしくない。
21: 名無虫さん 投稿日:2005/11/19(土) 19:05:18
マンモス
>>18
マンモスもシベリア奥地に少数いるかも。それらは環境の変化が少ないから生き残っててもおかしくないと思うよ。
まあ氷河期終わって人間というハンターが出てきたけど人跡未踏の奥地ならあるいは・・・
19: 名無虫さん 投稿日:2005/11/19(土) 15:49:34 ID:tQscRbxG
マジレスすると陸上大型動物の未発見種などあり得ない
20: 投稿日:2005/11/19(土) 15:57:21
偉そうな口きいてると恥をかくよ
52: 名無虫さん 投稿日:2005/12/06(火) 14:49:27 ID:XE8QxTA6
53: 名無虫さん 投稿日:2005/12/06(火) 21:45:23 ID:so8Jw8Qe
>>52
n速ではネタ扱いだからねー
Mysterious carnivore discovered in Borneo’s forests

んー キツネザルの仲間にしか見えんがなw
55: 名無虫さん 投稿日:2005/12/06(火) 23:11:45 ID:De8FoXVt
>>53
捕乳類の新種ってかなり珍しいの? 一般誌でも結構扱いが大きいけど.
アマミノクロウサギとかヤンバルクイナ (捕乳類じゃないけど)の時は保育園児だった気がするけどそれ以来?
65: 名無虫さん 投稿日:2005/12/08(木) 00:25:38
>>55
今年だけでも結構あるみたい

新「科」の齧歯類@ラオス
サル@タンザニア
同じくサル@インド
キツネザル2種@マダガスカル
イルカ@オーストラリア

>>63の言うように今回はプランテーション開発阻止のために情報が利用されてる感じ
写真は2年前に撮れたものらしいし
でも食肉目の新種はかなり久しぶりなはずだし、地元の猟師も見たことないって言ってるらしいから大発見には変わりないと思う
25: うさんぽ推進委員会” 投稿日:2005/11/20(日) 05:18:47 ID:fnmUHNl9
癒しのUMA:ジャッカロープ
ジャッカロープ
管理人より:「ジャッカロープ」は、アメリカのワイオミング州に生息するとされるノウサギ(jackrabbit)とレイヨウ(antelope)の間の子みたいなUMA。写真多数&剥製まであるのですが、実際にはウサギにシカの角をつけた紛いもの。お土産品になっているそうです。
30: 名無虫さん 投稿日:2005/11/24(木) 02:31:27 ID:Wh8cDI2d
ゴリラだって100年ぐらい前に発見されたわけだから、まだまだいると思う。

>>ヤンバルクイナのような地味な未確認動物はありうる。
そうゆうたぐいならいくらでもいそう。
インパクトがある奴が欲しいんだよ!
31: 島根 投稿日:2005/11/24(木) 10:52:56 ID:IQpEM2HI
島根の山は猪と猿のせいで食料不足に陥っています。
おかげで私の畑から農作物が消えました。
猿がカボチャを担いでる姿を見て電動ガン導入。
32: 名無し虫さん 投稿日:2005/11/24(木) 11:00:23
ウチの畑なんかタスマニアタイガーに荒らされて困ってるよ。
お腹の袋にカボチャを目一杯詰めてるの見て電動コケシ導入。
37: 名無虫さん 投稿日:2005/11/25(金) 20:23:53 ID:IoExmagb
ぶっちゃけ、女子スポーツ選手で言ったら、宮里藍とシャラポアの個体差は、どうみても宮里藍とチンパンジーの差よりはるかにあると思う。
40: 名無虫さん 投稿日:2005/11/26(土) 01:21:08 ID:BMzWtaDn
>>37
毛利さん人種を語る。
> 先日もあるシンポジウムで出会ったイギリスの科学者に「ゲノムという観点から見てみると、人種間の違いと個人の違いとはどちらが大きいのか」と質問してみました。
すると、「人種はDNAレベルではほんの少ししか違わない。むしろ個人の違いのほうが大きい」という答えでした。
私が東洋人と白人とそれぞれ隣り合わせにいたとすれば、誰だって東洋人との方が近いと思ってしまうでしょう。ところがDNAレベルでは、私とその白人のほうが近いかもしれないのです。
宮里藍
マリア・シャラポワ
管理人より:UMAじゃないけど参考画像。アスリートというのは独特のキュッとした身体つきですね。そんなにかけ離れてるとは思えない。
46: 名無虫さん 投稿日:2005/11/30(水) 18:34:17
海は未確認動物が相当数いるだろうね。漁船は一定の航路しか航海しないし。
航路からはずれた南太平洋を航海したコンチキ号漂流記にも頭にカマのようなヒレのついた魚とか未確認な生物が出てくる。
48: オオクワ専門 投稿日:2005/12/02(金) 20:31:14 ID:NyZahHPu
ジャイアントモニター
ジャイアントモニターが始めて目撃されたは、1975年と言われています。
ワタガン山脈お車で走っていた二人の農夫が、進路お塞ぐ巨木が道路に横たわっているのに出くわしました。
二人は巨木おどけようと車お降りると、巨木が一人でに動き出したのです。それは大きなトカゲジャイアントモニターでした。

同年の12月、今度はニューサウスウェールズ中東部のセスノックで、ジャイアントモニターが目撃されました。
全長は9メートル、首と頭だけで1.5メートルもあり、体高が1メートル近くもあったというのですから、とてつもない大きさです。
49: 名無虫さん 投稿日:2005/12/02(金) 22:44:50
>>48
ニューサウスウェールズってオーストラリアか。メガラニアかも
ジャイアント・モニター
管理人より:「モニター」というのは「オオトカゲ」という意味なんだそうですが、体調9メートルのトカゲはなかなかのロマンですね。オーストラリアのUMA。
58: 名無虫さん 投稿日:2005/12/07(水) 16:37:20
日本でも少し田舎に逝けば未踏の地なんていくらでもあるのに、勝手に未確認動物が居ないと決め付ける世間知らずは氏ねばいいのに
59: 名無虫さん 投稿日:2005/12/07(水) 19:47:55
>>58
地球の陸上で人類未踏の地は約2割ほどしか残っていない。

と何処かで見た気がする。
60: 名無し虫さん 投稿日:2005/12/07(水) 19:57:55
人類未到の地が地球上にまだ2割もあるって事に驚いた。
だったら人類未調査となったらかなり広範囲に及ぶのでは?
そう考えると夢が膨らみますね。
69: 名無虫さん 投稿日:2005/12/08(木) 22:52:51 ID:3Jn4mYeA
ニホンカワウソ
カワウソで思い出したけど四万十川のニホンカワウソってどうなったの?
10年くらい?前に糞が見つかったって新聞に載ってたけど。
72: 名無虫さん 投稿日:2005/12/09(金) 16:11:01
>>69
現地では今も時々、目撃例があるんだが、「見た」だけではニュースにもならないしマスコミも動かない。
73: 名無虫さん 投稿日:2005/12/10(土) 03:33:07 ID:zhOj3iOh
>>72
そっか,ありがと。こいつが日本じゃ一番やばい動物なんかな?
もう絶滅も時間の問題なんかねえ。


1週間ほど前にアムールヒョウの番組がNHKでやってたけど推定個体数が30で近親後輩ばかりになってるって言ってた。
アムールヒョウの次はアムールトラかなあ。
大型の動物が消えるのは辛いねえ。


俺が子供の頃に読んだ動物図鑑にはジャワトラとかスマトラトラとかフクロオオカミが一応載ってたんだけどな。
87: 名無虫さん 投稿日:2005/12/12(月) 05:18:07 ID:QaSyjAIB
>>73
俺も見た。
近親交配の酷さにショック受けたよ…


   固体オスA-固体メスB
 __|   __|__
|   |  |      |
|   |  |      |
|  固体メスC  固体オスD――――|
|                |        |―――固体オスG
固体メスE―――――――固体メスF―|
75: 名無虫さん 投稿日:2005/12/10(土) 14:47:30
アムールヒョウが絶滅かぁ、今のうちに豹の毛皮を買っておこう。
数十年後にはプレミア物になりそうだ♪
76: 名無虫さん 投稿日:2005/12/10(土) 23:11:12 ID:qE2IilVf
>>75
あんたみたいのが居るから…
アムールヒョウ
管理人より:「アムールヒョウ」は、ロシア南東部~中国北部に生息する薄いオレンジ色のヒョウ。環境破壊と密猟で激減し、現在では数十頭ほどしかいないそうですが、近年やや回復傾向にあるとのこと。
こうしてみるとでっかいネコですね…(*´Д`)ハァハァ…、これは絶滅させてはならん!!
77: 名無虫さん 投稿日:2005/12/11(日) 00:40:56
南極の氷の下には湖があって古代生物が生き残っている可能性がある
しかし、ボーリング調査すると湖に泥なんか落として悪影響を与えるという。

だが、ナチスの秘密基地があって迂闊に侵入できない
78: 名無虫さん 投稿日:2005/12/11(日) 13:37:33 ID:47QXY8x4
イエティ
イエティはいるんじゃないか
野人の子が発見されたし


あとあまり知られてないがアフリカの奇獣ベヤンニーニ
現地人の目撃例あり


猛獣ブチヒョウ  目撃例3例

チュパカブラ
チュパカブラ アマゾンで襲われた人もいる

この辺りはいそうな気がするな
管理人より:ベヤンニーニとブチヒョウは詳細よく分からず、画像貼れませんでした。つか2chのスレしかヒットしない。
79: 名無虫さん 投稿日:2005/12/11(日) 14:04:59 ID:MUnNcojI
チュパカブラは宇宙人なのかそれとも未知の肉食哺乳類なのか・・・
実在したとしたらアフリカゾウよりも強いと思う。
84: 名無虫さん 投稿日:2005/12/12(月) 00:06:43
>>79
馬鹿じゃねーのw 
テレビを鵜呑みにすんなよw
80: 名無虫さん 投稿日:2005/12/11(日) 18:01:05 ID:mH2z7k+d
絶対いないもの

チュパカブラ
チュパカブラ

スカイフィッシュ
スカイフィッシュ ←コレなんて単なるノイズだし
184: 亀レス? 投稿日:2006/02/09(木) 21:26:02 ID:aBbYVNNG
スカイフィッシュがはやったときに・・・、どこかのサイトで低速のシャッタースピードにしたカメラだかビデヲだかで、羽虫を撮影したらスカイフィッシュになったのをみたを。
つーわけで
>>80さん
ノイズではなく、捏造だとしたほうがいい気がしる。
あー証拠となる先が思い出せない今も残ってたらいいんだけど(’’;
83: 第一種狩猟免状 投稿日:2005/12/12(月) 00:03:18 ID:Ooc4eyAv
ニホンオオカミ
ニホンオオカミ
てか、一番いてほしい。


昭和に入ってからでも、この周辺では見たという年寄りがいるんだよな。
書籍にも出て来るし、オオカミの血が入った(らしい)犬を昔飼っていた人もいる。


ちなみに、「最後の二ホンオオカミ捕獲地」の石碑がある所の周辺の話。
175: ノルマ ◆E4f1C5YYK2 投稿日:2005/12/22(木) 11:46:08
>>83
それだけは信じたいね。
はっきり言うと俺が死ぬまで発見されないで欲しい。
日本狼と言う夢を持ったまま死にたいよ。童貞捨てて。
128: オオクワ専門さん ◆4Xpr5jXA2A 投稿日:2005/12/14(水) 19:39:52
チンコイのは、つい最近まで生き残っていたようです。

オラン・ペンデグ
多分、小人型UMAとして有名な「オラン=ペンデグ」にあたるものかも。
伝承では15世紀まで生き残っていたらしい。

現地島民による波状攻撃で数が減ったところを、洞窟に追い込んで火をかけて絶滅させたらしい。

【原人】1万8千年前に別種の人類「ホモ・フローレシエンシス」…ジャワ原人子孫の化石発見

チンコイのが残っていたならデッカイのもまだ居るかも…
ヒト科の進化の過程はかなり複雑なようですので…
129: オオクワ専門さん ◆4Xpr5jXA2A 投稿日:2005/12/14(水) 19:41:31
中国の野人は結構大がかりな調査をしている割には、なかなか決定的な結果が出ないようですね。
それなりに有名な話ですが、地元の民家に出没する野人と人間の混血と言われる男性の映像は、一説にはハンディを持った普通の人間だそうですが、実際はどうなんでしょう。

生物学的に交配は可能なのか、また子供をもうける事が可能であってもレオポンなどのように虚弱ではないのか?
険しい山中での過酷な生活であれだけ立派な体型に育ち、生きていけるのかなど…疑問に思える事が多くあります。

野人に限らず、その他未知の類人猿が人間と交配する可能性はあるのかも気になりますね。
130: オオクワ専門さん ◆4Xpr5jXA2A 投稿日:2005/12/14(水) 19:42:35
他にも世界各地に人に似た存在の伝説がある。
中国には山都と呼ばれる山に棲む毛だらけの二足歩行をする妖怪の伝説があるし。
日本にだって山にすむ人たちの伝説がある。
これはサンカのような山の民を蔑視した結果、生まれた伝説とみなすことが出来るが。

もしかして人類以前のネアンデールタール人のような存在が生き延びていのではと想像が出来るな
管理人より:このスレの»1さん、他スレからのコピペ連投ばっかりして盛り上げてる(つもりの)ようでした。「チンコイ」という表現が気になる。どこかの方言でしょうか。伏せ字にしようか迷うではないですか。
「サンカ」など山の民については以下のスレをドウゾ。
183: 名無虫さん 投稿日:2006/02/09(木) 19:46:41 ID:Zx3e0rEo
クラーケン
クラーケンているの?
185: 名無虫さん 投稿日:2006/02/09(木) 22:16:32
生前の想念の残像ノイズが幽霊だと言う説もあるし。。。
186: 名無虫さん 投稿日:2006/02/10(金) 08:14:08
>>186は存在する可能性が低いと思う
187: 名無虫さん 投稿日:2006/02/10(金) 12:23:26
>>186
そうなのか
188: 名無虫さん 投稿日:2006/02/10(金) 18:57:42
>>186
マジですか
191: 名無虫さん 投稿日:2006/02/28(火) 08:22:14
誰でも良い 俺を未確認じゃなくしてくれ

ハイ、かなり以前に、 こういうのやりましたが、もうほとぼりも冷めたころなので、良いでしょう…ということで週末ロマンスレまとめ。また忘れたころにUMAスレやります。(懲りないね!)
今回はやや現実的なUMAというか、絶滅種・絶滅危惧種の話題もあったので、前回とはまた違ったロマンがあるかと思います。

ニュー・ネッシー
管理人は子供の時に、日本の遠洋魚漁船「瑞洋丸」がニュージーランド沖で釣り上げたと言われる↑この写真を、学研かムーかなんかで見て、「すんげぇぇぇぇ!!!!(゚∀゚)=3」となったものですけどもね。
ちょうど当時、「ドラえもんとのび太の恐竜」を見た頃でしたんで、子供の管理人、夜も眠れぬほど興奮したものですが、なんか今Wikipedia見ると「大型のサメということでほぼ決着している」とかにべもない書き方で、いろいろガッカリ。
どうも古生物学者によると、骨格がプレシオサウルスのソレではない、みたいなことだそうです。なぁんだ…。('A`)

今回トップ絵を選定するにあたって、いくつか見つけたのでついでに貼っておきます。
Google Earthに写った巨大ヘビ
THE MYSTERY OF THE GIANT CREATURES WERE RECORDED FOR GOOGLE EARTH
ワイトヒラさんというひとが発見した巨大ヘビ。拡大してみると伴流が見られるということで、謎の生物の可能性も…あるといいですネ。

サハリンで発見された謎の生物
Unknown creature was found by soldiers | English Russia
日本近海のサハリンで、ロシアの兵隊さんが見つけた腐乱死体。アゴや歯を見ると魚類ではない、骨格からするとワニなのど肉食獣っぽい、おまけに髪の毛か毛皮っぽいのに覆われている…というワケのわからん生物。モスクワの研究機関が持って行っちゃったそうです。リンク先にもうちょっと画像アリ。

太古の生物が、今もって海の底に生き延びていたら嬉しいですが、個体数が少ないことは確実なんでしょうね。頑張って生き延びてくれよォ~!

トップ絵は有名な「ニンゲン/ヒトガタ」と言われるコラ画像。
これ、おそらく「エヴァンゲリオン」が流行った時に、使徒を模して日本人の手で作られたものと思いますが、やたらとリアルに作られてるせいか、海外でも謎の生物「ningen/hitogata」として紹介されているようでちょっと嬉しい。(別に管理人が作ったわけじゃないけども)
未確認動物UMA大全
未確認動物UMA大全
posted with amazlet at 15.06.21
並木 伸一郎
学習研究社
売り上げランキング: 605,203


元スレ:http://science4.2ch.net/test/read.cgi/wild/1132226933/

人気サイト様 最新記事

博士ちゃんねる ヘッドライン

    • ※1 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2015.6.21 23:19
    それこそ学研のムーで、ニホンオオカミのような犬型動物を秩父で撮影した写真が、
    確か15~20年前に掲載されていた気がします。
    …と思って、「ニホンオオカミ 秩父」で検索かけたら、記事がありました。

    「ちんこい」は、博多・北陸・茨城方面の「小さい」の意味…だそうです。
    (他所でも使うかも)
    • ※2 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2015.6.22 1:02
    美人で清楚なお姉さんは俺の中で未確認
    • ※3 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2015.6.22 11:17
    はっきりと多数の日本人の目撃者がいるという点から南極ゴジラは実在する
    可能性が高いと思いますねー。海には未知のクジラ類や大型動物がいても
    おかしくはない。
    陸上だとタッツエルブルムとかの小型UMAは可能性ありそうな気が。

    よく実在するUMAの話で出てくるモンゴリアンデスワームは多数の目撃があるというけど
    これというはっきりした証言が聞いたことないのでどうなんだろ?
    • ※4 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2015.6.22 12:20
    ツチノコは、太ってて手足が見づらくなったトカゲを見間違えたんじゃないかと思ってる。
    • ※5 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2015.6.22 17:27
    スカイフィッシュは印象的だったな。

    蛍光灯やTV画面の前を虫が横切ると残像がそう見える(肉眼)。
    80年代あたりから田舎のガキはみんな知ってるはずなんだけどな。
    TVでスカイフィッシュが特集された時もマジなのかネタなのか
    判断に困った。
    • ※6 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2015.6.22 21:04
    恥ずかしながらアムール豹の存在すら知りませんでした。
    個体数が回復傾向にあるとのことですが、そうなるとボトルネックが心配ですね。
    • ※7 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2015.6.22 22:32
    >ニュー・ネッシー
    ちょっと検索してみたら「当時の船員が描いたニューネッシーの骨格図」ってのがあったんですが、
    明らかに首長竜の骨格じゃないです。
    こんなに頭部と首に対して尾の長い首長竜はいません。

    >サハリンで発見された謎の生物
    少なくとも骨格を見る限りシャチに見えますね。
    リンク先の画像に、わかりやすい所として、
    ・吻部は先端まで骨が露出しているが鼻孔が開いてない
     (つまり骨が露出していない吻部より後方に鼻孔がある)。
    ・骨盤が無く、背中から尾まで径の大きい脊椎が続いている。
    といった、クジラの骨格の特徴が見てとれます。
    • ※8 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2015.6.23 9:49
    ニューネッシーは私も子供の頃非常に興奮したものですけどね
    大人になっていろいろ調べたらわかりますが、
    まずヒレがぺらんとした薄いひれで首長竜とかのものではなく明らかに魚
    (首長竜とかウミガメとか元が足のひれはがっしりした骨が入っている)
    腹側がズタボロで、首長竜のしっかりした胸骨や骨盤がない
    鮮明な写真で見ると、首のあたりに魚特有の「小骨」がいくつも突き出している
    などから明らかに魚、サメであることはわかりますね。
    しかし学者や漁業関係者がこれはサメですね、という声は報道されず…
    • ※9 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2015.6.23 13:33
    ニューネッシーの流れ
    マスコミ『なんか変なのが獲れました』
    専門家『なにか魚類に思われる』
    マスコミ『魚類なら何の種類かわかるんですか?』
    専門家『これだけでは分からない。詳しく調べないと・・・』
    マスコミ『未確認生物の可能性がある訳ですね』
    専門家『可能性は0ではないが魚類の可能性が高い』
    マスコミ『未確認生物発見!!の可能性』
    って感じ
  1. >ニホンオオカミのような犬型動物を秩父で撮影した写真

    管理人も探してみました。本物ぽいですね!今もまだいるかもしれない…
    -------------------------
    >美人で清楚なお姉さんは俺の中で未確認

    目撃証言は多数ありますから、だいじょうぶ、きっといます!
    -------------------------
    >南極ゴジラは実在する可能性が高いと思いますねー。

    「南極ゴジラ」ってのはニンゲンとはまた違うUMAなんですね。南極にはミステリーがまだまだ多そう。
    -------------------------
    >モンゴリアンデスワームは多数の目撃
    >ツチノコは、太ってて手足が見づらくなったトカゲ
    >スカイフィッシュは印象的だったな。

    このへんはいてもバチは当たらんと思うんですけどねぇ…。
    でもスカイフィッシュの残像説は、なんとなくわかんなくもないです。
    -------------------------
    >そうなるとボトルネックが心配ですね。

    かもしんないですね。さすがに人間が手をくわえて保護しないと無理かも。
    -------------------------
    >こんなに頭部と首に対して尾の長い首長竜はいません。

    あー確かに首長竜はシッポが短いですね。

    >クジラの骨格の特徴が見てとれます。

    まぁたクジラ…。笑
    紛らわしいですなぁー
    -------------------------
    >明らかに魚、サメであることはわかりますね。
    >マスコミ『未確認生物発見!!の可能性』

    いやむしろ「サメである」と確定してないのに、そっちが報道されちゃったそうですよ。
    サメである可能性は高いが、ハッキリとはわからない謎の生物…ってことにしておきましょうよ!
    • ※11 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2015.6.26 15:43
    最後の画像はSCP-682に使われてたな
    • このSCPっていうとこ、おもしろいですね。
      なんか想像図もいっぱいあったし、謎の通信記録とか動画でみてワクワクしちゃいました。
    • ※13 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2015.7.3 23:10
    ※10
    >まぁたクジラ…。笑 >紛らわしいですなぁー
    ハクジラもヒゲクジラも頭骨形状が成体の頭部とは大きく印象が異なりますからね。
    画像を検索するとわかりますが、
    ハクジラの頭骨に至っては吻部が細くまた額がえぐれており、
    先が細くて根元がリング状になっているタイプの移植ゴテのブレード部のような
    想像を絶する形状をしている
    (オレが最後の画像の骨をシャチだと判断している理由の一つが
     この額のえぐれ方があまり大きくないように見えるから)。
    脊椎動物の頭部形状はその種を強く印象付けることが多いので、
    知らない人が見ればとてもクジラだとは思えないんでしょう。

    また、最後の画像の関連で、サハリンで今度は毛状のものがあるイルカの屍骸が発見されましたね。
    どうもあの辺りの環境条件か何かの要因でクジラ類の屍骸の一部がそのように変化するのかもしれない。
    • >サハリンで今度は毛状のものがあるイルカの屍骸

      最近ニュースになりましたよね。
      同じやつかと思ったら別物ぽい。
      サハリンの海には毛生え薬でも混じってるんですかねぇ~
      それはそれでロマンでしょうか。(無理やり
  1. トラックバックはまだありません。


コメ欄での議論はおおいにけっこうですが、当サイトではドクター同士の罵り合いは禁止となっております。反論する際には、相手の意見・人格を尊重し、どうぞ冷静に。
*